2011年01月30日

京都牝馬S&根岸S&シルクロードS結果

アグネスワルツがスタートを決めれず、ジュエルオブナイルのスローな逃げで進むと、直線ではシルクロードSに続いて強烈な瞬発力勝負に。
勝ったのは外から差し切ったショウリュウムーン。33秒台前半の瞬発力勝負はこの馬は苦手と思っていたが、金杯と違って33秒3の強烈な上がりで一気に差し切った。
2着には切れる脚の使えるヒカルアマランサス。こちらは昨年同様持ち味の瞬発力を生かして後方から一気に突っ込んできたが、ショウリュウムーンは捕らえられず。
3着には好位から抜け出したサングレアズール。短距離で活躍していた馬なので、直線のスピード勝負なら得意だったか。
33秒台の上がりを連発する決着となったが、人気のアグネスワルツはスタートに失敗してから道中位置取りを上げていった分、力を使い切ってしまい直線では失速。アプリコットフィズは何があったのか、全く見せ場なく大敗。

3枠5番ショウリュウムーン牝4浜中53
1.33.7
4枠8番ヒカルアマランサス牝5リスポリ54
1.34.0
3枠6番サングレアズール牝4藤岡佑53
1.34.1
2枠3番レディアルバローザ牝4福永52
1.34.2
6枠11番リビアーモ牝6デムーロ55
1.34.3
1枠1番ストリートスタイル牝6岩田54
1.34.3
7枠13番ブロードストリート牝5藤田55
1.34.3
1枠2番アグネスミヌエット牝6小牧53
1.34.4
5枠9番コスモネモシン牝4和田53
1.34.4
4枠7番アグネスワルツ牝4柴田善53
1.34.5
2枠4番ジュエルオブナイル牝4川田53
1.34.5
8枠15番ケイアイデイジー牝4北村友53
1.34.5
5枠10番ベストロケーション牝6木幡55
1.34.8
6枠12番アプリコットフィズ牝4安藤勝55
1.35.2
8枠16番プリンセスメモリー牝4四位53
1.35.5
7枠14番ヤマカツマリリン牝7荻野琢54
1.35.6

結果:−600円


どうして東京だと全く走らないのか、単騎逃げの楽な体勢に持ち込んだケイアイガーベラが直線で失速。好位にいたエーシンクールディ、ダノンカモン、セイクリムズンが抜け出す形に。
その中でもセイクリムズンが抜け出して完勝。2着にダノンカモン。
3番手はエーシンクールディが粘るところに、ようやく復活したかダイショウジェットが後方から追い上げて3着に。

1枠1番セイクリムズン牡557
1.23.0
3枠5番ダノンカモン牡5三浦56
1.23.2
6枠11番ダイショウジェット牡8柴山56
1.23.7
5枠9番エーシンクールディ牝5クラストゥス54
1.24.0
2枠3番ティアップワイルド牡5石橋脩56
1.24.3
7枠14番ワンダーポデリオ牡7吉田豊56
1.24.4
8枠15番ワールドワイド牡5松岡56
1.24.5
3枠6番ケイアイガーベラ牝5秋山55
1.24.6
4枠7番ビクトリーテツニー牡7後藤56
1.24.7
7枠13番タマモホットプレイ牡10武士沢57
1.24.9
5枠10番スターボード牡4横山典55
1.24.9
1枠2番ダイワディライト牡7北村宏56
1.25.0
6枠12番サクセスブロッケン牡6内田58
1.25.1
2枠4番ガブリン牡9田中勝56
1.25.6
4枠8番アグネスジェダイ牡9ベリー57
1.25.7
8枠16番スリーアベニュー牡9江田照56
1.25.9

結果:ワイド270円的中 −330円


ジョーカプチーノがスタートに失敗して中団からのレースになってしまい、予想に反してスローペースでレースは流れると、最後は直線の強烈な瞬発力勝負になった。
直線に向くと、逃げるティファニーケイスを交わして早めにジェイケイセラヴィが先頭を奪ったが、外々を回って早めに動いた行ったせいか、最後は他馬の末脚に劣ってしまった。上がりが33秒9なので決して止まったわけではないが、早めに動きすぎた今回は展開に恵まれなかったか。
その先頭を一気に交わして行ったのは、今回は中団から進んでいたジョーカプチーノ。強烈な末脚で一気に外から差し切って勝利。絶対的なスピード、そして力の違いを見せつけた。
2着も外から伸びてきたアーバニティ。いつもの先行策と違って、後方待機の競馬をした今回は、強烈な末脚で伸びてきた。差す競馬のほうがいいのかもしれない。
3着は間を割って伸びてきたモルトグランデ。毎回スピードのあるいい脚を使う馬だが、相変わらずあと一歩が届かない。
今回は上がりが全体的に33秒台前半、1、2着馬は32秒6の上がりを使うような、強烈な瞬発力勝負になってしまった。この展開なら、スプリングソングやスカイノダンあたりの得意な展開とは言えなかったか。強烈な瞬発力を持つサンダルフォンは33秒0の上がりを使っているが、道中の位置取りが後ろすぎて届かなかった。

5枠9番ジョーカプチーノ牡5藤岡康58
1.08.2
3枠6番アーバニティ牡7四位57
1.08.3
4枠7番モルトグランデ牡7田辺56
1.08.4
1枠2番セイコーライコウ牡4柴田善54
1.08.5
4枠8番シンボリグラン牡9リスポリ56
1.08.6
7枠14番スカイノダン牝5国分恭53×
1.08.7
2枠3番スプリングソング牡6池添57
1.08.7
1枠1番サンダルフォン牡8酒井57
1.08.7
7枠13番ジェイケイセラヴィセ7藤田57
1.08.8
8枠16番グランプリエンゼル牝5藤岡佑54
1.08.8
6枠12番ファイングレイン牡857
1.09.0
8枠15番アーバンストリート牡7デムーロ55
1.09.1
6枠11番ウエスタンビーナス牝8吉田稔54
1.09.1
5枠10番ウエスタンダンサー牝7川田52
1.09.3
3枠5番ティファニーケイス牝4津村52
1.09.4
2枠4番ショウナンカザン牡6小牧57
1.09.7

結果:−600円
posted by ナイト at 17:25| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

京都牝馬S&根岸S予想

ハンデ戦でもないのに斤量差が目立つレース。
本命はアグネスワルツ。単騎逃げが楽に決まりそうなメンバー。斤量53キロもかなり有利でここは中心に推す。前走は33秒1の上がりを使った勝ち馬が一枚上だった。この馬も33秒6の上がりを使っているので、実力はある。
その後ろからアプリコットフィズが追走か。これも先行してそのまま粘りこむのではないだろうか。ただ、この馬は斤量が55キロでは厳しい。3番手評価まで。
2番手評価は52キロのレディアルバローザ。愛知杯はテイエムオーロラが故障したときに真後ろにいたため被害を受けて後退してしまっただけで、力を出し切っていない。秋華賞5着と、秋になって確実に力をつけてきたこの馬を警戒する。
穴馬はサングレアズール。前走1600万を快勝したが、この馬も好位から粘りこむのではないだろうか。53キロなら前残りを警戒する。
あとは差し馬だが、スローペースでも一気に差せるだけの強烈な末脚を持っているのはやはり昨年の覇者ヒカルアマランサスだろう。コスモネモシンやショウリュウムーンはいい脚を持ってはいるが、スローペースの瞬発力勝負で差し切る33秒台の強烈な瞬発力はない。かといって強烈な瞬発力を持つプリンセスメモリーやリビアーモは、後ろから行き過ぎて届かないだろう。ブロードストリートはマイルは微妙に短い。
気になっているのは、1200mが本職であるはずの馬が多数出走していること。ケイアイデイジー、ジュエルオブナイル、ストリートスタイル、ベストロケーション、ヤマカツマリリン。1頭くらい馬券に絡むのだろうか。気になるのは昨年2着のベストロケーションだが、55キロでは狙いにくいか。

1枠1番ストリートスタイル牝6岩田54
1枠2番アグネスミヌエット牝6小牧53
2枠3番レディアルバローザ牝4福永52
2枠4番ジュエルオブナイル牝4川田53
3枠5番ショウリュウムーン牝4浜中53
3枠6番サングレアズール牝4藤岡佑53
4枠7番アグネスワルツ牝4柴田善53
4枠8番ヒカルアマランサス牝5リスポリ54
5枠9番コスモネモシン牝4和田53
5枠10番ベストロケーション牝6木幡55
6枠11番リビアーモ牝6デムーロ55
6枠12番アプリコットフィズ牝4安藤勝55
7枠13番ブロードストリート牝5藤田55
7枠14番ヤマカツマリリン牝7荻野琢54
8枠15番ケイアイデイジー牝4北村友53
8枠16番プリンセスメモリー牝4四位53

ワイド6点 3−7 7−12 6−7 7−8 3−12 3−6
自信度★★★☆☆


1400mのスペシャリスト、ケイアイガーベラが東京で活躍できるのかどうか。武蔵野Sの大敗は、距離なのか、東京コースなのか、どちらに原因があるのはかわからないが、この馬はここでは明らかに格上の存在。滞在競馬で確実に狙いに来ているこのレース。本命にする。
相手はダノンカモンとセイクリムズン。1400mならこの2頭は実力上位だろう。
1400mならワンダーポデリオも強いのだが、最近は調子を落としている。ダイショウジェットも本調子ではないだろう。それから、サクセスブロッケンもまだ本調子ではないだろうし、距離が短く、斤量も重い。
気になるのは2連勝中のワールドワイド。勝ちタイムもよく、気になる1頭。
同じく連勝中のスターボードだが、こちらは勝ちタイムがあまりよくないので捨てる。
それならティアップワイルド。1200mへ距離短縮が成功して好走しているが、今の調子の良さなら1400mでも通用するのではないだろうか。
そしてエーシンクールディ。武蔵野Sでは大敗したが、1400mなら今回のメンバーと差のない勝負を何度もしている馬で警戒は必要か。

1枠1番セイクリムズン牡557
1枠2番ダイワディライト牡7北村宏56
2枠3番ティアップワイルド牡5石橋脩56
2枠4番ガブリン牡9田中勝56
3枠5番ダノンカモン牡5三浦56
3枠6番ケイアイガーベラ牝5秋山55
4枠7番ビクトリーテツニー牡7後藤56
4枠8番アグネスジェダイ牡9ベリー57
5枠9番エーシンクールディ牝5クラストゥス54
5枠10番スターボード牡4横山典55
6枠11番ダイショウジェット牡8柴山56
6枠12番サクセスブロッケン牡6内田58
7枠13番タマモホットプレイ牡10武士沢57
7枠14番ワンダーポデリオ牡7吉田豊56
8枠15番ワールドワイド牡5松岡56
8枠16番スリーアベニュー牡9江田照56

ワイド6点 1−6 5−6 3−6 6−9 6−15 1−5
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 15:41| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

シルクロードS予想

ジョーカプチーノの単騎逃げを捕まえることができるかどうか。58キロなら最後は止まる可能性もあるとは思うが、スピードのある逃げ馬なので、早い時計の決着になるのではないだろうか。
この馬を捕まえるだけのスピードのある馬なら、サンダルフォン、ジェイケイセラヴィ、スカイノダン、スプリングソング、モルトグランデ。力のあるこのあたりの馬に警戒する。
本命は京阪杯に続いてジェイケイセラヴィ。前走はなぜか好スタートから位置取りを下げ続けて、最後は追い込んでくるも届かないという騎乗ミスで5着に敗れた。今回はその江田照男も降ろされてしまい、藤田に鞍上強化。今度こそ上位を期待する。
2番手にサンダルフォン。今の京都はとにかく内枠を狙いたい。最内枠のこの馬を狙う。
3番手にジョーカプチーノ。58キロは不安だが、この馬について行けるようなスピードのある逃げ馬がいないので、単騎の逃げになるだろうから、結局はしぶとく粘りこむのではないだろうか。
アーバニティ、アーバンストリート、グランプリエンゼル、ショウナンカザンあたりは、スピード決着は苦手なはず。もう少し時計のかかる馬場と展開のほうがいいだろう。

1枠1番サンダルフォン牡8酒井57
1枠2番セイコーライコウ牡4柴田善54
2枠3番スプリングソング牡6池添57
2枠4番ショウナンカザン牡6小牧57
3枠5番ティファニーケイス牝4津村52
3枠6番アーバニティ牡7四位57
4枠7番モルトグランデ牡7田辺56
4枠8番シンボリグラン牡9リスポリ56
5枠9番ジョーカプチーノ牡5藤岡康58
5枠10番ウエスタンダンサー牝7川田52
6枠11番ウエスタンビーナス牝8吉田稔54
6枠12番ファイングレイン牡857
7枠13番ジェイケイセラヴィセ7藤田57
7枠14番スカイノダン牝5国分恭53×
8枠15番アーバンストリート牡7デムーロ55
8枠16番グランプリエンゼル牝5藤岡佑54

ワイド6点 1−13 9−13 3−13 7−13 13−14 1−9
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 15:02| Comment(2) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

競馬MEMORY〜第21話〜

競馬MEMORY〜第21話 守り続けた強さ〜

クロフネの引退後、ダート界で他馬を圧倒する強さを持っていたのはカネヒキリくらいだろう。なので、そのカネヒキリが故障で戦列を離れていた2年間は、ダート界にとってあまり意味のないものだったかもしれない。
しかし、競走馬はいくら強くても結果を残せなければ意味がない。クロフネも、カネヒキリも、屈腱炎に悩まされ長くは活躍できなかった。しかしそんな2頭とは違って、ヴァーミリアンは大きな故障に苦しむことなく、カネヒキリ不在の間、ダート界のトップを守り続けた。
カネヒキリが2006年に故障で戦線を離脱すると、その跡を継いだかのような圧倒的な強さを見せる。
2007年は、川崎記念、JBCクラシック、ジャパンCダート、東京大賞典と国内ダートジーワン4連勝。2008年もフェブラリーS、JBCクラシックと、国内ダートジーワン連勝記録を6に伸ばした。
カネヒキリ復帰後は3連敗を喫するも、2009年に再びカネヒキリが故障で戦線離脱すると、またしてもカネヒキリの強さを受け継いだかのように、同年に帝王賞、JBCクラシックと連勝。さらに次の年の川崎記念も勝利し、日本新記録となるジーワン9勝を達成したのだった。
カネヒキリと同世代のこのヴァーミリアンは、5度の対戦で一度もカネヒキリを倒すことはできなかったが、故障に悩まされた王者が不在の間、頂点を守り続けた。長年にわたって活躍し続けることが難しい競馬界において、4年にわたってジーワンを勝利し続け、頂点を守り続けることができたのは、他の馬にはないこの馬の強さだったのだろう。おまけに、2歳のラジオNIKKEI杯2歳Sから始まり、7年連続で重賞を勝ち続けるという日本新記録も達成している。
しかし、カネヒキリが故障で長期離脱した2006年。この年はまだヴァーミリアンはジーワンを勝利できなかった。休み明け初戦で力を発揮しきれずに敗れたヴァーミリアンを倒してジャパンCダートを制したのは別の馬である。
それがアロンダイト。成長著しい3歳馬が頂点を取ったのだった。しかし、このアロンダイトも故障に悩まされている馬で、何度も長期休養を余儀なくされている。
カネヒキリが不在の間にジャパンCダートを制したアロンダイトとヴァーミリアン。この2頭には共通点がある。それはエルコンドルパサー産駒であるということ。
このエルコンドルパサーは、凱旋門賞2着の華々しい実績もあるが、新馬戦でダートを圧勝し、芝、ダートともに種牡馬としての活躍が期待されていた馬であった。しかし、種牡馬生活3年目で急死。自身の強さを仔に伝えきることなくこの世を旅立ってしまった。
それでも、このたった3年間で、ジーワン馬を3頭輩出している。アロンダイト、ヴァーミリアン、そしてアロンダイトがジャパンCダートを勝った年と同じ年に菊花賞を制したソングオブウインド。この3頭である。
ただ、アロンダイト、ソングオブウインドとも故障に悩まされ、結局それ以後、勝利を収められていない。唯一長く活躍したのはヴァーミリアンだけである。
ヴァーミリアンは、カネヒキリ不在の間ダート界のトップを守り続け、さらにエルコンドルパサーの死後、父の評価の高さを守り続けた。
レースでの強さではカネヒキリに劣ったが、2歳のころから長く守り続けた強さがヴァーミリアンにはあった。
posted by ナイト at 17:30| Comment(0) | 競馬MEMORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

川崎記念結果

当然の結果だが、逃げたフリオーソが楽勝。ジーワン5勝目。
2着には中央馬の意地といったところか、ボランタスの追い上げをしのいでメイショウタメトモ。
3着にはボランタス。スローペースで差し馬には厳しい展開だったか。

4枠4番フリオーソ牡7戸崎57
2.14.2
2枠2番メイショウタメトモ牡6福永57×
2.15.3
6枠7番ボランタス牡7山崎誠57
2.15.5
7枠9番クリュギスト牡5内田57
2.16.5
7枠10番キクノアポロ牡5川田57
2.16.8
6枠8番サイレントスタメン牡5金子正57
2.17.1
8枠12番タンゴノセック牡7今野57
2.18.3
5枠5番エーシンエヴァン牡7花本57
2.19.1
1枠1番トウホクビジン牝5本橋55
2.19.4
3枠3番レッドアイセ5松岡57
2.19.6
8枠11番コロニアルペガサス牝4吉原54
2.20.3
5枠6番テスタマッタ牡5リスポリ57
取消

結果:三連単1350円的中 +750円
posted by ナイト at 16:33| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

川崎記念予想2

テスタマッタが取消で、中央馬が本当に残念なメンバーしかいない。
馬券はフリオーソの1着固定で。これだけメンバーが弱ければ、中央の1600万とかの馬が馬券に絡みそうな気はするが、それでも相手は予想1の時から増やさないことにする。

1枠1番トウホクビジン牝5本橋55
2枠2番メイショウタメトモ牡6福永57×
3枠3番レッドアイセ5松岡57
4枠4番フリオーソ牡7戸崎57
5枠5番エーシンエヴァン牡7花本57
5枠6番テスタマッタ牡5リスポリ57
6枠7番ボランタス牡7山崎誠57
6枠8番サイレントスタメン牡5金子正57
7枠9番クリュギスト牡5内田57
7枠10番キクノアポロ牡5川田57
8枠11番コロニアルペガサス牝4吉原54
8枠12番タンゴノセック牡7今野57

三連単6点 4−7ー3 4−7−2 4−3−7 4−2−7 4−3−2 4−2ー3
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 12:44| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

川崎記念予想1

フリオーソの本命は揺るがない。
2番手はしょうがなくテスタマッタ。距離、休み明けと不安なのだが、ジーワン馬の維持を見せてほしい。
3番手にボランタス。中央勢は今回は物足りない。
押さえに一応中央からメイショウタメトモ。テスタマッタとこの馬しかオープン馬がいないのなら、この馬を押さえるしかないだろう。
あともう1頭、レッドアイも押さえる。2400mで勝利しているので2100mは問題ないし、何と言っても中央で強烈なまくり競馬を成功させている馬。早めのまくりが必要な地方競馬との相性が合っているかもしれない。

1枠1番トウホクビジン牝5本橋55
2枠2番メイショウタメトモ牡6福永57×
3枠3番レッドアイセ5松岡57
4枠4番フリオーソ牡7戸崎57
5枠5番エーシンエヴァン牡7花本57
5枠6番テスタマッタ牡5リスポリ57
6枠7番ボランタス牡7山崎誠57
6枠8番サイレントスタメン牡5金子正57
7枠9番クリュギスト牡5内田57
7枠10番キクノアポロ牡5川田57
8枠11番コロニアルペガサス牝4吉原54
8枠12番タンゴノセック牡7今野57
posted by ナイト at 12:20| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

AJCC&平安S結果

ミヤビランベリがスタートからスローペースで楽に逃げると、最後までしぶとく粘る。
好位にいたコスモファントムが抜け出すかと思ったが、こちらは切れる脚がない分、極端なスローペースだと弱いのか、なかなか抜け出せない。
すると、その後ろから外を回して伸びてきたのはトーセンジョーダン。最後はきっちり差し切って力の違いを見せつけた。
逃げたミヤビランベリは2着。
3着には後方2番手からいい脚で突っ込んできたネヴァブション。8歳でもまだまだ衰えてはいない。

6枠6番トーセンジョーダン牡5内田582.14.2
6枠7番ミヤビランベリ牡8吉田隼57
2.14.3
2枠2番ネヴァブション牡8後藤582.14.4
3枠3番コスモファントム牡4松岡562.14.5
7枠9番ダイワジャンヌ牝6的場55
2.14.5
4枠4番マルカボルト牡4福永56
2.14.5
1枠1番シャインモーメント牡6蛯名57
2.14.7
8枠11番アサティスボーイ牡7江田照57
2.14.7
8枠10番ダンスインザモア牡9丸田57
2.14.9
7枠8番ピサノエミレーツ牡6三浦57
2.14.9
5枠5番サンライズベガ牡7ベリー57× 2.15.7

結果:−200円


京都得意のダイシンオレンジが4コーナーで先頭に並んで直線で後続を一気に突き放し、楽勝かと思われたが、直線ではいい末脚のある2頭が外から一気に突っ込んでくる。
ゴール前では、ダイシンオレンジと、外から来たインバルコとサクラロミオの3頭の争いになる。
しかしわずかに粘り切ったダイシンオレンジが勝利。
2着にはインバルコ。3着にはサクラロミオ。
人気のマチカネニホンバレは、休み明けの前走で少し太めだったのに、今回さらに馬体増。もうひと絞りできれば勝負になっただろう。

2枠3番ダイシンオレンジ牡6川田57
1.51.5
8枠15番インバルコ牡5リスポリ56
1.51.5
7枠14番サクラロミオ牡6藤岡佑56
1.51.5
7枠13番ピイラニハイウェイ牡6熊沢56
1.51.7
1枠1番マチカネニホンバレ牡6安藤勝56
1.52.2
2枠4番バトードール牡4安部幸55
1.52.4
6枠12番タガノクリスエス牝6岩田54
1.52.5
8枠16番ピースキーパー牡656
1.52.8
4枠8番ロングプライド牡7国分恭56
1.53.2
5枠9番ボクノタイヨウ牡6吉田稔56
1.53.3
5枠10番ナニハトモアレ牡5池添56
1.53.3
1枠2番タマモクリエイト牡6和田56
1.53.6
6枠11番ダイナミックグロウ牡7小林徹56
1.54.0
4枠7番トーホウオルビス牡6小牧56
1.54.1
3枠6番ドリームライナー牡5武豊56×
1.54.2
3枠5番メイショウシャフト牡8渡辺56
1.55.3

結果:ワイド550円的中 −50円
posted by ナイト at 18:03| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

AJCC&平安S予想

コスモファントム、トーセンジョーダン、ネヴァブションの3強に、サンライズベガが前残りできるかどうかといったところだろう。
ミヤビランベリはまだ様子見。連勝中のマルカボルトは展開に恵まれて連勝しているだけで強くない。
本命はコスモファントム。56キロの斤量は魅力。トーセンジョーダンとネヴァブションは58キロで本命にはできない。

1枠1番シャインモーメント牡6蛯名57
2枠2番ネヴァブション牡8後藤58
3枠3番コスモファントム牡4松岡56
4枠4番マルカボルト牡4福永56
5枠5番サンライズベガ牡7ベリー57×
6枠6番トーセンジョーダン牡5内田58
6枠7番ミヤビランベリ牡8吉田隼57
7枠8番ピサノエミレーツ牡6三浦57
7枠9番ダイワジャンヌ牝6的場55
8枠10番ダンスインザモア牡9丸田57
8枠11番アサティスボーイ牡7江田照57

三連複2点 2−3−6 3−5−6
自信度★★★☆☆


オープンと大差のないメンバーだが、この程度ならマチカネニホンバレの復活勝利を期待していいだろう。
そして京都得意のダイシンオレンジもここは狙える。
あとは、インバルコ、サクラロミオ、ピイラニハイウェイ、ドリームライナーあたりを押さえておく。

1枠1番マチカネニホンバレ牡6安藤勝56
1枠2番タマモクリエイト牡6和田56
2枠3番ダイシンオレンジ牡6川田57
2枠4番バトードール牡4安部幸55
3枠5番メイショウシャフト牡8渡辺56
3枠6番ドリームライナー牡5武豊56×
4枠7番トーホウオルビス牡6小牧56
4枠8番ロングプライド牡7国分恭56
5枠9番ボクノタイヨウ牡6吉田稔56
5枠10番ナニハトモアレ牡5池添56
6枠11番ダイナミックグロウ牡7小林徹56
6枠12番タガノクリスエス牝6岩田54
7枠13番ピイラニハイウェイ牡6熊沢56
7枠14番サクラロミオ牡6藤岡佑56
8枠15番インバルコ牡5リスポリ56
8枠16番ピースキーパー牡656

ワイド6点 1−3 1−14 1−15 1−13 1−6 3−14
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 16:02| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

土曜の注目馬

京都10R若駒S
朝日杯3着のリベルタスと、ラジオNIKKEI杯2歳Sでかかってしまい大敗したショウナンマイティ。この2頭の争いだろう。ただ、今回はショウナンマイティのほうが57キロで斤量が1キロ重い分、リベルタス有利ではないだろうか。
京都12R4歳上1000万
500万を勝っただけながら果敢に東京大賞典に挑戦していたゴルトブリッツ。500万での圧勝っぷりっから、自己条件では負けられない。
posted by ナイト at 12:43| Comment(2) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

日経新春杯&京成杯結果

好位からルーラーシップとゲシュタルト、中団からローズキングダム、それをぴったりマークしたヒルノダムール。
実力馬4頭がそれぞれの位置からレースを進めるが、好位からあっさりと直線で抜け出すと、後続を一気に突き放したのはルーラーシップ。力のあるところを見せつけて、完勝だった。
2着には早めに仕掛けたヒルノダムールだったが、最後は伸びを欠いて2着止まり。2400mは微妙に長いのかもしれない。
3着には、道中もロスなく内を回り続けて、直線でも最後までしっかり伸びてきたローズキングダム。しかし、これだけいい条件でレースを進めたにもかかわらずヒルノダムールを交わせず。この辺りが58キロの斤量が影響したところか。
ゲシュタルトは馬体重+14キロが影響したか、最後は失速。4着には気性面が不安だったナムラクレセントが。折り合ってレースを進めれば、これくらいは十分に走れる馬。

6枠8番ルーラーシップ牡4リスポリ56.5
2.24.6
7枠11番ヒルノダムール牡4藤田56
2.24.9
4枠5番ローズキングダム牡4武豊58
2.24.9
2枠2番ナムラクレセント牡6和田57
2.25.1
7枠10番ホワイトピルグリム牡6福永56
2.25.9
6枠9番ゲシュタルト牡4池添56
2.26.1
5枠6番ウィルビーキングセ7佐藤53
2.26.1
5枠7番エーティーボスセ7村田52
2.26.2
4枠4番オートドラゴン牡7渡辺54
2.26.3
8枠13番ビートブラック牡455
2.26.3
1枠1番ドモナラズ牡6北村友54
2.27.1
8枠12番コスモヘレノス牡4丹内56
2.27.1
3枠3番メイショウクオリア牡6武幸56
2.28.6

結果:馬連960円的中 +460円


今まで追い込みの競馬を続けていたフェイトフルウォー。しかし、今回は好位からのレース。このメンバーでは明らかに実力が抜けていたこの馬の不安材料は、中山で追い込みが決まるかどうかということだっただけに、前からレースを進めればさすがに負ける要素は見当たらなかったか。
とはいっても、直線で前が詰まって抜け出すのに時間がかかった分、最後は外からやってきたデボネアと接戦になってしまった。
その2着のデボネアは前走小倉の未勝利でレコード勝ち。それ以前の内容から全く評価していなかったが、前走のレコード勝ちは本物だったということか。
3着には好位から抜け出したプレイ。この馬はホープフルS5着の馬。さらにその後ろに、ホープフルS8着、6着、9着の馬と続いているし、勝ったフェイトフルウォーはホープフルS3着馬。これはホープフルSのレベルが高かったと言えるのではないだろうか。
逆にエリカ賞を勝ったスマートロビンや、そのほかの新馬勝ちの馬などで人気していた馬は、レベルの低いレースを勝っただけなのに過剰人気しすぎていたか。今回揃って大敗しているが、この程度の実力なのではないだろうか。
ただ、敗因はそれぞれの馬にある。
ヌーベルバーグは今回は逃げ馬に競りかけていったが、新馬同様差し脚を生かすレースをすればまだ巻き返しはあるかもしれない。
スマートロビンとインナージョイはスタートに失敗。
本命にしたノヴァグロリアだが、今回は馬体重−16キロが響いたか。メンバー次第でまた穴で狙ってみたい。

1枠2番フェイトフルウォー牡3田中勝56
2.00.9
5枠10番デボネア牡3吉田豊56
2.00.9
3枠5番プレイ牡3柴田大56
2.01.3
2枠3番マイネルメダリスト牡3津村56
2.01.3
7枠13番メイショウトチワカ牡3勝浦56
2.01.4
6枠12番マイネルギブソン牡3クラストゥス56
2.01.5
3枠6番インナージョイ牡3後藤56
2.01.6
1枠1番ユウセン牡3蛯名56
2.01.8
2枠4番タナトス牡3三浦56
2.02.0
4枠8番ヌーベルバーグ牝3松岡54
2.02.0
8枠16番マリアビスティー牝3北村宏54
2.02.3
6枠11番スマートロビン牡3内田56
2.02.5
8枠15番スリーケインズ牡3西田56
2.02.6
5枠9番ジャービス牡3横山典56×
2.03.0
4枠7番コウヨウレジェンド牡3柴田善56
2.03.3
7枠14番ノヴァグロリア牡3中舘56
2.03.4

結果:−600円
posted by ナイト at 00:37| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

日経新春杯&京成杯予想

ゲシュタルト、コスモヘレノス、ビートブラック。このあたりの4歳馬が先手を取って、その後ろにトップハンデ58キロのローズキングダムとルーラーシップ。そして後方からヒルノダムールといった展開になるだろう。
本命はヒルノダムール。末脚はしっかりしている。ダービーは展開不利、札幌記念は出遅れ、菊花賞も展開不利というだけで、別に末脚が周りと比べて劣っているわけではない。ローズキングダムが58キロなのに比べてこちらは56キロなら、付け入る隙はある。
とはいっても2番手にローズキングダム。
3番手にルーラーシップ。56.5キロで微妙にヒルノダムールより重たいのと、このレースを回避するかという話になっていたので、そんな馬は狙いにくい。
ゲシュタルト。ダービー4着馬で距離は大丈夫だし、中日新聞杯3着ということからも、秋のスランプは脱出したか。
コスモヘレノスとビートブラックは、もう少しスタミナ勝負にならないと厳しいだろう。京都2400mは最後の直線の切れ味勝負になることが多い。そうなればこの2頭のに出番はないはず。

1枠1番ドモナラズ牡6北村友54
2枠2番ナムラクレセント牡6和田57
3枠3番メイショウクオリア牡6武幸56
4枠4番オートドラゴン牡7渡辺54
4枠5番ローズキングダム牡4武豊58
5枠6番ウィルビーキングセ7佐藤53
5枠7番エーティーボスセ7村田52
6枠8番ルーラーシップ牡4リスポリ56.5
6枠9番ゲシュタルト牡4池添56
7枠10番ホワイトピルグリム牡6福永56
7枠11番ヒルノダムール牡4藤田56
8枠12番コスモヘレノス牡4丹内56
8枠13番ビートブラック牡455

馬連5点 5−11 8−11 9−11 5−8 8−9
自信度★★☆☆☆


重賞とは思えないようなメンバー。
エリカ賞勝ちのスマートロビンと、コスモス賞勝ちのマイネルギブソン。2勝馬はこの2頭だけ。
前者は安定して34秒台の上がりでレースをしているところが評価できる。後者は極端に展開に恵まれたコスモス賞を勝っただけで、実際はかなり弱いはず。
あとは1勝馬。
未勝利でスマートロビンと僅差の2着だったジャービス。前走、中山なのに上がり34秒5という好タイムで差し切ったインナージョイ。阪神の新馬戦で同じく34秒5の上がりで差し切ったヌーベルバーグ。そして東スポ杯2歳S3着のフェイトフルウォー。
力があるのはこのあたりではないだろうか。
小倉の未勝利で勝ち星を稼いだ2頭は狙いにくいし、コウヨウレジェンドの新馬勝ちは東京にしてはタイムが遅い。ホープフルS組も5着以降からの巻き返しは狙いにくいし、それより2秒以上遅いタイムで新馬を勝ったユウセンも狙えない。
ところで、本命馬を考えるが、上に書いた5頭で、追い込み馬がインナージョイ、ヌーベルバーグ、フェイトフルウォーの3頭。中山で後方待機の馬はどうしても狙いにくい。
では未勝利で争ったスマートロビンとジャービスだが、そもそもエリカ賞のレベルが低いので、勝ったといっても全く信用していない。
本命は全く別のところから、ノヴァグロリア。萩SではホープフルSを勝ったベルシャザールとハナ差だし、ラジオNIKKEI杯2歳Sもスタートに失敗しての9着。穴っぽいところで馬券的にも面白い。問題は枠が外すぎたこと。それでも穴狙いで行く。

1枠1番ユウセン牡3蛯名56
1枠2番フェイトフルウォー牡3田中勝56
2枠3番マイネルメダリスト牡3津村56
2枠4番タナトス牡3三浦56
3枠5番プレイ牡3柴田大56
3枠6番インナージョイ牡3後藤56
4枠7番コウヨウレジェンド牡3柴田善56
4枠8番ヌーベルバーグ牝3松岡54
5枠9番ジャービス牡3横山典56×
5枠10番デボネア牡3吉田豊56
6枠11番スマートロビン牡3内田56
6枠12番マイネルギブソン牡3クラストゥス56
7枠13番メイショウトチワカ牡3勝浦56
7枠14番ノヴァグロリア牡3中舘56
8枠15番スリーケインズ牡3西田56
8枠16番マリアビスティー牝3北村宏54

ワイド6点 11−14 2−14 6−14 8−14 9−14 2−11
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 16:26| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

シンザン記念&フェアリーS結果

逃げたシゲルソウサイとシャイニーホークが早めにバテて、3番手のレッドデイヴィスが直線で先頭を早めにとらえると、そのまま後続を突き放して行く。
4番手からアドマイヤサガスが2番手に立つものの、その内からマルセリーナが抜け出し、2番手に。しかし先頭には届かない。
最後に外から一気にドリームジャーニーの弟、オルフェーヴルが追い込んでくるものの、これも先頭には届かず2番手まで。
結局レッドデイヴィスがそのまま押し切って勝利。早めに抜け出して押し切るという強い内容だった。
人気のドナウブルーは道中かかり気味で、直線ではなかなか伸びず。ワイズリーはレース前から落ち着きがなく、結果を残せなかった。

4枠8番レッドデイヴィスセ3浜中56
1.34.0
1枠1番オルフェーヴル牡3池添56
1.34.2
2枠4番マルセリーナ牝3安藤勝54
1.34.3
3枠5番アドマイヤサガス牡3小牧56
1.34.5
6枠12番ドナウブルー牝3福永54
1.34.8
2枠3番マーベラスカイザー牡3渡辺56
1.35.1
7枠14番ツルマルレオン牡3藤田56
1.35.1
5枠10番ギリギリヒーロー牡3藤岡佑56
1.35.3
1枠2番ワイズリー牡3秋山56
1.35.7
3枠6番トキノゲンジ牡3安藤光56
1.35.7
7枠13番シャイニーホーク牡3武豊56
1.35.8
4枠7番シゲルソウサイ牡356
1.35.9
5枠9番ヒカリトリトン牡3太宰56
1.36.1
6枠11番ドリームバロン牡3和田56
1.36.2
8枠16番ヴィジャイ牡3リスポリ56
1.36.3
8枠15番シゲルシャチョウ牡3松山56
1.36.8

結果:−500円


今日はきっちりスタートも決めて、道中も折り合って中団から進むと、直線では外からきっちり差し切ったダンスファンタジア。やはり強さは本物だった。このメンバーでは格が違うといわんばかりの勝ち方であっさり重賞勝利となった。
2着には先行した2頭の争いから抜け出したスピードリッパー。3着にはアドマイヤセプター。今日も少し行きたがる面を見せていたので、気性さえ成長すれば、まだまだやれる馬になるとは思うのだが。

2枠4番ダンスファンタジア牝3クラストゥス54
1.33.7
7枠13番スピードリッパー牝3北村宏54
1.34.1
1枠1番アドマイヤセプター牝3川田54
1.34.1
5枠9番ピュアブリーゼ牝3内田54
1.34.3
5枠10番ヤマノラヴ牝3的場54
1.34.5
4枠8番マイネイディール牝3津村54
1.34.6
1枠2番コスモバタフライ牝3丹内54
1.34.6
3枠5番フラワーロック牝3中舘54
1.34.6
4枠7番ピュアオパール牝3蛯名54
1.34.7
3枠6番ビービーバカラ牝3松岡54
1.34.7
7枠14番バラードソング牝3田中勝54
1.34.7
8枠15番コンプリート牝3吉田豊54
1.35.1
6枠11番フレンドサンポウ牝3小林淳54
1.35.1
6枠12番イングリッド牝3横山典54
1.35.5
2枠3番フジチャン牝3三浦54
1.35.5
8枠16番アポロジェニー牝3勝浦54
1.36.8

結果:ワイド2110円的中 +1510円
posted by ナイト at 15:48| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

フェアリーS予想

阪神JFで出遅れてかかってしまったダンスファンタジア。前走2000mでこちらもかかってしまったアドマイヤセプター。力を出し切ればここは2頭の争いなのだがどうなのだろうか。
ダンスファンタジアは、出遅れてあれだけかかってしまえば、現状の武豊では修正不可能。降ろされてもしょうがない。改めて勝負。しかし、その改めての鞍上がクラストゥスでは本命にしたくない。順当にこの馬が勝ってしまう可能性は十分にあるが、気分的にクラストゥスを本命にするのは嫌。
本命はアドマイヤセプター。札幌の1500mで強い勝ち方をしているので、これくらいの距離のほうがいいのではないだろうか。2000mではかかってしまったが、この距離ならなんとかなると思いたい。
他には、新馬戦で逃げて楽勝のイングリッド、サフラン賞でライステラスの3着に入ったスピードリッパー。気になるのはこの辺り。中山マイルということで、先行馬が怖いのでこの2頭は警戒しておく。
一応本命はアドマイヤセプターとしたが、スローで前が残る可能性は十分にあるし、結局ダンスファンタジアが強い気もするので馬券はボックスで。

1枠1番アドマイヤセプター牝3川田54
1枠2番コスモバタフライ牝3丹内54
2枠3番フジチャン牝3三浦54
2枠4番ダンスファンタジア牝3クラストゥス54
3枠5番フラワーロック牝3中舘54
3枠6番ビービーバカラ牝3松岡54
4枠7番ピュアオパール牝3蛯名54
4枠8番マイネイディール牝3津村54
5枠9番ピュアブリーゼ牝3内田54
5枠10番ヤマノラヴ牝3的場54
6枠11番フレンドサンポウ牝3小林淳54
6枠12番イングリッド牝3横山典54
7枠13番スピードリッパー牝3北村宏54
7枠14番バラードソング牝3田中勝54
8枠15番コンプリート牝3吉田豊54
8枠16番アポロジェニー牝3勝浦54

ワイド6点 1−4 1−13 1−12 4−13 4−12 12−13
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 15:58| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

シンザン記念予想

難しい3歳の重賞。
力のあるところでは、朝日杯で不利を受けて敗れたアドマイヤサガス、京王杯2歳Sは距離も短く、スタートで出遅れたオルフェーヴル、前走強烈な末脚で白菊賞を制したドナウブルー、2連勝中のワイズリー。このあたりか。しかし、どの馬も差し馬。前が残ってしまう可能性は十分にある。
それでも本命はドナウブルー。前走見せた強烈な末脚なら、スローでも差し切ってくれないだろうか。予想というよりは、期待での本命。
2番手にアドマイヤサガス。朝日杯は不利を受けたが、しっかり走ればこのメンバーなら通用するか。
3番手にオルフェーヴル。芙蓉Sで展開不利ながらもホエールキャプチャに迫った力は本物なのか。出遅れた前走は度外視して今回は狙う。
ワイズリーは連勝の勢いで注目したいが、距離が延びるのがどうなのか。
あとは、朝日杯FSで逃げたシゲルソウサイ、先行して1位入線したものの降着になったレッドデイヴィス、新馬をいい脚で差し切ったマルセリーナあたりは気になるが、名前をあげたらきりがない。シゲルソウサイは朝日杯であっさり脱落したので捨てる。レッドデイヴィス、マルセリーナはタイムが遅いのでこれも捨てる。

1枠1番オルフェーヴル牡3池添56
1枠2番ワイズリー牡3秋山56
2枠3番マーベラスカイザー牡3渡辺56
2枠4番マルセリーナ牝3安藤勝54
3枠5番アドマイヤサガス牡3小牧56
3枠6番トキノゲンジ牡3安藤光56
4枠7番シゲルソウサイ牡356
4枠8番レッドデイヴィスセ3浜中56
5枠9番ヒカリトリトン牡3太宰56
5枠10番ギリギリヒーロー牡3藤岡佑56
6枠11番ドリームバロン牡3和田56
6枠12番ドナウブルー牝3福永54
7枠13番シャイニーホーク牡3武豊56
7枠14番ツルマルレオン牡3藤田56
8枠15番シゲルシャチョウ牡3松山56
8枠16番ヴィジャイ牡3リスポリ56

ワイド5点 5−12 1−12 2−12 1−5 2−5
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 10:35| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

京都金杯&中山金杯結果

新年早々、2011年最も面白くない重賞競走が決定してしまった気がする。
マイネルファルケは完全に終わってしまっているので、それは別として、逃げたシルポート、その後ろのガルボ、その後ろのライブコンサート、その後ろのリーチザクラウン、その後ろのネオヴァンドーム。そのままの順番で決まった。
もう少しマイネルファルケかリーチザクラウンかがシルポートを追いかけると思ったが、全く追いかける馬がいないまま終わってしまった。
今後の予想においては完全に参考外のレース。

1枠2番シルポート牡6小牧57×
1.33.4
3枠5番ガルボ牡4池添56
1.33.4
2枠4番ライブコンサートセ7岩田57.5
1.33.6
2枠3番リーチザクラウン牡5武豊58×
1.33.8
3枠6番ネオヴァンドーム牡4福永55
1.34.1
1枠1番サンディエゴシチー牡4藤岡佑56
1.34.2
8枠16番スマートステージ牡6四位54
1.34.6
5枠10番リザーブカード牡8安藤勝56
1.34.6
6枠11番ショウリュウムーン牝4浜中53
1.34.7
6枠12番バトルバニヤン牡7川田57
1.35.0
5枠9番リクエストソング牡5秋山55
1.35.1
4枠7番ダンツホウテイ牡6太宰54
1.35.3
4枠8番スズカコーズウェイ牡7古川56
1.35.4
8枠15番オセアニアボス牡6熊沢56
1.35.9
7枠13番マヤノライジン牡10藤田55
1.36.0
7枠14番マイネルファルケ牡6和田57
1.37.0

結果:−800円


モエレビクトリーが逃げて、ケイアイドウソジン、コスモファントムが続く、予定通りの形でレースが進むと、直線ではコスモファントムが抜け出して勝利。今年もこの世代の強さが続くのだろうか。
2着に好位の内を抜けてきたキョウエイストーム。本当に中山だと強い。距離も大丈夫だった。
3着にナリタクリスタル。休み明けが心配だったが問題なかったようで、この先も期待できる内容だった。

2枠4番コスモファントム牡4松岡56
1.59.8
2枠3番キョウエイストーム牡6石橋脩55
1.59.9
6枠12番ナリタクリスタル牡556
1.59.9
8枠15番モエレビクトリー牡5的場54×
1.59.9
7枠13番ケイアイドウソジン牡5吉田豊56
1.59.9
5枠10番ダイワジャンヌ牝6北村宏52
2.00.0
7枠14番イケドラゴン牡6大野52
2.00.1
8枠16番ミステリアスライト牡6蛯名55
2.00.1
4枠8番トウショウウェイヴ牡6中舘56
2.00.2
1枠2番マイネルスターリー牡6ベリー57
2.00.3
3枠5番セイクリッドバレー牡5三浦56
2.00.4
3枠6番アクシオン牡8内田57.5
2.00.4
4枠7番アルコセニョーラ牝7武士沢54
2.00.4
1枠1番アブソリュート牡7田中勝57
2.00.5
5枠9番マッハヴェロシティ牡5宮崎54
2.00.7
6枠11番ロードキャニオンセ7吉田隼52
2.01.2

結果:ワイド930円的中 +430円
posted by ナイト at 17:57| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

京都金杯&中山金杯予想

シルポートにリーチザクラウンにマイネルファルケ。超スローペースの前残りは見込めないであろうメンバーだし、前日の雨予報もあり、開幕週でもパンパンの良馬場とはならないか。そうなれば、パワーのある差し馬に出番がありそうか。
本命はショウリュウムーン。重馬場のチューリップ賞でアパパネを差し切った力があるのだから、パンパンの良馬場でなければ期待できる。オークス、クイーンS、秋華賞と力を発揮できないままに敗れたが、鳴尾記念でG1級の馬相手に5着と健闘。それに、今回はベストのマイルになるし、上積みも見込めるし、ハンデも変わらずの53キロなら十分に狙える。
2番手にサンディエゴシチー。札幌の重い馬場で重賞を勝っているこの馬。クラシックの長距離線では通用しなかったが、マイル、1800mなら十分勝負になる。前走も初のマイルで古馬相手に勝利。今回も期待したい。
3番手にリクエストソング。前走は初のマイル、馬体重大幅増ながらも勝利。きさらぎ賞でリーチザクラウンの2着に敗れたこの馬だが、ついに本格化したと見てよさそうか。ハンデ55キロならリーチザクラウンを逆転することも可能か。
ライブコンサートも瞬発力勝負では通用しないので、条件的には合っているだろう。昨年の覇者がここ2走復調してきて、期待はできる。ただ、ハンデ57.5は少し不安。押さえまで。
それからダンツホウテイ。ここ3走が本格化したかと思わせる走りで、54キロのハンデなら一発あるかもしれない。
きさらぎ賞の覇者ネオヴァンドームも気になったが、今回のメンバーなら少し力不足ではないのではないだろうか。様子見。
あとは先行馬だが、最初に名前を挙げたシルポートは中9日の厳しいローテーションに加えて、ファイナルSからハンデ1キロ増の厳しい条件でのレース。これは押さえまでか。
そしてリーチザクラウンも、ハンデ58キロが不安。押さえまで。
マイネルファルケも全く復調の気配が見られず、ハンデ57キロはこちらも不安。これは捨てる。
ガルボはいつも通り捨てる。スローペースの展開に恵まれたときしか走らない、ただの弱い馬。

1枠1番サンディエゴシチー牡4藤岡佑56
1枠2番シルポート牡6小牧57×
2枠3番リーチザクラウン牡5武豊58×
2枠4番ライブコンサートセ7岩田57.5
3枠5番ガルボ牡4池添56
3枠6番ネオヴァンドーム牡4福永55
4枠7番ダンツホウテイ牡6太宰54
4枠8番スズカコーズウェイ牡7古川56
5枠9番リクエストソング牡5秋山55
5枠10番リザーブカード牡8安藤勝56
6枠11番ショウリュウムーン牝4浜中53
6枠12番バトルバニヤン牡7川田57
7枠13番マヤノライジン牡10藤田55
7枠14番マイネルファルケ牡6和田57
8枠15番オセアニアボス牡6熊沢56
8枠16番スマートステージ牡6四位54

ワイド8点 1−11 9−11 7−11 4−11 4−11 2−11 1−9 1−7
自信度★★★☆☆


中山2000mなら前残りだろうか。モエレビクトリーが先手を奪うだろう。ハンデ54キロなら気にはなる。ただ、前走も相当展開に恵まれての勝利で過信はできない。
それに続いて先行するのがコスモファントムか。前走からハンデが1キロ増えるが、中山2000mでこのメンバー相手なら通用していい。本命にする。
そしてケイアイドウソジンあたりも先行するだろうが、この馬は捨てる。前走は超スローペースで展開に恵まれたが、今回はそこまでスローにはならないだろうし、斤量も1キロ重くなるのは厳しい。
ミステリアスライトは重賞ではワンパンチ足りないのか。5着だった福島記念と同じハンデなら捨てる。
キョウエイストームは8戦して馬券圏内を外したことがないほどの中山巧者。距離は長いかもしれないが、念のため押さえておく。
1600万を勝ったマッハヴェロシティだが、前走はメンバーが弱すぎた。それに、小回りの中山なら厳しいか。
差し馬ではアクシオンが実力上位だが、57.5キロのハンデがどうなのか。押さえまで。
ナリタクリスタルはハンデが1キロ増えるし、新潟記念以来の休み明けで今回は捨てる。
昨年3着のトウショウウェイヴは、昨年よりハンデが2キロ増えるのでこれも捨てる。
それならセイクリッドバレー。ここ3走は全部前が残る展開で差し届かなかったが、重賞で2着が3回ある馬。実力は十分通用するだろう。展開次第で上位を狙える。

1枠1番アブソリュート牡7田中勝57
1枠2番マイネルスターリー牡6ベリー57
2枠3番キョウエイストーム牡6石橋脩55
2枠4番コスモファントム牡4松岡56
3枠5番セイクリッドバレー牡5三浦56
3枠6番アクシオン牡8内田57.5
4枠7番アルコセニョーラ牝7武士沢54
4枠8番トウショウウェイヴ牡6中舘56
5枠9番マッハヴェロシティ牡5宮崎54
5枠10番ダイワジャンヌ牝6北村宏52
6枠11番ロードキャニオンセ7吉田隼52
6枠12番ナリタクリスタル牡556
7枠13番ケイアイドウソジン牡5吉田豊56
7枠14番イケドラゴン牡6大野52
8枠15番モエレビクトリー牡5的場54×
8枠16番ミステリアスライト牡6蛯名55

ワイド5点 4−5 4−6 3−4 4−15 5−6
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 14:48| Comment(2) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011年のスタート

明けましておめでとうございます。


徹夜で友達と年越しをして、カラオケ、初詣といろいろやってきたため、去年からまだ一度も寝ずに起き続けています。去年からずっとです。


今年は、大学のキャンパスの移動が4月ごろにありそうなので、引っ越し、バイトスケジュール、学校のスケジュールと、大きく変化がありそうです。

それに、今年は大学院の試験があるので、いわば受験生。さらに後半では卒論も忙しくなると思われます。


なので、ブログでの毎年の目標は、回収率何%とか言ったりしてもいましたが、今年の目標は、今まで通り競馬予想を続けることです。とにかく、今と同じペースとはいわないものの、競馬予想だけでも今と同じように更新できればと思っています。


あと、毎年、新しい年になると、競馬予想の表であったり予想の書き方であったりを変えてきていましたが、今年からは、☆、×の印をジーワン競走以外でも使っていきたいと思います。
意味合いとしては☆は狙いたい穴馬。×は多分いらないとは思うものの、一応念のため押さえておく程度の馬という位置づけです。今まで同様、☆や×印がつかないレースも多く出てくることもありえますが。

それから、競馬ニュースの新着を赤色にしていたのですが、古い記事は「他の次走情報を見る」をクリックしなければどうせ見ることができないですので、新着といってわざわざ色を付ける必要がないと思ったので、赤色の字で表示させることをやめます。
少し劣化していると感じるかもしれませんが、「競馬ニュース」の更新日時は記載しているので、不便にはならないと思いますので。



それでは、今年もよろしくお願いします。
posted by ナイト at 15:52| Comment(0) | 挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする