2007年11月07日

エリザベス女王杯予想1

ベッラレイア、レインダンスの回避で分かりやすくなったのか、より難しくなったのか。どちらも本命にしてもいいくらいの力を持っていると思っていたため、これで迷いなく本命は決まったという状況だ。
人気するのはダイワスカーレットか。しかしこの秋すでに3戦目。調子はピークとはいえないかもしれない。そして、心配なのは距離だけでなく、相手。古馬一流の逃げ馬、アサヒライジングが相手ならいつものように道中はスローで流して、最後の上がり勝負に持ち込むという得意の展開にできるのかどうか。そう簡単にはいかないだろう。
かといって、古馬アサヒライジングには全幅の信頼は置けないし、府中牝馬Sの覇者デアリングハートもこの距離はしんどい。アドマイヤキッスや武豊のディアデラノビアも最近はアサヒライジングに劣っている。
なら、残る気になる古馬は2頭。まずは昨年の覇者フサイチパンドラ。札幌記念の覇者というのは、その年の秋に活躍する傾向がある。天皇賞秋2着馬アグネスアークを破っていることも評価できる。ただ、騎手が変わりすぎだ。今回はルメール。それと、エルムSからここへというローテーションも嫌なところだ。
もう1頭の注目古馬はスイープトウショウ。昨年の2着馬。スワンSからのローテーションが気になるが、まだ今年も末脚は健在。はまれば一気に差し切れる。しかし今年は1600m以下のレースしか走っていない。いきなりの2200mのレースというのが気になる。
ということで、残った有力馬は、ウオッカ。これが本命。普段からあまり本命にしたがらなかった馬だが、ここで崩れるわけにはいかないだろう。なんといってもダービー馬なのだから。2200m外回りならダイワスカーレットを逆転する可能性はより大きく、さらに叩き2走目と考えると、万全の状態で出走してくるのではないだろうか。

◎ウオッカ
posted by ナイト at 17:21| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

アルゼンチン共和国杯&ファンタジーS結果

カゼノコウテイがまさかの大逃げに出るものの、3コーナーで捕まり、直線入り口で大混戦に。
抜け出したのは、サインどおりアドマイヤジュピタ。そして内からはトウカイトリックが迫る。
外からはトウショウナイトなどは伸びずに、大外からヤマニンアラバスタ。真ん中からリキアイサイレンス。
しかし、どの馬も逃げ馬が飛ばしていたせいか、飛びぬけて切れる脚を使うこともなく、前で粘ったアドマイヤジュピタ。
トウカイトリックは不調といわれ、人気をかなり落としていたがここで来るようならステイヤーズSはかなりの人気が出るだろう。
しかし、人気どころはいったいどうしてしまったのか。ネヴァブションは天皇賞春のレース中の骨折、そして骨折明けの前走は言い訳がつくとして、ここの敗戦は考えられない。そしてトウショウナイトもこの秋2戦とも大敗している。

59アドマイヤジュピタ牡4村田542.30.9
2
4トウカイトリック牡5柴田 善57.5
2.31.0
11リキアイサイレンス牡6後藤52
2.31.1
4
7ダンスアジョイ牡6角田542.31.1
3
5ヤマニンアラバスタ牝6江田 照 小野54
2.31.1
3
6ハイアーゲーム牡6藤田562.31.4
817ショートローブス牡7勝浦52
2.31.5
23ネヴァブション牡4北村 宏57.52.31.5
4
8マキハタサイボーグセ5吉田 豊53
2.31.8
818カゼノコウテイ牡4田中 勝52
2.31.9
612ゴーウィズウィンド牡8横山 典52
2.31.9
713ダークメッセージ牡4佐藤 哲55
2.32.0
715トレオウオブキング牡6小林 淳51
2.32.1
816トウショウナイト牡6武士沢582.32.1
6
11チェストウイング牡6吉田 隼542.32.2
714テンジンムサシ牡6石神52
2.32.5
510コスモプロデュース牡5蛯名53
2.32.8
12ブリットレーン牡8田面木50
2.33.2

結果:-600円


スタートしてからは、オディールなどが先行していたが、3コーナーあたりからエイムアットビップが一気に差をつけて逃げる展開に。直線に向いたときは、アドマイヤジャパンの菊花賞のような差を、1400mレースなのにつけていた。
しかし、最後の最後にオディールが突っ込んできてぎりぎり交わした。これが前走の内回りと、今回の外回りの差が出たところか。
オディールと同じ上がりタイムで3着にエイシンパンサー。4着ビーチアイドルはプラス20キロの馬体重でここまで来るなら、今後が楽しみか。
エイムアットビップは阪神JFではどうか。スピードはトップクラス。問題は折り合いか。

3
3オディール牝2安藤 勝541.21.1
814エイムアットビップ牝2福永541.21.3
58エイシンパンサー牝2秋山541.21.4
3
4ビーチアイドル牝2四位54
1.21.6
57チェレブリタ牝2小牧54
1.21.9
712デューン牝2岩田54
1.22.0
4
5サマーファインデイ牝2武 幸54
1.22.0
711マイネレーツェル牝2川田541.22.0
610ベストオブミー牝2藤岡 佑54
1.22.1
6
9リマレックス牝2浜中54
1.22.1
11ドリームバローズ牝2武 豊541.22.2
813フラミニアンウェイ牝2鮫島54
1.22.3
4
6ギンザフローラル牝2渡辺54
1.22.6
2
2ルルパンブルー牝2池添54
1.22.7

結果:ワイド710円的中 +210円


今週の結果

土曜東京8R秋陽JS
前走は2.5秒差、今回は0.9秒差でまたも圧勝のエイシンペキン。障害の成長株。
土曜京都11RカシオペアS
サクラメガワンダーが楽勝。ここでは負けるわけにはいかなかった。
posted by ナイト at 19:44| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

アルゼンチン共和国杯&ファンタジーS予想

トップハンデは58キロのトウショウナイト。それでも叩き2走目でチャンスはかなりあって連覇を狙える存在だろう。
続いての57.5キロ勢では、ネヴァブション。日経賞で同じ距離を勝っているのと、前走オールカマーは骨折明けで6着とは十分走ったと見る。逆にトウカイトリックでは最近では3000m以上の距離でないと好成績がない。それに調子もいまひとつということで、ここはステイヤーズSの叩き台。
ハンデ戦だけあって、荒れる可能性も十分にあるか。
軽ハンデ馬はリキアイサイレンスは得意のコースのようだが、52キロでも重賞では差し届かないだろう。みなみ北海道Sの6着があったが、その程度で精一杯か。その前走1600万でリキアイサイレンスの3着に敗れたカゼノコウテイも距離延長がそこまで好材料になるとは思えない。前走の2400mでもそう思うのに、今度は2500mならなおさらだ。
京都大賞典4着のダンスアジョイは54キロなら面白い。逆にダークメッセージは前走の1600万でそのダンスアジョイなどに敗れて5着なのに55キロなのが気に食わない。
ヤマニンアラバスタは2500mの距離が気になるし、新潟記念3着は衰えを感じずにはいられない。
昨年このレース4着のチェストウイング。前走のオールカマー4着で、一時の不振から抜け出したと見る。昨年同様の54キロなら十分狙える。
1000万を0.8秒差で勝利したアドマイヤジュピタ。ジュピターは木星。木曜日は週の5番目の曜日。5枠に入ったここは狙い目。54キロなら面白い。
そして最後に56キロながらハイアーゲーム。東京は得意で、叩き2走目のここは勝負をかけてきたか。約1年半の休養でどれだけ変わってしまったかは分からないが、休養前のメトロポリタンSでの圧勝劇を考えると、ここにいるメンバー相手に十分戦える。あのころの調子を取り戻せるなら、間違いなく本命なのだが。

11リキアイサイレンス牡6後藤52
12ブリットレーン牡8田面木50
23ネヴァブション牡4北村 宏57.5
2
4トウカイトリック牡5柴田 善57.5
3
5ヤマニンアラバスタ牝6江田 照 小野54
3
6ハイアーゲーム牡6藤田56
4
7ダンスアジョイ牡6角田54
4
8マキハタサイボーグセ5吉田 豊53
59アドマイヤジュピタ牡4村田54
510コスモプロデュース牡5蛯名53
6
11チェストウイング牡6吉田 隼54
612ゴーウィズウィンド牡8横山 典52
713ダークメッセージ牡4佐藤 哲55
714テンジンムサシ牡6石神52
715トレオウオブキング牡6小林 淳51
816トウショウナイト牡6武士沢58
817ショートローブス牡7勝浦52
818カゼノコウテイ牡4田中 勝52

58キロの日経賞2着なら安定してここも走れるはず。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 3-16 11-16 6-16 7-16 9-16 3-11


G1馬を数多く輩出しているこのレース。
まずはオープンのカンナS勝ち馬ルルパンブルー。しかし6頭立てのレースで、相手もそこまで強くなかった。今回は福永にも捨てられた。
同じくオープンのフェニックス賞勝ちはビーチアイドルだが、1400m、休み明けを考慮すれば、フェニックス賞接戦の2着で小倉2歳S3着のマイネレーツェルのほうが上手か。それにこのビーチアイドルも福永に捨てられた。
ではその福永が乗るエイムアットビップはどうなのか。前走は500万のりんどう賞を逃げ切り勝ち。しかし同じ1400mでも今回は外回り。そうなれば、2着のオディールにも出番はある。
ほかには、新馬戦で最後方から差し切ったドリームローズ。武豊騎乗で怖い。
さらに、こちらも福永に捨てられたが、実力上位で新馬戦ではオディールにも勝利したエイシンパンサー。新潟2歳Sは調整が狂い、折り合いも全然つかなかったにもかかわらず4着で力のあるところを示した。福永が乗り替わりだが、牝馬の名手秋山なら問題ない。それに平田厩舎&秋山騎手といえばあのベッラレイアの強烈な差し切り勝ちを思い出す。

11ドリームバローズ牝2武 豊54
2
2ルルパンブルー牝2池添54
3
3オディール牝2安藤 勝54
3
4ビーチアイドル牝2四位54
4
5サマーファインデイ牝2武 幸54
4
6ギンザフローラル牝2渡辺54
57チェレブリタ牝2小牧54
58エイシンパンサー牝2秋山54
6
9リマレックス牝2浜中54
610ベストオブミー牝2藤岡 佑54
711マイネレーツェル牝2川田54
712デューン牝2岩田54
813フラミニアンウェイ牝2鮫島54
814エイムアットビップ牝2福永54

馬の力は上位のはず。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 8-11 3-8 1-8 8-14 3-11
posted by ナイト at 20:50| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする