2008年04月30日

天皇賞春予想1

順番に前哨戦から。
阪神大賞典のアドマイヤジュピタ。前走は3000mで完勝だったが、フレンチデピュティ産駒が3200mのG1レースを勝てるのだろうか。疑問が残る。
かといって、2、3着馬は8、7歳馬アイポッパー、ポップロック。初G1制覇には、ちょっと年をとりすぎている気がする。そういう意味では、3200mとさらに距離が延びて4着トウカイトリックは怖いか。
日経賞組では1着マツリダゴッホが香港で敗戦、2着トウショウナイトが骨折で安楽死。では3着馬アドマイヤモナークだが、万葉Sでハンデ差がありながらトウカイトリックに敗れたのが嫌なところ。
では大阪杯組だが、休み明けで59キロを背負ったアサクサキングスに負けたドリームパスポートは気に入らない。そしてメイショウサムソンだが、前走は負けすぎ。何があったかわからないが、こうも負けが続くと買いにくい。それに春→秋→春の天皇賞3連覇も考えにくいか。ただ、同じオペラハウス産駒のテイエムオペラオーも2回目の天皇賞春を勝つ前は大阪杯で4着とあっさり負けてしまった。そのあたりが似ているのが逆に怖い。だが、やはり今の勢いでは買いにくい。
となると本命はアサクサかトウカイで迷うところ。しかし、アサクサキングスも菊花賞から天皇賞春を連勝するほど王道の強さを持った馬なのだろうか。そこまで信用できない部分が大きい。よって本命はトウカイトリック。

◎トウカイトリック
posted by ナイト at 19:55| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

フローラS&アンタレスS結果

カレイジャスミンが逃げて粘るなか、フラワーCに続いていい脚で差してきたのはレッドバトラー。きっちり抜け出して勝利。
そして2着にカレイジャスミンが粘ったのだが注目は4着。レッドバトラーや、後方から追い込んできた5着シングライクバードよりも圧倒的に早い上がり、33.8秒で飛んできたのはメイショウベルーガ。展開さえ向けば一発あるというような脚だった。

4
8レッドアゲート牝3内田542.00.5
2
4カレイジャスミン牝3北村 宏54
2.00.7
714キュートエンブレム牝3松岡54
2.00.8
510メイショウベルーガ牝3小野54
2.00.8
817シングライクバード牝3川田542.00.8
816カイゼリン牝3鮫島542.01.1
713ユキチャン牝3吉田 隼542.01.1
11アグネスミエット牝3四位542.01.2
715マイネウインク牝3田中 博54
2.01.3
3
5サワヤカラスカル牝3浜中54
2.01.4
3
6テイクバイストーム牝3勝浦54
2.01.4
59フィックルベリー牝3大庭54
2.01.7
6
11ギュイエンヌ牝3後藤54
2.01.7
818グラーフ牝3戸崎54
2.01.8
4
7スペシャルディナー牝3田中 勝54
2.02.2
612ポコアポコフォルテ牝3江田 照54
2.02.4
12アポロクイック牝3柴田 善54
2.03.8
2
3ガーデンスタイル牝3武士沢54
2.03.4

結果:-500円


だいたいは前残りだったが、フィフティーワナーは全盛期の力を失ったか、4着。先行していたワンダースピードが抜け出して勝利。
2着には復調をうかがわせるドラゴンファイヤー。さらに3着には不調といわれながらもサンライズバッカスがよく差してきた。
人気のロングプライドやメイショウトウコンは全く伸びてこず、特にトウコンは14着と何があったのか。

815ワンダースピード牡6小牧56
1.50.5
6
11ドラゴンファイヤー牡4福永571.50.7
713サンライズバッカス牡6安藤 勝581.50.8
3
5フィフティーワナーセ6岩田561.50.9
612チャンストウライ牡5下原571.51.0
59マルブツリード牡556
1.51.0
2
3ロングプライド牡4武 豊571.51.2
4
7アドマイヤミリオン牡4村田56
1.51.3
816ゲイルバニヤン牡5藤岡 佑56
1.51.4
2
4ハスフェル牡6渡辺56
1.51.7
3
6ブラックランナー牡5佐藤 哲56
1.51.8
11ナナヨーヒマワリ牡7小原57
1.51.9
510エスケーカントリー牡4川原56
1.52.3
12メイショウトウコン牡6武 幸581.52.5
714キクノアロー牡5長谷川57
1.53.0
4
8ピットファイター牡9藤田56
1.53.3

結果:-600円
posted by ナイト at 20:04| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

フローラS&アンタレスS予想

全くわからないが、スローペースのフラワーCを最後方からよく伸びてきて3着のシングライクバードが本命。まさか同じ位置から今回もレースはしないだろう。2着のレッドアゲートも怖い。最後の脚はよかった。他のフラワーC組はまとめて消去。
あとは全く知らない。
アグネスミヌエットは毎回よく最後に伸びてくる。東京コースで怖い。
サワヤカラスカルは連勝中だが一気の距離延長を嫌う。
フィックルベリーの新馬戦での勝利はスローペースの逃げ切り。しかもタイム最悪。よって捨てる。
カイゼリンが気になる。2000mを2分0秒1はいいタイム。
あとはユキチャン。金子HDなら、話題性の白毛ということだけで馬は買わないだろう。話題性プラスそこそこ通用しそうな馬だからこそ買ったとみる。

11アグネスミエット牝3四位54
12アポロクイック牝3柴田 善54
2
3ガーデンスタイル牝3武士沢54
2
4カレイジャスミン牝3北村 宏54
3
5サワヤカラスカル牝3浜中54
3
6テイクバイストーム牝3勝浦54
4
7スペシャルディナー牝3田中 勝54
4
8レッドアゲート牝3内田54
59フィックルベリー牝3大庭54
510メイショウベルーガ牝3小野54
6
11ギュイエンヌ牝3後藤54
612ポコアポコフォルテ牝3江田 照54
713ユキチャン牝3吉田 隼54
714キュートエンブレム牝3松岡54
715マイネウインク牝3田中 博54
816カイゼリン牝3鮫島54
817シングライクバード牝3川田54
818グラーフ牝3戸崎54

川田が2週続けてはなさそうだが。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 8-17 1-17 16-17 13-17 1-8


実力馬勢揃いのアンタレスS。
京都1800mならメイショウトウコンか。ロングプライドは平安Sで負けているし、サンライズバッカスは強いのだが、故障明けで調子がイマイチか。ナナヨーヒマワリはハンデ戦のマーチSは勝ったが別定戦のここは不安。フィフティーワナーも前走の敗戦で不安が残る。ドラゴンファイヤーも最近不調。となるとやはりトウコン。得意のこのコースではサンライズ、ロング、ドラゴンなどを倒した経験があり、大崩れはしないだろう。
対抗はフィフティーワナー。前走はハンデが厳しかったが、今回の別定戦で56キロで好勝負できそう。やはり忘れられない2年前のこのレース。楽に逃げてそのまま後続を寄せ付けない逃げ切りで楽勝。タイムは良馬場ダートで1分49秒0とあまりにも早いタイム。あの時の力をもう1度取り戻してほしい。それを願うばかりだ。
あとはやはりロングプライド、サンライズバッカス、ドラゴンファイヤー。
そして地方チャンストウライ。地方交流重賞では今回のメンバーに引けをとらないレースをしている。そして妙に気になるのは、このレースで同じ兵庫の川原騎手が中央馬に騎乗していること。ちょっとしたアシストがあるか。
ワンダースピードだが、休み明けならこのメンバー相手に通用するか疑問。そして勢いに乗るゲイルバニヤンだが、前走はうまく3コーナーからのまくりが決まった気はするし、大外枠を嫌う。

11ナナヨーヒマワリ牡7小原57
12メイショウトウコン牡6武 幸58
2
3ロングプライド牡4武 豊57
2
4ハスフェル牡6渡辺56
3
5フィフティーワナーセ6岩田56
3
6ブラックランナー牡5佐藤 哲56
4
7アドマイヤミリオン牡4村田56
4
8ピットファイター牡9藤田56
59マルブツリード牡556
510エスケーカントリー牡4川原56
6
11ドラゴンファイヤー牡4福永57
612チャンストウライ牡5下原57
713サンライズバッカス牡6安藤 勝58
714キクノアロー牡5長谷川57
815ワンダースピード牡6小牧56
816ゲイルバニヤン牡5藤岡 佑56

アンタレス、かしわ記念とダートの強豪が始動する時期。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 2-5 2-3 2-11 2-12 2ー13 3-5
posted by ナイト at 15:51| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

福島牝馬S結果

内を回ってヤマニンメルベイユ、ザレマ、そしてマイネカンナが粘り、マイネカンナが抜け出すところ、外から飛んできたのはハロースピード。しかしわずかに届かず、勝ったのはマイネカンナ。
そして3着には接戦でザレマ。後ろからはタイキマドレーヌもきていたが届かず。

12マイネカンナ牝4吉田 隼54
1.47.1
6
11ハロースピード牝4松岡541.47.1
59ザレマ牝4柴田 善541.47.2
4
7ヤマニンメルベイユ牝6柴山561.47.2
2
3タイキマドレーヌ牝5北村 友541.47.3
713トウカイオスカー牝4後藤55
1.47.5
815アイスドール牝5安藤 光55
1.47.7
816ユキノマーメイド牝5熊沢54
1.47.7
3
5テンイムホウ牝6柄崎54
1.47.7
4
8ダンスオールナイト牝5三浦54
1.47.9
714ヴィクトリアアイ牝4赤木54
1.47.9
612ニシノナースコール牝6田中 博55
1.48.0
3
6アルコセニョーラ牝4中館56
1.48.0
2
4フミノサチヒメ牝5石橋 脩54
1.48.1
11ピースオブラヴ牝6村田541.48.1
510ショウナンタレント牝4木幡55
1.49.2

結果:ワイド700円的中 +200円
posted by ナイト at 15:51| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

福島牝馬S予想

中山牝馬Sとの違いは別定であるということ。ここは前走ハンデに恵まれた馬は一気に捨てる。
勝ったヤマニンメルベイユは53→56。3キロ増は厳しい。ただ、力はあるし福島も好走しているので押さえる。
2着マイネカンナは51→54でこれは厳しい。
7着ダンスオールナイトは52→54。11着アルコセニョーラは54→56。これも2キロ増で厳しい。
それに引き替え5着ハロースピードは53→54。これが狙い。福島が不安だが、力は上位。安定した差し脚を持っている。
そして8着タイキマドレーヌ。これも53→54。最近は負けすぎだが、そんなに弱い馬ではない。昨年秋の連勝は倒した相手がなかなか強く、調子が取り戻せられればおもしろい。
他の路線を検討。
ショウナンタレント、トウカイオスカー、ザレマといった4歳馬だが、京都牝馬S2着でもまだ54キロで走れるザレマが怖い。他の2頭は55キロで捨てる。
アイスドールはダート変更が成功したのか、ダートに変更した時に調子を取り戻したのか、そのあたりはわからないが、55キロなので捨ててみる。
ニシノナースコールは福島、田中博が好条件とはいえないか。
穴はピースオブラヴ。前走愛知杯は52キロで4着。上に書いたマイネカンナは50キロで5着なのだから中山牝馬Sに出ていればなかなかの結果を残せていた気がする。それに愛知杯はディアデラノビア、ニシノマナムスメ、アドマイヤキッスといった強豪だけに敗れた4着で評価できる。

11ピースオブラヴ牝6村田54
12マイネカンナ牝4吉田 隼54
2
3タイキマドレーヌ牝5北村 友54
2
4フミノサチヒメ牝5石橋 脩54
3
5テンイムホウ牝6柄崎54
3
6アルコセニョーラ牝4中館56
4
7ヤマニンメルベイユ牝6柴山56
4
8ダンスオールナイト牝5三浦54
59ザレマ牝4柴田 善54
510ショウナンタレント牝4木幡55
6
11ハロースピード牝4松岡54
612ニシノナースコール牝6田中 博55
713トウカイオスカー牝4後藤55
714ヴィクトリアアイ牝4赤木54
815アイスドール牝5安藤 光55
816ユキノマーメイド牝5熊沢54

日曜のフローラSとともに、難しい。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 3-11 9-11 7-11 1-11 3-9


土曜の注目馬

東京11RメトロポリタンS
アルナスラインとココナッツパンチの2頭に注目。ここは勝たなければいけない場面だし、勝って古馬の重賞戦線で活躍してほしいところ。勝ち馬にしか本賞金が加算されないので、とにかく勝つことが大事な場面。
京都11RオーストラリアT
サクラメガワンダーが力は上位だろうが、ダイワスカーレットがいない今、秋華賞2着馬レインダンスが活躍してくれないと牝馬戦線がおもしろくない。わざわざ牝馬限定戦の福島でなく、牡馬と対決に来たあたりが怪しい。
posted by ナイト at 20:49| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

皐月賞結果

逃げ馬不在が予想される中、キャプテントゥーレが押して押して逃げる。その後ろにスマイルジャックなどがつけ、中団にタケミカヅチ、マイネルチャールズ、ブラックシェル、レインボーペガサスなど。ブラックシェルは1コーナーで前に馬が入ってきたときに、首をあげて少し下がってしまい、それで位置取りが悪くなってしまった。
結局、川田騎手の好判断でキャプテントゥーレが見事に逃げ切り勝ち。ただ、やはり展開有利での勝利で、どこまで強いのかという判断はしにくい。今後はNHKマイルCなら狙いたいがダービーなら距離が不安。
中団のタケミカヅチ、マイネルチャールズ、レインボーペガサス、ブラックシェルなどは最後は差してくるが、この馬場、そして展開では先頭までは届かなかった。こちらはダービーで狙いたい馬か。マイネルチャールズは前で競馬をしてこその馬だろう。切れ味はタケミカヅチやブラックシェルに劣る。ただ、それ以上に最後にいい脚できていたのはレインボーペガサス。
ほかに前で粘った馬ではレッツゴーキリシマの5着だが、こちらもNHKマイルCでの狙いか。あとは、今回は大敗したがスズジュピターやドリームシグナル、ショウナンアルバもNHKマイルCなら逆転が怖い。

3
6キャプテントゥーレ牡3川田57
2.01.7
11タケミカヅチ牡3柴田 善572.02.1
59マイネルチャールズ牡3松岡572.02.1
3
5レインボーペガサス牡3安藤 勝57
2.02.1
816レッツゴーキリシマ牡357
2.02.2
510ブラックシェル牡3武 豊572.02.2
714ノットアローン牡3藤岡 佑57
2.02.5
2
3フサイチアソート牡3横山 典57×2.02.6
12スマイルジャック牡3小牧57×2.02.6
715サブジェクト牡3岩田57
2.02.7
817フローテーション牡3内田57
2.02.9
4
8ダンツウィニング牡3池添57
2.02.9
612ベンチャーナイン牡3武士沢57
2.02.9
818ショウナンアルバ牡3蛯名57
2.03.1
713ドリームシグナル牡3吉田 隼57
2.03.2
4
7オリエンタルロック牡3武 幸57
2.03.2
2
4スズジュピター牡3後藤57×2.03.3
6
11スマートファルコン牡3福永572.04.1

結果:-600円


今週の結果

日曜中山10R京葉S
ハンデ53キロとなめられたスリープレスナイトが勝利。オープンに入って1200m戦に出走するのはこれが初めて。得意のこの距離なら勝って当然。タイムは稍重ながら日本レコードタイ記録。そして2着ニシノコンサフォスもなかなか衰えず、このコースは強い。
posted by ナイト at 16:20| Comment(4) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

皐月賞予想3

今日の終わりが重馬場で、明日は晴れる予報。良馬場まで回復するか。とはいっても、結構力のいる馬場にはなるだろう。
穴馬を。スマートファルコン。福永→横山典弘で今日はカンパニーが来た。なら横山典弘→福永でスマートファルコン。前走は横山典弘ではないが、それまでは横山典弘。もともとダートでの活躍もあり、雨が降っても勝負になるか。共同通信杯、アーリントンCは後ろから行き過ぎて失敗した。しかしジュニアCは展開が向いたこともあるが、1頭だけ抜けた上がりの34.4で差しきった。はまれば一発あるか。
フサイチアソートは今日2枠で横山典弘が勝ったので評価を下げる。それでもやはり東スポ杯の勝ち方を考えると捨てきれない。後ろからになりすぎて展開不利もあって届かなかったが、上がりタイムはいいので、もう少し前からレースをすれば面白いか。

11タケミカヅチ牡3柴田 善57
12スマイルジャック牡3小牧57×
2
3フサイチアソート牡3横山 典57×
2
4スズジュピター牡3後藤57×
3
5レインボーペガサス牡3安藤 勝57
3
6キャプテントゥーレ牡3川田57
4
7オリエンタルロック牡3武 幸57
4
8ダンツウィニング牡3池添57
59マイネルチャールズ牡3松岡57
510ブラックシェル牡3武 豊57
6
11スマートファルコン牡3福永57
612ベンチャーナイン牡3武士沢57
713ドリームシグナル牡3吉田 隼57
714ノットアローン牡3藤岡 佑57
715サブジェクト牡3岩田57
816レッツゴーキリシマ牡357
817フローテーション牡3内田57
818ショウナンアルバ牡3蛯名57

またも▲なし。全体的に区別がつけられない。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 9-10 1-10 10-11 2-10 3-10 4-10
posted by ナイト at 21:38| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

中山GJ&マイラーズC結果

マルカラスカルが-22キロの馬体重にもかかわらず、ぶっちぎりの圧勝で中山大障害と中山GJの両方を制した。途中で先頭に立つと、後続を寄せ付けることもない完勝だった。
早めにマルカラスカルを捕らえようと進んできたメルシーエイタイムでさえ、全く追いつかず2着。最後はメルシーエイタイムに迫る脚でテイエムエースが3着に来た。
エイシンニーザンは、最後にはよく伸びていたが、道中の位置取りも悪く、結果は5着だった。

4
4マルカラスカル牡6西谷63.54.57.7
66メルシーエイタイム牡6横山 義63.5
4.59.9
11テイエムエース牡5菊地63.5×5.00.0
55マイネルオーパー牡9宗像63.5×5.03.0
77エイシンニーザン牡6白浜63.55.03.2
89アラームコールセ8ピユー63.55.04.7
2
2バローネフォンテン牡8柴田 未63.5
5.05.7
3
3フォレストダンス牡6大庭63.5
5.10.8
810グライディングセ8ヤング63.5
5.26.4
78オートゼウス牡9山本63.5
中止

結果:ワイド1240円的中 +640円


いろいろ雨のことも考えたが、結局は良馬場でのレースだった。
トランプ馬券はエースの1番、障害のテイエムエースだった。こちらの13番の「キング」ストレイルは最後に差され、5着だった。
コンゴウリキシオーが逃げはしたが、意外とスローペースになり、再び先行策を演じたカンパニーが勝利。横山典弘が止まらない。しかも3戦ともマイル戦。
ニシノマナムスメが2着。武豊が捨てたのに、あっさり2着に。4歳馬でまだまだ成長が伺えるのか。この前が休み明けでの敗戦とすれば、本当にここで2着に来る実力も秘めていたのかもしれない。ヴィクトリアマイルに向けて視界良好か。ドリームジャーニーは、スタートで出遅れてそのままだった。この展開ならさすがにしょうがないか。
3着にはエイシンドーバー。こちらは意外と中団あたりからのレースだったが、最後はよく伸びてきた。このメンバーならやはり力は上位か。
あとは、ハイアーゲームだが、右回りより左回り、特に東京が得意のこの馬にとって、マイルでのめどが立ってきた今なら安田記念でおもしろいかもしれない。

2
3カンパニー牡7横山 典581.33.6
611ニシノマナムスメ牝4吉田 隼55
1.33.6
4
6エイシンドーバー牡6福永581.33.7
3
5ハイアーゲーム牡7藤岡 佑571.33.9
713キングストレイル牡6安藤 勝571.33.9
11マイネルポライト牡5池添57
1.33.9
814コンゴウリキシオー牡6藤田581.34.0
4
7ゲイルスキーパー牡4北村 宏57
1.34.1
2
2オースミグラスワン牡6川田57
1.34.1
3
4ショウワモダン牡4岩田57
1.34.2
58ナスノストローク牡7小牧57
1.34.3
59マルカフェニックス牡4武 幸57
1.34.7
712スターイレブンセ857
1.34.9
815ドリームジャーニー牡4武 豊581.35.0
6
10ダイナミックグロウ牡4小林 徹57
1.35.1

結果:ワイド320円的中 -280円
posted by ナイト at 21:03| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

中山GJ予想2&マイラーズC予想&皐月賞予想2

ペガサスJSに出走せずに、いきなり出てくる外国馬というのはどうも気に入らないし、全く予想できない。ただ、陣営のコメントだけを見ると、どうもグライディングの方は、アラームコールほど自信が伺えないので捨てる。
過去にスファンクスデュベルレがこのレースに出走して6着だった。成績だけでの比較だが、同じフランスのアラームコールの方がここまでの成績はいい。前進が見込めるのではないだろうか。とはいっても、やはりどの程度か分からず、押さえまで。
本命はマルカラスカルにした。枠もいい枠だし、雨予想なら逃げて前残りにもなりやすいか。ただ、どの馬も重馬場適正は分からないから、これでいいのか分からない。
2番手評価はエイシンニーザン。西谷騎手が絶賛した飛越センスで、障害経験が浅くてもやっぱり怖い。そして3番手メルシーエイタイム。中山大障害を勝った馬で、やはりはずせない。
普通はここで予想終了だろう。しかし、穴馬をあげておく。
トランプでエースは1番。1枠1番はテイエムエース。そして皐月賞に続く5枠マイネルはマイネルオーパー。前者は障害2連勝で急成長の可能性も否めない。後者は不良馬場の淀JSでマルカラスカルと0.1秒差の2着という実績もあり、昔は強かった。9歳で衰えているのかもしれないが、10頭立てなら追い込み馬にとって交わす頭数が少ないのでやりやすいかもしれない。

11テイエムエース牡5菊地63.5×
2
2バローネフォンテン牡8柴田 未63.5
3
3フォレストダンス牡6大庭63.5
4
4マルカラスカル牡6西谷63.5
55マイネルオーパー牡9宗像63.5×
66メルシーエイタイム牡6横山 義63.5
77エイシンニーザン牡6白浜63.5
78オートゼウス牡9山本63.5
89アラームコールセ8ピユー63.5
810グライディングセ8ヤング63.5

G1で久々に×印を。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 4-6 4-7 4-10 4-5 1-4 6-7


雨の予報もあって難しい。
阪神外回りなら、直線一気の追い込みが決まるかと思ったが、やはり良馬場でこそか。オースミグラスワン、ナスノストローク、ドリームジャーニーといったところが該当馬。しかし、似たようなのが3頭いるのなら、1頭押さえておく。押さえるのはドリームジャーニー。ニシノマナムスメを捨てて武豊が騎乗するのが怖いし、神戸新聞杯でアサクサキングスを倒したように休み明けでも心配なさそうだし、マイルということを考えればやはりG1馬は外せないか。秋の激走の疲れが取れているなら狙い目。
その似たようなのに名を連ねたかったのがカンパニー。前走は先行策で勝利。今回は前に行くのか追い込むのか予想できない。ただ、気に入らないのが、前走はピンチヒッターで横山典が騎乗しただけだと思っていたのに、再び横山典が騎乗するということ。福永はなぜ今回エイシンドーバーなのか。厩舎の要望で横山典が騎乗したとしていたら、福永騎手がかわいそう。
かといって、エイシンドーバーは58キロで本命にまでするほど信頼できる馬ではない。
ではほかに気になる馬をあげていく。
ハイアーゲーム。鳴尾記念は勝利したが本当に右回りは大丈夫なのだろうか。そしてマイルは本当に大丈夫なのか。不安が大きい。しかし、ダービーでキングカメハメハ、ハーツクライと死闘を演じた過去の実力を見ると、やはり捨て切れない。
マルカフェニックス。ダンスインザダーク産駒で距離が延びてよくなるのかもしれない。それでも1400mの阪急杯5位入線程度なら、物足りないか。
コンゴウリキシオーは昨年の覇者だが、昨年は楽に逃げられたし、馬場がかなりきれいだったということも味方したのかもしれない。
本命はキングストレイル。前走はスローペースに加えトップハンデでの大敗。叩き2走目のここは藤沢調教師がわざわざ遠征させてくることだし、上向いた状態で出走させてきそうな気がする。マイル適性は抜群だし、安藤勝騎乗も楽しみ。

11マイネルポライト牡5池添57
2
2オースミグラスワン牡6川田57
2
3カンパニー牡7横山 典58
3
4ショウワモダン牡4岩田57
3
5ハイアーゲーム牡7藤岡 佑57
4
6エイシンドーバー牡6福永58
4
7ゲイルスキーパー牡4北村 宏57
58ナスノストローク牡7小牧57
59マルカフェニックス牡4武 幸57
6
10ダイナミックグロウ牡4小林 徹57
611ニシノマナムスメ牝4吉田 隼55
712スターイレブンセ857
713キングストレイル牡6安藤 勝57
814コンゴウリキシオー牡6藤田58
815ドリームジャーニー牡4武 豊58

雨の時は予想をきっちり当てた記憶があまりない。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 3-13 6-13 13-15 13-14 5-13 3-6


本命ブラックシェル。武豊は先週のポルトフィーノの取り消しもあってやっぱり怪しい。雨が降ったとしても、クロフネ産駒なら大丈夫かもしれない。このあたりは未知数だが。
ほかはどれを狙えばいいのか。
タケミカヅチは前走は先行して粘り、安定して最近は掲示板に載っている。ここも捨て切れない。
それ以上の安定感はスマイルジャックだが、小牧騎手が2週連続で活躍するとは思えない。それでも押さえには必要か。
フサイチアソートは前走の休み明けの大敗で評価を落とすだろうが、展開不利もあったし、ここ狙いのレースだとしたら、雨歓迎の陣営のコメントもあり、怖い。
スズジュピターも怖い。前走はちょっと負けすぎた感じもするが、叩き2走目でどこまで来れるか。
レインボーペガサスはダート巧者で、雨歓迎か。しかし、当初は芝変更で安藤勝己が捨てた馬。それが気に入らない。
切れる脚を持つ印象が薄いキャプテントゥーレにとって雨は歓迎なのかもしれないが、2000mがちょっと長い気もする。
ドリームシグナルは前走の負けが何だったのかわからないし、距離が長いのかもしれない。それにシンザン記念を勝ったときの岩田が乗らないと考えるとやっぱり捨てるか。
外枠のレッツゴーキリシマとショウナンアルバはどちらもかかる馬。それが外枠だと一気にかかってしまいそうで、距離も2000mだとさらに不安拡大。これも捨てる。
フローテーションは横山典弘が乗らないし、前走はうまく内をついた感じがする。
結局、そう考えていくと、マイネルチャールズは信頼できる馬か。
ただ、雨で怖いのはサブジェクト。最近の大敗の理由はわからないが、ラジオNIKKEI杯は不良馬場での勝利。どれほど狙えるのか。

11タケミカヅチ牡3柴田 善57
12スマイルジャック牡3小牧57×
2
3フサイチアソート牡3横山 典57
2
4スズジュピター牡3後藤57×
3
5レインボーペガサス牡3安藤 勝57
3
6キャプテントゥーレ牡3川田57
4
7オリエンタルロック牡3武 幸57
4
8ダンツウィニング牡3池添57
59マイネルチャールズ牡3松岡57
510ブラックシェル牡3武 豊57
6
11スマートファルコン牡3福永57
612ベンチャーナイン牡3武士沢57
713ドリームシグナル牡3吉田 隼57
714ノットアローン牡3藤岡 佑57
715サブジェクト牡3岩田57
816レッツゴーキリシマ牡357
817フローテーション牡3内田57
818ショウナンアルバ牡3蛯名57
posted by ナイト at 00:14| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

皐月賞&中山GJ予想1

このレースに対する考えを。
今年の3歳馬で、重賞2勝馬はマイネルチャールズだけ。もしもマイネルチャールズがここでも勝ったら、この世代のエースはマイネルチャールズでひとまず確定。その鞍上が松岡ではどうも物足りない。トライアルが終わった現時点まではまだエース候補の段階で許せるが、皐月賞が終わってエース確定となるほど、松岡の時代は来ていない。昨年の大波乱の2着に騎乗していたことで、皐月賞を十分に味わっただろうから、今年はおとなしくしておいてもらおう。
よって、重賞未勝利馬を狙いたい。重賞1勝馬が勝ってもいいのだが、そんなに信用できる世代ではなく、混戦間違いなしの現段階。そんな状況なら、桜花賞同様に、またも初重賞がジーワンなんてことになりそうな気がするからだ。
ではどの馬か。弥生賞組は、前半1000mが1分1秒6というスローペースでよく差してきたブラックシェルを評価する。それともう1頭どうしても気になるのはスズジュピター。ここ2戦の敗戦はどうも信じられない。一発逆転はこの馬ではないだろうか。ただ、どうも気に入らないのは2勝してはいるが、どちらも1400m戦だということ。
スプリングS2着のフローテーションだが、前走はうまく内をついた感じは否めないし、新馬から2連勝した後にあっさり連敗したのが気に入らない。
では、そのスプリングSは不完全燃焼で終わったレッツゴーキリシマだが、名前が悪くクラシックでは狙いにくいのと、距離が不安。またも引っかかるかもしれない。
よって、本命はブラックシェルにしておく。

◎ブラックシェル


中山GJ。障害では負け無しの新星エイシンニーザンか、マルカラスカル、メルシーエイタイムといった中山大障害を制した馬か、はたまたアラームコール、グライディングといった外国馬か。
まず、4連覇を狙って来たカラジが故障で引退。ということは、日本馬にとって強敵が減ったということ。障害の鬼、カラジが引退となれば、日本の競走なのだから、そろそろ日本馬が勝つのではないだろうか。
ということで日本馬。
メルシーエイタイムだが、中山大障害に続いて連覇をするような馬だろうか。そこまで信頼できる馬とも思えない。よって本命ではない。
本命はマルカラスカル。西谷騎手も苦渋の選択だっただろうが、エイシンニーザンを捨てて、マルカラスカルに騎乗するらしい。この前の中山大障害は、馬体重マイナス18キロが響いたものだろう。万全の状態ならいけるはず。

◎マルカラスカル
posted by ナイト at 19:58| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

桜花賞結果

道中は集団が2つに分かれる。
前の集団のエイムアットビップが直線で早めに先頭に立つが、同じく先行集団にいた、去年の夏の主役、ハートオブクィーンやエフティマイアが差してくる。オディールは全く伸びず。
後方集団から飛んできたのは、レジネッタやソーマジック、マイネレーツェル、トールポピー、さらにわずかに出遅れたリトルアマポーラ。
しかし、縦長の展開でほぼ最後方にいたリトルアマポーラやトールポピーは伸びてくるが届かない。
結局、外から差しきったのはレジネッタ。そして2着にはエフティマイアが粘り、3着には同じように外から差してきたソーマジック。
最後の脚でいえば、リトルアマポーラもすごかったのだが、わずかに出遅れた分やはり届かなかった。
結局は、予想3で「本命にしにくい」とオディールにも書いておきながら、しぶしぶ本命にしてしまったのがいけなかった。唯一「本命にしにくい」とか「考えにくい」というコメントを残さなかったレジネッタが勝利した。思い切って本命にしておくべきだった。
ニュージーランドTのサトノプログレス、阪神牝馬Sのパーフェクトジョイ、そしてこのレジネッタとソーマジック。穴馬の△印が今週は特に絶好調だった。

715レジネッタ牝3小牧551.34.4
818エフティマイア牝3蛯名55
1.34.5
713ソーマジック牝3後藤551.34.5
4
8ハートオブクィーン牝355
1.34.6
59リトルアマポーラ牝3武 幸551.34.6
2
4マイネレーツェル牝3内田55
1.34.7
2
3エイムアットビップ牝3福永551.34.8
510トールポピー牝3池添551.34.8
6
11エアパスカル牝3藤岡 佑55
1.34.9
816ブラックエンブレム牝3松岡55
1.35.1
612ベストオブミー牝3岩田55
1.35.1
3
5オディール牝3安藤 勝551.35.2
817シャランジュ牝3村田55
1.35.5
714ルルパンブルー牝3吉田 隼55
1.35.6
11デヴェロッペ牝3吉田 豊55
1.35.6
3
6マダムルコント牝3角田55
1.36.1
12エーソングフォー牝3四位55
1.37.5
47ポルトフィーノ牝3武 豊55
取消

結果:-600円


今週の結果

土曜福島3R3歳未勝利
ウォータクティクスが初ダートで2.1秒差の圧勝。タイムも1700mで1分43秒1は悪くない。
posted by ナイト at 16:21| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

桜花賞予想3

ポルトフィーノの取り消しで何を狙うか。
本命はオディールかリトルアマポーラで迷っている。
だが、アンカツの3連覇も考えにくいし、長浜厩舎の高松宮記念からの連勝、武幸四郎が本命でのクラシック勝利というのも考えにくい。
かといってトールポピーは本命にしたくないし、エイムアットビップはわからない部分が多すぎる。
ついでに1頭取り消したのでソーマジックも気になるのだが、田村厩舎というのが実績がなさ過ぎる気もする。
しょうがないので本命はそのまま○から1つ上げてオディール。
でも、やっぱりオディールって名前も気に入らないし、名前からいけばエイムアットビップも捨てきれないし、難しい。
最後に、穴馬を。ポルトフィーノ取り消しで、エルフィンS組から1頭、レジネッタ。阪神JFでは差しが決まる展開で、前で粘った。エルフィンSでは前残りの展開で、後ろから伸びてきた。逆にフィリーズレビューは差しが決まる展開で、最後に後ろから差されはしたが、前にいた馬は全部交わした。上位馬との力関係はわからないが、面白いのはこの馬だろう。今までは展開に泣き続けている。力はある。

11デヴェロッペ牝3吉田 豊55
12エーソングフォー牝3四位55
2
3エイムアットビップ牝3福永55
2
4マイネレーツェル牝3内田55
3
5オディール牝3安藤 勝55
3
6マダムルコント牝3角田55
4
7ポルトフィーノ牝3武 豊55
4
8ハートオブクィーン牝355
59リトルアマポーラ牝3武 幸55
510トールポピー牝3池添55
6
11エアパスカル牝3藤岡 佑55
612ベストオブミー牝3岩田55
713ソーマジック牝3後藤55
714ルルパンブルー牝3吉田 隼55
715レジネッタ牝3小牧55
816ブラックエンブレム牝3松岡55
817シャランジュ牝3村田55
818エフティマイア牝3蛯名55

人気も接戦で、混戦になりそうな一戦。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 5-9 5-10 5-13 3-5 5-15 9-10


日曜の注目馬

福島11R福島民報杯
昨年のアーリントンCでローレルゲレイロを倒して3戦3勝としたトーセンキャプテンがようやく復帰。今後どれだけ活躍できるのか気になるところ。
posted by ナイト at 16:12| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

阪神牝馬S&ニュージーランドT結果

予想に反して逃げたエイジアンウインズがそのまま逃げ切った。最後は外からブルーメンブラットがすごい脚で追い込んできたがわずかに届かず。
この2頭がそこそこ後方を突き放していた分、このエイジアンウインズの強さは本物なのか。まだはっきりと判断はできないが、新星誕生といってもいいかもしれない。もし、ヴィクトリアマイルに向かうならば、距離がどうなのかということも出てくるか。

2
3エイジアンウインズ牝4鮫島55
1.21.4
4
7ブルーメンブラット牝5後藤551.21.4
713パーフェクトジョイ牝5秋山551.21.9
58キストゥヘヴン牝5561.21.9
4
6ジョリーダンス牝7岩田561.22.0
712ローブデコルテ牝4福永571.22.2
815ミルクトーレル牝4武 幸55
1.22.4
59カタマチボタン牝4小牧551.22.5
2
2キッスアンドライド牝5藤岡 佑55
1.22.5
11シールビーバック牝6角田55
1.22.6
3
4タニノハイクレア牝4四位55
1.22.6(同着)
3
5ヘイローフジ牝5飯田55
1.22.6(同着)
6
10ニホンピロブリュレ牝7酒井55
1.22.8
814ピンクカメオ牝4池添57
1.22.8
611アルーリングボイス牝5上村55
1.23.3

結果:ワイド1490円的中 +890円


ダンツキッスイが大逃げに出るが、最後は粘りきれない。それ以上にゴスホークケンがひどかった。3コーナーあたりから失速。
最後の直線でサトノプログレスが抜け出し、後方からエーシンフォワードやアサクサダンディなどが一団となってやってくるが、届かず。最後方から行ったダノンゴーゴーもやはりマイルでは伸び切れない。
このことを考えれば、予想でも目をつけたのだが、若竹賞が好メンバーだったことになる。1着ショウナンアルバ、2着アサクサダンディ、3着スマイルジャック、4着サトノプログレスだったのだから。

2
4サトノプログレス牡3横山 典561.35.0
6
11エーシンフォワード牡3和田561.35.1
4
7アサクサダンディ牡3安藤 勝561.35.1
816ホッカイカンティ牡3石橋 脩56
1.35.2
815レオマイスター牡3北村 宏56
1.35.2
4
8ロードバリオス牡3蛯名561.35.2
612ダノンゴーゴー牡3武 豊561.35.4
2
3ダンツキッスイ牡3藤田561.35.4
3
5タマモスクワート牡3吉田 隼56
1.35.6
714アポロラムセス牡3勝浦56
1.35.9
510メジロガストン牡3吉田 豊56
1.36.0
713ゴスホークケン牡3内田561.36.0
3
6アロマキャンドル牝3三浦54
1.36.1
59アポロフェニックス牡3柴田 善56
1.36.6
11スペシャルブレイド牡3川田56
1.36.9
12リーサムクラウン牡3田中 勝56
中止

結果:ワイド1780円的中 +1180円
posted by ナイト at 16:09| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

阪神牝馬S&ニュージーランドT予想&桜花賞予想2

ジョリーダンス、ブルーメンブラット、キストゥヘヴン、カタマチボタン、ローブデコルテ、パーフェクトジョイ。
ほかにいるだろうか?というか、ほとんどが名前くらいしか知らない馬。ピンクカメオは連闘を嫌う。
本命はブルーメンブラット。実績のある馬の中で唯一55キロ。それに「ブルー」の4枠。
対抗は1400mを考えてジョリーダンス。3番手にキストゥヘヴン。このへんが妥当なところか。

11シールビーバック牝6角田55
2
2キッスアンドライド牝5藤岡 佑55
2
3エイジアンウインズ牝4鮫島55
3
4タニノハイクレア牝4四位55
3
5ヘイローフジ牝5飯田55
4
6ジョリーダンス牝7岩田56
4
7ブルーメンブラット牝5後藤55
58キストゥヘヴン牝556
59カタマチボタン牝4小牧55
6
10ニホンピロブリュレ牝7酒井55
611アルーリングボイス牝5上村55
712ローブデコルテ牝4福永57
713パーフェクトジョイ牝5秋山55
814ピンクカメオ牝4池添57
815ミルクトーレル牝4武 幸55

無名馬が多いのが逆に怖いのだが。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 6-7 7-8 7-9 7-12 7-13 6-8


2歳チャンピオンの今年初戦。内田騎手に乗り替わったので本命にはしない。こういう乗り替わりは気に入らない。怪しいのは、降板させられた勝浦が同じ枠にいること。
重賞勝ちはほかに、ファルコンSのダノンゴーゴー。しかしマイルでは最後にあまり伸びてこない今までのレース内容だけに、強く推せない。
ダンツキッスイは前走アーリントンCを勝ったが、大逃げがハマった感じもする。
他を探す。
前走500万を勝ったスペシャルブレイドだが、さざんかSでダノンゴーゴーに完敗しているから捨てる。
エーシンフォワードは福永が乗らないのだが、アーリントンC2着で捨て切れない。
ロードバリオスは千両賞でダノンゴーゴーに勝利しているが、毎日杯5着などがやはり買いにくい。
本命はアサクサダンディ。若竹賞でショウナンアルバの2着、スマイルジャックに先着と十分な成績。
あとは、このレース4着のサトノプログレスもちょっと怖い。

11スペシャルブレイド牡3川田56
12リーサムクラウン牡3田中 勝56
2
3ダンツキッスイ牡3藤田56
2
4サトノプログレス牡3横山 典56
3
5タマモスクワート牡3吉田 隼56
3
6アロマキャンドル牝3三浦54
4
7アサクサダンディ牡3安藤 勝56
4
8ロードバリオス牡3蛯名56
59アポロフェニックス牡3柴田 善56
510メジロガストン牡3吉田 豊56
6
11エーシンフォワード牡3和田56
612ダノンゴーゴー牡3武 豊56
713ゴスホークケン牡3内田56
714アポロラムセス牡3勝浦56
815レオマイスター牡3北村 宏56
816ホッカイカンティ牡3石橋 脩56

ここもよくわからないレース。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 7-13 7-12 7-8 7-11 4-7 3-7


本命ポルトフィーノ。自分でも本命にする気はなかったが、アンカツの桜花賞2連勝中ということを思い出してオディールは対抗までにしてみた。
残る押さえだが、フィリーズレビュー組はエイムアットビップ以外捨てる。熱発明けの前走はいくらなんでも負けすぎで、本調子ではなかったとしか言いようがない。やっぱり牝馬の福永は怖い。
チューリップ賞を勝ったエアパスカル、フラワーCを勝ったブラックエンブレムは展開有利だし、アネモネSを勝ったソーマジックはタイムが遅すぎる。思い切って全部捨てる。

11デヴェロッペ牝3吉田 豊55
12エーソングフォー牝3四位55
2
3エイムアットビップ牝3福永55
2
4マイネレーツェル牝3内田55
3
5オディール牝3安藤 勝55
3
6マダムルコント牝3角田55
4
7ポルトフィーノ牝3武 豊55
4
8ハートオブクィーン牝355
59リトルアマポーラ牝3武 幸55
510トールポピー牝3池添55
6
11エアパスカル牝3藤岡 佑55
612ベストオブミー牝3岩田55
713ソーマジック牝3後藤55
714ルルパンブルー牝3吉田 隼55
715レジネッタ牝3小牧55
816ブラックエンブレム牝3松岡55
817シャランジュ牝3村田55
818エフティマイア牝3蛯名55
posted by ナイト at 19:10| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

桜花賞予想1

桜花賞予想。
チューリップ賞は展開を考慮すればトールポピーとおディール。どちらも捨てがたいが、展開、状態、レース内容まで考慮すると、阪神JF、チューリップ賞ともにトールポピーよりオディールが上とみている。
では、そのオディールの上を探す。
フラワーCを勝ったブラックエンブレムは展開有利。
アネモネ賞を勝ったソーマジックは芝で2戦2勝だが、前走のタイムがあまりに遅く、本命まではいかない。
クイーンCのリトルアマポーラ。素質は十分にあるだろう。しかし、高松宮記念に続く長浜厩舎の連勝は考えにくい。ここも本命ではない。
フィリーズレビューは混戦で、抜けた馬が見あたらない。しかし、その上位馬相手にエルフィンSで完勝したのがポルトフィーノ。前走アーリントンCでは引っかかって惨敗。不安材料はこれ。
しかし、オディールが勝つと、安藤勝己の桜花賞3連覇となる。それもあまり考えにくい。
よって、本命はポルトフィーノ。最近ずっと書いているのだが、ディープインパクト以来2年連続で武豊が牡馬、牝馬ともにクラシック未勝利。そろそろ勝つのではないだろうかとずっと思っている。

◎ポルトフィーノ
posted by ナイト at 01:22| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

大阪杯&ダービー卿CT結果

なんともよくわからないレースだった。
先行した馬がそのまま残ったのだが、直線に入ってからはどの馬が抜けてきたとかではなく、ただメイショウサムソンが後退したということ。
アサクサキングスは一度はダイワスカーレットを捕らえかけるも、最後は力尽きエイシンデピュティにも交わされ3着。
前残りとなるときはエイシンデピュティは妙に強い。京都金杯ではアドマイヤオーラを倒しているわけだし、案外強いのかもしれない。
ドリームパスポートは4コーナーで前に上がってきたが、最後は全く伸びず4着のまま。
なんとも評価しにくいレースだ。叩き2走目でアサクサやメイショウがどれだけ良化するのか。次に期待したいのだが、評価が難しい。

79ダイワスカーレット牝4安藤 勝561.58.7
78エイシンデピュティ牡6岩田57
1.58.8
6
6アサクサキングス牡4四位591.58.9
811ドリームパスポート牡5松岡571.58.9
55ブライトトゥモロー牡6小牧57
1.59.0
67メイショウサムソン牡5武 豊591.59.2
4
4インティライミ牡6佐藤 哲581.59.2
810アドマイヤメイン牡5川田57
1.59.4
2
2ヴィクトリー牡4藤岡 佑59
1.59.7
3
3サンライズマックス牡4池添571.59.9
11ダイナミックグロウ牡457
2.10.0

結果:-500円


ゲート内で暴れたのはリザーブカードだが、出負けしたのはマルカシェンク。最後方からのレースとなってしまった。
レースは最近の競馬の傾向どおり、逃げ馬がいないレースは前残り。サイレントプライドが逃げ切った。ここ2走はよく分からない負け方をしたと思えば、ディセンバーSや今回のようにあっさり勝ってしまったりと、よく分からない馬だ。
2着にドラゴンウェルズ。3着はまさかのダンスフォーウィン。

816サイレントプライド牡5横山 典57
1.34.2
3
5ドラゴンウェルズ牡5蛯名56
1.34.2
714ダンスフォーウィン牡5柴田 善54
1.34.3
11リザーブカード牡5吉田 隼55
1.34.4
2
4カンファーベスト牡9江田 照571.34.5
815ショウワモダン牡4勝浦54
1.34.5
6
11オーシャンエイプス牡4後藤56
1.34.6
713マルカシェンク牡5福永571.34.7
612グレイトフルタイム牡4吉田 豊54
1.34.7
2
3ナスノストローク牡7村田551.34.7
4
8キングストレイル牡6田中 勝581.34.7
59シンボリグラン牡6柴山57
1.34.8
3
6ニシノナースコール牝6田中 博52
1.34.8
12ピンクカメオ牝4内田54
1.34.9
4
7チョウサン牡6藤田58
1.35.1
510テンイムホウ牝6柄崎51
1.35.6

結果:-400円
posted by ナイト at 16:27| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

大阪杯&ダービー卿CT予想

強豪揃った大阪杯。
ヴィクトリーの59キロはしんどそう。ブライトトゥモロー、エイシンデピュティもこのメンバーでは厳しい。アドマイヤメインは先行馬も揃った今回、捨てる。
気になるのは6頭。ダイワスカーレット、メイショウサムソン、ドリームパスポート、アサクサキングス、インティライミ、そしてサンライズマックスだ。
アサクサキングス、メイショウサムソンの59キロとダイワスカーレット56キロの差は大きいと見る。この3頭の中で上位はダイワスカーレット。
これに割って入りそうなのは何か。インティライミ58キロなら押さえまで。サンライズも当然押さえまで。「サン」ライズマックスの3枠3番が怖いだけ。実力では買えない。
ならドリームパスポートか。人気が落ちそうな今回は狙い目。前走京都記念4着だが、展開有利のアドマイヤフジ、シルクフェイマスの2頭を除けば、アドマイヤオーラの2着。そう考えればまだまだ衰えてはいないか。今後美浦を引っ張っていく立場になりそうな松岡騎手なのだから、ドリパスの騎手変更には賛否両論ある中、ファンを納得させる騎乗をしなければいけない。
では、どこまで印を重くするのか。メイショウサムソン、アサクサキングスの59キロとドリームパスポートの57キロ。2キロ差なら逆転可能ではないだろうか。サムソンとは3歳のころは好勝負をしていたわけだし、一応有馬記念でも先着。そろそろドリパス復活となってもいいはず。ただ、不安材料はといえば、先週フジキセキ産駒が活躍しすぎたこと。2週も連続でとは考えにくいが。

11ダイナミックグロウ牡457
2
2ヴィクトリー牡4藤岡 佑59
3
3サンライズマックス牡4池添57
4
4インティライミ牡6佐藤 哲58
55ブライトトゥモロー牡6小牧57
6
6アサクサキングス牡4四位59
67メイショウサムソン牡5武 豊59
78エイシンデピュティ牡6岩田57
79ダイワスカーレット牝4安藤 勝56
810アドマイヤメイン牡5川田57
811ドリームパスポート牡5松岡57

G1並に注目の一戦。自信度★★☆☆☆
三連複5点 7-9-11 6-9-11 4-9-11 3-9-11 6-7-9


ハンデの厳しい馬から順に。
58キロのチョウサンだが、この斤量を背負ってマイルで来るとは思えない。むしろ中山マイルならキングストレイル。昨年秋の京成杯AHは57キロのハンデで完勝。実力はこのメンバーなら上位。ただ、休み明け、トップハンデの分だけ評価を下げなければいけない。
続いての57キロだが、最近はマイルで好走が続くカンファーベスト。休み明けは気になるが押さえ程度には。サイレントプライドはディセンバーSは強かったが、その他が悪い。そしてシンボリグランもマイルCS3着が限界だったのか、それ以降調子が良くない。それでいて2頭とも57キロは厳しいのではないか。それより注目はマルカシェンク。このメンバーなら57キロでも十分通用するだろう。
続いて56キロだが、ドラゴンウェルズは最近の成績が良くないのと、久々のマイルという点で捨てる。そして3連勝でオープンにまでようやく上がってきたオーシャンエイプスだが、休み明け、それに倒してきた相手が弱いことから、捨てる。牝馬54キロのピンクカメオ。牡馬に直すと56キロと考えると、買いにくいか。東京新聞杯は出遅れたとはいえ負けすぎ。まだ完調とはいえないらしいし、これも捨てる。
続いて55キロのナスノストロークだが、ここ2走は上がりが33.2、33.9と桁違いの末脚。出遅れずに、同じ脚を今回も使えれば面白い。リザーブカードだが、前走東風S2着で限界ではないだろうか。重賞では厳しそう。
あとの軽ハンデ馬だが、特に狙いたい馬はいないか。

11リザーブカード牡5吉田 隼55
12ピンクカメオ牝4内田54
2
3ナスノストローク牡7村田55
2
4カンファーベスト牡9江田 照57
3
5ドラゴンウェルズ牡5蛯名56
3
6ニシノナースコール牝6田中 博52
4
7チョウサン牡6藤田58
4
8キングストレイル牡6田中 勝58
59シンボリグラン牡6柴山57
510テンイムホウ牝6柄崎51
6
11オーシャンエイプス牡4後藤56
612グレイトフルタイム牡4吉田 豊54
713マルカシェンク牡5福永57
714ダンスフォーウィン牡5柴田 善54
815ショウワモダン牡4勝浦54
816サイレントプライド牡5横山 典57

久々に、ぶった切りすぎた。自信度★☆☆☆☆
ワイド4点 3-13 8-13 4-13 3-8
posted by ナイト at 15:37| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする