2007年01月31日

川崎記念結果

セントウルS、ステイヤーズS、ラジオNIKKEI杯に続いて、4度目の予想通りの1、2、3着。
あまり出がよくなかったヴァーミリアンだったが、逃げるアジュディに最初から徹底マークの形で、レース開始からすでにマッチレースムード。
その後ろにレマーズガール、パーソナルラッシュ、ドンクールなどがつけチャンスをうかがう形に。
最後の直線、ヴァーミリアンが並びかけるまもなくあっという間にアジュディを抜き去りその後は独走。6馬身差の圧勝でジーワン初制覇。
そして3番手に抜け出したのはドンクール。アジュディは何とか2着に粘った。
後ろからレースを進めてしまったのはミスだと思ったのだが、シャーベットトーンは4着まできっちり追い込んできた。

57ヴァーミリアン牡5ルメール572.12.9
4
5アジュディミツオー牡6内田 博572.14.2
813ドンクール 牡5福永572.14.6
712シャーベットトーン牡5横山 典572.14.8
3
4ビービートルネード牡4町田56
2.15.2
814パーソナルラッシュ牡6山田 信57
2.15.2
6
10ボンネビルレコード 牡5的場 文572.15.5
2
2レマ-ズガール牝7武 豊552.15.6
3
3チョウサンタイガー牡7酒井 忍57
2.15.7
58ジルハー牡5坂井57
2.15.8
4
6テンショウボス牡4菅原 勲56
2.18.0
6
9ゲットゥザサミットセ6安部 幸57
2.18.6
11オウシュウクラウン牡4小林 俊56
2.30.9
711ゴールデンイースト牡10森下57
除外

結果:三連複730円的中 +330円
posted by ナイト at 20:57| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

川崎記念予想

2強対決ムード漂う今年最初のJpn1。
どうもアジュディミツオーに信頼する気が起きない。昨年のカネヒキリを倒した絶好調時まではまだ遠いと思うのだ。だからルメールのヴァーミリアンを本命にする。
残りの中央はどうだろうか。シャーベットトーンは横山典が戻って本気の体勢だと思うが、平安Sからのローテーションは連闘みたいなものでちょっと厳しい。ならばドンクール。ムラがあるとは思うが、JCダートで6着に来たように、力は十分に持っている。
あと、レマーズガールもTCK女王盃をパスしてここに。Jpn1でもいけると判断したのだろう。怖い。
と、中央馬は全部押さえておこう。続いて地方馬。
G1馬パーソナルラッシュ。しかし峠を越えたと見る。だから船橋へ転厩してしまったのだろう。
あとは、やっぱり中央馬に太刀打ちできるだけの一発がある馬を狙う。ボンネビルレコード。JBC3着の追い込みを見せた。ビービートルネードなども怖いが、ちょっと足りないだろう。

11オウシュウクラウン牡4小林 俊56
2
2レマ-ズガール牝7武 豊55
3
3チョウサンタイガー牡7酒井 忍57
3
4ビービートルネード牡4町田56
4
5アジュディミツオー牡6内田 博57
4
6テンショウボス牡4菅原 勲56
57ヴァーミリアン牡5ルメール57
58ジルハー牡5坂井57
6
9ゲットゥザサミットセ6安部 幸57
6
10ボンネビルレコード 牡5的場 文57
711ゴールデンイースト牡10森下57
712シャーベットトーン牡5横山 典57
813ドンクール 牡5福永57
814パーソナルラッシュ牡6山田 信57

上位2頭はこのメンバーなら3着は入ると見る。自信度★★★☆☆
三連複4点 5-7-13 2-5-7 5-7-12 5-7-10
posted by ナイト at 21:27| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

京都牝馬S&根岸S結果

内の狭いところをよく回ってこれました。抜け出した後は楽勝。強かったディアデラノビア。昨年のマイネサマンサに続いて岩田騎手はこのレース連覇。
ウイングレットはエリザベスはボロボロでしたが、このレースは2回目の2着です。
アグネスラズベリはいつもいい脚は持ってるんですが、ちょっと届かないんですね。1200m、1400mで何とか重賞とってほしいと思ってるんですが、あと一歩ですね。

2
4ディアデラノビア牝5岩田541.33.0
713ウイングレット牝6田中 勝55
1.33.7
6
11アグネスラズベリ牝6本田541.33.8
59サンレイジャスパー牝5551.33.8
510アクロスザヘイブン牝4川田53
1.33.8
12ピアチェヴォーレ牝6角田54
1.33.8
2
3ワディラム牝6高田55
1.33.9
714ソリッドプラチナム牝4柴原541.33.9
3
5コイウタ牝4ルメール551.33.9
11スマイルフォライフ牝5和田54
1.34.0
4
7ライラプス牝5武 幸55
1.34.1
816レクレドール牝6柴山56
1.34.5
6
12ダイワパッション牝4小牧56
1.34.5
815マイネサマンサ牝7安藤56
1.34.6
4
8マルターズヒート牝6上村54
1.34.9
3
6キープクワイエット牝6池添54
1.35.1

結果:ワイド370円的中 -30円


トウショウギアが単騎の逃げに出て、そこを捕らえに行ったシーキングでしたが、そのシーキングは終始後続にマークされる形。そのためシーキングを目標に後ろから追い出してきた馬が多く、リミットレスビッドなどが来たのですが、それを上回る脚でなんとビッググラスが。これはびっくりしました。村田騎手は中央重賞初勝利。
さらに外からニホンピロサートが。9歳になってもまだまだ走りますね。甘く見てました。
ここをシーキングが完勝してくれたらフェブラリーの有力馬だったんですがこれで難しくなってきましたね。

510ビッググラス牡6村田56
1.23.5
6
12シーキングザベスト牡6福永571.23.7
714ニホンピロサート牡9勝浦56
1.23.7
59リミットレスビッド牡8蛯名581.23.7
12ヒカルウィッシュ牡5後藤56
1.23.9
3
6ボードスウィーパー牡6秋山561.24.0
11トウショウギア牡7柴田 善 吉田 豊56
1.24.1
4
8オフィサー牡5横山 典56
1.24.2
4
7タイキエニグマ牡6武 豊561.24.2
3
5ダイワバンディット牡6北村 宏56
1.24.4
713マルカフレンチ牡5ペリエ56
1.24.9
2
4セレスダイナミック牡4吉田 隼55
1.25.0
6
11スナークファルコン牡5石橋 脩56
1.25.2
816アルドラゴン牡6木幡 長谷川56
1.25.6
815インセンティブガイ牡6四位561.26.3
2
3ヒシハイグレード牡4松岡55
1.39.3

結果:-500円


今週の結果

日曜京都9RバイオレットS
58キロの斤量が不利だったとはいえ、追い込みで楽にトロピカルライトを交わして3戦3勝、シャドウストライプ。かなり強い。良馬場で1分24秒5のタイムもいい。ただ、同じ56キロでの勝負となればトロピカルライトもまだまだ十分楽しみ。
日曜東京10R早春S
接戦ながらもアグネスアークが勝利。これで4戦4勝オープン入り。
posted by ナイト at 16:15| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

京都牝馬S&根岸S予想

京都牝馬Sは別定戦。ハンデのおかげで勝ってきたような馬に見向きはしない。
54キロの香港帰りディアデラノビア。3着が多く、ここを54キロで走れるのはJRAからのプレゼントとしかいいようがない。エリザベスは56キロで3着。そこからマイナス2キロなら狙うしかない。
そのエリザベスで比べるなら、6、7、8着馬。ソリッドプラチナムはマーメイドをハンデ49キロで勝ったが、それ以降の成長がうかがえる。サンレイジャスパーは56キロから55キロに軽くなる。ならこの中から捨てるならレクレドール。当てにならない面もあるし、大外、それに藤田が乗れないのも嫌な点だ。
続いてアグネスラズベリ。騎手を変えてほしいと思っているのだが、力がある馬だとも思っている。ヴィクトリアマイル5着は侮れない。
昨年の覇者マイネサマンサだが、昨年ほどの勢いが感じられない。同じことがコイウタにも言える。オークスの競走中止で勢いが途絶えた感じだ。2頭ともオーロCで健闘したが、ダイワバンディットには勝ってくれないとここで勝負は厳しい。ただ、コイウタの鞍上ルメールは先週と同じく3枠で汚名返上となるか。それが怖い。

11スマイルフォライフ牝5和田54
12ピアチェヴォーレ牝6角田54
2
3ワディラム牝6高田55
2
4ディアデラノビア牝5岩田54
3
5コイウタ牝4ルメール55
3
6キープクワイエット牝6池添54
4
7ライラプス牝5武 幸55
4
8マルターズヒート牝6上村54
59サンレイジャスパー牝555
510アクロスザヘイブン牝4川田53
6
11アグネスラズベリ牝6本田54
6
12ダイワパッション牝4小牧56
713ウイングレット牝6田中 勝55
714ソリッドプラチナム牝4柴原54
815マイネサマンサ牝7安藤56
816レクレドール牝6柴山56

ここは軸信頼。自信度★★★☆☆
ワイド4点 4-11 4-9 4-14 4-5


ジョイフルハートが坂路でいい時計を出したのだが、鼻出血のため取消。これで固い2頭、シーキングザベストとリミットレスビッドの勝負となったか。斤量差の分だけシーキングだ。あと、リミットレスはローテーションがずっと厳しいが大丈夫だろうか。
ダイワバンディットやインセンティブガイのように、東京新聞杯が昔は日曜だったから登録を間違えてしまったと皮肉るしかないような馬達は捨てる。
後は押さえ探し。先週平安Sで向こう正面で仕掛けてペースを早める原因を作り、さらに4着に粘るまでのレースをしてアッといわせたタイキエニグマ。疲れがたまったかもしれない内容だが昨年2着馬。しかもジョイフルの取消で武騎乗。怖い。
他にもぱっと見渡して代わり映えのないメンバーということを誰もが思うだろう。その代表格がトウショウギア。東京なら十分に走るのだが、乗り難しそうな馬。それに最内も嫌だ。またオフィサーもそうだが、これは後方一気の馬。1600万は見事にはまったが、オープンはなかなかそうは決まらないだろう。
ならここは最近急成長をとげ、霜月Sでこれらのメンバーに最後は影も踏ませなかった追い込みを見せたボードスウィーパー。ハンデが軽かったというのもあるが、続いてのギャラクシーSでは57キロを背負ってシーキングザベストに迫る追い込みを見せた。
さすがにニホンピロサートは2走も中央で連続して健闘しないだろう。

11トウショウギア牡7柴田 善 吉田 豊56
12ヒカルウィッシュ牡5後藤56
2
3ヒシハイグレード牡4松岡55
2
4セレスダイナミック牡4吉田 隼55
3
5ダイワバンディット牡6北村 宏56
3
6ボードスウィーパー牡6秋山56
4
7タイキエニグマ牡6武 豊56
4
8オフィサー牡5横山 典56
59リミットレスビッド牡8蛯名58
510ビッググラス牡6村田56
6
11スナークファルコン牡5石橋 脩56
6
12シーキングザベスト牡6福永57
713マルカフレンチ牡5ペリエ56
714ニホンピロサート牡9勝浦56
815インセンティブガイ牡6四位56
816アルドラゴン牡6木幡 長谷川56

上位3頭はかなり信頼しているのだがどうなのか。自信度★★★☆☆
ワイド5点 9-12 6-12 6-9 7-12 12-15


日曜の注目馬

京都9RバイオレットS
全日本2歳優駿2着のトロピカルライトが無理をしたとしか思えない。こんな時期に58キロの斤量で挑戦してくる。下手に58キロで激走して故障されると困る。ここは強い馬がほかにもいるので、負けてもおかしくない。
posted by ナイト at 23:55| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

東京新聞杯結果

予想も本命。結果も本命。安すぎる。
ほぼ最後方の大外から吹っ飛んできたスズカフェニックス。1頭抜けた脚を使いましたね。2着エアシェイディもいい脚でしたが、スズカには及ばず。武豊が今年重賞初制覇。
エアシェイディが来たのでサインの通りと考えていいのか微妙なところ。
それにしても東京は妙でした。まずは2R。武豊の騎乗馬が故障で落馬。それに巻き込まれたペリエ、佐藤聖也も落馬。佐藤騎手は負傷乗り替わり。
3Rでは木幡の騎乗馬が故障で競走中止。後ろから来た3頭が巻き込まれた。これによって木幡と柴田善が負傷乗り替わり。
4R障害でも競走中止が2頭。
10Rではペリエの騎乗馬が直線でこれも故障。落馬はしなかったが競走中止。
さらに内田博は病気のため乗り替わり。
メテオバーストは出走取消。
この、レース中に故障を発症した3頭はすべて予後不良とのこと。
東京競馬場に何か魔物が取り付いている。

6
12スズカフェニックス牡5武 豊561.32.7
2
4エアシェイディ牡6安藤571.32.8
12イースター牡4ルメール55
1.32.9
3
6ホッコーソレソレー牡5蛯名56
1.33.0
714グレイトジャーニー牡6ペリエ561.33.0
59サンバレンティン牡6柴田 善 後藤56
1.33.2
4
7キストゥヘヴン牝4横山 典541.33.3
713ロードマジェスティ牡5柴山56
1.33.4
816キネティクス牡8勝浦56
1.33.5
3
5トールハンマー牡7木幡 石橋 脩56
1.33.9
4
8キングストレイル牡5北村 宏561.34.0
510ブラックバースピン牡4田中 勝551.34.2
6
11グランリーオ牡7吉田 隼56
1.34.4
11ダイワメンフィス牡6内田 博 武士沢56
1.34.4
815シベリアンホーク牡7松岡56
1.35.4
2
3メテオバースト牡6後藤56
取消

結果:ワイド170円的中 -430円
posted by ナイト at 16:06| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

東京新聞杯予想

JRAのCMで堂々と馬名まで表示されて写っているのはキャピタルSの10番ブラックバースピン。そのレースに勝ったのは4番のエアシェイディ。見事にそのキャピタルSと同じ馬番に両頭とも入った。これは見えすぎたサインで怖すぎる。
それでも富士Sを主体に考えて軸はスズカフェニックス。後ろから行き過ぎて2着のエアシェイディと最後方から行って届かず3着のスズカフェニックス、先行してうまく抜け出した1着のキネティクスでは、エアシェイディの斤量が1キロ増えることも考慮するとスズカフェニックスだ。武が今度は失敗しないと見る。キネティクスは8歳というのも嫌だし、勝浦は昨日地方で重賞を勝ったところだ。
関西馬で怖いのはグレイトジャーニーとペリエの一発。ダービー卿のような走りをしてくれれば本当に怖い。関東馬ではG1馬キストゥヘヴンの復活。末脚は東京で炸裂してもいい。
他では、イースターはちょっと足りないと見るし、サンバレンティンは佐藤哲三でこそと思っている。しかも柴田善予定だったが落馬負傷で後藤騎手に。後藤騎手はメテオバーストに騎乗予定だったが、急遽取消のためこちらに。いきなり同じレースなのに騎乗馬が替わるというのは対応しにくいと思いますね。雨が降れば話は別だが。
あとはホッコーソレソレーが怖いのだが東京マイルではどうなのか。
東京だが開幕週で先行有利に働く可能性も十分にある。それならばキングストレイルも怖い。ダービー卿2着もあることだし、展開が向けば面白いか。
このレースで気になるのは、G1馬キストゥヘヴンや上がり馬ホッコーソレソレーまで捨てて安藤がエアシェイディに乗ったこと。

11ダイワメンフィス牡6内田 博 武士沢56
12イースター牡4ルメール55
2
3メテオバースト牡6後藤56
2
4エアシェイディ牡6安藤57
3
5トールハンマー牡7木幡 石橋 脩56
3
6ホッコーソレソレー牡5蛯名56
4
7キストゥヘヴン牝4横山 典54
4
8キングストレイル牡5北村 宏56
59サンバレンティン牡6柴田 善 後藤56
510ブラックバースピン牡4田中 勝55
6
11グランリーオ牡7吉田 隼56
6
12スズカフェニックス牡5武 豊56
713ロードマジェスティ牡5柴山56
714グレイトジャーニー牡6ペリエ56
815シベリアンホーク牡7松岡56
816キネティクス牡8勝浦56

騎乗停止明けで今年も武が爆発するか。あとは素直にサインに従う。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 4-12 7-12 8-12 12-14 10-12
馬連1点 4-10
posted by ナイト at 21:10| Comment(3) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

AJCC&平安S結果

いくら逃げ馬がいないといっても、あんなに大逃げする必要はないでしょう。1番人気のインティライミ。あれはダメでしょう。というか、引っかかったのか。
4コーナーで大まくりを決めてそのまま一気に突き抜けたのはマツリダゴッホ。
あとはゲートで暴れて出遅れたが、大外から最後ものすごい脚で吹っ飛んできたのはインテレット。
この2頭が力としては抜けていたでしょう。

55マツリダゴッホ牡5横山 典562.12.8
3
3インテレット牡4後藤562.13.6
77シルクネクサス牡5松岡57
2.13.7
4
4インティライミ牡5柴田 善572.13.7
89ジャリスコライト牡4北村 宏562.13.7
6
6ラッキーブレイク牡6田中 勝572.14.0
78フサイチアウステル牡5柴山57
2.14.6
810エアセレソン牡7四位57
2.14.8
2
2グラスポジション牡8蛯名57
2.14.9
11チェストウイング牡6吉田 隼57
2.15.0

結果:-400円


強かった。馬体重を戻してきて最後は直線ものすごい脚で一気に突き抜けたメイショウトウコン。一緒に追い込んできたサンライズバッカスを見事に交わした。先行有利の馬場関係なし。
後は先行で粘ったシャーベットトーンあたりもなかなかの内容だった。そして向こう正面で一気に加速して先頭集団に取り付いた後、最後まで粘りきったタイキエニグマも力は持っている。
1番人気フィールドルージュもよく伸びてきたが、ちょっと前が詰まっていた感じだったのが残念。

12メイショウトウコン牡5石橋 守561.51.0
6
12サンライズバッカス牡5安藤561.51.0
713シャーベットトーン牡5菊沢561.51.2
816タイキエニグマ牡6福永56
1.51.2
815サカラート牡7武 豊57
1.51.3
3
6フィールドルージュ牡5ルメール561.51.3
2
3エイシンラージヒル牡5秋山561.51.4
510シルククルセイダー牡4川田55
1.51.6
6
11タガノサイクロン牡4池添55
1.51.6
2
4エンシェントヒル牝6生野54
1.51.7
11クーリンガー牡8和田57
1.51.8
714オーガストバイオ牡656
1.51.9
4
7ビッグドン牡7加藤 和義56
1.52.0
3
5マイネルボウノット牡6小牧57
1.52.1
4
8カフェオリンポス牡8岩田581.52.4
59バンブーエール牡4上村55
1.52.8

結果:-500円


今週の結果

土曜京都6R3歳新馬
オーシャンエイプス。直線終始持ったまま。突き抜けて1.3秒差。上がり34秒3。新馬にして1800m芝で1分49秒台を出してきた。
日曜京都6R3歳新馬
ベッラレイアが直線持ったままで3馬身差、上がり33秒8の楽勝での勝利。こちらも今後が楽しみな勝ち方。
posted by ナイト at 16:15| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

AJCC&平安S予想

実力トップはインティライミ。最近は不調だが、前走は57.5キロを背負いながら2着。柴田善に後変わるのだが、復調気配と見ていいだろう。ここは負けられない。
もう1頭実力馬といえばエアセレソンだが1年6ヶ月ぶりのレースではさすがに厳しそうだ。
調子がいいのはマツリダゴッホ。1600万から上がってきた2頭ではシルクネクサスよりこちらだろう。横山典も乗り続けている。
同じ4歳馬インテレット。毎回確実に追い込んでくるのだが、スローペースになるだろう今回はなかなか厳しいのではないだろうか。ただ、同じような脚を使う馬には先着できそうな感じだ。
あとは力をつけてきたのはチェストウイング。ステイヤーズも離されたが3着と健闘した。しかし、2200mスローペースとなったら切れ味勝負では劣るだろう。
休み明け2頭、フサイチアウステルとジャリスコライトでは、内田博騎手騎乗予定だったが急遽乗り替わってしまったフサイチの分が悪いと見る。
あとものすごく気になるのは、JRAのCMを見た人いますか?今年の最初から気になってたんですが、キャピタルS2着の6枠ブラックバースピン、田中勝春。年明けから重賞2連勝した、その田中勝がCM通り6枠に。ラッキーブレイクなんて平安Sと登録間違えたような馬だけに逆に怖い。

11チェストウイング牡6吉田 隼57
2
2グラスポジション牡8蛯名57
3
3インテレット牡4後藤56
4
4インティライミ牡5柴田 善57
55マツリダゴッホ牡5横山 典56
6
6ラッキーブレイク牡6田中 勝57
77シルクネクサス牡5松岡57
78フサイチアウステル牡5柴山57
89ジャリスコライト牡4北村 宏56
810エアセレソン牡7四位57

インティライミは負けるにしても大敗しないだろう。自信度★★☆☆☆
ワイド4点 4-5 4-9 3-4 4-6


フェブラリーSに向かって。
昨年はタガノゲルニカが1600万から上がってきての勝利。そのレベルに達している馬はどれほどなのか。その中でもタイムなどを見ると、メイショウトウコン。これはぶっちぎりのレベルの高さだと思っている。ダート転向以後、小回りの先行有利札幌でとんでもない追い込み、36秒台の上がりを連発。負けたのは唯一、後のG1馬マンオブパーサーの2着だけだ。前走は重馬場とはいっても馬体18キロ減で1分49秒2、35.8秒の上がりはずば抜けている。ただ、今回はなんといっても先行有利の馬場で、調子も不調。主戦武幸四郎も騎乗停止で石橋守に乗り替わりと悪い材料が重なった。ジョイフルハートと同じくらいの期待をこめた本命に推すが、馬券的には信用できない。
もう1頭上がってきた馬では、昨年タガノゲルニカと同じローテーション、シャーベットトーン。タイム、上がりとも逃げ馬なのにすばらしい。菊沢というのが不安だが、十分怖い。
ファイナルS組からは、普通なら不利があったフィールドルージュがルメール2戦目で本気になってやってくると考えるのだが、今の先行有利の京都ならエイシンラージヒルも怖い。エンシェントヒルはちょっと展開の助けが必要となる。
実力馬ではサンライズバッカス。出遅れが怖いが、強い馬だし、56キロは有利。そしてメンバー唯一のG1馬カフェオリンポスに岩田。ここまでだ。
クーリンガーは前走の東京大賞典2着で、ニホンピロサートのような地方馬路線で活躍するおじいさんとなる気がする。バンブーエールは久々だし、G1で2戦連続2着だが、ちょっと足りない気がする。
サカラートは武豊が乗って復活を狙う。しかし外枠に入ってしまったことと、休み明けであることがマイナス材料か。それに峠は越した感じだ。
あと、怖いと思っているのはマイネルボウノットだが、連勝時の勢いが途絶えたのか、ここ2戦は全然。もうちょっと様子を見てみる。

11クーリンガー牡8和田57
12メイショウトウコン牡5石橋 守56
2
3エイシンラージヒル牡5秋山56
2
4エンシェントヒル牝6生野54
3
5マイネルボウノット牡6小牧57
3
6フィールドルージュ牡5ルメール56
4
7ビッグドン牡7加藤 和義56
4
8カフェオリンポス牡8岩田58
59バンブーエール牡4上村55
510シルククルセイダー牡4川田55
6
11タガノサイクロン牡4池添55
6
12サンライズバッカス牡5安藤56
713シャーベットトーン牡5菊沢56
714オーガストバイオ牡656
815サカラート牡7武 豊57
816タイキエニグマ牡6福永56

本命はメイショウ、馬券はフィールド。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 6-12 6-13 6-8 3-6 2-6 
posted by ナイト at 21:56| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

若駒S結果

2分5秒台の逃げ粘り。
勝ったのはモチ。名前が面白かったので未勝利から見ていましたが、いつまで岩田が乗り続けるのかと思ってました。それでも正月競馬は名前通り、縁起物のモチが、芝初挑戦で勝ちました。
とはいっても、面白くない競馬ですよ。こんなスローペースは。それに、こんなレースでは力関係が分かりませんね。

55モチ牡3岩田56
2.05.2
89クルサード牡3武 豊562.05.2
6
6ブルーリッチ牡3四位562.05.2
4
4フィニステール牡3ルメール562.05.3
2
2マイネルクルーガー牡3川田56
2.05.4
3
3ナムラカゲトラ牡3秋山56
2.05.5
88スズカコーズウェイ牡3安藤562.05.5
77トムトップ牡356
2.05.5
11ツカサラッキー牡3熊沢56
2.05.6

結果:-400円
posted by ナイト at 19:39| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

若駒S予想

とにかくハズレを恐れずいろんなレースを予想していきたいと思います。
ダートからの出走組などがいるが、9頭しかいない。今回はあっさり4頭に絞ってしまおう。
どうやって絞るか。それは簡単だ。芝での勝ち鞍がある馬。それが4頭しかいないのだ。
その中でも、2走前に上がり33秒台を出したスズカコーズウェイに注目。前走は負けこそしたが、逃げ馬を早めに捕らえに行って最後は後ろから来た馬にクビだけ交わされたというレース内容。内容ではこの馬のほうが上といっていいだろう。距離は延びるが不安はないだろう。ただ、武豊がクルサードに乗るのが不安材料。
そしてその期待されるクルサード。ホープフルでは4着だが、2着のサンツェッペリンが京成杯を勝ったように、メンバーが揃っていたといえる。ならばここでも十分か。
あとは新馬戦1戦1勝のフィニステールとブルーリッチ。どちらもなかなかの内容だ。

11ツカサラッキー牡3熊沢56
2
2マイネルクルーガー牡3川田56
3
3ナムラカゲトラ牡3秋山56
4
4フィニステール牡3ルメール56
55モチ牡3岩田56
6
6ブルーリッチ牡3四位56
77トムトップ牡356
88スズカコーズウェイ牡3安藤56
89クルサード牡3武 豊56

本命はスズカだが、このレベルでは軸はわからない。自信度★★★☆☆
三連複4点 4-8-9 6-8-9 4-6-8 4-6-9
posted by ナイト at 21:12| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

日経新春杯&京成杯結果

予想通りサイレントディールが結構な大逃げに。向こう正面で差は縮まり、直線では追い比べに。言ってしまえば、せこい内を通ったトウカイ2頭が抜け出しました。アドマイヤフジは伸び切れませんでした。早めに外から仕掛けてしまったのが最後伸び切れなかった原因でしょうか。
トウカイワイルド。さすが安藤勝己でしょうか。こういうところで仕事をするんですよね。赤木騎手トウカイエリートでは足りなかったんですか。けど、またもトウカイ2頭で決まりました。
3着ダークメッセージはさすがに買えないです。

3
3トウカイワイルド牡5安藤542.27.4
6
8トウカイエリート牡7赤木542.27.5
55ダークメッセージ牡4酒井50
2.27.5
710メイショウオウテ牡5岩田552.27.5
812マキハタサイボーグセ5秋山52
2.27.7
79アドマイヤフジ牡5福永57.52.27.8
56ジャッキーテースト牝6川島50
2.27.9
11オースミグラスワン牡5四位56.52.28.1
2
2ウインレガート牡8川田51
2.28.1
6
7ワイアットアープ牡7畑端49
2.29.2
4
4サイレントディール牡7和田562.29.2
811ダンツジャッジ牡8熊沢55
2.29.8

結果:-500円


追い込み馬のはずのサンツェッペリンがなんと逃げに出ました。そのまま押し切り勝ち。
2着には若干かかっていましたが、メイショウレガーロが。
ピサノデイラニは大崩れ。こういうときって藤沢厩舎だからという過剰人気があるんですよ。ただ、この若い時期だから、まだまだ可能性は秘めているかもしれない。

710サンツェッペリン牡3松岡562.01.6
6
7メイショウレガーロ牡3後藤562.01.9
2
2アルナスライン牡3柴山56
2.02.0
812マイネルヘンリー牡3津村56
2.02.0
811ダイレクトキャッチ牡3北村 宏56
2.02.0
55アロマンシェス牡3柴田 善56
2.02.2
4
4マイネルーチェ牝3バルジュー54
2.02.5
11ショウリュウアクト牡3田中 勝562.02.5
79マイネルアナハイム牡3勝浦56
2.02.5
6
8ローズプレステージ牡3蛯名562.02.9
56キンショージェット牡3吉田 隼56
2.02.9
3
3ピサノデイラニ牡3横山 典562.03.1

結果:ワイド340円的中 -160円


今週の結果

土曜京都8R牛若丸JS
重賞馬、フミノトキメキが復活。ぶっちぎりのレコード勝ちとなった。
日曜京都9R紅梅S
阪神JF4着のローブデコルテが順当勝ち。
posted by ナイト at 16:11| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

日経新春杯&京成杯予想

G2。アドマイヤフジが連覇を狙う。
ハンデは57.5キロ。もちろん厳しい。しかし、最近の成績なら大丈夫。むしろオースミグラスワンの56.5キロを厳しいというべきだろう。ただ、飛んできたら間違いなく強いはず。
55キロ岩田のメイショウオウテ。鳴尾記念5着で十分怖い。若干足りない気はするが、ハンデだから買いたい。
あとはオリオンSからだが、勝ち馬が54キロまで減るならトウカイエリートで決まり。2着馬トウカイワイルドは同じ斤量で厳しそうだし、マキハタサイボーグは52キロでも前走は負けすぎ。しかし、2走前の勝ち馬バイロイトは万葉Sでぎりぎりの1着。そのバイロイトに負けた馬がG2で勝ちきるまでは厳しそう。
一番分からないのはサイレントディール。逃げたら怖い。ただ、ここで56キロというのはちょっと厳しい。

11オースミグラスワン牡5四位56.5
2
2ウインレガート牡8川田51
3
3トウカイワイルド牡5安藤54
4
4サイレントディール牡7和田56
55ダークメッセージ牡4酒井50
56ジャッキーテースト牝6川島50
6
7ワイアットアープ牡7畑端49
6
8トウカイエリート牡7赤木54
79アドマイヤフジ牡5福永57.5
710メイショウオウテ牡5岩田55
811ダンツジャッジ牡8熊沢55
812マキハタサイボーグセ5秋山52

本命だがアドマイヤははずせない。前走も最後はよく伸びている。自信度★★★☆☆
三連複5点 8-9-10 1-9-10 1-8-10 3-8-9 4-8-9


予想する気がなくなるほどのメンバー。
シンボリクリスエスの兄ピサノデイラニが注目されるのだが、芝よりダートのほうが持ちタイムが早い馬。どこまで信頼していいのか。過剰人気になって大敗してもおかしくない。押さえまで。
若くて強いのはマイネル勢。しかしこのメンバーでは残念ながら物足りない馬ばかりだ。
ホープフル組。3頭いるがサンツェッペリンは一応押さえておくべきだろう。しかし前走は流れが向いた感じがするし、名前が言いにくい。
アロマンシェスの朝日杯7着は認められるが、この距離に伸びてどうなのか。不安だし、ここは怖いが捨ててみる。
ラジオNIKKEI組。2頭いるがどちらも惨敗。京都2歳S2着のローズプレステージがもしかしたら次は走るかもしれないので押さえる程度のもの。
ショウリュウアクトは力からすればいらないだろうが、田中勝春は最近怖いので押さえる。
ならあとは、メイショウレガーロ。前走はデットーリに乗ってもらい勝ったが、完勝。タイムもいい。3戦2勝の馬なら重賞を勝つ資格はあると見ていいだろう。

11ショウリュウアクト牡3田中 勝56
2
2アルナスライン牡3柴山56
3
3ピサノデイラニ牡3横山 典56
4
4マイネルーチェ牝3バルジュー54
55アロマンシェス牡3柴田 善56
56キンショージェット牡3吉田 隼56
6
7メイショウレガーロ牡3後藤56
6
8ローズプレステージ牡3蛯名56
79マイネルアナハイム牡3勝浦56
710サンツェッペリン牡3松岡56
811ダイレクトキャッチ牡3北村 宏56
812マイネルヘンリー牡3津村56

まったく分からない。軸を信頼しておく。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 3-7 7-8 7-10 1-7 3-8
posted by ナイト at 17:05| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

淀短距離S結果

連闘ながらしっかり伸びてきたタマモホットプレイ。京都強いです。3着はシルヴァーゼット。ダートの馬だと思ってたんですが、休み明けでしっかり仕上げてきましたね。
しかし、2着エイシンツルギザンとか、4着テイエムアクションなど、とにかく驚きな馬がいっぱい来ましたね。これは当たりません。
アグネスラズベリはまったく。かなり後ろのほうにいましたね。上がりはメンバー最速だったのですが、それでも伸びてませんでしたね。

6
12タマモホットプレイ牡6渡辺571.09.2
4
8エイシンツルギザン牡7福永56
1.09.2
12シルヴァーゼット牡6岩田55
1.09.4
714テイエムアクション牡6橋本55
1.09.4
815タニノマティーニ牡7須貝561.09.5
6
11アグネスラズベリ牝6本田531.09.5
816ホーマンアピール牡7北村 友55

1.09.6
2
4タガノバスティーユ牡4池添551.09.7
59ブルーショットガン牡8561.09.8
4
7ナリタシークレット牝5熊沢54
1.09.8
3
5コスモフォーチュン牝5角田541.09.8
713デンシャミチ牡4四位55
1.09.9
11ハッピートゥモロー牡7川島 吉田 稔55
1.10.2
2
3コスモラブシック牡8上村55
1.11.0
3
6カネツテンビー牝8川田54
1.11.0
510アズマサンダース牝6藤岡54
取消

結果:-500円
posted by ナイト at 16:22| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

淀短距離S予想

重賞ではないが、中山より面白いメンバーの京都1200m芝を予想する。
アズマサンダースが出走取消で、尾張S2着のタニノマティーニの完全復活をより一層期待するのだが、このメンバーなら賞金加算のために絶対に勝ちたいアグネスラズベリ。スワンS3着馬なのにとにかく賞金がない。メンバー最軽量の53キロでの挑戦ならこれもまた負けられない要素だ。
短距離だが思いっきり逃げる馬も見当たらない。ならば、休み明け、得意の小倉でなくてもコスモフォーチュンは気になる。京都で成績を残せていないが、小倉に似たコースではないだろうか。前残りならこの馬か。
逆に後ろから行く馬ですばらしい脚を持っているのはタマモホットプレイとタガノバスティーユ。どちらも展開がはまったほうが来るとは思うが、切れは抜群。捨てられない。ただ、タマモは連闘で57キロというのが痛い。
それから、他にナリタシークレット、カネツテンビーなど人気しそうだが、G2の勝ち馬ブルーショットガンももちろん怖い。阪急杯の勝ちは確かにびっくりだったが、キーンランドC4着もあるように、結構堅実に走る面もあると思う。十分狙いだろう。

11ハッピートゥモロー牡7川島 吉田 稔55
12シルヴァーゼット牡6岩田55
2
3コスモラブシック牡8上村55
2
4タガノバスティーユ牡4池添55
3
5コスモフォーチュン牝5角田54
3
6カネツテンビー牝8川田54
4
7ナリタシークレット牝5熊沢54
4
8エイシンツルギザン牡7福永56
59ブルーショットガン牡856
510アズマサンダース牝6藤岡54
6
11アグネスラズベリ牝6本田53
6
12タマモホットプレイ牡6渡辺57
713デンシャミチ牡4四位55
714テイエムアクション牡6橋本55
815タニノマティーニ牡7須貝56
816ホーマンアピール牡7北村 友55


ここはアグネスは勝たなければならない舞台。自信度★★☆☆☆
馬連5点 11-15 4-11 9-11 11-12 5-11
posted by ナイト at 22:24| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

シンザン記念結果

どうも弱気になってしまた。このメンバーなら三連複1点でよかった。
道中かかっていた分、ダイワスカーレットは負けたと見ていいか。それでもアドマイヤは強かった。上がりは33.3秒。
ローレルはやっぱりちょっとこのメンバーと比べると落ちるが、今回はとにかく、また強い馬が出てきたことを喜ぶ。
そういえば、ビンチェロはどのレースでも引っかかっている。

77アドマイヤオーラ牡3岩田561.35.1
78ダイワスカーレット牝3安藤541.35.3
55ローレルゲレイロ牡3本田571.35.7
11エーシンビーエル牡356
1.35.9
6
6ジャングルテクノ牡3四位56
1.36.5
89スズカライアン牡3佐藤 哲 和田56
1.36.6
3
3ビンチェロ牡3小牧561.36.7
2
2エイシンイッキ牡3福永56
1.37.0
810キングブレーヴ牡3川島56
1.37.3
4
4マイネルフォーグ牡3鮫島56
1.37.4

結果:三連複210円的中 -190円


今週の結果

土曜京都5R3歳500万
シャドウストライプが2着に6馬身差の圧勝。ダートで上がり36.9秒は今後を期待させてくれる内容。
日曜京都9R福寿草特別
前走レコード勝ちのタスカータソルテが連勝。2着に4馬身の差をつけた。
月曜中山8R中山新春JS
リワードプレザンが9馬身差の圧勝。これで障害2戦2勝。
月曜中山9R呉竹賞
アイヴォリーカラーがダート初戦の前走、1.5秒差のぶっちぎりに続き、ここも勝利。こちらも期待の3歳馬。
月曜京都9R伏見特別
アグネスアークが勝利。怪我に悩まされた新4歳馬だが、これで3戦3勝。今後重賞でも期待できる馬だ。
posted by ナイト at 16:00| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

シンザン記念予想

中京2歳Sから期待の2頭。勝ったのはダイワスカーレット。2着にアドマイヤオーラ。前走は圧倒的な上がり33秒台で2頭でぶっちぎった。2頭ともこれは狙い。
コース適正、調教などを考えればアドマイヤかと思うが、この時期は2歳から3歳に替わって牡馬、牝馬の混合レースでは斤量差が1キロから2キロに変わる。ダイワスカーレットは牝馬。2キロ差は大きい。
そして朝日杯2着ローレルゲレイロ。斤量が1キロ多い分大変だが、大敗は考えにくい。ただ、ダイワと3キロ差と考えるとやはり評価を落とさざるを得ない。
4枠4番でもマイネルフォーグは捨てる。むしろ新馬が強かった、ここ2戦は不本意というビンチェロを押さえる。確かにジャングルテクノやダイワ、アドマイヤの2頭に負けているが、新馬のときの走りができたらおもしろいかも。
エイシンイッキはちょっと距離がどうかと思う。1400mは強かったが、メンバーが一気に強化されるここでマイルはどうなのか。

11エーシンビーエル牡356
2
2エイシンイッキ牡3福永56
3
3ビンチェロ牡3小牧56
4
4マイネルフォーグ牡3鮫島56
55ローレルゲレイロ牡3本田57
6
6ジャングルテクノ牡3四位56
77アドマイヤオーラ牡3岩田56
78ダイワスカーレット牝3安藤54
89スズカライアン牡3佐藤 哲 和田56
810キングブレーヴ牡3川島56

昨年はメイショウサムソンが勝利した中京2歳S。今年も出世か?自信度★★★☆☆
三連複4点 5-7-8 3-7-8 3-5-8 3-5-7
posted by ナイト at 16:18| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

ガーネットS結果

不良馬場での競馬。ジョイフルハートはスタートの時点でダメでしたね。まったくスピードに乗れませんでした。これが59キロの影響か。
ジョイフル以上にスタートを決めて行ったサンアディユはすぐにバテました。そこを再びジョイフルが交わしていきましたが、これも最後はバテました。
直線でジョイフルの後ろにつけたニシノコンサフォスが抜けて、その後ろからリミットレスビッド。しかしもっと後ろから突っ込んできたのがスリーアベニュー。3番のスリーでした。田中勝春は重賞2日続けての勝利。それにこのレース連覇です。
昨年はあのブルーコンコルドもこのレース59キロを背負って敗退。ジョイフルは賞金をなんとしても稼がなくてはいけない場面でしたから、この敗退は痛いのですが、まだまだ分かりません。次に期待。
ただ、同じ59キロのリミットレスが2着。それを考えると悔しいですね。今度はちゃんと坂路で49秒台を出してレースに臨んでもらいたいです。

2
3スリーアベニュー牡5田中 勝541.10.0
4
7リミットレスビッド牡8蛯名591.10.1
4
8ニシノコンサフォス牡7和田571.10.2
6
12ニホンピロサート牡9勝浦57.5
1.10.3
6
11サチノスイーティー牝4村田52
1.10.4
3
5セレスダイナミック牡4吉田 隼52
1.11.0
815カフェボストニアン牡8菊沢54
1.11.2
59エイシンボーダン牡6柴山55
1.11.2
11アグネスジェダイ牡5横山 典59
1.11.4
714コパノフウジン牡5後藤561.11.5
12ダイワメンフィス牡6北村 宏55
1.11.5
510エイシンセイテン牡4吉田 豊52
1.11.9
816ジョイフルハート牡6中舘591.12.0
3
6ダイワパッション牝4柴田 善53
1.12.2
2
4プレシャスカフェ牡8バルジュー56
1.13.0
713サンアディユ牝5小牧531.13.1

結果:-500円
posted by ナイト at 15:44| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

ガーネットS予想

とりあえず59キロのハンデが3頭。普通は短距離ダートなんてそれを全部切るのだが、今回は違う。ジョイフルハートは力が違う。前走は1400mを58キロで勝った。得意の1200mなら59キロでも勝負になる。それに中山1200mの外枠は長く芝を走れる。芝でも圧勝経験のあるこの馬にとってありがたい限りだ。逃げ馬だから騎手が中舘でも大丈夫。むしろあまり言われていないが、問題は最後の中山の坂だろう。
そのジョイフルに1200mで先着した唯一の馬がニシノコンサフォス。前走の敗退で人気が落ちるなら狙い目。昨年の春は中山のオープンで無敵だった。あの勢いを取り戻せたなら面白い。この2頭の対戦は3回目。それも2戦とも1、2着はこの2頭で決まっている。しかも1回目の対戦はちょうど1年前、2006年の1月7日。ここで同じ結果か?リベンジか?
あと、やけに多いのが芝を走ってきた馬だが、同じように外のコパノフウジンは芝を長い間走れるから有利。昨年の3着馬だけにダートも大丈夫。
しかしこれを見ていくと、ダートがかなり得意な馬や、ハンデに恵まれた馬もいない。ただ、サチノスイーティーのスタートダッシュはジョイフルにも劣らなさそうだ。斤量52キロも有利。これにジョイフルなどが競りかけていくと、とんでもないタイムが出るかもしれない。
あと、ジョイフルハートと同じように1600万をダートで走ってきてやたら強い逃げ馬サンアディユ。これが53キロというのはどうも狙いたくなる。もしかしたらかなり強いかもしれない。
と、やはり先行馬ばかりが注目されるが、ハイペースが間違いないので追い込みが怖い。斤量はめちゃくちゃ有利なセレスダイナミックと、昔ダートを走っていたとき妙に強かったプレシャスカフェがいるが、さすがにちょっと落ちるだろう。なら59キロでもリミットレスビッド。最近好調のこの馬なら追い込んで来る可能性はある。
そして1600万勝利からのスリーアベニュー。ジョイフルハートと同じ厩舎で、ジョイフルなどの逃げ馬が崩れたときに追い込みで勝つことを意識してのレースをさせるはず。54キロの斤量も有利だ。見え見えの3番枠、スリーも怖い。

11アグネスジェダイ牡5横山 典59
12ダイワメンフィス牡6北村 宏55
2
3スリーアベニュー牡5田中 勝54
2
4プレシャスカフェ牡8バルジュー56
3
5セレスダイナミック牡4吉田 隼52
3
6ダイワパッション牝4柴田 善53
4
7リミットレスビッド牡8蛯名59
4
8ニシノコンサフォス牡7和田57
59エイシンボーダン牡6柴山55
510エイシンセイテン牡4吉田 豊52
6
11サチノスイーティー牝4村田52
6
12ニホンピロサート牡9勝浦57.5
713サンアディユ牝5小牧53
714コパノフウジン牡5後藤56
815カフェボストニアン牡8菊沢54
816ジョイフルハート牡6中舘59

ジョイフルには本当に勝ってほしいんです。自信度★★★☆☆
馬連5点 13-16 8-16 14-16 7-16 3-16


日曜の注目馬

京都11R万葉S
G2を2勝している馬です。平坦な右回りです。ファストタテヤマしかないんです。しかし、昨年のこのレースやみなみ北海道Sと同じように考えても信用しきれないのがこの馬。
posted by ナイト at 16:49| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

京都金杯&中山金杯結果

新年からいいスタートを切れた。本命のマイネルスケルツィ。人気がないのを見て本当に不思議だった。1番人気はキンシャサノキセキだったが、この馬にマイルCSで先着いるのになぜなのか。
そのキンシャサはひっかかっていた。
意外にサクラメガワンダーが前から進んでいたので怖かったが、首の上げ下げでエイシンドーバーが2着に粘った。
あと重馬場ならリシャール、そこまでならなければマルカシェンクと思っていたのに、中途半端に稍重。結局、最後方から吹っ飛んできたマルカは4着と届かなかった。

612マイネルスケルツィ牡4柴田 善561.33.9
47エイシンドーバー牡5蛯名551.34.1
59サクラメガワンダー牡4岩田56.5
1.34.1
35マルカシェンク牡4赤木56
1.34.2
12スズカフェニックス牡5561.34.2
714キンシャサノキセキ牡4安藤551.34.3
510グレイトジャーニー牡6佐藤 哲561.34.3
24ホッコーソレソレー牡5藤岡55
1.34.5
713タマモホットプレイ牡6和田56
1.34.6
48コスモシンドラー牡5武 幸55
1.34.6
611キネティクス牡8川田56.5
1.34.7
36ペールギュント牡5上村56
1.34.9
815フサイチリシャール牡4鮫島571.34.9
11ビッググラス牡6秋山54
1.35.6
816ニューベリー牡9四位56
1.35.8
23テイエムプリキュア牝4安部 幸52
1.35.8

結果:ワイド1960円的中 +1460円


ワンモアチャッターが逃げたというか、引っかかったのか。その後ろで2番手から4コーナー抜け出してそのまま圧勝したのがシャドウゲイト。馬券の軸はこの馬から。見事それは当たったが、ヒモが荒れました。抜け出したブラックタイドと最後方にいたアサカディフィートが飛んできた。というよりは、そのほかの馬たちがボロボロだったようにしか見えなかった。

59シャドウゲイト牡5田中 勝532.02.4
48アサカディフィートセ9小牧57.5
2.03.6
612ブラックタイド牡6後藤55
2.03.7
510ロジック牡4内田 博56
2.04.0
35フォルテベリーニ牡5中舘54
2.04.3
713トウショウシロッコ牡4吉田 豊53
2.04.4
611グロリアスウィーク牡4北村 宏552.04.8
714マヤノライジン牡6池添562.04.9
23パッシングマーク牡4勝浦52
2.04.9
815ヴィータローザ牡7柴山57.5
2.05.0
47キープクワイエット牝6吉田 隼50
2.05.3
11シェイクマイハート牡7木幡53
2.05.6
12ダンツジャッジ牡8バルジュー56
2.05.7
24イースター牡4長谷川54
2.05.9
36シャーディーナイス牡8石神48
2.07.1
816ワンモアチャッター牡7横山 典572.07.2

結果:-400円
posted by ナイト at 16:22| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

京都金杯&中山金杯予想

年の初めの金杯は雨となりそうだ。中心は4歳馬。
マイルで柴田善マイネルスケルツィ、安藤キンシャサノキセキには逆らえない。ちなみに、両馬ともマイルCSと枠が同じだ。斤量57キロと重たくなったフサイチリシャールを逆転するのは可能だろう。鮫島への乗り替わり、8枠というのも痛い。ただ、重馬場のリシャールは怖い。
他のマルカシェンク、サクラメガワンダーはマイルが気に食わないのと、レース展開と今回の斤量、天候からは3着ホッコーソレソレーと大差ないと見る。メガワンダー56.5キロはちょっとしんどそう。ベタに乗り替わった赤木騎手3枠でマルカシェンクが勝ってしまうのは怖いが、使いすぎではないか。ただ、騎手でいえば安藤もソレソレーを捨ててしまった。
さすがにG1馬といえどもテイエムプリキュアが復帰戦でいきなりはないだろう。
なら残るは古馬。ホッコーソレソレーから考えるとそれを上回るといえるのはスズカフェニックス。前走は騎乗ミスと思っているのだが、それでも3着。斤量で有利になる今回は前走の勝ち馬キネティクスを倒してもいい。ただ、武豊の騎乗停止での幸への乗り替わりがどうなるか。
コスモシンドラーには期待しているが1600mは長いと思う。
あと怖い一発はダービー卿のときのような走り、グレイトジャーニー。ムラはあるが京都1600mはシンザン記念での勝ちもある。マイルはこの馬。
そして蛯名のエイシンドーバー。昨年このレース4位入線から降着。しかし復帰戦の前走がブルーメンブラットなど1600万の強豪相手に強い内容の勝ち方。昨年の雪辱を晴らすときが来たか。

11ビッググラス牡6秋山54
12スズカフェニックス牡556
23テイエムプリキュア牝4安部 幸52
24ホッコーソレソレー牡5藤岡55
35マルカシェンク牡4赤木56
36ペールギュント牡5上村56
47エイシンドーバー牡5蛯名55
48コスモシンドラー牡5武 幸55
59サクラメガワンダー牡4岩田56.5
510グレイトジャーニー牡6佐藤 哲56
611キネティクス牡8川田56.5
612マイネルスケルツィ牡4柴田 善56
713タマモホットプレイ牡6和田56
714キンシャサノキセキ牡4安藤55
815フサイチリシャール牡4鮫島57
816ニューベリー牡9四位56

重馬場を考えるとキンシャサよりマイネル。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 12-14 7-12 4-12 12-15 10-12


中山2000mのハンデ。これは難しい。
逃げ馬不在で中心にしたいのは期待の世代、4歳馬のグロリアスウィーク。休み明け2走目での好走を期待する。この馬なんと新馬戦、黄菊賞でメイショウサムソン、アドマイヤメインに勝っているのだ。ただ、重馬場の萩Sで大敗。雨の予報だけに本命にはしにくいところがある。
そんななか1頭逃げ馬シャドウゲイト。前走は1000万で1.1秒差のぶっちぎりの逃げ切りを見せた。53キロのハンデも向く。展開的にはこの馬だ。
残りの変わり映えのしないメンバーを見ていく。迷うのは、アサカディフィート、イースター、フォルテベリーニ、ロジック、トウショウシロッコ、マヤノライジン、ヴィータローザ、ワンモアチャッター。これを検討。
中日新聞杯と斤量変化なしなら3、5着よりトウショウシロッコは捨てられ、マヤノライジンが残る。
鳴尾記念とともに斤量+0.5キロで6、14着よりヴィータローザが消え、アサカディフィートが残る。
オパールS2、3、4着で2着馬ワンモアチャッター以外は斤量が今回プラスとなる。よってワンモアチャッターが残り、アサカディフィート、イースターが消える。
着差なしだった福島記念2、3着フォルテベリーニとワンモアチャッターではフォルテが斤量+1キロよりフォルテベリーニが消えワンモアチャッターが残る。
NHKマイルを勝ったが3歳当初、ロジックはイースターと大差ない馬だった。よって消える。
残ったのはワンモアチャッターとマヤノライジン。ワンモアは大外ながら横山典弘ならなんとかしてくれそう。マヤノライジンは乗り慣れた池添なら大丈夫だし、最後方から追い込み一気の馬ではないから展開も大丈夫だろう。

11シェイクマイハート牡7木幡53
12ダンツジャッジ牡8バルジュー56
23パッシングマーク牡4勝浦52
24イースター牡4長谷川54
35フォルテベリーニ牡5中舘54
36シャーディーナイス牡8石神48
47キープクワイエット牝6吉田 隼50
48アサカディフィートセ9小牧57.5
59シャドウゲイト牡5田中 勝53
510ロジック牡4内田 博56
611グロリアスウィーク牡4北村 宏55
612ブラックタイド牡6後藤55
713トウショウシロッコ牡4吉田 豊53
714マヤノライジン牡6池添56
815ヴィータローザ牡7柴山57.5
816ワンモアチャッター牡7横山 典57

本命は復活を期待でグロリアス。しかし馬券は一発狙いでシャドウゲイト。自信度★★☆☆☆
ワイド4点 9-11 9-14 9-16 11-14
posted by ナイト at 14:17| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする