2011年09月30日

シリウスS&札幌2歳S予想&スプリンターズS予想2

前走1600万を快勝したタガノロックオン。ここは古馬相手でも重賞制覇のチャンスだろう。
そしてレパードSでタガノロックオンに先着したタナトス。この馬も力はあるはず。
古馬ではキングスエンブレム。ムラがあるものの、実力は間違いなくある。
それからようやく復活したフサイチセブン。休み明け3走目の前走は1700mで勝利。2400mのダイオライト記念を勝っている馬なのだから、今回の2000mはさらにいいのではないだろうか。
あとは軽ハンデの馬は気になるものの、少し格下な馬ばかりな印象。ナニハトモアレの一発が気にはなったものの、それほど早いペースになるとは思えないので、追い込みのこの馬は狙いにくい。むしろウインペンタゴンあたりのほうを警戒すべきか。
まさかヤマニンキングリーは厳しいだろう。

1枠1番タナトス牡3小牧52
2枠2番メイショウブンブク牡5和田52
3枠3番ナニハトモアレ牡5佐藤55
4枠4番ヤマニンキングリー牡6武豊56
5枠5番キングスエンブレム牡6ピンナ57
5枠6番タガノロックオン牡3岩田54
6枠7番ウインペンタゴン牡5浜中55
6枠8番ドリームライナー牡5川須54
7枠9番ヒラボクワイルド牡555
7枠10番アドマイヤダンク牡7北村友52
8枠11番フサイチセブン牡5川田57.5
8枠12番ピースキーパー牡6渡辺52

ワイド5点 5-6 1-6 6-11 6-7 1-5
自信度★★★★☆


札幌2歳Sはまだ函館2歳Sや小倉2歳Sに比べて有力馬が揃うイメージがある。
今回注目は2連勝中のゴールドシップやマイネルロブストあたりか。
しかし、新馬では大きく出遅れ、未勝利で圧勝したグランデッツァのほうが力は上ではないだろうか。新馬は札幌ながら上がりが34秒0。前走は勝ちタイムが1分50秒9と、他の馬を圧倒している。本命はこの馬。
最初に挙げた2頭、ゴールドシップとマイネルロブストだが、この2頭の扱いが難しい。ゴールドシップは新馬でレコード勝ち。しかし、メンバーも弱く、ただ馬場が良かっただけという印象は強い。続くコスモス賞では函館2歳Sなどで全く通用しなかった馬たちと接戦。連勝はしたものの、そこまで強くないと見る。
そしてマイネルロブストだが、こちらもクローバー賞を勝ったとはいえタイムも遅く、信用出来ない。新馬で2着だった馬も未勝利で敗れ、3着だった馬は未勝利は勝ったもののオープンでは全く通用していない。思い切ってこちらも捨てる。
では残った馬。
新馬で出遅れたグランデッツァに勝利したマカハ。
函館の新馬を好タイムで勝ったヒーラ。
札幌の新馬を好タイムで勝ったベストディール。
そして札幌の新馬で外から差し切ったラシンティランテ。
この4頭がグランデッツァの相手。
ロゼシャンパーニュはラシンティランテと同じようなタイムで新馬を勝っているが、スタートが見事に決まって、さらに内ラチ沿いをぴったりロスなく回っての勝利で、外を回り続けて勝ったラシンティランテよりは評価しにくい。

1枠1番トミケンユークアイ牡2勝浦55
2枠2番ロゼオ牡2丸田55
3枠3番ロゼシャンパーニュ牝2池添54
4枠4番クールスター牡2荻野琢55
4枠5番ヒーラ牝2四位54
5枠6番ゴールドシップ牡2安藤勝55
5枠7番マイネルロブスト牡2松岡55
6枠8番ベストディール牡2横山典55
6枠9番ラシンティランテ牝2藤岡佑54
7枠10番ニシノスタイル牡2吉田隼55
7枠11番グランデッツァ牡2秋山55
8枠12番マカハ牡2三浦55
8枠13番ニシノカチヅクシ牡2村田55

ワイド4点 8-11 11-12 9-11 5-11
自信度★★★★☆


外国馬3頭の力関係は、ロケットマン、ラッキーナイン、グリーンバーディー。この順番だろう。
本命はロケットマンで決めている。
そしてやはりセントウルSの斤量と着差を考えるとラッキーナインは強いだろう。それと同じでダッシャーゴーゴーも怖い。勝ったエーシンヴァーゴウは、開幕週のスピード馬場でペースもそれほど早くならなかったので、そのまま押し切れただけという印象が強い。
ではもう1頭の夏の上がり馬カレンチャン。函館スプリントS、キーンランドCと共に早いペースで先行して粘って勝っている。特にキーンランドCではハイペースながら早め先頭でそのまま押し切った、着差以上に強い内容だったと思っている。
あとは、そのキーンランドC2着にビービーガルダンだが、高松宮記念でもサンカルロやダッシャーゴーゴーに先着されているように、少し衰えを隠せないのではないだろうか。
その高松宮記念3着のアーバニティだが、それ以降の成績が全然で、いきなりの変わり身はあるのかどうか。
となると、結局サンカルロ。毎回追い込んできてしまうのがこの馬。

1枠1番ラッキーナインセ4プレブル57
1枠2番ケイアイアストン牡6後藤57
2枠3番パドトロワ牡4安藤勝57
2枠4番エーシンリジル牝4田辺55
3枠5番ロケットマンセ6コーツィー57
3枠6番サンカルロ牡5吉田豊57
4枠7番フィフスペトル牡5横山典57
4枠8番ダッシャーゴーゴー牡4川田57
5枠9番ヘッドライナーセ757
5枠10番カレンチャン牝4池添55
6枠11番トウカイミステリー牝5北村友55
6枠12番アーバニティ牡7北村宏57
7枠13番ビービーガルダン牡7佐藤57
7枠14番エーシンヴァーゴウ牝4福永55
8枠15番サンダルフォン牡8酒井57
8枠16番グリーンバーディーセ8アングランド57
posted by ナイト at 22:34| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

レディスプレリュード結果

エーシンクールディが先手を取り逃げる展開になり、いつも先手を争うブラボーデイジーは中団から。
とはいっても、やはり4コーナーでは逃げるエーシンクールディに外からラヴェリータがやってきて先頭を争う展開に。しかし、今日のラヴェリータは勢いがない。直線に向いてもなかなかエーシンクールディを交わせない。
すると外から一気に追い込んできたのはミラクルレジェンド。三度目の正直でようやくラヴェリータに勝利し、重賞3勝目となった。
2着にラヴェリータ。苦戦しても2着はキープ。この2頭が牝馬では力が抜けている。
3着にエーシンクールディ。
中団から進んだブラボーデイジーは持ち味が出せず大敗。

8枠15番ミラクルレジェンド牝4岩田56
1:50.8
3枠6番ラヴェリータ牝5武豊57
1:51.1
3枠5番エーシンクールディ牝5岡部55
1:51.3
5枠9番ショウリダバンザイ牝4御神本55
1:51.5
7枠13番クラーベセクレタ牝3戸崎53
1:51.7
6枠11番ツクシヒメ牝5山田信55
1:52.0
7枠14番カラフルデイズ牝3福永55
1:52.2
4枠7番ブラボーデイジー牝6北村友57
1:52.6
1枠1番テイエムヨカドー牝7森泰55
1:53.0
2枠3番トウホクビジン牝5本橋55
1:53.1
4枠8番トーセンベルファム牝6張田55
1:53.4
2枠4番リジョウクラウン牝3竹村53
1:53.5
6枠12番ハーミア牝4真島大55
1:53.9
5枠10番コールニーシュ牝6石崎隆55
1:54.0
8枠16番ラインジュエル牝7有年55
1:54.4
1枠2番フレンチカクタス牝3北村宏55
1:56.2

結果:-300円
posted by ナイト at 23:27| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

東京盃結果

ブリーズフレイバー、ラブミーチャン、ジーエスライカー。これら3頭がスタートから競り合うと、なかなかの早いペースでレースは進む。
そんな早いペースながらも、4コーナーでは外からセイクリムズンがまくって行き、やはりこの馬の力は違うのかと思われた。しかし、休み明けの影響もあったのか、直線で伸びを欠く。
すると逆に直線でもう一伸びしたのはラブミーチャン。早いペースで先頭争いをしながらも、しぶとく粘る。
後ろに付けていたドスライスも前がなかなか開かず伸び切れない。このままラブミーチャンが押し切るものかと思われた。
しかし、最内ぎりぎりの狭いところを通って追い込んできたのはスーニ。ラチ沿いぎりぎりを進んで追い込むと、最後はラブミーチャンに1馬身の差をつけて勝利。これで重賞2連勝。完全復活と言ってよさそうか。
3着には、セイクリムズンが粘るところを後方から追い込んだマルカベンチャーが。

5枠8番スーニ牡5川田58
1:10.9
6枠10番ラブミーチャン牝4濱口54
1:11.1
5枠9番マルカベンチャー牡5安藤勝56
1:11.2
6枠11番セイクリムズン牡556
1:11.2
7枠13番ジーエスライカー牡4坂井56
1:11.5
4枠6番ナイキマドリード牡5戸崎57
1:11.5
1枠1番ドスライス牡5福永56
1:11.9
8枠14番モアザンスマート牡5真島大56
1:12.0
8枠15番コアレスピューマ牡7本橋56
1:12.2
3枠5番ブリーズフレイバー牡4御神本56
1:12.6
2枠2番ダイワシークレット牡6今野56
1:12.9
3枠4番マグニフィカ牡4的場文58
1:12.9
7枠12番アースサウンド牝4蛯名54
1:13.1
4枠7番ニシノコンサフォス牡11吉井友56
1:13.2
2枠3番アポロドルチェ牡6森泰56
1:13.6

結果:-400円
posted by ナイト at 23:50| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

東京盃&レディスプレリュード予想&スプリンターズS予想1

大混戦模様の東京盃。中央、地方共に強豪が勢揃いした。
中央からは、セイクリムズン、スーニ、アースサウンド、ドスライス、マルカベンチャー。
地方からはラブミーチャン、ナイキマドリード、ジーエスライカー、コアレスピューマ。
ここから本命を選ぶならセイクリムズンだろうか。1400m以下のレースなら安定して見ていられる。重賞3勝の力も本物と見ていいだろう。
前走ようやく復活したスーニだが、ベストは1400mと思っている。1200mは少し短いはず。斤量58キロにも少し不安があり、長いスランプから脱出したと思いたいものの、まだ半信半疑。
ならば続いてはドスライスか。クラスターCではラブミーチャンなどを相手に楽勝。1200mなら重賞級と見てよさそうか。
アースサウンドは新潟でドスライスに負けており、少し格下な感じは否めない。
ではマルカベンチャー。直線の末脚は素晴らしいこの馬。大井なら直線も長いので一発あるかもしれない。
地方馬。ジーエスライカー、ラブミーチャンの2頭が先手を争うだろう。2頭とも簡単にハナを譲るような馬とは思えない。この2頭が先手を争えばなかなかハイペースになるだろうから、直線の長い大井では最後は捕まるのではないだろうか。東京スプリントでジーエスライカーは4着と失速。ラブミーチャンは前走クラスターCで離れた3着と、中央の一線級とでは多少の力の差を感じるので、展開も厳しくなればここは狙いにくい。
それならさきたま杯を勝っているナイキマドリードはというと、57キロを背負うのが不安。
では東京スプリント3着のコアレスピューマだが、だいたい東京スプリントを勝ったのがセレスハントではメンバーが弱かったというのは否定できない。今回のメンバーなら結局中央勢で決まりではないだろうか。

1枠1番ドスライス牡5福永56
2枠2番ダイワシークレット牡6今野56
2枠3番アポロドルチェ牡6森泰56
3枠4番マグニフィカ牡4的場文58
3枠5番ブリーズフレイバー牡4御神本56
4枠6番ナイキマドリード牡5戸崎57
4枠7番ニシノコンサフォス牡11吉井友56
5枠8番スーニ牡5川田58
5枠9番マルカベンチャー牡5安藤勝56
6枠10番ラブミーチャン牝4濱口54
6枠11番セイクリムズン牡556
7枠12番アースサウンド牝4蛯名54
7枠13番ジーエスライカー牡4坂井56
8枠14番モアザンスマート牡5真島大56
8枠15番コアレスピューマ牡7本橋56

ワイド4点 1-11 8-11 9-11 1-8
自信度★★★★☆


今年から新設される牝馬限定重賞JBCレディスクラシックに向けての前哨戦になるだろうこのレースだが、牝馬限定交流重賞は出走メンバーがだいたいいつも同じなので、前哨戦も本番も関係ないような気がしてしまう。
ブラボーデイジー、ミラクルレジェンド、ラヴェリータ。この3頭が揃ってしまえば他は用無しか。
3歳のカラフルデイズやクラーベセクレタあたりも、ユニコーンSを勝ったアイアムアクトレスがマリーンCでラヴェリータに大敗したことを考えると狙いにくい。
初のダートのフレンチカクタスが気になるが、1800m、ダートと初の条件が揃いすぎている。それにメンバーも強敵ばかりでいきなりは厳しいか。

1枠1番テイエムヨカドー牝7森泰55
1枠2番フレンチカクタス牝3北村宏55
2枠3番トウホクビジン牝5本橋55
2枠4番リジョウクラウン牝3竹村53
3枠5番エーシンクールディ牝5岡部55
3枠6番ラヴェリータ牝5武豊57
4枠7番ブラボーデイジー牝6北村友57
4枠8番トーセンベルファム牝6張田55
5枠9番ショウリダバンザイ牝4御神本55
5枠10番コールニーシュ牝6石崎隆55
6枠11番ツクシヒメ牝5山田信55
6枠12番ハーミア牝4真島大55
7枠13番クラーベセクレタ牝3戸崎53
7枠14番カラフルデイズ牝3福永55
8枠15番ミラクルレジェンド牝4岩田56
8枠16番ラインジュエル牝7有年55

三連単3点 6-7-15 6-15-7 15-6-7
自信度★★★☆☆


こんな超大物が来日するのは久々ではないだろうか。サイレントウィットネス以来の大物と思えるのはロケットマン。21戦17勝。残りの4レースはすべてG1での2着だけ。昨年の香港スプリントでは惜しくも2着に敗れたが、グリーンバーディーやラッキーナインには勝っている。今年はドバイゴールデンシャヒーンを快勝しており、今や世界ナンバーワンのスプリンター。これほどの大物が日本に来るのならここは本命にせざるを得ない。

◎ロケットマン
posted by ナイト at 00:50| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

神戸新聞杯&オールカマー結果

超スローペースの瞬発力勝負になったこのレース。上がり勝負ならどの馬が強いのかと思っていたが、32秒8の強烈な末脚でオルフェーヴルが快勝。文句なしの勝ち方で3冠に向けて視界良好の滑り出しとなった。
2着はウインバリアシオン。3着にフレールジャックと、この2頭も後ろからいい脚で伸びてはきていたものの、オルフェーヴルのあまりの強さに目立たずに終わってしまった。

6枠7番オルフェーヴル牡3池添56
2:28.3
5枠5番ウインバリアシオン牡3安藤勝56
2:28.7
8枠11番フレールジャック牡3福永56
2:29.1
3枠3番スマートロビン牡3小牧56
2:29.2
5枠6番ショウナンマイティ牡3武豊56
2:29.3
8枠12番ダノンミル牡3岩田56
2:29.5
4枠4番イグアス牡3四位56
2:29.6
1枠1番ステラロッサ牡3川田56
2:29.8
7枠10番ナムラオウドウ牡3北村友56
2:29.8
7枠9番カーマイン牡3和田56
2:30.0
2枠2番トリノ牡3高倉56
2:31.0
6枠8番クレスコグランド牡3浜中56
取消

結果:三連複510円的中 -90円


シャドウゲイト、コロンバスサークルあたりが逃げて、アーネストリーは控えめの3番手。少し後ろすぎる気はしたし、それに馬体重マイナス12キロ、斤量59キロなど不安もあったが、それでもここでは負けられなかった。直線では後続の差しをしのいで勝利。札幌記念の回避で不安もあったが、まずはきっちり勝って天皇賞秋に向かえる。
2着はゲシュタルト。やはりこのくらいの距離のほうがいいのではないだろうか。
3着にカリバーン。重賞ではあと一歩足りないのか。

7枠7番アーネストリー牡6佐藤59
2:11.2
1枠1番ゲシュタルト牡4藤岡佑57
2:11.4
6枠6番カリバーン牡4蛯名57
2:11.5
2枠2番コロンバスサークル牝5横山典55
2:11.6
3枠3番マコトギャラクシー牡4吉田豊57
2:11.7
4枠4番マイネルラクリマ牡3松岡54
2:11.8
8枠8番ムラマサノヨートー牡7田辺57
2:12.0
5枠5番ダイワジャンヌ牝6的場55
2:12.2
8枠9番シャドウゲイト牡9田中勝58×
2:12.6

結果:馬連1280円的中 +580円
posted by ナイト at 20:18| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

神戸新聞杯&オールカマー予想

ウインバリアシオン、オルフェーヴル、ショウナンマイティ、フレールジャック。実績のある馬が4頭出走。
阪神外回り2400mということを考えると、やはり直線でいい脚を使える馬が狙いたいのだが、どの馬も強そうで迷うところ。
フレールジャックはラジオNIKKEI賞を勝ったが、ハンデ54キロだった。別定戦でどれほどやれるのか、まだ怪しい。
ウインバリアシオン、オルフェーヴル、ショウナンマイティ。末脚勝負ならこの3頭ではないだろうか。
ショウナンマイティだが、青葉賞で早仕掛けすぎたとはいえ、最後は止まってしまった。距離が少し長かったという可能性もある。1800mや2000mのほうがいいのかもしれない。
オルフェーヴル。前哨戦となればどの程度の仕上げなのか。そしてスタートに難のあるのが気になる。とはいっても、距離が短かった京王杯2歳S以外はすべて3着以内と、展開に左右されそうな追い込み馬ながら安定感もあるのがこの馬。馬券の軸として考えるなら本命はやはりこの馬だろう。兄ドリームジャーニーも制したこのレース。兄弟制覇で3冠への好スタートを切れるかどうか。
ウインバリアシオンはここ2走2400mで好走。ハーツクライ産駒で、距離延長がよかったのだろうか。青葉賞、ダービーの結果を見る限りでは末脚勝負ならこの馬もかなりのものだろう。
最後に、穴にスプリングS3着のステラロッサ。スプリングSでは最後までしぶとく伸び続けていた。長く脚が持続するタイプだと考えれば、この馬もハーツクライ産駒だし、2400mへの距離延長は合うかもしれない。

1枠1番ステラロッサ牡3川田56
2枠2番トリノ牡3高倉56
3枠3番スマートロビン牡3小牧56
4枠4番イグアス牡3四位56
5枠5番ウインバリアシオン牡3安藤勝56
5枠6番ショウナンマイティ牡3武豊56
6枠7番オルフェーヴル牡3池添56
6枠8番クレスコグランド牡3浜中56
7枠9番カーマイン牡3和田56
7枠10番ナムラオウドウ牡3北村友56
8枠11番フレールジャック牡3福永56
8枠12番ダノンミル牡3岩田56

三連複6点 5-6-7 1-5-7 5-7-11 1-6-7 6-7-11 1-7-11
自信度★★★★☆


アーネストリーの相手探しだが、格下の相手ばかりでわからない。
ムラマサノヨートーは2200mは長いはず。それから、コロンバスサークルはたぶん北海道の洋芝が得意なのだと思うが、ハンデ52キロで好走していただけで、別定の中山なら厳しいだろう。あとは1600万のマコトギャラクシーも、やはり中山で追い込み馬は狙いにくい。
この3頭を捨てて、残り5頭。
カリバーンは休み明け2走目で狙いたい。札幌記念も5着と健闘していることからも、ここならまずまず通用しそう。相手筆頭。
マイネルラクリマは3歳馬。ラジオNIKKEI賞2着のように、先行するとしぶとそう。ただ、やはり古馬相手の勝負となると一筋縄ではいかないだろう。
休み明けのゲシュタルト。春は長距離ばかり走ってきたが、これくらいの距離のほうがいいのではないだろうか。期待してみたい。
シャドウゲイトは荒れた馬場、重い馬場が得意だが、今の中山ならそこまで馬場は悪くなっていない。とはいっても、このメンバーなら警戒は必要か。
穴は中山巧者のダイワジャンヌ。中山金杯6着、AJCC5着と、牡馬相手でも大敗はしていない。得意の中山で一発あるか。

1枠1番ゲシュタルト牡4藤岡佑57
2枠2番コロンバスサークル牝5横山典55
3枠3番マコトギャラクシー牡4吉田豊57
4枠4番マイネルラクリマ牡3松岡54
5枠5番ダイワジャンヌ牝6的場55
6枠6番カリバーン牡4蛯名57
7枠7番アーネストリー牡6佐藤59
8枠8番ムラマサノヨートー牡7田辺57
8枠9番シャドウゲイト牡9田中勝58×

馬連2点 6-7 1-7
ワイド5点 5-7 4-7 7-9 5-6 1-5

自信度★★★★☆
posted by ナイト at 09:58| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

日本テレビ盃結果

スマートファルコンと戦う時にやってはいけないこと。それは、スマートファルコンを追いかけること。他の馬たちは、いかに2着になるかを考えなくてはいけない。
今回追いかけて行ったのはカキツバタロイヤルとピイラニハイウェイ。案の定、その後ろで控えていたフリソに最後は差されてしまった。
スマートファルコンは今回は着差、タイムともに物足りないが、休み明け初戦で鞍上もほぼ持ったままだったので、軽く流した程度といったところか。

8枠12番スマートファルコン牡6武豊58
1:50.6
5枠6番フリソ牡5三浦56×
1:51.3
5枠7番カキツバタロイヤル牡5石崎駿56
1:51.6
1枠1番ピイラニハイウェイ牡6川田56×
1:51.9
6枠8番グランシュヴァリエ牡6本橋56
1:53.9
4枠5番サムデイシュアー牡7高橋利56
1:55.7
7枠11番テイエムカゲムシャ牡7笠野56
1:56.0
6枠9番アプローチアゲン牡7川島正56
1:56.1
2枠2番シルククルセイダー牡8下原56
1:56.8
4枠4番ナリタブラック牡9小杉56
1:57.1
7枠10番コロニアルペガサス牝4森泰54
1:57.2
3枠3番エムオーミサイル牡4坂井56
1:59.8
8枠13番フリオーソ牡7戸崎58
除外

結果:馬単310円的中 +10円
posted by ナイト at 18:02| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

日本テレビ盃予想

本命は迷うまでもない。スマートファルコンで決定。
あとは相手なのだが、中央のピイラニハイウェイ、フリソで大丈夫だろうか。
相手筆頭には船橋のカキツバタロイヤル。中央の2頭が頼りなさすぎる。
どうでもいいことだが、フリオーソ対フリソがついに実現したと思っていたのに、フリオーソが取り消してしまったのは残念でならない。

1枠1番ピイラニハイウェイ牡6川田56×
2枠2番シルククルセイダー牡8下原56
3枠3番エムオーミサイル牡4坂井56
4枠4番ナリタブラック牡9小杉56
4枠5番サムデイシュアー牡7高橋利56
5枠6番フリソ牡5三浦56×
5枠7番カキツバタロイヤル牡5石崎駿56
6枠8番グランシュヴァリエ牡6本橋56
6枠9番アプローチアゲン牡7川島正56
7枠10番コロニアルペガサス牝4森泰54
7枠11番テイエムカゲムシャ牡7笠野56
8枠12番スマートファルコン牡6武豊58
8枠13番フリオーソ牡7戸崎58

馬単3点 12-7 12-6 12-1
自信度★★★★☆
posted by ナイト at 00:09| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

ローズS&セントライト記念&エルムS&阪神SJ結果

スローペースで流れるのを見越してか、ホエールキャプチャ、マルセリーナ、エリンコートの3頭が2、3、4番手を形成。
しかし、マルセリーナは道中かかり気味で、直線に向いても伸びを欠く。
エリンコートはオークスのようなスタミナ勝負が向いているのだろうか、こちらも直線では全く伸びない。
そんな中、最内からホエールキャプチャが伸びていき、単独先頭に。
後ろからキョウワジャンヌとビッグスマイルが伸びてくるが、この2頭もホエールキャプチャを捕らえるほどの末脚はなく、ホエールキャプチャがそのまま残る形に。
だが、最後の最後にすごい脚を見せたのはマイネイサベル。大外から一気に突っ込んでくる。しかしそれでも先頭のホエールキャプチャにはわずかに届かない。
結局、早めに抜け出したホエールキャプチャがそのまま押し切って勝利。
2着にマイネイサベル。
3着にキョウワジャンヌで、ここまでが優先出走権獲得となった。

5枠8番ホエールキャプチャ牝3池添54
1:48.1
7枠11番マイネイサベル牝3松岡 小牧54
1:48.1
2枠2番キョウワジャンヌ牝3飯田54
1:48.2
7枠12番ビッグスマイル牝3北村友54
1:48.2
8枠14番ドナウブルー牝3浜中54
1:48.5
6枠9番マルセリーナ牝3福永54
1:48.5
3枠4番マイネジャンヌ牝3和田54
1:48.7
1枠1番リヴァーレ牝3江田照54
1:48.9
8枠13番メデタシ牝3武豊54
1:48.9
4枠6番エリンコート牝3後藤54
1:49.1
3枠3番ハッピーグラス牝3川田54
1:49.1
6枠10番ファーマペニー牝354
1:49.1
4枠5番ユースティティア牝3佐藤54
1:49.2
5枠7番ナナクサ牝3木村健54
1:49.9

結果:-400円


ロイヤルクレストの大逃げでレースが進むが、4コーナーあたりから春の実力馬が一団となって追い上げてくる。
直線に向くと、3番手にいたベルシャザールが抜け出すところに、外からまくっていったフェイトフルウォー、内をすくってトーセンラー、さらに後ろからサダムパテックの4頭が追い上げてくる。
その中でも抜け出したのはフェイトフルウォー。気性に問題があったこの馬だが、やはり素質は本物だったか、他の強豪を抑えて見事に重賞2勝目となった。
2着にトーセンラー。良馬場である程度早いペースになったなら、この馬の末脚にも出番があった。
3着は際どい勝負でサダムパテック。4着にベルシャザール。
4コーナーでこの4頭と同じように上がってきていた春の実績馬ユニバーサルバンクは直線で失速。スローで前残りになれば怖いと思っていたが、上位4頭と比べると少し実力的に落ちるのかもしれない。

6枠11番フェイトフルウォー牡3柴田善56
2:10.3
1枠2番トーセンラー牡3蛯名56
2:10.5
7枠14番サダムパテック牡3岩田56
2:10.7
1枠1番ベルシャザール牡3安藤勝56
2:10.7
8枠16番トウシンイーグル牡3吉田隼56
2:11.2
3枠5番ラヴェルソナタ牡3横山典56
2:11.6
5枠9番レッドセインツ牡3石橋脩56
2:11.7
7枠15番マイネルメダリスト牡3柴田大56
2:11.9
2枠4番ムスカテール牡3四位56
2:12.0
8枠17番ロイヤルクレスト牡3津村56
2:12.1
4枠8番ユニバーサルバンク牡3田辺56
2:12.1
7枠13番マイネルギブソン牡3丹内56
2:12.2
6枠12番ターゲットマシン牡3田中勝56
2:12.4
5枠10番ハーキュリーズ牡3藤岡佑56
2:12.5
3枠6番クワイアーソウル牡3丸山56
2:12.6
2枠3番ヒットザターゲット牡3中舘56
2:13.0
4枠7番ショウナンバーズ牡3北村宏56
2:13.3
8枠18番ショウナンパルフェ牡3三浦56
取消

結果:-500円


エーシンモアオバーがやはり単騎で逃げ、ランフォルセが後方から。人気の2頭が正反対の位置から進むが、ランフォルセは3コーナーから、前走同様外からまくって先頭集団に取り付く。
すると直線では人気の2頭に加えて、実力馬オーロマイスターの3頭の叩き合いに。
勝ったのはランフォルセ。最後方からのまくりを決めて見事に重賞制覇となった。
2着にオーロマイスター。59キロも苦にしなかった。エスポワールシチーを倒したこともある実力馬だけに、侮ってはいけなかったか。
3着にエーシンモアオバー。一線級相手だと少し粘り切れないレースが続いている。

4枠5番ランフォルセ牡5横山典56
1:44.2
5枠6番オーロマイスター牡6吉田豊59
1:44.3
6枠9番エーシンモアオバー牡5藤田56
1:44.5
3枠3番ダイシンオレンジ牡6川田57
1:44.6
5枠7番キッズアプローズ牡5池添56
1:45.0
7枠10番クリールパッション牡6津村57
1:45.2
8枠12番メダリアビート牡5秋山56
1:45.2
8枠13番シャインモーメント牡6蛯名56
1:45.2
1枠1番スターシップ牡7吉田隼56
1:45.5
2枠2番エアマックール牡6北村宏56
1:45.6
7枠11番バーディバーディ牡4松岡 三浦57
1:45.7
6枠8番マンハッタンスカイ牡7田辺56
1:46.0
4枠4番ダイワルビア牡7宮崎光56
1:46.8

結果:ワイド210円的中 -290円


コウエイトライがスタートからいつもどおり軽快に逃げていくが、3コーナーに入ったところで早くもドングラシアスが3番手からまくって先頭に立つ。
そのまま後続を引き離していき、ドングラシアスの楽勝かと思われたが、ヒカリアライブとクランエンブレムがそれについて行く。それでも最後の直線での障害で、クランエンブレムが体勢を崩しドングラシアスの勝利が決まったかと思われた。
しかし、クランエンブレムが体勢を立て直すと外から一気の追い込み。逃げるドングラシアスをぎりぎり捕らえて勝利。初重賞制覇となった。
2着にドングラシアス。
3着にはヒカリアライブが粘るところを、カワキタトップが差し切った。

5枠7番クランエンブレム牡7山本60
3:29.5
8枠14番ドングラシアス牡7高田60
3:29.5
1枠1番カワキタトップ牡5北沢60
3:29.8
6枠10番ヒカリアライブ牡5佐久間60
3:30.0
3枠4番コウエイトライ牝10小坂58
3:30.6
8枠13番シゲルダイセン牡5植野60
3:30.7
4枠6番エーシンディーエス牡6五十嵐62
3:31.0
7枠12番リアルヴィクトリー牡6中村60
3:31.3
3枠3番ウィルビーキングセ760
3:31.6
4枠5番モルフェサイレンス牡6横山義60
3:32.0
7枠11番ハクサン牡5穂苅60
3:33.0
2枠2番アドマイヤサンサンセ9熊沢60
3:35.9
5枠8番エーシンダードマン牡7西谷60
3:38.9
6枠9番マサノブルースセ4白浜60
3:45.3

結果:ワイド930円的中 +430円


今週の結果

月曜阪神10R西宮S
ゴールスキーが1600万を勝つには勝ったがぎりぎり粘り切ったという内容。直前の雨で馬場が渋ったのが悪かったのが原因ならいいのだが、去年の勢いを失っているのなら残念。次走に期待。
月曜阪神11RエニフS
ケイアイガーベラとダノンカモンの一騎打ちは、ダノンカモンに軍配。59キロも問題なしだった。
posted by ナイト at 23:54| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

エルムS&阪神JS予想

実績ならバーディバーディで決まりだが、また3着ではないかという不安があるこのレース。
本命はランフォルセ。エスペランサS、マリーンSと、オープンは楽勝。東海Sもワンダーアキュートと接戦の2着と、確実に力をつけている。
対抗にバーディバーディ。
3番手にエーシンモアオバー。やはり単騎で逃げてしまえば怖いのはこの馬。
そして昨年の覇者クリールパッション。一叩きしてどれだけ良くなっているのか。
さらに、格上挑戦でもキッズアプローズ。前走は久々ながら、大外ぶん回しの直線勝負で楽勝。1頭だけ格の違う末脚で差し切った。1000万ではモノが違ったが、重賞でどれほど通用するのか気になる。
しらかばSは差し有利の展開だったので、ハンデに恵まれて追い込んで勝ったメダリアビートは狙いにくい。
ダイシンオレンジは京都巧者だし、休み明け。ここは捨てる。

1枠1番スターシップ牡7吉田隼56
2枠2番エアマックール牡6北村宏56
3枠3番ダイシンオレンジ牡6川田57
4枠4番ダイワルビア牡7宮崎光56
4枠5番ランフォルセ牡5横山典56
5枠6番オーロマイスター牡6吉田豊59
5枠7番キッズアプローズ牡5池添56
6枠8番マンハッタンスカイ牡7田辺56
6枠9番エーシンモアオバー牡5藤田56
7枠10番クリールパッション牡6津村57
7枠11番バーディバーディ牡4松岡 三浦57
8枠12番メダリアビート牡5秋山56
8枠13番シャインモーメント牡6蛯名56

ワイド5点 5-11 5-9 5-7 5-10 9-11
自信度★★★☆☆


あまりにメンバーの弱い障害戦。これならまだコウエイトライを警戒したくなってくるが、前走もかなり弱いメンバー相手に大敗。そろそろ衰えを隠せないか。
ならば中心は、小倉サマーJの1、2着馬、ドングラシアスとシゲルダイセンあたりになってくるだろう。
さらにシゲルダイセンを前走のオープンで倒したカワキタトップ。
そして東京JS2着のマサノブルース。
穴はモルフェサイレンス。11ヶ月ぶりの前走、いきなり重賞で5着。中山大障害4着の実績があるのだから、叩き2走目でどれだけ変われるか。
この5頭で。
小倉のオープンを勝ったリアルヴィクトリーや、新潟のオープンで2着だったクランエンブレムは相手が弱かったという印象。

1枠1番カワキタトップ牡5北沢60
2枠2番アドマイヤサンサンセ9熊沢60
3枠3番ウィルビーキングセ760
3枠4番コウエイトライ牝10小坂58
4枠5番モルフェサイレンス牡6横山義60
4枠6番エーシンディーエス牡6五十嵐62
5枠7番クランエンブレム牡7山本60
5枠8番エーシンダードマン牡7西谷60
6枠9番マサノブルースセ4白浜60
6枠10番ヒカリアライブ牡5佐久間60
7枠11番ハクサン牡5穂苅60
7枠12番リアルヴィクトリー牡6中村60
8枠13番シゲルダイセン牡5植野60
8枠14番ドングラシアス牡7高田60

ワイド5点 13-14 5-14 1-14 9-14 5-13
自信度★★☆☆☆


月曜の注目馬

阪神10R西宮S
昨年のマイルCS3着馬ゴールスキーがマイラーズC以来の出走。1600万に降級してしまったのだが、ここは一発で勝ち上がって、再び重賞戦線で活躍してもらいたい。
阪神11RエニフS
おなじみのケイアイガーベラ対ダノンカモンの対決。近走不調のケイアイガーベラだが、久々に鞍上岩田となって復活するのだろうか。ただ、ダノンカモンは59キロ、ケイアイガーベラは57キロと共に厳しい斤量。マルカベンチャーの一気差しも警戒しておきたい。
posted by ナイト at 15:57| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

ローズS&セントライト記念予想

桜花賞馬。オークス馬。さらに桜花賞と阪神JF2の着馬。この3頭で決まるのだろうか。もしこの3頭で決まれば、昨年と同じ騎手で決まることになる。
ただ、阪神外回り1800mの直線瞬発力勝負。これだと少し結果が変わってくるのではないだろうか。
それでも、瞬発力勝負ならマルセリーナ、ホエールキャプチャは問題ないだろう。桜花賞の末脚を見る限り、この2頭は問題なさそう。
気になるのはエリンコート。デュランダル産駒ながらも距離が延びたスタミナ勝負で結果を残している。パンパンの良馬場の瞬発力勝負ならあっさり負けてしまうのではないだろうか。
そこでドナウブルー。ニュージーランドTでは牡馬相手に、メンバー最速の上がりで追い込んだように、末脚はこのメンバーでも上位。
穴っぽいところではハッピーグラス。忘れな草賞でエリンコートの2着。スローペースで前が残るような展開ならこの馬に警戒。
そしてマイネイサベル。上位陣との力の差はあるだろうが、3着争いなら十分割って入る力はあるだろう。
あとは、夏からの上がり馬も何頭かいるが、重賞級と思える馬はいない。ここはまとめて捨てる。

1枠1番リヴァーレ牝3江田照54
2枠2番キョウワジャンヌ牝3飯田54
3枠3番ハッピーグラス牝3川田54
3枠4番マイネジャンヌ牝3和田54
4枠5番ユースティティア牝3佐藤54
4枠6番エリンコート牝3後藤54
5枠7番ナナクサ牝3木村健54
5枠8番ホエールキャプチャ牝3池添54
6枠9番マルセリーナ牝3福永54
6枠10番ファーマペニー牝354
7枠11番マイネイサベル牝3松岡 小牧54
7枠12番ビッグスマイル牝3北村友54
8枠13番メデタシ牝3武豊54
8枠14番ドナウブルー牝3浜中54

三連複4点 8-9ー14 3-8-9 6-8-9 8-9-11
自信度★★★★☆


サダムパテック、トーセンラー、フェイトフルウォー、ベルシャザール、ユニバーサルバンク。春に重賞戦線に出走していた馬たちが多く出てくるが、毎年それらのメンバーが順当に結果を残せていない印象が強いこのレース。
とはいっても、夏の上がり馬も、1000万を勝てていないような馬たちばかりで、ここは春の実績馬から狙う。
本命はユニバーサルバンク。対抗にベルシャザール。3番手にフェイトフルウォー。
重い印は先行馬で固めた。ユニバーサルバンクは共同通信杯や京都新聞杯のように先行すればしぶとい。
ベルシャザールは瞬発力勝負は苦手だろうが、上がりの早い勝負になりにくい中山なら。
フェイトフルウォーは京成杯を勝利したように中山は合うだろうし、もともと気性に問題があった馬。一夏超えて成長していれば、素質は高いだろうから期待してみたい。
中山でトーセンラーのような瞬発力勝負が得意な馬は狙いにくいし、サダムパテックは2200mに不安を感じる。弥生賞、皐月賞と2000mで結果を残してはいるが、まだ距離に関して信用していない。

1枠1番ベルシャザール牡3安藤勝56
1枠2番トーセンラー牡3蛯名56
2枠3番ヒットザターゲット牡3中舘56
2枠4番ムスカテール牡3四位56
3枠5番ラヴェルソナタ牡3横山典56
3枠6番クワイアーソウル牡3丸山56
4枠7番ショウナンバーズ牡3北村宏56
4枠8番ユニバーサルバンク牡3田辺56
5枠9番レッドセインツ牡3石橋脩56
5枠10番ハーキュリーズ牡3藤岡佑56
6枠11番フェイトフルウォー牡3柴田善56
6枠12番ターゲットマシン牡3田中勝56
7枠13番マイネルギブソン牡3丹内56
7枠14番サダムパテック牡3岩田56
7枠15番マイネルメダリスト牡3柴田大56
8枠16番トウシンイーグル牡3吉田隼56
8枠17番ロイヤルクレスト牡3津村56
8枠18番ショウナンパルフェ牡3三浦56

ワイド5点 1-8 8-11 2-8 8-14 1-11
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 11:36| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

フォワ賞&ニエル賞結果

凱旋門賞の前哨戦に日本馬3頭が挑戦。

フォワ賞にはナカヤマフェスタとヒルノダムール。
4頭立てだったが、ナカヤマフェスタが逃げ、ヒルノダムールは3番手。最後方から人気のサラフィナ。

直線に向くと、ナカヤマフェスタは後続に捕まり、ヒルノダムールが外から伸びてきて、先頭は3頭が並ぶ。
しかし、これがヨーロッパの競馬。3頭の狭い間を割って、最後方からサラフィナが伸びてくる。

最後はヒルノダムールとサラフィナの叩き合いになるが、わずかにサラフィナが先着。2着にヒルノダムールとなった。
ナカヤマフェスタは逃げ粘れず4着。

しかし、ヒルノダムールは洋芝の適性を十分に示せたわけだし、ナカヤマフェスタも昨年のJC以来の実戦を叩いたことで、次での巻き返しに期待したい。

サラフィナは凱旋門賞で1番人気になると思われる馬。今回ヒルノダムールはクビ差に迫ったわけだし、期待は持てる結果だった。


そして3歳限定のニエル賞にはナカヤマナイトが。しかし見せ場のないまま離れた最下位に敗れ、凱旋門賞は諦めて、ドラール賞に向かうことが決まった。
posted by ナイト at 23:18| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

セントウルS&京成杯AH&朝日CC結果

テイエムオオタカが楽に先手を奪うと、2番手にエーシンヴァーゴウが続いて行く。競りかける馬もおらず、スローペースで楽に2頭が進んでいく中、4コーナーでダッシャーゴーゴーが外から進出を開始。
3頭が並んで直線に向くと、外からダッシャーゴーゴーが抜け出して先頭に立ったように思われた。
しかし、そこから勝負根性を見せて再び伸びてきたのはエーシンヴァーゴウ。ダッシャーゴーゴーを交わして先頭に。
そこに後方から突っ込んできたのは香港馬2頭とサンカルロ。その中でもラッキーナインが一気に追い込み、エーシンヴァーゴウを猛追。
それでもぎりぎり最後までエーシンヴァーゴウが粘り切り、重賞2勝目。
2着にラッキーナイン。1200m、59キロも問題なかった。これは本番スプリンターズSで脅威になるだろう。
3着にダッシャーゴーゴー。終始外を回ったこともあり、枠も悪かったか。

5枠9番エーシンヴァーゴウ牝4田辺55
1:08.5
7枠13番ラッキーナインセ4プレブル59
1:08.5
8枠14番ダッシャーゴーゴー牡4川田58
1:08.6
4枠7番サンカルロ牡5吉田豊57×
1:08.7
3枠5番テイエムオオタカ牡3和田55
1:08.7
1枠1番エーシンリジル牝4岩田55
1:08.9
4枠6番マジカルポケット牡3浜中55
1:09.1
8枠15番スギノエンデバー牡3小牧55
1:09.1
2枠2番ヘッドライナーセ757
1:09.2
7枠12番エーシンホワイティ牡4北村友57
1:09.2
5枠8番トウカイミステリー牝5池添55
1:09.4
2枠3番ファリダット牡6武豊57
1:09.5
6枠10番ベイリングボーイ牡7国分恭57
1:10.0
3枠4番グリーンバーディーセ8アングランド58
1:08.7(4→14)
6枠11番シゲルキョクチョウ牡3高倉55
1:10.0

結果:ワイド290円的中 -210円


メイビリーヴとフライングアップルが逃げるという予想外の展開だったが、割と早めのペースで逃げ、差しが決まる展開になっていた。
勝ったのは中団から抜けたフィフスペトル。やはりここでは力が違ったか。
2着は復活のアプリコットフィズ。大外枠も問題なし。ついに復活を果たした。
3着にはレインボーペガサス。トップハンデも苦にしなかった。

5枠8番フィフスペトル牡5横山典57
1:31.9
8枠14番アプリコットフィズ牝4田中勝54
1:32.0
5枠7番レインボーペガサス牡6安藤勝57.5
1:32.2
2枠2番オセアニアボス牡6石橋脩56
1:32.2
4枠5番エアラフォン牡4福永56
1:32.3
4枠6番ムラマサノヨートー牡7的場55
1:32.4
3枠3番スズカコーズウェイ牡7北村宏56
1:32.4
1枠1番コスモセンサー牡4松岡56
1:32.5
3枠4番マイネルフォーグ牡7丹内54
1:32.7
6枠10番ドモナラズ牡6嶋田53
1:32.8
7枠12番メイビリーヴ牝6中舘53
1:33.0
8枠13番フライングアップルセ7杉原54
1:33.1
6枠9番タマモナイスプレイ牡6渡辺57
1:33.4
7枠11番マイネルファルケ牡6武士沢56
1:33.4

結果:-400円


ホクトスルタンとエーシンジーラインがスローペースで逃げるが、途中からペースアップ。先行していたヤマニンキングリーや、中団から外を回ってミッキードリームやレディアルバローザが進出。
直線に向くと逃げていたホクトスルタンは脱落。エーシンジーラインが単独先頭に立つ。
外からミッキードリームやレディアルバローザも伸びては来るが、前半がスローペースだったのでなかなか前も止まらない。
しかしそれでも最後はぎりぎりハナ差だけミッキードリームがエーシンジーラインを捕らえて、先頭でゴール。3連勝で重賞制覇となった。
3着争いはヤマニンキングリーが粘るところ、こちらも最後にぎりぎりレディアルバローザが捕らえた。

4枠4番ミッキードリーム牡4和田56
1:59.6
3枠3番エーシンジーライン牡6太宰56
1:59.6
8枠9番レディアルバローザ牝4福永54
1:59.6
8枠8番ヤマニンキングリー牡6武豊58
1:59.6
7枠7番サンライズマックス牡7小牧56
1:59.7
2枠2番アドマイヤメジャー牡5岩田56
1:59.8
1枠1番ガンダーラ牡5浜中56
1:59.8(同着)
5枠5番ダイシンプラン牡6北村友56
1:59.8(同着)
6枠6番ホクトスルタン牡7川田56
2:01.6

結果:ワイド790円的中 +290円
posted by ナイト at 16:09| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

セントウルS&京成杯AH予想

開幕週のスピード競馬。テイエムオオタカの一気逃げが見られるだろうか。しかし、スピードで言えばエーシンヴァーゴウも負けていない。北九州記念3、4着の2頭だが、超ハイペースのレースを粘った実力は評価できる。
逆に北九州記念2着のエーシンリジルは斤量2キロ増、1着のトウカイミステリーは斤量3キロ増では狙いにくい。
そして、やはり外せないのはダッシャーゴーゴー。58キロでもこの馬の力は本物だろう。
この3頭が上位ではないだろうか。
あと厄介なのはサンカルロ。持ち時計は早くないので開幕週のスピード競馬は不安なのだが、阪神は相性がいい。押さえには必要か。
そして穴はエーシンホワイティ。やはりこの馬は1200mが合うだろう。CBC賞では前残りの展開で差し届かなかっただけで、巻き返しを警戒。
香港2頭は58キロと59キロなので今回は様子見。

1枠1番エーシンリジル牝4岩田55
2枠2番ヘッドライナーセ757
2枠3番ファリダット牡6武豊57
3枠4番グリーンバーディーセ8アングランド58
3枠5番テイエムオオタカ牡3和田55
4枠6番マジカルポケット牡3浜中55
4枠7番サンカルロ牡5吉田豊57×
5枠8番トウカイミステリー牝5池添55
5枠9番エーシンヴァーゴウ牝4田辺55
6枠10番ベイリングボーイ牡7国分恭57
6枠11番シゲルキョクチョウ牡3高倉55
7枠12番エーシンホワイティ牡4北村友57
7枠13番ラッキーナインセ4プレブル59
8枠14番ダッシャーゴーゴー牡4川田58
8枠15番スギノエンデバー牡3小牧55

ワイド5点 9-14 5-14 12-14 7-14 5-9
自信度★★★★☆


中山マイルならフィフスペトルが有力か。ハンデも57キロなら問題ないだろう。
それを上回るトップハンデはレインボーペガサスの57.5キロ。関屋記念では3年半ぶりの重賞勝利だったが、展開に恵まれた感じはあった。今回のこのハンデでは厳しいのではないだろうか。
それなら57キロのタマモナイスプレイ。1200mのスピード競馬には対応できなかったが、マイルなら楽に先行して粘れるだろう。
あとは逃げ馬だが、マイネルファルケは最近の不調から抜け出せるのかどうか。それよりはコスモセンサー。スピードならこの馬のほうが上だろう。最近は控える競馬をしているが、今回は最内枠となったのだから逃げる可能性はある。ハナを奪ってしまえばそのまま最後まで粘ってもおかしくない。
オセアニアボスは少し格下のイメージだし、1400mのほうが得意だろう。
そして関屋記念で強い競馬をしたエアラフォンだが、やはり中山マイルの開幕週で追い込み馬は狙いにくい。ただ、スタートを決めて好位から競馬をするようなことがあれば怖い。

1枠1番コスモセンサー牡4松岡56
2枠2番オセアニアボス牡6石橋脩56
3枠3番スズカコーズウェイ牡7北村宏56
3枠4番マイネルフォーグ牡7丹内54
4枠5番エアラフォン牡4福永56
4枠6番ムラマサノヨートー牡7的場55
5枠7番レインボーペガサス牡6安藤勝57.5
5枠8番フィフスペトル牡5横山典57
6枠9番タマモナイスプレイ牡6渡辺57
6枠10番ドモナラズ牡6嶋田53
7枠11番マイネルファルケ牡6武士沢56
7枠12番メイビリーヴ牝6中舘53
8枠13番フライングアップルセ7杉原54
8枠14番アプリコットフィズ牝4田中勝54

ワイド4点 1-8 8-9 5-8 1-9
自信度★★★★☆
posted by ナイト at 16:37| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

朝日CC予想

阪神開幕週の2000m。やはり逃げ馬有利なのは間違いない。
逃げるのはホクトスルタンか。それともエーシンジーラインか。この2頭が展開に恵まれて粘るかもしれないが、勝ち切るほどの強さがあるのかどうかは怪しい。
本命はミッキードリーム。毎日杯でダノンシャンティの2着になった実力馬。その後故障で長期休養に入ったが、ついに復活して連勝。このメンバーなら重賞でも通用していい。
そしてレディアルバローザ。前走は先行馬に厳しいハイペースで、勝ち馬と0秒2差の6着と、それほど負けていない。今回のメンバーなら狙える。
他のメンバーでは、ガンダーラは実力不足。ヤマニンキングリーは58キロで狙いにくい。
ただ、もしホクトスルタンとエーシンジーラインが逃げ争ってハイペースになった場合、怖いのはサンライズマックスの追い込み。前走も58キロで2着。その前も57キロのハンデで敗れているだけで、今回は56キロと他の馬と同条件なら一発あるかもしれない。
あとは昨年3着のアドマイヤメジャーあたりだが、少し格下だろうか。

1枠1番ガンダーラ牡5浜中56
2枠2番アドマイヤメジャー牡5岩田56
3枠3番エーシンジーライン牡6太宰56
4枠4番ミッキードリーム牡4和田56
5枠5番ダイシンプラン牡6北村友56
6枠6番ホクトスルタン牡7川田56
7枠7番サンライズマックス牡7小牧56
8枠8番ヤマニンキングリー牡6武豊58
8枠9番レディアルバローザ牝4福永54

ワイド5点 4-9 4-6 3-4 4-7 7-9
自信度★★★★☆
posted by ナイト at 14:05| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

オーバルスプリント結果

トーホウの2頭が先団を形成し、3番手からナイキマドリード、中団にダイショウジェットという展開で進む。
先行馬が残りやすい小回り浦和。4コーナーでトーホウドルチェが抜け出そうとするところに、ナイキマドリードが接近していき、2頭が抜け出していく。しかし、中団にいたダイショウジェットも迫ってくると、直線ではダイショウジェットが抜け出して5馬身差の完勝。小回り浦和で差し届くか不安だったが、早めに仕掛けて突き抜けた。8歳にしてようやく初の重賞制覇となった。
2着はトーホウドルチェ。3着には最後に外から差してきたディアーウィッシュ。
ナイキマドリードは1頭抜けた斤量の57キロが響いたか、直線失速して4着同着。

7枠10番ダイショウジェット牡8柴山54
1:26.4
5枠6番トーホウドルチェ牝653
1:27.3
6枠7番ディアーウィッシュ牡7今野54
1:27.4
1枠1番トーホウオルビス牡6浜中54×
1:27.7(同着)
6枠8番ナイキマドリード牡5戸崎57
1:27.7(同着)
4枠4番グランシュヴァリエ牡6本橋54
1:27.9
8枠12番イーグルショウ牡7坂井54
1:28.1
3枠3番ケイアイライジン牡5川島正54
1:28.6
5枠5番イーグルビスティー牡7藤江54
1:29.6
2枠2番テイエムカゲムシャ牡7的場文54
1:29.8
7枠9番キングスゾーン牡9安部幸55
1:30.4
8枠11番バロズハート牡6真島大54
1:31.8

結果:-300円
posted by ナイト at 23:40| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

オーバルスプリント予想

新設交流重賞のオーバルスプリント。ダートの1400mで行われる。
中央からは3頭。トーホウオルビス、トーホウドルチェ、ダイショウジェット。別定戦ということもあり、ダイショウジェットが54キロ。これは有利のように思えるのだが、小回り浦和なら差し届かない可能性も十分にある。それならトーホウドルチェだろうか。しかし、牡馬相手の交流重賞だと少し格下のようにも思える。
本命は地方のナイキマドリード。同じ舞台のさきたま杯、そして交流競走ではなかったが昨年のこのレースの覇者。コースの相性は良さそうで、ここも期待できる。ただ、ダイショウジェットより3キロも重い57キロの斤量が少し不安。
他の地方馬は全部格下だろう。

1枠1番トーホウオルビス牡6浜中54×
2枠2番テイエムカゲムシャ牡7的場文54
3枠3番ケイアイライジン牡5川島正54
4枠4番グランシュヴァリエ牡6本橋54
5枠5番イーグルビスティー牡7藤江54
5枠6番トーホウドルチェ牝653
6枠7番ディアーウィッシュ牡7今野54
6枠8番ナイキマドリード牡5戸崎57
7枠9番キングスゾーン牡9安部幸55
7枠10番ダイショウジェット牡8柴山54
8枠11番バロズハート牡6真島大54
8枠12番イーグルショウ牡7坂井54

三連複3点 6-8-10 1-8-10 1-6-8
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 05:16| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

小倉2歳S&新潟2歳S結果

完全な外差し馬場になっていた最終週の小倉で、人気のマコトリヴァーサルはスタートよく飛び出してから無理に先行せず、他の馬を前に行かせて後方2番手まで下がっていく。しかし、3コーナーで鞍上が仕掛けるも反応が悪く、なかなかスピードに乗れない。
そんな中、中団で待機していたエピセアロームが直線に向くと先行勢を捕らえて先頭に立つ。1200mは短いかもしれないと陣営も言っていたが、そんなことはお構いなしに抜け出すと、そのまま後続にリードを広げていき完勝。除外の可能性が高いためわざわざ新潟を回避してこちらに使ってきたが、見事に重賞勝利となった。
そして、2着争いは完全に後方で置いて行かれたと思っていたマコトリヴァーサルが、大外を回った後に直線一気の末脚。やはり素質は高いようで、今日は少し位置取りを下げ過ぎた感じはあったが、それでも最後はしっかり2着に追い込んできた。
さらには3着には最後方にいたハギノコメント。とにかく外有利の馬場だったことは間違いない。

7枠10番エピセアローム牝2浜中54
1:08.8
7枠11番マコトリヴァーサル牡2武豊54
1:09.0
8枠13番ハギノコメント牡2小牧54
1:09.2
8枠12番ヴェアデイロス牡2酒井54
1:09.3
4枠5番ゴーイングパワー牡2和田54
1:09.7
6枠9番メイショウダビンチ牡2北村友54
1:09.7
2枠2番シゲルスダチ牡2太宰54
1:09.8
5枠7番アイラブリリ牝2国分恭54
1:09.9
5枠6番カノヤミノリ牡2安藤勝54×
1:10.1
6枠8番テイエムハエンカゼ牡2石橋守54
1:10.6
4枠4番キンシツーストン牡254
1:11.0
1枠1番オウケンハナミズキ牝2川須54
1:11.2
3枠3番カシノラピス牝2野元54
1:11.5

結果:-500円


レースの前半3ハロンが36秒0、後半3ハロンが33秒1という極端なスローペースで流れたこのレース。
例年同様強烈な瞬発力勝負になった今回だが、32秒台の上がりを使った2頭の勝負になった。
ニンジャが逃げてレースを作るが、直線に入ると伸びを欠く。
そこに中団から伸びてきたのはモンストール。一団となった馬群から先に抜け出して先頭に立つと、それを外から追ってきたのは人気のジャスタウェイ。
2頭が直線で抜け出すと、そのまま後続をどんどん引き離していく。
結局、先に抜け出したモンストールが32秒7の上がりを使って勝利。新馬戦は開幕週で楽勝していたモンストール。1400mを勝っていたスピードが生きたか。
2着にはジャスタウェイ。上がりは32秒6と、こちらもすごい脚を使ったが、位置取りの差だろうか、前にいたモンストールを捕らえきれず。
3着は5馬身離れてクイーンアルタミラ。さらにダローネガと続いた。

5枠10番モンストール牡2柴田善54
1:33.8
6枠11番ジャスタウェイ牡2福永54
1:33.9
7枠14番クイーンアルタミラ牝2北村宏54
1:34.7
1枠1番ダローネガ牡2佐藤54
1:34.9
8枠17番クリッピングエリア牝2木幡54
1:35.1
7枠15番ヒシマーベラス牝2大庭54
1:35.3
7枠13番トウケイヘイロー牡2柴山54
1:35.4
3枠6番アドマイヤリリーフ牡2田辺54
1:35.5
5枠9番フィロパトール牝2嶋田54
1:35.5
4枠7番ラフレーズカフェ牝2田中勝54
1:35.6
2枠4番ダンスインザマミー牝2大野54
1:35.7
8枠16番メイショウハガクレ牡2江田照54
1:35.9
1枠2番ニコールバローズ牝2蛯名54
1:35.9
8枠18番ロッソコルサ牡2吉田豊54
1:36.0
2枠3番ヴュルデバンダム牝2武士沢54×
1:36.0
3枠5番ニンジャ牡2藤岡康54
1:36.0
6枠12番プレノタート牝2中舘54
1:36.2
4枠8番ハッシュドトーン牝2石橋脩54
1:37.3

結果:ワイド1240円的中 +640円
posted by ナイト at 16:20| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

小倉2歳S&新潟2歳S予想

今年は13頭と、なぜか新潟に比べてフルゲートにはなりにくい小倉2歳S。
評判が高いのはマコトリヴァーサル。新馬戦で逃げて0秒8差の圧勝。それも、2着馬が後にフェニックス賞を制しているのだから、同じ小倉1200mならここは信頼してよさそうか。
そのフェニックス賞2着のシゲルスダチは、4コーナーで不利を受けながら最後はすごい脚で追い込んできた。スムーズにいけば1着もあり得た内容だった。しかし、やはり1着馬がマコトリヴァーサルに完敗していることを考えると押さえまで。フェニックス賞3着のカシノラピスは少し力不足か。
他に気になるのはアイラブリリ。新馬戦は3着と敗れたが、未勝利では2着に0秒9差の圧勝。タイムも上がりもマコトリヴァーサルより早く、新馬からの上積みが大きかったと見ていいだろう。
ヴェアデイロスは新馬勝ちだが、僅差で倒したカジキは、アイラブリリに1秒差で負けているのだから少し力不足か。それに、同じ佐々木晶三厩舎の馬で、佐藤哲三騎手は新潟に乗りに行ったのだから、こちらは期待薄とみているのだろう。
オウケンハナミズキとカノヤミノリは未勝利で1、2着。どちらもタイムはいいもののそこまで特筆できる内容ではなかったように思える。強いて狙うなら2着だったカノヤミノリのほうか。オウケンハナミズキはスタートに成功し先手を取り、そのまま開幕2週目の馬場を生かして粘り切った。カノヤミノリはスタートに失敗したものの、最後は外から詰め寄って2着に伸びてきた。
あとはサクラバクシンオー産駒ゴーイングパワー。新馬では逃げて最後は突き放す内容で完勝。ただ、メンバーが弱かったこともあり少しまだ信用はできないし、レース映像を見る限りでは大跳びな馬に思えた。小回りの小倉が少し不安。
エピセアロームは未勝利を圧勝したが、マイルの新潟2歳Sに出走させたかったものの除外を嫌ってこちらにしたという陣営のコメントもあり、1200mでは短いのかもしれない。
キンシツーストンとハギノコメントはダートを勝ち上がっているので狙いにくい。
テイエムハエンカゼは連闘で狙いにくい。

1枠1番オウケンハナミズキ牝2川須54
2枠2番シゲルスダチ牡2太宰54
3枠3番カシノラピス牝2野元54
4枠4番キンシツーストン牡254
4枠5番ゴーイングパワー牡2和田54
5枠6番カノヤミノリ牡2安藤勝54×
5枠7番アイラブリリ牝2国分恭54
6枠8番テイエムハエンカゼ牡2石橋守54
6枠9番メイショウダビンチ牡2北村友54
7枠10番エピセアローム牝2浜中54
7枠11番マコトリヴァーサル牡2武豊54
8枠12番ヴェアデイロス牡2酒井54
8枠13番ハギノコメント牡2小牧54

ワイド5点 7-11 2-11 5-11 6-11 2-7
自信度★★★☆☆


とりあえず捨ててよさそうな馬から順番に。
ダリア賞4、5着のプレノタートとダンスインザマミー。
勝ち上がるのに3戦かかったヒシマーベラス。
新馬の勝ちタイムが遅いのはクリッピングエリア、ハッシュドトーン、フィロパトール、トウケイヘイロー、ラフレーズカフェ、ロッソコルサあたり。
モンストールも開幕週ということを考えれば少しタイム、上がりともに遅いか。
アドマイヤリリーフは新馬戦で後方一気を決めたが、上がり33秒6は新潟のスローペースの新馬ではよくあること。これで差し切れたというのは、先行馬が弱かったのではないか。
フェニックス賞勝ちからなぜか新潟に来たメイショウハガクレ。いきなりのマイルは厳しいだろう。
これで残るは6頭。
上がりで言えば33秒0で差し切っているのはヴュルデバンダム。しかし超スローペースの新馬戦だったので信頼はできない。距離も短くなり、新馬よりペースが早くなるだろう今回。前走は全く参考にならない。
中山で新馬を勝ったクイーンアルタミラ。倒した3、2着馬が続く未勝利で1、2着と争っているので、意外とレースのレベルは高かったのではないだろうか。
新馬戦のパフォーマンスが圧巻だったジャスタウェイ。やはりここは本命にすべきか。関西馬は台風による輸送への影響が心配だが、ここは一枚上ではないだろうか。
ダローネガ。新馬で倒したエピセアロームは未勝利で圧勝し、小倉2歳Sに出走するので、タイムの割にレベルの高い新馬戦だったのかもしれない。
名前で評判になっているニンジャは、新馬戦を見る限りでは直線で物見をしたりと、力を出し切っていなかったようにも思える。それでも後続を突き放しての完勝で、期待できる。
怪しいのはニコールバローズ。新馬は小倉の1200mだったが、2、3着馬はすでに未勝利を勝ち上がっている。それに、ゼンノロブロイ産駒なら距離延長は合うのではないだろうか。

1枠1番ダローネガ牡2佐藤54
1枠2番ニコールバローズ牝2蛯名54
2枠3番ヴュルデバンダム牝2武士沢54×
2枠4番ダンスインザマミー牝2大野54
3枠5番ニンジャ牡2藤岡康54
3枠6番アドマイヤリリーフ牡2田辺54
4枠7番ラフレーズカフェ牝2田中勝54
4枠8番ハッシュドトーン牝2石橋脩54
5枠9番フィロパトール牝2嶋田54
5枠10番モンストール牡2柴田善54
6枠11番ジャスタウェイ牡2福永54
6枠12番プレノタート牝2中舘54
7枠13番トウケイヘイロー牡2柴山54
7枠14番クイーンアルタミラ牝2北村宏54
7枠15番ヒシマーベラス牝2大庭54
8枠16番メイショウハガクレ牡2江田照54
8枠17番クリッピングエリア牝2木幡54
8枠18番ロッソコルサ牡2吉田豊54

ワイド6点 1-11 11-14 5-11 2-11 3-11 1-14
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 09:48| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする