2007年03月31日

大阪杯&ダービー卿CT予想

荒れないと思われるレースだが、今年はどうか。メイショウサムソンは59キロに加えて、瀬戸口厩舎が解散し、高橋成忠厩舎に。コスモバルクは安定感という点では推奨しにくい。そんなレースでどうなるのか。
そうなれば、今回は楽に先頭に立てそうなシャドウゲイトが怖い。中山金杯の楽勝はうまく行き過ぎたが、そのあとの中山記念でも悪くない内容。ただ、コスモバルクという非常に頭を悩ませる馬がいることが心配。メンバーが揃わなかったここでは、勝負になるか。
前で残りそうなトリリオンカットは力が落ちるか。それなら、シルクネクサス、ホッコーソレソレー、アサカディフィート、復活気配のタガノデンジャラスくらいか。
雨が降れば、サンバレンティンなのだが、そこまで降水量は多くならないだろう。

11シルクネクサス牡557
2
2タガノデンジャラス牡5岩田57
3
3メイショウサムソン牡4石橋 守59
4
4ホッコーソレソレー牡5渡辺57
55サンバレンティン牡6川田57
6
6メイショウオウテ牡5四位57
6
7トリリオンカット牡7和田57
78アサカディフィートセ9小牧57
79コスモバルク牡6五十嵐 冬59
810シャドウゲイト牡5安藤 光57
811アラタマインディ牡10飯田57

本命は結局サムソンにしたが、2頭軸でいく。自信度★★☆☆☆
三連複5点 3−9−10 3−8−10 1−3−10 3−4−10 2−3−10


G1馬が2頭、重賞勝ち馬が7頭。揃っていないように見えるメンバーでも十分に過去の実績を持っているメンバーだ。
前哨戦は東風Sが毎年のことだ。その中で、ハンデ戦に変わることを考えれば、53キロでマイペースの逃げ、ニシノデュー。前走の上がりタイムはトップで56キロも前走と比べれば1キロ減のグレイトジャーニー。復活?と思わせてもムラがあるインセンティブガイ。このあたりか。
新星サイレントプライド。いきなりの重賞で55キロのハンデ。なかなか厳しい気がする。同じ55キロのデアリングハート。牝馬でなければ問題ないのだが、牝馬で55キロなら牡馬で57キロ換算。そうなるとちょっと嫌な気もする。
トップハンデはその57キロ、中山巧者ダンスインザモア。最近の活躍は完全復活と見ていいだろう。スプリングSを制してからの復活重賞Vを期待するところか。あと復活といえば、ロジックもちょっと怖い。
他に気になるが、ローマンエンパイア。というのも、実に僕はこの馬との馬券の相性が悪い。2004年末ベテルギウスS、2005年末ファイナルS共にこの馬を迷った挙句捨てたのだが、どちらとも馬券に絡んできた。3歳時に京成杯同着Vなんてものがあったが、さすがに休み明けの8歳では無理ですよね。

11マイネルハーティー牡5吉田 隼54
2
2サイレントプライド牡4後藤55
2
3コイウタ牝4松岡53
3
4ダイワバンディット牡6柴田 善56
3
5ウインクリューガー牡7勝浦56
4
6ロイヤルキャンサー牡9江田 照53
4
7デアリングハート牝5藤田55
58インセンティブガイ牡5横山 典56
59グレイトジャーニー牡6御神本56
6
10ピカレスクコート牡5秋山55
6
11ブラックカフェ牡7柴山54
712ロジック牡4内田 博56
713ダンスインザモア牡5蛯名57
814ローマンエンパイア牡8北村 宏56
815ニシノデュー牡6吉田 豊53

難しいハンデ戦。自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 2−13 13−15 7−13 8−13 9−13 12−13 2−15


日曜の注目馬

阪神10RマーガレットS
桜花賞は賞金不足で除外確実。ということでこちらに出走する阪神JF3着馬のルミナスハーバー。この時期の3歳馬はわからないが、楽勝しておきたいところ。
posted by ナイト at 16:08| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーラルS結果

前残りになるかと思ったが、実力のある追い込み馬が揃って飛んできた。そんななか、ワイルドワンダーは直線に入って外から来たオフィサーなどに交わされて終わりかと思ったところ、交わされるのを待って、外に出して一気に追い込み。先行して抜け出したバンブーエールなども含めて、すべて交わして突き抜けた。圧勝といっていいだろう。すばらしい差し脚だった。
バンブーエールは地方G1で2着に入っただけあって、復活するのを待っていましたが、ようやくここでよくなってきたというところでしょうか。次につながるでしょう。

4
8ワイルドワンダー牡5岩田551.24.4
3
6バンブーエール牡4561.24.6
816ボードスウィーパー牡6秋山571.24.8
815オフィサー牡5四位551.24.8
12マイティスプリング牡5和田551.25.0
6
12ロードマジェスティ牡5熊沢56
1.25.4
2
4ベラージオ牡8渡辺56
1.25.6
4
7トップオブワールド牡6藤岡 佑55
1.25.8
510ゼンノストライカー牡7武 幸55
1.25.8
3
5タイキジリオン牡7小牧55
1.25.8
714ハギノベルテンポ牡7角田56
1.25.9
713メテオバースト牡6鮫島55
1.26.1
2
3ホーマンアピール牡7川田55
1.26.2
59ダブルアップ牡4上村561.26.2
6
11マチカネメニモミヨ牡8藤田56
1.26.6
11シャドウスケイプ牡8下原57
1.27.3

結果:ワイド1650円的中 +1050円
posted by ナイト at 16:05| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

コーラルS予想

荒れるのが見えているレースだが、別定なら少しは安く収まる?
すばるSでは大波乱となったが、その中で唯一といっていいだろう本命馬で、3着に入ったワイルドワンダー。力はあるし、大崩れもしないと見る。ここも本命にしていいか。騎手がドバイに遠征する中、岩田を確保したのも心強いことだ。
他に実力のあるところに注目。メテオバーストは若干距離が短いか。オフィサーは最近のように先行すれば面白いがやはり後ろから末脚勝負なのか。ボードスウィーパーは57キロが厳しいだろうし、先行すれば面白いが、後ろから行きそう。メンバー的に前で残るレースになりそうな気がする。
なら、前から行く唯一の逃げ馬といっていいだろうダブルアップは1600万からあがってきたばかり。それに加えて56キロで若干厳しい条件だが、ちょっと面白い。
他にはバンブーエール。力はしっかりある。ここ2戦の大敗はなんだったのかと言わせるようなレースをしてもおかしくない。
他には好調ホーマンアピールや、タイキジリオン、トップオブワールドといった一発屋なのか、力があるのかという馬がいるが、やっぱりハンデ戦のほうが狙い目はあったか。なら注目するのはマイティスプリング。2年前の12月、ミリオンベルに勝ったギャラクシーSの内容が本当によかった。当時、安藤勝己がわざわざ関東馬なのに、自ら志願して騎乗して勝ったということもあって以前から注目していた。安藤がいないのが残念だが、休養明け2戦目で復活したら面白い。

11シャドウスケイプ牡8下原57
12マイティスプリング牡5和田55
2
3ホーマンアピール牡7川田55
2
4ベラージオ牡8渡辺56
3
5タイキジリオン牡7小牧55
3
6バンブーエール牡456
4
7トップオブワールド牡6藤岡 佑55
4
8ワイルドワンダー牡5岩田55
59ダブルアップ牡4上村56
510ゼンノストライカー牡7武 幸55
6
11マチカネメニモミヨ牡8藤田56
6
12ロードマジェスティ牡5熊沢56
713メテオバースト牡6鮫島55
714ハギノベルテンポ牡7角田56
815オフィサー牡5四位55
816ボードスウィーパー牡6秋山57

いろいろ書いたが、荒れるだろう。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 2−8 6−8 8−9 8−15 8−16 2−6
posted by ナイト at 21:36| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

名古屋大賞典結果

中央馬で1頭だけ圏外のはずだったアルドラゴン。オープンにやっと上がったが、2戦とも2桁着順。そんな馬がいきなり勝ってしまいました。中央の馬なのに単勝7130円。恐ろしいですね。鞍上は藤田伸二。騎乗停止明けの中央で重賞勝利とはいかなかったが、ここで重賞を勝ちました。
そして2着には地元名古屋のムーンバレイが粘った。その後ろ、59キロは響いたかブルーコンコルド。

44アルドラゴン牡6藤田56
2.04.4
812ムーンバレイ牡6吉田 稔562.04.6
811ブルーコンコルド牡7592.04.7
56キクノアロー牡4岩田582.04.8
710チャンストウライ牡4下原562.05.0
67レイナワルツ牝7兒島54
2.05.2
55マサアンビション牡8戸部56
2.05.3
68タガノインディー牡8田中 学56
2.05.7
22ビッグドン牡7加藤 和義 岡部56
2.06.2
33サイレントディール牡7武 豊572.06.5
11スターエルドラード牡8大畑56
2.09.1
79セイウンヒノアラシ牡9大原56
2.10.7

結果:−700円
posted by ナイト at 16:44| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

名古屋大賞典予想

かなりの実績馬ブルーコンコルド。59キロを苦にしないなら。ただ、59キロで敗れたガーネットSがある。
新星キクノアローは岩田に乗り替わり。こちらの58キロも苦しいのではないか。それに比べてサイレントディールは57キロ。復活武豊。前走はキクノアローにやられて今回は慎重になるのか。それでも佐賀記念の強さはすごかった。中央はやはりこの当たりが中心。
地方では地元吉田稔騎手に注目。ムーンバレイ。
名古屋だと妙に走る古豪レイナワルツは、最近不調。名古屋記念ではムーンバレイに勝利しているが、交流競走となると差しの同型馬が増える。そうなると、JRAの強豪と同じ条件で走らなければならない。それを考えると、ひょっとすると展開利で好走できるかもしれない逃げのムーンバレイのほうが面白いか。
あとは、名古屋で行われた前哨戦ともいえる梅見月杯でムーンバレイの2着のチャンストウライ。園田競馬で今一番強い。騎手も主戦の下原騎手に戻るので期待大。考えられないほどの長いスパートをしてくる馬。なんといっても、園田では3コーナーではなく向こう正面で早々とチャンストウライが仕掛け、先行している馬とのマッチレース。それでも向こう正面からの早仕掛けに見えるチャンストウライは最後までその脚色が衰えず、先行する馬を下す。そんな展開が毎度のことだ。今回も早めに仕掛けて最後まで粘る可能性もある。
ただ、中央の馬はそれにもついて行けそうですけどね。もう1頭の園田のタガノインディーが佐賀記念でサイレントディールに大きく離されていることからしても、やはり中央で決まるのか。

11スターエルドラード牡8大畑56
22ビッグドン牡7加藤 和義 岡部56
33サイレントディール牡7武 豊57
44アルドラゴン牡6藤田56
55マサアンビション牡8戸部56
56キクノアロー牡4岩田58
67レイナワルツ牝7兒島54
68タガノインディー牡8田中 学56
79セイウンヒノアラシ牡9大原56
710チャンストウライ牡4下原56
811ブルーコンコルド牡759
812ムーンバレイ牡6吉田 稔56

はっきりいって軸が決まらないんです。自信度★☆☆☆☆
三連複7点 3−6−11 3−10−11 3−11−12 6−10−11 6−11−12 3−6−10 3−6−12
posted by ナイト at 16:01| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

高松宮記念&マーチS結果

内枠はダメと書いておいて、予想が内枠に固まった。嫌な気がしていたが。ただ、今日はサンデーサイレンスの誕生日だったみたいで、1、2着ともにサンデー産駒。
スズカは武豊がやってくれましたね。あんなに前から行くとは。予想1で、前から行けば怖いと書いたんですが、本当にやってくれました。
4コーナーの手ごたえではシーイズトウショウで決まったと思いました。けどやっぱり内枠は悪かったみたいで、全然伸びず。
ただ、最後にすごい脚を使ったのはビーナスラインでしょう。最後方から一気に追い込んできました。
ペールギュントは完全復活?

48スズカフェニックス牡5武 豊571.08.9
817ペールギュント牡5上村57
1.09.3
611プリサイスマシーン牡8安藤 勝571.09.3
24ビーナスライン牝6秋山55
1.09.4
816オレハマッテルゼ牡7後藤57
1.09.5
59マイネルスケルツィ牡4柴田 善57×1.09.5
612エムオーウイナー牡6小牧571.09.6
11シーイズトウショウ牝7池添551.09.6
714リキアイタイカン牡9中舘57
1.09.6
713タマモホットプレイ牡6渡辺57
1.09.6
35ディバインシルバー牡9穂苅57
1.09.9
47スピニングノアール牡6福永57
1.10.0
12アンバージャック牡4横山 典571.10.1
23サチノスイーティー牝4吉田 隼551.10.1
715コスモフォーチュン牝5川島55
1.10.1
36キーンランドスワン牡8吉田 稔57
1.10.3
818スリーアベニュー牡5田中 勝57
1.10.4
510モンローブロンド牝5岡部55
1.11.2

結果:−700円


これはまさか。仁川Sは完全に前残りだったはず。しかし、今回は完勝。クワイエットデイ。連勝でした。
そして2着にはトーセンブライト。休み明けでも十分力があることを示してくれました。
それにしてもなかなか荒れました。仁川Sで1、2、3着はほとんど差がなかったにもかかわらず、ここでは非常に差がついた。やはりこのレベルのダート戦はわからない。
あと、クーリンガーはどうして中央だと走らないのでしょうか。

815クワイエットデイ牡7角田55
1.51.4
35トーセンブライト牡6藤田561.51.6
816ヒカルウイッシュ牡5北村 宏56
1.51.6
47ツムジカゼ牡7鮫島551.52.0
12カイトヒルウインド牡8津村54
1.52.3
24マルブツリード牡4安藤 光54
1.52.3
23トラストジュゲム牡5松岡551.52.4
36クーリンガー牡8和田57.5
1.52.5
713ビッググラス牡6村田571.52.6
714ヒシハイグレード牡4菊沢53
1.53.3
611オーガストバイオ牡6勝浦551.53.3
510ヤマタケゴールデン牡4柴山53
1.54.7
59スナークファルコン牡5石橋 脩531.54.8
11シーチャリオット牡5戸崎55
1.55.6
48テイエムプリキュア牝4大野51
1.56.1
612オリンピアンナイト牡4吉田 豊55
取消

結果:−600円


今週の結果

土曜中山8RペガサスJS
中山GJに向けての前哨戦。中山GJ3連覇を目指す12歳のオーストラリア馬カラジが3着に。一昨年と同じ結果で今年も次が期待される。
posted by ナイト at 16:07| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

高松宮記念予想3&マーチS予想

最終考察。
やっぱり、ちょっと印をつけすぎ。ということで、柴田善に捨てられたオレハマッテルゼを捨てる。ただ、柴田は阪神Cでマイネルでなくオレハを選んで惨敗している。今度も失敗しなければいいのだが。オレハは左回り、マイネルは右回りが得意であるだろうということが気になる。ただ、オレハは音無厩舎。フェブラリーに続いてG1連勝は無理だろう。
馬場状態が難しいのと、1200m初心者が多いのが難しいところ。昨年も1200m初心者が集まって、結局初心者のワンツーとなったのが思い出されるのだが、そんなことが2年連続で起こるほどG1は脆いものではないだろう。
本命にしたシーイズだが、馬体重がかなり増えて成長しているというコメントがある。それはそれで素直に受け取ってっていいのか。馬体重の変動が激しくてそれに泣かされた馬。もし今回の出走体重が前走と比べてマイナスであれば、輸送などでまた減ってしまったということになる。それがあれば、大敗もありえる。
あとは、最後の最後にアンバージャック。重の成績は良くないですが、なんだか怖いです。京阪杯のタイムの遅さ。時計のかかるレースは得意?
そして、後方からの追い込みとなれば、スズカは雨で厳しいか。

11シーイズトウショウ牝7池添55
12アンバージャック牡4横山 典57
2
3サチノスイーティー牝4吉田 隼55
2
4ビーナスライン牝6秋山55
3
5ディバインシルバー牡9穂苅57
3
6キーンランドスワン牡8吉田 稔57
4
7スピニングノアール牡6福永57
4
8スズカフェニックス牡5武 豊57
59マイネルスケルツィ牡4柴田 善57×
510モンローブロンド牝5岡部55
6
11プリサイスマシーン牡8安藤 勝57
6
12エムオーウイナー牡6小牧57
713タマモホットプレイ牡6渡辺57
714リキアイタイカン牡9中舘57
715コスモフォーチュン牝5川島55
816オレハマッテルゼ牡7後藤57
817ペールギュント牡5上村57
818スリーアベニュー牡5田中 勝57

怪我をすることなく順調に来て、ジョイフルハートに出てほしかった。自信度★★☆☆☆
ワイド7点 1−3 1−11 1−10 1−2 1−8 1−9 3−11


オリンピアンナイトが出走を取り消したので困った。
馬券の本戦は仁川S組になりそうか。あのスロー前残りのおかしなレース。勝ったクワイエットデイはハンデがプラス1キロなので、2着のツムジカゼ。ツムジカゼはこれくらいの距離のほうがいいだろう。
実力馬クーリンガーは57.5キロの厳しいハンデ。これは捨てる。それに続いてフェブラリーS3着のビッググラスは57キロだが、ひょっとしたら本格化か。
56キロはヒカルウイッシュ、トーセンブライト。この2頭では、休み明けであってもトーセンブライトが気になる。ヒカルウイッシュは距離、大外といったところが買いにくい。トーセンブライトは藤田伸二が帰ってきたことで気になる。
1600万から上がってきたトラストジュゲム。それから、マルブツリードは前走ダイオライト記念6着。しかしこの2頭をスナークファルコンは雅Sで下している。今回もスナークファルコンは53キロとハンデが恵まれている。仁川Sでは6着に敗れたが、狙うならこっちが面白いか。ただ、雨となれば前走重馬場で圧勝しているトラストジュゲムは怖い。
そしてもう1頭、ブリンカー効果でオーガストバイオ。

11シーチャリオット牡5戸崎55
12カイトヒルウインド牡8津村54
23トラストジュゲム牡5松岡55
24マルブツリード牡4安藤 光54
35トーセンブライト牡6藤田56
36クーリンガー牡8和田57.5
47ツムジカゼ牡7鮫島55
48テイエムプリキュア牝4大野51
59スナークファルコン牡5石橋 脩53
510ヤマタケゴールデン牡4柴山53
611オーガストバイオ牡6勝浦55
612オリンピアンナイト牡4吉田 豊55
713ビッググラス牡6村田57
714ヒシハイグレード牡4菊沢53
815クワイエットデイ牡7角田55
816ヒカルウイッシュ牡5北村 宏56

オリンピアンナイトの取消が残念。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 5−7 7−13 7−9 3−7 7−11 5−13
posted by ナイト at 16:19| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経賞&毎日杯結果

まさかの好スタートで逃げたインテレット。しかし早めに4コーナーで仕掛けて先頭に立ったマツリダゴッホ。これでAJCC同様に勝っていれば、天皇賞でも本命でした。
早めに抜け出したことで、目標にされて差された感じでした。見事にネヴァブションが差しきりました。さらにはその後ろから実力馬トウショウナイトも追い込んできました。
トウショウナイトが2着ということを考えれば、やはり天皇賞は阪神大賞典組が中心となるのでしょうか。

6
10ネヴァブション牡4北村 宏562.31.8
711トウショウナイト牡6武士沢582.31.9
4
5マツリダゴッホ牡4横山 典572.32.0
3
3アドマイヤタイトル牡5田中 勝572.32.4
2
2アドマイヤモナーク牡6村田57
2.32.7
58インテレット牡4後藤562.32.9
712ラッキーブレイク牡6小野57
2.32.9
813ブリットレーン牡8吉田 豊57
2.33.0
3
4フサイチパンドラ牝4福永552.33.0
57エリモエクスパイア牡4蛯名56
2.33.1
814トウカイワイルド牡5柴田 善58
2.33.3
4
6ブラックタイド牡6松岡57
2.33.8
6
9ビービートルネード牡4勝浦56
2.33.8
11サザンツイスター牡7木幡57
2.34.5

結果:ワイド480円的中 −120円


実は、トーホウレーサーは結構真剣に怖いなぁと思ったんです。というのは、スローペースになるのは確実というようなメンバー。そんな中で逃げるのは間違いなくトーホウレーサー。ひょっとすると3着くらいはと思ったんですが、最後の50mくらいまで希望を持たせてくれました。最後は交わされて5着。一方、フォーミュラーワンも同様に逃げて。これが予想外でした。こちらは最下位です。
ナムラマース。さすがに強いです。圧勝ですね。皐月に向かって。
ニュービギニングは最後方からよく追い込んできましたね。成長したらひょっとして?

6
10ナムラマース牡3藤岡 佑571.48.0
57ヒラボクロイヤル牡3武 幸56
1.48.2
4
5ニュービギニング牡3武 豊561.48.4
3
4ブラックオリーブ牡3安藤 勝561.48.4
2
2トーホウレーサー牡3和田561.48.4
58メトロシュタイン牡3安部 幸56
1.48.5
712コートユーフォリア牡3秋山56
1.48.5
813タスカータソルテ牡3岩田561.48.7
711クレスコワールド牡3池添561.48.7
3
3デマントイドリバー牡3四位56
1.48.8
4
6ウィルビーキング牡3赤木56
1.48.8
11マイネルヘンリー牡3藤田56
1.49.0
6
9ダイナミックグロウ牡3小林 徹56
1.49.8
814フォーミュラーワン牡3川田561.50.0

結果:ワイド410円的中 −290円
posted by ナイト at 16:11| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

日経賞&毎日杯予想&高松宮記念予想2

こちらの日経賞は毎年微妙なメンバーが集う。ただ、ここはなかなか面白い感じはするか。関東の雨は夜か。
AJCCを圧勝したマツリダゴッホ。これはかなりのインパクトがあった。ここでも勝負になるのではないか。
G1馬はフサイチパンドラ。JC5着など、ここでも軽視できないどころか、馬券の相手本線にする。
あとは、エリモエクスパイアが横山典に捨てられ、トウカイワイルドも安藤勝に捨てられたとなれば、切れ味抜群のインテレット、58キロでも実力馬トウショウナイト、このコース2戦2勝のネヴァブション、このコース1600万を前走なかなかのタイムで勝ったアドマイヤタイトル。
アドマイヤタイトルはトウショウナイトの有馬記念やネヴァブションより早いタイムと上がりでの勝利。ひょっとするとなかなかの素質馬か。

11サザンツイスター牡7木幡57
2
2アドマイヤモナーク牡6村田57
3
3アドマイヤタイトル牡5田中 勝57
3
4フサイチパンドラ牝4福永55
4
5マツリダゴッホ牡4横山 典57
4
6ブラックタイド牡6松岡57
57エリモエクスパイア牡4蛯名56
58インテレット牡4後藤56
6
9ビービートルネード牡4勝浦56
6
10ネヴァブション牡4北村 宏56
711トウショウナイト牡6武士沢58
712ラッキーブレイク牡6小野57
813ブリットレーン牡8吉田 豊57
814トウカイワイルド牡5柴田 善58

57キロも大丈夫だろう。祭りだ。自信度★★★☆☆
ワイド6点 4−5 5−11 5−8 3−5 5−10 4−11


毎日杯。57キロは苦にならないだろうナムラマース。むしろ怖いのは皐月賞を狙って、ここがいい加減な仕上がりであること。
あとはニュービギニングが出てくるが、すでに話題ですらないか。しかし、最近武豊に流れが向いてきた。前走500万を圧勝して人気になるだろう安藤勝のブラックオリーブはホープフルで負けていることだし、意外とニュービギニングが走ったりしないのか。
騎手でいえば、騎乗停止男藤田伸二が復活。マイネルヘンリー。しかし、2400mを勝っていたり京成杯4着などから、距離短縮の1800mでは不向きか。
なかなか評価がいいのはヒラボクロイヤルとクレスコワールドか。ただ、ヒラボクロイヤルはコートユーフォリアに負けている。それにメトロシュタインと接戦。まとめて捨ててみる。
あとは外のタスカータソルテ。弥生賞は惨敗。どこまで信用していいかわからないが、まだ怖い。
F1が開幕。フォーミュラーワンはサインか。そして内にはトーホウレーサー。ともにダートで500万を勝った馬。ここは押さえる。ただ、日曜のレースではないのが残念。日曜=フジテレビ=F1中継&競馬中継だからだ。

11マイネルヘンリー牡3藤田56
2
2トーホウレーサー牡3和田56
3
3デマントイドリバー牡3四位56
3
4ブラックオリーブ牡3安藤 勝56
4
5ニュービギニング牡3武 豊56
4
6ウィルビーキング牡3赤木56
57ヒラボクロイヤル牡3武 幸56
58メトロシュタイン牡3安部 幸56
6
9ダイナミックグロウ牡3小林 徹56
6
10ナムラマース牡3藤岡 佑57
711クレスコワールド牡3池添56
712コートユーフォリア牡3秋山56
813タスカータソルテ牡3岩田56
814フォーミュラーワン牡3川田56

これは難しいです。自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 10−11 10−13 4−10 5−10 2−10 11−13 2−14


雨予報でさらに大変な予想になるこのレース。
雨ということで、スピニングノアール、ビーナスラインあたりは気になっていたが消してもいいか。
もう1つ気になるアンバージャックは昨年、一昨年のシンボリグラン、プレシャスカフェのような感じか。人気したまま前哨戦、本番共に敗れる形。
雨で怖いのはなんといってもサチノスイーティー。吉田隼人騎手というのが買いにくいのだが、押さえ以上の評価が必要か。
あとは、どの馬も雨に対する評価はしにくいところか。スズカフェニックス、エムオーウイナー、オレハマッテルゼ、マイネルスケルツィ、プリサイスマシーン、シーイズトウショウ。
しかし、極端に苦にはしないであろうシーイズトウショウ。1枠1番が嫌だが、引退レースとなる見込みで、ラストランで優秀の美を飾るか。
オレハマッテルゼはG1馬だが柴田善はマイネルを選んだ。それでも、どちらもあまり買う気がしない。左回りのマイネルはそんなに良くない。

11シーイズトウショウ牝7池添55
12アンバージャック牡4横山 典57
2
3サチノスイーティー牝4吉田 隼55
2
4ビーナスライン牝6秋山55
3
5ディバインシルバー牡9穂苅57
3
6キーンランドスワン牡8吉田 稔57
4
7スピニングノアール牡6福永57
4
8スズカフェニックス牡5武 豊57
59マイネルスケルツィ牡4柴田 善57×
510モンローブロンド牝5岡部55
6
11プリサイスマシーン牡8安藤 勝57
6
12エムオーウイナー牡6小牧57
713タマモホットプレイ牡6渡辺57
714リキアイタイカン牡9中舘57
715コスモフォーチュン牝5川島55
816オレハマッテルゼ牡7後藤57×
817ペールギュント牡5上村57
818スリーアベニュー牡5田中 勝57
posted by ナイト at 22:25| Comment(2) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

黒船賞結果

先行抜け出し。最近本当に地方だと強いのはリミットレスビッド。メイショウバトラーはスタートもそこまで良くなく、リミットレスより後ろからの競馬となった。そうなれば切れ味では劣るでしょう。最後はニホンピロサートがよく追い込んできました。

79リミットレスビッド牡8岩田581.28.9
3
3ニホンピロサート牡9安藤 勝571.29.5
2
2キングスゾーン牡5岡部56
1.29.6
811ロッキーアピール牡9佐藤 博57
1.30.1
710メイショウバトラー牝7武 豊551.30.1
56ベストタイザン牡5下原561.30.3
6
7ノボトゥルー牡11福永59
1.30.6
55マリスブラッシュ牡6倉兼56
1.30.6
812ジョイーレ牡4川原56
1.31.0
6
8ストロングボス牡9宮川 実56
1.31.6
4
4チェリーキング牡5西川 敏56
1.31.6
11マルチロードスター牡5赤岡56
1.32.1

結果:−200円
posted by ナイト at 13:54| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

高松宮記念予想1

今のスプリント界。もっとスプリント専門というような馬が集まってもいいと思いませんか?
そのせいか、阪急杯が1400mになり、昨年のオレハマッテルゼのように、そこから1200m初挑戦でG1を勝ってしまうような馬が。
1200mのペースの速さ。純粋なスプリンターであるショウナンカンプが勝った高松宮記念。これは前半3Fが32秒後半。しかし、昨年の高松宮記念は33.9秒。これが物語っています。タイムが早かろうと、前半のペースが遅ければ、純粋なスプリンターでない1400mやマイルを走る馬でもついて行けるということ。
今年の高松宮記念。純粋なスプリンターと呼べるような馬、そして逃げ馬がいるのでしょうか。
もちろんサチノスイーティーが逃げるでしょうし、シルクロードSは初芝ながらハナを奪って逃げることができたディバインシルバーもいくでしょう。しかしそこまでペースが上がる逃げ馬ではない。シルクロードSもオーシャンSも33.5秒の前半3F。それのおかげで、前に行った馬が粘れるし、純粋なスプリンターでなくても勝てるスプリント戦になっている。
そうなれば、逃げ馬ではサチノスイーティーがやはり怖い。そして、シルクロードSではそれを予想以上の強さで下したエムオーウイナーも怖くなってくる。そして、オーシャンSでは前残りの中、後ろからよく追い込んできたのはスピニングノアール。暮れの中京の尾張Sが強い競馬だった。
あとは、スプリンターとは違うと思われるがマイネルスケルツィ、プリサイスマシーンといった実力馬が怖い。ただ、前走阪急杯のレース内容がよかったのはスズカフェニックス。前から行く馬ではないのでちょっと不利かもしれないが、末脚がすばらしい。一気に突き抜ける恐ろしい脚を持っている。あとは、昨年の覇者オレハマッテルゼ。
しかし、純粋なスプリンター血統の代表格、サクラバクシンオー産駒に、これらの馬が適うのか。短距離G1となればサンデーサイレンスよりバクシンオーではないのか。
それがシーイズトウショウ。決して得意とはいえないマイル戦ながら阪神JF4着、桜花賞2着。あのときから早4年。中京1200mは昨年のセントウルSで見せた強さが蘇る舞台。7歳にして悲願のG1勝利となるか。5着、3着といった惜敗はもういらない。デュランダルで勝てなかった高松宮記念を、このシーイズトウショウで池添謙一が勝利するか。
シーイズトウショウ、スズカフェニックス。この2頭でかなり迷った。しかし、先週のトリトンS。このレース内容を見て、スズカフェニックスはあの戦法では勝てないと判断した。
ずば抜けた脚を持つシルクヴェルリッツが外から33.5秒の上がりで飛んできた。すばらしい上がり、そして脚だった。しかし、勝ったメジロシリングは上がり34.5秒ながら前で粘った。これがトリトンS。これを見る限り、武豊がスズカフェニックスを中団や先行させると怖いのだが、後方待機の戦法では前には届かないと見た。
もう1つ書くと、そのトリトンSでは、どうも内枠の馬が伸びなかった。今の中京は外が良くて内が悪いのかもしれない。先行馬は直線で外に出して粘る。新潟や東京でよく見かけるあのレース運びをしたほうがよさそうに見えた。

◎シーイズトウショウ
posted by ナイト at 15:37| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

黒船賞予想

本命2騎。メイショウバトラーとリミットレスビッド。どちらにするか迷ったが、高知競馬は前有利だと思うからメイショウバトラー。
あとは、最近好調のニホンピロサート9歳。定年前の活躍と見ていいのか。
逆に定年を超えてもがんばるノボトゥルー。昔はフェブラリーS勝ってますが、この歳にして59キロは厳しいですよね。
あとは、高知競馬はちょっとレベルが落ちますから、他の地区を考えると、ロッキーアピールを買いたいところだが、休み明けなので切る。キングスゾーンはちょっと落ちるか。なら僕の地元兵庫の園田からベストタイザン。園田の名門は大外曽和厩舎のジョイーレなのだが、力は確実に上なのがベストタイザン。昨年暮れの兵庫ゴールドトロフィーではニホンピロサートと差のない競馬だった。

11マルチロードスター牡5赤岡56
2
2キングスゾーン牡5岡部56
3
3ニホンピロサート牡9安藤 勝57
4
4チェリーキング牡5西川 敏56
55マリスブラッシュ牡6倉兼56
56ベストタイザン牡5下原56
6
7ノボトゥルー牡11福永59
6
8ストロングボス牡9宮川 実56
79リミットレスビッド牡8岩田58
710メイショウバトラー牝7武 豊55
811ロッキーアピール牡9佐藤 博57
812ジョイーレ牡4川原56

本命決着になると見るが。自信度★★☆☆☆
三連複2点 3−9−10 6−9−10
posted by ナイト at 14:07| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

阪神大賞典&スプリングS結果

荒れないレース。ここまで荒れないとは。なんといっても武豊のこのレース8勝目。それはいいにしても、本命4頭での上位決着に、三連複280円は安すぎます。
今日のレースを見る限り、天皇賞で狙えるのはデルタブルース。59キロを考えると最後の脚はよかった。
ただやはり混戦。1、2、3、4着に差はないと考えたい。

810アイポッパー牡8武 豊583.08.3
2
2ドリームパスポート牡4安藤 勝573.08.3
6
7トウカイトリック牡5池添573.08.3
11デルタブルース牡6岩田593.08.4
55アマノブレイブリー牡7小牧57
3.08.8
4
4ファストタテヤマ牡8武 幸573.09.0
79マイソールサウンド牡8角田57
3.09.3
3
3ハイフレンドトライ牡7熊沢57
3.09.4
811エプソムアルテマ牡6秋山57
3.09.5
78コスモプロデュース牡5安部 幸57
3.09.7
6
6ロングアライブ牡7下原57
3.09.7

結果:三連複280円的中 −220円


小頭数、内のせこいところを回ったとはいえ、フライングアップルは最後方から直線一気で勝利。やはり今年のクラシックはフサイチホウオー中心なのか。
そして2着はマイネルシーガル。3着エーシンピーシー。皐月賞の権利を取りました。
しかし、やはり目立ったのはフライングアップル。横山典弘の失敗かと思った道中だったが、見事に差しきり。それに比べてフェラーリピサはダメでしたね。ダートでやってくれるでしょう。強いはずですから。
フリオーソは帰ってください。

11フライングアップル牡3横山 典561.49.0
811マイネルシーガル牡3後藤561.49.1
6
6エーシンピーシー牡3蛯名561.49.2
55ショウワモダン牡3勝浦56
1.49.5
3
3スクリーンヒーロー牡3木幡56
1.49.5
79シベリアンバード牡3田中 勝56
1.49.6
6
7スズカライアン牡3四位56
1.49.7
2
2サンツェッペリン牡3松岡561.49.7
78フェラーリピサ牡3柴田 善561.49.8
4
4ニードルポイント牡3江田 照56
1.50.6
810フリオーソ牡3中舘56
1.51.8

結果:ワイド860円的中 +360円


今週の結果

土曜中京10Rあざみ賞
ベッラレイア。フラワーCの抽選に外れたが、この中京で次元の違う勝利。最後方からレースを進め、大外をまくって直線だけで差し切り勝ち。それも最後は持ったまま。オークスの有力馬。
土曜阪神11R若葉S
武豊が乗らないが実力馬、ヴィクトリーが岩田を背に勝利。この馬、皐月賞を勝ってもおかしくない。折り合いが問題だか。
日曜阪神6R3歳新馬
ホワイトメロディーが8馬身差で圧勝。タイム、上がり共に優秀で今後が楽しみか。
posted by ナイト at 21:35| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

阪神大賞典&スプリングS予想

実力馬2頭。デルタとドリパス。有馬のときでも2キロ差だったから今回のデルタの59は気にならない。
それに続く馬といえばアイポッパーとトウカイトリック。ポッパーは58だが、これもアルゼンチン共和国杯を考えると苦にはならない。
あとは、阪神で少し落ちるかもしれないがファストタテヤマ。
実力馬の揃うG2で別定戦となれば、触れる馬は少ない。

11デルタブルース牡6岩田59
2
2ドリームパスポート牡4安藤 勝57
3
3ハイフレンドトライ牡7熊沢57
4
4ファストタテヤマ牡8武 幸57
55アマノブレイブリー牡7小牧57
6
6ロングアライブ牡7下原57
6
7トウカイトリック牡5池添57
78コスモプロデュース牡5安部 幸57
79マイソールサウンド牡8角田57
810アイポッパー牡8武 豊58
811エプソムアルテマ牡6秋山57

ドリパスの軸は変わらないだろう。自信度★★★☆☆
三連複5点 1−2−10 1−2−7 1−2−4 2−7−10 2−4−10


ダートで2戦圧勝して、芝に復帰のフェラーリピサ。確かに初戦はトーセンキャプテンと差のない競馬。しかし久々の芝でいきなり本命に推していいのか。どこまで信用していいのか。そういうときは安定感抜群で、ついに藤沢厩舎が横山典弘を鞍上に迎えたフライングアップル。
あとはサンツェッペリンは京成杯こそ勝ったが、スローの前残りで信用しにくい。ただ、ここでもスローの前残りかもしれない。
それより大外だが朝日杯で6着と安定していたマイネルシーガル。距離はどうか分からないが、力はあるだろう。
残りの押さえにしたいところは、タイムと上がりから見て、東京2000mを2分0秒9、上がり34秒1で勝ったエーシンピーシー。このあたりまで。ショウワモダンはスローでうまく前で残った感じ。上がり35秒4が気に入らない。シベリアンハートは前走は確かに楽に勝ったが、メンバーが弱い。
フリオーソは個人的に嫌い。中舘騎乗でなおさら買いにくい。

11フライングアップル牡3横山 典56
2
2サンツェッペリン牡3松岡56
3
3スクリーンヒーロー牡3木幡56
4
4ニードルポイント牡3江田 照56
55ショウワモダン牡3勝浦56
6
6エーシンピーシー牡3蛯名56
6
7スズカライアン牡3四位56
78フェラーリピサ牡3柴田 善56
79シベリアンバード牡3田中 勝56
810フリオーソ牡3中舘56
811マイネルシーガル牡3後藤56

権利取りに必死になるところ。自信度★★★☆☆
ワイド5点 1−8 1−11 1−2 1−6 8−11
posted by ナイト at 17:54| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーC結果

ショウナンタレントが逃げ切りました。
抽選で外れたベッラレイアが中京500万で大外一気の追い込みで勝利。タイムもこのフラワーCより早い。となるとやっぱりここは特に気になるメンバーでもないので触れることはないのです。
まあ、最近の競馬の流れでも書くとします。
サンデーサイレンス産駒は昨年で終了。新3歳はサンデー産駒はいません。どの種牡馬がいいのかといわれますが、アグネスタキオンが強いです。なんといってもそれを象徴するのがシンザン記念。アドマイヤオーラとダイワスカーレット。共にアグネスタキオン産駒です。
意外にもこの世代のタキオン産駒の重賞制覇はアドマイヤオーラに続いてこのショウナンタレントが2頭目。
ところで、種牡馬になってからこそ、本当の競走馬の強さが出るというのが僕の持論で。最近の競馬で強い馬は、エルコンドルパサー、サイレンススズカ、アグネスタキオン。この3頭がすごい馬だったと僕は思っているわけです。テイエムオペラオーは世代に恵まれただけだと思ってますし、スペシャルウィークやグラスワンダーは同じ世代のエルコンドルに劣ると思っています。
が、エルコンドル、サイレンスはもうこの世にいません。エルコンドルは種牡馬になってすぐに死んでしまいましたが、それでもG1馬ヴァーミリアン、ソングオブウインド、アロンダイトと輩出。もしも生きていればと本当に残念。現役時代でも芝、ダート共に強かった馬ですからね。だからこそタキオンに賭けているんです。脚元が悪いにもかかわらず4戦4勝で皐月賞制覇。そのまま怪我で引退。
種牡馬でもう一花も二花も咲かせてください。
それにしても、◎と○が最下位争ってますよ。

3
5ショウナンタレント牝3柴田 善541.49.6
815ホクレレ牝3蛯名54
1.49.8
2
4クロコレーヌ牝3高橋 智54
1.49.9
4
7アルコセニョーラ牝3池田54
1.50.1
4
8マイネルーチェ牝3松岡54
1.50.2
714クラウンプリンセス牝3上村541.50.2
12エーシンパーティー牝3小林 淳54
1.50.2
2
3イチゴイチエ牝3吉田 豊54
1.50.3
6
11ホットファッション牝3小野54
1.50.4
6
12トウカイファイン牝3後藤54
1.50.4
59ディーズメンフィス牝3勝浦54
1.50.5
510ジョウノガーベラ牝3田中 勝541.50.8
11ペルサントクリール牝3横山 典54
1.50.8
3
6マイネシャリマー牝3津村54
1.50.9
713アルビアン牝3福永541.50.9
816エゾノタイセツ牝3安藤 光541.51.2

結果:−500円
posted by ナイト at 16:07| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

フラワーC予想

そこまでの実力馬がいるわけではない。というのも、注目されていたベッラレイアが抽選で落ちたから。
よく名前を聞くところでいえば、このメンバーで阪神JF最先着のクラウンプリンセス。それから、クイーンCで最先着のジョウノガーベラ。このあたりだけで、あとは新興勢力に期待したい。
500万まできちんと2勝しているショウナンタレント。確かに勝っていて、このメンバーでは上位だろうが、桜花賞へ進むレースとしてはインパクトの薄い内容。
それなら、新馬勝ちの馬を探る。その中でもやはり1戦1勝馬。これこそがインパクトを持っている。
アルビアンとエゾノタイセツ。この2頭。どちらにするのか。それは単純に前走はどちらも福永。今回福永はアルビアンに乗る。それだけ。
ベルサントクリールはダートで走っていて、ケンタッキーオークスに予備登録するくらいのダート馬だと思っていたのだが、ここに出てくる。横山典弘で不気味だが、ここは捨てる。

11ペルサントクリール牝3横山 典54
12エーシンパーティー牝3小林 淳54
2
3イチゴイチエ牝3吉田 豊54
2
4クロコレーヌ牝3高橋 智54
3
5ショウナンタレント牝3柴田 善54
3
6マイネシャリマー牝3津村54
4
7アルコセニョーラ牝3池田54
4
8マイネルーチェ牝3松岡54
59ディーズメンフィス牝3勝浦54
510ジョウノガーベラ牝3田中 勝54
6
11ホットファッション牝3小野54
6
12トウカイファイン牝3後藤54
713アルビアン牝3福永54
714クラウンプリンセス牝3上村54
815ホクレレ牝3蛯名54
816エゾノタイセツ牝3安藤 光54

このメンバーでは桜花賞で通用しないか。ただ、怖いのは1勝馬の爆発。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 13−16 10−13 5−13 13−14 10−16


土曜の注目馬

阪神11R若葉S
武豊がヴィクトリーでなくナタラージャに騎乗。それだけでなく、安藤勝己ジークムント。不仲説から急に復活した松田博資と安藤勝己。かなり怖いところだ。ここで勝ったら明日のドリパスは捨てたくなってくる。
posted by ナイト at 14:17| Comment(2) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

フィリーズレビュー&中山牝馬S結果

このレースについてコメントするのは、ルミナスハーバー小牧の騎乗が下手だったことと、桜花賞で勝負になりそうな馬がアストン以外いなかったこと。それだけ。
そのアストンも、武自身が微妙なコメントしてましたね。

1着:アストンマーチャン◎
2着:アマノチェリーラン
3着:ハギノルチェーレ△
4着:ヒカルアモーレ○
5着:クーヴェルチュール
結果:ワイド440円的中 −60円


マイネサマンサが予想に反して後ろから。さらに、最後はウイングレットが抜け出すところを交わして勝利。まさかこの馬が差して勝つとは。
あとはヤマニンメルベイユ。予想に反して、これが逃げました。大本命アサヒライジングは軽く出遅れて惨敗。

1着:マイネサマンサ
2着:ウイングレット○
3着:ヤマニンメルベイユ
4着:ピアチェヴォーレ▲
5着:キストゥヘヴン
結果:−600円
posted by ナイト at 12:05| Comment(2) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

フィリーズレビュー&中山牝馬S予想

アストンマーチャン。これには逆らえないか。もしも負けるとすれば、ダート新馬で大楽勝のヒカルアモーレ。未知数の芝でどうなるかといったところ。
そしてルミナスハーバー。調子がイマイチでチューリップ賞をやめてこっちへ。まだ本調子ではないようだが、力はある。
あとはエルフィン2、3着のニシノマナムスメとハギノルチェーレ。いい脚を持っているシュガーヴァイン。このあたりを押さえるだけか。
クーヴェルチュールは1200ばかり使っているのが嫌だ。

◎アストンマーチャン12
○ヒカルアモーレ2
▲ルミナスハーバー1
△ニシノマナムスメ8
△ハギノルチェーレ4
△シュガーヴァイン3
特に長々と書く必要もないか。自信度★★★☆☆
馬連2点 2−12 1−12
ワイド3点 8−12 4−12 3−12



不可解なハンデだ。
この時期で56.5キロのアサヒライジングは厳しいのではないか。確かに力はあるが押さえまで。なら他はどうか。56キロのマイネサマンサ、キストゥヘヴン、レクレドール。これも見込まれたか。
それに比べてウイングレットは55キロ。さらにサンレイジャスパーは54キロ。ここが恵まれたと見ていいだろう。馬券の中心。
53のニシノフジムスメは休み明けで仕上がりはイマイチのようだ。
と、ここまで名前のよく知られた馬を書いたが、内枠に集まり過ぎている。そういうときは外の軽ハンデ馬が恐い。
京都牝馬の2着以降は差がなかったのにハンデに差がありすぎる。ピアチェヴォーレは51。アクロスザヘイブンは50キロだ。ただ、後者は距離が若干長いのと、雨は苦手。
またターコイズSでウイングレットと差のない競馬だったピサノグラフは52。雨が降れば厳しいが、稍重で2着の経験もあって簡単には捨てられない。
雨での狙いはワディラムとマドモアゼルドパリあたり。ただ前者は54キロでは厳しそう。後者は53。ここのところは展開利もあったが、2連勝で負かして来た相手がなかなか強い。しぶとく粘るか。

◎サンレイジャスパー6
○ウイングレット5
▲ピアチェヴォーレ9
△アサヒライジング7
△ピサノグラフ14
△マドモアゼルドパリ13
レクレドール、ウイングレット、ワディラムが引退レースの予定。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 5−6 6−9 6−7 6−14 6−13 5−9
posted by ナイト at 10:44| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

阪神SJ&ファルコンS結果

障害にしてはめずらしく最後は叩き合い。それを制したのはスリーオペレーター。サインには素直に従うべきでした。この馬は3枠3番です。2着にはコウエイトライが入りました。
3着以降は離れすぎた。力の差が出たか。
ノボリハウツーは再び落馬。競馬場の外を走らなかったのだが、今回はそれどころではなく、怪我がひどかったようだ。予後不良。安楽死処分となった。

33スリーオペレーター牡4594.23.7
11コウエイトライ牝6小坂584.23.8
710ファントムスズカ牡6南井60
4.26.2
812アドマイヤホープ牡6北沢604.26.5
68マチカネリュウセイ牡8宗像60
4.27.8
79ダイワウインダム牡10穂苅60
4.29.4
55フューチャギャング牡7平沢60
4.29.5
56マイネルアントス牡4岩崎59
4.29.8
2
2シャーディーナイス牡8高野 和60
4.30.8
6
7テイエムサムライ牡5出津60
4.32.1
811ノボリハウツー牡6西谷60
中止
4
4アグネスハットセ5熊沢60中止

結果:ワイド280円的中 −120円


やはりアドマイヤホクトは強かった。しかし2着に僕が唯一印をつけなかったサクラバクシンオー産駒のカノヤザクラが。
武のダノンムローは騎乗ミスですね。最後方から行って大外ぶん回し。あれでは届きません。4着。
タイムが1分8秒0は優秀だと思いますね。レースを見る限り、アドマイヤホクト1頭だけ強さが違った感じもするんですが、朝日杯はボロボロ。本当に短距離だけの馬かもしれない。

2
4アドマイヤホクト牡3横山 典561.08.0
11カノヤザクラ牝3上村54
1.08.3
12サクラゼウス牡3勝浦561.08.6
6
12ダノンムロー牡3武 豊561.08.6
4
8ワールドハンター牡3中舘56
1.08.6
3
5チアズウイナー牡3松田56
1.08.7
6
11キングスベリー牝3鮫島54
1.09.0
713マザーズウィッシュ牝3スボリッチ54
1.09.1
510ニシノマオ牝3小牧541.09.1
3
6オメガエクスプレス牡3池添561.09.1
816マイネルサニベル牡3安藤 光56
1.09.3
815エーシンビーエル牡3561.09.4
2
3マイネペローラ牝354
1.09.9
59エミネンツァベルタ牝3赤木54
1.10.0
4
7メジロアダーラ牝3吉田 豊54
1.10.3
714エーシンエスヴィー牡3石橋 脩56
1.11.8

結果:ワイド430円的中 −70円
posted by ナイト at 20:40| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

阪神SJ&ファルコンS予想

今年からは障害も予想しようと思っています。
やはり障害3連勝中のコウエイトライに逆らう手はないか。ただ、前走は休み明けもあっただろうが、ぎりぎりでの勝利だった。過信は禁物か。
その他はどうもいつも同じようなメンバーだ。
スリーオペレーターは毎回安定している。アグネスハットもそうだ。
さすがに約1年ぶりのフューチャギャングや10歳のダイワウインダムは捨てることにする。
前走騎手が落馬後、競馬場を飛び出して道路を走ったノボリハウツーはどうだろうか。こういうことで話題になる馬というのは、あんまり実際のレースでは勝てない気がする。
ならばやっと力を取り戻したか、アドマイヤホープ。障害久々の勝利はレコード勝ち。地方G1、全日本2歳優駿の勝ち馬だ。

11コウエイトライ牝6小坂58
2
2シャーディーナイス牡8高野 和60
3
3スリーオペレーター牡459
4
4アグネスハットセ5熊沢60
55フューチャギャング牡7平沢60
56マイネルアントス牡4岩崎59
6
7テイエムサムライ牡5出津60
6
8マチカネリュウセイ牡8宗像60
79ダイワウインダム牡10穂苅60
710 ファントムスズカ牡6南井60
811ノボリハウツー牡6西谷60
812アドマイヤホープ牡6北沢60

1枠なら簡単に逃げれるだろうコウエイトライ。自信度★★★☆☆
ワイド4点 1−4 1−3 1−12 3−4


この時期のレースは難しい。ただ、2キロ差の斤量がある牝馬と牡馬の差。それにこれだけ牝馬が出走してくるとなると、牝馬が有利か。それもフェアリーS組が力があるだろう。ニシノマオとカノヤザクラだ。ただ、カノヤザクラは持ちタイムが1分9秒7と遅いので捨てる。
よって、牝馬有利といったが、これらを上回る牡馬が出走していると考えた。クリスマスRSで1分8秒0というすばらしいタイムで勝ち上がったアドマイヤホクト。さらに3着入ったダノンムローは鞍上が武豊。わざわざ武がやってくる。アドマイヤホクト、サクラゼウスの2頭に負けていが1分8秒2は立派だし、ハイペースになったときの差し馬1番手はこの馬だろう。
そのサクラゼウスだけでなく、1200mは、まだ負けていないオメガエクスプレス、エイシンビーエルといったところも怖い。
芝初挑戦のワールドハンターは様子見か。

11カノヤザクラ牝3上村54
12サクラゼウス牡3勝浦56
2
3マイネペローラ牝354
2
4アドマイヤホクト牡3横山 典56
3
5チアズウイナー牡3松田56
3
6オメガエクスプレス牡3池添56
4
7メジロアダーラ牝3吉田 豊54
4
8ワールドハンター牡3中舘56
59エミネンツァベルタ牝3赤木54
510ニシノマオ 牝3小牧54
6
11キングスベリー牝3鮫島54
6
12ダノンムロー牡3武 豊56
713マザーズウィッシュ牝3スボリッチ54
714エーシンエスヴィー牡3石橋 脩56
815エーシンビーエル牡356
816マイネルサニベル牡3安藤 光56

今気づいたことだが、このレースのサクラバクシンオー産駒は6頭。そして僕が印をつけたうち5頭はバクシンオー産駒なのです。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 2−4 4−6 4−10 4−12 4−15


土曜の注目馬

阪神11R大阪城S
ジャリスコライトなどなかなかの顔ぶれ。その中でも注目したいのはアグネスアーク。4戦4勝でまだ負けていない。ちょっと厳しいかもしれないが、ここでどれだけ通用するのか。
posted by ナイト at 13:52| Comment(0) | 2007年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする