2006年09月30日

スプリンターズS予想3

◎サイレントウィットネス14
○テイクオーバーターゲット13
▲チアフルスマイル16
△シーイズトウショウ5
△レザーク3
△オレハマッテルゼ7
メイショウボーラーがどうかと書いたが、今日のメインはメイショウバトラーが2枠で勝利。明日の中京メインも2枠にメイショウがいるからやめようかと。
サイレントがどこまで走るかは不安だ。逆にテイクオーバーターゲットは今度は圧倒的に強化されてのレースだろう。この2頭どちらかの外国馬が来ると見た。
チアフルスマイルは大外から吹っ飛んでくるか。シーイズトウショウはサマースプリントシリーズが全力だったのではないのか。それが疑問。オレハマッテルゼは確かに高松宮はがんばったが今回はやはり調子が悪そう。土曜中山メインを勝ったのも柴田善、音無コンビだった。そこもマイナス材料。レザークはちょっと日本G1を勝つにしてはインパクトが今のところ薄い。
7枠どちらかを軸にしたい。◎はサイレントを選んだがはっきりいってかなり迷う。自信度★★☆☆☆
ワイド8点 13−14 14−16 5−14 3−14 7−14 13−16 5−13 5−16


日曜の注目馬

中山10R外房特別
アポロノサトリがNHKマイルC4着以来のレース。どこまでやってくれるのか。1000万なら圧勝してほしい。
中京11RポートアイランドS
こんなところにコンゴウリキシオー。こういう出走の仕方、ローテーションは負けそうな気がする。ケイアイガード、ヴリル、ペールギュントといったところが怖いかもしれないが、実際この馬達もどの程度のものなのか。いい加減勝ってほしいのはストーミーカフェ。ただコンゴウとの競り合いもあるので不安もある。
posted by ナイト at 21:26| Comment(2) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリウスS&札幌2歳S結果

メイショウバトラーが見事に重賞3連勝。勢いに乗っている。そして勢いに乗るのはツムジカゼも同様。重賞2着といい感じ。
そしてキネティクス、セフティーエンペラと芝で走っていた馬が突如走った。これもびっくりだ。

1着:2枠2番メイショウバトラー◎
2着:3枠5番ツムジカゼ△
3着:5枠8番キネティクス
4着:6枠11番セフティーエンペラ
5着:4枠6番オースミヘネシー
結果:−500円


追い込み決まって3連勝のナムラマース。この距離は強そうだ。新聞を見ていなければアドマイヤヘッドは無印だっただろう。きっちり新聞を見ておいてよかった。

1着:6枠8番ナムラマース◎
2着:4枠4番アドマイヤヘッド△
3着:7枠9番イクスキューズ○
4着:6枠7番フサイチオフトラ▲
5着:7枠10番ガルヴァニック△
結果:三連複1360円的中 +860円
posted by ナイト at 20:49| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

スプリンターズS予想2&シリウスS&札幌2歳S予想

前回は
◎サイレントウィットネス
○テイクオーバーターゲット
▲レザーク
△チアフルスマイル
△シーイズトウショウ
△ベンバウン
△オレハマッテルゼ
外国馬を真剣に。イギリスからの遠征が2頭。こういうのはどっちかに絞るべき。となるとレザークだろう。ベンバウンはG3を勝ってようやくの馬な印象。さらにここのところを見ると1200mを走っていない。1000m専門の感じもする。
そしてとりあえずは外国馬を上位に推してみたが、やはり日本馬は上位に推す必要がある。そこまで上位独占とはいかないだろう。
それより気になるのだが、このレースは本当にハイペースだろうか。ステキシンスケクンはこの距離での逃げるスピードがあるのか疑問。サイレントウィットネス、テイクオーバーターゲットも完全な逃げを打つか分からない。それならメイショウボーラーが怖い。シーイズが当日大きく馬体重減があればこちらと入れ替えたいところだ。

◎サイレントウィットネス14
○テイクオーバーターゲット13
▲チアフルスマイル16
△シーイズトウショウ5
△レザーク3
△オレハマッテルゼ7


シリウスS。今年は1700m中京。この距離の日本レコードホルダーのサンライズキング、中京得意のサイレントディール、ダート重賞2連勝で距離もこなせるメイショウバトラー。ここが中心。ただ、サイレントディールは不調。池江厩舎陣がいないこともあってか、調子は悪いようだ。なんとかフランスへいい便りを送りたいが。
アンドゥオールが怖いことは怖いが、57.5キロのうえ7歳。そろそろ衰えか。ただここの復活の感じはある。
成長株はワンダーハヤブサ。前走は不利を受けて3着。2走前はオーガストバイオと接戦。一発もありえる。
あとは手術が成功したか、前走準オープンを完勝したツムジカゼ。メンバーが強くなかったこともあるが、勢いはありそうだ。押さえ程度に。

◎メイショウバトラー2
○サンライズキング3
▲サイレントディール10
△ワンダーハヤブサ12
△ツムジカゼ5
上位2頭が迷うところ。だから2頭軸。自信度★★☆☆☆
三連複5点 2−3−10 2−3−12 2−3−5 2−10−12 3−10−12


土曜重賞2つ目。札幌2歳。
前走1800mレコードのナムラマース。これが強いと見るが、1500mでレコードのイクスキューズも距離が伸びて怖い。ここ2頭が強いか。
クローバー賞2着のビービーガルダンはB(2番)というのがなければよかったのだが。
ニシノプライドはスローペース逃げ切り。上がりはいいが1戦目のこの距離での敗戦が買いづらい。
新馬1勝組ではフサイチオフトラは調子もいい。そして前走の上がりも早い。そしてアドマイヤヘッドは余裕の残しの体で勝利したことから今度はよくなっているはず。もう少し走れるとみて狙いたい。あとはガルヴァニック。距離が伸びてどうなるか分からないが、1200mのタイムはなかなかいい。

◎ナムラマース8
○イクスキューズ9
▲フサイチオフトラ7
△ガルヴァニック10
△アドマイヤヘッド4
ここも2頭軸でいきたい。自信度★★★☆☆
三連複5点 7−8−9 8−9−10 4−8−9 7−8−10 7−9−10
posted by ナイト at 20:26| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

スプリンターズS予想1

久々です。G1は週3回の予想です。
さて、春のレースっぷりから、完全にスプリンターでマイルが限界だと判断したラインクラフトを中心に考えたかったレースなんですが、残念ながら死亡。よって日本馬の中心は不在。高松宮記念を勝利したオレハマッテルゼは休み明けで春ほど完全な状態ではないと見る。
夏の馬でいえば、シーイズトウショウがやはりセントウルの強さから目立つ。ただ体重が気になる。去年はこのレースに−30キロで出走した。さらにきついローテーションがどうなるのか。ただJRAとしてはサマースプリント王者にここで活躍してほしいはず。
このシーイズに夏に勝った馬が2頭。ビーナスラインとチアフルスマイル。チアフルはキーンランドCでビーナスラインを下している。ちょうどディープと同厩舎のチアフル。勝った場合は調教師不在の表彰となるがディープの姿を生で見れない日本の競馬ファンのために、池江陣営が姿を現す勝利の可能性はある。本質は短距離が得意であろうこの馬が前走1200m重賞初出走初勝利でこの距離における強さを見せ付けた印象だ。
残りは注目の外国馬。サイレントウィットネスは世界中で有名。病気で不調だった春とは違って完全復活を印象付ける調教の動き。昨年のデュランダルでさえ及ばなかった相手。この馬が衰えなく、完調であれば日本馬に負けるはずはない。
レザークとテイクオーバーターゲットは同じレースを3戦走っているが、そのうち2戦は1勝1敗ながら中3日の厳しいローテーションで参考外。3戦目のジュライカップは1着と7着。それでも着差は2馬身もない。2頭の力の差は小さいといえる。なら1度日本でレースをしたテイクオーバーターゲットが有利か。
残るベンバウンは確かに成績はよくないが、テイクオーバーターゲットが勝ったと上で書いたレースの2着だ。しかもハナ差。本質的な差はないと見た。

◎サイレントウィットネス
○テイクオーバーターゲット
▲レザーク
△チアフルスマイル
△シーイズトウショウ
△ベンバウン
△オレハマッテルゼ
posted by ナイト at 20:30| Comment(4) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

神戸新聞杯&オールカマー結果

アドマイヤメインが4コーナーで不利を受けて大きく下がってしまいました。これがなければというのは勝負事でいうのはいけませんが、いい勝負をしていたはずです。あと、もっと逃げてほしかった。とはいっても、逃げなかったから負けたというのは違うと僕は思いました。逃げなくても不利がなければいい勝負ができていたはず。人気が落ちそうなので菊花賞に出たら狙ってみたい。
メイショウサムソンと併せることでサムソンが今まで粘っていたのでしょうか。併せずに大外一気で見事差しきったドリームパスポート。ただ、今日のサムソン石橋守の騎乗はひどかった。本番ではもっといい乗り方をしないと勝てない。

1着:7枠13番ドリームパスポート▲
2着:1枠2番メイショウサムソン◎
3着:6枠11番ソングオブウインド
4着:3枠5番フサイチリシャール△
5着:7枠14番トップオブサンデー
結果:−500円


本命のエアシェイディが思ったより前に行かず、最後はものすごい接戦。
勝ったのはG2最強馬バランスオブゲーム。コスモバルクも2着と天皇賞の出走権を手に入れました。案外バルクが秋天勝つのか?と今思いました。

1着:3枠5番バランスオブゲーム▲
2着:3枠4番コスモバルク△
3着:6枠10番ディアデラノビア△
4着:2枠3番スウィフトカレント△
5着:8枠14番エアシェイディ◎
結果:−500円
posted by ナイト at 19:17| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

神戸新聞杯&オールカマー予想

神戸新聞杯。ダービー1、2着馬なら大丈夫だと思う。とくに多く語る必要もないと思うレース。
3着ドリームパスポートも大丈夫だと思うのだが、中京の小回り、さらに骨折明けというので完全に推しづらい。
それでもフサイチリシャールがどこまで復調するかは疑問だし、タマモサポート、アペリティフといったところもまだ足りない気がする。

◎メイショウサムソン2
○アドマイヤメイン16
▲ドリームパスポート13
△フサイチリシャール5
△アペリティフ3
△タマモサポート9
◎と○はどちらでもよかった。サムソンは人気しすぎ。武が何かやりそう。2頭軸で。自信度★★★☆☆
三連複5点 2−13−16 2−5−16 2−3−16 2−9−16 2−5−13


難しいのはオールカマー。
最近のレースだとエアシェイディの安定感は捨てられない。
G2ならめっぽう強いバランスオブゲーム、夏に強かったヴィータローザ、サマーシリーズ王者スウィフトカレント、レコードホルダーのコスモバルク、切れ味抜群ディアデラノビア。相手はこのあたりか。どれも優劣つけがたいが、前に行く馬が有利と見た。それも考えてやはりエアシェイディ。メジロマントルはさすがにないだろう。雨なら圧倒的にバランスだが、晴れならバランスはどこまで粘れるか。
スウィフト、ディアデラは特に切れ味で勝負するタイプと思うので届かない可能性も。
別定戦としての影響を受けているのはバランスの58キロとバルクの59キロ。両馬が同じ枠に入ったのは何か怪しい。

◎エアシェイディ14
○ヴィータローザ1
▲バランスオブゲーム5
△コスモバルク4
△スウィフトカレント3
△ディアデラノビア10
去年のAJCC2着ならコース適性もある。自信度★★★☆☆
ワイド5点 1−14 5−14 4−14 3−14 10−14
posted by ナイト at 22:01| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

日本テレビ盃結果

日本テレビ盃はシーキングザダイヤが半馬身差で勝利。不満は残りますがいいでしょう。
ここまで大本命のレースで2点も勝負してもマイナスになると思ったんですが意外とマイナスにならなかったようです。スターキングマン。馬連310円なら予想してもよかった。
レマーズガールは−13キロが響いたか。
シーキングは今年こそG1のチャンスです。カネヒキリ、フラムドパシオン、フレンドシップ3頭が屈腱炎で今年のJCDは厳しいと見られています。今年こそがんばってもらいたい。

1着:6枠6番シーキングザダイヤ◎
2着:7枠7番スターキングマン△
3着:2枠2番レマーズガール○
4着:1枠1番グリンセレブ
5着:4枠4番レイナワルツ
結果:−100円
posted by ナイト at 19:35| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

日本テレビ盃予想

船橋で水曜日開催の日本テレビ盃G2。
6枠6番シーキングザダイヤの復帰戦。8頭立てと非常に少なくなったメンバー。ここは1点勝負。
JCダート3着のスターキングマン岩田康成も怖いがここは船橋ということで関東の内田博幸レマーズガール。シーキングとキングマンだと森厩舎のワンツーになるがそれはなさそう。しかもスターキングマンは唯一57キロの斤量。レマーズガール54キロとの差は大きそうだ。
レイナワルツは愛知の馬だがさすがにここはJRAで決まりそうな気がする。

◎シーキングザダイヤ6
○レマーズガール2
△スターキングマン7
G2なら完勝のはずだがシルバーメダリストと休みあけを考慮して馬連。自信度★★★★☆
馬連1点 2−6
posted by ナイト at 20:08| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

エルムS&ダービーグランプリ結果

勝ったのはヒシアトラス。この馬は毎回妙に人気が出ると思っていたが、強いのか。どうも強豪相手に勝てない印象があったが、今回はまずまずの相手に勝利。
そして2着に地方馬ジンクライシス。やはりこの馬は地方に行ったが力はある。
3着は追い込んできたオーガストバイオ。このオーガストは強いのか弱いのかはっきりしない。どうも予想しにくい馬だ。
3連覇を狙ったパーソナルラッシュは敗れた。トーセンブライトも最後は伸びなかった。サカラートもいまいち。3連勝時の勢いがちょっとない。

1着:7枠10番ヒシアトラス△
2着:3枠3番ジンクライシス△
3着:1枠1番オーガストバイオ
4着:6枠8番トーセンブライト◎
5着:2枠2番ヒカルウィッシュ
結果:−700円


地方G1、盛岡のダービーグランプリ。3歳王者を決めるには少し盛り上がりにかけるメンバーだ。
しかし、来た!マンオブパーサー!ヒヤシンスSから信じ続けていてよかった。2番手から進み最後は逃げるバンブーエールとの叩き合いを制して勝利。ユニコーンSの除外から悔しい思いをしていたが、ついに雪辱を果たした。G1制覇。
サイレントエクセルも4走前にオウシュウクラウンに負けはしたもののここ3走が圧倒的な強さ。前が有利な競馬場だったことを考えればここでも十分通用したのだろう。

1着:3枠4番マンオブパーサー◎
2着:2枠2番バンブーエール○
3着:1枠1番サイレントエクセル
4着:6枠10番ヤマタケゴールデン△
5着:4枠6番シルクウィザード
結果:ワイド560円的中 −40円


今週の結果

土曜札幌11Rアカシヤ特別
メイショウトウコンが圧勝。この馬は強そうだ。今後が楽しみ。オープンでも通用しそうだ。
日曜中京9R野路菊S
オースミダイドウがこれもきっちり勝利。冬のG1でも狙えるのではと思わせる逸材だ。
月曜中京9R阪神ジャンプS
小倉で力をつけたか、コウエイトライとノボリハウツーの勝負となった。
posted by ナイト at 16:49| Comment(3) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

エルムS予想

メンバーが揃いに揃った。
地方からはジンクライシス。この馬もよく書いているが、中央でも狙いたい。JCダート3着は伊達じゃない。
タイムパラドックスは前走故障で除外というアクシデントがあった。それに1700mはあまり得意でなさそうだし、59キロと悪条件が重なる今回は消し。
ドンクールもこのレベルで勝つには物足りない。58キロも不安材料。
去年の東海Sの強さがあまりにも印象に残り、ここ2走も安定しているサカラート。武豊で万全を喫しての勝負か。しかしこれも58キロ。そんな有力馬がとにかく重い斤量の中ワイルドワンダーは56キロ。実力はある。ここは捨てられない存在。
59キロといえば3連覇を狙うパーソナルラッシュだが、今年は例年よりメンバーが揃った。確かに実力はあるが今年はちょっと評価を下げるか。ちなみに、去年のエルムSではジンクライシスと接戦だった。
いつも人気の出るヒシアトラスだが、これも今回はメンバーが厳しい印象。それにしてもこの馬は地方にいかないですね。
あとは夏の函館組。タガノゲルニカ。これは2連敗。どうも物足りなさが残る。ここでいきなり一変は厳しいと見た。それなら充実一途のトーセンブライト。万全でなかった前走を圧勝。相手は一気に強化だがここでも狙いたい。パーソナルラッシュではなく藤田伸二がこの馬を選んだ。

◎トーセンブライト8
○サカラート7
▲ワイルドワンダー11
△ジンクライシス3
△パーソナルラッシュ9
△ヒシアトラス10
相手関係が厳しいが軸に。自信度★★☆☆☆
ワイド7点 7−8 8−11 3−8 8−9 8−10 7−11 3−7


月曜の注目馬

中京9R阪神JS
前走は後ろから行き過ぎた実力馬テレジェニックにこちらも実力馬ラージヒルジャンプ。これに小倉で重賞を制したコウエイトライと大崩のないマイネルホライズンがどこまでやっていけるのか。
posted by ナイト at 16:51| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローズS&セントライト記念結果

とりあえず武豊によって勝ったといっていいだろう。アドマイヤキッス。最後の脚は見事。
シェルズレイはアドマイヤ、フサイチ、ニシノの3頭には及ばないと思っていたが途中から大逃げ。そして粘った。
ソリッドプラチナムは前走は49キロが有利に働いたか。ここではちょっと届かなかった。
秋華賞で狙うなら上位3頭か。4着ニシノはどうもここが限界な気がする。ただ、シェルズレイは「レイ」のサイン「10番」で来た気もする。競馬に0番枠がないから10番で代用。
ただ、3着以降があまりにも接戦だったため、上位2頭が際立って見えた。

1着:7枠13番アドマイヤキッス◎
2着:5枠10番シェルズレイ
3着:4枠8番フサイチパンドラ○
4着:7枠14番ニシノフジムスメ▲
5着:2枠3番ソリッドプラチナム△
結果:ワイド200円的中 −400円


セントライトは大荒れ。
フサイチは仕上げが悪く状態が悪いと書いたが、それだけでなく真横でマツリダゴッホの落馬があったのが影響したか。6着。
牝馬キストゥは見ていると折り合いがどうも難しかったのだろう。
あとはよくわからない。落馬2頭。大荒れ。見た感じ、タイムも含めて、強い馬はいない。春の実力馬、フサイチ、キストゥが次走どれだけがんばれるかぐらいのものだろう。しいて言えば怖いのはトウショウシロッコか。ミレニアムウイングはここに書く価値もないようなレース。どうして人気したのかがわからん。ただ、菊花賞となると、距離適正が大幅に変わるので分からない。

1着:5枠9番トーセンシャナオー
2着:3枠5番トウショウシロッコ△
3着:2枠4番ミストラルクルーズ
4着:2枠3番テンシノゴールド
5着:1枠2番キストゥへヴン○
結果:−700円
posted by ナイト at 16:30| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

ローズS&セントライト記念予想

ローズS。非常に混戦。
春からの上位組アドマイヤキッス、フサイチパンドラ、ニシノフジムスメ。それからマーメイドSを強烈な脚で追い込んで制したソリッドプラチナム。ここまでは順当に予想か。実力ならフサイチだが、安定感がないことを理由にここはアドマイヤを本命に推す。2年連続で武VS福永のレースとなるのか。
普通に考えればTRレースなのだから賞金の足りる上位馬はここに力を入れて出走させない。それでもアドマイヤ、フサイチは上位なのではないか。
怖いのはサンヴィクトワール。勝つときは圧勝しているこの馬。この秋で馬体がしっかりしたなら勝機ありだ。
ステラマドレードは前走ラジオNIKKEI賞3着だが、馬場状態、51キロの軽ハンデが有利だったと見る。確かに怖いが、ラジオNIKKEIからの休み明けというローテーションが気に食わない。
シェルズレイはやはりマイルの馬の印象。ならば怖いのはシークレットコード。キャリアが浅いが2戦目で阪神JF2着。秋の成長がどれほどなものか。

◎アドマイヤキッス13
○フサイチパンドラ8
▲ニシノフジムスメ14
△サンヴィクトワール5
△ソリッドプラチナム3
△シークレットコード17
中京コースと雨も頭に入れたいが。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 8−13 13−14 5−13 3−13 13−18 8−14


セントライトはジャンクと牝馬キストゥ。
こうは言ってみたもののジャンクは仕上げに不満が残る。キストゥはやはり牝馬というのが嫌である。
皆が騒ぐ上がり馬ミレニアムウイングは支笏湖特別のタイムはいいかもしれないが着差に不満が残る。過信は禁物。
むしろこのレベルのレースなら、トウショウシロッコ、マツリダゴッホ、インテレットあたり。特にインテレットは走りそう。

◎フサイチジャンク13
○キストゥヘヴン2
▲インテレット14
△トウショウシロッコ5
△マツリダゴッホ11
上3頭のどれが本命でもよかった。自信度★★☆☆☆
ワイド7点 2−13 13−14 5−13 11−13 2−14 2−5 2−11


日曜の注目馬

中京9R野路菊S
オースミダイドウ。まだどの馬が強いのかはっきりしない2歳戦線の上位に名乗りを上げてもいいかと思う前走のレースだった。ここでも期待。
posted by ナイト at 13:40| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

ダービーグランプリ予想

変則開催のため、月曜日の盛岡の3歳G1ダービーグランプリの予想をすることにしました。
JRAからは5頭。シルクウィザードは少し力が落ちると思う。よってマンオブパーサー、ナイキアースワーク、バンブーエール、ヤマタケゴールデンと4頭。
そのなかでも、ナイキアースワークに先着したことのないヤマタケゴールデンはちょっと落としたい。そして盛岡なら追い込みが届きにくそうなのでナイキアースワークも実際怖い。
ならばジャパンダートダービーをものさしとすれば2着のバンブーエール。そして3着の地方馬オウシュウクラウン。
しかし、名前を覚えてくれただろうか。このブログで書き続けてきたマンオブパーサーが出走できることになったのだ。今までは除外続きだったのに対し、今回はフサイチリシャールが回避でこの馬は今、運も味方にした。1000万は2戦負けたが理由付けは十分できる。3戦目で勝った勢いでそのまま突っ走ってほしい。なんといっても何度も書くが、ヒヤシンスSではフラムドパシオンの2着でそれ以外には完勝している。ユニコーンSなどで比べるとタイムは遅いが上がり36.8なら魅力十分。応援、希望をこめて本命に推す。

◎マンオブパーサー4
○バンブーエール2
▲オウシュウクラウン11
△ナイキアースワーク13
△ヤマタケゴールデン10
ここもやっぱりJRAか。ただ普通は1600万の馬がG1は勝てないだろう。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 2−4 4−11 4−13 4−10 2−11 11−13


土曜の注目馬

札幌11Rアカシヤ特別
前走マンオブパーサーの2着に来た馬だが、ダート1戦目は追い込みで1.0秒という圧倒的な差をつけての勝利。2戦目はマンオブパーサーには届かなかったが36.3秒の上がりは圧倒的。ここはメイショウトウコンに圧勝してもらいたい。
posted by ナイト at 20:36| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

セントウルS&京成杯AH結果

−10キロ関係なし。堂々の22ポイントで文句なしのサマースプリントチャンピオンに輝いたのはシーイズトウショウ。強かった。
スプリンターズSで怖いのはやはりテイクオーバーターゲットとなりそうだ。日本到着からあまり準備のできていない段階であり、斤量59キロという厳しい状況でのレース。それであってシーイズ以外の馬を寄せ付けなかった。
ネイティヴハートも最近かなり安定して強い。あとは、急な雨で馬場が渋ったからスピード決着とならなかったことでリミットレスビッドにも出番があったようだし、結果そのおかげで開幕週の外枠が不利が解消された。
ロードアルティマ、そして昨日の朝日CCのスズカフェニックスといい、考えられない。競馬してる人の中には、武豊を買っている人が多くいるのだろう。今回の予想は1、2、3着パーフェクトとなった。1番人気、2番人気、3番人気になるだろうと思いながら上位3頭にに印をつけた。それなのに三連単万馬券にはびっくりした。

1着:8枠18番シーイズトウショウ◎
2着:6枠11番テイクオーバーターゲット○
3着:6枠12番ネイティブハート▲
4着:4枠8番リミットレスビッド
5着:2枠3番マルカキセキ
結果:ワイド1990円的中 +1390円


京成杯AH。ステキシンスケクン。なぜアイビスで2番人気なのに得意の右回りのマイルで10番人気になったのか。もっと人気してもよかったのではないのか。ただ、僕はこの馬が好きでないので、めったに印をつけません。
インセンティブガイはダービー卿のいやな負けがあり、ここでも大敗。なんとも難しい馬だ。
マイネルスケルツィは休み明けでなかなかのレースをしてくれた。やはり3歳マイル路線では上位に位置するだろう。
カンファーベスト。この馬もどうして人気がでなかったのか。重賞2勝、2着4回の実力馬。マイルで通用すると前走で分かったのなら今回は狙って当然のはず。3番人気くらいにはなってもいい馬ですよ。
ローエングリンは追い込みに目覚めた?マイネルモルゲンは6歳なら休み明け2走目で5着。もう一発あってもおかしくないか。

1着:4枠8番ステキシンスケクン
2着:3枠6番カンファーベスト▲
3着:7枠14番マイネルスケルツィ○
4着:1枠1番ローエングリン
5着:5枠10番マイネルモルゲン
結果:−700円
posted by ナイト at 17:00| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

セントウルS&京成杯AH予想

セントウルS。サマースプリントシリーズ最終戦とともに、今後の日本のスプリント界の新星登場を願う一戦。
まずは外国馬テイクオーバーターゲットだが、このレベルの馬なら普通に走れば勝てる。ただ普通に走れないのが外国での競馬。スプリンターズSが照準のこの馬。ここで全力投球してくるかは疑問。評価は少しとどめる。
日本の代表格なら北海道からの輸送も心配されるが55キロで走れるシーイズトウショウ。この中京1200mは得意だろう。この辺でがんばってサマースプリントシリーズ大逆転を狙う。
地味だがネイティヴハートはここのところ安定した走り。高松宮記念5着なのだから十分怖い。
その他、小倉組ではゴールデンキャスト、マルカキセキといったところは完全に左回りでの実績がない。本当に苦手かは不明だが、ここでは推しにくい。
ロードアルティマはこの馬が条件のときから注目してずっと書いているが、1200mはあまりいいとは思わない。武豊が乗っても、いきなりのこの開幕週、オープンクラスでの高速ペースでのレースについて行けるとは思い難い。
リミットレスビッドはこの馬も高速決着が苦手な馬だ。現に持ちタイムは1分8秒。この馬は芝の重賞は勝っていない。開幕週のG2では厳しいか。
コスモフォーチュン。この馬は逆にスピード競馬なら強いと見た。小倉の2歳の未勝利では2歳レコードを記録。なんといっても強いのが、5戦ある勝ちレースの2着との着差はすべて0.3秒以上。はまれば強い。勢いに乗っている今ならこのままいってもおかしくない。ただ、いつも書いているのだが、スプリントシリーズで同じ馬が2勝は考えにくい。
あとは穴を狙うとすれば、3歳は消去。怖いのは前走が前が壁になりながらも勝ち馬と0.4秒差まで追い迫ったプレシャスカフェの復活。そして開幕週の内枠有利を生かして、福永が手放さないメイショウボーラーの逃げ。この2つだ。ただ、プレシャスは走りすぎ、ボーラーはハイペースに対応できるのか。

◎シーイズトウショウ18
○テイクオーバーターゲット11
▲ネイティヴハート12
△コスモフォーチュン14
△プレシャスカフェ9
△メイショウボーラー4
とりあえずシーイズは勝っていないが安定している。軸にはしてもいいか。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 11−18 12−18 14−18 9−18 4−18 11−12


京成杯。ハンデ戦で関屋記念組が主力か。
1着カンファーベスト。前走は見事に重賞2勝目。実力はあるはずだ。マイル戦が合うのならここも連勝。ただ、関屋記念組で唯一斤量が前走より増えている。他は−1キロ。この馬は+1キロ。この差は大きいか。
2着ダイワバンディットは取消で4着ローエングリン。前走は出遅れて差して見事な4着だが、そういう馬が次に自分の競馬をしたからといって簡単に勝てるかといえば否だろう。
5着ワディラムは前走スローペースで有利だった。6着ペールギュントは前走はメンバー1の上がり。復調気配を感じる。
休み明けフォーカルポイント。デキは抜群らしい。とはいっても馬の実力という面も考えれば少し落ちるか。
マイネサマンサ、ステキシンスケクン、ストーミーカフェの逃げ馬がそろったのなら怖いのはストーミーカフェだが騎手吉永で切る。
何気に多いマイネル勢。4頭いるがここはマイネルスケルツィ。中山で3戦3勝は評価できる。きっちり柴田善が騎乗ならここでも一発。
そして残りの実力馬インセンティブガイ。東風Sが強く、ダービー卿で完敗。だが京王杯2着と実際は強い馬なのだろう。関東のトップジョッキー横山典弘が手中に収めて勝利か。
キネティクスは7歳と休み明けの2点が嫌だ。実力はありそうだがちょっと今回はパスか。

◎インセンティブガイ11
○マイネルスケルツィ14
▲カンファーベスト6
△ペールギュント13
△ストーミーカフェ12
上2頭を迷った。久々に三連複。自信度★★☆☆☆
三連複7点 6−11−14 11−13−14 11−12−14 6−11−13 6−11−12 6−13−14 6−12−14
posted by ナイト at 22:25| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日CC結果

相手が弱いとなると、トリリオンカットくらいでも十分走れるということですね。
前走はエイシンニーザンに先着。2走前も勝ち馬とは大差はなかった。4走前は1000万をきっちり勝っている。それに最近勢いに乗っている和田騎手。
しかし、それでもコンゴウリキシオーはよく負ける。金鯱賞の見事な勝利が脳裏にあるだけに捨てにくい。

1着:4枠4番トリリオンカット
2着:8枠11番コンゴウリキシオー◎
3着:6枠8番ケイアイガード△
4着:8枠12番スズカフェニックス○
5着:3枠3番ツルマルヨカニセ
結果:−500円
posted by ナイト at 21:44| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

朝日CC予想

抜けているのはコンゴウリキシオー。ここ2走の負けは気になるが、開幕週の中京2000mなら負けられない。58キロでも通用するだろう。
相手は弱い。ブラックタイドも実際、騎手が決まっていない段階の馬なのだから強いとは思えない。
スズカフェニックスは安定感抜群で56キロに武豊なら狙いたい。前走の上がり33秒4は札幌ではなかなかでない。イネス騎手が乗るタイガーカフェも追い込みの脚はいい。前走も上がりはなかなかいい。
エイシンニーザンは53キロで新潟記念8着。今回の56キロは厳しいか。
ケイアイガードも最近の成績と57キロでは買いにくい。

◎コンゴウリキシオー11
○スズカフェニックス12
△タイガーカフェ6
△エイシンニーザン10
△ケイアイガード8
△ブラックタイド9
▲消去で1頭軸。自信度★★★☆☆
馬連5点 11−12 6−11 10−11 8−11 9−11
posted by ナイト at 21:49| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

小倉2歳S&新潟2歳S結果

だいたいは印をつけたところで決まったわけです。半分は予想通りなわけです。
しかし、本命のシルバーストーン1頭が大きく離れての11着。これには参りました。
勝ち馬はアストンマーチャン。鮫島良太騎手は初の重賞制覇になります。

1着:7枠12番アストンマーチャン○
2着:3枠4番ニシノマオ△
3着:1枠1番スーサンライダー△
4着:8枠14番エーシンウェーブス△
5着:5枠8番ストラテジー▲
結果:−600円


新潟はゴールドアグリが見事な追い込み。横山典弘が絶賛しただけあって、安藤勝に乗り替わりはしたが勝利。
2着はハナ差でマイネルーチェ。2戦目だけにまだまだ今後の楽しみもある。1番人気マイネルレーニアは外に行き過ぎたか。その分距離を損したのではないか。最後は伸びてきて3着。

1着:4枠8番ゴールドアグリ
2着:5枠10番マイネルーチェ
3着:6枠12番マイネルレーニア◎
4着:3枠5番マルカハンニバル
5着:1枠1番クラウンプリンセス
結果:−300円


今週の結果

日曜札幌9R札幌日経OP
実力馬の決着。コスモバルクは武幸四郎に乗り変わって2着。やはり62キロは人馬ともに苦しいだろう。勝ったのはトウショウナイト。ここのところいい成績を残せていなかっただけに今後の完全復活が楽しみ。
posted by ナイト at 18:40| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

小倉2歳S&新潟2歳S予想

こういう2歳のレースは実績がある馬を選んでからタイムで選ぶというのが普通のパターン。
実績はシルバーストーンが不調でありながらフェニックス賞を勝利している。これが断然か。
残りはタイム。小倉1200mで1分8秒台を記録した馬はスーサンライダー、ニシノマオ、ストラテジー、アストンマーチャン。この4頭。特に気になるのはアストンマーチャンの新馬戦。出遅れながら1分8秒2、上がり34.3は今回のメンバー内でも抜けたタイムだ。そして今年の小倉のリーディングかなにかわからないが賞をもらったのは和田騎手。なら最後の重賞で来るのが怖い。それがスーサンライダー。
ほかに8月19日の重、不良馬場を勝利した馬がいるが、この日はそこまで時計のかかる馬場ではなかった。重馬場で1分10秒台での勝利も特に気にはならない。
残るは小倉1200mを走ったことがない馬。そこから選ぶならエーシンウェーブス。ただ前走が余裕残しの仕上げで勝ったとはいえ内容が物足りない。ここで真の実力を見せてもらおう。どこまで走る馬なのか。

◎シルバーストーン5
○アストンマーチャン12
▲ストラテジー8
△ニシノマオ4
△エーシンウェーブス14
△スーサンライダー1
軸は固定しにくいが今年目立たない福永が小倉重賞連勝か。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 5−12 5−8 4−5 5−14 1−5 8−12


新潟。こちらは現段階では新潟マイルというものさしで比べられない。だから難しい。
マイネルが多いのと武豊がやってきたこと。これが気になる。だがマイネルで強いのはダリア賞を圧勝したマイネルレーニア。ここ1頭か。
シャルマンレーヌはわざわざ小倉からやってきた。1200mに不満があったに違いない。なら1600mはかなり強いのか?
出遅れて直線一気で勝利したニシノコンドコソ。名前からして意気込みが感じられる。そして素質の高そうなトーセンラピュタ。
注目は前走上がり33秒4で吹っ飛んできたゴールドアグリ。レース後の横山典のコメントが「2歳で1番いい雰囲気を持っている」とのこと。だが今回は骨折のプレート除去で乗れないらしい。なら捨てよう。それに2着馬が上がり33秒5ならそこまですごくないのか。
他にいろいろな陣営から距離が伸びたらいいという話を聞くが、そういう馬は未勝利からマイルを使うという手段をなかったのかという気になる。ただ、1頭いうなら柴田善のマイネヴェロナくらいか。

◎マイネルレーニア12
○シャルマンレーヌ15
▲ニシノコンドコソ2
△トーセンラピュタ6
4頭に絞ったがどこまでの実力なのか。自信度★★☆☆☆
ワイド3点 12−15 2−12 6−12


日曜の注目馬

札幌9R札幌日経OP
コスモバルクが62キロで走る。トウショウナイトも実績は十分。そのほかに気になるのは前走より状態がグンとよくなりそうなゴーウィズウィンド。強くは推せないが妙に気になる馬。
posted by ナイト at 19:59| Comment(5) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BSN賞結果

この馬しかいないんですよ。この馬は強いんですよ。余裕の4馬身。ジョイフルハート圧勝。メンバー的にこの馬しか勝てる馬はいないです。
びっくりしたのはドローアウター。いくら49キロのハンデといってもまさかの3着。そして上がり35.1秒のとんでもないスピードで後方から吹っ飛んできたのはオフィサー。ブロードアピールを思い出しました。ただブロードアピールでもジョイフルハートが本調子なら勝てないでしょう。オープンを完勝。今後が楽しみです。
エイシンボーダンなんて前走のメンバーや、前々走の5着とかを考えたらそこまで信用できる馬ではないです。トウショウギアは1400mのほうがいいと僕は思うのですが、とりあえずは4着。このレースに出走することを悩むくらい状態に不安があったらしいですから上出来ですかね。

1着:3枠5番ジョイフルハート◎
2着:4枠6番オフィサー▲
3着:3枠4番ドローアウター
4着:2枠2番トウショウギア○
5着:5枠8番ディバインシルバー
結果:馬単1000円的中 +700円
posted by ナイト at 19:20| Comment(0) | 2006年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする