2007年07月30日

「ら」抜き言葉ってすごい発明品

現代の日本語はおかしいとか言われてますが、その代表が「ら」抜き言葉でしょうか。でもこれは、すごい発明というか、便利なものだと思います。


「私は友達に英語を教えられる。」

この文章は、
I can teach English to my friends.
I am taught English by my friends.
「可能」と「受身」の両方が考えられます。


でも、
「私は友達に英語を教えれる。」
と、「ら」を抜いて書けば、可能の意味でしか伝わりません。
すごい便利ですよね。


極端な話をしますが、日本語の乱れを元に戻したかったら、平安時代とかの言葉を話すことになってしまいますよね。平安時代から変化し続けてきた言葉が、現代の日本語ですよね。
だから、言葉は時代と共に変わっていくものなので、「乱れ」という表現はふさわしくない、というのが僕の持論です。
posted by ナイト at 14:52| Comment(0) | 独り言 | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

小倉記念結果

ニホンピロキースは逃げるといっておきながら、スタートから押しても先頭に立てず、結局3番手あたりから。
レースは、3コーナーあたりでスウィフトカレントは上がったのかそれとも引っかかったのか、そのまま最後まで伸び切ることができず。
4コーナーではヴィータローザの手が激しく動く。それでも、最後は粘って5着に入っている。
先行したニルヴァーナ、アラタマサモンズを交わして、逃げられなかったはずのニホンピロキースが先頭に立つ。そのまま粘るかと思ったところ、外からすごい脚でサンレイジャスパーが飛んできて重賞初勝利。
素直に夏は牝馬だったんです。
もう1頭の牝馬ソリッドプラチナムは輸送とかでもろいタイプらしいですから、なかなか大きな期待はできませんね。
アラタマサモンズは、同じ1000万を勝ったニルヴァーナが53キロに対してこの馬は52キロ。同じ条件の馬ですが、ハンデが有利だったわけです。

22サンレイジャスパー牝5佐藤 哲531.58.7
11ニホンピロキース牡6赤木541.58.9
79アラタマサモンズ牡5芹沢52
1.59.1
3
3ニルヴァーナ牡453
1.59.1
710ヴィータローザ牡7上村571.59.2
811ホッコーソレソレー牡5池添55
1.59.2
55スウィフトカレント牡5横山 典581.59.4
56アップドラフト牡5川田541.59.4
6
7タガノデンジャラス牡5橋本 美55
1.59.5
812ソリッドプラチナム牝4小牧521.59.8
6
8メイショウカイドウ牡8武 豊59.5
2.00.2
4
4トリリオンカット牡7和田57
2.00.4

結果:ワイド1240円的中 +640円
posted by ナイト at 22:00| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

小倉記念予想

今年の夏の傾向を考えると、七夕賞、函館記念と、コース巧者が勝っている。しかし夏は牝馬の格言どおり、アイビスSD、小倉JS、函館記念と現在重賞は3連続で牝馬が連対している。さらにサマースプリントシリーズではアイビスSD、函館スプリントSと両方が牝馬の勝利。
牝馬はこのレース2頭。ソリッドプラチナム、サンレイジャスパー。
得意の平坦コース、8枠、52キロと、完全に条件が揃っているのはソリッドプラチナム。しかし、後方一気の馬で届くのか不安が大きい。
それよりもサンレイジャスパーか。夏に強い馬で昨年も4着。しかし昨年の51キロから今年は53キロ。これがどうなのか。好走できる条件ではある。
ここまで書いてみると、今回の牝馬は本命にまではできないように見えてくる。しかし、それでも来るのが夏競馬なのか。
ならば牡馬で人気しそうなところでは、まず前売り1番人気スウィフトカレント。確かに力はもっている馬で、昨年の勝ち馬だが、昨年の55キロから今年は58キロでは評価を落とす。そして前売り2番人気は上がり馬ニルヴァーナ。しかし、武豊が捨てて幸の騎乗だし、前走は快勝したといっても1000万。一気に2ランクアップではそこまで来ないと見る。前売り4番人気は迷いの種メイショウカイドウだが、昨年に続く59.5キロは、ただのJRAのいじめに思える。
ニホンピロキースは昨年の3着馬。これが昨年に続いて54キロで走れるなら狙いと見た。格上挑戦の昨年とは違って、今年は自己条件なのに同じ斤量。ホッコーソレソレーやタガノデンジャラスが55キロ背負うことに比べれば儲けたもの。ただ、逃げ宣言をしているが、逃げ切って勝つところまでいけるかどうか。
となれば、2年連続小倉記念に出走している馬の中で、唯一斤量が57.5→57と減っているヴィータローザが怖い。昨年からの衰えも感じられないにもかかわらず、0.5キロ減は狙って当然ではないか。ただ、七夕賞からのローテーションはあまりいい成績が残せていない場合が多い。
あとはアップドラフト。叩き2走目で勝負気配。小倉は昨年1600万を勝っている。

11ニホンピロキース牡6赤木54
22サンレイジャスパー牝5佐藤 哲53
3
3ニルヴァーナ牡453
4
4トリリオンカット牡7和田57
55スウィフトカレント牡5横山 典58
56アップドラフト牡5川田54
6
7タガノデンジャラス牡5橋本 美55
6
8メイショウカイドウ牡8武 豊59.5
79アラタマサモンズ牡5芹沢52
710ヴィータローザ牡7上村57
811ホッコーソレソレー牡5池添55
812ソリッドプラチナム牝4小牧52

ヴィータローザはたまに大敗するのが怖い。実力を出し切れば。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 1-10 2-10 5-10 6-10 10-11 1-2


日曜の注目馬

新潟11R北陸S
土曜のメインで穴のトウショウが来た。ならば同じトウショウのトウショウギアは59キロの斤量に泣くのか。
posted by ナイト at 20:17| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

函館記念結果

先行したのがマイソールサウンド。それに続いてナムラマースやアドマイヤフジといった有力馬。しかしどちらも粘れず。好位につけたマチカネキララは4コーナーでもはや馬群に飲み込まれた。-12キロの馬体減が響いた?それにしても負けすぎた。そこで後方にいたエリモハリアーが一気に。この馬は本当に函館の鬼。前走の敗戦はいったいなんだったのか。エリモハリアーが函館記念3連覇。
そして、夏は牝馬というが、ロフティーエイムもこんなところで来るとは。まさかの2着。さすがは荒れる函館記念。荒れるレースにふさわしく武幸四郎。今週は兄弟で活躍となった。
3連覇しているエリモハリアーは、3年とも騎手が違うというのは面白い。

4
4エリモハリアーセ7武 幸57
2.02.8
55ロフティーエイム牝5柴山52
2.03.0
6
6サクラメガワンダー牡4岩田572.03.0
22アドマイヤフジ牡5福永57.52.03.1
6
7マイソールサウンド牡8勝浦56
2.03.1
11ナムラマース牡3秋山532.03.3
811シルクネクサス牡5四位562.03.4
810モノポール牡8木幡55
2.03.5
79マチカネキララ牡5藤田562.05.6
3
3メイショウオウテ牡5横山 典552.11.1
78コスモテナシャス牡6津村53
除外

結果:-500円


今週の結果

土曜函館9R漁火S
新潟大賞典2着、エプソムC3着のサイレントプライド。降級戦ならやはり楽勝だった。もう1頭人気だったこちらも降級のシェルズレイは11着と大敗。
土曜新潟10R麒麟山特別
ユニコーンSで人気ながら競走除外となったドラゴンファイヤーが古馬と混じりながらも圧勝。今後が楽しみ。
土曜小倉12R有明特別
ヒシワンスモアが武豊騎乗で勝利。JRA通算勝利数新記録の2944勝を達成。
日曜新潟11R関越S
マコトスパルビエロが51キロのハンデを味方につけ、3歳馬ながらレコード勝ちでドンクールを破った。今年の3歳ダートは期待できそうか。
posted by ナイト at 15:55| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

函館記念予想

本命にしたいなぁと思うのはナムラマース。しかし、この馬は飛びが大きいらしい。2歳の時には札幌、函館で走っていたが、大飛びなら本当は小回りはあわないのではないか。確かに53キロは狙いだが、△にしておく。
アドマイヤフジは復活したと見ていいか。ただ、こちらも小回りは気になるし、57.5キロもどうなのか。実力上位だが、信頼しきれない。
3連覇のかかるエリモハリアーは、前走の負け方が昨年まででは考えられないほどの大敗。得意の函館だが、今年はもう7歳だし、さすがに厳しいか。
他の巴賞組では、勝ったシルクネクサスは当然怖い。ただ、安定感がないのが信頼しきれないところ。1年の休み明けから5着に入ったモノポールだが、若干距離が長いか。3着コスモテナシャスは、重賞ではしんどい。6着メイショウオウテは、いい脚を使うのだが、信頼しきれない。押さえにはしておく。
怖いのは4着マチカネキララ。勝ちきれないレースが続いているが、安定した成績を収めている。ディープインパクトの4着に入った神戸新聞杯のように、大崩はしない。あとは決め手だけなのだが、2度目の騎乗の藤田がその辺は心得ていると信じる。北海道なら。
あとはサクラメガワンダー。57キロがどうなのか。それでも、このメンバーなら大きく崩れはしないだろう。

11ナムラマース牡3秋山53
22アドマイヤフジ牡5福永57.5
3
3メイショウオウテ牡5横山 典55
4
4エリモハリアーセ7武 幸57
55ロフティーエイム牝5柴山52
6
6サクラメガワンダー牡4岩田57
6
7マイソールサウンド牡8勝浦56
78コスモテナシャス牡6津村53
79マチカネキララ牡5藤田56
810モノポール牡8木幡55
811シルクネクサス牡5四位56

結構応援している馬なので、本命マチカネキララ。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 6-9 2-9 1-9 3-9 9-11
posted by ナイト at 16:05| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

小倉サマーJ結果

コウエイトライの逃げ。小倉の舞台で華麗な復活劇。お見事でした。やはり強かった。九州産馬として、地元九州では負けられなかった。
2着にキングジョイが入り、結局は昨年と同じ1、2着。
3着のデンコウグリーンは成長してきましたね。前走のレコード勝ちは、阪神競馬場だからだと思っていたんですが、それだけではなかったようですね。

3
3コウエイトライ牝6小坂623.42.4
58キングジョイ牡5白浜613.42.9
11デンコウグリーン牡4金折59
3.43.2
813ワンダーシンゲキセ7植野603.43.5
712アズマビヨンド牡8高田62
3.44.0
4
6ローレルスパークセ657
3.44.4
22フミノトキメキ牡6黒岩613.44.7
3
4マルカフレンチ牡5西谷58
3.44.8
4
5テイエムアラムシャセ6出津58
3.45.8
57ハリーコマンドセ7白坂57
3.45.9
814シーグランプリセ4佐久間58
3.47.8
6
10ホワイトポイント牝4熊沢57
3.49.2
711ダイゴシラギク牝5南井57
3.50.5
6
9ユウゼータ牡6今村57
3.53.3

結果:ワイド430円的中 +30円
posted by ナイト at 15:19| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

小倉サマーJ予想

実力上位は昨年覇者のコウエイトライ。しかし最近は出遅れたり、馬体重が激しく変動したりと成績がいまひとつ。それに、牝馬で62キロってどうなのか。それでも本命にしたい。小倉での圧勝を見たい。
対抗はキングジョイ。これも61キロだが、今回のメンバーを考えれば、問題なさそう。
同じ61キロはフミノトキメキ。春麗JSではコウエイトライと接戦だった。
落馬を挟んで2連勝のワンダーシンゲキはどこまで走るか。オープン特別から重賞への挑戦だが、このメンバーなら押さえに。
あとはマルカフレンチ、デンコウグリーンあたりが怖いが重賞ではもう一歩か。

11デンコウグリーン牡4金折59
22フミノトキメキ牡6黒岩61
3
3コウエイトライ牝6小坂62
3
4マルカフレンチ牡5西谷58
4
5テイエムアラムシャセ6出津58
4
6ローレルスパークセ657
57ハリーコマンドセ7白坂57
58キングジョイ牡5白浜61
6
9ユウゼータ牡6今村57
6
10ホワイトポイント牝4熊沢57
711ダイゴシラギク牝5南井57
712アズマビヨンド牡8高田62
813ワンダーシンゲキセ7植野60
814シーグランプリセ4佐久間58

いつもながら、落馬が怖い。自信度★★☆☆☆
ワイド4点 3-8 2-3 3-13 2-8
posted by ナイト at 16:59| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

マーキュリーC結果

台風の影響で土曜小倉競馬が月曜開催となったので、3騎手がこのレースに騎乗できず乗り替わり。
圧倒的1番人気、1.2倍のシャーベットトーン。逃げ切りで9馬身差の圧勝でした。このメンバーでは格が違った。
2着にはクーリンガー。このメンバー相手なら、もう少し差をつけての2着かと思ったが、1馬身とちょっとまで迫られるようなら、そろそろ引退か。
3着には、なぜか2番人気のエイシンロンバード。武豊人気かと思ったが、乗り替わりが決まっても2番人気だった。

58シャーベットトーン牡5吉田 豊562.04.0
711クーリンガー牡8和田 武士沢572.05.5
712エイシンロンバード牡5武 豊 内田 利562.05.7
3
3テンショウボ牡4小林 俊562.05.9
4
6ストロングブラッド牡8北村 宏59
2.06.0
57メイショウアズーロ牡6小牧 村松56
2.07.0
3
4エアウィード牡7菅原 勲56
2.07.3
814サイレントエクセル牝4板垣542.07.5
813ブラーボウッズ牡9村上 忍56
2.08.0
11ゲイリーエクシード牡10沢田56
2.08.6
4
5タイキサファリ牡9菊地 康56
2.08.6
22ナムラコロンブス牡7山田 崇56
2.08.7
6
9ウツミジョーダン牡7阿部 英56
2.09.0
6
10タイキデスティニー牡5高松56
2.13.1

結果:馬単440円的中 +40円
posted by ナイト at 16:47| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

アイビスSD結果

早いスピードを持つサンアディユ。初の芝で見事に勝利。
レースはかなりのハイペースだったか。テイエムチュラサンはスタートで先頭だったように見えたが、その後はやはりジョイフルハートが先頭を奪う。だが、この先行勢は崩れていった。
前が相当早かったのだろう。サンアディユもそれほど前にいけず、2着ナカヤマパラダイスも思いっきり前に行くわけでもなく、先頭を見ながらの競馬。そのあたりの位置につけたメンバーが上位入線。
ナカヤマパラダイスや、サチノスイーティーは重馬場が得意ですから、このあたりは少々ハイペースでも苦にしなかったでしょう。
早めにクーヴェルチュールが抜け出したが、最後は2頭に捕らえられた。この時期は、3歳牝馬51キロという斤量には助けられるのでしょうね。
それにしても、このレースは牝馬ばっかり勝ちますね。ジョイフルには何とかして勝ってもらいたいのですが、脚があまりよくない馬なので怪我はしないでほしいです。芝でも走れるのですが、脚への負担も大きいですから怖いです。今回の上がり34.4というバテた様子は、明らかに前半飛ばしすぎですね。テイエムチュラサンとかよりも遅い上がりなわけですから。ただ、トップスピードは間違いなくメンバー1ではないでしょうか。応援しているので、そういうコメントに偏ります。まあ、武豊は新潟1000mなんてめったに乗る機会がないでしょうから、慣れてないかもしれませんね。

713サンアディユ牝5村田54
0.55.1
816ナカヤマパラダイス牡4木幡560.55.2
2
3クーヴェルチュール牝3後藤51
0.55.2
818アイルラヴァゲイン牡5吉田 隼560.55.3
59サチノスイーティー牝4吉田 豊540.55.4
510スピニングノアール牡6福永56
0.55.4
11モルトグランデ牡3蛯名53
0.55.4
24シルヴァーゼット牡6津村56
0.55.4
4
7プレミアムボックス牡4石橋 脩560.55.6
4
8ゴールデンキャスト牡7小牧57
0.55.8
12テイエムチュラサン牝5田嶋540.55.8
817ショウナンパントル牝5田中 勝54
0.55.9
3
6ダイワメンフィス牡6北村 宏56
0.56.0
715ジョイフルハート牡6武 豊560.56.2
714モンローブロンド牝5川田54
0.56.2
6
12フサイチホクトセイ牡6柴田 善56
0.56.2
3
5ロイヤルキャンサー牡9江田 照 小野56
0.56.4
6
11ギャラントアロー牡7中舘57
0.56.6

結果:-500円


今週の結果

土曜新潟11R越後S
スリープレスナイトが3歳ながら、1600万を勝利。今後が楽しみだ。
日曜函館9RマリーンS
まずまずの強豪が揃ったなか勝ったのはフィールドルージュ。外からのまくりで勝利。2着には休み明けながら、タガノゲルニカが入った。
posted by ナイト at 16:13| Comment(3) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

アイビスSD予想

夏の名物新潟重賞。台風の影響で良馬場にならないだろう。
応援しているジョイフルハートがいる。ガーネットSは超ハイペース&59キロでつぶれたが、今度こそ。調子が完璧ではないようだが、それでも先週は坂路49秒台と、他馬にはマネできない芸当を楽にやってくれた。芝は昔に持ったままで楽勝しているし、1000mという距離は、栗東坂路調教レコードの保持馬なのだから、スピードで負けるわけはないだろう。とにかく重賞初制覇を。そしてジーワンを。鞍上武豊で万全を期してきた。小野厩舎&武豊のコンビはロングプライドで負けてしまった。その憂さ晴らしにここで圧勝を。
このレースを2年前勝っているテイエムチュラサンは前走のスタートダッシュが恐ろしく早かった。カーブのある福島1200mの1000mまでを54秒後半で走った。ギャラントアローのハナを奪ったのだから、相当早かった。得意の直線ならさらに進歩が望めるか。
クーヴェルチュール、シルヴァーゼット、ロイヤルキャンサー。これがバーデンバーデン1、2、3着馬。3頭が見事に並んで3番、4番、5番に入った。気味が悪い。
昨年の勝ち馬サチノスイーティーはもちろんこの距離もあうし、重馬場でもいけるだろう。2番手評価。
スピニングノアールは雨となるとしんどいだろう。
8枠のナカヤマパラダイスはCBC賞は重馬場で2着。2走前はこのコースで勝利。前走はうまく立ち回った感じだし、評価されすぎだが、捨てるまではいかない。
休み明けでも怖いのはアイルラヴァゲイン。重賞勝ち馬として、十分に狙えそうだが、1000mに対応できるのかどうか。
ここまで、前に行く馬ばかりに印をつけてきたが、新潟1000mで完璧な追い込みは決まりにくい。特に開幕週。さらに雨が降れば、やはり追い込みはしんどいだろう。
ということで、差し馬は1頭。穴馬として、プレミアムボックス。1200mで勝っているときの内容がいい。タイム、上がりはオーシャンSやバーデンバーデンCといい勝負をしている。

11モルトグランデ牡3蛯名53
12テイエムチュラサン牝5田嶋54
2
3クーヴェルチュール牝3後藤51
24シルヴァーゼット牡6津村56
3
5ロイヤルキャンサー牡9江田 照 小野56
3
6ダイワメンフィス牡6北村 宏56
4
7プレミアムボックス牡4石橋 脩56
4
8ゴールデンキャスト牡7小牧57
59サチノスイーティー牝4吉田 豊54
510スピニングノアール牡6福永56
6
11ギャラントアロー牡7中舘57
6
12フサイチホクトセイ牡6柴田 善56
713サンアディユ牝5村田54
714モンローブロンド牝5川田54
715ジョイフルハート牡6武 豊56
816ナカヤマパラダイス牡4木幡56
817ショウナンパントル牝5田中 勝54
818アイルラヴァゲイン牡5吉田 隼56

並み居る逃げ馬相手に、ジョイフルが圧倒的なスピードで押し切る。それが見たいのだが。自信度★★☆☆☆
馬連5点 9-15 2-9 7-9 9-18 9-16


日曜の注目馬

函館9RマリーンS
キクノアロー、サカラート、フィールドルージュ、タガノゲルニカ、トーセンブライト。ただのオープンだが、メンバーが揃った。これだけの強豪が揃って争うよりは、盛岡での重賞マーキュリーCに出ていれば、3着は固かっただろう。
posted by ナイト at 23:13| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

マーキュリーC予想

地方競馬の強豪といえば、南関東。しかし今回のマーキュリーCはJRA5頭、愛知2頭、高知1頭、残り岩手勢。そうなれば、JRAで決まるのか。
とはいっても、エイシンロンバードは条件から勝ち上がり。メイショウアズーロは1600万のはず。ストロングブラッドは七夕賞からの連闘でしんどそう。そうなれば、本命シャーベットトーン、対抗クーリンガーはゆるぎないだろうが、他の中央馬が頼りない。
岩手の馬は、G1で3着の経験があるサイレントエクセル。2連勝中のテンショウボスでいいだろう。
小倉競馬順延の影響で、騎手の変更が相次いでいます。

11ゲイリーエクシード牡10沢田56
22ナムラコロンブス牡7山田 崇56
3
3テンショウボス牡4小林 俊56
3
4エアウィード牡7菅原 勲56
4
5タイキサファリ牡9菊地 康56
4
6ストロングブラッド牡8北村 宏59
57メイショウアズーロ牡6小牧 村松56
58シャーベットトーン牡5吉田 豊56
6
9ウツミジョーダン牡7阿部 英56
6
10タイキデスティニー牡5高松56
711クーリンガー牡8和田 武士沢57
712エイシンロンバード牡5武 豊 内田 利56
813ブラーボウッズ牡9村上 忍56
814サイレントエクセル牝4板垣54

まあ、シャーベットトーン強いですから。自信度★★★☆☆
馬単4点 8-11 8-3 8-14 8-12
posted by ナイト at 23:18| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

ジャパンダートダービー結果

不良馬場の大井競馬場。こうなれば、追い込みは決まりにくかったか。有力どころの中で、一番後ろから進んだロングプライドは、切れ味を生かす競馬をできず、まくっていったが3着でとまって最後は前に迫ることができないかった。これは実力不足というより、コンディションが悪かったか。
そういうときに、しぶとく長い脚を使ったのがフリオーソ。先行して粘りました。なぜ内田博幸は乗らなかったのか。地方競馬の事情は分かりません。ちなみにこの大馬主ダーレージャパンが中央の認定を受けると言われています。ダーレーが中央参入となれば、このフリオーソなども中央移籍でしょうか?これで統一ジーワンは2勝目。
2着には、ロングプライドの前から進みましたが、地方独特の長くしぶとい脚を使ったアンパサンドでした。

714フリオーソ牡3今野562.02.9
510アンパサンド牡3戸崎562.03.3
11ロングプライド牡3武 豊562.04.1
59マイネルアワグラス牡3柴田 善56
2.04.6
6
12ディオスクロイ牡3後藤562.04.7
23キングスデライト牡3内田 博56
2.05.5
3
6ブルータブー牡3服部 茂56
2.05.8
6
11ジェイドロボス牡3山田 信56
2.05.8
4
7ワイティタッチ牡3尾崎56
2.06.0
3
5トップサバトン牡3石崎 駿562.06.1
816ユキノアラシ牡3田中 学56
2.07.4
12マルヨフェニックス牡3尾島56
2.08.0
713プラチナクラウン牡3吉田 稔56
2.08.6
4
8タイガンジョウジュ牡3山口 勲56
2.10.4
815エイシンイッキ牡3福永56
2.12.0
2
4ナリショーキング牡3鈴木 啓56
2.12.8

結果:三連複660円的中 +60円
posted by ナイト at 23:54| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ジャパンダートダービー予想

中央はロングプライドが強い。
他の中央馬、エイシンイッキはダート初挑戦だし、1200mを走っている馬が2000mでの活躍をするとは考えにくい。
ダートで500万を勝っているマイネルアワグラスだが、これも物足りない。前走の上がり36.6で怖いのだが、今回の地方馬のレベルを考えて捨てる。
ディオスクロイはダート3戦2勝。ユニコーンS7着で、まだまだ成長が考えれられる。ただ、距離の不安はある。中央の押さえはこの馬に。
キングスデライトはダート1回しか走っていないし、それが500万での8着ならいらない。さすがのウチパク騎乗でも、このレベルの中央の馬ではしんどい。
ただ、どうして全日本2歳優駿を制した、南関東3強の一角フリオーソにウチパクは乗らないのか。と考えれば、ちょっと評価を下げる。
残る南関東3強の2頭、アンパサンドは東京ダービーの覇者。その前走の羽田盃を勝ったのはトップサバトン。役者が揃ったといえるだろう。ただ、この馬達にいつもどおりの競馬をさせてもらえるかどうか。
残る地区からの馬は当てにならない。地元兵庫はいつも触れるのだが、ユキノアラシは兵庫CSで大敗しているからいらない。

11ロングプライド牡3武 豊56
12マルヨフェニックス牡3尾島56
23キングスデライト牡3内田 博56
2
4ナリショーキング牡3鈴木 啓56
3
5トップサバトン牡3石崎 駿56
3
6ブルータブー牡3服部 茂56
4
7ワイティタッチ牡3尾崎56
4
8タイガンジョウジュ牡3山口 勲56
59マイネルアワグラス牡3柴田 善56
510アンパサンド牡3戸崎56
6
11ジェイドロボス牡3山田 信56
6
12ディオスクロイ牡3後藤56
713プラチナクラウン牡3吉田 稔56
714フリオーソ牡3今野56
815エイシンイッキ牡3福永56
816ユキノアラシ牡3田中 学56

ユニコーンS勝利で、現時点で中央最強3歳馬。勝てると思うが。自信度★★☆☆☆
三連複6点 1-5-10 1-5-14 1-5-12 1-10-14 1-10-12 1-14-12
posted by ナイト at 15:08| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

プロキオンS&七夕賞結果

ワイルドワンダーは強かった。本格化で今後が楽しみ。
リミットレスビッドも、調子がどうとか58キロとか言われたが、このメンバーでは一枚上だったか。ドンクールもこんなところで大敗しなかった。
ということで、2006年セントウルS・ステイヤーズS・ラジオNIKKEI杯、2007年川崎記念に続いて5度目の◎○▲順番通りの決着。
ただドンクールの3着は危なかった。4コーナーでメイショウサライとワイルドワンダーがぶつかっていたので、あれがなかったらメイショウが交わしていたか。
気になるところでは、サンライズキングの6着。これは今年も小倉で狙いたい。
それにしても、ワイルドワンダーはよく伸びてきた。4コーナーでムチが入っていたので終わったと思ったが、そこからの上がり36秒3。タイムも良馬場なのに1分22秒7は上出来。

714ワイルドワンダー牡5蛯名571.22.7
815リミットレスビッド牡8武 豊581.22.9
11ドンクール牡5渡辺571.23.1
816メイショウサライ牡6佐藤 哲56
1.23.1
713ツムジカゼ牡7鮫島56
1.23.2
23サンライズキング牡8和田56
1.23.5
4
8キングスゾーン牡5吉田 稔56
1.23.6
12ワキノカイザー牡756
1.23.9
3
6オースミヘネシー牡5池添56
1.23.9
6
11ボードスウィーパー牡6太宰561.24.0
3
5オフィサー牡5川田561.24.2
59ブルーフランカー牡5川島56
1.24.4
510アンクルリーサム牡6熊沢561.24.5
4
7トシザヘネシー牡5小牧 角田56
1.25.0
2
4フーバーダム牡5戸崎56
1.25.6
6
12エイシンボーダン牡6石橋 守56
1.25.9

結果:ワイド1150円的中 +650円


結局1番人気はヴィータローザになってしまったわけでした。
雨が降れば怖いサンバレンティン。しかし、よく考えれば雨が降らなくても今の福島の馬場は荒れている。そして、荒れた馬場を嫌がって外に行く他馬より有利な内を走ってもこの馬は苦にしない。そのコース利が出たか。サンバレンティンが内から鋭く伸びて勝利。
あとはやはり中途半端に内や真ん中にいた馬はダメで、伸びてきたのは大外。
上位3頭が全て△での決着となった。

2
4サンバレンティン牡6後藤572.00.3
11アドマイヤモナーク牡6安藤 勝552.00.5
59ユメノシルシ牡5吉田 豊562.00.6
4
8ヴィータローザ牡7上村572.00.7
510ニホンピロキース牡6赤木542.00.7
12シアトルユー牡7大野52
2.00.8
714ストーミーカフェ牡5柴田 善55
2.00.8
3
5アップドラフト牡5吉田 隼54
2.00.9
6
12フォルテベリーニ牡5中舘542.00.9
713モリノミヤコ牡5嘉藤51
2.01.3
6
11ゴーウィズウインド牡8坂井 英52
2.01.5
815ロードフラッグセ10武士沢51
2.01.5
816アクレイム牡5石橋 脩54
2.02.1
3
6ストロングブラッド牡8北村 宏56
2.02.3
23ユキノサンロイヤル牡10小野52
2.02.4
4
7トリリオンカット牡7田中 勝56
2.02.8

結果:-600円


今週の結果

土曜阪神4R障害未勝利
G1馬ウインクリューガーが障害初出走初勝利。NHKマイルC以来4年ぶりの勝利を収めた。
土曜阪神11RストークS
ブルーメンブラットの回避で若干メンバーのレベルが落ちたかもしれないが、それでも十分すごいメンバーだった。勝ったのはアンブロワーズ。阪神JFでラインクラフトを倒した力が復活か。
日曜函館11R巴賞
長期休み明け組が多かったが、さすがにいきなり勝つことはできなかった。勝ったのはシルクネクサス。
posted by ナイト at 16:15| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

プロキオンS&七夕賞予想

別定の57キロで大差がないなら、ようやく本格化したワイルドワンダーでいいだろう。2走前に同じコースで楽勝していることだし、蛯名に乗り変わるのはどうかと思うが、関東の馬なんだから関東の騎手で。
58キロのリミットレスビッド。地方でよく走っているが、今年のガーネットSは59キロで来たように、中央で負担重量が重くても苦にしない。武豊騎乗でさらに怖い。
同じように地方で走っていてなかなかの活躍をしているのは地方のキングスゾーンだが、中央ではなかなか活躍できないのが地方馬。
休み明けで人気がないかもしれないが、ドンクールが怖い。実力は十分にある馬だ。1400mも勝ったことがあるし、そこまで心配する必要はない。
オフィサー、ボードスウィーパーはあと1歩で勝てそうなのに勝てない。それでもなかなかの安定感があるからこれも捨てにくい。同じようなツムジカゼは休み明けの分マイナス。
アンクルリーサムは1600万を圧勝。その後はダート、芝とオープンで走って大敗した。しかし力は秘めている馬だ。一発あってもいい。
ブルーフランカーは3走前、逃げて6着。今回は前残りがありえる顔ぶれで逃げれば怖いのだが、前走後方からの追い込みで1600万を勝利しているのなら、今回も追い込むか。なら捨てる。
逃げると言えばサンライズキングだろうが、さすがに8ヶ月の休み明けはしんどいか。

11ドンクール牡5渡辺57
12ワキノカイザー牡756
23サンライズキング牡8和田56
2
4フーバーダム牡5戸崎56
3
5オフィサー牡5川田56
3
6オースミヘネシー牡5池添56
4
7トシザヘネシー牡5小牧 角田56
4
8キングスゾーン牡5吉田 稔56
59ブルーフランカー牡5川島56
510アンクルリーサム牡6熊沢56
6
11ボードスウィーパー牡6太宰56
6
12エイシンボーダン牡6石橋 守56
713ツムジカゼ牡7鮫島56
714ワイルドワンダー牡5蛯名57
815リミットレスビッド牡8武 豊58
816メイショウサライ牡6佐藤 哲56

応援している馬だけに、本命をはずすわけにはいかない。自信度★★☆☆☆
ワイド5点 14-15 1-14 5-14 10-14 11-14


1番人気が勝てないことで有名な七夕賞。逆に考えれば、1番人気が分かれば、それを捨てればいいのか。
前売りではユメノシルシなどが人気。確かに前走福島で勝利しているが、重賞でハンデ56キロはしんどいのではないか。
同じように人気しているのはアドマイヤモナーク。安藤勝の22年ぶりの福島挑戦ということで話題になっているが、もうちょっと距離が長いほうがよさそうだ。ただ、55キロのハンデはおいしい。
福島で福島記念を勝って相性がよさそうなサンバレンティン。しかし57キロでは、雨の助けがほしい。
ハンデでいけば54キロのフォルテベリーニ。ただ、この馬は毎回この程度のハンデで勝ちきれないでいるのだから、信用しきれない。
ニホンピロキースは前走金鯱賞で逃げて5着に粘った。やっと本格化してきた印象。54キロなら怖いか。
ストロングブラッドは福島の芝はカブトヤマ記念1着、七夕賞2着とよく走る。しかしダートG1かしわ記念を勝利しているように本質はダート馬。最近はそのダートでさえ活躍できていないのだから芝ではさらにしんどいだろう。
ストーミーカフェは2歳のころの勢いを失っている。前走5着に来たが、重賞となるとそれ以上の前進を見込めない気がする。
となると、重賞3勝のヴィータローザだろう。ムラがあって信用しにくいのだが、実力はトップ。ハンデも57キロならなんとかなる。案外1番人気になりにくい馬なので、本命にしても大丈夫か。

11アドマイヤモナーク牡6安藤 勝55
12シアトルユー牡7大野52
23ユキノサンロイヤル牡10小野52
2
4サンバレンティン牡6後藤57
3
5アップドラフト牡5吉田 隼54
3
6ストロングブラッド牡8北村 宏56
4
7トリリオンカット牡7田中 勝56
4
8ヴィータローザ牡7上村57
59ユメノシルシ牡5吉田 豊56
510ニホンピロキース牡6赤木54
6
11ゴーウィズウインド牡8坂井 英52
6
12フォルテベリーニ牡5中舘54
713モリノミヤコ牡5嘉藤51
714ストーミーカフェ牡5柴田 善55
815ロードフラッグセ10武士沢51
816アクレイム牡5石橋 脩54

最終週の福島は外がよく来ているが、外を走れば次は外の馬場も荒れる。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 8-10 8-12 1-8 4-8 8-9 10-12


日曜の注目馬

函館11R巴賞
昨年の勝ち馬モノポール、昨年の函館記念勝利のエリモハリアー、昨年札幌記念3着のマチカネキララ。実績馬が揃ったが、これらの馬はすべて昨年の夏以来のレースとなった。なら他にシルクネクサスやメイショウオウテなどか。
posted by ナイト at 15:34| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

スパーキングレディーC結果

負けるはずがないだろうと書いたときに、よくやってしまうのが、相手がいないこと。
今回は大本命メイショウバトラーが勝ちました。プロキオンSに出ずにここで負けてたら情けないですからね。4コーナー先頭で押し切って6馬身差の強い競馬でした。
2着にはレイナワルツ。時々来る馬ですが、こんなときに来るとは。逃げ粘りでした。
中央は情けなく、バトラーの次は5.6.7着でした。

6
9メイショウバトラー牝7武 豊561.38.7
3
3レイナワルツ牝7宇都55
1.39.9
711クリムゾンルージュ牝4左海551.34.0
4
5ベルモントノーヴァ牝6石崎 駿551.40.1
57ライラプス牝5鮫島561.40.4
4
6アグネスカルミア牝3内田 博521.40.7
11ヤマトマリオン牝4571.40.9
6
10グリーンベイ牝4酒井 忍55
1.41.5
3
4テンセイフジ牝5張田56
1.41.6
58グリンセレブ牝6戸崎55
1.41.8
22チャームアスリープ牝4繁田57
1.41.9
814ピュアーフレーム牝3石崎 隆52
1.42.1
712クインオブクイン牝5濱口55
1.42.3
813マルカンジョオー牝6阿部 英55
1.43.1

結果:-500円
posted by ナイト at 20:49| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

スパーキングレディーC予想

プロキオンSを選ばずに、牝馬限定のこのレースに56キロで出てくるメイショウバトラー。負けたら恥ずかしいレベルの相手。
中央は、久々ダートのヤマトマリオンは57キロだし、ライラプス56キロ。3歳の52キロアグネスカルミアは内田博が乗るからといっても弱い。
あとは、地方馬なのだが、ウチパクが中央の馬に乗るということは、いい地方馬がいないということ。
マリーンCで中央馬を下して2着のクリムゾンルージュと、それをしらさぎ賞で下したベルモントノーヴァ。これくらいでいいだろう。
ただ、6枠のグリーンベイ、12番のクインオブクインは見事なサインで怖い。

11ヤマトマリオン牝457
22チャームアスリープ牝4繁田57
3
3レイナワルツ牝7宇都55
3
4テンセイフジ牝5張田56
4
5ベルモントノーヴァ牝6石崎 駿55
4
6アグネスカルミア牝3内田 博52
57ライラプス牝5鮫島56
58グリンセレブ牝6戸崎55
6
9メイショウバトラー牝7武 豊56
6
10グリーンベイ牝4酒井 忍55
711クリムゾンルージュ牝4左海55
712クインオブクイン牝5濱口55
813マルカンジョオー牝6阿部 英55
814ピュアーフレーム牝3石崎 隆52

ここで負けるような馬じゃないでしょう。自信度★★☆☆☆
馬単5点 9-7 9-1 9-5 9-6 9-11
posted by ナイト at 16:33| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

ラジオNIKKEI賞&函館スプリントS結果

南半球産のロックドゥカンブ。今後の期待も高まりそうですね。なかなかの強さでした。
大穴の本命バブルウイズアランは惜しかった。結構自信の本命だったのですが、イクスキューズとハナ差の4着。

713ロックドゥカンブ牡3柴山52
1.47.7
4
7スクリーンヒーロー牡3石橋 脩54
1.47.9
3
6イクスキューズ牝3北村 宏561.48.0
816バブルウイズアラン牡3松田521.48.0
12トーセンアーチャー牡3吉田 豊53
1.48.1
2
4クランエンブレム牡3吉田 隼561.48.2
23ハイソサエティー牡3蛯名561.48.2
815エーシンダードマン牡3柴田 善53
1.48.2
3
5エミーズスマイル牝3内田 博54
1.48.3
6
11ムラマサノヨートー牡3小林 淳54
1.48.3
714ショウワモダン牡3大野54
1.48.3
59ガルヴァニック牡3中舘531.48.4
4
8マイネルランページ牡3武士沢56
1.48.5
510ゴールドアグリ牡3勝浦57
1.48.5
6
12フェザーケープ牡3田中 勝54
1.48.6
11レットイットライド牡3村田53
1.48.8

結果:-700円


今年は内で終わりました。外から伸びてくる馬はいませんでした。ビーナスラインは最後方からまったく伸びず。
勝ったのはアグネスラズベリ。ようやく重賞勝利。力はある馬ですから、いつ勝ってもよかったような馬で、ようやく勝利。
2着には逃げて粘ったサープラスシンガー。アドマイヤではなく、こちらの3歳馬でした。どうも全体的に前残りだった感じもします。
このレース、本当に牝馬がよく勝っています。

12アグネスラズベリ牝6角田541.08.9
2
4サープラスシンガー牡3木幡52
1.08.9
816ブラックバースピン牡4四位561.08.9
4
8ワイルドシャウト牡6岩田561.09.1
11タマモホットプレイ牡6渡辺57
1.09.2
4
7リキアイタイカン牡9池添56
1.09.3
714ツルガオカハヤテセ7五十嵐 冬56
1.09.3
510エイシンツルギザン牡7長谷川56
1.09.3
713コスモシンドラー牡5安藤 勝56
1.09.4
815タニノマティーニ牡7須貝56
1.09.5
3
6ブルーショットガン牡8武 幸56
1.09.5
6
11アドマイヤホクト牡3横山 典521.09.5
6
12アズマサンダース牝6藤岡 佑54
1.09.5
59ビーナスライン牝6秋山541.09.7
3
5ハリーズコメット牡6津村56
1.09.7
23アンバージャック牡4藤田561.09.9

結果:-600円
posted by ナイト at 15:57| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする