2011年10月31日

JBCクラシック&JBCスプリント&JBCレディスクラシック予想1

トランセンドとスマートファルコンの対決。今の調子ならスマートファルコンの本命は揺るがないか。
そして、浦和記念をやめてこちらに回ってきたシビルウォー。
このレースはこの3頭だろう。フィールドルージュの衰えは否めないし、5連勝中の地方馬テラザクラウドでは力不足だろう。

1枠1番シビルウォー牡6吉田豊57
2枠2番サイレントスタメン牡5金子正57
3枠3番フィールドルージュ牡9酒井57
4枠4番アプローチアゲン牡7永森57
5枠5番ボンネビルレコード牡9的場文57
5枠6番タガノサイクロン牡8木村健57
6枠7番スウィングベル牝4宮川実55
6枠8番コロニアルペガサス牝4吉井友55
7枠9番トランセンド牡5藤田57
7枠10番スマートファルコン牡6武豊57
8枠11番グランシュヴァリエ牡6本橋57
8枠12番テラザクラウド牡4今野57



サマーウインドの復帰戦。高松宮記念以来だが、短距離ダートなら敵はいないはず。当初より復帰予定が少し遅れたのは不安だが、この馬の軸は変わらない。
対抗に完全復活したスーニ。
そして休み明けを一叩きしてセイクリムズン。
この3頭の力が抜けているだろう。
もしこの3頭を倒す可能性があるとすれば、新馬戦以来のダートとなるダッシャーゴーゴーか。
気になるのはオーロマイスターだが、やはり1200mがベストとは思えない。
セレスハント、ラブミーチャン、ジーエスライカー、ナイキマドリードあたりは、この一線級相手では少し厳しいだろう。

1枠1番サマーウインド牡6藤岡佑57
2枠2番ポートジェネラル牡8永森57
2枠3番ダイワメンフィスセ10宮川実57
3枠4番パフォーマンス牡3川島洋56
3枠5番ジーエスライカー牡4坂井57
4枠6番ラブミーチャン牝4濱口55
4枠7番ナイキマドリード牡5川島正57
5枠8番テンジンミナトオー牡7石崎隆57
5枠9番オーロマイスター牡6吉田豊57
6枠10番セレスハント牡6福永57
6枠11番スーニ牡5川田57
7枠12番セイクリムズン牡557
7枠13番ブリーズフレイバー牡4繁田57
8枠14番ニシノコンサフォス牡11阪野57
8枠15番ダッシャーゴーゴー牡4横山典57×



今年から追加されたJBCの新重賞、レディスクラシック。
今年はラヴェリータとミラクルレジェンドの一騎打ちだろう。
相手に、ブラボーデイジーと、前哨戦のレディスプレリュードで1800mながらも健闘したエーシンクールディ。
ウェディングフジコはブラボーデイジーに劣るくらいの力関係だろうし、パールシャドウは1600万を勝ったものの、ハンデに恵まれただけだろう。
本命はラヴェリータ。前走はミラクルレジェンドの末脚が完全に上回っていたが、もともとそんなにはっきりと力の差があるわけでもなく、今回は同斤量での出走ならば、実績のあるラヴェリータに期待したい。

1枠1番エーシンクールディ牝5岡部55
2枠2番ツクシヒメ牝5山田信55
3枠3番テイエムヨカドー牝7森泰55
4枠4番ミラクルレジェンド牝4岩田55
4枠5番パールシャドウ牝5横山典55
5枠6番トウホクビジン牝5本橋55
5枠7番カラフルデイズ牝3福永53
6枠8番ラヴェリータ牝5武豊55
6枠9番ブラボーデイジー牝6北村友55
7枠10番ウェディングフジコ牝7吉田豊55
7枠11番スターオブジュリア牝4戸崎55
8枠12番マトリックストート牝6赤嶺55
8枠13番ギンガセブン牝4水野55
posted by ナイト at 11:48| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

天皇賞秋&スワンS結果

シルポートが前半1000mを56秒5という超ハイペースで飛ばしたレース。そのハイペースはレース全体のタイムも押し上げ、厳しいスタミナ勝負に全馬を巻き込んだ。
直線に向くと好位にいたエイシンフラッシュがシルポートを捕らえにかかる。一度は先頭に立つ勢いで進むものの、やはりこのハイペースで先に動いてしまうと厳しい。その後ろから迫ってくる有力馬に一斉に交わされる。
その中で早めに動いたのは、中団待機だったトゥザグローリー。馬群を割って抜け出し、エイシンフラッシュを交わして早めに先頭へ。しかしこちらも途中で失速。
そこを狙って伸びてきたのは、内からダークシャドウと外からトーセンジョーダン。最後はこの2頭の叩き合い。制したのはトーセンジョーダン。昨年のアルゼンチン共和国杯を完勝したように、ハイペースのスタミナ勝負では抜群の強さを見せるこの馬。そして、タイムは1分56秒1の日本レコード。驚異的なタイムでの決着となった。
2着にダークシャドウ。うまく内を突いて伸びてきたが、半馬身届かかなった。
3着には追い込みに徹したペルーサ。
ブエナビスタは内の狭いところに囲まれてしまい、なかなか抜け出せず。前が開いてからは差してきたものの、4着に追い上げるのが精一杯だった。

6枠12番トーセンジョーダン牡5ピンナ58
1:56.1
4枠7番ダークシャドウ牡4ベリー58
1:56.2
4枠8番ペルーサ牡4横山典58
1:56.3
3枠5番ブエナビスタ牝5岩田56
1:56.4
8枠17番トゥザグローリー牡4福永58
1:56.7
2枠4番エイシンフラッシュ牡4ルメール58
1:56.8
8枠16番ナリタクリスタル牡5武豊58
1:57.1
7枠13番ミッキードリーム牡4和田58
1:57.2
5枠9番ジャガーメイル牡7四位58
1:57.4
6枠11番ローズキングダム牡4メンディザバル58×
1:57.5
7枠15番シンゲン牡8田辺58
1:57.7
2枠3番アクシオン牡8柴田善58
1:58.0
7枠14番シャドウゲイト牡9田中勝58
1:58.2
8枠18番アーネストリー牡6佐藤58
1:58.6
1枠2番ダノンヨーヨー牡5後藤58
1:58.8
1枠1番シルポート牡6蛯名58
1:59.2
3枠6番ビッグウィーク牡4川田58
1:59.8
5枠10番メイショウベルーガ牝6池添56
中止

結果:-300円


先週に続いて内が伸びる馬場だったようで、逃げたジョーカプチーノが直線でも後続を突き放して逃げ切りを狙う。しかし、最内を回って直線でもインを突いて突っ込んできたのはリディル。狙ったようにぴったり差し切って重賞2勝目となった。2歳時にはクラシックを期待されながらも長期休養を余儀なくされたこの馬だが、ついに重賞戦線に戻ってきた。
3着にも内に突っ込んだオセアニアボス。外を回ったサンカルロも最後は伸びてきていたものの4着止まり。かかってしまったグランプリボスは見せ場なく敗れた。

1枠2番リディル牡4小牧57
1.19.4
5枠10番ジョーカプチーノ牡5福永58
1.19.6
3枠5番オセアニアボス牡6石橋脩57
1.20.0
7枠15番サンカルロ牡5吉田豊57
1.20.0
2枠3番エアラフォン牡4ピンナ57×
1.20.2
8枠16番エーシンフォワード牡6岩田59
1.20.4
1枠1番ワンカラット牝5藤岡佑55
1.20.4
7枠14番グランプリボス牡3メンディザバル57
1.20.4
8枠18番クレバートウショウ牡5武豊57
1.20.4
2枠4番フラガラッハ牡4ルメール57
1.20.6
3枠6番ショウナンカザン牡6北村友57
1.20.7
4枠7番スズカコーズウェイ牡7池添57
1.20.9
7枠13番ロードバリオス牡6浜中57
1.21.0
4枠8番ダンツホウテイ牡6藤田57
1.21.2
6枠11番サワノパンサー牡5和田57
1.21.3
8枠17番エーシンブラン牡356
1.22.0
5枠9番ダイワバーバリアン牡4川田57
1.22.1
6枠12番コスモピクシー牝5吉村55
1.22.9

結果:馬連1330円的中 +730円
posted by ナイト at 23:56| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

天皇賞秋予想3

ブエナビスタは調子が悪くても、力が違う。またしても1着は怪しいが、馬券圏内には入ってくるだろう。
そして、4歳馬の中でも安定しているのはエイシンフラッシュ。昨年の秋は調子を崩したが、皐月賞、ダービー、大阪杯、天皇賞春、宝塚記念と、この馬も確実に馬券圏内には入ってくる。大阪杯は59キロでダークシャドウに、宝塚記念は実力ある古馬2頭に敗れたが、4歳馬の中ではこの馬が上位だろう。
そしてダークシャドウ。毎日王冠の末脚には驚かされたが、同じ脚が今回使えるのかどうか。メンバーが強化された中で、どれだけの力を発揮できるのか。
ペルーサは出遅れ癖もあり、少し狙いにくい馬ではあるが、力はまずまずあるはず。そしてローズキングダムは直線の瞬発力勝負なら強いだろう。2頭は流れが向けば一発ありそう。

1枠1番シルポート牡6蛯名58
1枠2番ダノンヨーヨー牡5後藤58
2枠3番アクシオン牡8柴田善58
2枠4番エイシンフラッシュ牡4ルメール58
3枠5番ブエナビスタ牝5岩田56
3枠6番ビッグウィーク牡4川田58
4枠7番ダークシャドウ牡4ベリー58
4枠8番ペルーサ牡4横山典58
5枠9番ジャガーメイル牡7四位58
5枠10番メイショウベルーガ牝6池添56
6枠11番ローズキングダム牡4メンディザバル58×
6枠12番トーセンジョーダン牡5ピンナ58
7枠13番ミッキードリーム牡4和田58
7枠14番シャドウゲイト牡9田中勝58
7枠15番シンゲン牡8田辺58
8枠16番ナリタクリスタル牡5武豊58
8枠17番トゥザグローリー牡4福永58
8枠18番アーネストリー牡6佐藤58

三連複3点 4-5-7 4-5-8 4-5-11
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 15:43| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

スワンS予想&天皇賞秋予想2

リアルインパクトが毎日王冠で好走したのなら、グランプリボスがここで負けるわけにはいかないのではないだろうか。
相手は、エアラフォン、クレバートウショウ、ジョーカプチーノ、リディル、ワンカラット。
実績で言えばエーシンフォワードとサンカルロあたりも気にはなるが、エーシンフォワードは59キロが厳しいだろう。そして、先週の京都はかなりの内枠先行馬有利だったのでサンカルロには厳しいだろう。

1枠1番ワンカラット牝5藤岡佑55
1枠2番リディル牡4小牧57
2枠3番エアラフォン牡4ピンナ57×
2枠4番フラガラッハ牡4ルメール57
3枠5番オセアニアボス牡6石橋脩57
3枠6番ショウナンカザン牡6北村友57
4枠7番スズカコーズウェイ牡7池添57
4枠8番ダンツホウテイ牡6藤田57
5枠9番ダイワバーバリアン牡4川田57
5枠10番ジョーカプチーノ牡5福永58
6枠11番サワノパンサー牡5和田57
6枠12番コスモピクシー牝5吉村55
7枠13番ロードバリオス牡6浜中57
7枠14番グランプリボス牡3メンディザバル57
7枠15番サンカルロ牡5吉田豊57
8枠16番エーシンフォワード牡6岩田59
8枠17番エーシンブラン牡356
8枠18番クレバートウショウ牡5武豊57

馬連6点 10-14 2-14 1-14 14-18 3-14 2-10
自信度★★★☆☆


ブエナビスタに立ち向かう4歳馬。エイシンフラッシュ、ペルーサ、ダークシャドウ、ローズキングダム、トゥザグローリー。
アーネストリーは捨てる。内が荒れてきた東京で先行馬は厳しいうえに、東京2000mでの大外枠というのも不利だろう。
同じような理由でトゥザグローリーも捨てる。東京適性も怪しいし、それに春の大敗からの復活を狙うには、一度ここで叩いてからではないだろうか。

1枠1番シルポート牡6蛯名58
1枠2番ダノンヨーヨー牡5後藤58
2枠3番アクシオン牡8柴田善58
2枠4番エイシンフラッシュ牡4ルメール58
3枠5番ブエナビスタ牝5岩田56
3枠6番ビッグウィーク牡4川田58
4枠7番ダークシャドウ牡4ベリー58
4枠8番ペルーサ牡4横山典58
5枠9番ジャガーメイル牡7四位58
5枠10番メイショウベルーガ牝6池添56
6枠11番ローズキングダム牡4メンディザバル58×
6枠12番トーセンジョーダン牡5ピンナ58
7枠13番ミッキードリーム牡4和田58
7枠14番シャドウゲイト牡9田中勝58
7枠15番シンゲン牡8田辺58
8枠16番ナリタクリスタル牡5武豊58
8枠17番トゥザグローリー牡4福永58
8枠18番アーネストリー牡6佐藤58
posted by ナイト at 12:37| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

天皇賞秋予想1

シルポート、アーネストリー、シャドウゲイトと、逃げ馬がいて、さらに先週の雨で内が荒れてしまった東京。外差し有利な馬場と見ていいだろう。
エイシンフラッシュ、ダークシャドウ、トゥザグローリー、ブエナビスタ、ペルーサ、ローズキングダム。このあたりが有力どころだろうか。
まず、ローズキングダムだが、この馬は軽い芝が合っているだろう。東京の早い時計が出る馬場はこの馬には合うはず。ただ、春の戦いを見ている限りでは、同世代の中でも少し力不足なのかと思ってしまう。
では、春に日経賞でローズキングダムを破ったトゥザグローリーだが、その後は天皇賞春、宝塚記念と大敗。昨年秋から酷使された影響が出たのかもしれない。一休みしてどこまで復活しているのか。ただ、不調後の休み明け初戦でいきなり勝負できるのかは少し不安があるし、直線の切れる脚が必要な東京コースが合っているのかどうか怪しい。
ではその日経賞2着のペルーサだが、この馬も少し力不足か。昨年は後方からすごい脚で2着に来たが、昨年はメンバーも手薄だったし、ハイペースで差しが決まりやすい展開だった。それにもかかわらずブエナビスタには歯が立たなかった。
エイシンフラッシュは、宝塚記念を見ても、内をうまく回ったにも関わらず、外を回ったブエナビスタに最後は差されたように、この馬もあと一歩足りないか。
そしてダークシャドウ。毎日王冠では絶望的な位置からの追い込みを決めた。この馬の末脚がG1でどれだけ通用するのか。ただ、大阪杯で59キロのエイシンフラッシュと僅差だったことを考えると、大阪杯以降にさらに大きく成長していなければ厳しいだろう。

◎ブエナビスタ
posted by ナイト at 10:44| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

菊花賞&富士S結果

サンビームのスローの単騎逃げになるかと思っていたレース。しかし、かかり気味に上がっていったフレールジャックが1周目の正面スタンド前で先頭を奪うと、ロッカヴェラーノあたりも上がっていき、ペースが落ち着かないままレースが流れる。
さらに向こう正面ではサダムパテックあたりも上がっていき、先行馬には厳しい展開に。
しかし、そんな厳しい展開ながらも中団で構えていたオルフェーヴルが4コーナーで仕掛け、直線に向かう所ではすでに先頭に。
4コーナーではそれを追いかけるようにトーセンラーも動き、さらに最後方待機だったウインバリアシオンも徐々に内をすくって進出を開始する。
しかし、オルフェーヴルは別格だった。直線に向くと追いかけてきたトーセンラーを一気に突き放す。内をすくってウインバリアシオン、外からトーセンラーが伸びてきてはいるものの、前を行くオルフェーヴルは別格。強烈な末脚で抜け出し、最後は流してゴールする余裕。圧倒的な強さで史上7頭目の3冠達成となった。

7枠14番オルフェーヴル牡3池添57
3:02.8
7枠13番ウインバリアシオン牡3安藤勝57
3:03.2
1枠1番トーセンラー牡3蛯名57
3:03.5
6枠12番ハーバーコマンド牡3木村健57
3:03.6
6枠11番サダムパテック牡3岩田57
3:03.8
4枠7番ゴットマスタング牡3国分恭57
3:03.8
3枠5番フェイトフルウォー牡3柴田善57
3:04.0
8枠18番ショウナンマイティ牡3武豊57
3:04.0
2枠4番ユニバーサルバンク牡3田辺57
3:04.2
8枠17番フレールジャック牡3福永57
3:04.5
5枠10番ロッカヴェラーノ牡3川田57
3:04.9
1枠2番ルイーザシアター牡3岡部57
3:05.4
2枠3番スーサングレート牡3和田57
3:06.0
3枠6番シゲルリジチョウ牡3藤田57
3:06.3
8枠16番ダノンマックイン牡3小牧57
3:06.4
5枠9番ダノンミル牡3浜中57
3:07.7
4枠8番ベルシャザール牡3後藤57
3:08.1
7枠15番サンビーム牡3秋山57
3:13.6

結果:馬単400円的中 ±0円


不良馬場になるまで雨が降った東京。直線ではほとんどの馬が外に持ち出すが、やはり先行していた馬を交わすような末脚が発揮できない。
直線では先行していたアプリコットフィズ、マイネルラクリマが抜け出し、先頭争いに。
しかし、重馬場が得意なエイシンアポロンは違った。今日は中団より後方に待機する競馬をしながら、最後は1頭だけ外から伸びてきて、見事に前を捕らえて勝利。得意の馬場で見事に差し切って重賞2勝目となった。
2着にアプリコットフィズ。京成杯AHに続いて牡馬相手に2着と、完全に復活した。
3着にマイネルラクリマ。この馬が3着に来るのだから、マイル戦線は3歳がかなりハイレベルなのではないだろうか。
ストロングリターン、ゴールスキーも後方から伸びてきてはいたものの、雨で末脚が発揮できず4、5着止まり。

7枠13番エイシンアポロン牡4田辺56
1:35.0
4枠8番アプリコットフィズ牝4田中勝54
1:35.0
3枠5番マイネルラクリマ牡3松岡54
1:35.2
5枠9番ストロングリターン牡5石橋脩58
1:35.4
7枠14番ゴールスキー牡4ピンナ56
1:35.4
8枠16番ブリッツェン牡5柴田善57
1:35.5
6枠12番レインボーペガサス牡6安藤勝57
1:35.5
3枠6番トライアンフマーチ牡5後藤56
1:35.6
4枠7番ライブコンサートセ7福永56
1:35.7
8枠17番スズカコーズウェイ牡7三浦57
1:35.8
8枠15番ラインブラッド牡5蛯名56
1:35.8
2枠3番ダンスファンタジア牝3北村宏52
1:35.9
5枠10番ダブルオーセブン牡3井上54
1:35.9
6枠11番スズジュピター牡6丸山56
1:36.0
1枠2番カウアイレーン牝5横山典54
1:36.0
2枠4番ドモナラズ牡6柴田大56
1:36.1
1枠1番アブソリュート牡7丸田56
1:36.1

結果:ワイド1720円的中 +1220円
posted by ナイト at 20:34| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

菊花賞予想3

雨は降っても、まだまだ高速馬場の京都。直線では上がり33秒台の末脚が必須の展開になるのではないだろうか。
そうなってしまえば、神戸新聞杯の末脚を見るかぎり、オルフェーヴルに死角はないように思える。3冠達成となるのかどうか。ディープインパクトの時のような盛り上がりには欠けるオルフェーヴルだが、それでも重賞4連勝の内容はどれも他馬を圧倒しており、やはり本命にするしかない。
3冠馬誕生を応援する気持ちで、馬単で勝負。

1枠1番トーセンラー牡3蛯名57
1枠2番ルイーザシアター牡3岡部57
2枠3番スーサングレート牡3和田57
2枠4番ユニバーサルバンク牡3田辺57
3枠5番フェイトフルウォー牡3柴田善57
3枠6番シゲルリジチョウ牡3藤田57
4枠7番ゴットマスタング牡3国分恭57
4枠8番ベルシャザール牡3後藤57
5枠9番ダノンミル牡3浜中57
5枠10番ロッカヴェラーノ牡3川田57
6枠11番サダムパテック牡3岩田57
6枠12番ハーバーコマンド牡3木村健57
7枠13番ウインバリアシオン牡3安藤勝57
7枠14番オルフェーヴル牡3池添57
7枠15番サンビーム牡3秋山57
8枠16番ダノンマックイン牡3小牧57
8枠17番フレールジャック牡3福永57
8枠18番ショウナンマイティ牡3武豊57

馬単4点 14-13 14-5 14-1 14-17
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 07:34| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

富士S予想&菊花賞予想2

エイシンアポロン、ゴールスキー、ストロングリターン。この3頭の力が抜けているように思える。
本命はエイシンアポロン。休み明けの毎日王冠で直線では見せ場十分の4着。能力の高さを証明した。叩いて距離短縮でさらなる上積みが期待できる。それに、雨は好材料だろう。
対抗にはストロングリターン。展開にかかわらず最後の末脚は安定している。先週の東京競馬は外差しが決まりやすかったのも有利か。今週からBコースに変わるので内も伸びるかもしれないが、それでも極端な内有利にはならないだろう。
ゴールスキーは降級初戦の1600万は勝利したものの、ぎりぎり勝てたというレース。昨年の勢いがあるのかどうか、少し不安が残る。
この3頭が強いとは思うが、今のマイルは全体的にレベルが低いように思える。穴馬にも警戒しておきたい。
久々のトライアンフマーチ。しかし、1年4ヶ月ぶりと、さすがに休養が長すぎた。
ダービー卿CTを制したブリッツェンは展開、ハンデ共に恵まれた印象が強く、信頼できない。
2着だったライブコンサートも、一線級相手だと少し力不足なのは否めない。
関屋記念を勝ったレインボーペガサスは、平坦コースのほうがいいだろう。東京の最後の坂はこの馬にとって厳しいのではないか。斤量が1キロ重いのも不安。
それなら、京成杯AHで2着に来たアプリコットフィズ。もともと力のあった馬なのだから、前走はようやく復活したと見るべきだろう。
そして、休み明け2走目のマイネルラクリマ。NHKマイルCは6着。3着のリアルインパクトが古馬相手に勝っているのだから、この馬も通用してもおかしくない。

1枠1番アブソリュート牡7丸田56
1枠2番カウアイレーン牝5横山典54
2枠3番ダンスファンタジア牝3北村宏52
2枠4番ドモナラズ牡6柴田大56
3枠5番マイネルラクリマ牡3松岡54
3枠6番トライアンフマーチ牡5後藤56
4枠7番ライブコンサートセ7福永56
4枠8番アプリコットフィズ牝4田中勝54
5枠9番ストロングリターン牡5石橋脩58
5枠10番ダブルオーセブン牡3井上54
6枠11番スズジュピター牡6丸山56
6枠12番レインボーペガサス牡6安藤勝57
7枠13番エイシンアポロン牡4田辺56
7枠14番ゴールスキー牡4ピンナ56
8枠15番ラインブラッド牡5蛯名56
8枠16番ブリッツェン牡5柴田善57
8枠17番スズカコーズウェイ牡7三浦57

ワイド5点 9-13 5-13 13-14 8-13 5-9
自信度★☆☆☆☆


オルフェーヴルの相手探しというレースとは思っていないが、これといった馬も見当たらない。
まず神戸新聞杯組だが、やはりウインバリアシオンとフレールジャックだろう。
ウインバリアシオンの力はダービー、神戸新聞杯で見せたように、オルフェーヴル以外の馬には十分勝つだけの力がある。
そしてフレールジャックだが、前走は3着に来たが、それでも福永騎手は、言うことを聞いてくれなかったとレース後にコメントしていた。折り合いが付けばどれくらい走れるのか。実力を出しきればどれくらい走るのか、気になる1頭。
ショウナンマイティは距離に不安があると思っている。2000mくらいがベストなのではないだろうか。
続いてセントライト記念組。
これはフェイトフルウォーとトーセンラーだろう。
新馬戦で放馬の後に快勝したフェイトフルウォー。スタミナは十分。
そしてトーセンラーは、気になるディープインパクト産駒。3000m、3200mを圧勝したディープの仔の長距離適性はどれほどのものなのだろうか。
3着だったサダムパテックは距離に不安がある。4着のベルシャザールは大型馬。パワータイプという雰囲気で、長距離向きとは思えない。

1枠1番トーセンラー牡3蛯名57
1枠2番ルイーザシアター牡3岡部57
2枠3番スーサングレート牡3和田57
2枠4番ユニバーサルバンク牡3田辺57
3枠5番フェイトフルウォー牡3柴田善57
3枠6番シゲルリジチョウ牡3藤田57
4枠7番ゴットマスタング牡3国分恭57
4枠8番ベルシャザール牡3後藤57
5枠9番ダノンミル牡3浜中57
5枠10番ロッカヴェラーノ牡3川田57
6枠11番サダムパテック牡3岩田57
6枠12番ハーバーコマンド牡3木村健57
7枠13番ウインバリアシオン牡3安藤勝57
7枠14番オルフェーヴル牡3池添57
7枠15番サンビーム牡3秋山57
8枠16番ダノンマックイン牡3小牧57
8枠17番フレールジャック牡3福永57
8枠18番ショウナンマイティ牡3武豊57
posted by ナイト at 19:35| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

菊花賞予想1

オルフェーヴルの3冠がかかった菊花賞。
神戸新聞杯組、セントライト記念組と、逆転可能な馬がいるだろうか。
逃げ馬がうまく前で残ってしまうというのはまず怖い展開だが、それができそうなほど強い馬は見当たらない。
なら、差し比べで負けるという展開だが、オルフェーヴルを後ろから差し切るような馬もいるとは思えない。
考えられるとすれば、オルフェーヴルの少し前からレースを進めて、直線の追い比べでわずかにオルフェーヴルが届かないという展開ではないだろうか。まさに、きさらぎ賞でトーセンラーが勝ったようなレースができる馬だろう。
となると、その一度オルフェーヴルを破っているトーセンラー、長距離適性がありそうなフェイトフルウォーあたりだろうか。ただ、フェイトフルウォーは直線の長い京都で、瞬発力勝負になると厳しそうな印象がある。ある程度先行して、早めに抜け出すような競馬をすれば可能性はあるかもしれない。
と言っても、2頭ともダービー、皐月賞で全くついて行けず完敗だったことを考えると、本命にするほどの信頼感はない。

◎オルフェーヴル
posted by ナイト at 00:46| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

秋華賞&府中牝馬S&デイリー杯2歳S&東京HJ結果

やはりメモリアルイヤーがハイペースで逃げ、早い時計の勝負に。こうなれば瞬発力勝負ではなく、持久力勝負となる。
そんな早いペースながら、4コーナーで早くもアヴェンチュラが仕掛け、先頭を奪って直線に向かう。この馬の持ち味は瞬発力よりも持久力と勝負根性。早め先頭でも全くバテることなく、最後までしぶとく粘る。
その後ろから同じように先行抜け出しで追いかけてきたのはキョウワジャンヌ。しかし、アヴェンチュラとの差は全く縮まらない。
外からホエールキャプチャも伸びてはきたものの、こちらも前を捕らえ切れない。
勝ったのはそのまま粘り切ったアヴェンチュラ。早め先頭でバテない持ち味を存分に生かした好騎乗だった。
2着はキョウワジャンヌ。うまく最内でロスなく立ち回れたこともあるだろうが、それでも最後はアヴェンチュラに追いつけはしなかったものの、最後までついて行った。この馬も確実に力をつけている。
3着にホエールキャプチャ。外を回ってロスが少しあったとはいえ、それでも前との差は縮まらず。今回は前の2頭が強かったというべきだろう。

2枠4番アヴェンチュラ牝3岩田55
1:58.2
1枠1番キョウワジャンヌ牝3飯田55
1:58.4
6枠12番ホエールキャプチャ牝3池添55
1:58.6
7枠13番アカンサス牝3横山典55
1:58.7
1枠2番リヴァーレ牝3江田照55
1:58.7
4枠8番デルマドゥルガー牝3武豊55
1:58.8
8枠18番マルセリーナ牝3福永55
1:59.0
2枠3番リトルダーリン牝3秋山55
1:59.2
4枠7番マイネソルシエール牝3柴田大55
1:59.4
5枠9番エリンコート牝3後藤55
1:59.5
3枠5番フレンチボウ牝3和田55
1:59.6
8枠17番レッドエレンシア牝3田中勝55
1:59.8
5枠10番スピードリッパー牝3北村宏55
2:00.5
8枠16番カルマート牝3安藤勝55
2:00.5
7枠15番マイネイサベル牝3松岡55
2:00.8
6枠11番ゼフィランサス牝3柴原55
2:00.9
3枠6番ピュアブリーゼ牝3柴田善55
2:01.0
7枠14番メモリアルイヤー牝3浜中55
2:01.0

結果:-300円


スローペースでトゥニーポートが逃げ、先行したアスカトップレディやセラフィックロンプなどが内で粘る。しかし、今の東京は外差しが決まりやすい馬場になっている。
外から馬群を割ってイタリアンレッドが伸びてきたところに、さらに最後方から外を回ってアニメイトバイオとフミノイマージンが伸びてくる。
結局3頭の差し比べとなった最後の直線だが、抜け出したのはイタリアンレッド。夏に強いだけではなかった。これは完全に本格化したと言えるだろう。
2着にアニメイトバイオ。スタートが決まらなかったので最後方集団で待機しての競馬となったが、最後はさすがの末脚で2着に追い込んだ。
3着のフミノイマージンは直線に向いてからの進路がなかなか開かなかったのが痛手だったか。それでもしっかり追い込んできているのはさすが。

7枠13番イタリアンレッド牝5中舘55×
1:46.8
8枠15番アニメイトバイオ牝4田辺55
1:46.8
3枠5番フミノイマージン牝5太宰55
1:46.9
1枠1番アスカトップレディ牝4大庭55
1:47.1
2枠3番コロンバスサークル牝5藤岡佑55
1:47.2
3枠6番エオリアンハープ牝5石橋脩55
1:47.2
1枠2番セラフィックロンプ牝7宮崎55
1:47.2
4枠7番レディアルバローザ牝4ピンナ55
1:47.4
5枠9番ブロードストリート牝5藤田55
1:47.4
4枠8番プティプランセス牝5武士沢55
1:47.4
6枠11番サンテミリオン牝4三浦56
1:47.5
8枠16番トゥニーポート牝4吉田豊55
1:47.6
6枠12番オウケンサクラ牝4丸山55
1:47.7
2枠4番アパパネ牝4蛯名57
1:47.8
7枠14番ダイワジャンヌ牝6嶋田55
1:48.1
5枠10番ウェディングフジコ牝7藤田55
1:48.2

結果:ワイド1890円的中 +1290円


ダローネガがスタートで出遅れて最後方から。
ゲンテンとメイショウハガクレが先手を取り、逃げる形で直線に向かうと、2頭が抜け出していく。
しかし、出遅れながらも外をまくってやってきたのはダローネガ。一気に先頭に並びかけて行く。このまま見事に最後方からの追い込みが決まったかと思われた。
だが、ダローネガが出遅れて外を回っている間に内でじっくり脚をためていたクラレントが間を割って一気に伸びてくると、最後はダローネガも交わして1着でゴール。見事な末脚で重賞制覇となった。
2着に惜しくもダローネガ。出遅れなければ1着だっただろうか。

1枠1番クラレント牡2小牧55
1:34.9
6枠7番ダローネガ牡2岩田55
1:35.0
6枠8番ゲンテン牡2福永55
1:35.3
7枠10番メイショウハガクレ牡2川田55×
1:35.4
2枠2番マコトリヴァーサル牡2武豊55
1:35.6
5枠6番メイショウダビンチ牡2北村友55
1:35.9
8枠11番シンゼンレンジャー牡2飯田55
1:36.0
3枠3番ヴェアリアスムーン牡255
1:36.3
7枠9番トミーバローズ牡2秋山55
1:36.4
4枠4番アウヤンテプイ牡2尾島55
1:36.6
5枠5番カイシュウタビビト牡2丸山55
1:36.7
8枠12番アルベルトバローズ牡2藤田55
1:37.9

結果:ワイド490円的中 -10円


1周目の正面でテイエムハリアーが先頭に立ち、レースを作っていく。向こう正面ではそれにディアマジェスティが絡んでいき、2頭が先頭を争う形に。
しかし、この2頭が4コーナーで早くも失速。マサノブルースが内を回って先頭に出ると直線へ。マサノブルースが逃げるところに、外からマジェスティバイオ、さらに内からワシャモノタリンが伸びてくる。
最後はマジェスティバイオが差し切って勝利。春の東京JSに続いて東京の重賞連勝となった。
2着にはワシャモノタリン。
3着にはマサノブルース。この馬も春の東京JS2着で、勝ったマジェスティバイオ同様東京コースの相性がいいのだろうか。

8枠14番マジェスティバイオ牡4柴田大60
3:42.3
5枠7番ワシャモノタリン牡5中村60
3:42.7
4枠6番マサノブルースセ4佐久間60
3:42.7
4枠5番クランエンブレム牡7山本60
3:43.0
1枠1番バイヨン牡6穂苅60
3:43.5
3枠4番テイエムハリアー牡5白浜60
3:43.6
7枠11番クリーバレン牡5石神60
3:43.6
6枠10番ディアマジェスティ牡5高田60
3:44.5
5枠8番モルフェサイレンス牡6大江原60
3:45.0
3枠3番シゲルダイセン牡5植野60
3:46.4
8枠13番エーシンディーエス牡6横山義61
3:47.4
6枠9番ショウナンサミット牡5大庭60
3:48.2
7枠12番モエレエキスパート牡5浜野谷60
3:52.0
2枠2番レオソリスト牡6平沢60
中止

結果:-500円


今週の結果

土曜東京11RアイルランドT
リーチザクラウンが大逃げに出て直線に向いても10馬身以上の差があるが、最後は完全に失速。後方から伸びてきて捕らえたのはやはりトーセンレーヴだった。菊花賞をパスしたこの秋だが、古馬相手にオープンを勝利し、これから再び重賞戦線での活躍が期待される。
posted by ナイト at 16:01| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

秋華賞予想3&府中牝馬S予想

ホエールキャプチャは軸としての安定感は間違いない。1着かどうかというと信頼しきれないが、馬連の軸なら大丈夫だろう。
そしてホエールキャプチャを倒す可能性があるとすれば、アヴェンチュラ、マルセリーナあたりになってくるだろう。
マイネイサベルだが、今まで外回りの広いコースばかり走ってきたが、内回りの小回りはどうなのか。唯一内回りを使ったファンタジーSは大敗。コース適正に疑問があり、思い切って捨てる。

1枠1番キョウワジャンヌ牝3飯田55
1枠2番リヴァーレ牝3江田照55
2枠3番リトルダーリン牝3秋山55
2枠4番アヴェンチュラ牝3岩田55
3枠5番フレンチボウ牝3和田55
3枠6番ピュアブリーゼ牝3柴田善55
4枠7番マイネソルシエール牝3柴田大55
4枠8番デルマドゥルガー牝3武豊55
5枠9番エリンコート牝3後藤55
5枠10番スピードリッパー牝3北村宏55
6枠11番ゼフィランサス牝3柴原55
6枠12番ホエールキャプチャ牝3池添55
7枠13番アカンサス牝3横山典55
7枠14番メモリアルイヤー牝3浜中55
7枠15番マイネイサベル牝3松岡55
8枠16番カルマート牝3安藤勝55
8枠17番レッドエレンシア牝3田中勝55
8枠18番マルセリーナ牝3福永55

馬連3点 4-12 12-18 4-18 
自信度★★★☆☆


今年からG2の府中牝馬S。それにふさわしいメンバーが揃った。
アパパネもここから始動。だが、この馬の前哨戦は信用出来ない。本命にはしない。
フミノイマージン、レディアルバローザ、ブロードストリート、イタリアンレッド、アニメイトバイオ。このあたりが上位だろう。
展開を考えるとトゥニーポートの単騎逃げが予想されるが、オウケンサクラやセラフィックロンプが追いかけるとは思えないので、そこまでペースは早くならないだろう。それなら、先行馬有利の展開か。
本命はアニメイトバイオ。ここ2走は中団から差す競馬で連続3着と、ようやく復活の兆しが見えてきた。後方待機の追い込みだと届かない可能性はあるが、いい位置に付けるだろうこの馬なら、あまり展開に左右されることなく差してくるのではないだろうか。
対抗にアパパネ。確かに前哨戦はあまり走らないが、牝馬限定戦ならそこまで大敗はしないだろう。
3番手にレディアルバローザ。この馬は先行してそのまま押し切る競馬が得意。朝日CCは古馬相手に、差す競馬で3着と好走。実力は上位だろう。
フミノイマージン、ブロードストリート、イタリアンレッドの追い込み勢は、展開に左右されるのではないだろうか。ただ、最近のフミノイマージンの末脚は展開不利でも十分に追い込んできそうな勢いはある。
ブロードストリートは毎回安定して追い込んでは来るが、最後の末脚の破壊力だけで見ると、少し劣る。
イタリアンレッドは夏しか走らないのか、それとも完全に本格化したのか。見極めが難しいところ。
それなら、昨年同様先行馬前残りを警戒して、念のため昨年の2着馬セラフィックロンプを押さえておく。

1枠1番アスカトップレディ牝4大庭55
1枠2番セラフィックロンプ牝7宮崎55
2枠3番コロンバスサークル牝5藤岡佑55
2枠4番アパパネ牝4蛯名57
3枠5番フミノイマージン牝5太宰55
3枠6番エオリアンハープ牝5石橋脩55
4枠7番レディアルバローザ牝4ピンナ55
4枠8番プティプランセス牝5武士沢55
5枠9番ブロードストリート牝5藤田55
5枠10番ウェディングフジコ牝7藤田55
6枠11番サンテミリオン牝4三浦56
6枠12番オウケンサクラ牝4丸山55
7枠13番イタリアンレッド牝5中舘55×
7枠14番ダイワジャンヌ牝6嶋田55
8枠15番アニメイトバイオ牝4田辺55
8枠16番トゥニーポート牝4吉田豊55

ワイド6点 4-15 7-15 5-15 2-15 13-15 3-7
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 15:52| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

デイリー杯2歳S&東京HJ予想&秋華賞予想2

新潟2歳S4着のダローネガと、小倉2歳S2着のマコトリヴァーサル。このあたりが中心だろうが、マコトリヴァーサルは距離延長がどうなのか。本命にはしにくい。
本命はダローネガ。新馬では小倉2歳Sの覇者エピセアロームを倒しており、前走はオープンで勝利。新潟2歳Sは馬場の悪い最内に閉じ込められたせいで、4着でも上出来といえるだろう。
他のメンバーでは、ききょうSはレベルが低かっただろうが、3着のメイショウハガクレは押さえておく。
7月の新馬以来のクラレント。2着馬がその後500万を勝っていることを考えると、まずまず評価できる。勝ちっぷりも、外を回してから豪快に差し切っての勝利で評価してもいいだろう。
ゲンテンは札幌1500mを逃げて勝ったがそこまでタイムも早くないので評価しにくい。ただ、雨予報なので逃げそうなこの馬は警戒。
シンゼンレンジャーは最後方一気を決めたが、33秒台が連発する馬場で上がりが34秒9なのに差し切れたのだから、メンバーが弱かったというべきだろう。

1枠1番クラレント牡2小牧55
2枠2番マコトリヴァーサル牡2武豊55
3枠3番ヴェアリアスムーン牡255
4枠4番アウヤンテプイ牡2尾島55
5枠5番カイシュウタビビト牡2丸山55
5枠6番メイショウダビンチ牡2北村友55
6枠7番ダローネガ牡2岩田55
6枠8番ゲンテン牡2福永55
7枠9番トミーバローズ牡2秋山55
7枠10番メイショウハガクレ牡2川田55×
8枠11番シンゼンレンジャー牡2飯田55
8枠12番アルベルトバローズ牡2藤田55

ワイド5点 2-7 7-8 1-7 7-10 2-8
自信度★★☆☆☆


阪神JSを制したクランエンブレム。新潟JSを制したクリーバレン。重賞を勝って勢いに乗る2頭だが、それでも本命は障害3連勝中のディアマジェスティ。危なげ無く勝ち進むこの馬。平地でも力のあったこの馬。ここは休み明けでも力上位ではないだろうか。
そして休み明けだがテイエムハリアーもここでは力が上だろう。障害オープンを3勝の実力は本物だろう。
それと、ハンデ差がなくなることを考えると新潟JS3着のマジェスティバイオも警戒は必要か。むしろ、出遅れてしかもハンデが1キロ重いながら3着にきたのなら、勝ったクリーバレンよりこちらを評価したい。

1枠1番バイヨン牡6穂苅60
2枠2番レオソリスト牡6平沢60
3枠3番シゲルダイセン牡5植野60
3枠4番テイエムハリアー牡5白浜60
4枠5番クランエンブレム牡7山本60
4枠6番マサノブルースセ4佐久間60
5枠7番ワシャモノタリン牡5中村60
5枠8番モルフェサイレンス牡6大江原60
6枠9番ショウナンサミット牡5大庭60
6枠10番ディアマジェスティ牡5高田60
7枠11番クリーバレン牡5石神60
7枠12番モエレエキスパート牡5浜野谷60
8枠13番エーシンディーエス牡6横山義61
8枠14番マジェスティバイオ牡4柴田大60

ワイド5点 4-10 5-10 10-14 4-5 4-14
自信度★★★★☆


ホエールキャプチャ、アヴェンチュラ、マルセリーナ。この3頭が人気の中心だろう。
オークス馬エリンコートだが、この馬はもっとスタミナ勝負のほうが向いていると思える。雨が残って力のいる馬場になれば怖いが、今の京都の高速馬場でスピードのいる決着はあまり向いていなさそう。
ローズS2着のマイネイサベル。前走はスローペースで前が残ってもおかしくない展開を後ろから猛追。あわやホエールキャプチャを倒すところまで来たのは評価できる。
3着のキョウワジャンヌは、逆に好位から進んで前を捉えられず逆に後ろから差されてしまったのは評価しにくい。それに、ここ最近のレースがスローの瞬発力勝負ばかりで、こういう馬がG1で通用するのか怪しい。
紫苑S組は馬場状態が良かったのでレコード決着となったがメンバーは弱い。
1000万からの勝ち上がりできになるレッドエレンシアだが、17番枠は外過ぎて狙いにくい。

1枠1番キョウワジャンヌ牝3飯田55
1枠2番リヴァーレ牝3江田照55
2枠3番リトルダーリン牝3秋山55
2枠4番アヴェンチュラ牝3岩田55
3枠5番フレンチボウ牝3和田55
3枠6番ピュアブリーゼ牝3柴田善55
4枠7番マイネソルシエール牝3柴田大55
4枠8番デルマドゥルガー牝3武豊55
5枠9番エリンコート牝3後藤55
5枠10番スピードリッパー牝3北村宏55
6枠11番ゼフィランサス牝3柴原55
6枠12番ホエールキャプチャ牝3池添55
7枠13番アカンサス牝3横山典55
7枠14番メモリアルイヤー牝3浜中55
7枠15番マイネイサベル牝3松岡55
8枠16番カルマート牝3安藤勝55
8枠17番レッドエレンシア牝3田中勝55
8枠18番マルセリーナ牝3福永55



土曜の注目馬

東京11RアイルランドT
春にクラシックを期待された良血馬トーセンレーヴがここで復帰。古馬相手でも通用するのかどうか。リアルインパクトが重賞で通用していることを考えると、この馬もここはあっさり勝ってもらいたいところではあるが、リーチザクラウンが不調から復活すればここでは格上の存在。
posted by ナイト at 11:47| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

秋華賞予想1

秋華賞は本当に難しい予想になりそう。
1200mでは重賞でもハナを奪うようなスピードを持っているメモリアルイヤーがここに出てくるとなると、スローペースで最後まで流れるようなことはないだろう。
それなら、今の高速馬場とあわせて、早い時計での決着になるだろう。となるとマルセリーナの差しも気にはなるのだが、京都の内回りとなると少し決まりにくいのではないだろうか。
ならば本命候補はホエールキャプチャかアヴェンチュラの2頭だろう。
本命はホエールキャプチャ。やはりここまでの安定感は信頼できる。そして、瞬発力勝負だと分が悪そうなこの馬にとって、この京都内回り2000mの舞台は合っているだろう。
同じようなタイプだと思っているアヴェンチュラだが、クイーンSは古馬と3キロの斤量差があり、厳しい展開ながらも制した実力は認めるが、同年代の同じ斤量の馬相手だとどうなるのか。そして札幌で好走してきたので、高速馬場への適性がどうなのか不安がある。

◎ホエールキャプチャ
posted by ナイト at 11:54| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

南部杯&京都大賞典&毎日王冠結果

エスポワールシチーが前半3ハロンを34秒3というハイペースで逃げれば、押してトランセンド、ダノンカモンもついて行く。
これだけハイペースなら普通は最後はバテるもの。しかし、ジーワン級の馬となれば話は別。
直線に向くとエスポワールシチーが後続を突き放し、それにトランセンドとダノンカモンが食らいついて行く。
後続も必死で追い上げるが、シルクフォーチュンが外から追い上げるのがやっと。他の馬は全くついてこれない。
しかし、さすがにハイペース過ぎたか、残り200mを切って、エスポワールシチーの脚色が怪しくなると、トランセンドとダノンカモンが猛追。さらに外から一気にシルクフォーチュンが伸びてくる。
それでも、ドバイワールドカップ2着の実力はさすがだった。トランセンドがエスポワールシチーを交わすと、ダノンカモンとの叩き合いを制し、フェブラリーSに続いて国内ジーワン連勝となった。
2着にダノンカモン。昨年秋に続いて今年の秋もまた一段と力をつけてきている。
3着にはシルクフォーチュン。
エスポワールシチーは最後粘りきれず4着。

6枠11番トランセンド牡5藤田57
1:34.8
4枠6番ダノンカモン牡5福永57
1:34.8
5枠8番シルクフォーチュン牡5藤岡康57
1:34.9
4枠7番エスポワールシチー牡6松岡57
1:35.1
7枠12番ダイショウジェット牡8柴山57
1:35.7
3枠5番ランフォルセ牡5横山典57
1:35.8
1枠1番バーディバーディ牡4ピンナ57×
1:36.0
8枠14番クリールパッション牡6津村57
1:36.3
3枠4番ブラボーデイジー牝6北村友55
1:36.4
5枠9番オーロマイスター牡6吉田豊57
1:36.5
8枠15番ボレアス牡3武豊55
1:37.8
6枠10番ゴールドマインセ7齋藤57
1:39.3
2枠2番イーグルビスティー牡7赤岡57
1:40.1
2枠3番ワキノカイザー牡11倉兼57
1:43.5
7枠13番ロックハンドスター牡4菅原俊57
中止

結果:-400円


ネコパンチが逃げるものの、直線では捕まってしまうと、最後はやはり直線の末脚勝負。
3番手から抜け出してそのまま押し切ったのはローズキングダム。やはりここでは強かった。
2着争いは、3頭の差し比べだったが、斤量差が生きたか57キロのビートブラックがわずかに抜け出した。
3着にオウケンブルースリ、4着にジャガーメイル。ジャガーメイルは外を回した分のロスが出たか。

7枠7番ローズキングダム牡4後藤59
2:24.1
8枠8番ビートブラック牡4安藤勝57
2:24.3
4枠4番オウケンブルースリ牡6浜中58
2:24.3
3枠3番ジャガーメイル牡7四位58
2:24.3
1枠1番フォゲッタブル牡5ピンナ57
2:24.7
5枠5番ネコパンチ牡5池添57
2:25.0
6枠6番マイネルキッツ牡8松岡58
2:25.1
2枠2番ナムラマース牡757
2:27.7

結果:馬連690円的中 +390円


シルポートが単騎で逃げるが、これだけ強い馬が揃えばさすがに通用しないのか。
直線に向くと初の距離でもリアルインパクトが抜け出し、久々のエイシンアポロンもそれに続いて行く。
スローペースで先行していた2頭が抜け出してそのまま粘る展開で残り200mを向かえる。
しかし、後方で馬群に囲まれていたダークシャドウがそこからスパート。強烈な追い込みで一気に外から伸びてくると、最後はきっちり差し切って勝利。この実力は本物だろう。
2着にリアルインパクト。距離、斤量も問題なし。リアルインパクトでこの結果なのだから、グランプリボスなど、他の3歳馬は古馬相手にかなり通用するのではないだろうか。
3着には外から伸びてきたミッキードリーム。

7枠8番ダークシャドウ牡4福永57
1:46.7
6枠7番リアルインパクト牡3岩田57
1:46.7
8枠10番ミッキードリーム牡4和田57
1:46.8
1枠1番エイシンアポロン牡4田辺57
1:46.8
5枠5番セイクリッドバレー牡5丸山57
1:46.9
3枠3番ダノンヨーヨー牡5北村友57
1:47.0
4枠4番ナリタクリスタル牡5武豊57
1:47.0
2枠2番シルポート牡6小牧58
1:47.2
6枠6番アクシオン牡8吉田隼57
1:47.2
7枠9番シンゲン牡8藤田57
1:47.5
8枠11番ビッグウィーク牡4川田59
1:47.5

結果:ワイド700円的中 +100円
posted by ナイト at 00:33| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

南部杯予想2

逃げ馬2頭が人気ではあるが、さすがに2頭とも無駄な争いは避けるのではないだろうか。それなら逃げて共倒れの可能性はないと思いたい。
馬券は2頭軸で問題ないだろう。

1枠1番バーディバーディ牡4ピンナ57×
2枠2番イーグルビスティー牡7赤岡57
2枠3番ワキノカイザー牡11倉兼57
3枠4番ブラボーデイジー牝6北村友55
3枠5番ランフォルセ牡5横山典57
4枠6番ダノンカモン牡5福永57
4枠7番エスポワールシチー牡6松岡57
5枠8番シルクフォーチュン牡5藤岡康57
5枠9番オーロマイスター牡6吉田豊57
6枠10番ゴールドマインセ7齋藤57
6枠11番トランセンド牡5藤田57
7枠12番ダイショウジェット牡8柴山57
7枠13番ロックハンドスター牡4菅原俊57
8枠14番クリールパッション牡6津村57
8枠15番ボレアス牡3武豊55

三連複4点 7-9-11 5-7-11 6-7-11 1-7-11
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 15:50| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

京都大賞典&毎日王冠予想&南部杯予想1

まさかの8頭立てという京都大賞典。
本命は59キロでもローズキングダム。ここは力が一枚上だろう。
そしてジャガーメイルも格上。香港ヴァーズ以来だが、このメンバーなら十分狙える。
あとは先行すると思われるビートブラック。
この3頭に絞る。
オウケンブルースリはもう衰えを隠せない気がするし、それにスローペースが確実なこのメンバーなら直線の追い込みにかけるこの馬は狙いにくい。
マイネルキッツもスタミナ勝負の馬なので、開幕週京都の瞬発力勝負は狙いにくい。
先行するならネコパンチも怖いが、さすがにこのメンバーでは狙いにくい。

1枠1番フォゲッタブル牡5ピンナ57
2枠2番ナムラマース牡757
3枠3番ジャガーメイル牡7四位58
4枠4番オウケンブルースリ牡6浜中58
5枠5番ネコパンチ牡5池添57
6枠6番マイネルキッツ牡8松岡58
7枠7番ローズキングダム牡4後藤59
8枠8番ビートブラック牡4安藤勝57

馬連3点 3-7 7-8 3-8
自信度★★★★☆


開幕週東京となれば、シルポートの単騎逃げがまたしても決まってしまう予感。ただ、今回は他にもメンバーが揃いすぎた。
シンゲン、ダノンヨーヨー、ダークシャドウ、ミッキードリーム、リアルインパクト。
シルポートにこの5頭を加えた6頭で勝負。
本命はダークシャドウ。ここ2走の重賞での好走は本格化したと見て間違い無いだろう。エプソムCの楽勝を見ると、同じ舞台のここは外せない。
対抗にダノンヨーヨー。やはり力があるのはこの馬だろう。宝塚記念でそこそこ走ったので、距離はマイルに限らなくてもいいのだろう。
3番手にミッキードリーム。復活して3連勝で重賞制覇。ようやく才能が開花したのだが、前走の2000mは少し距離が長いかもしれないと言われての重賞勝利。1800mならさらに力を出せるのではないだろうか。
逆にリアルインパクトは距離が不安。1400m、1600mで活躍しているが、1800mはどうなのか。そして安田記念では古馬と4キロの斤量差があったが、今回は斤量差なしでは不安はある。
そして同じくシルポートも1800mに不安がある。
あとはシンゲンだが、エプソムCを勝っているので距離は問題ないし、左回りは得意。やはり力はあるはずだが、ここ2走の惨敗を見ると少し評価を落としてしまう。
ここまで。アクシオンは北海道の洋芝では強いが、東京では狙いにくい。
エイシンアポロンは昨年2着だが、約1年ぶりで狙いにくい。
セイクリッドバレー、ナリタクリスタルあたりは、ローカル重賞なら活躍しているが、このメンバー相手ではさすがに厳しいか。

1枠1番エイシンアポロン牡4田辺57
2枠2番シルポート牡6小牧58
3枠3番ダノンヨーヨー牡5北村友57
4枠4番ナリタクリスタル牡5武豊57
5枠5番セイクリッドバレー牡5丸山57
6枠6番アクシオン牡8吉田隼57
6枠7番リアルインパクト牡3岩田57
7枠8番ダークシャドウ牡4福永57
7枠9番シンゲン牡8藤田57
8枠10番ミッキードリーム牡4和田57
8枠11番ビッグウィーク牡4川田59

ワイド6点 3-8 8-10 7-8 8-9 2-8 3-10
自信度★★★☆☆


エスポワールシチー対トランセンドが実現。
どちらを本命にするかものすごく迷うのだが、ここはトランセンド。エスポワールシチーの佐藤騎手が骨折で騎乗できないというのが少し狙いにくい。
この2頭を軸にして、あとは相手。
エルムSを快勝したランフォルセはやはり怖い。
よくわからないのはオーロマイスター。前走は59キロでも2着。昨年はこのレースでエスポワールシチーに快勝。力を出しきればかなり強いだけに、得意のマイルでは捨て切れない。
それから、ダノンカモンとバーディバーディ。フェブラリーS3、4着のこの2頭は外せないか。
気になるのはボレアスだが、3歳馬はアイアムアクトレス、タガノロックオン、タナトスと、重賞で古馬に通用しなかったのでここでは狙いにくい。

1枠1番バーディバーディ牡4ピンナ57×
2枠2番イーグルビスティー牡7赤岡57
2枠3番ワキノカイザー牡11倉兼57
3枠4番ブラボーデイジー牝6北村友55
3枠5番ランフォルセ牡5横山典57
4枠6番ダノンカモン牡5福永57
4枠7番エスポワールシチー牡6松岡57
5枠8番シルクフォーチュン牡5藤岡康57
5枠9番オーロマイスター牡6吉田豊57
6枠10番ゴールドマインセ7齋藤57
6枠11番トランセンド牡5藤田57
7枠12番ダイショウジェット牡8柴山57
7枠13番ロックハンドスター牡4菅原俊57
8枠14番クリールパッション牡6津村57
8枠15番ボレアス牡3武豊55
posted by ナイト at 21:41| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

土曜の注目馬

京都10R大原S
中央再転入後3連勝。アドマイヤコスモスが夏に休養を挟んで帰ってきた。春の3連勝の勢いはまだまだ続くのか。1600万で好走していたダノンスパシーバを前走倒しているので、ここでも十分通用するはず。
posted by ナイト at 00:54| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

白山大賞典結果

メイショウタメトモが早めの仕掛けで向こう正面で先頭に立つが、外からニホンピロアワーズが追いかけてきて、メイショウタメトモは早めに脱落。
4コーナーではニホンピロアワーズが先頭に立つが、さらに後ろから来ていたのはシビルウォー。結局2頭が抜け出すも、前走に続いて外から見事にシビルウォーが差し切って重賞連勝。57キロの斤量も関係なしだった。
今回は上位3頭完璧な予想。上位3頭予想の順番通りは通算18回目、今年3回目。

2枠2番シビルウォー牡6吉田豊57
2:14.3
8枠12番ニホンピロアワーズ牡4酒井54
2:14.8
6枠8番メイショウタメトモ牡6武豊54
2:15.9
6枠7番ジャングルスマイル牡5吉原54
2:16.5
4枠4番パワーストラグル牡5福永55
2:16.5
7枠9番タガノマーシャル牡8木村健54
2:17.2
8枠11番サムデイシュアー牡7桑野54
2:17.8
5枠6番ナムラアンカー牡4中川54
2:18.0
1枠1番キングローズセ4兒島54
2:19.3
3枠3番コロニアルペガサス牝4畑中52
2:19.9
5枠5番ダノンエリモトップ牡5小牧54
2:20.9
7枠10番ウインクゴールド牡4加藤和義54
2:23.2

結果:馬連390円的中 +90円
posted by ナイト at 22:46| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

白山大賞典予想

連勝で勢いに乗るニホンピロアワーズ。地方では逃げてしぶといメイショウタメトモ。前走逃げて勝っているダノンエリモトップ。そして先行して昨年のこのレースを制したパワーストラグル。先行馬の揃った今回の白山大賞典。
そんな中、差し馬で力が上なのはシビルウォー。57キロの斤量が不安だが、実力は一枚上。ブリーダーズGCはメイショウタメトモに1秒3差の快勝。ここでもメンバーはそれほど変わらないので、重賞連勝となるだろうか。
相手はニホンピロアワーズ、メイショウタメトモあたりだろう。
パワーストラグルは昨年制したといっても、他の馬が走らなさ過ぎた印象が強いし、ダノンエリモトップも前走は1600万をぎりぎり勝っただけで格下なイメージは拭えない。

1枠1番キングローズセ4兒島54
2枠2番シビルウォー牡6吉田豊57
3枠3番コロニアルペガサス牝4畑中52
4枠4番パワーストラグル牡5福永55
5枠5番ダノンエリモトップ牡5小牧54
5枠6番ナムラアンカー牡4中川54
6枠7番ジャングルスマイル牡5吉原54
6枠8番メイショウタメトモ牡6武豊54
7枠9番タガノマーシャル牡8木村健54
7枠10番ウインクゴールド牡4加藤和義54
8枠11番サムデイシュアー牡7桑野54
8枠12番ニホンピロアワーズ牡4酒井54

馬連3点 2-12 2-8 8-12
自信度★★★★☆
posted by ナイト at 11:38| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

スプリンターズS&シリウスS&札幌2歳S結果

パドトロワがヘッドライナーを制して逃げる展開で、なかなかのハイペースでレースは進む。
それでも、これが本来のスプリント戦というべきか、強い馬はハイペースで先行してそのまま押し切る力を持っていた。
4コーナーで早めに動いたのはエーシンヴァーゴウ。パドトロワに接近し、この2頭がそのままで粘る形で直線に向かう。
しかし、さらに外からやってきたのはカレンチャン。夏の重賞で2走ともハイペースを押し切った実力は本物だった。今回の早いペースにも難なく対応し、見事に差し切って重賞4連勝でG1制覇となった。
2着は接戦だったがわずかに粘ったパドトロワ。キーンランドCでカレンチャンと接戦だった力を侮ってはいけなかった。
3着にエーシンヴァーゴウ。この馬も夏の活躍で見せたように、短距離の強さは本物だった。
4着にロケットマン。今までのレース映像を見ても、追い続けて伸びる馬という印象だったが、日本の軽い芝のように一瞬のうちに切れる脚が必要な馬場は合わなかったのかもしれない。4コーナーからじりじりと伸び続けていたものの、4着止まりだった。

5枠10番カレンチャン牝4池添55
1:07.4
2枠3番パドトロワ牡4安藤勝57
1:07.7
7枠14番エーシンヴァーゴウ牝4福永55
1:07.7
3枠5番ロケットマンセ6コーツィー57
1:07.8
1枠1番ラッキーナインセ4プレブル57
1:07.9
4枠7番フィフスペトル牡5横山典57
1:07.9
3枠6番サンカルロ牡5吉田豊57
1:08.0
8枠16番グリーンバーディーセ8アングランド57
1:08.0
6枠11番トウカイミステリー牝5北村友55
1:08.2
2枠4番エーシンリジル牝4田辺55
1:08.2
4枠8番ダッシャーゴーゴー牡4川田57
1:08.3
8枠15番サンダルフォン牡8酒井57
1:08.5
6枠12番アーバニティ牡7北村宏57
1:08.5
5枠9番ヘッドライナーセ757
1:08.6
1枠2番ケイアイアストン牡6後藤57
1:08.9
7枠13番ビービーガルダン牡7佐藤57
除外

結果:-600円


1600万を快勝したタガノロックオンだったが、重賞馬を相手にすると少し厳しかったか、キングスエンブレム、フサイチセブンの重賞馬2頭が力を出し切ってしまえば、さすがに少し及ばない。
しかし、そんな2頭相手に楽勝してしまったのはヤマニンキングリー。初ダートでまさかの快勝。4コーナーで先頭に立ってそのまま最後まで押し切った。父アグネスデジタル同様に芝、ダートどちらも走った。

4枠4番ヤマニンキングリー牡6武豊56
2:04.3
5枠5番キングスエンブレム牡6ピンナ57
2:04.7
8枠11番フサイチセブン牡5川田57.5
2:04.9
5枠6番タガノロックオン牡3岩田54
2:05.1
7枠9番ヒラボクワイルド牡555
2:05.3
3枠3番ナニハトモアレ牡5佐藤55
2:05.4
2枠2番メイショウブンブク牡5和田52
2:05.5
6枠7番ウインペンタゴン牡5浜中55
2:05.6
7枠10番アドマイヤダンク牡7北村友52
2:06.4
1枠1番タナトス牡3小牧52
2:07.1
8枠12番ピースキーパー牡6渡辺52
2:07.2
6枠8番ドリームライナー牡5川須54
2:08.2

結果:-500円


やはり前走の圧勝は伊達ではなかった。グランデッツァが持ったまま直線に向くと、外から迫ってきたマイネルロブストを突き放して勝利。着差以上に強い勝ち方だった。
2着には内をすくってゴールドシップ。今日もスタートで出遅れたがきっちり差してきた。
3着にマイネルロブスト。2連勝中の2頭が上位に。タイムが遅くても侮ってはいけなかった。

7枠11番グランデッツァ牡2秋山55
1:50.8
5枠6番ゴールドシップ牡2安藤勝55
1:50.9
5枠7番マイネルロブスト牡2松岡55
1:50.9
6枠8番ベストディール牡2横山典55
1:51.2
4枠5番ヒーラ牝2四位54
1:51.5
6枠9番ラシンティランテ牝2藤岡佑54
1:51.6
8枠12番マカハ牡2三浦55
1:51.7
7枠10番ニシノスタイル牡2吉田隼55
1:52.3
4枠4番クールスター牡2荻野琢55
1:52.4
8枠13番ニシノカチヅクシ牡2村田55
1:52.6
1枠1番トミケンユークアイ牡2勝浦55
1:53.3
3枠3番ロゼシャンパーニュ牝2池添54
1:53.8
2枠2番ロゼオ牡2丸田55
1:54.2

結果:-400円
posted by ナイト at 16:13| Comment(0) | 2011年競馬 | 更新情報をチェックする