2007年02月02日

小倉大賞典予想

小回りコースの小倉2000mは先行有利のはずだ。それなのに先行馬が少ない。最後の追い比べになったとしても時すでに遅し、先行馬のゴールなんて展開が十分に予想される。
ならば本命はマヤノライジン。オープン未勝利馬なのに56キロのハンデというのはJRAからの試練だが、それだけ力があるということ。前走は重馬場で参考外。
同じく重馬場で参考外と見るグロリアスウィーク。これも先行。今度は一発あってもいい。
そしてエイシンドーバー。蛯名騎手の10重賞制覇がかかる。金杯からプラス1キロとなるのがどう出るかが問題だが、軽視はできない。
フォルテベリーニ。小倉で中舘騎手。かなり怖い。だが、若干力不足な感じがする。福島記念2着があるが、前走は特に目立っていいレースでもなかった。でもやはりローカルの鬼、中舘というところに引っかかる。
後は追い込み馬。
アサカディフィート。前走は見事な追い込みだった。しかし小回り小倉で飛んでくる印象は薄い。前走も中山だし、重馬場が苦手な馬が集まったせいで周りが止まっていたように見えた。さらにまたも57.5キロのハンデ。前走は好走したがここでも一発を期待するのは厳しいかもしれない。それよりペリエで一発復活に期待するワンモアチャッター。実力はここでも十分通用する。
それから主戦が戻ってきたマルカシェンク福永。十分通用する脚を持っている。ここでも狙い目。
後はマチカネオーラが中京記念勝利以来のレースだが、これは休みが長すぎた。小倉得意のマヤノグレイシーはそもそもこの馬の能力が重賞級かということに疑問を感じる。55キロのハンデでは少し買いにくい。

11ナスノストローク牡6菊沢53
12グロリアスウィーク牡4スボリッチ55
2
3スズノマーチ牡7塚田55
2
4アサカディフィートセ9小牧57.5
3
5エイシンドーバー牡5蛯名56
3
6フォルテベリーニ牡5中舘54
4
7テイエムプリキュア牝4芹沢51
4
8マヤノライジン牡6池添56
59マチカネオーラ牡5ルメール56
510ワンモアチャッター牡7ペリエ57
6
11マルカシェンク牡4福永56
6
12ペールギュント牡5上村56
713ツルマルヨカニセ牡7鮫島56
714タガノデンジャラス牡5高田56
815マヤノグレイシー牡855
816マイネルハーティー牡5赤木54

雪の影響は昼にはなくなっているだろう。かなりの混戦競馬。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 5-8 2-8 8-11 8-10 6-8 2-5


土曜の注目馬

京都10RエルフィンS
G1馬ウオッカが出走。まだ本調子ではないだろうが、どうなるか。
posted by ナイト at 21:43| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする