2008年01月30日

川崎記念結果

逃げたフリオーソの後ろにアンパサンドがいて、その後ろにフィールドルージュやシャドウゲイト。意外なのはシャドウゲイトが逃げなかったこと。
3コーナーあたりから、アンパサンドが仕掛けてフリオーソに並んでいき、さらにフィールドルージュなども仕掛ける。
直線に向くとフィールドルージュが差を広げ、久々の横山典弘のジーワン勝利となった。
そして2着にフリオーソ。3着には後ろから来て、バテたアンパサンドを交わしてシャドウゲイトが入った。
これだけ出走頭数が減ったおかげもあって、2006年セントウルS・ステイヤーズS・ラジオNIKKEI杯、2007年川崎記念・プロキオンSに続いて6度目の上位3頭、印の順番通りの決着。それに今回は4着まで順番通りというおまけ付き。さらに川崎記念は2年連続で達成。

11フィールドルージュ牡6横山 典572.13.1
2
2フリオーソ牡4今野562.13.6
79シャドウゲイト牡6ルメール572.14.5
4
4アンパサンド牡4戸崎562.15.5
55マルカカイゼル牡9金子 正57
2.17.0
6
7ケイエスゴーウェイ牡5赤岡57
2.17.0
3
3ゲットゥザサミットセ7繁田57
2.19.2
710サンエムウルフ牡8西川 敏57
2.19.3
68ケイアイダンシング牡6大畑57
2.19.9
812オグリホット牡5筒井57
2.20.5
56サンライズバッカス牡6安藤 勝57
取消
811ヴァーミリアン牡6武 豊57
取消

結果:三連複280円的中 -120円
posted by ナイト at 16:49| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

川崎記念予想2

今年からは地方競馬予想もJpn1なら2回くらいやってやろうと思って臨んだ今年初のJpn1。しかしもはやJpn1ではない。中央の精鋭が2頭も取り消すことになった。昨日のヴァーミリアンに続いて今日はサンライズバッカスが取消。
これで出走馬10頭。出走させなかったことを後悔している地方競馬関係者は多いだろう。
中央馬は2頭。これで地方馬に全部持っていかれたら中央の面目がなくなる。やっぱり中央馬は馬券に絡んでくるだろう。
馬券だが、三連複なら安すぎるが、三連単なら点数が増えすぎる。
軸が定まらない。フィールドルージュは第2のシーキングザダイヤになるのではないかと思ったり、フリオーソも川崎競馬場で勝てるのか。逆に一枚落ちるように思われるアンパサンドは地元川崎で一発あるか。そしてシャドウゲイトの激走は?
一応印はきちんとつけたがBOX買いにしておく。

11フィールドルージュ牡6横山 典57
2
2フリオーソ牡4今野56
3
3ゲットゥザサミットセ7繁田57
4
4アンパサンド牡4戸崎56
55マルカカイゼル牡9金子 正57
56サンライズバッカス牡6安藤 勝57
6
7ケイエスゴーウェイ牡5赤岡57
68ケイアイダンシング牡6大畑57
79シャドウゲイト牡6ルメール57
710サンエムウルフ牡8西川 敏57
811ヴァーミリアン牡6武 豊57
812オグリホット牡5筒井57

地力ならフィールドルージュだろう。自信度★★★☆☆
三連複4点 1-2-9 1-2-4 1-4-9 2-4-9
posted by ナイト at 15:25| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

川崎記念予想1

ダートの鬼、ヴァーミリアンの川崎記念連覇、そして日本ジーワン競走5連勝という偉業達成は確実と見られていた今回の川崎記念。そのためか、地方馬の出走も異常に少なく、予想は簡単にヴァーミリアン軸で済むと思っていた。
しかし、ヴァーミリアンの出走取消。これで軸が絞りにくくなった。
まず、中央のシャドウゲイト、地方のアンパサンドはダート未知数なのと、少しレベルが落ちるのとで外れる。よって軸候補は3頭。サンライズバッカス、フィールドルージュ、フリオーソ。
サンライズバッカスは砂が合わないのか、地方競馬の成績がそこまで良くない。最後まで突き抜けるような脚が見られない。中央向きだと考えると、ここは連覇を狙うフェブラリーSの叩き台と考えられる。
フィールドルージュかフリオーソか。
どちらとも、騎手で評価すると買いにくい。フィールドルージュは2着が多い横山典弘。フリオーソはここでも内田博幸ではなく今野。
それならば、直接対決で評価するべきか。しかし地方競馬での直接対決がなく、JCダートの結果をそのまま信頼していいのか分からない。
ただ、ヴァーミリアンがいなくなっても中央の維持の見せ所。フィールドルージュを本命にする。
ただ、やはり中央でどうしても引っかかるのはシャドウゲイト。初ダートでいきなりがあるかもしれないという不安と期待がある。

11フィールドルージュ牡6横山 典57
2
2フリオーソ牡4今野56
3
3ゲットゥザサミットセ7繁田57
4
4アンパサンド牡4戸崎56
55マルカカイゼル牡9金子 正57
56サンライズバッカス牡6安藤 勝57
6
7ケイエスゴーウェイ牡5赤岡57
68ケイアイダンシング牡6大畑57
79シャドウゲイト牡6ルメール57
710サンエムウルフ牡8西川 敏57
811ヴァーミリアン牡6武 豊57
812オグリホット牡5筒井57
posted by ナイト at 19:26| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

AJCC&平安S結果

スタートでは押したものの、その後は楽に逃げていたアドマイヤメイン。しかし全く粘れず、4コーナーでシルクネクサスやドリームパスポートなどの集団が早めに先頭に立つ。すると、早めに先頭に立ったのが痛手だったのか、直線では後方から伸びてきたエアシェイディが抜け出し、初の重賞勝利を飾った。
そして、ようやく復活したのがトウショウナイト。2着に入った。
3着にブラックアルタイルが。今後期待できそうか。

3
5エアシェイディ牡7後藤572.13.6
6
11トウショウナイト牡7武士沢572.13.8
816ブラックアルタイルセ6吉田 隼57
2.13.8
23メテオバースト牡7横山 典57
2.13.8
510ドリームパスポート牡5松岡572.13.9
713サンバレンティン牡7石橋 脩57
2.14.2
11トウカイトリック牡6蛯名572.14.4
59シルクネクサス牡6ペリエ572.14.4
815チェストウイング牡7田中 博57
2.14.8
4
8シルクフェイマス牡9四位57
2.14.9
612ブリットレーン牡9横山 義57
2.15.1
4
7アドマイヤメイン牡5田中 勝572.15.1
714ダブルティンパニー牡6吉田 豊57
2.15.1
2
4ドリーミーオペラ牡6勝浦57
2.15.3
3
6メイショウレガーロ牡4柴山56
2.15.6
12ゴーウィズウィンド牡9今野57
2.15.6

結果:-600円


トウカイトリックに注目が集まっていた松元省一調教師。今年2月で引退なのだが、まさかのクワイエットデイが勝利。ゲート内で一度騎手が下馬してトラブルを起こしておいて、最後は自分で勝利を持っていった。
そして、追い比べではやはり脚が違ったのはメイショウトウコン。ロングプライドは少し出遅れもあったが届かず。ドラゴンファイヤーも伸び切れなかった。
稍重の馬場で、前が有利だったこともあってか、3着にはマコトスパルビエロが粘った。そういう意味では、この馬場で唯一後方から飛んできたメイショウトウコン、そして出遅れながら4着に入ったロングプライドは強かったか。それにしても、ドラゴンファイヤーの大敗は少し気がかり。

2
4クワイエットデイ牡8角田57
1.51.0
59メイショウトウコン牡6武 幸581.51.0
3
6マコトスパルビエロ牡4安藤 勝551.51.0
713ロングプライド牡4河北561.51.1
6
11マイネルアワグラス牡4柴田 善55
1.51.2
4
8ボンネビルレコード牡6藤田59
1.51.3
714フェラーリピサ牡4岩田571.51.4
816ドンクール牡6藤岡 佑57
1.51.4
23ドラゴンファイヤー牡4福永561.51.5
3
5サトノスローン牡5ルメール56
1.51.7
510アドマイヤミリオン牡4川田55
1.51.8
4
7ウインカーディナル牡6川原56
1.51.8
11メイショウシャフト牡5石橋 守56
1.52.0
612ハスフェル牡6渡辺56
1.52.6
815サンライズレクサス牡5武 豊561.52.9
12トーホウレーサー牡457
1.54.7

結果:ワイド840円的中 +240円
posted by ナイト at 16:17| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

AJCC&平安S予想

難しいレースだ。
トウカイトリックは距離が短いのだが、実力上位で捨てきれないし、幸を変えてまでわざわざ中山得意の蛯名を乗せるあたりも怖い。
エアシェイディは距離が長くはないのだが、勝ちきるかどうかは微妙なところ。
メイショウレガーロは前走展開に恵まれた感じ。ヒラボクロイヤルなどの4歳馬が古馬相手に全く通用していないのなら、この馬では少し力不足か。
前走復活気配のアドマイヤメイン。アドマイヤオーラ、アドマイヤフジと復活したが、アドマイヤムーンが引退してアドマイヤの筆頭を担うべき馬はダービー2着馬のこの馬のはず。そろそろ復活してもいいころ。しかし川田が平安Sのアドマイヤミリオンに乗るのが嫌なところ。
シルクフェイマスとシルクネクサスが並んで入ったが、オールカマー2着のシルクネクサスのほうを上位に見るべきだろう。中山の鬼マツリダゴッホに半馬身差まで迫ったオールカマーの内容を素直に評価する。ペリエも怖い。シルクフェイマスは休みが長すぎた。
ドリームパスポートは転厩初戦で勝てるほど甘くないような気もするし、松岡もそんなに簡単に勝てるとは思えない。この馬はやはり高田に乗り続けてほしかった。
トウショウナイトは最近最悪だが、馬体重が絞れているなら気になる。前走も着順は悪いが、着差はそれほどなかった。
あとはムラがあるチェストウイングなのだが、騎手が田中博康ということで、とうとう見捨てられたか。

11トウカイトリック牡6蛯名57
12ゴーウィズウィンド牡9今野57
23メテオバースト牡7横山 典57
2
4ドリーミーオペラ牡6勝浦57
3
5エアシェイディ牡7後藤57
3
6メイショウレガーロ牡4柴山56
4
7アドマイヤメイン牡5田中 勝57
4
8シルクフェイマス牡9四位57
59シルクネクサス牡6ペリエ57
510ドリームパスポート牡5松岡57
6
11トウショウナイト牡7武士沢57
612ブリットレーン牡9横山 義57
713サンバレンティン牡7石橋 脩57
714ダブルティンパニー牡6吉田 豊57
815チェストウイング牡7田中 博57
816ブラックアルタイルセ6吉田 隼57

ペリエに期待する。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 1-9 9-10 1-9 5-9 9-11 1-10


フェブラリーSに向けて大事な一戦。
上位馬をあげていきたいが、ほとんど4歳馬。やはり今年の中心はこの馬達か。
しかし、本命としてあげたいのはメイショウトウコン。4歳馬は年が明けて、全馬斤量がプラスされる。つまり、58キロのトウコンと56キロのドラゴンファイヤーを比べてみても、2キロ差というのはJCダートとまったく変わりない。それなら、純粋にJCダートで着順が上だったトウコンを評価する。ただ、ドラゴンファイヤーはJCダートはスタートが悪く、その分の巻き返しが可能ならば、十分にトウコンを破る可能性を秘めている。ロングプライドやマコトスパルビエロは、エルムSでトウコンが58キロ、2頭は54キロや53キロだったにもかかわらず相手にされなかった。今回は55キロや56キロなら、結局トウコンの58キロは何の問題もない。
以上をもって、本命はメイショウトウコン。トーホウレーサー、マコトスパルビレオなどペースメーカーも揃った。
以下、4歳馬が続く。
4歳馬は因縁の対決。ユニコーンSで勝ったのはロングプライド。それより1キロ重い斤量で2着フェラーリピサと4着トーホウレーサー。そしてレース直前の除外で出走できなかったドラゴンファイヤー。さらには夏に力をつけたマコトスパルビエロも上位を狙う。
この中から捨てるならトーホウレーサーか。休み明けだし、そうでなくても少し力不足。
マコトスパルビエロは休み明けで評価は下げる。さらに、フェラーリピサも少し不安が残る。距離は伸びてプラスだし、前走は不利を受けて度外視の一戦だが、ここでもロングプライドやドラゴンファイヤーとは1キロの斤量差があり、少ししんどい。
残るは、ロングプライドかドラゴンファイヤーなのだが、ロングプライドの河北騎手への乗り替わりというのが気に入らない。ならばトウコンの対抗はドラゴンファイヤーか。
最後に古馬。難しいのはドンクール。実力馬と当たっても大敗しないが、さすがにメンバーが揃ったし、大外枠ならここは、捨てるべきか。
昇級組で上昇気流に乗るのはサンライズレクサスか。1600万で0.6秒差の勝利を挙げたのなら、ここでも少し気になる。武豊の騎乗も気になり、押さえる。

11メイショウシャフト牡5石橋 守56
12トーホウレーサー牡457
23ドラゴンファイヤー牡4福永56
2
4クワイエットデイ牡8角田57
3
5サトノスローン牡5ルメール56
3
6マコトスパルビエロ牡4安藤 勝55
4
7ウインカーディナル牡6川原56
4
8ボンネビルレコード牡6藤田59
59メイショウトウコン牡6武 幸58
510アドマイヤミリオン牡4川田55
6
11マイネルアワグラス牡4柴田 善55
612ハスフェル牡6渡辺56
713ロングプライド牡4河北56
714フェラーリピサ牡4岩田57
815サンライズレクサス牡5武 豊56
816ドンクール牡6藤岡 佑57

トウコンの末脚を信頼。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 3-9 9-13 6-9 9-14 9-15 3-13
posted by ナイト at 17:22| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

今週の結果

土曜京都8R牛若丸JS
コウエイトライとマルカラスカルの一騎打ちで迎えた最後の障害、コウエイトライが落馬。そのままマルカラスカルが勝利した。
土曜中山9R黒竹賞
新馬戦圧勝のサクセスブロッケンが連勝。今後もダートでの活躍が期待できそうか。
土曜中山11RニューイヤーS
マルカシェンクが復帰戦いきなり勝ちをあげた。2歳時の強さを取り戻せるか。
土曜京都11R淀短距離S
NHKマイルC2着馬ファイングレインが1200mの舞台で復活。久々の勝利をあげた。
日曜中山11R京成杯
マイネルチャールズが勝利したが、2着に東スポ杯6着などのベンチャーナイン程度の馬が入るようなら、未だに3歳馬の軸は見つからない。
日曜京都11R日経新春杯
万葉S組が独占。2、3着馬が2、1着に入った。勝ったのはアドマイヤモナーク。それだけでなく、万葉S8着から、ここで3着に大復活のテイエムプリキュア。G1馬の力が戻ってきたか。あとは弥生賞アドマイヤムーンの2着馬グロリアスウィークが5着に。こちらも復活気配。ただ、万葉S上位組が独占したことからも、やはり長距離のエースはトウカイトリックなのだろうか。
posted by ナイト at 20:11| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

今週の注目馬

土曜京都8R牛若丸JS
コウエイトライ、マルカラスカルの2頭が本当に出走してきた。重賞級のメンバーが揃った。
土曜中山9R黒竹賞
新馬戦、3.1秒差の恐ろしい勝ち方をしたサクセスブロッケンの2戦目。ここで真価が問われる。
土曜中山11RニューイヤーS
実力馬マルカシェンクの復帰戦だが、いきなりの好走はできるのか疑問。ほかには安定感のあるマヤノライジン。しかし、マイネルが2騎揃った8枠が気になる。特に、前走に続く8枠のマイネルフォーグ。あとは中山逃げのニシノデュー。さらにまだ新年の気分を引きずるニューイヤーSなのだから、中山金杯に続いて縁起物、東京新聞杯勝ち馬「フジ」サイレンスなんてのも気にはなる。
日曜中山11R京成杯
2戦2勝の アイティトップやリトルアマポーラ、さらにホープフルSを勝ったマイネルチャールズがいるが、レース内容が圧巻の新馬1戦1勝ステルスソニックあたりが注目どころか。ほかに強い馬がいるかもしれないが、負けが多いので今後のクラシック路線での活躍が期待しにくい。
◎ステルスソニック
日曜京都11R日経新春杯
前走重賞勝ちのアドマイヤジュピタにマキハタサイボーグが注目されるが、アドマイヤモナークやダークメッセージにも大差はない。そんな中、期待したいのは前走の恐ろしい末脚で、完全復活を予感させたオースミグラスワン。あとは ヒラボクロイヤルなのだが、武幸四郎が京成杯に騎乗するというのが嫌なところ。
◎オースミグラスワン
posted by ナイト at 14:04| Comment(3) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

シンザン記念&ガーネットS結果

8枠2頭が先行し、その後ろにいたマヤノベンケイが直線で抜け出したのだが、後方にいた人気馬が一気に襲ってくる。その中で抜け出したのは、切れ味勝負得意のタケミカヅチでもなく、武豊が選んだミッキーチアフルでもなく、安藤勝己のドリームガードナーでもなく、それらの馬より後方にいたドリームシグナルだった。大外ぶん回しとなったが、地方出身の豪腕うなって差しきった。

3
5ドリームシグナル牡3岩田561.35.4
2
4ドリームガードナー牡3安藤 勝561.35.8
59マヤノベンケイ牡3福永561.35.8
612タケミカヅチ牡3木幡561.35.8
11ミッキーチアフル牡3武 豊561.35.9
510シゲルハスラット牡3池添56
1.36.0
4
8オースミマーシャル牡3藤岡 佑56
1.36.5
4
7チョウサンデイ牡3太宰56
1.36.5
713ヤマカツオーキッド牝3長谷川54
1.36.6
3
6ラインプレアー牡356
1.36.7
815ダイワマックワン牡3武士沢56
1.36.8
816ミリオンウェーブ牡3北村 友56
1.36.9
714ウイントリガー牡3藤田561.37.0
12メジロガストン牡3芹沢56
1.37.2
23ジェイラッカー牡3安藤 光56
1.37.2
6
11ディアヤマト牡3柴山57
1.37.6

結果:ワイド930円的中 +330円


スタートから先手を取って逃げたのはタイセイアトム。徐々に後続に差をつけ、直線に向いてからもスピードが落ちず、良馬場ながら1分10秒台のすばらしいタイムで逃げ切った。軽ハンデが生きたか、それとも本格化か。
2着には後ろからスリーアベニューが飛んできた。その後ろには、軽ハンデのシアトルバローズや、初のダート挑戦となったマイネルアルビオンなどが来ていた。

816タイセイアトム牡5吉田 豊541.10.4
4
7スリーアベニュー牡6武 幸561.10.7
612シアトルバローズ牡5後藤54
1.10.8
714マイネルアルビオン牡6蛯名54
1.11.0
4
8トーセンザオー牡8柴田 善551.11.0
2
4ベルモントサンダー牡7石崎 駿55
1.11.0
510ワキノカイザー牡8吉田 隼55
1.11.1
11プリサイスマシーン牡9横山 典591.11.2
713ニシノコンサフォス牡8和田571.11.4
12メイショウシャフト牡5勝浦55
1.11.4
6
11コパノフウジン牡6北村 宏55
1.11.5
59フリートアピール牡6内田 博51
1.11.7
23ノボトゥルー牡12村上 忍56
1.11.7
3
6ヤマノルドルフ牡7松岡55
1.12.0
3
5アンバージャック牡5江田 照56
1.12.1
815トウショウギア牡8田中 勝58.51.12.6

結果:-600円
posted by ナイト at 16:04| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

シンザン記念&ガーネットS予想

朝日杯4着のドリームシグナルが軸でいいだろうか。実績からすればこの馬しかいないし、ほかに特に強そうなのも見当たらない。
それから、同じ舞台のデイリー杯の2、3着馬、タケミカヅチにウイントリガーもここでなら通用していい。
ドリームガードナーは朝日杯でこそ大敗したが、その前2走の連勝が気になるので押さえる。安藤勝己がプリサイスマシーンに乗らずこっちに乗るのも怪しい。
オースミマーシャルはキャプテントゥーレを倒してのレコード勝ちが過去にあるが、それ以外にあまり活躍しておらず、ここは捨てる。
ミッキーチアフルは、武豊がドリームシグナルの騎乗依頼を受けたが、先客ミッキーチアフルからの依頼があるということで断ったらしい。そのときミッキーチアフルはまだ抽選対象だったにもかかわらずこちらを選んだ。武豊に自信があるのか。
あとは、芝2戦目のマヤノベンケイ。雨で渋ることも考えると、逃げてしぶとく粘るかもしれない。
同じ逃げ馬でも、ダイワマックワンは1200mの馬か。

11ミッキーチアフル牡3武 豊56
12メジロガストン牡3芹沢56
23ジェイラッカー牡3安藤 光56
2
4ドリームガードナー牡3安藤 勝56
3
5ドリームシグナル牡3岩田56
3
6ラインプレアー牡356
4
7チョウサンデイ牡3太宰56
4
8オースミマーシャル牡3藤岡 佑56
59マヤノベンケイ牡3福永56
510シゲルハスラット牡3池添56
6
11ディアヤマト牡3柴山57
612タケミカヅチ牡3木幡56
713ヤマカツオーキッド牝3長谷川54
714ウイントリガー牡3藤田56
815ダイワマックワン牡3武士沢56
816ミリオンウェーブ牡3北村 友56

今年の3歳馬は軸馬不在。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 5-12 5-14 4-5 1-5 5-9 12-14


中山の重賞はシニアの部。CLUB KEIBA?老人クラブのことだろうか。
12歳ノボトゥルーを筆頭に、多くの高齢馬が出走。
9歳馬プリサイスマシーンは短距離ダートの猛者が集う地方競馬で活躍していることからも、中央では当然勝負にはなるだろう。ただ、ハンデが59キロだし、最近使いすぎで不安な点も多い。
8歳馬トウショウギアは58.5キロのハンデだし、右回りは本来は得意でないから捨てたいのだが、昨年このコースで勝利しているから捨てにくい。
8歳馬トーセンザオーは最近急に調子を上げてきた。芝、ダートともに好調で、8歳で全盛期を迎えているのだろうか。
8歳馬ニシノコンサフォスは1200mなら中央では実力上位。ただ、そろそろ衰えてきたのではないかと、少し心配。
8歳馬ワキノカイザーは連闘での勝負。55キロのハンデは楽だし、昨年の夏には1200mでトロピカルライトなどを下している。ただ、そのときは3歳馬のトロピカルライトと同じハンデということで、恵まれていたか。それにメンバーが弱かった。重賞ではワンパンチ足りない気もする。
7歳馬ベルモントサンダーは地方移籍後好成績を残して、久々の中央だが、中央では荷が重いはず。
6歳馬スリーアベニューは昨年の覇者。しかし昨年はジョイフルハートとサンアディユが暴走して追い込み有利な展開を作ったことと、スリーの3番枠に入っていたことも原因。本来の力が試される。ハンデも昨年よりは2キロ重い。
あとは、ハンデの楽なところを見ると、55キロのメイショウシャフトは1200mが若干短い。なら54キロのタイセイアトムか。2連勝で勢いに乗っている。

11プリサイスマシーン牡9横山 典59
12メイショウシャフト牡5勝浦55
23ノボトゥルー牡12村上 忍56
2
4ベルモントサンダー牡7石崎 駿55
3
5アンバージャック牡5江田 照56
3
6ヤマノルドルフ牡7松岡55
4
7スリーアベニュー牡6武 幸56
4
8トーセンザオー牡8柴田 善55
59フリートアピール牡6内田 博51
510ワキノカイザー牡8吉田 隼55
6
11コパノフウジン牡6北村 宏55
612シアトルバローズ牡5後藤54
713ニシノコンサフォス牡8和田57
714マイネルアルビオン牡6蛯名54
815トウショウギア牡8田中 勝58.5
816タイセイアトム牡5吉田 豊54

難解なレースが続く。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 8-13 13-16 1-13 7-13 13-15 8-16
posted by ナイト at 18:08| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

今週の結果

土曜京都10R万葉S
トウカイトリックが58キロの斤量でも勝利。2、3着には接戦で実力馬ダークメッセージ、アドマイヤモナークが入った。
日曜京都11R門松S
トーセンブライトが早めに抜け出すところに、外からスリープレスナイト、内からフェラーリピサが伸びてくるが、さらに後方にいたトラストジュゲムが一気に差しきった。
posted by ナイト at 15:56| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

日曜の注目馬

京都11R門松S
前走の2着で1400mにもめどが立ったかスリープレスナイト。坂のない京都ならさらに前進も見込めるか。
実力馬トーセンブライトは58キロの斤量、武蔵野Sを勝ったエイシンロンバードも57キロ。フェラーリピサは初の距離がどうなのか。ドンクールはいつも勝ちきれないし、メイショウシャフトはワンパンチ足りない気もする。と上位は少し不安を感じるメンバー。
ただ、いい加減に復活しないのかと期待しているのはマンオブパーサー。そろそろG1馬の意地を見せ付けられるか。
◎スリープレスナイト
☆マンオブパーサー
posted by ナイト at 16:22| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

京都金杯&中山金杯結果

オースミダイドウが逃げ、その後ろにエイシンデピュティが。ペースは若干スローで、キンシャサノキセキが4コーナーで先頭に並びかける。しかしこれは引っかかっていたのか、直線に向くとなかなか伸びず、外からアドマイヤオーラが突っ込んでくる。しかし、内からしぶとく差し返したのはキンシャサではなく、エイシンデピュティだった。
最後はクビ差でエイシンデピュティが勝利し、重賞2勝目。そして3着にはカネトシツヨシオーが飛んできた。

59エイシンデピュティ牡6岩田571.33.6
816アドマイヤオーラ牡4安藤 勝571.33.6
510カネトシツヨシオー牡555
1.33.7
612サクラメガワンダー牡5福永57.51.34.0
6
11フィールドベアー牡5秋山55
1.34.2
12ナスノストローク牡7赤木54
1.34.2
3
6エイシンドーバー牡6藤岡 佑581.34.2
4
7タマモホットプレイ牡7渡辺56
1.34.3
713アルビレオ牡8長谷川54
1.34.3
4
8キンシャサノキセキ牡5藤田571.34.3
3
5サイレントディール牡8池添55
1.34.4
815リキッドノーツ牡7上村55
1.34.6
2
4ディアデラノビア牝6武 豊56.51.34.6
11オースミダイドウ牡4和田55
1.35.1
23クランエンブレム牡4四位53
1.35.7
714セフティーエンペラセ9河北53
1.36.7

結果:ワイド400円的中 -200円


スローペースで流れた今年初の中央競馬の重賞。
前でしぶとく粘るメイショウレガーロを、先行していたアドマイヤフジが早めに交わし、先頭に。前残りの展開の中、最後はエアシェイディが差してくるものの、届かない。アドマイヤフジが久々の重賞制覇。やはり縁起物は狙うべきだった。
穴狙いの本命アサカディフィートは、伸びてきたが届かず。ただ、未だ末脚は健在。上がりタイムはメンバー1だった。
アドマイヤフジが1番人気だと思っていたが、まさか3番人気とは。これならおとなしく本命にしておくべきだった。

713アドマイヤフジ牡6川田57.52.00.7
815エアシェイディ牡7後藤572.01.0
23メイショウレガーロ牡4田中 勝54
2.01.0
12シルクネクサス牡6松岡562.01.0
714グラスボンバー牡8勝浦57
2.01.1
3
6サイレントプライド牡5横山 典572.01.2
4
8アサカディフィートセ10小牧57.52.01.2
59ヒラボクロイヤル牡4武 幸54
2.01.3
612センカク牡6江田 照53
2.01.3
4
7ブラックタイド牡7蛯名56
2.01.4
2
4トウショウナイト牡7武士沢58
2.01.4
510ヤマニンアラバスタ牝7柴田 善54
2.01.5
816トウショウヴォイス牡6小林 淳53
2.01.5
6
11カオリノーブル牡2左海52
2.01.6
11フサイチホウオー牡4鮫島562.01.6
3
5タイキヴァンベール牡8吉田 隼54
2.01.8

結果:-600円
posted by ナイト at 16:21| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

京都金杯&中山金杯予想

年初めの金杯。まずは京都。
明け4歳馬が怖い。特に注目はアドマイヤオーラ。叩き2走目でどれだけ走れるか。シンザン記念を勝ったこのコースなら前走以上の結果も見込める。鳴尾記念に続く8枠はサインか。
復帰戦となるオースミダイドウは、この世代では実力はあるほうだが、ちょっと休養が長かった。
では、そのほかの世代。
ディアデラノビアは牝馬で56.5キロの厳しいハンデ。武豊騎乗でも押さえまで。
エイシンドーバーの58キロやサクラメガワンダーの57.5キロもなかなか厳しい。
前走は展開に恵まれたエイシンデピュティだが、今回も思い切り逃げる馬が見当たらないなら、もう1度押さえる。
本命はキンシャサノキセキ。57キロのハンデはこの馬にとっては恵まれた。明け4歳のアドマイヤオーラと、古馬との斤量が同じと考えれば有利だろう。前走はエアシェイディを封じ込めての勝利。エアシェイディはこれにおびえて中山金杯に逃げた、と勝手な判断をさせてもらう。南半球産で明け5歳。本格化したであろうこの馬で勝負。

11オースミダイドウ牡4和田55
12ナスノストローク牡7赤木54
23クランエンブレム牡4四位53
2
4ディアデラノビア牝6武 豊56.5
3
5サイレントディール牡8池添55
3
6エイシンドーバー牡6藤岡 佑58
4
7タマモホットプレイ牡7渡辺56
4
8キンシャサノキセキ牡5藤田57
59エイシンデピュティ牡6岩田57
510カネトシツヨシオー牡555
6
11フィールドベアー牡5秋山55
612サクラメガワンダー牡5福永57.5
713アルビレオ牡8長谷川54
714セフティーエンペラセ9河北53
815リキッドノーツ牡7上村55
816アドマイヤオーラ牡4安藤 勝57

折り合いつけば強いキンシャサ。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 8-16 8-9 8-12 6-8 4-8 9-16


続いて中山。こちらも明け4歳馬から。
フサイチホウオーがいつになったら復活するのか、それとも復活しないまま終わるのか。今回のメンバーなら押さえ程度に入れておく。皐月賞3着と同じ舞台で同じ1枠1番。復活のサインか。
残る同じ世代は、骨折明けのメイショウレガーロや、JCで大敗のヒラボクロイヤル。これは捨てる。
10歳馬アサカディフィート。昨年の2着に続いて怪しすぎる4枠8番。ハンデ57.5キロは厳しいが、まだまだ実力は衰えていないことは前走の勝利で証明できた。ここは狙い目。
ヤマニンアラバスタは全盛期の力はなく、また牝馬で54キロのハンデは、牡馬56キロのシルクネクサスと同条件なら、シルクネクサスが怖い。
トウショウナイトは58キロの厳しいハンデ。いいところ無しの最近の成績を考えると、捨ててもいいか。それに2000mは若干短い。
前走ディセンバーS楽勝のサイレントプライドはここでも狙い目。しかしまだ本調子ではないらしく、また新潟大賞典2着があったが、2000mが少し長いのではないかと思っている。ここで上位に来れば本物か。
グラスボンバーは前走のディセンバーSでの敗戦が気になる。福島記念の4着はアルコセニョーラが勝つ程度のレベルの低いものだったとすれば、明け8歳で衰えが来ていると見てもいいかもしれない。57キロのハンデで最近の調子を考えると買いにくい。
エアシェイディはAJCCで2着、さらにバランスオブゲーム、コスモバルクなどとほぼ互角に渡り合ったオールカマーの5着など、中山2200mでいい結果を残しているなら2000mもこなせそう。ただ、明け7歳馬でそろそろ衰えが来るかもしれない。それに、乗り替わりが連発するというのは嫌なところ。
では57.5キロのアドマイヤフジだが、どうも勝ちに恵まれない。ワンパンチ足りない印象がある。しかし、1フジ、2タカ、3ナスビ。正月は縁起物。今年もモチに執着していてはいけないか。鳴尾記念で同着だったアドマイヤフジとアドマイヤオーラが今回は中山と京都に分かれて、前走と同じ7枠、8枠に入った。これも怖い。
ただ、3ナスビだからといって、京都金杯の「ナス」ノストロークはあまり買う気がしない。

11フサイチホウオー牡4鮫島56
12シルクネクサス牡6松岡56
23メイショウレガーロ牡4田中 勝54
2
4トウショウナイト牡7武士沢58
3
5タイキヴァンベール牡8吉田 隼54
3
6サイレントプライド牡5横山 典57
4
7ブラックタイド牡7蛯名56
4
8アサカディフィートセ10小牧57.5
59ヒラボクロイヤル牡4武 幸54
510ヤマニンアラバスタ牝7柴田 善54
6
11カオリノーブル牡2左海52
612センカク牡6江田 照53
713アドマイヤフジ牡6川田57.5
714グラスボンバー牡8勝浦57
815エアシェイディ牡7後藤57
816トウショウヴォイス牡6小林 淳53

初夢は穴馬アサカディフィートで。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 8-13 2-8 6-8 8-15 1-8 2-13


土曜の注目馬

京都10R万葉S
58キロのハンデでもトウカイトリックがここに出走。敵はダークメッセージや、アドマイヤモナークといったところに注目が集まるかもしれないが、まさかの3000mに出走してきた縁起のいいモチがどれだけ粘れるのか。
posted by ナイト at 15:18| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

2008年最初の日

あけましておめでとうございます



今年は受験の年ということで、今後、このブログの更新がどういうふうにやっていけるか、わかりません。ひょっとしたら閉鎖してしまうかもしれないし、更新し続けるかもしれないですし、休養を挟むかもしれないですし。

ただ、何の前触れもなしに更新がストップして姿を消すということだけは避けたいと思っています。


今年の競馬予想ですが、週3回ジーワン予想の第1回予想ですが、今までの水曜日予想から変更して、月、火、水のどれかの曜日にすることにします。

地方競馬が水曜日にレースをするので、交流重賞とG1が重なるときは、水曜日にレース結果をアップするので、そのため予想が月か火曜日に移動すると思います。


今年もよろしくお願いします。
posted by ナイト at 14:08| Comment(0) | 挨拶 | 更新情報をチェックする