2007年03月07日

ダイオライト記念結果

最終的にはサイレントディールが1番人気でしたが、それまで妙に人気していて、2番人気だったキクノアロー。条件勝ち上がり、初重賞挑戦でいきなり勝ってしまいました。それも4馬身差。ひょっとするとすごい強いのか。
前走同様途中からのまくりを見せたサイレントディールだったが、今回は大バテ。同じようにまくったキクノアローだけでなく、クーリンガーやナイキアースワークにまで最後は交わされました。

814キクノアロー牡4安藤 勝55
2.33.5
6
9クーリンガー牡8和田562.34.3
4
6ナイキアースワーク牡4横山 典552.34.8
3
4サイレントディール牡7武 豊562.35.0
3
3マルカカイゼル牡8金子 正56
2.35.6
11マルブツリード牡4蛯名55
2.35.8
712パーソナルラッシュ牡6御神本562.36.1
4
5マズルブラスト牡5今野56
2.36.4
6
10キングスゾーン牡5岡部56
2.36.6
813クールアイバー牡9石崎 駿56
2.36.7
58ウエノマルクン牡8柏木56
2.36.7
57タイキサファリ牡9尾島56
2.38.0
711セイウンヒノアラシ牡9大原 浩56
2.39.2
2
2サンエムウルフ牡7倉兼56
2.39.4

結果:-400円
posted by ナイト at 17:00| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

ダイオライト記念予想

ダイオライト記念Jpn2。それにしてはメンバーが弱い。内と外に中央馬がいるが、両方とも1600万を勝ち上がってきてのいきなり挑戦。2400mという距離も不安だし、思い切って捨てる。ただ、大外キクノアローは安藤勝己で怖い。
それよりも怖いのは、中央から地方へ移籍した2頭だ。3歳でユニコーンSを勝ったナイキアースワーク。そこまで強いかはわからないが、なんといっても騎手が横山典。どうして地方の馬に中央の騎手が乗れるのか。これはノリが本気と見たい。あと、パーソナルラッシュ。最近中央でも乗っている御神本騎手。実力でいえばパーソナルラッシュが1番手と見る。
ただ、最近の流れではやはり中央馬、サイレントディールとクーリンガーははずせない。
地方では大井の金盃をメインに考えればいいのかもしれないが、そこまで強い馬がいる気はしない。愛知のキングスゾーンも安部騎手なら期待したかったが、岡部騎手ならちょっと迷うところだ。

11マルブツリード牡4蛯名55
2
2サンエムウルフ牡7倉兼56
3
3マルカカイゼル牡8金子 正56
3
4サイレントディール牡7武 豊56
4
5マズルブラスト牡5今野56
4
6ナイキアースワーク牡4横山 典55
57タイキサファリ牡9尾島56
58ウエノマルクン牡8柏木56
6
9クーリンガー牡8和田56
6
10キングスゾーン牡5岡部56
711セイウンヒノアラシ牡9大原 浩56
712パーソナルラッシュ牡6御神本56
813クールアイバー牡9石崎 駿56
814キクノアロー牡4安藤 勝55

2400mではサイレントディールやクーリンガーも信用しにくいか。このレース昨年2着、一昨年1着のパーソナルラッシュに期待する。自信度★☆☆☆☆
ワイド4点 4-12 9-12 6-12 4-9
posted by ナイト at 13:19| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

弥生賞&中京記念結果

アドマイヤオーラは楽に抜け出して勝ちました。しかし、少しインパクトにかける。上がりの3Fでいえばココナッツパンチのほうが上だった。昨年のアドマイヤムーンと同じになりかねない。過信は禁物。
ドリームジャーニーは3着。距離が長いのかもしれないと思うのだが、どうだろうか。本番での変わり身はあるのか。
それ以降の馬達は残念ながら権利取りもできず。本番では抽選待ちでしょうか。そういう意味では、新馬1勝だけだったココナッツパンチは、抽選で出られるはずがなかったので、ここの権利取りがピークだったのかもしれない。

3
4アドマイヤオーラ牡3武 豊562.00.5
58ココナッツパンチ牡3吉田 豊562.00.5
57ドリームジャーニー牡3蛯名562.00.8
2
2メイショウレガーロ牡3武 幸562.00.9
4
5サムライタイガース牡3後藤562.01.5
11ノワールシチー牡3田中 勝56
2.01.7
814タスカータソルテ牡3岩田562.01.7
712トーセンクラウン牡3吉田 隼56
2.01.7
6
9マンハッタンバー牡3横山 典56
2.01.7
6
10モチ牡3川田56
2.02.1
4
6キングオブロマネ牡3松岡56
2.02.2
711マツノショウマ牡3桑野56
2.02.4
3
3インパーフェクト牡3御神本56
2.02.5
813リンリンリン牡3柴田 善56
2.02.7

結果:馬連1170円的中 +670円


1番人気トウショウパワーズ、2番人気コンゴウリキシオー。これは考えられないですね。両方とも捨てて、それが両方ともこなかったのですっきりしました。とにかく有力馬を捨てた予想でしたが、当たらないだろうということで点張りを避けたというのが本当のところです。結果、ローゼンクロイツがレコードタイムでの圧勝。強かった。藤岡佑介騎手。弟の勝利に自分も負けてはいられなかったか。

11ローゼンクロイツ牡5藤岡 佑57
1.56.9
4
8シルクネクサス牡555
1.57.2
2
3フォルテベリーニ牡5中舘541.57.3
2
4ワンモアチャッター牡7スボリッチ571.57.5
4
7マチカネオーラ牡5柴山561.57.6
12トウショウパワーズ牡5池添54
1.57.6
6
11チャクラ牡7安藤 光55
1.57.6
3
6サンバレンティン牡6赤木57
1.57.7
510トリリオンカット牡7和田561.57.8
815フサイチアウステル牡5上村55
1.57.9
6
12タイガーカフェ牡8川島53
1.58.1
714コンゴウリキシオー牡5熊沢58.5
1.58.2
816サザンツイスター牡7芹沢54
1.58.7
59スズノマーチ牡7塚田55
1.58.9
713スターイレブンセ7渡辺53
1.59.1
3
5テイエムプリキュア牝4菊沢51
1.59.2

結果:-400円
posted by ナイト at 16:43| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

弥生賞&中京記念予想

チューリップ賞に続いて2強の感じもするこのレース。それに続くのはサムライタイガース、ココナッツパンチ、タスカータソルテといったところだろう。間違いなく皐月賞を狙う素質馬。そしてこれらの馬すべてに共通することは、賞金不足。権利取り、あるいは2強を崩しに来るくらいの勢いを感じる。なんとしても大舞台へ。その思いが強い馬達だ。ひょっとすると、この馬達がはじけるかもしれない。
サムライタイガースは前走は3戦目にして強豪ぞろいのきさらぎ賞3着。十分な素質があることを見せ付けた。ココナッツパンチは新馬戦で上がり33秒台。タスカータソルテは2連勝。それも楽勝。
この3頭からどれを選ぶかといえば、騎手のり替わりのサムライは下げる。ココナッツもキャリアが浅い。ということでカスカータソルテだ。岩田騎手ならいいだろう。
では、賞金ランキングでその次に控える馬達。500万での勝利以上には賞金を稼いでいるといった馬達だ。
若駒Sを勝ったモチ。もう3月だ。
メイショウレガーロ。京成杯2着だが、どうなのか。あのレースがどれほどのメンバーが揃っていたのか。押さえ程度か。
となれば、やはり残るは2頭。
前走は武豊が騎乗停止で乗り替わりの間に重賞を勝たれてしまったアドマイヤオーラ。このあたりで武も波に乗らねば、クラシックで活躍できなくなるという危機感があるだろう。間違ってもニュービギニングなんて馬でクラシックには行かないだろうから、この馬が武の1番の期待馬だろう。オーシャンエイプスのまさかの敗退。ヴィクトリーの怪我などからして、ここしかない。
そしてもう1頭はドリームジャーニー。スタートさえ良ければの馬だ。きっちり出れば大丈夫だろう。
では、この2頭をローレルゲレイロをものさしに比べてみる。ドリームの朝日杯では0.1秒差。ただ、出遅れを考慮して、0.4秒差と見る。アドマイヤのシンザン記念では0.6秒差。斤量差1キロを考慮して0.5秒差と見る。
ただ、違いは仕上げ。ローレルゲレイロの仕上げは間違いなく朝日杯がピーク。そうならば、ドリームとの差は0.5秒差でもいいくらいだ。
こうなると本当に迷う2頭。ならばわざわざ出遅れの可能性もあるドリームを本命にすることはないか。

11ノワールシチー牡3田中 勝56
2
2メイショウレガーロ牡3武 幸56
3
3インパーフェクト牡3御神本56
3
4アドマイヤオーラ牡3武 豊56
4
5サムライタイガース牡3後藤56
4
6キングオブロマネ牡3松岡56
57ドリームジャーニー牡3蛯名56
58ココナッツパンチ牡3吉田 豊56
6
9マンハッタンバー牡3横山 典56
6
10モチ牡3川田56
711マツノショウマ牡3桑野56
712トーセンクラウン牡3吉田 隼56
813リンリンリン牡3柴田 善56
814タスカータソルテ牡3岩田56

わかりそうでわからない。自信度★★★☆☆
馬連5点 4-7 4-14 4-5 4-8 2-4


難しすぎるメンバー。格ということを考えるとローゼンクロイツ、コンゴウリキシオー、フサイチアウステル、サンバレンティン、テイエムプリキュアといったところだ。今回はかなりの偏見で予想させてもらう。ローゼンは早熟。コンゴウは休み明けで58.5。フサイチは弱い。サンバレンティンは重馬場しか走らない。テイエムは前走の6着が限界。という結論だ。格で言えばもう1頭、これが妙に怖いのだがチャクラ。安藤光騎手の重賞騎乗だ。ただ、距離、コースは向かない。
ということで、G3では格は関係ない。ただ、このメンバーは妙に重賞勝ちの馬がいる。なら、その中のどれかを狙おうか。昨年勝利のマチカネオーラか。ただ、昨年はハンデ54キロに恵まれた感じ。今回の56はどうなのか。それを考えれば、同じコースの朝日CCを勝ったトリリオンカット。あの時も56キロ。今度も56キロなら問題ない。それから、ここ2走の大惨敗から一気に復活してもいいワンモアチャッター。横山典、ペリエではダメだったがスボリッチで波乱を。さすがにスズノマーチは厳しいだろう。
残るは軽ハンデ馬。53キロのタイガーカフェ、スターイレブンはちょっと足りない気がするので54キロ。怖いのはサザンツイスター。ただ、力はあっても7ヶ月の休み明けでは厳しいか。またトウショウパワーズは強くない。派手さはないが地味に粘ってくれるとすればフォルテベリーニまで。シルクネクサスといいたいところだったが、55キロではどうも信用しにくい。

11ローゼンクロイツ牡5藤岡 佑57
12トウショウパワーズ牡5池添54
2
3フォルテベリーニ牡5中舘54
2
4ワンモアチャッター牡7スボリッチ57
3
5テイエムプリキュア牝4菊沢51
3
6サンバレンティン牡6赤木57
4
7マチカネオーラ牡5柴山56
4
8シルクネクサス牡555
59スズノマーチ牡7塚田55
510トリリオンカット牡7和田56
6
11チャクラ牡7安藤 光55
6
12タイガーカフェ牡8川島53
713スターイレブンセ7渡辺53
714コンゴウリキシオー牡5熊沢58.5
815フサイチアウステル牡5上村55
816サザンツイスター牡7芹沢54

重賞勝ちは9頭もいる。偏見だらけで切り捨てた。自信度★☆☆☆☆
ワイド4点 3-10 7-10 4-10 3-7
posted by ナイト at 21:46| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

チューリップ賞&オーシャンS結果

逃げたのは安藤のダイワスカーレット。直線に向くと、安藤はウオッカを見る。そしてウオッカに並びかけられるのを待っていた。並びかけられて、ようやく叩き合いに。しかし、後ろから来た分、ウオッカが少し前に出る。そのまま最後は2頭とも遊んでゴール。本番の参考とはなりにくいレース。2頭とも相手の力を図っただけだ。
ただ、この騎乗を見れば次は安藤が怖い。ウオッカの力を図ってのレース。確実に桜花賞で勝つためにこのレースを犠牲にしてまで乗っていた感じだ。
3着以降は話にならない。

6
11ウオッカ牝3四位541.33.7
4
7ダイワスカーレット牝3安藤 勝541.33.7
12レインダンス牝3武 幸541.34.7
510アロープラネット牝3池添541.34.7
4
8ローブデコルテ牝3武 豊541.34.8
3
6ミルクトーレル牝3松田54
1.35.0
6
12クロコレーヌ牝3高橋 智54
1.35.0
59タガノグラマラス牝3岩田541.35.1
3
5リッカメルド牝3小牧54
1.35.3
11ザリーン牝3デムーロ54
1.35.4
2
3ウォーターポピンズ牝3福永54
1.35.5
24エーシンサーフィン牝3スボリッチ54
1.35.5
713バクシンヒロイン牝3藤岡 佑54
1.35.5
714キクカラヴリイ牝3小林 徹54
1.35.8
815クリールパトラー牝3石橋 守54
1.36.1
816ウッドウインド牝3長谷川54
1.37.1

結果:三連複1140円的中 +740円


本当に面白くないレースだった。先行馬だけでの決着。アイルラヴァゲイン、サチノスイーティー、シルヴァーゼット。4着にかろうじてスピニングノアールが追い込んできたのだが。
アイルラヴァゲインはゲートで暴れていたのによく勝った。あと、道中コパノフウジンは何かおかしくなったようだ。
重賞なのに1分8秒台。こんなレース、本当に面白くない。ただ、それなのに先行したテイエムチュラサンはボロボロではないか。本当に重賞を勝ったとは思えない。
アンバージャックは同じように面白くない京阪杯で勝ったのに、今度はダメだった。4コーナーでは後方。さらに直線外に飛んでいてはさすがに無理だった。
このレースで1番面白いと思ったのはリキアイタイカンが5着に来ている。しかも上がりタイムがメンバーで1番早いということだ。

2
3アイルラヴァゲイン牡5松岡561.08.2
6
12サチノスイーティー牝4吉田 隼55
1.08.3
815シルヴァーゼット牡6津村56
1.08.3
4
7スピニングノアール牡6蛯名561.08.6
714リキアイタイカン牡9勝浦57
1.08.7
4
8ニシノコンサフォス牡7和田56
1.08.8
11ビーナスライン牝6
秋山551.09.0
59タマモホットプレイ牡6渡辺57
1.09.0
3
6タイキジリオン牡7吉田 豊56
1.09.1
3
5シルクトゥルーパー牡5川田56
1.09.1
510コスモフォーチュン牝5角田55
1.09.2
713ネイティヴハート牡9内田 博571.09.3
816テイエムチュラサン牝5菊沢55
1.09.4
12サイレンスボーイ牡8田中 勝56
1.09.9
6
11アンバージャック牡4横山 典571.09.9
2
4コパノフウジン牡5後藤56
1.10.1

結果:-500円
posted by ナイト at 20:49| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

チューリップ賞&オーシャンS予想

普通に見ればなんとも簡単なレースだ。2歳女王ウオッカと、新星ダイワスカーレットの戦い。本命がどちらか。それが迷うところだ。
ここで本命はダイワスカーレット。無駄にエルフィンSを叩いたウオッカ。56キロの斤量の疲れがあるか、そんなことは分からない。ただ単純に、最近絶好調の安藤勝己。それだけ。この2頭が普通に走れば、壮絶な戦いになりそうだが、前哨戦からそんなことをするのか。本番に向けて抑えたレースをするだろう。
残るは、紅梅Sを勝ったローブデコルテが当然3番手。しかし、やっぱり上位に比べると落ちるか。
他には、特に思いつかない。そういう時は、実力未知の馬を選ぶだけ。4戦目でようやく未勝利を勝ったレインダンスだが、前走の内容がよすぎる。またアロープラネットは1戦1勝。こちらは1200mを走っていて距離の心配もある。ただ、この2頭ともタイムが非常にこのメンバーで比べるといい。押さえはこのあたりか。
最後に、前に行くことを考えて、岩田のタガノグラマラスまで。

11ザリーン牝3デムーロ54
12レインダンス牝3武 幸54
2
3ウォーターポピンズ牝3福永54
2
4エーシンサーフィン牝3スボリッチ54
3
5リッカメルド牝3小牧54
3
6ミルクトーレル牝3松田54
4
7ダイワスカーレット牝3安藤 勝54
4
8ローブデコルテ牝3武 豊54
59タガノグラマラス牝3岩田54
510アロープラネット牝3池添54
6
11ウオッカ牝3四位54
6
12クロコレーヌ牝3高橋 智54
713バクシンヒロイン牝3藤岡 佑54
714キクカラヴリイ牝3小林 徹54
815クリールパトラー牝3石橋 守54
816ウッドウインド牝3長谷川54

3着探しでいいだろう。そうでなければこんなメンバーで印を6頭にもつけるはずがない。自信度★★★☆☆
三連複4点 7-8-11 7-10-11 2-7-11 7-9-11


シルクロードS組。これが主力。ただ、あれはハンデ。今度は別定。それならばトップハンデで4着、今回は横山典弘騎乗で先のG1を見据えてきたと思われるアンバージャックだ。
サチノスイーティーは52キロの軽ハンデから今度は別定では厳しい。タマモホットプレイは京都だけの馬と信じたい。となると、ビーナスラインはやはり怖い。スピニングノアール、コパノフウジンといったところも、いつ走るか分からないので注意が必要か。ただ、中山で3走前に33秒台の上がりで飛んできたスピニングノアールと違って、コパノフウジンは最近のレースの様子では買いにくい。中山の坂で失速してしまうのではないか。確かに前走は太めだったが、それだけでなく何か脆さを感じる。
そういうことを考えると、2走前、中山で58.5キロの過酷なハンデで1600万を圧勝したアイルラヴァゲイン。ダート挑戦が失敗に終わったあのローテーションさえなければもう少し評価は高いのだが、それでも力はある。
シルクトゥルーパーは前走の追い込みが、今まで見てきた中でも1、2を争うようなインパクトのある追い込みだった。残り100mで明らかにダメだと思った。そこからとんでもない脚で吹っ飛んできた。前走はメンバーが弱かったからここでは印まではつけないが、ここでもあの脚で飛んでくる可能性はある。
あと、忘れられがちだが、ネイティヴハート。9歳でどうかとも思うが、力はある。昨年のこのレースではとんでもない万馬券の立役者となったこの馬。まだ走ってもいい。6年連続出走はお見事。

11ビーナスライン牝6
秋山55
12サイレンスボーイ牡8田中 勝56
2
3アイルラヴァゲイン牡5松岡56
2
4コパノフウジン牡5後藤56
3
5シルクトゥルーパー牡5川田56
3
6タイキジリオン牡7吉田 豊56
4
7スピニングノアール牡6蛯名56
4
8ニシノコンサフォス牡7和田56
59タマモホットプレイ牡6渡辺57
510コスモフォーチュン牝5角田55
6
11アンバージャック牡4横山 典57
6
12サチノスイーティー牝4吉田 隼55
713ネイティヴハート牡9内田 博57
714リキアイタイカン牡9勝浦57
815シルヴァーゼット牡6津村56
816テイエムチュラサン牝5菊沢55

5頭にまで切り捨てた。高松宮の主役はいったい?自信度★★☆☆☆
ワイド5点 7-11 1-11 3-11 11-13 1-7
posted by ナイト at 19:45| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする