2011年05月31日

さきたま杯予想&安田記念予想1

中央からラヴェリータ、セレスハント、スーニ、ダイショウジェット。
地方からはフジノウェーブ、ラブミーチャン、ジーエスライカー、キングスゾーン、ナイキマドリード。
まず、スーニはもう捨てていいだろう。
レースはジーエスライカーとラブミーチャンが逃げ争うと思うが、ジーエスライカーは1400mは少し長い。こちらを捨てる。
そして、ナイキマドリードは少し格下か。キングスゾーンも交流重賞だと馬券圏内は厳しいか。
残ったのは、ラヴェリータ、セレスハント、ダイショウジェット、フジノウェーブ、ラブミーチャン。
ラヴェリータは格上だが、ここでは距離は短いか。
ダイショウジェットは差し馬。小回り浦和で差し切れるかどうか。
本命はセレスハント。前走かきつばた記念は大敗したが、1400mはベストのはず。
フジノウェーブ。歳を取ってずぶくなって、1200mより1400mのほうが今は強いという話もあり、ここは警戒。
ラブミーチャンは押さえまで。1400mで逃げ争う展開になって最後まで粘れるのかどうか。

1枠1番フジノウェーブ牡9御神本58
2枠2番ナムラハンター牡6秋元56
3枠3番ラヴェリータ牝5武豊55
4枠4番セレスハント牡6福永56
5枠5番ジーエスライカー牡4坂井56
5枠6番イブロン牡9森泰56
6枠7番キングスゾーン牡9安部幸56
6枠8番ラブミーチャン牝4濱口54
7枠9番ダイショウジェット牡8柴山56
7枠10番スーニ牡5川田58
8枠11番ナイキマドリード牡5戸崎56
8枠12番エネルマオー牡9金子正56

馬連6点 3-4 4-9 1-4 4-8 3-9 1-9
自信度★☆☆☆☆


アパパネのヴィクトリアマイルに続くG1制覇があるのかどうか。ただ、今までは陣営が明らかにレースを絞って勝ちを狙ってきていた。この春はマイラーズCを叩いてヴィクトリアマイルで勝負だったのではないだろうか。秋華賞後にエリザベス女王杯で敗れたように、ヴィクトリアマイル後の安田記念は狙いにくい。
では他の馬を考えていく。今度こそジョーカプチーノは腹をくくって逃げると信じたい。シルポート、クレバートウショウ、コスモセンサー、スマイルジャック。このあたりの先行馬を全て制して、そこそこのペースで逃げてくれると思いたい。だがそのジョーカプチーノはやはりマイルはベストではない。府中の最後の1ハロンは厳しいだろう。そうなると、差し馬に出番があるとみる。
京王杯をすごい末脚で差し切ったストロングリターン。差し脚はかなりのものだろう。ただ、スローペースの上がり勝負では結果を残しているが、G1の早いペースでレースが流れた時にどうなるのか。そこが未知の領域で信頼しきれない。
京王杯組では、他には見せ場がなかったサンカルロ、エーシンフォワード、ショウワモダン。
サンカルロはマイルでは他馬を圧倒するような末脚を使えるのだろうか。最近のレースを見ると、1400m以下のほうがよさそうか。
エーシンフォワードはマイルCSをいい脚で差し切った。しかし、コーナーワークで勝った感じは否めない。これよりは、マイルCS2着のダノンヨーヨーのほうが評価できるだろう。ただ、前走は先行したが、今回どのような競馬をするのか。末脚はしっかりしているが、前走で先行する競馬を試していた。持ち味の切れる脚が生かせなくなるのではないか。
本命はショウワモダン。昨年の勝ちタイム1分31秒7はやはり優秀。早い時計の差し比べならこの馬も負けてはいないはず。安田記念以降不調続きだったが、3走前のダービー卿CTで、昨年同様33秒台の脚を使った。自身2度目の33秒台の上がりは復調の証。さらに続くマイラーズCでは自身最速の33秒6。しかも、2回とも59キロを背負ってのこのタイムなので評価できる。前走は1400mが短かっただけで、得意のマイルで、ある程度早いペースで流れれば、復活はあると予想する。

◎ショウワモダン
posted by ナイト at 01:35| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

ダービー&金鯱賞&目黒記念結果

不良馬場で差し脚が殺されるかと思ったが、この日の馬場は外差し馬場だったようだ。
じっくり後方で脚を溜めていた、オルフェーヴル、ナカヤマナイト、ウインバリアシオンが直線で外から追い出すと、そのまま突き抜けて先頭へ。
しかし、先に抜け出したナカヤマナイトは直線半ばで失速。オルフェーヴルとウインバリアシオンが抜け出す。ここから、不良馬場とは思えない末脚で、皐月賞同様突き抜けて行ったのがオルフェーヴル。不良馬場にもかかわらず34秒8の末脚で突き抜けて勝利。2冠達成となった。
2着にウインバリアシオン。こちらも上がりは34秒7。この2頭が抜けていた。通ったコースがよかったのか、雨が得意なのか。
3着以降は大きく離れて内からしぶとく伸びてきたベルシャザール。ナカヤマナイトは力尽きて4着。最後は遅れながらも外から伸びてきたクレスコグランドが5着。

3枠5番オルフェーヴル牡3池添57
2:30.5
1枠1番ウインバリアシオン牡3安藤勝57
2:30.8
4枠7番ベルシャザール牡3後藤57
2:31.9
5枠10番ナカヤマナイト牡3柴田善57
2:32.0
3枠6番クレスコグランド牡3浜中57
2:32.0
7枠14番ショウナンパルフェ牡3三浦57
2:32.6
1枠2番サダムパテック牡3岩田57
2:32.8
2枠3番オールアズワン牡3藤田57
2:32.9
8枠16番トーセンレーヴ牡3ウィリアムズ57
2:33.0
8枠17番ユニバーサルバンク牡3福永57×
2:33.0
7枠15番トーセンラー牡3蛯名57
2:33.0
6枠11番デボネア牡3デットーリ57
2:33.1
4枠8番フェイトフルウォー牡3田中勝57
2:33.2
5枠9番コティリオン牡3小牧57
2:33.2
7枠13番ロッカヴェラーノ牡3武豊57
2:33.4
6枠12番エーシンジャッカル牡3川田57
2:33.7
8枠18番ノーザンリバー牡3ピンナ57
2:35.1
2枠4番リベルタス牡3四位57
中止

結果:-600円


恐るべき強さ。スタートで5馬身近く出遅れたルーラーシップが、道中外からまくって上がっていくと、直線では単騎で楽に逃げていたキャプテントゥーレを捕まえて勝利。海外帰りのルーラーシップ。圧倒的な強さだった。
2着はキャプテントゥーレ、3着はアーネストリー。不良馬場だったが実力馬が上位を占めた。
ナリタクリスタルは道中ずっと手が動きっぱなしで全く伸びなかった。小倉大賞典もそうだったが、気難しさのある馬なのだろう。

7枠13番ルーラーシップ牡4福永58
2:02.4
3枠5番キャプテントゥーレ牡6小牧58
2:02.5
5枠9番アーネストリー牡6佐藤58
2:02.9
2枠3番ホワイトピルグリム牡6池添57
2:03.4
6枠12番アンライバルド牡5ピンナ58
2:03.6
3枠6番フミノイマージン牝5太宰55
2:03.6
2枠4番マンハッタンスカイ牡7岩田57
2:03.8
8枠15番トップカミングセ5蛯名57
2:04.2
6枠11番サンライズベガ牡7北村友57
2:04.2
4枠8番ネオヴァンドーム牡4浜中57
2:04.4
1枠1番エーシンジーライン牡6岡部57
2:04.4
8枠16番アドマイヤメジャー牡5ウィリアムズ57
2:04.6
4枠7番ナリタクリスタル牡5武豊57×
2:04.7
1枠2番ブラストダッシュ牡6和田57
2:04.8
5枠10番ニホンピロレガーロ牡8酒井57
2:06.2
7枠14番マイネルゴルト牡457
2:06.9

結果:ワイド510円的中 -90円


シゲルタックが逃げるところを、4コーナーで早めに捕まえに行ったキングトップガン。軽ハンデを生かしてそのまましぶとく粘りこむところに、先行していたハートビートソング、中団からマカニビスティー、ヤングアットハート、トレイルブレイザーが伸びてくる。
しかし、最後の最後まで雨で伸びない馬場を生かして、キングトップガンが粘り切った。
2着にハートビートソング。
3着にヤングアットハート。4着トレイルブレイザー、5着マカニビスティー。さらにマイネルアンサー、ジャミールと、このあたりまで3着以降は大接戦だった。

4枠8番キングトップガン牡8横山典51×
2:32.5
8枠17番ハートビートソング牡4秋山56
2:32.5
1枠1番ヤングアットハート牡4後藤55
2:32.6
7枠14番トレイルブレイザー牡4安藤勝54
2:32.6
2枠4番マカニビスティー牡4北村宏56
2:32.6
3枠6番マイネルアンサー牡7川島54
2:32.6
8枠18番ジャミール牡5吉田豊57
2:32.7
4枠7番マイネルキッツ牡8松岡58.5×
2:32.9
7枠15番モンテクリスエス牡6藤岡佑56
2:33.6
2枠3番アースシンボル牝6田中勝52
2:33.7
8枠16番トウカイトリック牡9柴田善57.5
2:33.9
6枠12番フォゲッタブル牡5三浦57.5
2:33.9
1枠2番ケイアイドウソジン牡5藤田57
2:34.0
5枠9番イコピコ牡5石橋脩57.5
2:34.2
5枠10番イケドラゴン牡6中谷52
2:35.1
3枠5番オウケンサクラ牝4大庭55
2:35.7
7枠13番シゲルタック牡7武士沢52
2:36.4
6枠11番シャイニータイガー牡5江田照53
取消

結果:-600円
posted by ナイト at 16:08| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

ダービー予想3

予想2からの変更点として、ベルシャザールを捨てる。重馬場で新馬を勝っているが、特別強い勝ち方をしたわけではないので、重馬場が得意ともいえないだろう。キングカメハメハ産駒で重馬場巧者とも思えない。先行はするだろうが、ここ2走の内容からも、上位勢との力差は否めない。
フェイトフルウォーも新馬は重馬場で勝利。ステイゴールド産駒なので、ナカヤマフェスタ同様に重馬場が強いのかもしれない。
それを言うとオルフェーヴルもなのだが、重馬場が得意だったとしても後ろから行き過ぎて切れ味が殺される可能性があるのではないだろうか。
それから、ロジユニヴァース、ヴィクトワールピサ同様に、ネオユニヴァース産駒も重馬場は強いだろう。オールアズワン、ユニバーサルバンクは警戒が必要か。

1枠1番ウインバリアシオン牡3安藤勝57
1枠2番サダムパテック牡3岩田57
2枠3番オールアズワン牡3藤田57
2枠4番リベルタス牡3四位57
3枠5番オルフェーヴル牡3池添57
3枠6番クレスコグランド牡3浜中57
4枠7番ベルシャザール牡3後藤57
4枠8番フェイトフルウォー牡3田中勝57
5枠9番コティリオン牡3小牧57
5枠10番ナカヤマナイト牡3柴田善57
6枠11番デボネア牡3デットーリ57
6枠12番エーシンジャッカル牡3川田57
7枠13番ロッカヴェラーノ牡3武豊57
7枠14番ショウナンパルフェ牡3三浦57
7枠15番トーセンラー牡3蛯名57
8枠16番トーセンレーヴ牡3ウィリアムズ57
8枠17番ユニバーサルバンク牡3福永57×
8枠18番ノーザンリバー牡3ピンナ57

ワイド6点 2-8 2-11 2-3 2-17 8-11 11-17
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 15:53| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

金鯱賞&目黒記念予想&ダービー予想2

重馬場、不良馬場の想定で今週は予想する。
先行するアーネストリー、エーシンジーライン、キャプテントゥーレ、サンライズベガ。このあたりの前残りはやはり警戒が必要だろうか。
本命はキャプテントゥーレ。小回り京都2000m、雨となれば前残り警戒。そこで今回はこの馬。雨で少し馬場が渋っていた皐月賞を快勝。前走はレコード決着の激しい競馬ながら逃げて5着と好走。このメンバーなら十分狙える。
相手はアーネストリー。休み明けとはいえ力の差で押し切るか。
エーシンジーラインはさすがに格下だろう。
ローカルで活躍するサンライズベガだが、これに比べると雨の中京記念を勝ったナリタクリスタルのほうが上か。
そして問題のルーラーシップ。雨できっちり差し切れるのかどうか。不安が残る今回、本命にはできない。
3番手は、雨に強いブラストダッシュ。500万では不良馬場で6馬身差の圧勝。雨での強さは本物か。
穴にホワイトピルグリム。不良馬場での勝利もあり、平坦京都は得意で昨年も4着。コースは合っている。

1枠1番エーシンジーライン牡6岡部57
1枠2番ブラストダッシュ牡6和田57
2枠3番ホワイトピルグリム牡6池添57
2枠4番マンハッタンスカイ牡7岩田57
3枠5番キャプテントゥーレ牡6小牧58
3枠6番フミノイマージン牝5太宰55
4枠7番ナリタクリスタル牡5武豊57×
4枠8番ネオヴァンドーム牡4浜中57
5枠9番アーネストリー牡6佐藤58
5枠10番ニホンピロレガーロ牡8酒井57
6枠11番サンライズベガ牡7北村友57
6枠12番アンライバルド牡5ピンナ58
7枠13番ルーラーシップ牡4福永58
7枠14番マイネルゴルト牡457
8枠15番トップカミングセ5蛯名57
8枠16番アドマイヤメジャー牡5ウィリアムズ57

ワイド6点 5-9 2-5 5-13 3-5 5-7 2-9
自信度★★★☆☆


2500mで重馬場。かなりパワーのいる勝負になるだろう。
本命はマカニビスティー。時計のかかる天皇賞春で4着と追い込んだ。芝でもこういうパワーのいるスタミナ勝負なら上位に来れることが分かった。雨で時計のかかるであろう今回は、もう一度出番があると見た。
似たように長距離のスタミナ勝負が得意のマイネルキッツだが、トップハンデ58.5キロでは押さえまで。
似たタイプのトウカイトリック、フォゲッタブルは57.5キロでは捨てる。57キロのジャミールも同じタイプだろうが、あまりに最近の成績が悪すぎて、それに大外枠では狙いにくい。
2番手はケイアイドウソジン。57キロは少し不安だが、前走は2400mで快勝。距離が大丈夫ならここは警戒しておく。
56キロのハートビートソング。青葉賞3着馬がようやく復活してきた。この馬も怖いが枠が外過ぎる。押さえまで。
このハートビートソングに敗れたあとに1600万を勝ち上がってきたトレイルブレイザーはハンデが54キロ。2キロも差があるならこれは怖い。
55キロのヤングアットハートも1600万を勝ち上がり、前走は新潟大賞典4着。気になる1頭。しかし、新潟大賞典はメンバーも弱かったし、信頼できない。
あとは56キロのモンテクリスエスあたりなのだが、芝の重馬場はあまり得意でないと思うのだがどうだろうか。
穴はキングトップガン。何があったのか、ここ2走急にいい脚で追い込んできている。

1枠1番ヤングアットハート牡4後藤55
1枠2番ケイアイドウソジン牡5藤田57
2枠3番アースシンボル牝6田中勝52
2枠4番マカニビスティー牡4北村宏56
3枠5番オウケンサクラ牝4大庭55
3枠6番マイネルアンサー牡7川島54
4枠7番マイネルキッツ牡8松岡58.5×
4枠8番キングトップガン牡8横山典51×
5枠9番イコピコ牡5石橋脩57.5
5枠10番イケドラゴン牡6中谷52
6枠11番シャイニータイガー牡5江田照53
6枠12番フォゲッタブル牡5三浦57.5
7枠13番シゲルタック牡7武士沢52
7枠14番トレイルブレイザー牡4安藤勝54
7枠15番モンテクリスエス牡6藤岡佑56
8枠16番トウカイトリック牡9柴田善57.5
8枠17番ハートビートソング牡4秋山56
8枠18番ジャミール牡5吉田豊57

ワイド6点 2-4 4-14 4-17 4-7 4-8 2-14
自信度★☆☆☆☆


ダービーも雨を考えなければいけない。ロジユニヴァースが勝ったダービーを想定してもいいかもしれない。
陣営が良馬場でと言っているのはナカヤマナイト。これは捨てる。
後方待機の追い込み馬、ウインバリアシオン、エーシンジャッカル、オルフェーヴル、コティリオン、トーセンラー。このあたりは切れ味が殺されるだろう。思い切って捨てる。
ショウナンパルフェはテン乗り三浦では買いにくい。
ノーザンリバー、リベルタスあたりは力不足だろう。
さて、今回逃げそうなのはフェイトフルウォーかベルシャザールか。まずこの2頭は怖い。後ろが伸びない馬場なら前に行ったもの勝ちになる。
他に先行しそうなのはユニバーサルバンク。しぶとく粘るならこの馬か。直線で不利を受けたラジオNIKKEI杯、差す競馬をした若葉Sは敗れたが、この2走以外で全て連対している安定感は不気味。
それから、結局サダムパテック、デボネアあたりの実力馬は怖い。
トーセンレーヴはトライアルの連闘からのダービーと、この厳しいローテーションは狙いにくい。それに、少し力不足な感じは否めない。
ロッカヴェラーノは皐月賞で素晴らしい末脚を見せていたが、すみれSの勝ち方がそこまで強いとも思えなかったので狙いにくい。
雨で実績があるのはクレスコグランド。しかし、重馬場で勝った500万も接戦だったし、ここまで特に強い内容で勝ったことがない。タイムも上がりも平凡で、ここでは一枚格下か。
最後に大穴オールアズワン。切れる脚は持っていないのに、最近は後ろから行く競馬をしていた。札幌の重い洋芝で実績がある馬だけに、雨は強いかもしれない。先行すれば一発があるかもしれない。

1枠1番ウインバリアシオン牡3安藤勝57
1枠2番サダムパテック牡3岩田57
2枠3番オールアズワン牡3藤田57
2枠4番リベルタス牡3四位57
3枠5番オルフェーヴル牡3池添57
3枠6番クレスコグランド牡3浜中57
4枠7番ベルシャザール牡3後藤57
4枠8番フェイトフルウォー牡3田中勝57
5枠9番コティリオン牡3小牧57
5枠10番ナカヤマナイト牡3柴田善57
6枠11番デボネア牡3デットーリ57
6枠12番エーシンジャッカル牡3川田57
7枠13番ロッカヴェラーノ牡3武豊57
7枠14番ショウナンパルフェ牡3三浦57
7枠15番トーセンラー牡3蛯名57
8枠16番トーセンレーヴ牡3ウィリアムズ57
8枠17番ユニバーサルバンク牡3福永57×
8枠18番ノーザンリバー牡3ピンナ57
posted by ナイト at 19:56| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

ダービー予想1

皐月賞はエイシンオスマンの出走でまずまずのペースで流れたが、今度のダービーは本当に逃げ馬不在。それに、今の東京は超高速馬場。昨年同様、かなりの瞬発力勝負になるのではないだろうか。
そうなると、皐月賞組から怖いのはやはりオルフェーヴル。そしてサダムパテック、ナカヤマナイト、トーセンラー。このあたりの、33秒台、もしかすると32秒台の末脚を使ってくると思われる、切れ味のある馬が怖い。
別路線では、青葉賞組は怖いものの、ウインバリアシオンが勝つようなレースならそこまでレベルは高くないだろう。それに敗れてプリンシパルSを勝ったトーセンレーヴも同じ。
それよりは、NHKマイルCからコティリオン。この馬の末脚は素晴らしい。ただ、2400mというのが不安材料。
やはり皐月賞組が主力か。
レースを見直すと、オルフェーヴルは見事に馬群を割って抜け出せた。それに比べてサダムパテックはスタートで少し立ち遅れ、馬群を割るのに手間取った。また、トーセンラーは終始大外を回ってロスが大きかった。
やはり、オルフェーヴルは、皐月賞はあまりにうまくいきすぎた感じが強い。確かに末脚は一級品だが、2度もうまくいくのかどうか。
そしてナカヤマナイトだが、前走は共同通信杯以来で万全でなかった感じはあるが、それでもいまいち直線での伸びを欠いた。いい脚を持っているのは確かだが、ホープフルS、共同通信杯で戦ってきた相手を考えると、そこまで強豪と争っていたわけではなく、少し力不足なのではないかと思ってしまう。
トーセンラーは外枠による不利は大きかっただろう。ただ、もう一歩伸びてきてほしかった印象はある。そして、調教師のダービー連覇というのは今までにないことで、ちょっと狙いにくい。
本命はサダムパテック。スムーズにレースを進められれば、2400mでもチャンスはあるとみる。

◎サダムパテック
posted by ナイト at 14:25| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

オークス&東海S結果

オークスにしては珍しく、そこそこ早いペースでレースが進む。
レースを引っ張ったのはピュアブリーゼ。切れる脚というよりは、しぶとく粘るタイプの馬だけに、積極的な先行策で引っ張る。
人気の2頭は後方から。ホエールキャプチャはスタートで立ち遅れ。マルセリーナはスタートは普通だったが、どんどん位置取りを悪くし、ホエールキャプチャよりもさらに後ろからレースを進める形に。
直線に向くと、逃げるピュアブリーゼがしぶとく粘る。4コーナーでマルセリーナは大外に回したせいで大きなコースロス。直線入り口では最後方にまで下がり万事休す。
その前にいたホエールキャプチャは、直線に向くといい脚で伸びてくる。しかし、前でピュアブリーゼがしぶとく粘る。
しかし、そんな中、中団の内から抜け出してきたのはエリンコート。ホエールキャプチャと2頭が、ピュアブリーゼに迫って、ゴール前は3頭の叩き合い。
最内で粘るピュアブリーゼ、外から迫るホエールキャプチャ。しかし、勝ったのは真ん中、エリンコートだった。
2着にピュアブリーゼ。気分よく単騎で見事に逃げ粘った。
3着にホエールキャプチャ。スタートで立ち遅れた分が痛かったか。
4着にはマルセリーナ。完全に騎乗ミスと思える内容だったが、それでも4着にまで追い込んできたのはさすが。

2枠4番エリンコート牝3後藤55
2:25.7
8枠18番ピュアブリーゼ牝3柴田善55
2:25.7
6枠12番ホエールキャプチャ牝3池添55
2:25.7
5枠9番マルセリーナ牝3安藤勝55
2:26.1
7枠14番スピードリッパー牝3蛯名55
2:26.2
8枠17番マイネイサベル牝3松岡55
2:26.2
6枠11番アカンサス牝3北村宏55
2:26.2
7枠15番ハッピーグラス牝3松田55
2:26.4
1枠1番ハブルバブル牝3ウィリアムズ55
2:26.4
5枠10番デルマドゥルガー牝3ピンナ55
2:26.7
1枠2番メデタシ牝3浜中55
2:26.7
4枠8番マイネソルシエール牝3柴田大55
2:26.9
4枠7番ライステラス牝3丸田55
2:26.9
8枠16番グルヴェイグ牝3四位55
2:27.1
3枠6番サイレントソニック牝3田中勝55
2:27.3
3枠5番カルマート牝3吉田豊55
2:27.5
2枠3番バウンシーチューン牝3三浦55
2:28.6
7枠13番シシリアンブリーズ牝3藤岡佑55
2:28.6

結果:-500円


雨が予想以上に降って、不良馬場でのレースとなった今回。逃げたランフォルセがそのまま直線で後続を突き放して行く形になりかけたが、その後ろからレースを進めていたワンダーアキュートがそれについて行き、直線半ばで捕らえてそのままゴール。やはりこの馬は力がある。
2着に逃げて粘ったランフォルセ。雨、そして展開に恵まれたことは否めない。
3着には雨でスピードの出る馬場が得意なシルクメビウス。しかし先行馬有利の流れで前の2頭には届かなかった。
4、5着はテスタマッタとゴルトブリッツ。道中、3、4コーナーと大外を回って上がって行ったのがよくなかったか、直線ではいまいち伸びきれず。

4枠8番ワンダーアキュート牡5和田57
1:53.7
8枠15番ランフォルセ牡5横山典57
1:53.8
1枠2番シルクメビウス牡5武豊58
1:54.2
5枠9番テスタマッタ牡5福永58
1:54.3
7枠13番ゴルトブリッツ牡4田辺57
1:54.4
3枠6番バーディバーディ牡457
1:54.7
2枠4番マストハブ牡4鮫島57
1:54.8
2枠3番キングスエンブレム牡6秋山57
1:54.8
7枠14番ハギノリベラ牡5津村57
1:54.9
1枠1番シビルウォー牡6藤田57
1:55.0
6枠11番ピイラニハイウェイ牡6熊沢57
1:55.4
6枠12番メダリアビート牡5川田57
1:55.5
3枠5番マイネルアワグラス牡7小牧57
1:55.6
5枠10番クリーン牡7北村友57
1:55.8
8枠16番クリールパッション牡6佐藤57
除外
4枠7番フィールドルージュ牡9小林徹58
取消

結果:ワイド780円的中 +180円
posted by ナイト at 16:17| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

オークス予想3&東海S予想

まだ東京は内枠有利とみていいだろう。ハブルバブルの1枠は怖い。
逆に8枠の2頭は狙いにくくなった。ということで、マイネイサベルを捨てる。
たしかに桜花賞をパスしてオークス狙いなのはわかるが、やはり本当にそれだけの強さがある馬なのかどうか疑問がある。ここ2走は、雨、ハイペースと敗戦の理由はあるが、クイーンCではホエールキャプチャに完敗だったし、やはり一枚格下ではないか。2400mが得意かというと、テレグノシス産駒でそうとも思えない。

1枠1番ハブルバブル牝3ウィリアムズ55
1枠2番メデタシ牝3浜中55
2枠3番バウンシーチューン牝3三浦55
2枠4番エリンコート牝3後藤55
3枠5番カルマート牝3吉田豊55
3枠6番サイレントソニック牝3田中勝55
4枠7番ライステラス牝3丸田55
4枠8番マイネソルシエール牝3柴田大55
5枠9番マルセリーナ牝3安藤勝55
5枠10番デルマドゥルガー牝3ピンナ55
6枠11番アカンサス牝3北村宏55
6枠12番ホエールキャプチャ牝3池添55
7枠13番シシリアンブリーズ牝3藤岡佑55
7枠14番スピードリッパー牝3蛯名55
7枠15番ハッピーグラス牝3松田55
8枠16番グルヴェイグ牝3四位55
8枠17番マイネイサベル牝3松岡55
8枠18番ピュアブリーゼ牝3柴田善55

馬連5点 1-9 9-12 4-9 9-16 1-12
自信度★★★☆☆


裏開催なのに馬も騎手も揃っている東海S。オークスよりこちらのほうが面白いと思えるほどのレース。
シルクメビウスに武豊、テスタマッタに福永。この2人がオークスに乗っていないのが不思議。
ほかにも、ワンダーアキュート、バーディバーディ、ゴルトブリッツ、キングスエンブレムと、強豪が勢揃いしている。
クリールパッションやランフォルセあたりも気にはなるが、8枠なので今回は捨てておく。
さて、上位6頭から本命を選ぶのだが、難しい。
キングスエンブレムはムラがありすぎて狙いにくいところがある。シリウスS1着、みやこS2着と実力は確かなのだが、いつその力を発揮するのかわからない。
シルクメビウスは58キロを背負うのが狙いにくい。それに、これだけのメンバーを追い込みで一気に交わせるかというと、厳しいのではないだろうか。
前走復活勝利を挙げたテスタマッタ。かなり強い勝ち方だったが、今回はさらにメンバーが強化される。2走前に仁川Sで3着に負けているあたりからも、まだ信頼できない。ここでも好走するようなら、完全復活といっていいだろう。
アンタレスSで圧勝したゴルトブリッツ。やはり素質はかなりのものだったようだが、まだ信頼しきれていない部分がある。それは、重、不良馬場だととにかく強いが、良馬場だとどうなのか。ここ2走の強さと、東京大賞典7着との差が大きい。良馬場、パワーのいる馬場はあまり得意でないのかもしれないと思ってしまう。もしそうであれば、今回は少し不安がある。東京大賞典で負けた相手も出走してくるわけで、過度の期待は禁物ではないだろうか。
ではその東京大賞典3着だったバーディバーディだが、安定感は抜群。しかし、あと一歩が足りない。今回は逃げ馬不在でスローペースになると思うが、直線で他の馬を置いて抜け出していくような鋭い脚が見られない。
本命はワンダーアキュート。先行して4コーナーで先頭に立ち、そのまま粘りこむような競馬ができれば理想ではないだろうか。スローペースが予想されるので、前残りが期待できる。

1枠1番シビルウォー牡6藤田57
1枠2番シルクメビウス牡5武豊58
2枠3番キングスエンブレム牡6秋山57
2枠4番マストハブ牡4鮫島57
3枠5番マイネルアワグラス牡7小牧57
3枠6番バーディバーディ牡457
4枠7番フィールドルージュ牡9小林徹58
4枠8番ワンダーアキュート牡5和田57
5枠9番テスタマッタ牡5福永58
5枠10番クリーン牡7北村友57
6枠11番ピイラニハイウェイ牡6熊沢57
6枠12番メダリアビート牡5川田57
7枠13番ゴルトブリッツ牡4田辺57
7枠14番ハギノリベラ牡5津村57
8枠15番ランフォルセ牡5横山典57
8枠16番クリールパッション牡6佐藤57

ワイド6点 8-13 8-9 2-8 6-8 3-8 9-13
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 12:51| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

オークス予想2

マルセリーナはやはり強いだろう。
ホエールキャプチャはクロフネ産駒だし距離の不安が残る。3番手評価まで。
2番手評価はハブルバブル。連闘の後に中1週という厳しいローテーションだった桜花賞からの上積みが期待できる。1800mで好走しており、距離が延びるのも好材料か。
距離を考えるなら怖いのはエリンコート。牡馬相手の敗戦続きだったが、ここ2走は牝馬限定戦で連勝。しかも、1800m、2000mと距離延長での2連勝だし、フローラS2、3着馬、スイートピーS2着馬を倒しているのも心強い。ただ、デュランダル産駒で、本当に長距離が強いのかどうかもまだ信用できない。押さえ評価まで。
そのフローラSを勝ったバウンシーチューンは今回も後方待機の競馬をするだろう。ハイペースで展開が向いた前走と違い、オークスはスローペースになりやすい。ここはいらないだろう。むしろ、フローラSは雨で敗れたが、桜花賞をパスしてここを狙ってきたマイネイサベルのほうが怖い。
スイートピーS組は勝ち馬も含めて格下だろう。
他には、矢車賞勝ちのグルヴェイグ。エアグルーヴにディープインパクトという良血馬。前走は上がり33秒6で楽勝。エルフィンSで3着と敗れたが、ヒモ争いなら十分怖いし、距離が延びる今回はさらによくなる可能性もある。ただ8枠では少し狙いにくい。
あとは、1800mで好走しているのでスピードリッパーも少し気にはなったが、スローの差し比べになりやすいオークスなら、ファルブラヴ産駒のこの馬は狙いにくい。
桜花賞4着のメデタシも、展開が向いての4着だった感じは否めない。

1枠1番ハブルバブル牝3ウィリアムズ55
1枠2番メデタシ牝3浜中55
2枠3番バウンシーチューン牝3三浦55
2枠4番エリンコート牝3後藤55
3枠5番カルマート牝3吉田豊55
3枠6番サイレントソニック牝3田中勝55
4枠7番ライステラス牝3丸田55
4枠8番マイネソルシエール牝3柴田大55
5枠9番マルセリーナ牝3安藤勝55
5枠10番デルマドゥルガー牝3ピンナ55
6枠11番アカンサス牝3北村宏55
6枠12番ホエールキャプチャ牝3池添55
7枠13番シシリアンブリーズ牝3藤岡佑55
7枠14番スピードリッパー牝3蛯名55
7枠15番ハッピーグラス牝3松田55
8枠16番グルヴェイグ牝3四位55
8枠17番マイネイサベル牝3松岡55
8枠18番ピュアブリーゼ牝3柴田善55
posted by ナイト at 14:59| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

オークス予想1

マルセリーナVSホエールキャプチャだろうか。だが、ホエールキャプチャは新馬、未勝利と1200mで走っている。2400mは少し長いのではないだろうか。クロフネ産駒というのも長距離実績がない。
ならマルセリーナだろう。
フローラSはハイペースで展開が向いただけのバウンシーチューンが勝ったわけで、特に強い馬もいなかった。強いて言うなら負けたマイネイサベルの巻き返しだが、阪神JFの結果を考えると少し格下か。
忘れな草賞勝ちのエリンコートだが、タイムも遅く、デュランダル産駒で2400mというのも狙いにくい。
スイートピーS組は格下だろう。
あとは、矢車賞を勝ったグルヴェイグだが、エルフィンSで3着に敗れており、マルセリーナを倒すほどの馬には思えない。この馬も、他のエアグルーヴ産駒同様、人気先行になってしまうのではないだろうか。ただ、マルセリーナがマイルしか走っていないことを考えると、1800mで勝っているこの馬は少し気にはなるが。

◎マルセリーナ
posted by ナイト at 03:55| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

ヴィクトリアマイル&京王杯SC&京都HJ結果

オウケンサクラが後続を引き離して逃げるが、直線に向くと後続につかまり、内からレディアルバローザが抜け出す。
今週からBコースになった馬場で、内が伸びやすく、そして前が残りやすい馬場で、まさかのレディアルバローザの前残りかと思ったところだったが、そうはいかなかった。
遅れながらも外から2頭がやってくる。
先に抜け出したのはアパパネ。残り100mでレディアルバローザを交わして先頭に立つ。
そしてその外からやってきたのがブエナビスタ。最後の最後でアパパネを猛追。直線途中では3着以下を覚悟するような位置だったが、そこからの猛追。レディアルバローザも交わしてアパパネに迫る。
しかし、ゴール前、アパパネにクビ差だけ迫ったところがゴール。あと一完歩、二完歩という差だけ届かずゴールした。
3着以下は、オウケンサクラが飛ばして行ったことで多少は流れが早くなり予想していたスローの瞬発力勝負とはならなかったため、内の先行馬が有利になったか、レディアルバローザ、グランプリエンゼル、アンシェルブルーとなった。

8枠16番アパパネ牝4蛯名55
1:31.9
7枠13番ブエナビスタ牝5岩田55
1:31.9
2枠4番レディアルバローザ牝4福永55
1:32.0
2枠3番グランプリエンゼル牝5ウィリアムズ55
1:32.2
3枠5番アンシェルブルー牝4田中勝55
1:32.3
6枠12番スプリングサンダー牝4四位55
1:32.3
1枠2番アニメイトバイオ牝4後藤55
1:32.3
1枠1番ワイルドラズベリー牝4池添55
1:32.5
4枠7番ブロードストリート牝5藤田武士沢55
1:32.5
7枠14番ディアアレトゥーサ牝4吉田豊55
1:32.9
5枠10番コスモネモシン牝4松岡55
1:33.2
4枠8番カウアイレーン牝5横山典55
1:33.2
5枠9番ショウリュウムーン牝4浜中55
1:33.3
6枠11番エーシンリターンズ牝4三浦55
1:33.5
3枠6番オウケンサクラ牝4北村宏55
1:33.6
8枠17番ブラボーデイジー牝6北村友55
1:34.2
8枠15番アプリコットフィズ牝4武豊55
1:34.4

結果:-500円


前半3ハロン35秒0。この程度の遅さでしか逃げることができないシルポートを、どうしてほかの騎手は単騎で行かせるのか。こんな、1800mレベルの前半ペースになることをどうしてほかの騎手は許すのか。
結局今回も、いつも通りハナに立つスピードを持っていないはずのシルポートが楽にハナを譲ってもらうような形になり、2番手のジョーカプチーノ、その後ろのコスモセンサーあたりと揃って前残りの形に。
ただ、今回はそれを差す馬がいた。1600万で32秒台の上がりを記録したこともある、強烈な瞬発力の持ち主、ストロングリターンがゴール前で見事に差し切った。
2着にシルポート、3着にジョーカプチーノ、4着にコスモセンサー。

3枠5番ストロングリターン牡5石橋脩57
1:20.2
6枠11番シルポート牡6小牧58
1:20.2
4枠7番ジョーカプチーノ牡5福永58
1:20.2
4枠8番コスモセンサー牡4松岡57
1:20.3
1枠2番クレバートウショウ牡5武豊57
1:20.4
1枠1番フィフスペトル牡5横山典57
1:20.6
7枠13番ドリームバレンチノ牡4松山57
1:20.6
8枠16番エーシンフォワード牡6岩田59
1:20.7
3枠6番サンカルロ牡5吉田豊57
1:20.8
5枠9番ラインブラッド牡5三浦57
1:20.8
2枠3番シンボリグラン牡9北村宏57
1:20.8
7枠14番ガルボ牡4ウィリアムズ57
1:20.9
8枠17番アポロドルチェ牡6柴山57
1:21.2
6枠12番ショウワモダン牡7後藤59
1:21.3
5枠10番フラガラッハ牡4柴田善57
1:21.3
8枠15番ショウナンアルバ牡6蛯名57
1:21.5
2枠4番ユキノハボタン牝6大庭55
1:21.7

結果:-500円


最初の障害でキングジョイが落馬となり、波乱の展開となる。
レースはランヘランバの大逃げで進むと、最後の向こう正面、3コーナーあたりでようやく後続がランヘランバに迫っていく。
とはいっても、さすがにランヘランバも力があり、なかなか後続との差は縮まらない。
逃げていたテイエムトッパズレが早めに仕掛けるが、これは早仕掛け過ぎたか脱落し、好位からタマモグレアー、アペリティフの2頭が抜けてくる。
しかし、アペリティフもまだまだ力不足か、平地で京都新聞杯2着の実力がある馬といえども、ランヘランバには全く及ばず。
最後の直線で伸びてきたのはタマモグレアー。大差の開いたランヘランバを、最後の直線で猛追するタマモグレアー。
上がり3ハロン41秒6と、完全にバテきったランヘランバに襲いかかるタマモグレアー。最後、クビ差だけ交わして先頭に立ったところでゴール。タマモグレアーが勝利。
2着にランヘランバ。わずかに粘り切れなかった。
3着に大きく離れてアペリティフ。

3枠4番タマモグレアーセ760
4:27.1
7枠12番ランヘランバ牡8五十嵐60
4:27.1
5枠7番アペリティフセ8今村60
4:29.0
6枠9番グロッケンライン牡6高田60
4:29.6
4枠5番ナムラチェンジ牡6植野60
4:29.8
2枠2番エイシンボストン牡9白浜60
4:30.2
3枠3番マサノブルースセ4黒岩59
4:30.6
1枠1番テイエムトッパズレ牡8佐久間61
4:30.8
7枠11番トーセンジョーカー牡8横山義60
4:31.3
8枠13番プライドイズハート牡7山本60
4:32.2
5枠8番ピサロナイト牡4中村59
4:35.6
4枠6番スズカスペンサー牡6北沢60
4:35.9
8枠14番デアモント牡5小坂60
4:38.0
6枠10番キングジョイ牡9西谷62
中止

結果:ワイド380円的中 -120円
posted by ナイト at 16:06| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

ヴィクトリアマイル予想3

相手を思いっきり絞り込んだが、どうせのことなのでさらに絞り込んでみる。
今日の京王杯SCを見ても、かなり馬場状態はいいのだろう。直線の瞬発力勝負で上がり33秒台が当たり前の勝負になってくると思われる。
ならば、後方待機のワイルドラズベリーは届かないのではないだろうか。位置取りが後ろすぎる。どうせスローペースなので、いい脚を使ったとしても前には届かないと予想する。
捨てに捨てた今回の予想。4頭で勝負する。

1枠1番ワイルドラズベリー牝4池添55
1枠2番アニメイトバイオ牝4後藤55
2枠3番グランプリエンゼル牝5ウィリアムズ55
2枠4番レディアルバローザ牝4福永55
3枠5番アンシェルブルー牝4田中勝55
3枠6番オウケンサクラ牝4北村宏55
4枠7番ブロードストリート牝5藤田武士沢55
4枠8番カウアイレーン牝5横山典55
5枠9番ショウリュウムーン牝4浜中55
5枠10番コスモネモシン牝4松岡55
6枠11番エーシンリターンズ牝4三浦55
6枠12番スプリングサンダー牝4四位55
7枠13番ブエナビスタ牝5岩田55
7枠14番ディアアレトゥーサ牝4吉田豊55
8枠15番アプリコットフィズ牝4武豊55
8枠16番アパパネ牝4蛯名55
8枠17番ブラボーデイジー牝6北村友55

三連複3点 8-13-16 9-13-16 8-9-13
馬連2点 8-13 9-13

自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 16:29| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

京王杯SC&京都HJ予想&ヴィクトリアマイル予想2

1400mという中途半端な距離だが、意外とこの距離が得意という馬は多い気がする。
今回でいえばサンカルロ、エーシンフォワード、ストロングリターン。
本命はサンカルロ。今回はそこそこ先行馬が揃っており、まずまず早めのペースで流れるのではないかと思っている。それなら、中団、後方から抜けてくる馬が狙い目。と考えればこの馬ではないだろうか。
2番手にストロングリターン。1600万を58キロ、57.5キロの厳しいハンデで好走している。末脚は毎回素晴らしいので、あとは力関係。前半が早いペースになった時に対応できるのかどうか。
それからエーシンフォワード。59キロの8枠は狙いにくいので3番手まで。
他にはジョーカプチーノ。58キロ、1400mでもスピードの違いで押し切る可能性はある。
あとフラガラッハ。阪急杯では大外からいい脚で追い込んできた。
ガルボ、クレバートウショウ、シルポートあたりの先行馬は、ジョーカプチーノがいればついて行けない気がする。単騎で楽にスローで行ったときに最後まで粘る馬という印象で、ジョーカプチーノについて行くスピード、さらに直線で加速して後続を寄せ付けない強さがあるとは思えない。
ショウナンアルバは3歳のころから素質は評価されていたが、気性が荒いので狙いにくい馬。それに雨に弱いので、馬場がどこまで回復するかというのが問題になってくる。
あとフィフスペトルはそこまで強いと思えないし、忘れたころのシンボリグランは勘弁してほしい。

1枠1番フィフスペトル牡5横山典57
1枠2番クレバートウショウ牡5武豊57
2枠3番シンボリグラン牡9北村宏57
2枠4番ユキノハボタン牝6大庭55
3枠5番ストロングリターン牡5石橋脩57
3枠6番サンカルロ牡5吉田豊57
4枠7番ジョーカプチーノ牡5福永58
4枠8番コスモセンサー牡4松岡57
5枠9番ラインブラッド牡5三浦57
5枠10番フラガラッハ牡4柴田善57
6枠11番シルポート牡6小牧58
6枠12番ショウワモダン牡7後藤59
7枠13番ドリームバレンチノ牡4松山57
7枠14番ガルボ牡4ウィリアムズ57
8枠15番ショウナンアルバ牡6蛯名57
8枠16番エーシンフォワード牡6岩田59
8枠17番アポロドルチェ牡6柴山57

ワイド5点 5-6 6-16 6-7 6-10 5-16
自信度★☆☆☆☆


ここはランヘランバが1頭格上か。それに続くであろう阪神SJ組を考える。
実績でトップのキングジョイだが、前走は1年3か月ぶりのレース。やはり叩き2走目の今回は怖いか。
それからテイエムトッパズレは、スタートに失敗しながらも2着と好走。逃げて強い馬なので、スタートさえ決まれば今回は期待していい。
そしてタマモグレアー。中山大障害2着の実績からして、もっとやれていいはずの馬。前走はたすきコースを出る時に大外にいたので、その後の急なコーナーでかなりのコースロスがあった。巻き返しを期待したい。
別路線では淀JSできわどい1、2着だったプライドイズハートとトーセンジョーカーだが、トーセンジョーカーは中山大障害で8着と大敗しており、少し格下か。勝ったプライドイズハートのほうはここ2戦で馬が変わったかのような連勝。この勢いは本物なのか。

1枠1番テイエムトッパズレ牡8佐久間61
2枠2番エイシンボストン牡9白浜60
3枠3番マサノブルースセ4黒岩59
3枠4番タマモグレアーセ760
4枠5番ナムラチェンジ牡6植野60
4枠6番スズカスペンサー牡6北沢60
5枠7番アペリティフセ8今村60
5枠8番ピサロナイト牡4中村59
6枠9番グロッケンライン牡6高田60
6枠10番キングジョイ牡9西谷62
7枠11番トーセンジョーカー牡8横山義60
7枠12番ランヘランバ牡8五十嵐60
8枠13番プライドイズハート牡7山本60
8枠14番デアモント牡5小坂60

ワイド5点 1-12 10-12 12-13 4-12 1-10
自信度★★★☆☆


ブエナビスタVSアパパネ。
あとはヒモ争いだろう。考えるべきは、高速馬場東京、マイル戦。それでいて逃げ馬不在のスローペース瞬発力勝負。つまり、切れる脚が使えるタイプの馬を狙うべきか。
切れる脚が使えなさそうなのは、ブラボーデイジー、アプリコットフィズ、オウケンサクラ、コスモネモシン。
レディアルバローザも、いい脚はあるかもしれないがスローの瞬発力勝負だと弱い。好走しているときはどちらかといえばハイペースの、少し上がりのかかる勝負のときのほうが多い。
また、アンシェルブルー、グランプリエンゼルは距離が長い。逆にブロードストリートは少し短いか。
ディアアレトゥーサ、スプリングサンダーは実力不足だろう。
アニメイトバイオ、エーシンリターンズは休み明け初戦で狙いにくい。
残ったのは、ショウリュウムーン、ワイルドラズベリー、カウアイレーン。
ショウリュウムーンはマイルがベスト。京都牝馬Sを差し切っており、牝馬では実力上位。
ワイルドラズベリーは叩き2走目での変化を期待。ローズS2着の末脚は素晴らしかったし、距離もマイルくらいがベストだろう。巻き返しはあるとみている。
そしてカウアイレーン。マイルのスローの瞬発力勝負で牝馬相手なら十分勝負になる。展開が向けば2強の一角を倒す可能性まであると思っている。

1枠1番ワイルドラズベリー牝4池添55
1枠2番アニメイトバイオ牝4後藤55
2枠3番グランプリエンゼル牝5ウィリアムズ55
2枠4番レディアルバローザ牝4福永55
3枠5番アンシェルブルー牝4田中勝55
3枠6番オウケンサクラ牝4北村宏55
4枠7番ブロードストリート牝5藤田55
4枠8番カウアイレーン牝5横山典55
5枠9番ショウリュウムーン牝4浜中55
5枠10番コスモネモシン牝4松岡55
6枠11番エーシンリターンズ牝4三浦55
6枠12番スプリングサンダー牝4四位55
7枠13番ブエナビスタ牝5岩田55
7枠14番ディアアレトゥーサ牝4吉田豊55
8枠15番アプリコットフィズ牝4武豊55
8枠16番アパパネ牝4蛯名55
8枠17番ブラボーデイジー牝6北村友55
posted by ナイト at 17:55| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

ヴィクトリアマイル予想1

叩き2走目のアパパネはいつも強い。が、ディアアレトゥーサ、コスモネモシン、オウケンサクラ、アプリコットフィズ、アグネスワルツ。同年代のその後の成績を見ると牝馬3冠といっても本当に強いのかどうか怪しくなってくる。やはりあの馬には敵わないか。

◎ブエナビスタ
posted by ナイト at 00:36| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

NHKマイルC&新潟大賞典&京都新聞杯結果

フォーエバーマークが逃げて、その後ろもクリアンサスなどが追いかけて、よどみのない展開で進む。そのまま直線に向くと、逃げるフォーエバーマークにエイシンオスマン、プレイなどが好位から抜け出そうとしてくる。
しかし、中団で待機していたグランプリボスが外から抜け出すとそのまま突き放して快勝。力の差を改めて見せ付けられた。
2着にはスタートで出遅れて、最後方から大外を回して追い込んできたコティリオン。この馬もやはり力はある。今回出遅れていなければ、グランプリボスを倒せていたかもしれない。
3着にリアルインパクト。ニュージーランドTではまだ仕上がっていなかったようだが、今回は調子を上げてきていたか、中団の内から抜け出して3着に。
ヘニーハウンドはかかりながらのレース。マイルは長かったのか。

7枠13番グランプリボス牡3ウィリアムズ57
1:32.2
8枠17番コティリオン牡3小牧57
1:32.4
1枠1番リアルインパクト牡3内田57
1:32.5
2枠3番エイシンオスマン牡3後藤57
1:32.6
4枠8番プレイ牡3柴田大57
1:32.7
3枠5番マイネルラクリマ牡3松岡57
1:32.7
8枠18番オメガブレイン牡3横山典57
1:32.8
5枠10番フォーエバーマーク牝3吉田豊55
1:32.9
2枠4番エーシンジャッカル牡3岩田57
1:33.1
7枠14番アイヴィーリーグ牡3福永57
1:33.1
8枠16番アドマイヤサガス牡3川田57
1:33.2
5枠9番ヘニーハウンド牡3ピンナ57
1:33.3
6枠12番キョウエイバサラ牡3小林慎57
1:33.5
6枠11番テイエムオオタカ牡3大庭57
1:33.7
3枠6番ダンスファンタジア牝3北村宏55
1:34.3
4枠7番クリアンサス牝3武豊55
1:34.4
7枠15番ロビンフット牡3吉田隼57
1:34.8
1枠2番リキサンマックス牡3柴原57
1:35.4

結果:ワイド1180円的中 +580円


シャドウゲイトが逃げてサンライズベガが2番手から。少し後続と差を広げて逃げていたため、直線に向いてもなかなか差が縮まらず、サンライズベガが先頭に代わって立つと、そのまま粘るかと思われた。
しかし最後は外から抜け出してきた2頭の差し争いとなった。
勝ったのはセイクリッドバレー。やはり新潟は得意で、ここでは一枚上だったか。
2着にもう1頭新潟得意のマッハヴェロシティ。最近の成績では狙いにくいかと思ったが、新潟で2勝しているように本当に得意なようだ。
3着に粘ったサンライズベガ。

3枠5番セイクリッドバレー牡5丸山56
1:58.4
8枠16番マッハヴェロシティ牡5宮崎54
1:58.4
7枠13番サンライズベガ牡7秋山56
1:58.6
8枠15番ヤングアットハート牡4佐藤55
1:58.7
1枠1番シャドウゲイト牡9田中勝58
1:58.9
5枠9番タッチミーノット牡5三浦55
1:58.9
6枠12番ヤマニンウイスカー牡5藤岡康54
1:59.5
4枠8番キタサンアミーゴ牡5津村55
1:59.6
4枠7番ダンスインザモア牡9丸田55
1:59.6
2枠3番イケドラゴン牡6大野52
1:59.9
2枠4番アンノルーチェ牡6上村56
2:00.0
5枠10番アロマカフェ牡4柴田善56
2:00.1
3枠6番アドマイヤメジャー牡5北村友57
2:00.5
1枠2番マイネルゴルト牡455
2:01.9
7枠14番アルコセニョーラ牝7武士沢52
中止
6枠11番マンハッタンスカイ牡7武幸56
取消

結果:ワイド520円的中 -80円


サンビームがスローの単騎逃げで、直線に入ると後続を突き放して行くが、好位からユニバーサルバンクが抜け出し、先頭に。
しかし、中団の外から一気に2頭揃って伸びてくる。クレスコグランドとサウンドバスター。
最後は3頭の叩き合いとなったが、わずかにゴール手前で抜け出したクレスコグランドが勝利。2着にユニバーサルバンクが粘り、3着にサウンドバスターという結果になった。
人気のレッドデイヴィスは馬体重マイナス16キロで、レース後に骨折が判明。これでは大敗もしょうがない。軽傷のようなので秋には戻って来てもらいたい。

3枠5番クレスコグランド牡3武豊56
2:13.5
6枠11番ユニバーサルバンク牡3岩田56
2:13.5
6枠10番サウンドバスター牡3秋山56
2:13.5
2枠2番ルイーザシアター牡3安藤勝56
2:13.7
4枠6番サンビーム牡3藤田56
2:13.7
5枠9番パッションダンス牡3福永56
2:13.7
1枠1番ダノンフェニックス牡3川田56
2:13.8
4枠7番サトノシュレン牡3藤岡佑56
2:13.8
7枠13番ファタモルガーナ牡356
2:14.0
7枠12番レッドデイヴィスセ3浜中56
2:14.2
8枠15番テンペル牡3池添56
2:14.4
8枠14番コスモヘイガー牡3北村友56
2:14.5
5枠8番アヤナミ牡3小林慎56
2:14.9
3枠4番マーベラスバロン牡3渡辺56
2:16.2
2枠3番レッドセインツ牡3四位56
2:19.1

結果:ワイド2090円的中 +1590円


今週の結果

土曜東京11RプリンシパルS
連闘で挑んだトーセンレーヴが見事に勝利してダービーの出走権を獲得。ただこの厳しいローテーションでダービー参戦となると体調面に不安があるがどうだろうか。
posted by ナイト at 17:06| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

NHKマイルC予想3&新潟大賞典予想

相手がなかなか絞り切れず困っているが、本命コティリオンを信じて、軸馬固定で勝負する。
毎日杯でレッドデイヴィスに迫った脚は見事だったし、東京ならさらに末脚が生きるだろう。
グランプリボスが強いかもしれないが、やはり折り合いに不安を感じる。初騎乗のウィリアムズがきっちり乗りこなせるのか。そこが不安。

1枠1番リアルインパクト牡3内田57
1枠2番リキサンマックス牡3柴原57
2枠3番エイシンオスマン牡3後藤57
2枠4番エーシンジャッカル牡3岩田57
3枠5番マイネルラクリマ牡3松岡57
3枠6番ダンスファンタジア牝3北村宏55
4枠7番クリアンサス牝3武豊55
4枠8番プレイ牡3柴田大57
5枠9番ヘニーハウンド牡3ピンナ57
5枠10番フォーエバーマーク牝3吉田豊55
6枠11番テイエムオオタカ牡3大庭57
6枠12番キョウエイバサラ牡3小林慎57
7枠13番グランプリボス牡3ウィリアムズ57
7枠14番アイヴィーリーグ牡3福永57
7枠15番ロビンフット牡3吉田隼57
8枠16番アドマイヤサガス牡3川田57
8枠17番コティリオン牡3小牧57
8枠18番オメガブレイン牡3横山典57

ワイド6点 13-17 6-17 4-17 1-17 14-17 9-17
自信度★★★☆☆


新潟となれば早いタイムでの決着。直線での瞬発力のある馬を狙うことになる。
本命はセイクリッドバレー。新潟2勝に加えて、昨年は新潟大賞典、関屋記念で2着。得意の舞台でここは狙えるだろう。
対抗はサンライズベガ。新潟記念はここ2年で2着、3着と好走。逃げ馬不在なので先行して最後までしぶとく粘れるか。
さてそのほかだが、新潟の切れ味勝負となると、シャドウゲイト、アロマカフェあたりはあまり得意でないように思う。よくわからないのがアドマイヤメジャーだが、この馬もあまり強烈な瞬発力勝負は苦手なのではないかと思っているし、今回は久々でハンデ57キロは厳しいか。
かといって新潟実績のあるマッハヴェロシティでは力不足だろうし、ダンスインザモアの追い込み馬はどちらかというと福島のような小回りで追い込んでくる印象。
キタサンアミーゴやヤングアットハートは長距離で勝ち上がってきたわけで、2000mは少し短いように思える。
ヤマニンウイスカーは小倉での勝利が多く、小回り平坦コースが得意という印象。新潟では少し不安が大きい。
中京記念3着のアンノルーチェは得意の雨に恵まれたという印象。それ以外の重賞では通用していなかったことを考えると狙いにくい。
3番手はタッチミーノット。1600万は33秒0の強烈な上がりで勝利しているし、大阪杯も僅差の6着。今回はハンデ55キロなら十分通用する。
それから押さえにマイネルゴルト。2000m前後なら重賞でも一発あるかもしれない。最近では2400mで連敗したものの、2000m、2200mをきっちり勝ち上がってきている。4歳で徐々に力をつけてきている印象。
穴にアルコセニョーラ。ここ2走の敗因は2400m、3400mと距離が長かった。その前の中山金杯は超スローペースの前残り。そしてこの連敗のおかげで、昨年夏は55キロだったハンデが52キロまで減り、一発の気配を感じる。3年前には52キロで新潟記念を勝っているし、ここは警戒しておく。

1枠1番シャドウゲイト牡9田中勝58
1枠2番マイネルゴルト牡455
2枠3番イケドラゴン牡6大野52
2枠4番アンノルーチェ牡6上村56
3枠5番セイクリッドバレー牡5丸山56
3枠6番アドマイヤメジャー牡5北村友57
4枠7番ダンスインザモア牡9丸田55
4枠8番キタサンアミーゴ牡5津村55
5枠9番タッチミーノット牡5三浦55
5枠10番アロマカフェ牡4柴田善56
6枠11番マンハッタンスカイ牡7武幸56
6枠12番ヤマニンウイスカー牡5藤岡康54
7枠13番サンライズベガ牡7秋山56
7枠14番アルコセニョーラ牝7武士沢52
8枠15番ヤングアットハート牡4佐藤55
8枠16番マッハヴェロシティ牡5宮崎54

ワイド6点 5-13 5-9 5-14 2-5 9-13 13-14
自信度★★★☆☆


日曜の注目馬

京都11R都大路S
賞金を確実に稼ぐためか、リーチザクラウンがオープン特別に出走。メンバーのレベルの低さからしても、ここはきっちり勝利しておきたいところ。
posted by ナイト at 15:42| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

京都新聞杯予想&NHKマイルC予想2

ダービー前の一戦だが、あまりにもメンツが揃わなかった感じがある。
本命はレッドデイヴィス。この馬は確実に強いだろう。重賞2連勝。しかも倒してきた相手が強い。桜花賞馬、皐月賞馬をともに倒しているわけだし、ここも十分通用する。
対抗にユニバーサルバンク。若葉Sは後方から進んで敗れたが、以前同様先行すればしぶといか。
はなみずき賞勝ちのレッドセインツ。もともと新潟2歳Sで3着の力がある馬なので侮れない。
フリージア賞勝ちのサウンドバスター。前走は初の芝でいきなり勝利。芝2走目でまだ底は見えていない。
ムーニーバレーRC賞からは、勝ったクレスコグランドよりは、大外でコースロスが大きかったものの最後は猛然と2着に追い込んできたダノンフェニックスのほうを有力視したい。
あとは1戦1勝のパッションダンス、テンペルあたりだが、ともにそれほど強いとは思えない。

1枠1番ダノンフェニックス牡3川田56
2枠2番ルイーザシアター牡3安藤勝56
2枠3番レッドセインツ牡3四位56
3枠4番マーベラスバロン牡3渡辺56
3枠5番クレスコグランド牡3武豊56
4枠6番サンビーム牡3藤田56
4枠7番サトノシュレン牡3藤岡佑56
5枠8番アヤナミ牡3小林慎56
5枠9番パッションダンス牡3福永56
6枠10番サウンドバスター牡3秋山56
6枠11番ユニバーサルバンク牡3岩田56
7枠12番レッドデイヴィスセ3浜中56
7枠13番ファタモルガーナ牡356
8枠14番コスモヘイガー牡3北村友56
8枠15番テンペル牡3池添56

ワイド5点 11-12 10-12 3-12 1-12 10-11
自信度★★☆☆☆


リキサンマックス、エイシンオスマン、クリアンサス、フォーエバーマーク、テイエムオオタカ。このあたりが先手を争えば、そこそこペースは早くなって差し有利の流れになると予想する。
本命コティリオン、対抗グランプリボス。
他には、ニュージーランドTからの巻き返しを狙うリアルインパクト。
休み明け2走で500万勝利、ニュージーランドT2着と成長の様子が見えるエーシンジャッカル。
マイル戦の持ち時計は牝馬ながらもメンバー最速のダンスファンタジア。先行馬が飛ばして時計の早い決着になれば出番があるかどうか。
ファルコンSを含む2戦2勝のヘニーハウンド。新馬で1400mを勝っているのでマイルへの距離延長も適応できるかもしれない。
あとは抽選組から、2戦2勝のアイヴィーリーグ。
松岡がプレイではなくマイネルラクリマに騎乗するのは気になるところだが、朝日杯以来というのは少し狙いにくい。
重賞でまずまずの結果を残しているロビンフットはここでは物足りないか。

1枠1番リアルインパクト牡3内田57
1枠2番リキサンマックス牡3柴原57
2枠3番エイシンオスマン牡3後藤57
2枠4番エーシンジャッカル牡3岩田57
3枠5番マイネルラクリマ牡3松岡57
3枠6番ダンスファンタジア牝3北村宏55
4枠7番クリアンサス牝3武豊55
4枠8番プレイ牡3柴田大57
5枠9番ヘニーハウンド牡3ピンナ57
5枠10番フォーエバーマーク牝3吉田豊55
6枠11番テイエムオオタカ牡3大庭57
6枠12番キョウエイバサラ牡3小林慎57
7枠13番グランプリボス牡3ウィリアムズ57
7枠14番アイヴィーリーグ牡3福永57
7枠15番ロビンフット牡3吉田隼57
8枠16番アドマイヤサガス牡3川田57
8枠17番コティリオン牡3小牧57
8枠18番オメガブレイン牡3横山典57



土曜の注目馬

東京11RプリンシパルS
トーセンレーヴが連闘でダービートライアルに出走。ステラロッサ、サトノオー、ターゲットマシンあたりとのし烈なダービー出走権争いとなるだろう。
posted by ナイト at 19:30| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

ダイオライト記念&かきつばた記念&兵庫CS&かしわ記念結果

スマートファルコンが単騎で逃げると、ブラボーデイジーが2番手、さらにキングスエンブレムあたりが向こう正面で仕掛けて行き先頭を捕らえに行く形に。
しかし、相手が悪かった。早めに仕掛けた2頭はスマートファルコンの餌食に。後続が迫ってくると、3コーナーから一気に差を広げ始め、直線に入るとすでに10馬身近い差に。そのまま持ったままで最後までスマートファルコンが逃げ切った。距離延長関係なし。想像以上のスピードでぶっちぎった。
2着は中団に控えていたカキツバタロイヤル。3着にインバルコ。
スマートファルコンに勝負を挑んだキングスエンブレムは5着、ブラボーデイジーは9着と、力の差を思い知らされる結果となった。

4枠5番スマートファルコン牡6武豊56
2:33.3
7枠11番カキツバタロイヤル牡5森泰56
2:34.8
5枠7番インバルコ牡5後藤56
2:35.5
1枠1番スーパーパワー牡6真島大56
2:35.7
7枠12番キングスエンブレム牡6福永56
2:36.1
3枠3番サイレントスタメン牡5金子正56
2:36.8
5枠8番フリートアドミラル牡7戸崎56
2:36.9
4枠6番マズルブラスト牡9今野56
2:37.2
3枠4番ブラボーデイジー牝6北村友54
2:37.6
2枠2番ゲンパチタキオン牡7石崎駿56
2:38.2
6枠10番サムデイシュアー牡7高橋利56
2:40.1
8枠14番エーシンエヴァン牡7花本56
2:41.0
6枠9番アプローチアゲン牡7永森56
2:41.6
8枠13番クレイアートビュン牡7吉田晃56
2:42.5

結果:-600円


ここはセイクリムズンは格が違ったか、2番手から逃げるラブミーチャンを捕らえてあっさり勝利。重賞3勝目となった。
2着にはついに復活か、粘るラブミーチャンを捕らえたミリオンディスク。3着にはしぶとく粘ったラブミーチャン。
セレスハントは4着。前走東京スプリントでは見事に勝利したものの、今回はまったく見せ場なし。この馬は強いのかどうかよくわからない。

7枠9番セイクリムズン牡555
1:25.9
1枠1番ミリオンディスク牡7蛯名55
1:26.3
4枠4番ラブミーチャン牝4濱口52×
1:26.3
3枠3番セレスハント牡6福永55
1:27.5
8枠12番マルカハンニバル牡7兒島54
1:27.6
5枠6番ナイキハイグレード牡5川島正54
1:27.9
6枠7番フィオーレハーバー牡4岡部54
1:28.0
6枠8番ガブリン牡9ウィリアムズ54
1:28.1
8枠11番シルバーウインド牝5宇都52
1:28.2
5枠5番シルクウィザード牡8野田54
1:28.5
7枠10番タガノブリガデイロ牡5木村健54
1:28.6
2枠2番ゴールドネオ牡7丸野54
1:29.5

結果:-500円


初ダートのエーシンブランがかかりながら逃げると、向こう正面から後続を突き放して行き、最後は6馬身差の大楽勝。圧勝で重賞勝利となった。
2着には2番手から進んだ地元のホクセツサンデー。
3着のラヴィアンクレールは、レース後に骨折が判明。その影響による敗戦だろう。
リアライスノユメはさらに離れて6着。距離が長かったのかもしれない。

6枠6番エーシンブラン牡3岩田55
2:00.9
7枠8番ホクセツサンデー牡3木村健55
2:01.9
3枠3番ラヴィアンクレール牡3松岡55
2:02.8
1枠1番マルモセーラ牝3武豊53
2:03.4
8枠11番モエレシリアス牡3田中学55
2:03.6
4枠4番リアライズノユメ牝3福永53
2:04.1
8枠10番ニシノイーグル牡3有馬55
2:04.5
5枠5番オグリシュンコー牡3筒井55
2:05.5
7枠9番コアレスバトラー牡3吉井友55
2:06.0
2枠2番ムーダ牡3尾島55
2:09.2
6枠7番トキノゲンジ牡3酒井川原55
除外

結果:返還100円 -200円


エスポワールシチーがスタートに失敗し、波乱の結果となった。
すぐに追い上げて好位からレースを進めたものの、最後の直線ではすでに脚は残っていなかった。
逃げるラヴェリータとそれを追うフリオーソについて行くものの、最後は力尽きて3着に敗れた。
勝ったのはフリオーソ。直線で逃げるラヴェリータを捕らえての勝利。
2着にラヴェリータ。マイペースでの逃げが成功したか、最後までしぶとく粘りきった。

7枠11番フリオーソ牡7戸崎57
1:38.2
8枠12番ラヴェリータ牝5武豊55
1:38.3
7枠10番エスポワールシチー牡6佐藤57
1:38.6
6枠8番ダイショウジェット牡8柴山57
1:39.1
4枠4番オーロマイスター牡6吉田豊57
1:40.0
2枠2番ロードバリオス牡6福永57
1:40.7
3枠3番ドリームトレジャー牡6森泰57
1:40.9
4枠5番トウホクビジン牝5本橋55
1:40.9
6枠9番タートルベイ牡6御神本57
1:41.5
8枠13番グランシュヴァリエ牡6的場文57
1:41.6
1枠1番ジョインアゲン牡9水野57
1:42.6
5枠7番ダノンムローセ7中西57
1:43.9
5枠6番エネルマオー牡9金子正57
1:44.0

結果:-800円
posted by ナイト at 10:09| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

かしわ記念予想2&NHKマイルC予想1

ここはやはり2強にきっちり勝負をしてもらいたい。1、2着固定で3着に相手4頭流しの三連単で狙うことにする。
買い目が8点に増えるが仕方ない。ロードバリオスがいきなりダートで激走されると悔しいので押さえておく。

1枠1番ジョインアゲン牡9水野57
2枠2番ロードバリオス牡6福永57
3枠3番ドリームトレジャー牡6森泰57
4枠4番オーロマイスター牡6吉田豊57
4枠5番トウホクビジン牝5本橋55
5枠6番エネルマオー牡9金子正57
5枠7番ダノンムローセ7中西57
6枠8番ダイショウジェット牡8柴山57
6枠9番タートルベイ牡6御神本57
7枠10番エスポワールシチー牡6佐藤57
7枠11番フリオーソ牡7戸崎57
8枠12番ラヴェリータ牝5武豊55
8枠13番グランシュヴァリエ牡6的場文57

三連単8点 10-11-12 10-11-8 10-11-4 10-11-2 11-10-12 11-10-8 11-10-4 11-10-2
自信度★★★★☆


ニュージーランドTでは超スローペースに泣いたグランプリボスが実力を見せつけるのかどうかというレース。
勝ったエイシンオスマンは皐月賞を挟んだのが気に入らない。ローテーションが厳しい。
2着のエーシンジャッカルはうまく内をついて2着に来た印象。
やはり力上位はグランプリボスだろう。ただ、この馬はスプリングSでニュージーランドTの前に1走しているのがあまり気に入らない。一度は皐月賞を考えてのローテーション。そして中1週でのニュージーランドT参戦だったが、疲労はないのかどうか。
本命はコティリオン。末脚はかなりのもので、ラジオNIKKEI杯2歳Sでは少し長いかと思った2000mでダノンバラードの3着。毎日杯ではトーセンレーヴを差しての2着。やはり末脚はしっかりしていて、東京コースなら期待は高まる。それに今回は割と先行馬が揃っている。展開的にも差し馬に出番があるのではないだろうか。

◎コティリオン
posted by ナイト at 08:52| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

かきつばた記念&兵庫CS予想&かしわ記念予想1

中央馬4頭に加えて、地元笠松、愛知の強豪ラブミーチャンとマルカハンニバルも参戦。
中央馬は不調のミリオンディスク、衰えを隠せないガブリンの2頭は信頼できない。
本命はセイクリムズン。1400mなら問題なく強いだろう。前走も59キロを背負いながらもオープンを楽勝。
相手はマルカハンニバル。前走はついに地元の古豪、キングスゾーン、マルヨフェニックスの2頭を破った。この中央勢なら勝負になる。
3番手にセレスハント。東京スプリントはまさかの勝利だったが、1200mが合っていた可能性もある。もともと1400mで好走していた馬だが、そこまで強い馬ではなかったので、まだ信頼できない。
ラブミーチャンは1400mは少し長いか。押さえまで。
あと、念のためミリオンディスクも押さえ。ガブリンは捨てる。

1枠1番ミリオンディスク牡7蛯名55
2枠2番ゴールドネオ牡7丸野54
3枠3番セレスハント牡6福永55
4枠4番ラブミーチャン牝4濱口52×
5枠5番シルクウィザード牡8野田54
5枠6番ナイキハイグレード牡5川島正54
6枠7番フィオーレハーバー牡4岡部54
6枠8番ガブリン牡9ウィリアムズ54
7枠9番セイクリムズン牡555
7枠10番タガノブリガデイロ牡5木村健54
8枠11番シルバーウインド牝5宇都52
8枠12番マルカハンニバル牡7兒島54

三連複5点 3-9-12 1-9-12 4-9-12 1-3-9 3-4-9
自信度★★★★☆


全日本2歳優駿を勝ったリアライズノユメと、ヒヤシンスSを勝ったラヴィアンクレールの争いか。
あとは、初ダートとなるエーシンブランにマルモセーラ。ダート2走目となるトキノゲンジ。このあたりの中央馬を押さえておく。
地方馬は笠松と兵庫だけでは完全に格下だろう。

1枠1番マルモセーラ牝3武豊53
2枠2番ムーダ牡3尾島55
3枠3番ラヴィアンクレール牡3松岡55
4枠4番リアライズノユメ牝3福永53
5枠5番オグリシュンコー牡3筒井55
6枠6番エーシンブラン牡3岩田55
6枠7番トキノゲンジ牡3酒井川原55
7枠8番ホクセツサンデー牡3木村健55
7枠9番コアレスバトラー牡3吉井友55
8枠10番ニシノイーグル牡3有馬55
8枠11番モエレシリアス牡3田中学55

三連複3点 1-3-4 3-4-6 3-4-7
自信度★★☆☆☆


エスポワールシチー対フリオーソ。ここにスマートファルコンも入るはずだったのにまさかのダイオライト記念参戦。この3頭の激突は帝王賞で見られるのだろうか。
本命はエスポワールシチー。対抗はフリオーソ。
押さえにオーロマイスター、ダイショウジェット、ラヴェリータ、ロードバリオス。この4頭は同等の扱いでいいだろう。
地方では南部杯で大穴の3着にきたグランシュヴァリエが少し気になるものの、全体的にここでは格下のメンバー。まとめて捨てる。

1枠1番ジョインアゲン牡9水野57
2枠2番ロードバリオス牡6福永57
3枠3番ドリームトレジャー牡6森泰57
4枠4番オーロマイスター牡6吉田豊57
4枠5番トウホクビジン牝5本橋55
5枠6番エネルマオー牡9金子正57
5枠7番ダノンムローセ7中西57
6枠8番ダイショウジェット牡8柴山57
6枠9番タートルベイ牡6御神本57
7枠10番エスポワールシチー牡6佐藤57
7枠11番フリオーソ牡7戸崎57
8枠12番ラヴェリータ牝5武豊55
8枠13番グランシュヴァリエ牡6的場文57
posted by ナイト at 16:16| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

天皇賞春&青葉賞結果

スローペースながら、ゲシュタルト、ビートブラックが先手を取ると、1周目の正面の直線でコスモヘレノス、トゥザグローリー、マイネルキッツが先手を奪いに行き、ローズキングダムもかかりながら前に。さらには向こう正面でナムラクレセントが次は一気に先頭に立つ。
しかし、そんな中じっくりと道中脚を溜めていたヒルノダムールとエイシンフラッシュが最後の直線で猛追。
早めに内からヒルノダムールが抜け出し、外からエイシンフラッシュ。2頭の差し比べは、先に抜け出したヒルノダムールが勝利。
2着にエイシンフラッシュ。3着には最後までしぶとく粘ったナムラクレセント。向こう正面でスパートをかけて先頭に立ってからそのまま残ったのはかなりの力がある証拠だろう。

1枠2番ヒルノダムール牡4藤田58
3:20.6
7枠15番エイシンフラッシュ牡4内田58
3:20.7
2枠3番ナムラクレセント牡6和田58
3:20.9
4枠7番マカニビスティー牡4小牧58
3:21.1
7枠14番トウカイトリック牡9川田58
3:21.1
4枠8番マイネルキッツ牡8松岡58
3:21.2
1枠1番ビートブラック牡4岩田58
3:21.3
3枠6番ペルーサ牡4横山典58
3:21.5
3枠5番ジェントゥーセ7ブフ58
3:21.8
8枠16番オウケンブルースリ牡6浜中58
3:21.9
2枠4番ローズキングダム牡4武豊58
3:22.0
5枠10番トーセンクラウン牡7江田照58
3:22.2
5枠9番トゥザグローリー牡4四位58
3:22.3
6枠12番コスモヘレノス牡4中谷58
3:22.3
7枠13番ジャミール牡5ウィリアムズ58
3:22.6
8枠17番フォゲッタブル牡5丸山58
3:23.2
6枠11番ゲシュタルト牡4藤岡佑58
3:23.4
8枠18番コスモメドウ牡4丹内58
中止

結果:-900円


超スローペースの瞬発力勝負となると、長距離適性はあまり関係なかったか。後方から見事な末脚で直線一気を決めたのはウインバリアシオン。好位から抜け出して粘っていたショウナンパルフェを捕らえて勝利。新馬戦、野路菊Sで見せた素質の高さは本物だった。ここ最近の不調を振り払う見事な勝利だった。
2着は先行して前で残ったショウナンパルフェ。3着には馬群を割るのに少し時間がかかったトーセンレーヴ。
4コーナーで早めに仕掛けていったショウナンマイティは、大外を上がって行った分、最後は止まってしまった。
最後にショウナンマイティを交わして4着に伸びてきたのはギュスターヴクライ。長距離なら今後も活躍できそうか。

2枠4番ウインバリアシオン牡3安藤勝56
2:28.8
6枠12番ショウナンパルフェ牡3蛯名56
2:28.9
5枠10番トーセンレーヴ牡3ウィリアムズ56
2:29.0
7枠13番ギュスターヴクライ牡3内田56
2:29.1
5枠9番ショウナンマイティ牡3浜中56
2:29.1
8枠18番ホッコーガンバ牡3江田照56
2:29.2
6枠11番ヴァーゲンザイル牡3三浦56
2:29.4
1枠2番ビービーアックス牡3北村宏56
2:29.7
4枠7番カーマイン牡3和田56
2:29.7
7枠15番コスモヘイガー牡3松岡56
2:29.8
2枠3番プリンスヴィル牡3武幸56
2:29.9
8枠17番コンノート牡3田中勝56
2:30.0
4枠8番サトノタイガー牡3横山典56
2:30.0
3枠5番イデア牡3太宰56
2:30.7
7枠14番アイルトンバローズ牡3大庭56
2:30.9
8枠16番リフトザウイングス牡3後藤56
2:31.5
1枠1番ユウセン牡3吉田豊56
2:31.9
3枠6番タツミリュウ牡3柴田善56
2:32.7

結果:-600円
posted by ナイト at 16:02| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする