2011年08月28日

新潟記念&キーンランドC結果

サンライズベガが逃げたものの、やはり超スローペースとなった。しかしその超スローペースの逃げについて行ったのはナリタクリスタル1頭で、残りの馬はその2頭から離れた位置取り。
超スローペースで逃げる2頭からさらに離れて後方に位置していては、直線の切れる脚があっても届くはずがない。結局、逃げるサンライズベガを最後はナリタクリスタルが捕らえてゴール。2頭の決着となった。完全に後続の騎手の位置取りが悪かった。あんな位置取りではディープインパクトでも届かないだろう。
3着にはロスなく内を回って差してきたセイクリッドバレーだが、全く前の2頭には及ばず。

5枠5番ナリタクリスタル牡5武豊57.5
1:59.1
7枠9番サンライズベガ牡7北村宏56
1:59.1
3枠3番セイクリッドバレー牡5丸山57
1:59.3
6枠7番タッチミーノット牡5三浦56
1:59.4
7枠8番プティプランセス牝5武士沢50
1:59.4
6枠6番オペラブラーボ牡7中舘56
1:59.6
1枠1番シャイニーブラウン牡6石橋脩54
1:59.6
2枠2番エオリアンハープ牝5木幡53
1:59.9
8枠10番トウショウウェイヴ牡6吉田豊54
2:00.0
4枠4番ヤマニンキングリー牡6田中勝56
2:00.3
8枠11番ホワイトピルグリム牡6田辺55
2:00.6

結果:-500円


カレンチャンはスタートから飛び出していくものの、ジョーカプチーノは中団に控える競馬。それでも最後はこの2頭の勝負になるかと思われたが、ジョーカプチーノは全く見せ場なく、直線でも後退していく。
逆にカレンチャンは、4コーナーで前にいる2頭を捕らえ、先頭に。外からパドトロワも並んでくるが、直線に入るとそれを突き放す勢いで進む。
しかし、仕掛けが早過ぎたのか、直線の最後で失速。外から再びパドトロワ、さらに中団からビービーガルダンが猛追。
それでもクビ差だけカレンチャンが粘り切って1着でゴール。重賞3連勝となった。
2着にビービーガルダン。58キロでも実力の違いを見せた。3着にパドトロワ。

4枠8番カレンチャン牝4池添54
1:08.6
5枠9番ビービーガルダン牡7佐藤58×
1:08.6
6枠12番パドトロワ牡4安藤勝56
1:08.6
2枠4番ケイアイアストン牡6横山典56
1:08.8
7枠13番ショウナンカザン牡6秋山56
1:08.8
8枠16番オリオンスターズ牡7松岡 松田56
1:09.0
6枠11番レジェトウショウ牝5勝浦54
1:09.1
2枠3番グランプリエンゼル牝5藤岡佑54
1:09.4
8枠15番ジョーカプチーノ牡5福永56
1:09.6
7枠14番ショウナンアルバ牡6四位56
1:09.6
1枠1番ガルボ牡4藤田56
1:09.7
3枠5番コパノオーシャンズ牝7古川54
1:09.7
4枠7番マヤノツルギ牡7吉田稔56
1:10.0
5枠10番アンシェルブルー牝4蛯名54
1:10.2
3枠6番シャウトライン牡7吉田隼56×
1:10.9
1枠2番サープラスシンガー牡7丸田56
1:11.8

結果:-500円
posted by ナイト at 16:50| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

新潟記念&キーンランドC予想

11頭と少頭数になった今回。逃げ馬もおらず、スローの直線の瞬発力勝負になるだろう。
瞬発力の勝負となれば、サンライズベガ、シャイニーブラウン、ホワイトピルグリム、ヤマニンキングリーあたりは厳しいか。
ナリタクリスタルも、直線の勝負となれば57.5キロのハンデは痛手だろう。
それからトウショウウェイヴは格下か。
タッチミーノットは七夕賞で2着だったが、外差し有利の馬場に助けられたか。新潟大賞典で6着と差し切れなかったところからしても、重賞では展開の助けが必要だろう。
残ったのは4頭。
本命はセイクリッドバレー。関屋記念は早めに仕掛けすぎて最後は止まってしまったが、やはり瞬発力勝負ならこの馬は強いだろう。
対抗にエオリアンハープ。新潟で32秒台の上がりを使ったこともあるこの馬。瞬発力勝負なら狙える。
同じ意味でプティプランセス。この馬は32秒台の上がりを3回も使っている。50キロの軽ハンデなら面白い。
そしてオペラブラーボ。高速馬場は合っているし、2年前の新潟大賞典では3着と、新潟のコース適性もある。

1枠1番シャイニーブラウン牡6石橋脩54
2枠2番エオリアンハープ牝5木幡53
3枠3番セイクリッドバレー牡5丸山57
4枠4番ヤマニンキングリー牡6田中勝56
5枠5番ナリタクリスタル牡5武豊57.5
6枠6番オペラブラーボ牡7中舘56
6枠7番タッチミーノット牡5三浦56
7枠8番プティプランセス牝5武士沢50
7枠9番サンライズベガ牡7北村宏56
8枠10番トウショウウェイヴ牡6吉田豊54
8枠11番ホワイトピルグリム牡6田辺55

ワイド5点 2-3 3-8 3-6 2-8 2-6
自信度★★☆☆☆


ジョーカプチーノとカレンチャンの一騎打ちとなりそうなこのレース。相手探しか。
実績ならビービーガルダン。しかし58キロの斤量ではどうなのか。
アンシェルブルーは函館スプリントSで3着。1200mも問題ないし、スピードもある。
グランプリエンゼルは2年前に函館スプリントSを勝っている。洋芝適性があるので警戒したい。
気になるのはシャウトライン。初の北海道だが、持ち時計の遅いこの馬は案外洋芝は合うのではないだろうか。
穴はレジェトウショウ。前走初の函館で快勝。タイムもそこそこ良かった。洋芝適性があるとすれば一発あっていい。

1枠1番ガルボ牡4藤田56
1枠2番サープラスシンガー牡7丸田56
2枠3番グランプリエンゼル牝5藤岡佑54
2枠4番ケイアイアストン牡6横山典56
3枠5番コパノオーシャンズ牝7古川54
3枠6番シャウトライン牡7吉田隼56×
4枠7番マヤノツルギ牡7吉田稔56
4枠8番カレンチャン牝4池添54
5枠9番ビービーガルダン牡7佐藤58×
5枠10番アンシェルブルー牝4蛯名54
6枠11番レジェトウショウ牝5勝浦54
6枠12番パドトロワ牡4安藤勝56
7枠13番ショウナンカザン牡6秋山56
7枠14番ショウナンアルバ牡6四位56
8枠15番ジョーカプチーノ牡5福永56
8枠16番オリオンスターズ牡7松岡 松田56

三連複5点 8-11-15 8-10-15 3-8-15 8-9-15 6-8-15
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 11:40| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

札幌記念&レパードS&新潟JS結果

キングトップガン、アクシオンがまさかの先行策で、スローでの流れを作り、その後ろにカリバーンやトーセンジョーダンがつけるような形に。
直線手前でカリバーンとトーセンジョーダンが外から仕掛けていき、先頭集団に取りつくが、内をうまく割ってアクシオンが先頭に。さらには大外からレッドディザイアも一気にまくってきて、激しい叩き合いに。
しかし、この2頭が抜け出そうとしたときにもう一伸びしたのはトーセンジョーダン。一度先頭を譲ったものの、再度脚を使って、最後は抜け出して勝利。重賞3勝目となった。
2着はアクシオン。洋芝適性は本当に高いのだが、今回は相手が強かった。今年でサンデーサイレンス産駒の重賞制覇は終わってしまうのだろうか。
3着にレッドディザイア。秋に向けて楽しみな馬が帰ってきた。

8枠13番トーセンジョーダン牡5福永57
2:00.4
2枠2番アクシオン牡8吉田隼57
2:00.4
6枠8番レッドディザイア牝5四位55
2:00.5
7枠10番コスモネモシン牝4津村55
2:00.7
4枠4番カリバーン牡4蛯名57
2:00.7
6枠9番ネオヴァンドーム牡4浜中57
2:00.9
5枠7番マイネルスターリー牡6丹内57
2:01.1
4枠5番アルトップラン牡6藤岡佑57
2:01.3
7枠11番ダンスインザモア牡9丸田57
2:01.3
3枠3番ヤングアットハート牡4藤田57
2:01.4
8枠12番マカニビスティー牡4池添57
2:02.0
5枠6番キングトップガン牡8横山典57
2:02.0
1枠1番モエレエターナル牝5古川55
2:02.6

結果:ワイド990円的中 +360円


先行馬が揃っていたようには思えたが、そこまでペースは早くならず道中は進むが、3コーナーあたりから外を回ってタガノロックオンが早めに仕掛けると、そこからペースが上がる。
直線に向くとタガノロックオンが先頭に立つが、2番手から進んでいたタナトスも食い下がり、2頭の叩き合いに。
しかし、その2頭を外から一気に交わして行ったのはボレアス。直線で一気に突き抜けて最後は流す楽勝だった。
2着争いは、タナトスがタガノロックオンの追い上げをしのぐかと思われたところに、外からタカオノボルが差してきた。
3着争いには、さらに外からダートムーアも追い上げてきて大接戦となったが、わずかにタナトスが粘った。新馬戦で衝撃の勝ちっぷりを見せてくれたタナトスだが、先行するようになってついに本領発揮か。ここからの活躍を期待したい。

4枠7番ボレアス牡3武豊56
1:52.0
3枠5番タカオノボル牡3吉田豊56×
1:52.3
6枠10番タナトス牡3柴田善56
1:52.3
6枠11番タガノロックオン牡3田辺56
1:52.3
3枠4番ダートムーア牝3江田照54
1:52.3
2枠3番サトノサミット牡3北村宏56
1:52.7
1枠1番インディーズゲーム牡3田中勝56
1:52.8
4枠6番コスタパルメーラ牡3川須56
1:52.9
2枠2番サミットストーン牡3勝浦56
1:53.2
5枠9番カラフルデイズ牝3岩田54
1:53.2
8枠14番タイムズアロー牡3高倉56
1:53.7
7枠13番オメガスカイツリー牡3松岡56
1:54.2
7枠12番レックスパレード牡3石橋脩56
1:54.9
5枠8番ファストワーカー牡3中舘56
1:55.5
8枠15番リアライズブレイク牡3木幡56
1:55.6

結果:-700円


今回もスタートに失敗したエーシンディーエスとトリビュートソング。逆にスタートを決めていつも通り逃げて進んだのはコウエイトライ。
しかし、タマモサプライズが向こう正面で早めに仕掛け、さらにマジェスティバイオも外からまくって行き、コウエイトライは早めに捕まってしまう。
だが、この早めにまくって行った2頭も直線では伸びを欠く。逆にうまく内で立ち回っていたクリーバレンが、直線に向くと先頭に立ち、そのまま押し切った。
2着はマジェスティバイオが粘るところに、今回もスタートで出遅れながら最後はしっかり伸びてきたトリビュートソング。
3着にマジェスティバイオ。

7枠11番クリーバレン牡5山本59
3:30.7
6枠9番トリビュートソング牡6金子58
3:30.9
3枠3番マジェスティバイオ牡4柴田大60
3:31.0
7枠12番タマモサプライズセ659
3:31.5
8枠14番モルフェサイレンス牡6横山義59
3:32.0
6枠10番タカラボス牡7大庭59×
3:32.0
4枠6番ナイスラッキー牡6高野58
3:32.1
2枠2番ハクサン牡5石神58
3:32.3
3枠4番コウエイトライ牝10小坂58
3:33.7
5枠8番スズマーシャル牡5鈴木58
3:34.0
8枠13番エーシンディーエス牡6白浜62
3:34.3
1枠1番アドマイヤサンサンセ9北沢59
3:36.1
5枠7番ムーンレスナイトセ7五十嵐59
3:36.2
4枠5番トップフリーダム牡5佐久間59
3:42.9

結果:ワイド530円的中 -70円


今週の結果

札幌11RポプラS
強烈な末脚が持ち味の3歳馬ショウナンマイティ。青葉賞5着以来だが、休み明け初戦できっちり1600万を勝利。秋に向けて順調なスタートを切った。
posted by ナイト at 16:16| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

札幌記念&レパードS予想

アーネストリーの回避で中心馬不在の札幌記念。
それでも実力を考えるとトーセンジョーダンの軸はゆるがないだろう。函館での勝利もあり、洋芝は大丈夫。逃げ馬不在の今回、先行できるこの馬は展開的にも有利だろう。
もう1頭、実績を考えると外せないのはレッドディザイア。久々なので割引は必要だと思うが、復活すれば怖い1頭。
洋芝巧者を考えると、アクシオン、コスモネモシン、マイネルスターリーあたりが注目か。
特に気になるのはマイネルスターリー。前走函館記念は厳しいハンデで敗れたが、別定の今回は狙い目だろう。
アクシオンも洋芝は強いのだが、今年のメンバーならスローペース必至。追い込みに徹するだろうこの馬は少し狙いにくい。
そして、コスモネモシンも洋芝適性が十分にあることは先週のクイーンSで証明したが、展開が向いたことは否めないだろうし、今回は一気にメンバーが強化されるのでここは見送る。
重賞連勝と、8歳にしてようやく開花したキングトップガン。しかし、2走前は51キロの軽ハンデ。前走は54キロのハンデだったし、最内をぴったり回ってロスなく進んだ好騎乗での勝利。今回は57キロの別定戦で、メンバーも強化。今度は厳しいだろう。
あとは先行馬ということで狙うならカリバーン。3連勝で成長著しいことを考えると、7か月ぶりでも怖い。
ヤングアットハート、ネオヴァンドームあたりでは少し格下か。

1枠1番モエレエターナル牝5古川55
2枠2番アクシオン牡8吉田隼57
3枠3番ヤングアットハート牡4藤田57
4枠4番カリバーン牡4蛯名57
4枠5番アルトップラン牡6藤岡佑57
5枠6番キングトップガン牡8横山典57
5枠7番マイネルスターリー牡6丹内57
6枠8番レッドディザイア牝5四位55
6枠9番ネオヴァンドーム牡4浜中57
7枠10番コスモネモシン牝4津村55
7枠11番ダンスインザモア牡9丸田57
8枠12番マカニビスティー牡4池添57
8枠13番トーセンジョーダン牡5福永57

ワイド6点 7-13 2-13 4-13 8-13 2-7 4-7
自信度★★★☆☆


今年からようやくG3と格付けの決まったレパードS。
新潟でただ一つのダート重賞だが、前残りになりやすい新潟ダート。やはり先行馬を狙うべきだろうか。しかし、今年は割と逃げ馬が揃った。前残りで決まるとは限らないか。
それならやはりここはボレアスとタガノロックオンの、ジャパンダートダービー2、3着馬を中心に狙う。ここでは格上の2頭だろう。
それから、ダート2戦2勝のレックスパレード。未勝利は1秒6差の圧勝。前走も1800mを1分51秒9の好タイムで勝利。上位2頭を倒すところまであってもおかしくない。
そしてダート3連勝中のタカオノボル。前走は重馬場ながら1800mを1分50秒9の好タイム。新潟で2連勝しているのでコース適性も問題なし。
関東オークスを勝ったカラフルデイズだが、昇竜Sでは5着と、中央の牡馬相手では少し物足りないだろう。
ダート2戦2勝のコスタパルメーラは、倒したメンバーも弱いし、タイムも上がりも遅い。
同じく2戦2勝のインディーズゲームは、1400mでしか勝っていないし、タイムも遅く、狙いにくい。
それよりは穴で狙いたいのはサトノサミット。追い込み一辺倒のこの馬だが、はまった時の末脚はすごい。差しの決まりにくい新潟だが一発あるかもしれない。

1枠1番インディーズゲーム牡3田中勝56
2枠2番サミットストーン牡3勝浦56
2枠3番サトノサミット牡3北村宏56
3枠4番ダートムーア牝3江田照54
3枠5番タカオノボル牡3吉田豊56×
4枠6番コスタパルメーラ牡3川須56
4枠7番ボレアス牡3武豊56
5枠8番ファストワーカー牡3中舘56
5枠9番カラフルデイズ牝3岩田54
6枠10番タナトス牡3柴田善56
6枠11番タガノロックオン牡3田辺56
7枠12番レックスパレード牡3石橋脩56
7枠13番オメガスカイツリー牡3松岡56
8枠14番タイムズアロー牡3高倉56
8枠15番リアライズブレイク牡3木幡56

ワイド7点 7-11 11-12 3-11 5-11 7-12 3-7 3-12
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 14:10| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

新潟JS予想

最近の障害は、力関係が分からない馬ばかりで予想が難しい。
久々出走のコウエイトライ。昨年はかなり低レベルのメンバー相手に勝利したが、今年はどうなのか。去年よりはメンバーは強いと思われるし、何より10歳で衰えはあるだろう。ここは本命にはできない。
かといって叩き2走目のエーシンディーエスも62キロを背負うのでは狙いにくい。
本命は東京JSを制したマジェスティバイオ。前走は62キロを背負ってハナ差で敗れたが、今回は60キロなので逆転可能だろう。
その前走マジェスティバイオを倒したクリーバレンは、道中うまくレースを運べたという印象が強い。それより怖いのは3着だったトリビュートソング。スタートで出遅れて、道中も大外を回して、それでも3着。今回は斤量もクリーバレンより1キロ軽くなるし、何よりもともと平地の重賞で走っていたように、地力の差は歴然。マジェスティバイオを倒すところまであってもおかしくない。
あとは中山GJ3着のタカラボス。ただ、それまでの成績が今一つだったので、大障害コースを得意としている可能性もあり、信用はできない。
他の馬を見ると、実績があるのは中山大障害4着モルフェサイレンスや、連勝中のムーンレスバイオあたりだが、11か月ぶり、1年9か月ぶりと2頭とも長期休養明けでは狙いにくい。

1枠1番アドマイヤサンサンセ9北沢59
2枠2番ハクサン牡5石神58
3枠3番マジェスティバイオ牡4柴田大60
3枠4番コウエイトライ牝10小坂58
4枠5番トップフリーダム牡5佐久間59
4枠6番ナイスラッキー牡6高野58
5枠7番ムーンレスナイトセ7五十嵐59
5枠8番スズマーシャル牡5鈴木58
6枠9番トリビュートソング牡6金子58
6枠10番タカラボス牡7大庭59×
7枠11番クリーバレン牡5山本59
7枠12番タマモサプライズセ659
8枠13番エーシンディーエス牡6白浜62
8枠14番モルフェサイレンス牡6横山義59

ワイド6点 3-9 3-13 3-11 3-4 3-10 9-13
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 22:50| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

北九州記念&クイーンS&クラスターC&サマーチャンピオン結果

軽ハンデ48キロのメモリアルイヤーがスタートダッシュを決めると、それを追いかけるようにテイエムオオタカも先頭争いに加わりスタートから飛ばしていく展開になる。
人気のエーシンヴァーゴウはその2頭を見るように3番手から進むと、4コーナーで徐々に進出を開始し、直線では射程圏内に捕らえる。しかし、先頭に並びかけるものの、厳しいハンデの影響もあり、直線で突き抜けるような脚は残っていない。
すると、エーシンヴァーゴウと同じような脚で、うまく内を回ったエーシンリジルが並びかけ、先頭に立ち、テイエムオオタカを含めた3頭の叩き合いに。
しかし、前半のハイペースが厳しかったか、外から追い込み馬が一気にやってくる。
外を回って最後の最後、一気に先頭集団を交わして行ったのはトウカイミステリー。後方待機策がぴったりはまって、夏に強いこの馬が展開、ハンデにも恵まれて重賞勝利となった。
2着にはエーシンリジル。3着にはエーシンヴァーゴウ。このハンデで3着は十分評価できる。スプリンターズSでも狙えるかもしれない。

8枠15番トウカイミステリー牝5北村友52
1:07.2
4枠8番エーシンリジル牝4川田53×
1:07.3
3枠6番エーシンヴァーゴウ牝4田辺55.5
1:07.3
2枠3番テイエムオオタカ牡3和田54
1:07.4
5枠10番ヘッドライナーセ758
1:07.4
7枠13番サンダルフォン牡8酒井57
1:07.5
1枠1番サアドウゾ牝5国分優49
1:07.6
3枠5番スカイノダン牝5浜中53
1:07.7
5枠9番タマモナイスプレイ牡6渡辺57
1:07.8
6枠12番タニノスバル牝5難波48
1:07.8
7枠14番スズカコーズウェイ牡7武豊56
1:07.8
6枠11番メモリアルイヤー牝3水口48
1:07.8
8枠16番ユメイッポ牝6国分恭50
1:08.0
1枠2番シゲルキョクチョウ牡3高倉52
1:08.3
2枠4番マルブツイースター牡6赤木52
1:09.1
4枠7番テイエムキューバ牡3小林慎48
1:09.7

結果:ワイド2360円的中 +1860円


カウアイレーンがまさかのハイペースの逃げでレースを作り、それにブライティアパルスやアプリコットフィズが続いて行き、これらの馬が総崩れになるような、先行馬には厳しい展開に。
それらを見るような形で進んでいたアヴェンチュラは3コーナーあたりから手が動き、外から進出を開始する。しかし、道中は離れた後方にいたコスモネモシンが一気に外を回って伸びてくると、直線では一気に先頭に躍り出る。
しかし、アヴェンチュラも大きく離されることなくくらいついて行くと、直線半ばを過ぎると非凡な勝負根性を見せ、見事に差し返し、堂々の重賞制覇となった。
2着にコスモネモシン。今回は力のいる洋芝、さらに上がりのかかるハイペースと、得意な条件が揃っていた。
3着はアニメイトバイオ。やはり差しが有利な展開だったのだろう。ブロードストリートも最後は4着に追い込んできた。

6枠9番アヴェンチュラ牝3池添52
1:46.6
8枠14番コスモネモシン牝4丹内55
1:46.6
3枠4番アニメイトバイオ牝4蛯名55
1:46.8
4枠6番ブロードストリート牝5藤田55
1:46.8
7枠11番ショウリュウムーン牝4岩田55
1:46.8
1枠1番レディアルバローザ牝4福永55
1:46.8
4枠5番アスカトップレディ牝4秋山55
1:47.2
5枠8番アースシンボル牝6田中勝55
1:47.2
3枠3番ダイワジャンヌ牝6的場55
1:47.3
2枠2番デルマドゥルガー牝3吉田隼52
1:48.0
5枠7番ブライティアパルス牝6荻野琢55
1:48.1
8枠13番アプリコットフィズ牝4四位55
1:48.1
6枠10番カウアイレーン牝5横山典55×
1:48.2
7枠12番サンテミリオン牝4藤岡佑55
1:48.4

結果:馬連6590円的中 +5990円


やはり地方では圧倒的なスピードを誇っていても、中央の馬相手となると格下になるのか。
スタートから一気に逃げたラブミーチャンだが、それに楽について行ったドスライスが直線でラブミーチャンを捕らえると、そのまま突き放して圧勝。最近の勢いに乗って、一気に重賞制覇まで駆け上がった。
2着には、いつも通り差す競馬に徹したグランドラッチ。地方競馬場だが、盛岡競馬場は比較的大きめな競馬場なので、差し馬にも出番があった。
3着にラブミーチャン。軽快に逃げたものの直線で失速。
人気のトーセンクロスは何があったのか、まさかの最下位。左回りが下手にしても、これはさすがに負けすぎ。

5枠8番ドスライス牡5柴田善54
1:10.4
7枠11番グランドラッチ牡6吉田豊54
1:11.3
3枠3番ラブミーチャン牝4濱口52
1:11.7
7枠12番スマートブレード牡10太宰54
1:12.0
1枠1番サンエムパーム牡8村上54
1:12.1
5枠7番ゴールドマインセ7齋藤54
1:12.7
3枠4番コロニアルペガサス牝4坂口52
1:12.8
6枠9番サムデイシュアー牡7山本聡54
1:12.8
8枠13番ゼンノモナルカ牡7安部幸54
1:13.3
8枠14番エイシンタイガー牡5岡部54
1:13.3
2枠2番ディスパーロ牡8菅原勲54
1:13.6
4枠6番サンキンスピーチ牡8菅原俊54
1:13.8
6枠10番オシャベリコパ牝5小林俊52
1:14.5
4枠5番トーセンクロス牡7川田54
1:15.2

結果:-300円


スタートよく逃げたエーシンクールディだったが、外からスーニが追いかける展開で、早いペースで道中は進むと、直線に向いたころにはエーシンクールディの手応えが怪しくなり、3番手にいたトーホウドルチェにつかまる。
しかし、スーニの勢いは全く止まらなかった。ついにジーワン馬の復活か、直線に向くとそのまま後続を突き放しての快勝。レコードタイムでの勝利となった。
2着にトーホウドルチェ。3着には追い込み届かずダイショウジェット。

8枠11番スーニ牡5川田58.5
1:23.8
2枠2番トーホウドルチェ牝655.5
1:24.5
3枠3番ダイショウジェット牡8柴山57.5
1:24.8
7枠9番エーシンクールディ牝5岡部53
1:25.3
4枠4番リアライズノユメ牝3福永52
1:26.4
7枠8番ニシノコンサフォス牡11阪野54×
1:27.0
5枠5番エフケーフィル牡7山下貴光52
1:27.1
6枠6番キングスゾーン牡9安部幸54
1:27.3
1枠1番エアワルツ牝6田中直52
1:28.8
8枠10番カレンパパセ10石川慎52
1:28.9
6枠7番カツヨトワイニング牝5柿原52
中止

結果:-400円
posted by ナイト at 16:56| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

北九州記念&クイーンS&クラスターC&サマーチャンピオン予想

いまいちメンバーが揃わなかった感じのある北九州記念。人気の中心はエーシンヴァーゴウだろう。本格化して一気にアイビスSDを制し、勢いに乗っている。直線1000m専用の馬という感じでもないのでこの勢いには乗りたいところ。しかし55.5キロのハンデがどうなのか。
とはいっても、ヘッドライナーの58キロ、サンダルフォン、タマモナイスプレイの57キロは厳しいだろう。ヘッドライナーは斤量自体は苦にしないが、シゲルキョクチョウやテイエムオオタカといった同型との兼ね合いが不安。サンダルフォンは昨年56キロで3着。タマモナイスプレイもCBC賞を56キロで3着。1キロ増では狙いにくい。
ならばテイエムオオタカか。函館スプリントSでカレンチャンには完敗だったが、好タイムで2着。しかし、ここ2走の急変を見ると、洋芝巧者の可能性もあり、まだ信頼しきれない。
本命はトウカイミステリー。オープンに入って頭打ちの感じはあるが、それでも5着や7着と、大敗はしていない。そして、毎年北海道での活躍が見られるが、あえて今年は小倉に出走してくるのは何か狙いがあるのではないだろうか。洋芝巧者なのではなく、単に夏は強い牝馬だとすれば、52キロのハンデは怖い。
あとは昨年2着のスカイノダンと、メンバーの揃っていたCBC賞で6着のエーシンリジル。

1枠1番サアドウゾ牝5国分優49
1枠2番シゲルキョクチョウ牡3高倉52
2枠3番テイエムオオタカ牡3和田54
2枠4番マルブツイースター牡6赤木52
3枠5番スカイノダン牝5浜中53
3枠6番エーシンヴァーゴウ牝4田辺55.5
4枠7番テイエムキューバ牡3小林慎48
4枠8番エーシンリジル牝4川田53×
5枠9番タマモナイスプレイ牡6渡辺57
5枠10番ヘッドライナーセ758
6枠11番メモリアルイヤー牝3水口48
6枠12番タニノスバル牝5難波48
7枠13番サンダルフォン牡8酒井57
7枠14番スズカコーズウェイ牡7武豊56
8枠15番トウカイミステリー牝5北村友52
8枠16番ユメイッポ牝6国分恭50

ワイド5点 6-15 5-15 3-15 8-15 5-6
自信度★☆☆☆☆


アパパネがいないだけで、残りはエリザベス女王杯と同じぐらいに古馬の豪華メンバーが揃ったクイーンS。それでも本命は3歳牝馬アヴェンチュラ。阪神JFでは休み明けでしかも出遅れながら4着。素質の高さを見せつけた。その後、クラシックでは勝負になると思われたところでの故障。これで春を棒に振ってはしまったものの、函館で復帰戦の1600万をいきなり快勝。やはり素質の高さは本物だったか。今回は牝馬限定戦、叩き2走目。ここなら十分勝負になると見る。
相手はレディアルバローザ。春になって急成長。ヴィクトリアマイルでもあわやの3着と見せ場を作った。
穴はアプリコットフィズ。ここ最近の大敗は何が原因かわからないが、実力は本物。昨年楽勝したこの舞台で復活となるか。
あとは開幕週の札幌ということならアニメイトバイオ、ブロードストリートあたりの差しは厳しいか。ただ、ショウリュウムーンは洋芝が合うのではないかと思っているので押さえる。昨年は直線で詰まり続けて力を出し切れなかった。昨年の雪辱を果たせるか。
もう1頭、洋芝が合いそうなのはコスモネモシン。マイネルスターリー、コスモメガトロンと1番人気を飛ばしてしまった丹内騎手。ここらで信頼回復に努めたい。
そして昨年3着のカウアイレーン。春から推している1頭だが、スローペースの瞬発力勝負なら牝馬トップレベルと信じている。
逃げるかもしれないブライティアパルスは気になるが、昨年の調子のよさが全く見えないので狙いにくい。
マーメイドSは直線で前が詰まって勝負にならなかったアスカトップレディだが、ハンデ戦なら狙えたものの別定ならあまり狙えない。
サンテミリオンは様子を見てから。

1枠1番レディアルバローザ牝4福永55
2枠2番デルマドゥルガー牝3吉田隼52
3枠3番ダイワジャンヌ牝6的場55
3枠4番アニメイトバイオ牝4蛯名55
4枠5番アスカトップレディ牝4秋山55
4枠6番ブロードストリート牝5藤田55
5枠7番ブライティアパルス牝6荻野琢55
5枠8番アースシンボル牝6田中勝55
6枠9番アヴェンチュラ牝3池添52
6枠10番カウアイレーン牝5横山典55×
7枠11番ショウリュウムーン牝4岩田55
7枠12番サンテミリオン牝4藤岡佑55
8枠13番アプリコットフィズ牝4四位55
8枠14番コスモネモシン牝4丹内55

馬連6点 1-9 9-13 9-14 9-11 9-10 13-14
自信度★★★★☆


クラスターCとサマーチャンピオンの両立ができていない地方交流重賞。まず月曜のクラスターCだが、あまりにメンバーが弱すぎる。
狙えるのは、先手を取れれば最後までしぶといドスライス。
それから1600万を勝ち上がってきたトーセンクロス。
そして、追い込みに徹するグランドラッチ。
中央はこの3頭に絞る。
だが本命はラブミーチャン。この程度の中央馬なら相手にならないのではないだろうか。

1枠1番サンエムパーム牡8村上54
2枠2番ディスパーロ牡8菅原勲54
3枠3番ラブミーチャン牝4濱口52
3枠4番コロニアルペガサス牝4坂口52
4枠5番トーセンクロス牡7川田54
4枠6番サンキンスピーチ牡8菅原俊54
5枠7番ゴールドマインセ7齋藤54
5枠8番ドスライス牡5柴田善54
6枠9番サムデイシュアー牡7山本聡54
6枠10番オシャベリコパ牝5小林俊52
7枠11番グランドラッチ牡6吉田豊54
7枠12番スマートブレード牡10太宰54
8枠13番ゼンノモナルカ牡7安部幸54
8枠14番エイシンタイガー牡5岡部54

馬連3点 3-8 3-11 3-5
自信度★★★★☆


サマーチャンピオンはまだましなメンバーが揃った。
中央はスーニ、ダイショウジェット、トーホウドルチェ。この3頭でいいだろう。リアライズノユメは地方交流重賞を走り続けているが、明らかに格下。
それより気になるのは、地方馬。中央から移籍した実力馬が揃っている。
本命はエーシンクールディ。今年の根岸S4着のこの馬が地方移籍後は3戦連続圧勝。しかも今回は得意の1400mで、ハンデも53キロと手ごろ。この程度の中央のメンバーなら楽勝もあり得る。
11歳でもまだまだ元気なニシノコンサフォス。ただこの馬はどちらかというと1200mのほうがいいだろう。少し距離が長いかもしれない。
それからジーワン馬マンオブパーサー。昨年はこのレース3着。ただ、今年のほうがメンバーが揃っている印象がある。今年は厳しいか。
中央のオープンで活躍していた馬が3頭も地方所属として出走してくる。それに加えて現役中央馬も出揃った今回はなかなか面白い勝負になるのではないだろうか。このメンバーに入ると、さすがの古豪キングスゾーンも少し見劣りしてしまう。

1枠1番エアワルツ牝6田中直52
2枠2番トーホウドルチェ牝655.5
3枠3番ダイショウジェット牡8柴山57.5
4枠4番リアライズノユメ牝3福永52
5枠5番エフケーフィル牡7山下貴光52
6枠6番キングスゾーン牡9安部幸54
6枠7番カツヨトワイニング牝5柿原52
7枠8番ニシノコンサフォス牡11阪野54×
7枠9番エーシンクールディ牝5岡部53
8枠10番カレンパパセ10石川慎52
8枠11番スーニ牡5川田58.5

馬連4点 3-9 9-11 2-9 8-9
自信度★★★★☆
posted by ナイト at 07:40| Comment(2) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

ブリーダーズGC結果

エーシンモアオバーの単騎逃げかと思われたが、メイショウタメトモもそれについて行く形で進み、ピイラニハイウェイ、ロールオブザダイスあたりもその後ろに続く形に。
3コーナーでエーシンモアオバーとメイショウタメトモが後続を引き離しにかかると、完全に2頭の一騎打ちムードに。
しかし、後方待機のシビルウォーが4コーナーで一気に外からまくって行くと、直線ではあっという間に逃げる2頭を捕らえ、そのまま独走。地方競馬では珍しい、外からの直線一気が決まった。
2着にメイショウタメトモ。地方競馬ではかなり堅実な走りをしている。
3着にエーシンモアオバー。

8枠12番シビルウォー牡6吉田豊56
2:05.0
2枠2番メイショウタメトモ牡6武豊56
2:06.3
5枠6番エーシンモアオバー牡5藤田56
2:06.6
6枠7番ピイラニハイウェイ牡6秋山56
2:07.1
7枠10番ロールオブザダイス牡6蛯名56
2:07.5
6枠8番クラキンコ牝4宮崎光54
2:08.3
8枠11番リフレックス牡6井上56
2:10.1
3枠3番リノヴァティオ牡7馬渕56
2:10.3
5枠5番シーズザゴールド牡4五十嵐冬56
2:10.5
7枠9番ラプレ牡6坂下56
2:11.3
4枠4番ゲイルバニヤン牡8岩橋56
2:11.7
1枠1番サクラルーラー牡5川島雅56
2:11.9

結果:馬連900円的中 +500円
posted by ナイト at 23:38| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

ブリーダーズGC予想

地方馬が格下なメンバーばかりの今回は、さすがに中央勢で決まるだろう。
それに、逃げ馬も不在でこれはエーシンモアオバーの単騎逃げが決まりやすいと見た。
そして地方の適正で言えばメイショウタメトモは怖い。
そしてシビルウォーも大外枠だがこのメンバーなら確実に上位を狙えるだろう。
ロールオブザダイスだが、東京大賞典3着、平安S勝利という調子のいいころの出来にあるのかどうか。最近の調子なら狙えない。
あとはピイラニハイウェイ。格下とは思うが、地方適性が未知なので一応押さえる。

1枠1番サクラルーラー牡5川島雅56
2枠2番メイショウタメトモ牡6武豊56
3枠3番リノヴァティオ牡7馬渕56
4枠4番ゲイルバニヤン牡8岩橋56
5枠5番シーズザゴールド牡4五十嵐冬56
5枠6番エーシンモアオバー牡5藤田56
6枠7番ピイラニハイウェイ牡6秋山56
6枠8番クラキンコ牝4宮崎光54
7枠9番ラプレ牡6坂下56
7枠10番ロールオブザダイス牡6蛯名56
8枠11番リフレックス牡6井上56
8枠12番シビルウォー牡6吉田豊56

馬連4点 2-6 6-12 6-7 2-12
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 06:25| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

関屋記念&函館2歳S結果

新潟の瞬発力勝負になるかと思いきや、マイネルファルケの早いペースの逃げのおかげで、直線の瞬発力勝負とはならなかった。
こうなれば、瞬発力勝負は分が悪いレインボーペガサスにも出番があった。好位から早めに抜け出して、そのまま最後まで粘る展開に。外から差し馬が一気にやってくるが、しぶとく最後まで粘り切って勝利。きさらぎ賞以来となる、久々の重賞勝利となった。
2着には後方から差してきたエアラフォン。スタートで出遅れた影響が大きかったか。
3着にはサトノフローラ。得意の新潟、51キロということもあったが、それでもここで3着に来るのは素質の高さを証明したと言えるだろう。
追い込み馬セイクリッドバレーは、ペースがそこそこ早いながらも早めの仕掛け。その分、最後は止まってしまった。

7枠9番レインボーペガサス牡6安藤勝56
1:32.6
8枠12番エアラフォン牡4福永56
1:32.7
5枠6番サトノフローラ牝3北村宏51
1:32.8
8枠11番マイネルクラリティ牡5田辺56
1:32.8
5枠5番セイクリッドバレー牡5丸山56
1:32.9
6枠7番スズジュピター牡6吉田豊56
1:33.1
6枠8番リザーブカード牡8柴田善56
1:33.2
2枠2番アブソリュート牡7田中勝 木幡57
1:33.4
1枠1番エイシンサクセス牡5松岡56
1:33.6
7枠10番スペシャルハート牡6蛯名56
1:33.9
4枠4番ガンダーラ牡5和田56
1:34.0
3枠3番マイネルファルケ牡6柴田大57
1:34.9

結果:ワイド770円的中 +270円


好位につけた人気の2頭、ファインチョイスとコスモメガトロン。4コーナーでともに仕掛け始めるが、コスモメガトロンのほうは反応が悪く、少し置いて行かれる形に。
逆に反応よく動いたのはファインチョイス。直線に向いてからは逃げ馬を捕らえてきっちり抜け出して勝利。スプリンターとしての素質の高さを感じさせるレースだった。
2着は外から伸びてきたアイムユアーズ。3着はナイスヘイロー。
コスモメガトロンは反応は悪かったが最後はしっかり伸びて4着。もう少し距離が長いほうがいいのかもしれない。

6枠9番ファインチョイス牝2上村54
1:10.8
7枠11番アイムユアーズ牝2古川54
1:11.0
2枠2番ナイスヘイロー牡2池添54×
1:11.2
5枠7番コスモメガトロン牡2丹内54
1:11.3
1枠1番エクスクライム牡2四位54
1:11.4
6枠8番マスイデア牝254
1:11.6
4枠5番ニシノカチヅクシ牡2藤田54
1:11.6
4枠4番パチャママ牝2横山典54
1:11.7
7枠10番プリサイスファイン牡2丸田54
1:11.8
5枠6番ステルミナート牡2服部茂54
1:11.8
8枠12番エクセルシオール牡2三浦54
1:12.5
3枠3番ローレルボルケーノ牡2秋山54
1:12.7
8枠13番ハマノヴィグラス牡2吉田隼54
1:12.9

結果:ワイド900円的中 +300円
posted by ナイト at 16:00| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

関屋記念&函館2歳S予想

豪雨があったとはいえ、先週も上がり32秒台が飛び出す新潟。高速馬場に違いはないだろう。
末脚の生きる新潟ならセイクリッドバレーは強いだろう。新潟での重賞は3戦1勝、2着2回と相性がいい。
それから3連勝中のエアラフォン。4歳になって実力をつけてきたか、ここ3走の末脚は安定している。
しかし、これに続く馬が見当たらない。昨年に続いてリザーブカードを押さえたとしても、他はやはり物足りない。
それなら警戒するのはサトノフローラ。3歳牝馬の51キロは怖いし、新潟は2戦2勝。新馬戦の圧倒的なパフォーマンスから、能力の高さは証明済み。フラワーCは展開不利で敗れ、フローラSは重馬場。敗れた2戦の敗因はあるだけに、得意の新潟で警戒しておく。
マイネルクラリティは新潟の高速馬場向きには思えないのだがどうだろうか。

1枠1番エイシンサクセス牡5松岡56
2枠2番アブソリュート牡7田中勝 木幡57
3枠3番マイネルファルケ牡6柴田大57
4枠4番ガンダーラ牡5和田56
5枠5番セイクリッドバレー牡5丸山56
5枠6番サトノフローラ牝3北村宏51
6枠7番スズジュピター牡6吉田豊56
6枠8番リザーブカード牡8柴田善56
7枠9番レインボーペガサス牡6安藤勝56
7枠10番スペシャルハート牡6蛯名56
8枠11番マイネルクラリティ牡5田辺56
8枠12番エアラフォン牡4福永56

ワイド5点 5-12 5-8 5-6 8-12 6-12
自信度★★★☆☆


例年以上に強い馬が見当たらない気がする函館2歳S。
プリサイスファインは前走の未勝利では勝つには勝ったが上がりが36秒9。パチャママも上がりは36秒4で、最後にバテている感じは否めない。
この2頭に勝っているニシノカチヅクシとコスモメガトロン。やはりこの2頭は警戒が必要か。
それからファインチョイス。開幕6週目の函館の新馬だったが勝ちタイムはまずまず。今年のメンバーなら警戒しておく。
あとはナイスヘイロー。ラベンダー賞では2位入線も降着となってしまっただけで、まずまずの力はある。ただ、新馬、ラベンダー賞ともタイムが遅く、とりわけ強いとは思えない。
むしろ、新馬でナイスヘイローには敗れているがアイムユアーズの巻き返しが怖い。新馬は開幕2週目の先行馬有利の流れで差し届かなかっただけ。2走目でタイムを伸ばしてきていることを考えると怖い1頭。
中山の新馬を勝った2頭はともに1分10秒台の勝ちタイムでは、決して早いタイムとは言えない。
ハマノヴィグラスもサウスヴィグラス産駒で芝は厳しい。

1枠1番エクスクライム牡2四位54
2枠2番ナイスヘイロー牡2池添54×
3枠3番ローレルボルケーノ牡2秋山54
4枠4番パチャママ牝2横山典54
4枠5番ニシノカチヅクシ牡2藤田54
5枠6番ステルミナート牡2服部茂54
5枠7番コスモメガトロン牡2丹内54
6枠8番マスイデア牝254
6枠9番ファインチョイス牝2上村54
7枠10番プリサイスファイン牡2丸田54
7枠11番アイムユアーズ牝2古川54
8枠12番エクセルシオール牡2三浦54
8枠13番ハマノヴィグラス牡2吉田隼54

ワイド6点 7-9 5-7 7-11 2-7 5-9 9-11
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 20:40| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

小倉記念&小倉サマーJ結果

ホクトスルタンとエーシンジーラインが前半1000mを57秒1という、破格のラップで逃げてしまえば、さすがに開幕週の馬場でも先行馬有利の展開とはならなかった。
ホクトスルタンが失速し、エーシンジーラインが直線で先頭に立つものの、これもスタミナは残っていない。その後ろの内でロスなく回っていたリクエストソング、ヤマニンキングリーが追い出すものの、こちらも勢いはない。
そこに外から襲いかかってきたのは、7、8月は5戦5勝という、圧倒的に夏が得意なイタリアンレッド。七夕賞に続いてここでも再び外から差し切った。本当に夏に強い馬で、これで7、8月は6戦6勝。しかし、それ以外の月ではいまだに勝ったことはない。
2着はキタサンアミーゴ。これだけハイペースの勝負となれば、長距離で活躍している、スタミナのあるこの馬には有利だったか。
3着にリクエストソング、4着にヤマニンキングリー、5着にエーシンジーラインとかろうじて粘ったが、上がりは36秒台と、どの馬もやはり最後は完全にバテていたか。
逃げた2頭の直後から外を回って追いかけていたサンライズベガ、コスモファントムは失速。やはり先行馬には厳しい展開だったのと、馬場がいい分、外を回ったロスが大きかったか。

8枠17番イタリアンレッド牝5浜中55
1:57.3
5枠9番キタサンアミーゴ牡5熊沢55
1:57.6
3枠6番リクエストソング牡5和田55
1:57.7
2枠4番ヤマニンキングリー牡6武幸 石橋守56
1:57.7
8枠18番エーシンジーライン牡6太宰55
1:57.8
1枠2番ナリタクリスタル牡5武豊57.5
1:57.8
2枠3番サンライズマックス牡7小牧57
1:57.8
7枠13番ワルキューレ牝7岩崎48
1:57.8
4枠8番ホワイトピルグリム牡6酒井55
1:57.8
3枠5番アドマイヤメジャー牡5上村56
1:57.9
8枠16番アンノルーチェ牡6佐藤56
1:58.2
6枠11番ドモナラズ牡6北村友53
1:58.5
4枠7番ホッコーソレソレー牡9川須53
1:58.9
7枠15番コスモファントム牡457.5
1:59.0
6枠12番サンライズベガ牡7秋山56
1:59.1
5枠10番トーホウアラン牡8鮫島57
1:59.1
1枠1番ホクトスルタン牡7川田57
2:00.0
7枠14番ヤマニンウイスカー牡5藤岡康53
2:01.8

結果:-600円


なぜか10番人気と低評価だったドングラシアス。阪神JS2着の実力馬が、重賞11戦目でついに重賞初制覇となった。
2着には障害1戦1勝だったシゲルダイセン。障害は1戦ごとの成長が大きいと言われるので、こういう馬を予想するのは難しい。
スプリングカエサルとエムエスワールドの人気の2頭は3、4着。少し早いペースに巻き込まれて、先行したこの2頭は最後はバテてしまったか。
重賞2勝のエーシンディーエスはスタートで出遅れ、さらに途中から先頭を奪うという厳しい競馬で大敗。

6枠10番ドングラシアス牡7高田59
3:43.0
1枠1番シゲルダイセン牡5植野58
3:43.2
5枠7番スプリングカエサル牡5白浜59
3:44.0
6枠9番エムエスワールド牡8熊沢58
3:44.7
8枠13番ヒカリアライブ牡5佐久間59
3:44.8
3枠3番タマモサプライズセ659
3:45.0
2枠2番マンノレーシング牡8難波59
3:45.2
8枠14番ワシャモノタリン牡5中村58
3:47.1
4枠6番シャイニーブラック牡4黒岩58
3:47.3
7枠11番スリーロゼット牝5北沢57
3:48.0
7枠12番テイエムブユウデン牡4南井58
3:49.7
4枠5番ライブリシュロム牡8小坂58
3:51.0
3枠4番ゴールデンガッツ牡6岩崎58
3:51.1
5枠8番エーシンディーエス牡6西谷62
3:53.8

結果:-600円


今週の結果

土曜函館11R漁火S
阪神JF4着以来のアヴェンチュラの復帰戦。馬体重大幅増の不安もあったがなんのその。得意の北海道でいきなり復活勝利を挙げた。素質の高さは本物だったか、秋華賞の有力候補の一角になったといっていいだろう。
posted by ナイト at 00:43| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする