2006年11月29日

阪神JF予想1

新コースの阪神JF。
外回りコースはやたらとコーナーが長い。それに400m少々しか向こう正面ない。ということは、そこまで逃げ馬がガツガツいって早いペースになったりしないはず。それに開幕週なら、先行馬、内枠有利か。
あとは騎手次第。直線が長くなって追い出しのタイミングをどうするのか。そういう意味で、G1までに同じコースを経験している騎手が有利。
ならば、これもアストンマーチャンに味方するか。ファンタジーSの強さは桁違い。これが1600mでも持続するか。最後の坂は確かに厳しいが、それまでに十分にリードを保てる力はありそう。しかし、先週のJCでは武豊、石坂調教師ともにG1制覇。2週連続とはいかないだろう。
なら明暗がくっきり分かれた橋口厩舎、ルミナスハーバーだ。前走時に、「このまま阪神JFに出てきたら本命にしてもいいくらいの馬かもしれない。」とコメントした。未勝利は圧勝のレコード、前走は稍重ながら、アストンマーチャンに更新される前の当時のレコードに0.8秒差だ。ハーツクライの引退とともに、同厩舎に期待の新星登場。
他は目立つ馬がいない。無敗馬はコスモベルだけ。しかもダート戦。四位洋文がファンタジーS4着のハギノルチェーレを捨てて騎乗予定なのはウオッカ。これは前走500万で2着。馬の素質にほれ込んでいるかもしれないが、タイムなどから見てもそこまで推せる馬ではない。
ならファンタジーS残りの2、3着馬。それも2着イクスキューズよりは叩き2走目のハロースピードに期待。前走は前が止まらないなか、後方からいい脚で追い込んできた。この阪神1600m外回りを先行有利かと書いたが、京都1400mのほうが明らかに先行有利だろう。今回は吉田隼騎手から岩田騎手に乗り替わり。これも気になる。
今のところはこのあたりで。他の馬がどれほどの素質を持っているのかわからないが、ここは4頭。しかもアストンマーチャン、武豊に反抗してみる。

◎ルミナスハーバー
○アストンマーチャン
▲ハロースピード
△イクスキューズ
posted by ナイト at 20:43| Comment(2) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

JC結果

最後方からのレースでしたが関係なし。4コーナーでは後方2番手から進むデットーリのウィジャボードを交わすとあとは強いディープを見せてくれました。
そしてドリームパスポートの2着は力のあるところを見せてくれました。ただ、この馬がシーキングザダイヤのようにならないことを祈ります。すでにG1での2着は3回目ですからね。
ハーツクライの大敗はノド鳴りの影響か。10着でした。

1着:6枠6番ディープインパクト◎
2着:6枠7番ドリームパスポート△
3着:3枠3番ウィジャボード○
4着:8枠10番コスモバルク
5着:7枠8番フサイチパンドラ
結果:三連複1400円的中 +900円
posted by ナイト at 15:39| Comment(4) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

JC予想3

◎ディープインパクト6
○ウィジャボード3
▲ハーツクライ1
△ドリームパスポート7
×メイショウサムソン11
から。×印をつけたように、サムソンに期待はしていない。三連複の押さえ程度。
そして三連複だが、ディープは3着ははずさないと見る。3強といわれているが、妙にドリームパスポートが気になるように、印は分けたが、○、▲、△に大差はない。
汚名返上か。それとも。自信度★★★☆☆
三連複5点 1-3-6 3-6-7 3-6-11 1-6-7 1-6-11
posted by ナイト at 20:04| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

JCダート&京阪杯結果

後藤浩輝がこだわり続けたアロンダイトが見事G1制覇。まだ3歳ですから今後が楽しみです。
楽しみといえばフィールドルージュが最近強くなってますね。武蔵野3着に続いてここでも3着。きっちり追い込んできますね。
ヴァーミリアンは休み明けそして最後の直線で少しごちゃごちゃしたことを考えれば4着は立派。
シーキングはG1での2着は9回目。早く勝たせてあげてください。
ただこうやってみると、アンタレスSを勝ったフィフティーワナーやG1馬カネヒキリにアジュディミツオー、アロンダイトと同じ3歳のフラムドパシオンといった強豪の怪我というのは悲しいです。ダート界が寂しいです。

1着:3枠4番アロンダイト
2着:4枠7番シーキングザダイヤ◎
3着:8枠15番フィールドルージュ
4着:1枠1番ヴァーミリアン○
5着:7枠12番サンライズバッカス△
結果:-500円


京阪杯はアンバージャック。強くないと思ってたんですが、1分8秒台の決着ならこの馬が来てもおかしくないということなのか、それとも今回もいい追い込みだったが、本当に強いのか。ただ、重賞でこのタイムは面白くないですね。特筆するレースでもないです。

1着:2枠3番アンバージャック
2着:1枠2番コパノフウジン○
3着:7枠14番タマモホットプレイ△
4着:3枠5番リミットレスビッド◎
5着:2枠4番ツルガオカハヤテ
結果:-500円
posted by ナイト at 20:00| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

JC&JCダート予想2&京阪杯予想

◎ディープインパクト
○ウィジャボード
▲ハーツクライ
△ドリームパスポート
△メイショウサムソン
でしたが、まあこれでいいでしょう。馬券の買い目は次回更新しますから、ほとんど変更しません。コメントするなら、ドリームパスポートは今回は岩田騎手です。毎回乗り替わりますね。枠順について考えても、しいて変更するとしたら大外の馬だけでしょう。ということで。

◎ディープインパクト6
○ウィジャボード3
▲ハーツクライ1
△ドリームパスポート7
×メイショウサムソン11


◎シーキングザダイヤ
○ヴァーミリアン
▲タイムパラドックス
△フサイチリシャール
△サンライズバッカス
△ブルーコンコルド
でしたが、タイムパラドックスが骨折。たぶん引退でしょう。ということで、補充はアロンダイトとハードクリスタルで迷いました。後藤がこだわり続けるアロンダイト。しかし、4歳に本格化ではないだろうか。3歳の今ではちょっと足りない気がする。それに比べてハードクリスタルは前走負けたといってもシーキングとは0.2秒差。レース内容は完敗だったが、馬券に絡む可能性はある。
そして枠だが、3戦連続6番枠のブルーコンコルド。そしてこれまた4枠のブルー。3回も続けてきていいのか?そしてルメールは芝、ダートともに1番枠です。
あと、希望はリシャールに逃げてもらいたい。

◎シーキングザダイヤ7
○ヴァーミリアン1
▲ブルーコンコルド6
△フサイチリシャール3
△サンライズバッカス12
△ハードクリスタル13
シルバーコレクターなら3着ははずさないだろう。自信度★★★☆☆
ワイド5点 1-7 6-7 3-7 7-12 7-13


今年から1200mの京阪杯。珍しく逃げ馬がいないスプリント戦。スローとはいわないが、そこまで高速決着にならないと見る。それなら厩舎側も速い流れが苦手というリミットレスビッドでここは勝負か。馬だけを見るとここでは確かに格が違う。
スプリンターズS3着のタガノバスティーユ。買いにくいタイプの馬だが、捨てきれない。はまれば一気に突き抜ける脚を持っている。それはタマモホットプレイにもいえるだろう。ただ最初に書いたとおり、高速決着での追い込みこそがこの馬たちの取り柄だろう。
ならば前走先行して勝利したコパノフウジン。調教もよかった。通用する相手だ。
最近1600万からの上がってきたような馬でいえば時計がそこまでいいとも思えないアンバージャックよりは、前走は不利などがあったというモンローブロンド。小倉のイメージだが、坂のない京都に加え、内回りとなれば面白い。フサイチホクトセイも同じくらい走る馬だと思うが、左回りのほうが得意のようだ。あとはタニノマティーニがちょっとおもしろいか。イースターは好きじゃないという個人の感情で判断するが、昨年の1800mの番組表を見てレースを決定されたミスと思いたい。

◎リミットレスビッド5
○コパノフウジン2
▲モンローブロンド7
△タガノバスティーユ1
△タマモホットプレイ14
やっぱり荒れそう。リミットレスは和田騎手でいけるのか。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 2-5 5-7 1-5 5-14 2-7
posted by ナイト at 21:13| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

浦和記念&兵庫ジュニアGP結果

浦和は見ていて面白くないメンバーだが、レースもおもしろくなかった。
11ヶ月ぶりの出走となった8歳馬大井のケイアイミリオンが逃げ切り。2着は2番手につけた愛知のキングスゾーン。行った行った。
クーリンガーは思いっきり出遅れました。

1着:3枠3番ケイアイミリオン
2着:4枠4番キングスゾーン
3着:7枠8番レマーズガール△
4着:5枠5番グラッブユアハート▲
5着:8枠11番チョウサンタイガー
結果:-400円


トロピカルライトはやっぱり強かった。あっさり4馬身差。そして2着の北海道のトップサバトンも前走はフロックではない。
あとはスナークトモクンが芝初挑戦で3着に。

1着:4枠4番トロピカルライト◎
2着:6枠8番トップサバトン△
3着:7枠9番スナークトモクン
4着:8枠11番ハタノワイズ▲
5着:5枠6番タッカーテンビー○
結果:ワイド200円的中 -300円
posted by ナイト at 19:41| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

JC&JCダート予想1

芝です。11頭しか出走しないとは。
デットーリ騎乗で欧州年度代表馬ウィジャボード。昨年5着ですが十分狙える外国馬。それからディープインパクト。そしてハーツクライ。
この3頭をどう並べるのか。ハーツクライは休み明け。7月以来というのはマイナス材料です。それにノド鳴りが発表されました。完全に信頼できる馬でなくなってしまいました。それでも強いのは確か。
ウィジャボードがドバイでハーツに負けのは不利があったから。昨年のJCで負けたのは、逃げたタップダンスを早めに捕らえに行ってしまったから。それでも高速決着に対応できたこの馬のことは評価すべき。しかし、それでもハーツには連敗している。それが嫌な点。
ではディープ。まあ、簡単に言えば今回はJRAの味方がついてます。失格なんてなったなら、汚名返上でしょう。
3歳馬はドリームパスポートです。秋になってメイショウサムソンに連勝。府中なら最後しっかり伸びてくるでしょう。ただ、逃げ馬がはっきりしない今回、メイショウサムソンが前で粘ることも有り得るような気もします。
スウィフトやコスモといったあたりはこのレベルには届かないでしょう。

◎ディープインパクト
○ウィジャボード
▲ハーツクライ
△ドリームパスポート
△メイショウサムソン


砂のほうは、フラムドパシオン、カネヒキリ、アジュディミツオー、フィフティーワナーといったところがことごとくいません。残念です。
3歳馬から。アロンダイトが注目されています。2年前、1600万から上がってきていきなりJCダートに挑戦したのはハードクリスタルとジンクライシス。そしてジンクライシスは3着に。そしていまや両馬とも重賞で活躍しています。そのレベルでないとこのG1で活躍できないということなら、今回のアロンダイトは魅力を感じる点が少ない。たとえばハードクリスタルはレコード勝ちからJCダートに挑戦していました。それなら3歳はフサイチリシャールにもう一度希望をかけてみるほうがいいかと。前走は内に挟まれてのレース。
では名前を出したジンクライシス。これは最近のレースを見る限り、この距離に出ていない。本質は1700mあたりがいいのでしょう。ハードクリスタルは確かにいいものを持ってますがG1ではちょっと力不足か。
では昨年5着のサンライズバッカスは。どうもこの馬は2100mのイメージはないのですが、走らないことはないでしょう。押さえる必要はありそう。
短距離組メイショウバトラーとブルーコンコルド。短距離で比べると完全にブルーコンコルドがずば抜けている今の力関係。なら距離が延びてどこまで走るか分からないが、ブルーは押さえておきたい。バトラーが長い距離を得意とするなら、前走はJBCクラシックに出走したのではないでしょうか。
久々のヴァーミリアン。仕上がった状態で走ればこの距離も含めてきっちり走るはず。鞍上ルメール。いくら前走復活したといってもすでに8歳のタイムパラドックスよりは走ると思う。そのタイムパラドックスは小回りコースで岩田が完璧な騎乗をしたというのが前走の勝因ではないでしょうか。東京コースでもう一度この馬を勝たせられますか?
そのレース2着のシーキングザダイヤ。いつまで続くのか。武豊がきっちり乗れば勝てると思うのだが、カネヒキリが怪我でこちらに乗ることになったという過程のシーキングザダイヤ。あんまり勝ちきるイメージは湧かないのですが本命に推しましょう。この安定感は捨てられません。
マイソールサウンドの初ダートでクロフネみたいなレースをするとは思えませんよね。

◎シーキングザダイヤ
○ヴァーミリアン
▲タイムパラドックス
△フサイチリシャール
△サンライズバッカス
△ブルーコンコルド
posted by ナイト at 21:05| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

浦和記念&兵庫ジュニアGP予想

G2ですが海外の馬が出てこないJCダートに有力馬が流れてしまった。距離は2000m。そろそろやめたらいいのにと思うような馬が揃う地方重賞。
そんなときは珍しく地方馬からプッシュ。ビービートルネード。JBCクラシック7着なら十分実力はある。騎手は今度は石崎隆之。3歳馬で十分成長の余地があると言っていい。
コアレスタイムは8歳ですがJBCマイル4着に、内田博騎手ならここでも善戦可能か。ただ若干距離が長い。
あとは中央。
クーリンガーは7歳。買いづらいがいきなり重賞を勝ってしまうのがこの馬。捨てられない。和田騎手ならこの馬を知り尽くしている。
牝馬グラッブユアハート安藤勝己とレマーズガール武豊。このあたりも地方で見慣れた名前。

◎ビービートルネード9
○クーリンガー2
▲クラッブユアハート5
△レマーズガール8
△コアレスタイム1
今回はG2で重みが違う。希望も含めて年寄りでなく3歳馬に勝ってもらいたい。自信度★★★☆☆
ワイド4点 2-9 5-9 8-9 1-9


2歳のG3競走。1400mで園田競馬場。
JRAで強いと見るのはトロピカルライト。プラタナス賞は参考外のレース。そのほかのダート2戦がともに圧勝。これなら軸までいっていい。
一足先に北海道で北海道2歳優駿G3が行われ、それの勝ち馬トップサバトン。北海道の馬で、差して0.9秒突き放した脚はよかった。
そのレース7着だったワイルドイリーガルは、北海道の前走中京での未勝利のタイム、着差ともにいい。まだ見切れない。園田は地元、岩田騎手なら信頼度もプラス。
こちらも中山で未勝利のタイム、着差ともよかったハタノワイズ。地方出身安藤騎手だ。
ダート初挑戦スナークトモクンはJRAでも捨てる。
あとの地方馬だが、愛知や荒尾は買いにくい。なら地元兵庫のエース曾和厩舎。なんと勝率は25%を超える。連対率は40%越え。ちなみに昨年は47%越えと地元では次元の違う強さ。ゴールデンウィークとタッカーテンビーの2頭が出走してきた。

◎トロピカルライト4
○タッカーテンビー6
▲ハタノワイズ11
△トップサバトン8
△ゴールデンウィーク12
△ワイルドイリーガル7
とりあえず軸信頼。自信度★★★☆☆
ワイド5点 4-6 4-11 4-8 4-12 4-7
posted by ナイト at 21:16| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

マイルCS結果

自分で言うのもなんですが、完璧な予想。
馬券の軸は穴狙いのシンボリグランから。印の本命はダイワメジャー。見事ダイワメジャーが3連勝で3つ目のG1制覇でした。ただ、ダイワが勝つのは予想外でした。でも強かった。またしてもダンスとのワンツーで、マイル戦はこの2頭しかいないというくらいでしょうか。
3歳馬。これが今年は強いのか。スタートが決まったマイネルスケルツィは4着に。南半球産でこれからまだまだ伸びる余地のあるキンシャサノキセキが5着に。この2頭は期待できそうか。
あとはコートマスターピースは7着。デットーリは来週に期待しましょう。

1着:5枠10番ダイワメジャー◎
2着:4枠7番ダンスインザムード△
3着:8枠16番シンボリグラン△
4着:6枠11番マイネルスケルツィ
5着:7枠14番キンシャサノキセキ
結果:ワイド3630円的中 +3130円


今週の結果

日曜東京10R奥多摩S
コスモシンドラー。阪急杯2着と、実力は十分。1600万の1400mで負けるはずがなかった。
posted by ナイト at 16:04| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

マイルCS予想3

◎ダイワメジャー10
○マルカシェンク15
▲コートマスターピース1
△ダンスインザムード7
△シンボリグラン16
5頭に絞ったもののいい加減、軸を決めないと。
ただ、結局難しくて決まりません。
ステキシンスケクンが逃げて、昨年のローエングリンより速い流れになりそうな気がします。そうなると後ろからの馬が注目視される。となるとマルカシェンクか。ただ、休み明けからちょっと変なローテーションで嫌な気がする。
ここで一気に軸を変更する。軸はシンボリグラン。これに決めた。
確実に伸びる脚は持っているはず。安田記念でのダイワとの差は0.3秒。叩き2走目だし、かなりの調教のタイムからして、ここは一発穴狙いだ。柴山騎手でも大丈夫だろう。
一発頼む。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 10-16 15-16 1-16 7-16 1-10
posted by ナイト at 16:05| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

東京スポーツ杯2歳S結果

フサイチホウオーが重賞制覇。半馬身差でフライングアップル。フサイチ、松田国厩舎はこのレース連覇ですね。
完全な上がりの競馬。上位3頭に大きな差はなかった。3着のドリームジャーニーは少し出遅れた。

1着:4枠4番フサイチホウオー○
2着:8枠12番フライングアップル
3着:6枠8番ドリームジャーニー▲
4着:3枠3番トーセンクラウン
5着:8枠11番ニシノコンドコソ
結果:ワイド180円的中 -220円
posted by ナイト at 15:57| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

マイルCS予想2&東京スポーツ杯2歳S予想

◎ダイワメジャー
○ダンスインザムード
▲マルカシェンク
△アドマイヤムーン
△アサクサデンエン
△シンボリグラン
△アグネスラズベリ
でしたが、この中で出走しない馬はアドマイヤムーンとアサクサデンエン。
ではそのほか。まだ気になるキンシャサノキセキ、ステキシンスケクン、スーパーホーネットといった3歳勢だが、どの馬も乗り替わり。やっぱりこれはどうも買いにくい。怖いのはマイネルスケルツィだが、休み明けとはいえ京成杯AHでステキシンスケクンに負けたのと、騎手柴田善も前走はアサヒライジングでちょっと迷惑をかけるような騎乗。これで次のG1で活躍するとまずいだろう。
そして書き忘れて申し訳ありませんでしたが、外国馬コートマスターピース。実力はまずまずでしょうが、デットーリ騎手がこんなところに乗りに来ると、複勝よりも単勝候補。ただ、デットーリは来週JCのウィジャボードの下見でしょうか。それに、日本で種牡馬入りが決定している馬というのはあんまり好走していない気がするのです。
マルカシェンクは福永騎手。先週は見事繰り上がりでG1制覇でした。こういうときに続けて来る気がしてしょうがないのです。なんといってもまだ今年はG1あれしか勝ってないですからね。完全復活福永祐一?
騎手で選ぶなら被害者、四位洋文ですがニューベリーでは厳しいか。
ダンスインザムードは武豊。勝ちきる姿は想像できない。力は完全にダイワメジャーが上。ただ、こちらも天皇賞→マイルCSというG1連勝はちょっと想像しにくい。ハイペースになりそうだし、ローテも厳しい。
アグネスラズベリは本田騎手から角田騎手。前走は内の馬場の悪いところを走らされたとのことだが、そこまでまだ荒れてない馬場のはず。西浦厩舎には申し訳ないがそんなにうまくはいかないだろう。
それより一発ありそうなのはシンボリグラン。柴山騎手がちょっと気になるが、スワンSはアグネスラズベリに先着。今度はさらに斤量1キロ減。今回の調教はかなりよかった。
ハットトリックは勝つか惨敗かの馬というイメージがつきまとう。昨年の勝利はペリエ。最近は岩田。岩田もいいジョッキーだがペリエには及ばないのでは。そう思うとやはり騎乗停止になったペリエが情けない。

◎ダイワメジャー10
○マルカシェンク15
▲コートマスターピース1
△ダンスインザムード7
△シンボリグラン16


東スポ。こういうレースはちょっと穴を狙うか。
ケイアイマイスキー。1800mのレースならなかなかの成績。野路菊ではオースミダイドウと0.3秒差。前走も0.1秒差と僅差。横山典弘も気になる。
トーセンクラウンは前走レコード勝ちだが、それまでの成績が悪い。
フサイチホウオー。タイムは悪いが前走のレース内容はよし。安藤騎手も関東に行くわけで、なかなかの期待馬なのでしょう。
エルヴィスは軽い怪我のあとのレースで休み明けなので捨てようかと思う。
ドリームジャーニー。2戦2勝。普通ならフサイチホウオーとの2強といわれるか。
ニシノコンドコソの今度こそという名前にこめられた思いは、逆に失敗しそうな感じ。こんな名前の馬に重賞で活躍してもらいたくない。
フライングアップル。藤沢厩舎で注目の馬かもしれないが、デビュー戦から塚田騎手。そう、北村宏騎手が3戦も乗らず4戦目で初騎乗という今回。狙い目と思うかもしれないが、逆に期待が薄く、北村騎手が乗らないほどの馬だったということだ。
本命が定まらないところで、ここは騎手に賭けた。ヴェルトマイスター。ご存知世界のデットーリだ。新馬戦はまずまずの上がりタイムですし、大敗はないと思いますが。

◎ヴェルトマイスター7
○フサイチホウオー4
▲ドリームジャーニー8
△ケイアイマイスキー2
軸、相手ともにわからないレース。自信度★☆☆☆☆
ワイド4点 4-7 7-8 2-7 4-8
posted by ナイト at 22:19| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

マイルCS予想1

強いといわれる3歳勢が予想以上に出走。
NHKマイルCのロジックは最近の成績からは買いにくい。前走復活したスーパーホーネットは適距離に戻るが中1週でのレースは厳しい気がする。
キンシャサノキセキは出られるのでしょうか。出られたら前走の内容からすれば面白いのですが。マイネルスケルツィは京都なら走ってもいいが、もう一押しほしい馬。さらに言えばステキシンスケクンもちょっと足りない感じはする。前走は1400mで4着とはいえ、距離が延びてもこの前ほど先行馬に向いたコースにはなってないだろう。騎手変更もマイナス材料になりそう。あとはアドマイヤムーンとマルカシェンク。このあたりの距離のほうが走る気がするのですがどうでしょうか。
スワンSから。勝ったプリサイスマシーンはうまく先行した感じで、むしろシンボリグラン、アグネスラズベリといったところのほうがすばらしい脚で追い込んできた。狙うならこちらではないか。
あとはマイルの馬たち、ダイワメジャー、ダンスインザムードあたりはやはり忘れられない。ダイワは普通に考えれば大本命だろう。去年は2着です。
去年勝ったハットトリックは昨年はここで復活の○印をつけたのだが、今回はそんな感じがしないので捨てる。
ところで、このレースはどれだけの馬が出るか分かりません。アドマイヤムーン、メイショウボーラー、アサクサデンエンなど、回避の情報もあります。とりあえず正式発表があるまで待ちます。なので、今回はたぶん予想2で大きく変わるとの前提で、多くの馬に印をつけたいと思います。

◎ダイワメジャー
○ダンスインザムード
▲マルカシェンク
△アドマイヤムーン
△アサクサデンエン
△シンボリグラン
△アグネスラズベリ
posted by ナイト at 21:24| Comment(2) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

エリザベス女王杯結果

力があるのはカワカミだが3冠馬になる名前ではない。これを予想1で書いた。
この馬の実力からすればやっぱり勝っちゃうだろうが、3冠はない。ということは何かの不利で負けるということを想像した。しかしヤマニンシュクルに害を与え降着。これは予想外すぎる。ただ、本田騎手もコメントしていますが、あれはアサヒライジング柴田善の動きがなければ勝っていたのだが。
勝ったのは今年初G1勝利福永祐一。フサイチパンドラ。昨日のニュースを見てから予想をすればよかったのです。4億9000万円の大物といわれながら新馬は3着だったザサンデーフサイチ。これが骨折したのです。フサイチだったんですよ。このレースは。
あとは異常にハイペースになりましたが、それでも前で残ったアサヒライジングはすごい。
結局カワカミ以外は接戦でしたからね。

1着:8枠15番フサイチパンドラ
2着:4枠8番スイープトウショウ△
3着:6枠11番ディアデラノビア○
4着:1枠1番アサヒライジング▲
5着:2枠3番アドマイヤキッス◎
結果:-600円


今週の結果

土曜京都6R2歳500万
こんなレースを書くのは珍しいことだが、ルミナスハーバー。前走がレコード決着で着差なしの2着ゼットカークや小倉2歳S5着のストラテジーなどを寄せ付けない完勝。このまま阪神JFに出てきたら本命にしてもいいくらいの馬。
土曜京都9R京都HJ
スプリングゲントが圧勝。障害6戦6勝だ。
土曜京都11R花園S
土曜の注目馬で書いたが昇級かまわず完勝。強いメイショウトウコン。オープンでも面白いレベルの馬。
posted by ナイト at 19:29| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

エリザベス女王杯予想3

◎アドマイヤキッス3
○ディアデラノビア11
▲アサヒライジング1
△カワカミプリンセス16
△スイープトウショウ8
これから馬連を。とりあえず上2頭軸でいこうかと。アドマイヤとディアデラは迷ってます。武豊に期待するということでアドマイヤです。
サンレイジャスパーは福島記念で佐藤哲三が来たので捨てる。逆に今日のゴールドアグリが5枠安藤勝己、戸田厩舎で来なかったのでキストゥヘヴンが怖くなるのだが距離からするとやはり捨てたくなるか。
牝馬3冠なるか。牡牝ともに2冠か。自信度★★★☆☆
馬連6点 3-11 1-3 3-16 3-8 1-11 11-16
posted by ナイト at 21:37| Comment(2) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

京王杯2歳S&福島記念結果

京王杯は有力馬、ゴールドアグリとアドマイヤヘッドの出遅れが影響した。特にアドマイヤは大きく出遅れた。勝ったのはマイネルレーニア。新潟2歳Sでの負けは力負けではなかったか。
あとは4番マイネルフォーグはサインどおり来てしまった。

1着:6枠10番マイネルレーニア◎
2着:3枠4番マイネルフォーグ△
3着:2枠2番アロマンシェス
4着:5枠7番ゴールドアグリ▲
5着:7枠12番アドマイヤヘッド○
結果:-400円


福島はサンバレンティン。重馬場を考慮していませんでした。きっちり差しきって重賞初勝利。1枠の佐藤哲三、佐々木晶三。これも忘れていた。よくこのコンビは来るんです。ただ、予想大会では三連複をとっていたりするんです。
あとはフォルテベリーニとワンモアチャッターもいたがロフティーエイムは福島に強い印象が残ります。

1着:1枠1番サンバレンティン
2着:4枠7番フォルテベリーニ△
3着:5枠10番ワンモアチャッター◎
4着:8枠16番ロフティーエイム
5着:4枠8番ダンツジャッジ
結果:ワイド550円的中 +50円
posted by ナイト at 21:30| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

エリザベス女王杯予想2&京王杯2歳S&福島記念予想

◎アドマイヤキッス
○スイープトウショウ
▲カワカミプリンセス
△アサヒライジング
△ディアデラノビア
でした。とりあえず、アドマイヤキッスは本命のまま残すか迷ったんですが、一応前走は外を回りすぎて負けたということにしておきます。
ここで評価を上げるのはディアデラノビア。なんといっても後方から進む追い込み馬だと思っていたがこの馬は中団から進む馬。なら後ろから行き過ぎて届かないということはないのか。そして今年の秋はハナからこのレースを目標に。仕上がってないままオールカマーに出走させてみると天皇賞2着のスウィフトカレントに先着。前走府中牝馬Sでは、はさまれたり展開不利もあったが差のない3着。なら本番のここで大勝負。なんといってもエアメサイアが体をおかしくしてしまった4歳勢のトップはいまやこの馬。4歳牝馬が強いはずのレース。ここは勝たないといけない。
もうひとついえるのは新設されたヴィクトリアマイル。このレースに出走して、エリザベスにも出走する馬で1番着順がよかった馬はこの馬だ。エアメサイアがいないからこの馬では勝てないということも確かに有り得るが、ここは4歳の意地に期待。
あとは、アサヒライジングが逃げると仮定したが、シェルズレイが逃げるのではないか。ならアサヒはいい位置につけられる。そして1枠でよかった。逆にカワカミの大外。これは評価を下げよう。
とにかく個人的なことですが、カワカミが好きでないのです。それで評価が低いのです。
そして最後に。スイープは坂路の馬場入りを嫌ってダートコースでの調教となりました。そろそろ引退か。評価を下げます。

◎アドマイヤキッス3
○ディアデラノビア11
▲アサヒライジング1
△カワカミプリンセス16
△スイープトウショウ8


京王杯2歳。特にいない。ゴールドアグリの新潟2歳Sの勝ちよりも大外へ回って逆にコース不利となったマイネルレーニアに期待したい。アグリはうまくいきすぎた感じがする。あとはこちらも力のあるアドマイヤヘッドは札幌2歳Sで2着。さらにスタートが決まれば面白いのはサンダーアロング。
このあたりだと思うが、サインでマイネルフォーグ。4番(フォー)に入った。

◎マイネルレーニア10
○アドマイヤヘッド12
▲ゴールドアグリ7
△サンダーアロング13
△マイネルフォーグ4
上2頭を信頼します。自信度★★★☆☆
三連複4点 7-10-12 10-12-13 4-10-12 7-10-13


わからない福島。トップハンデ58キロでもヴィータローザははずせないし、わざわざ福永がやってきたワンモアチャッターも57キロでも狙い目。
サンバレンティンが人気しそうだが、あまり好きじゃないことと、2000mでの実績がないのが嫌なところ。それなら隣のスプリングドリュー52キロだがこちらも2000m実績はない。ならば他には。
小回り得意のフォルテベリーニにローカル得意の中舘。これは牡馬で53キロのハンデというのが魅力。格上挑戦だが小回りコースなら面白い。
あとはシェイクマイハート。これも53キロ。セフティーエンペラと同じようなレースを走って同じような成績。それでも2キロのハンデ差ならシェイクマイハートで。そこそこの穴になると思うが、結構期待している。

◎ワンモアチャッター10
○シェイクマイハート7
▲ヴィータローザ13
△フォルテベリーニ9
混戦でまったくわからないのに4頭まで絞ってしまった。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 7-10 10-13 9-10 7-13 7-9


土曜の注目馬

京都9R京都HJ
障害無敵のスプリングゲント。休み明けでも圧勝してほしい。暮れの中山大障害へ向かって。
東京10RユートピアS
コスモマーベラスにブルーメンブラットと1600万なのにオープンレベルの馬が2頭。
京都11R花園S
札幌ダートで才能開花メイショウトウコン。唯一の負けは後のG1馬マンオブパーサーだから許せる。1600万昇級初戦だが55キロなら期待大。
posted by ナイト at 21:44| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

エリザベス女王杯予想1

岩田&角居コンビのディアデラノビアが妙に怖くなってしまうこのレース。しかし今の京都のスピード馬場で追い込みは決まりません。先行、差し馬達に分があります。
かといって先行のアサヒライジングの力は認めますが、2200mは気持ち長いと思われる。逃げ争ったとはいえ、オークスの上がりが遅い。そして逃げ馬がいなく、ハナに立つとこの馬が目標とされての競馬となる。どうもそれは嫌だ。
ならば3歳馬。スピード馬場京都。切れる脚がほしい。となるとアドマイヤキッス、カワカミプリンセス。力から言えばカワカミなのだろうが、牝馬3冠をとる名前か。カワカミ。ちょっと3冠馬にふさわしいとは思えない名前。そして秋華賞を勝ったことからも、どちらかといえば狙いは秋華賞であった感じだ。いいかげん武豊、松田、アドマイヤの組み合わせでG1を勝たなければ。盛り上げるだけ盛り上げて1つも勝てないのはダメでしょう。
あとはスイープトウショウですが、連覇はちょっと微妙な感じがする。天皇賞5着は昨年と同じ。それが2年連続で同じエリザベス女王杯1着につながるとは思いにくい。
あとサンレイジャスパーですが、この馬って夏の馬な感じがしませんか。それに休まなさすぎ。G1の大舞台で影響がありそう。昨年もいきなりのG2ローズS挑戦で惨敗でしたから。

◎アドマイヤキッス
○スイープトウショウ
▲カワカミプリンセス
△アサヒライジング
△ディアデラノビア
posted by ナイト at 21:55| Comment(3) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

メルボルンC結果

歴史的快挙。日本馬がオーストラリア最高峰のG1でワンツー決着。それも同じ厩舎というのがすごいですね。

菊花賞同様に先行抜け出しを狙うデルタブルース。スタートがよくてもう少しで逃げるところでしたが、うまく2、3番手につけました。そして最後の直線は早めに抜け出し、さすが地方出身騎手の気合の追い。岩田康誠見事海外G1制覇。

そしてオリヴァー騎手のポップロックはただ1頭追い込んできた馬。ここも日本馬の力の違いなのか。すばらしい脚色でしたが、岩田騎手の追いには及ばずアタマ差2着でした。

53キロと56キロでもデルタブルースは勝利。菊花賞以来いいところがあまりなかったこの馬にとって完全復活といえるでしょう。菊花賞ではありがたく馬券を取らせていただいたこの馬。復活を待っていました。ただ、日本のコースでトップクラスと戦ってどうなるでしょうか。

ところで、オーストラリアの競走馬の力ってどれほどのものなんでしょうか。活躍するのはもう走ることしかできないセン馬なのか。テイクオーバーターゲットやカラジ。これは強い。だが、オーストラリアの長距離馬でメルボルンC3連覇のマカイビーディーヴァでさえ天皇賞春は7着。

角居厩舎は久々にスポットライトを浴びましたね。フレンドシップ、カネヒキリ、フラムドパシオンとすべて故障。ハットトリックは散々。これで今後気になってしまうのがディアデラノビアですかね。何か一発やりませんかね。
posted by ナイト at 20:37| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ファンタジーS&アルゼンチン共和国杯結果

距離延長関係なし。力が違ったアストンマーチャン。関東の2強を抑えての勝利。0.9秒もレコードを更新しました。
3着、4着は後方からレースを進めすぎた感じはしたが、それにしてもこの2頭の最後の追い込みは尋常でなかった。33.8秒と33.5秒。すばらしい脚だった。それでもアストンマーチャンは33.6秒。本番でのもう1F延長がどう影響するか分からないが力は確実に持っていると今回のレースで証明してくれた。新馬負け、未勝利勝ち、小倉2歳勝ち、ファンタジーS勝ち。これは昨年のアルーリングボイスとほぼ同じ。ききょうSをはさんでいないだけ。今後アルーリングボイス同様に大敗を重ねないでほしい。

1着:7枠12番アストンマーチャン▲
2着:6枠9番イクスキューズ○
3着:8枠13番ハロースピード◎
4着:6枠10番ハギノルチェーレ
5着:3枠4番ニシノマオ
結果:馬連1200円的中 +700円


こちらは武士沢騎手が重賞初制覇。トウショウナイトがきっちり勝利。アイポッパーというか横山典弘はまたも2着。クビ差ということでハンデ差がなければ逆転可能だったか。
あとはチェストウイングが4着。そのチェストウイングを超えてやってきたのが同じ条件戦から勝ち上がってきたドラゴンキャプテン。51キロのハンデに見事応えたか。

1着:6枠9番トウショウナイト◎
2着:3枠4番アイポッパー○
3着:4枠6番ドラゴンキャプテン
4着:4枠5番チェストウイング△
5着:5枠7番トウカイトリック▲
結果:ワイド390円的中 -10円


今週の結果

土曜京都11RカシオペアS
スーパーホーネットが見事復活勝利。それでも毎度驚かされるのはアサカディフィート。上がり32.5秒は恐ろしい。
日曜京都10R桂川S
実力馬キンシャサノキセキが圧勝。レコードに0.1秒差。不調ながら実力馬コスモシンドラーは4着に。次走十分狙える。
posted by ナイト at 21:57| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする