2007年05月05日

兵庫CS&京都新聞杯&新潟大賞典結果

中央の3頭が逃げました。出遅れて後方からフェラーリピサ。向こう正面で早くもフェラーリピサはまくって先頭集団に追いつき、最後の直線で抜け出す。完勝といっていいでしょう。
2着はその逃げた3頭の中からヤマカツブライアン。
残る中央勢は4コーナーでつかまってしまいました。
それにしてもびっくりしたのが、こんなわかりにくいはずのレースにもかかわらず、ワイドが140円。ここまで安いとは。

811フェラーリピサ牡3岩田552.02.9
3
3ヤマカツブライアン牡3池添552.03.4
55エンタノメガミ牝3川原53
2.03.9
6
8トミノダンデ牡3安部 幸55
2.03.9
56コートユーフォリア牡3武 豊552.04.2
79ホクセツファミリー牡3大山 真55
2.04.5
812ユキノアラシ牡3田中 学55
2.05.0
11ゴールドキリシマ牡3小牧552.05.0
2
2グレースガール牝3筒井53
2.07.2
6
7ワイケイリズム牝3木村 健53
2.09.3
710サンキンカミカゼ牡3大畑55
2.10.3
4
4レーザーウイング牡3下原55
2.12.1

結果:ワイド140円的中 -260円


4コーナーで外からまくっていった有力馬。クレスコワールドやフェザーケープ。しかし、直線に向いてからは伸びず、その後ろから来たタスカータソルテ、そして内のコースをついた2頭にも敗れました。
抜けたのはタスカータソルテですが、2着のローズプレステージは上がり34.1秒。悪くない内容です。しかし両頭とも今までの成績を見ると、ダービーで馬券になるかといえば厳しそうですね。

2
2タスカータソルテ牡3岩田562.13.5
3
5ローズプレステージ牡3秋山56
2.13.6
6
10サンライズベガ牡3鮫島56
2.13.7
11クレスコワールド牡3福永562.13.8
814フェザーケープ牡3武 豊562.13.8
58バンブーソクラテス牡3柴原56
2.14.1
4
7マンハッタンスカイ牡3川田56
2.14.3
59スズカコーズウェイ牡3安藤 勝56
2.14.4
3
4マイネルキーロフ牡3吉田 稔562.14.5
815フェルヴィード牡3熊沢562.14.6
713ウィルビーキング牡3角田562.14.9
2
3ベイリングボーイ牡3田中 克56
2.15.0
6
11ヤマカツティガー牡3田嶋56
2.15.7
4
6アグネスマクシマム牡3石橋 守56
2.16.2
712スマートトリック牡3佐藤 哲56
2.18.9

結果:-600円


さすが新潟。最後の直線での上がりはすごいタイムが出てます。その中で抜け出したのはブライトトゥモローでした。
新潟は外に回す騎手が多いですが、まだ芝がきれいだったのか、内をついた馬で決まった感じがしました。2着にはサイレントプライド。この距離も持ちました。そして3着にヴィータローザ。この馬もまだまだいけそうですね。
ロジックは本当に復活しないですね。

2
4ブライトトゥモロー牡5木幡551.57.7
510サイレントプライド牡4後藤55
1.57.7
713ヴィータローザ牡7上村571.57.8
3
5ダンスインザモア牡5松岡57
1.57.8
4
7マイネルレコルト牡5石橋 脩57
1.58.0
816ニホンピロキース牡6赤木54
1.58.1
4
8トウカイワイルド牡5吉田 隼56
1.58.1
714ロジック牡4藤岡 佑56
1.58.1
815シルクネクサス牡5551.58.3
11トウショウパワーズ牡5長谷川54
1.58.3
59エアセレソン牡7藤田571.58.3
2
3フォルテベリーニ牡5中舘541.58.4
12チェストウイング牡6四位55
1.58.5
6
11ナスノストローク牡6菊沢54
1.58.6
3
6ヨイチサウス牡6江田 照54
1.58.6
6
12タマモサポート牡4津村55
1.58.7

結果:-500円
posted by ナイト at 16:22| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

京都新聞杯&新潟大賞典予想&NHKマイルC予想2

新興勢力で期待できそうな馬はいないが、重賞を走ってきた馬でも期待できそうな馬はいない。
クレスコワールドとタスカータソルテ。少々名のある馬でいえばここか。しかし2頭とも前走は惨敗。信頼しすぎるのはよくない。
他を当たると、NHKマイルC除外でこちらに回ってきたスズカコーズウェイ。しかし距離が長いと見る。
ならば、2400mで勝っているフェザーケープ。2400mながら上がり33.8秒はいかにスローペースだったとしてもいいタイムだ。これに期待。
また、連闘で勝負してくるフェルヴィード。外枠2頭が共に「フェ」で始まる馬というのはどうも気になる。
あとは、前走ナタラージャの2着に食い込んだマイネルキーロフ。ナタラージャが安楽死となったことで、その無念を晴らすのはこの馬か。
あとは大穴、ウィルビーキング。ただの13番枠のサインです。

11クレスコワールド牡3福永56
2
2タスカータソルテ牡3岩田56
2
3ベイリングボーイ牡3田中 克56
3
4マイネルキーロフ牡3吉田 稔56
3
5ローズプレステージ牡3秋山56
4
6アグネスマクシマム牡3石橋 守56
4
7マンハッタンスカイ牡3川田56
58バンブーソクラテス牡3柴原56
59スズカコーズウェイ牡3安藤 勝56
6
10サンライズベガ牡3鮫島56
6
11ヤマカツティガー牡3田嶋56
712スマートトリック牡3佐藤 哲56
713ウィルビーキング牡3角田56
814フェザーケープ牡3武 豊56
815フェルヴィード牡3熊沢56

Jpn2なら武豊、松田国、金子真人でいけるのではないでしょうか。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 2-14 1-14 14-15 4-14 13-14 1-2


新潟2000mなら、エアセレソン、ヴィータローザといったところか。57キロでも怖い。後者はいつ走るかわからないところが特に怖い。
他に、2000mを考えると、フォルテベリーニ、シルクネクサス。54キロ、55キロなら特に問題はない。
チェストウイング、トウカイワイルドはもうちょっと距離がほしいか。逆にダンスインザモア、サイレントプライド、ナスノストローク、マイネルレコルト、ロジック、あたりはちょっとだけ長い。マイネル、ダンスの57キロのハンデも考えて厳しい気がする。
ニホンピロキース。1600万で堅実だった馬が前走勝利。実力はあるしハンデも手ごろだが、大外枠は嫌いたい条件だ。まだ内枠が荒れる時期ではない。
ならば、2000mは初挑戦だがブライトトゥモロー。これに注意か。

11トウショウパワーズ牡5長谷川54
12チェストウイング牡6四位55
2
3フォルテベリーニ牡5中舘54
2
4ブライトトゥモロー牡5木幡55
3
5ダンスインザモア牡5松岡57
3
6ヨイチサウス牡6江田 照54
4
7マイネルレコルト牡5石橋 脩57
4
8トウカイワイルド牡5吉田 隼56
59エアセレソン牡7藤田57
510サイレントプライド牡4後藤55
6
11ナスノストローク牡6菊沢54
6
12タマモサポート牡4津村55
713ヴィータローザ牡7上村57
714ロジック牡4藤岡 佑56
815シルクネクサス牡555
816ニホンピロキース牡6赤木54

こういうレースは本当に難しくて予想するのが嫌になる。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 3-9 3-15 3-4 3-13 9-15


本命はシャドウストライプにしました。その心を変えるつもりはありません。
他の馬は、雨を考えると難しくなってくるが、ローレル、アサクサは崩れる感じはしないし、ダイレクトキャッチの脚も確かと見る。オースミダイドウの素質も注意はいるか。
怖いのはマイネル勢。レーニア、シーガル、フォーグのすべてが怖い。ただ、マイネル勢は2歳までの印象が強い。レーニアは堅実だが、Jpn1では勝ちきる力はないと思う。それはシーガルにもいえそう。ローレルゲレイロと比較すると、朝日杯、アーリントンC、皐月賞などからしても、どちらとも劣ることに間違いはないだろう。あとのマイネルフォーグは何が怖いかというと4番枠フォーに入ったこと。それに、前走も2着に来ている。もう一発大穴があっても面白い。
あとは、NZT1着のトーホウレーサーだが、改めて考えるとレースでは1頭だけ少し抜けていた。注意は一応必要な気がしてきた。ただ、東京はあわない気がするのだが。

11アサクサキングス牡3武 幸57
12マイネルレーニア牡3松岡57
2
3オースミダイドウ牡3岩田57×
2
4マイネルフォーグ牡3川田57
3
5マイネルシーガル牡3後藤57
3
6イクスキューズ牝3横山 典55
4
7キングスデライト牡3長谷川57
4
8ゴールドアグリ牡3安藤 光57
59ワールドハンター牡3蛯名57
510ローレルゲレイロ牡3藤田57
6
11トーホウレーサー牡3四位57
6
12シベリアンバード牡3田中 勝57
713ダイレクトキャッチ牡3北村 宏57
714ピンクカメオ牝3内田 博55
715ハイソサエティー牡3柴山57
816シャドウストライプ牡3安藤 勝57
817ダノンムロー牡3武 豊57
818ムラマサノヨートー牡3小林 淳57
posted by ナイト at 22:03| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

かしわ記念&かきつばた記念結果

出走前にサンライズバッカスが少し暴れて安藤勝己騎手が降りていたのを見て危ないと思いました。
スタートしてからは逃げたアジュディ。その後ろに先行馬がいたのですが、その集団にブルーコンコルドやサンライズバッカスが。バッカスはもうちょっと脚を溜めて後ろから行くべきではなかったのでしょうか。
最後の直線は3強が抜け出しましたが、サンライズが粘れず、ブルーコンコルドが突き抜けました。
勝ったのはブルーコンコルド。サンライズは最後のバテて5着まで下がってしまいました。

6
10ブルーコンコルド牡7571.37.4
2
2アジュディミツオー牡6内田 博571.37.7
6
9ディープサマー牡5酒井 忍57
1.38.2
813ボンネビルレコード牡5武 豊57×1.38.2
814サンライズバッカス牡5安藤 勝571.38.3
3
4ナイキアースワーク牡4横山 典57
1.39.1
711アサカディフィートセ9小牧57
1.39.9
4
5パーソナルラッシュ牡6山田 信57
1.40.1
57バクシンテンニョ牝5清家55
1.40.3
4
6ナムラコロンブス牡7山田 崇57
1.40.6
3
3マルカカイゼル牡8金子 正57
1.40.8
712コガネウキョウ牡9山本 茜57
1.41.1
11オグリホット牡4筒井57
1.41.3
58タイキサファリ牡9尾島57
1.41.3

結果:ワイド240円的中 -160円


スタートから果敢に逃げたのはサチノスイーティー。持ち前のダッシュ力で軽く先頭に立つと、2番手集団にリミットレスビッドが早めの競馬。その後方にメイショウバトラー。スタートから少し手が動いていましたし、ちょっとバトラーは厳しいように見えました。
4コーナーを回って短い直線に向いて、内をついたのがメイショウバトラー。その外にサチノ、リミットレスト結局は中央の本命3頭での勝負に。
抜け出したのはバトラーでした。最後にリミットレスがサチノに詰めましたが、2着変わらずサチノ。
バトラーは久々の勝利ですね。最近の敗戦はなんだったのかというようなレースでした。

11メイショウバトラー牝7武 豊551.27.8
2
2サチノスイーティー牝4吉田 豊551.28.1
55リミットレスビッド牡8岩田581.28.1
56ムーンバレイ牡6吉田 稔561.28.3
710クーリンガー牡8和田57
1.28.7
811キングスゾーン牡5岡部561.28.7
79マサアンビション牡8戸部56
1.29.0
3
3サンライズビート牡8林 陽56
1.29.3
6
7レイナワルツ牝7兒島54
1.29.5
4
4ロッキーアピール牡9山崎 誠57
1.29.7
812マイネフォクシー牝6丸野54
1.30.4
6
8クィーンロマンス牝6尾島54
取消

結果:馬連1400円的中 +900円
posted by ナイト at 19:27| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

NHKマイルC予想1

普通、このレースはNZT組が中心になるが、今年のメンバーは残念ながら期待できない。トーホウレーサーが勝利したが、毎日杯5着などと、若干劣るだろう。そのNZTから選ぶなら1頭。ダートで非常に強かったシャドウストライプ。前走は後方からすばらしい追い込みを見せた。東京でさらに末脚が生きるなら、芝2戦目で一発あっておかしくない。
後は皐月賞組。アサクサキングス、マイネルシーガル、ローレルゲレイロ。この距離でも問題なく走るだろう。
あとは、休み明けの馬達。共同通信杯から直接でどうか分からないが、ダイレクトキャッチ。フサイチホウオーに迫った末脚は本物だと見る。それとオースミダイドウ。期待され続けた馬。骨折明けでいきなり一発があってもいい。
その中で本命は何か。皐月賞組でマイネルは少し落ちると見る。アサクサの大久保龍厩舎は先週青葉賞1着と天皇賞春2着は調子に乗りすぎ。特に青葉賞は武幸四郎&大久保龍厩舎で勝った。2週連続はないだろう。ローレルゲレイロは確かに実力上位と見るが、1勝馬。こういう時期のJpn1では1勝馬は2着というのがよくあるパターン。
さすがにオースミは厳しいと見る。ならばシャドウストライプかダイレクトキャッチ。どちらにするか迷ったが、ダイレクトキャッチは共同通信杯から直行。確かに東京での成績はいいが、それに比べて安藤勝己が怖い。最近の人気馬騎乗での敗戦は今度こそと思わせてくれる。

◎シャドウストライプ
posted by ナイト at 21:20| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

かしわ記念&かきつばた記念&兵庫CS予想

2日に船橋で行われるJpn1かしわ記念。
メンバーを軽く見て、1600mということを考慮に入れると。
ナイキアースワークは若干実力不足。パーソナルラッシュは最近の調子と距離を考えるといらない。ディープサマー、アサカディフィートの中央勢はダートで走ったとしても、Jpn1クラスでは厳しいだろう。ボンネビルレコードは武豊騎乗でちょっと押さえるか、捨てるかくらい。
そうなるとどうでしょうか。残るは、ブルーコンコルド、サンライズバッカス、アジュディミツオーだけになりました。
最近の調子から、本命はサンライズバッカスにします。アジュディは復活すればいいのですが、故障してからはその影を潜めていますし、ブルーコンコルドは使い詰めでそれに7歳というのもそろそろしんどそうです。

11オグリホット牡4筒井57
2
2アジュディミツオー牡6内田 博57
3
3マルカカイゼル牡8金子 正57
3
4ナイキアースワーク牡4横山 典57
4
5パーソナルラッシュ牡6山田 信57
4
6ナムラコロンブス牡7山田 崇57
57バクシンテンニョ牝5清家55
58タイキサファリ牡9尾島57
6
9ディープサマー牡5酒井 忍57
6
10ブルーコンコルド牡757
711アサカディフィートセ9小牧57
712コガネウキョウ牡9山本 茜57
813ボンネビルレコード牡5武 豊57×
814サンライズバッカス牡5安藤 勝57

3頭で3着まで占めて、ワイドが3つ当たる。そういう展開を期待。当たってもかなり安いが。自信度★★★☆☆
ワイド4点 2-14 10-14 2-10 13-14


3日に名古屋で行われるのはかきつばた記念Jpn3。この競馬場は間違いなく先行有利。
ならば、メイショウバトラー、サチノスイーティーの内2頭は有力でしょう。ただ、バトラーは最近の調子が、サチノは1400mという距離がちょっと不安。
とはいっても、完全な先行馬ではなくてもリミットレスビッドはやっぱり強い。前走で示されたように58キロも苦にしない。
それと比べてクーリンガーは距離も考えるとやっぱり厳しいか。
あとは地方馬だが、これはやっぱり地元のムーンバレイか。コースを知り尽くした感じはあるし、逃げ馬で展開利もある。騎手も吉田稔。勝ち切るまであってもいい。通算19勝馬は伊達じゃないだろう。
それと、1400mは非常に強いキングスゾーンを押さえておくか。

11メイショウバトラー牝7武 豊55
2
2サチノスイーティー牝4吉田 豊55
3
3サンライズビート牡8林 陽56
4
4ロッキーアピール牡9山崎 誠57
55リミットレスビッド牡8岩田58
56ムーンバレイ牡6吉田 稔56
6
7レイナワルツ牝7兒島54
6
8クィーンロマンス牝6尾島54
79マサアンビション牡8戸部56
710クーリンガー牡8和田57
811キングスゾーン牡5岡部56
812マイネフォクシー牝6丸野54

リミットレスは崩れないだろう。地方での岩田は安心できる。自信度★★★☆☆
馬連5点 2-5 1-5 5-6 5-11 1-2


4日には園田で行われる3歳の重賞兵庫CS。
中央からはダートで勝利している馬にする。となると、ヤマカツブライアン、コートユーフォリア、フェラーリピサ。特にオープンで圧勝しているフェラーリピサは本命だろう。
では、地方馬だが、どうも強そうな地方馬がいない。となると、中央でダートで勝利のないゴールドキリシマまで押さえる。

11ゴールドキリシマ牡3小牧55
2
2グレースガール牝3筒井53
3
3ヤマカツブライアン牡3池添55
4
4レーザーウイング牡3下原55
55エンタノメガミ牝3川原53
56コートユーフォリア牡3武 豊55
6
7ワイケイリズム牝3木村 健53
6
8トミノダンディ牡3安部 幸55
79ホクセツファミリー牡3大山 真55
710サンキンカミカゼ牡3大畑55
811フェラーリピサ牡3岩田55
812ユキノアラシ牡3田中 学55

フェラーリピサはダートG1級だと思っているのだが。自信度★★★☆☆
ワイド4点 3-11 6-11 1-11 3-6
posted by ナイト at 21:12| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする