2017年12月31日

競馬情報

重賞登録馬
・3月25日(土)
日経賞:ゴールドアクター、レインボーライン
毎日杯:サトノアーサー
ドバイWC:アウォーディー(武)、アポロケンタッキー(ルメール)、ゴールドドリーム(モレイラ)、ラニ(ムーア)
ドバイシーマクラシック:サウンズオブアース(ルメール)
ドバイターフ:ヴィブロス(モレイラ)
ドバイゴールデンシャヒーン:ディオスコリダー(フォーリー)
ゴドルフィンマイル:カフジテイク(福永)
UAEダービー:アディラート(武)、エピカリス(ルメール)
・3月26日(日)
高松宮記念:クリスマス、シュウジ(川田)、スノードラゴン、セイウンコウセイ、ソルヴェイグ(田辺)、ティーハーフ、トウショウピスト、トーキングドラム、ナックビーナス、ヒルノデイバロー、フィエロ、メラグラーナ、バクシンテイオー、ラインスピリット、レッツゴードンキ、レッドアリオン、レッドファルクス、ワンスインナムーン
マーチS:アスカノロマン
・3月30日(木)
名古屋大賞典:オールブラッシュ、ケイティブレイブ(福永)、ドリームキラリ、ピオネロ、モルトベーネ
・4月2日(日)
大阪杯:アングライフェン、アンビシャス(福永)、キタサンブラック、サトノアンプルール、サトノクラウン、スズカテヴィアス、ステファノス(川田)、ディサイファ、マカヒキ、マルターズアポジー、ミッキーロケット、ヤマカツエース、ロードヴァンドール
続きを読む
posted by ナイト at 23:59| 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

高松宮記念予想1

これほど低レベルな高松宮記念が過去にあっただろうか。ビッグアーサーもダンスディレクターもミッキーアイルもアルビアーノもいない。スプリント王国香港からの参戦もない。
これならスプリンターズSの覇者レッドファルクスを狙うしかないのか。スウェプトオーヴァーボード産駒のこんな馬がスプリントG1を簡単に連勝してしまうのか。あまりそのイメージは湧かない。
本命はメラグラーナ。連勝の勢いそのままに、G1取りを期待したい。中京は1000万を快勝しており、コースに不安はない。

◎メラグラーナ
posted by ナイト at 20:09| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

阪神大賞典&スプリングS&フラワーC&ファルコンS結果

超順当な、サトノダイヤモンド、シュヴァルグランでの決着。後ろから進んだサトノダイヤモンドがシュヴァルグランに並びかけるところでシュヴァルグランは抜かせまいと早めに追い出して行くが、そこでサトノダイヤモンドは一旦仕掛けを遅らせて脚を溜めるような形に。
最後は先に抜け出していたシュヴァルグランをきっちり捕らえての差し切り勝ち。有馬記念は2キロの斤量差があったが、同斤量でも完勝し、天皇賞春への期待がますます高まった。
3着争いは、先行馬はシュヴァルグランとサトノダイヤモンドに潰されたおかげで、後ろから追い込んだトーセンバジル。神戸新聞杯の後には、菊花賞を回避していなければ上位争いしていたのではないかと思っていた馬なので、ここまで復活、成長してきたことは嬉しい。
4着にタマモベストプレイ。5着にスピリッツミノル。
上位3頭の予想が順番通り。今年ようやく1回目で、通算37回目。しかも今回はまさかの上位5頭が予想の順番通りののパーフェクト的中となった。
ワンアンドオンリーにまたしても騙された人たちが多いようだが、いつまで穴人気し続けるのだろうか。

8枠9番サトノダイヤモンドルメール57
3:02.6
3枠3番シュヴァルグラン福永57
3:02.8
4枠4番トーセンバジル四位56
3:03.2
7枠8番タマモベストプレイ吉田隼56
3:03.4
1枠1番スピリッツミノル56×
3:03.4
8枠10番マドリードカフェ岩田56
3:04.6
7枠7番ワンアンドオンリー57
3:05.0
5枠5番トウシンモンステラ小崎56
3:05.1
6枠6番レーヴミストラル川田56
3:05.3
2枠2番ウインスペクトル丹内56
3:07.2

結果:三連単740円的中 +340円


マイル戦でアウトライアーズに子供扱いされたウインブライトだが、ステイゴールド産駒らしく、距離が伸びて本領発揮。1800mで見事に逆転。アウトライアーズの追い込みを凌ぎきって重賞初勝利を決めた。マイネルのウインの住み分けは正直よく分からないのだが、マイネルは柴田大知、ウインは松岡というイメージがある。
アウトライアーズは田辺が上手く馬群を捌いた。サトノアレス、トリコロールブルーが後方から仕掛けて外を回して追い込もうとするところで、ワンテンポ仕掛けを遅らせて、外に膨らんだ追い込み馬と先行馬の間を割って直線で伸びてきた。ただ、その好騎乗で勝ち切れないようではこの先は厳しいのかもしれない。
その外に回したサトノアレス、トリコロールブルーは追い込み届かず4、5着。サトノアレスはおとなしくNHKマイルCに向かったほうがいいのではないか。
3着にはプラチナヴォイス。

8枠10番ウインブライト松岡56
1:48.4
7枠8番アウトライアーズ田辺56
1:48.5
6枠7番プラチナヴォイス和田56
1:48.6
7枠9番サトノアレス戸崎56
1:48.7
8枠11番トリコロールブルーデムーロ56
1:48.7
5枠5番エトルディーニュ柴山56
1:49.0
3枠3番オールザゴー内田56
1:49.4
4枠4番ストロングレヴィルシュタルケ56
1:50.6
1枠1番ダノンケンリュウ松若56
1:50.6
6枠6番モンドキャンノ大野56
1:50.7
2枠2番サウンドテーブル水口56
1:51.8

結果:ワイド440円的中 +40円


期待通りの強さだった。2番手追走で我慢を続け、4コーナーで後続が上がってきたのを待ってからようやくゴーサインが出ると、そこから一瞬にして後続をちぎり捨てた。残り200mで鞍上岩田はターフビジョンを確認すると、あとは流してゴール。5馬身差の楽勝。ファンディーナ。どこまでこの連勝が続くのか、今のところは期待しかない。

1着:ファンディーナ ◎
2着:シーズララバイ
3着:ドロウアカード
4着:エバープリンセス
5着:ハナレイムーン
結果:−300円


やはり良馬場、実績のあるで左回りで一変。コウソクストレートが差し切り勝ちを決めた。この馬、これまでの実績がどうも去年のトウショウドラフタと重なる。
2着にはボンセルヴィーソ。正直朝日杯FSの3着はフロックだと思っていた。今回ハイペースの中京で粘った実力は評価できる。
3着メイソンジュニアは芝では1200mしか走っていなかったが距離が伸びても大丈夫な目処が立ったか。ただ、これまでの成績を考えても、京都や東京の上がり勝負で通用する気はしない。
人気のナイトバナレットは末脚不発。やはり前走はかなり展開に恵まれていただけではないだろうか。あとは中谷、しかも1番人気なのでこの結果は当然。
モンドキャンノの10着は負けすぎだが、こちらもNHKマイルCに向かうべきだろう。

1着:コウソクストレート ◎
2着:ボンセルヴィーソ ○
3着:メイソンジュニア
4着:ダイイチターミナル
5着:デスティニーソング
結果:複勝600円 ワイド560円的中 +660円
posted by ナイト at 00:08| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

フラワーC予想&夢見月S裏予想

新馬が9馬身差、500万が33秒0の上がり。超大物の雰囲気があるファンディーナ。G1で上位争いをできる力をもっていそうなだけに、ここでも崩れるわけにはいかない。
相手は逃げ残りが怖いデアレガーロと、堀厩舎のハナレイムーン。シュタルケと言えども、石橋からの乗り替わりならプラスか。
人気するのはディーパワンサだと思うが、中京で2連勝したような馬が中山で活躍するイメージがない。
穴はサンティール。前走は出遅れて直線大外を回っての競馬で牡馬相手の重賞で6着。牝馬同士なら警戒したい。

◎ファンディーナ 10
△デアレガーロ 5
△ハナレイムーン 12
△サンティール 4
ワイド各100円 5−10 10−12 4−10
自信度★★☆☆☆


スーサンジョイは左回り大丈夫かっちゅう不安はあるが、ここなら力が上や。前走みたいにちゃんと前行けば勝負になるわ。
コウエイエンブレムとキタサンサジンの逃げ争いがどうなるかやが、逃げ馬って、これまで楽勝しとったくせに待ってましたとばかりに狙ったレースで直線一気に崩れる時あるんや。あれむちゃくちゃ腹立つからあんまり狙いたないわ。

◎スーサンジョイ 3
複勝500円 3

結果:複勝750円的中 +250円
コウエイエンブレムは潰れんかったが、キタサンサジンはあかんかったな。前走はコウエイエンブレムに勝っとんのになんで人気も結果もこう差が開くんや。これやから競馬は分からんのや。
posted by ナイト at 21:07| Comment(2) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

阪神大賞典&スプリングS予想&千葉S裏予想

サトノダイヤモンドとシュヴァルグランの一騎打ち。それ以外に考えられない。どちらが頭かというと、一応サトノダイヤモンドを本命にはするが、有馬記念からの斤量2キロプラス、菊花賞よりもタフな阪神の3000mと不安材料はこちらのほうが多い。大崩れの可能性もあるのはこちらか。ただ、福永がこんな大物食いを決めるとも思えないので、やっぱりサトノダイヤモンドが本命。
3着争いはタマモベストプレイかトーセンバジルが実力上位だと思うが、このメンバーでまぎれのある長距離戦なら3着には何が突っ込んできてもおかしくない。かつての逃げ馬が差しに変わって結果を残すのは、スズカテヴィアスだけでなくスピリッツミノルもあり得るかもしれない。

1枠1番スピリッツミノル56×
2枠2番ウインスペクトル丹内56
3枠3番シュヴァルグラン福永57
4枠4番トーセンバジル四位56
5枠5番トウシンモンステラ小崎56
6枠6番レーヴミストラル川田56
7枠7番ワンアンドオンリー57
7枠8番タマモベストプレイ吉田隼56
8枠9番サトノダイヤモンドルメール57
8枠10番マドリードカフェ岩田56

三連単各100円 9−3−4 9−3−8 9−3−1
馬単100円 3−9

自信度★★★☆☆


朝日杯FSの1、2着馬の対決だが、モンドキャンノは距離が長いのではないか。中山1800mなら、朝日杯FSのように後方死んだふりで脚を溜めて勝負になるコースでもない。
ではサトノアレスなのかというと、休み明けの藤沢和雄厩舎を狙っていいとは思えない。
本命はアウトライアーズ。新馬は32秒9の上がりで2着なのだから展開に泣いただけ。2走前はアドマイヤミヤビ、カデナに続く3着と、かなりレベルの高い500万のレースだった。4着以降は差が開いていたので、前の2頭とこの馬の力の差は大きくない。前走は出遅れて大外を回して勝っているのだから、中山適性も高いだろうし、抜けた馬がいないここなら勝負になる。
他に中山で狙えそうなのはステイゴールド産駒になるのだろうか。まずステイゴールド産駒の1頭、アウトライアーズに前走子供扱いされて2着のウインブライトはその後を楽勝。距離が1800mに伸びたのが良かったのかもしれない。1800mならここでも狙える。
それから、こちらもステイゴールド産駒のトリコロールブルー。デムーロなので無条件で買い。
もう1頭のステイゴールド産駒、オールザゴー。こちらは前走は超スローペースに恵まれていただけで、上がりも遅く強いとは思えない。
前残りを警戒するなら共同通信杯2着のエトルディーニュ。

1枠1番ダノンケンリュウ松若56
2枠2番サウンドテーブル水口56
3枠3番オールザゴー内田56
4枠4番ストロングレヴィルシュタルケ56
5枠5番エトルディーニュ柴山56
6枠6番モンドキャンノ大野56
6枠7番プラチナヴォイス和田56
7枠8番アウトライアーズ田辺56
7枠9番サトノアレス戸崎56
8枠10番ウインブライト松岡56
8枠11番トリコロールブルーデムーロ56

ワイド各100円 8−9 8−11 8−10 5−8
自信度★★★☆☆


ゴーイングパワーはいったいいつになったら休みもらえるんや。人間やったら労基署に通報されるとこやが、地方馬に比べたらマシやわな。
穴は軽ハンデの逃げが決まれば怖いアトランタや。外枠は芝スタートのこのコースやから逃げるんに有利なはずや。

◎ゴーイングパワー 2
○アトランタ 15
複勝各300円 2 15

結果:複勝780円的中 +180円
武士沢の逃げが決まって欲しかったんやが惜しかったわ。マルターズアポジーと合わせて武士沢時代にちょっと期待しとんねんけどな。
posted by ナイト at 16:27| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

ファルコンS予想

毎年このレースは当たらない気しかしない。どうがんばっても当たるとは思えない。
中京は先週レコード決着があったように、芝の状態が良くコウソクババなのではないだろうか。ということで、本命はコウソクストレート。それだけ。前走は雨に泣いただけと見ている。
ジュニアCで追い込みを決めたナイトバナレットは展開がはまっただけと見ているし、中谷は買う気がしない。
朝日杯FS3着のボンセルヴィーソも展開に恵まれた印象だった。ただ、今の高速馬場中京なら同じように逃げて残れるかもしれない。
あとはマイネルバールマン。前走は最初から最後まで外を回り続けて、枠の差で4着だっただけで、上手く内に入れれば2着には来ていたという内容。
このコースで2走前に勝っているジョーストリクトリや2戦2勝のジャッキーはそこまで強くないだろう。

◎コウソクストレート 9
○ボンセルヴィーソ 10
▲マイネルバールマン 13
複勝300円 9
ワイド各100円 9−10 9−13

自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 12:00| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

フィリーズレビュー&中山牝馬S&金鯱賞&阪神SJ&黒船賞&ダイオライト記念結果

デムーロが止まらない。デムーロが乗るとどうしてこうも後方待機からの追い込みが決まるのか。中団待機から早めに動いたレーヌミノルをきっちり捕えて差し切り勝ち。カラクレナイが3連勝を決めた。
2着にはレーヌミノル。浜中は去年のマイルCSでも問題となったが、ここも直線で大斜行。どうにかならないものか。
3着にはゴールドケープ。スタートで出遅れて後方からの競馬となったが展開も味方して3着に。ファンタジーS5着というのがあるだけに強くはないと思っていたが、それ以降に力をつけてきているように感じる。
ジューヌエコールは直線でレーヌミノルの斜行の被害を受けたことも影響したか、直線で伸びきれず4着。

8枠16番カラクレナイデムーロ54
1:21.0
7枠15番レーヌミノル浜中54
1:21.1
7枠13番ゴールドケープ丸山54
1:21.3
3枠6番ジューヌエコール北村友54
1:21.6
6枠11番ヤマカツグレース国分優54
1:21.8
2枠4番フラウティスタ福永54
1:21.9
3枠5番クインズサリナ54
1:21.9
7枠14番ビーカーリー和田54
1:22.1
2枠3番ステラルージュ高倉54
1:22.1
1枠1番スリーミスヨハネス川島54
1:22.2
8枠17番アカカ松若54
1:22.2
5枠10番ラーナアズーラ山口勲54
1:22.2
8枠18番アンジュデジール鮫島良54
1:22.3
4枠7番タガノカトレア菱田54
1:22.3
1枠2番アズールムーン石橋54
1:22.6
5枠9番ベルカプリ池添54
1:22.7
6枠12番シグルーン藤岡康54
1:23.1
4枠8番アルミューテン田中学54
1:23.2

結果:複勝330円的中 +30円


パールコードが好位追走から直線で先頭集団に並びかけ抜け出そうというところに、同じ好位の内で脚を溜めていたトーセンビクトリーがワンテンポ仕掛けを遅らせて直線で外に持ち出すと、そこから一気に先頭集団を飲み込んだ。期待された良血馬がついに重賞初制覇。武豊らしい好位で脚を溜めて直線では外に持ち出す騎乗だった。
2着には外から追い込んだマジックタイム。トーセンビクトリーは捕えきれなかったが、さすがの末脚だった。
3着に内ラチ沿いから伸びて来たクインズミラーグロ。ここでは力不足かと思ったが、ハンデと枠に恵まれた印象。
パールコードは最後に失速して4着。クインズミラーグロと逆に大外枠が堪えたか。
デニムアンドルビーは復調気配を見せる強烈な末脚で5着に追い込んだ。
人気のビッシュは見せ場なく10着。休み明けの影響なのか。変にJCを去年使ったせいで調子を崩していなければいいが。

1着:トーセンビクトリー
2着:マジックタイム ◎
3着:クインズミラーグロ
4着:パールコード
5着:デニムアンドルビー
結果:−300円


ヤマカツエースが3か月ぶりの金鯱賞制覇という、面白い記録で連覇達成。中団から鋭く伸びて快勝。ただ、残る人気どころは総崩れ。G1でも通用する実力があるかというとまだ半信半疑。
2着には逃げて粘ったロードヴァンドール。前走はマルターズアポジーのハイペースの逃げに先行馬はほぼ総崩れしたのだが、その中で4着に粘っていたのがこの馬。着順以上に力があったということか。開幕週で内が伸びる馬場も味方したか。
3着にはスズカデヴィアス。前走の強烈な末脚は内枠のおかげかと思っていたが、今回は外から伸びて来た。本当に覚醒したのだろうか。
ステファノスは藤原厩舎らしく、休み明けの競馬。後方待機で外を回してそれなりに伸びて6着。叩き2走目の次に期待したい。
プロディガルサン、ルージュバックの2頭は外から追い込む競馬をするものだと思っていたが、2頭とも好位からの競馬で7、8着。今回はどうしてこういう競馬になったのだろうか。
ヌーヴォレコルトは10着。得意の内に潜り込めなかった。
11着にサトノノブレス。得意のコースだったが、直線で見事に詰まってしまった。

3枠6番ヤマカツエース池添57
1:59.2
8枠15番ロードヴァンドール太宰56
1:59.4
4枠8番スズカデヴィアス藤岡佑56
1:59.4
2枠3番ナスノセイカン丸山56
1:59.5
2枠4番ルミナスウォリアー柴山56
1:59.5
5枠9番ステファノス川田56
1:59.5
1枠2番プロディガルサン田辺56
1:59.5
1枠1番ルージュバック戸崎55
1:59.6
3枠5番タッチングスピーチルメール54
1:59.6
7枠13番ヌーヴォレコルト岩田54
1:59.7
5枠10番サトノノブレス秋山56
1:59.7
4枠7番アングライフェン藤岡康56
1:59.7
6枠11番ヒットザターゲット古川56
1:59.7
7枠14番ヒストリカル高倉56
1:59.7
8枠16番フルーキー松岡56
1:59.9
6枠12番パドルウィール松山56
2:00.3

結果:−500円


本当にオジュウチョウサンは強い。去年の中山GJでサナシオンを倒して、なにがあったのかと思ったが、気が付けば歴代トップレベルの強さにまでなっていた。中山GJから障害重賞5連勝。
2着アップトゥデイトもさすがの2着だが、オジュウチョウサンには連敗。それでも、中山GJもこのまま2頭での決着になるのではないか。
3着争いは、先に半馬身ほど抜け出したサンレイデュークで決まったかと思いきや、直線最後に失速しタイセイドリームがハナ差だけ前に出て、終わってみれば1、2、3番人気での決着となった。

8枠11番オジュウチョウサン石神62
4:28.1
6枠6番アップトゥデイト62
4:28.5
3枠3番タイセイドリーム平沢60
4:29.2
1枠1番サンレイデューク難波61
4:29.2
6枠7番クリノダイコクテン植野60
4:29.2
7枠8番グッドスカイ森一57
4:29.6
4枠4番オースミムーン高田61
4:29.8
8枠10番ウォンテッド熊沢60
4:30.6
7枠9番ドリームセーリング五十嵐60
4:31.5
5枠5番テイエムオドロキ佐久間58
4:32.7
2枠2番ティリアンパープル山本58
4:33.4

結果:三連複430円的中 +30円


ニシケンモノノフが逃げてあっさり失速。去年の浦和でも4着と馬券圏内を外したが、今回は5着。この馬はよく分からない。
勝ったのはブラゾンドゥリス。武蔵野S12着というのが、重賞では力不足なのかと思っていたが、好位で立ち回って抜け出して勝利。
2着には後方から追い込んだキングズガード。力は上でも高知で真ん中より後ろの位置取りで競馬していては勝ちきれない。
3着にはグレイスフルリープ。ドリームバレンチノは直線で伸びず4着。
地方交流重賞はどうしてこうも結果がコロコロ変わるのだろうか。

1着:ブラゾンドゥリス △
2着:キングズガード ○
3着:グレイスフルリープ ×
4着:ドリームバレンチノ ▲
5着:ニシケンモノノフ ◎
結果:−400円


マイネルトゥラン、鞍上津村の暴走によって先行したJRA勢は全滅かと思ったが、そんな必死でもがく中央の騎手をあざ笑うかのように、クリソライト騎乗の武豊が持ったまま楽々と先頭に立ち、そのまま独走で3連覇達成となった。
2着には地方の強豪ユーロビート、さらに3着にはこちらも地方のウマノジョーが追い込んだ。
続く4着にJRAのグレナディアーズ。マイネルバイカは6着、マイネルトゥランは7着と、完全に最後は息切れ。津村は自業自得。

3枠3番クリソライト56
2:37.8
7枠12番ユーロビート吉原56
2:39.1
4枠6番ウマノジョー山本聡哉55
2:40.1
2枠2番グレナディアーズデムーロ56
2:40.9
5枠7番クラージュドール森泰56
2:40.9
5枠8番マイネルバイカ柴田大56
2:41.1
8枠14番マイネルトゥラン津村55
2:41.3
8枠13番キープインタッチ矢野56
2:42.1
6枠10番トーセンハルカゼ的場文56
2:42.2
4枠5番ヴァーゲンザイル秋元56
2:44.4
1枠1番ジョージジョージ小杉56
2:44.7
7枠11番ケイリンボス佐原56
2:45.0
3枠4番タッチデュール佐藤54
2:48.0
6枠9番デュアルスウォード瀧川56
2:48.5

結果:−300円
posted by ナイト at 20:40| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

ダイオライト記念予想

クリソライトの力はまだ衰えていないのか、マイネルトゥランが連勝を4に伸ばすのか。鞍上の差で本命はクリソライト。
あとはマイネルバイカと、グレナディアーズは力不足だろうから、地方馬のユーロビート。

1枠1番ジョージジョージ小杉56
2枠2番グレナディアーズデムーロ56
3枠3番クリソライト56
3枠4番タッチデュール佐藤54
4枠5番ヴァーゲンザイル秋元56
4枠6番ウマノジョー山本聡哉55
5枠7番クラージュドール森泰56
5枠8番マイネルバイカ柴田大56
6枠9番デュアルスウォード瀧川56
6枠10番トーセンハルカゼ的場文56
7枠11番ケイリンボス佐原56
7枠12番ユーロビート吉原56
8枠13番キープインタッチ矢野56
8枠14番マイネルトゥラン津村55

三連複200円 3−12−14
三連複100円 3−8−14

自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 20:51| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

黒船賞予想

中央馬5頭でいいだろうか。グレイスフルリープは最近ボロボロ、ブラゾンドゥリスは格下だと思うが、ドリームバレンチノ、キングズガードあたりが差し馬なので高知なら取りこぼしかねない。脚質的に前に行くだろうから5頭とも押さえておく。
本命はニシケンモノノフ。対抗はキングズガード。藤岡佑介なので期待はしていないが、こちらも3着には来るだろう。馬の力が違う。

◎ニシケンモノノフ 3
○キングズガード 9
▲ドリームバレンチノ 10
△ブラゾンドゥリス 12
×グレイスフルリープ 6
三連複200円 3−9−10
三連複各100円 3−9−12 3−6−9

自信度★★★★☆
posted by ナイト at 07:39| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

フィリーズレビュー&中山牝馬S予想&東風S裏予想

1400mならレーヌミノルの力が抜けているだろう。怖いのはデムーロくらい。
あとは分からなさすぎるので予想放棄。

1枠1番スリーミスヨハネス川島54
1枠2番アズールムーン石橋54
2枠3番ステラルージュ高倉54
2枠4番フラウティスタ福永54
3枠5番クインズサリナ54
3枠6番ジューヌエコール北村友54
4枠7番タガノカトレア菱田54
4枠8番アルミューテン田中学54
5枠9番ベルカプリ池添54
5枠10番ラーナアズーラ山口勲54
6枠11番ヤマカツグレース国分優54
6枠12番シグルーン藤岡康54
7枠13番ゴールドケープ丸山54
7枠14番ビーカーリー和田54
7枠15番レーヌミノル浜中54
8枠16番カラクレナイデムーロ54
8枠17番アカカ松若54
8枠18番アンジュデジール鮫島良54

複勝300円 15
自信度★★★☆☆


先行して安定感のあるパールコードが大外で狙いにくくなった。
本命はマジックタイム。中山も去年のダービー卿CT、ターコイズSと勝っており問題ないだろうし、距離1800mも府中牝馬Sで2着なので大丈夫だろう。
あとはビッシュ、デニムアンドルビーあたりの実績馬は押さえるとして、あと気になるのはヒルノマテーラ。1800mなら去年のカシオペアSのような強烈な末脚が見られるのではないだろうか。

◎マジックタイム 13
○ビッシュ 3
▲ヒルノマテーラ 12
△デニムアンドルビー 9
ワイド各100円 3−13 12−13 9−13
自信度☆☆☆☆☆


遅れてきた怪物グレーターロンドン。こんなメンバー相手に負けたらあかんで。前走の上がり32秒3は強烈やったで。
相手はなにやらかすか分からん鞍上のミッキージョイと、中山の鬼ダイワリベラルや。

◎グレーターロンドン 3
○ミッキージョイ 1
△ダイワリベラル 4
ワイド300円 1−3
ワイド200円 3−4


結果:ワイド820円的中 +320円
グレーターロンドン。これはほんまもんやで。中山で大外ぶん回して直線一気。モーリスを思い出すわ。それと、そのグレーターロンドンの後ろから、グレーターロンドンの外を回した変な騎手がおったが、あれはなんやったんや。
posted by ナイト at 22:03| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

金鯱賞&阪神SJ予想&仁川S裏予想

サトノノブレス、ステファノス、ヌーヴォレコルト、ヤマカツエース、ルージュバック。このあたりの力が上だろう。
ステファノスは休み明けはいまいちの印象。押さえまで。
ヌーヴォレコルトも枠が外なので押さえ。開幕週なので基本は内でいいだろう。
スズカデヴィアスの前走の直線一気には驚いたが、枠にも恵まれた。それなら同じように前走強烈な末脚に驚かされたプロディガルサンのほうを狙ってみたい。距離は2000mあたりがちょうどいいのではないかと思っている。
アングライフェンは雨巧者だろうから捨てる。パドルウィールは中京巧者だが、去年の冬の調子にあるのだろうか。いくらなんでも前走小倉大賞典が負け過ぎで、調子落ちの不安がある。
ヒストリカルは開幕週で直線一気が決まるかどうかは怪しいし、フルーキーは衰えなのか、持ち味の安定感が見られない。

1枠1番ルージュバック戸崎55
1枠2番プロディガルサン田辺56
2枠3番ナスノセイカン丸山56
2枠4番ルミナスウォリアー柴山56
3枠5番タッチングスピーチルメール54
3枠6番ヤマカツエース池添57
4枠7番アングライフェン藤岡康56
4枠8番スズカデヴィアス藤岡佑56
5枠9番ステファノス川田56
5枠10番サトノノブレス秋山56
6枠11番ヒットザターゲット古川56
6枠12番パドルウィール松山56
7枠13番ヌーヴォレコルト岩田54
7枠14番ヒストリカル高倉56
8枠15番ロードヴァンドール太宰56
8枠16番フルーキー松岡56

ワイド各100円 6−10 1−10 2−10 9−10 10−13
自信度★☆☆☆☆


いきなりのアップトゥデイト対オジュウチョウサン。どちらも休み明け初戦で激突だが、どちらも付け入るスキはなさそう。
これでオースミムーン、サンレイデュークあたりが3着争いをするようなら、障害界の世代交代が全く進んでいないことになるが、このあたりしか今回は狙える馬はいない。左回りの鬼だと思っているが、阪神の障害コースなら右も左も関係ないのでタイセイドリームも押さえておく。

1枠1番サンレイデューク難波61
2枠2番ティリアンパープル山本58
3枠3番タイセイドリーム平沢60
4枠4番オースミムーン高田61
5枠5番テイエムオドロキ佐久間58
6枠6番アップトゥデイト62
6枠7番クリノダイコクテン植野60
7枠8番グッドスカイ森一57
7枠9番ドリームセーリング五十嵐60
8枠10番ウォンテッド熊沢60
8枠11番オジュウチョウサン石神62

三連複各100円 4−6−11 3−6−11 1−6−11 6−8−11
自信度★★★☆☆


仁川Sいうたらもうちょっと毎年ましなメンバー集まるのに、今年はひどいわ。アドマイヤフライト、ジャングルクルーズ、シャイニングレイ、マテンロウボスは芝やろ。残りが5頭でこれもまたひどい。
ただ、ダート3戦3勝のグレイトパールがここできっちり勝てば今後の楽しみは出て来るわな。
相手は単騎逃げがはまれば怖いコクスイセンや。

◎グレイトパール 7
○コクスイセン 3
ワイド500円 3−7

結果:−500円
コスモカナディアンがグレイトパールに食らいついたが、これはグレイトパールが弱いんか、それともコスモカナディアンが強いんか。3着以下が弱すぎてよう分からんわ。
posted by ナイト at 21:12| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

弥生賞&チューリップ賞&オーシャンS結果

スローの前残りで、逃げたマイスタイルがそのまま残るのが確実かと思ったが、大外からカデナが見事に差し切った。前走に続いての強烈な末脚は世代トップクラス。ただ、スローの上がり勝負ばかりで、ペースが早くなりやすい皐月賞に対応できるのかという不安は残ったままでトライアルを終えてしまった。
人気のダイワキャグニーは折り合いを欠いて9着。グローブシアターも伸びず8着。コマノインパルスは切れる脚がないのか、早めに動いていったが6着。ヒモが全部着外では話にならない。
大飛びで小回りの中山に不安があったダンビュライトが意外に3着とがんばったが、先行していたので展開に恵まれた面は大きい。

8枠11番カデナ福永56
2:03.2
7枠10番マイスタイル横山典56
2:03.3
4枠4番ダンビュライトルメール56
2:03.5
1枠1番ベストアプローチ戸崎56
2:03.5
5枠5番サトノマックスシュタルケ56
2:03.5
6枠7番コマノインパルス田辺56
2:03.6
2枠2番テーオーフォルテ城戸56
2:03.6
3枠3番グローブシアター川田56
2:03.6
7枠9番ダイワキャグニー北村宏56
2:03.8
8枠12番ディアシューター大野56
2:04.2
6枠8番スマートエレメンツ蛯名56
2:04.5
5枠6番キャッスルクラウン中野56
2:05.3

結果:−300円


ソウルスターリングの力の違いを見せつけられた。リスグラシューに阪神JF以上の差をつける完勝。今のところ、桜花賞への不安はない。
2着には去年の札幌以来という長期休み明けのミスパンテール。長い間休んだが、十分に鍛えられていたということか。ただ、レース内容としては脚を溜めて着狙いに徹したような競馬だったので、桜花賞で通用するかというと怪しい。
リスグラシューは3着。ソウルスターリングを追うものの全く付いて行けず。やはりこの馬はオークスか。
弥生賞だけでなく、こちらもヒモ抜け。末脚の期待されたミリッサは4着。単純に力不足なのだろう。馬体も410キロ台と、もう少し成長しないと厳しいのではないか。

1着:ソウルスターリング ◎
2着:ミスパンテール
3着:リスグラシュー ○
4着:ミリッサ △
5着:カワキタエンカ △
結果:−400円


オーシャンSは順当にメラグラーナが完勝。良馬場なら高松宮記念でも上位に狙えるだけの強さだと思っているだけに、ここは通過点。
2着も順当にナックビーナス。やはり前走京都牝馬Sは距離が長かったのだろう。
3着はクリスマス、4着には距離短縮のブレイブスマッシュと、内の先行馬に有利な馬場状態だったのだろうか。ただ、逃げたウインムートとトウショウピストは簡単に失速。さすがにこの2頭は力不足だったか。
そしてスノードラゴンは8着と追い込み届かず、もうそろそろ引退が近いのか。

1着:メラグラーナ ◎
2着:ナックビーナス ○
3着:クリスマス
4着:ブレイブスマッシュ
5着:ブラヴィッシモ
結果:ワイド350円的中 −50円
posted by ナイト at 19:24| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

弥生賞予想&大阪城S&ポラリスS裏予想

カデナの強烈な末脚はここでもと思っているのだが、前残り馬場で通用するかどうか。
相手へは同じく前残りでは厳しいかもしれないがコマノインパルス。
前残りするならダイワキャグニーか。
あとは注目の血統のグローブシアター。エピファネイア同様に福永から乗り替わっての一発があるのかどうか。

1枠1番ベストアプローチ戸崎56
2枠2番テーオーフォルテ城戸56
3枠3番グローブシアター川田56
4枠4番ダンビュライトルメール56
5枠5番サトノマックスシュタルケ56
5枠6番キャッスルクラウン中野56
6枠7番コマノインパルス田辺56
6枠8番スマートエレメンツ蛯名56
7枠9番ダイワキャグニー北村宏56
7枠10番マイスタイル横山典56
8枠11番カデナ福永56
8枠12番ディアシューター大野56

ワイド各100円 3−11 9−11 7−11
自信度★★☆☆☆


アストラエンブレムは右回りアカンのやろか。それともたまたまやろか。
本命はガリバルディにするわ。
1800なやバーディーイーグルも気になるが、大外やから狙いにくいわ。
あとは阪神強いアスカビレンあたりやろか。

◎ガリバルディ 11
○アスカビレン 2
▲バーディーイーグル 16
複勝300円 11
複勝各100円 2 16


結果:複勝780円的中 +280円
アストラエンブレムは右回りも大丈夫やったか。それより問題はトルークマクトやろ。あの末脚は一瞬突き抜けるかと思ったで。


ここは前走オープン勝ちのスマートアヴァロンやろ。デムーロの勢いが止まってなければやがな。

◎スマートアヴァロン 15
複勝500円 15

結果:複勝550円的中 +50円
デムーロの勢いはいつ止まるんやろか。それとスーサンジョイは前走その競馬しとけよ。
posted by ナイト at 17:01| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

チューリップ賞&オーシャンS予想

ソウルスターリングとリスグラシューが早くもここで再戦。馬券は3着を予想するのが勝負になりそうか。
ミリッサはシンハライトの妹で期待したいものの、姉がディープインパクト産駒なのに対してこの馬はダイワメジャー産駒なら少し期待は減る。
ならばそのディープインパクト産駒のカワキタエンカが、良馬場なら化けるかもしれないという期待と、マイネルの飼い犬、柴田大地が関西に遠征してくるのでエントリーチケット。最近は牝馬の冠名にマイネをつけなくなったせいで時々馬主を勘違いするのだが、鞍上柴田大地であれば嫌でも気が付く。
あとは流れが途絶えるまでデムーロは買う。ディープインパクト産駒で、前走の上がり33秒2は軽視できない。

◎ソウルスターリング 10
○リスグラシュー 3
△カワキタエンカ 2
△エントリーチケット 4
△ダノンディーヴァ 6
△ミリッサ 1
三連複各100円 2−3−10 3−4−10 3−6−10 1−3−10
自信度★★★☆☆


阪急杯だけでなく、ここもパッとしない面子。高松宮記念でも同じようなメンバーが顔を合わせるのかと思うとゾッとする。おそらく、本番もスノードラゴンに勝たれても文句は言えないようなメンバーになるだろう。
本命はメラグラーナ。最近のオープンからの勝ち上がりの馬としては、この馬はなかなか強いと見ている。今回もオープンと変わらないレベルなので本命にできる。京阪杯は雨が敗因。
対抗はナックビーナス。前走は1400mが長かったのだろうか。このコースなら重賞でも。
あとは前走初の1200mで逃げ切ったウインムートが良馬場のスピード勝負に対応できれば怖い。ダメな場合はどの馬が逃げるか分からないが、トウショウピストが行って2走前のようになれば面白い。
そして、ここまでメンバーが落ちればスノードラゴンが突っ込んできても文句は言えない。
クリスマスは名前とは逆に夏の北海道が出番だし、アースソニックは中山実績がひどいので買えない。

◎メラグラーナ 9
○ナックビーナス 2
▲スノードラゴン 10
△トウショウピスト 7
△ウインムート 6
ワイド各100円 2−9 9−10 7−9 6−9
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 11:17| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

エンプレス杯結果

ワンミリオンスが交流重賞連勝。今年のJBCレディスクラシックが楽しみになってきた。
2着もリンダリンダで、TCK女王盃と変わらない結果に。
3着はヴィータアレグリア。不調説があったものの、まくって早めに先頭に立ち、前残りの競馬でなんとか粘った。
タマノブリュネットは全く伸びず。悠長に後ろで構えすぎなのではないか。交流重賞ならもっと前で競馬をするとか、早めに動くとかして勝負に出て通用する馬だと思っている。
ブランシェクールは出遅れて見せ場なし。

6枠9番ワンミリオンス戸崎55
2:17.0
7枠11番リンダリンダ吉原55
2:17.4
4枠4番ヴィータアレグリア森泰55
2:17.5
3枠3番ポッドガゼール瀧川55
2:17.8
8枠12番タイニーダンサー田辺56
2:17.8
2枠2番タマノブリュネットルメール56
2:18.2
1枠1番ブランシェクール北村宏55
2:18.3
7枠10番トーセンマリオン赤岡55
2:18.8
8枠13番ハナズリベンジ矢野55
2:19.4
4枠5番サンタレジーナ永森55
2:20.2
5枠6番タッチデュール中野55
2:20.3
6枠8番スラリーアイス坂井英55
2:20.3
5枠7番リュウグウノツカイ藤江55
2:20.7

結果:−400円
posted by ナイト at 20:58| Comment(0) | 2017年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする