2011年11月27日

JC&京阪杯結果

スローペース確実のメンバーで、早めに2番手からレースを進めたのはトーセンジョーダン。早めの競馬で前残りを狙う。
ブエナビスタは好位、デインドリーム、ヴィクトワールピサは後方からの競馬。
向こう正面でウインバリアシオンが後方からまくって行き、一気に先頭に並びかける積極的な競馬に出るが、直線に向くと失速。
先に抜け出したのはトーセンジョーダン。瞬発力はないが、持続力のある脚を生かして2番手からしぶとく粘る。
しかし、ブエナビスタは直線で前が開くと、他馬とは違う末脚で一気にブエナビスタが外から伸びて先頭を捕らえた。ブエナビスタこそが日本最強馬。それを見事に証明したと言えるレースだった。世界最高峰のドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサと、世界最高峰の凱旋門賞を制したデインドリーム。2頭の世界を制した馬同士の対決が日本で実現したが、日本の誰もが認める最強馬はやはりこの馬なのではないだろうか。
2着にトーセンジョーダン。瞬発力がない分、先行して粘り込む、天皇賞秋とは違う競馬で今回も結果を残した。
3着にはジャガーメイル。内が伸びる馬場、スローペースの瞬発力勝負が得意と、今回は条件が揃っていたにしろ、やはりG1馬の力があるということを示してくれた。

1枠2番ブエナビスタ牝5岩田55
2:24.2
8枠16番トーセンジョーダン牡5ウィリアムズ57
2:24.2
1枠1番ジャガーメイル牡7四位57
2:24.5
3枠5番トレイルブレイザー牡4武豊57
2:24.6
6枠12番ウインバリアシオン牡3安藤勝55
2:24.7
7枠13番デインドリーム牝3シュタルケ53
2:24.7
7枠14番シャレータ牝3ルメール53
2:24.9
8枠15番エイシンフラッシュ牡4池添57
2:24.9
2枠3番ローズキングダム牡4メンディザバル57
2:25.0
2枠4番オウケンブルースリ牡6蛯名57
2:25.0
3枠6番トゥザグローリー牡4福永57
2:25.0
5枠9番サラリンクス牝4スミヨン55
2:25.1
4枠8番ヴィクトワールピサ牡4デムーロ57
2:25.8
6枠11番ミッションアプルーヴド牡7エスピノーザ57
2:25.9
5枠10番キングトップガン牡8戸崎57
2:26.5
4枠7番ペルーサ牡4横山典57
2:26.7

結果:−600円


ジョーカプチーノが今回は逃げず、スローペースでレースが進む。
すると直線に向いての瞬発力勝負となるとジョーカプチーノは分が悪いか、徐々に後退していく。
そんな中、内から一気に突き抜けたのはロードカナロア。3連勝の勢いそのままに、ここも見事に突き抜けて4連勝で重賞勝利となった。
2着にはグランプリエンゼル。瞬発力勝負や時計の早い馬場は苦手かと思っていたが、今回は33秒2の末脚で伸びてきた。
3着は復活の気配が見られたワンカラット。

2枠3番ロードカナロア牡3福永55
1:08.1
6枠11番グランプリエンゼル牝5ウィリアムズ54
1:08.3
4枠7番ワンカラット牝5藤岡佑55
1:08.4
4枠6番ナイアード牝5大野54
1:08.5
1枠1番ミキノバンジョー牡456
1:08.5
5枠9番ジョーカプチーノ牡5ルメール58
1:08.6
3枠5番キョウワマグナム牡4小牧56
1:08.7
5枠8番ワイルドラズベリー牝4北村友54
1:08.7
3枠4番アウトクラトール牡6高倉56
1:08.8
2枠2番コパノオーシャンズ牝7川須54
1:08.8
7枠13番ケイアイアストン牡6岩田56
1:09.1
6枠10番アーバンストリート牡7秋山57
1:09.3
8枠14番ショウナンカザン牡6和田56
1:09.5
8枠15番ブラウンワイルド牡3浜中55
1:09.7
7枠12番アーバニティ牡7四位57
1:09.9

結果:−400円
posted by ナイト at 15:50| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

JC予想3

馬券の軸ならブエナビスタが一番なのだとは思うが、ウインバリアシオンの力には期待している。
菊花賞でオルフェーヴルが圧倒的な強さを見せたので、有馬記念でどれだけ通用するのかと期待しているが、このウインバリアシオンもオルフェーヴル以外の3歳馬の中ではワンランク上の存在だと思っている。斤量差と、天皇賞秋で古馬が激しい競馬をして消耗していると思われること。この2つから、今回はこの馬を狙ってみたい。

1枠1番ジャガーメイル牡7四位57
1枠2番ブエナビスタ牝5岩田55
2枠3番ローズキングダム牡4メンディザバル57
2枠4番オウケンブルースリ牡6蛯名57
3枠5番トレイルブレイザー牡4武豊57
3枠6番トゥザグローリー牡4福永57
4枠7番ペルーサ牡4横山典57
4枠8番ヴィクトワールピサ牡4デムーロ57
5枠9番サラリンクス牝4スミヨン55
5枠10番キングトップガン牡8戸崎57
6枠11番ミッションアプルーヴド牡7エスピノーザ57
6枠12番ウインバリアシオン牡3安藤勝55
7枠13番デインドリーム牝3シュタルケ53
7枠14番シャレータ牝3ルメール53
8枠15番エイシンフラッシュ牡4池添57
8枠16番トーセンジョーダン牡5ウィリアムズ57

ワイド6点 2−12 12−15 3−12 12−13 2−15 2−3
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 22:56| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

京阪杯予想&JC予想2

ジョーカプチーノが出走。ここではかなり格上だろう。
そして叩き2走目のワンカラットも怖い。
3連勝で勢いのある3歳馬ロードカナロアは前走古馬相手にオープンを勝利しており、ここでも気にはなる。
ケイアイアストンは昨年ハナ差の2着。この程度のメンバーなら十分通用する。
このあたりが中心になるだろう。
ワイルドラズベリーは1200mは短いのではないだろうか。
高松宮記念3着のアーバニティだが、最近は完全に調子を落としているか。

1枠1番ミキノバンジョー牡456
2枠2番コパノオーシャンズ牝7川須54
2枠3番ロードカナロア牡3福永55
3枠4番アウトクラトール牡6高倉56
3枠5番キョウワマグナム牡4小牧56
4枠6番ナイアード牝5大野54
4枠7番ワンカラット牝5藤岡佑55
5枠8番ワイルドラズベリー牝4北村友54
5枠9番ジョーカプチーノ牡5ルメール58
6枠10番アーバンストリート牡7秋山57
6枠11番グランプリエンゼル牝5ウィリアムズ54
7枠12番アーバニティ牡7四位57
7枠13番ケイアイアストン牡6岩田56
8枠14番ショウナンカザン牡6和田56
8枠15番ブラウンワイルド牡3浜中55

ワイド4点 3−9 9−13 7−9 3−13
自信度★★☆☆☆


逃げ馬不在。天皇賞秋と違い、スローペースで直線の瞬発力勝負になることが予想される。
ならば、トゥザグローリー、ペルーサ、トーセンジョーダンあたりの、瞬発力勝負では分が悪そうな馬は捨てる。
怖いのはブエナビスタ、エイシンフラッシュ、ウインバリアシオン、ローズキングダム。そしてデインドリーム。
凱旋門賞2着のシャレータが逃げるかもしれないが、タイムの早かった凱旋門賞でも上がり3ハロンは36秒台で、直線勝負は分が悪いかもしれない。
扱いに困るのはヴィクトワールピサだが、この馬も瞬発力勝負は苦手だろう。8ヶ月ぶりというのも狙いにくい。

1枠1番ジャガーメイル牡7四位57
1枠2番ブエナビスタ牝5岩田55
2枠3番ローズキングダム牡4メンディザバル57
2枠4番オウケンブルースリ牡6蛯名57
3枠5番トレイルブレイザー牡4武豊57
3枠6番トゥザグローリー牡4福永57
4枠7番ペルーサ牡4横山典57
4枠8番ヴィクトワールピサ牡4デムーロ57
5枠9番サラリンクス牝4スミヨン55
5枠10番キングトップガン牡8戸崎57
6枠11番ミッションアプルーヴド牡7エスピノーザ57
6枠12番ウインバリアシオン牡3安藤勝55
7枠13番デインドリーム牝3シュタルケ53
7枠14番シャレータ牝3ルメール53
8枠15番エイシンフラッシュ牡4池添57
8枠16番トーセンジョーダン牡5ウィリアムズ57
posted by ナイト at 22:12| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

浦和記念結果

エーシンモアオバーが逃げてそれにボレアスがついて行き、シビルウォーがその後ろから進む展開に。
するとシビルウォーが1コーナー辺りから徐々に進出を開始し、先頭を射程圏内に捕らえて向こう正面を進む。しかし、いつもの伸びがなく、3、4コーナーでは前の2頭に置いていかれそうになる。
直線に向くと外からなんとか前の2頭を捕まえにかかるが、なかなか捕らえ切れない。すると、さらにその外から一気にやってきたのは後方2番手でじっくり待機していたボランタス。3コーナーからのまくりで一気に加速すると、最後は伸びあぐねる中央3頭をまとめて交わして勝利。中央の重賞でも好走を続けたこの馬だが、7歳にしてようやく重賞初勝利となった。
2着にシビルウォー。今日はいつもほどの切れる脚が見られなかった。
3着にはエーシンモアオバーを早めに捕らえたボレアス。

8枠10番ボランタス牡7山崎誠56
2:08.6
3枠3番シビルウォー牡6吉田豊57
2:08.6
6枠6番ボレアス牡3武豊54
2:08.8
7枠9番エーシンモアオバー牡5藤田56
2:08.9
2枠2番クリールパッション牡6津村56
2:09.0
1枠1番エイシンフレンチ牡6今野56
2:09.9
6枠7番タートルベイ牡6御神本56
2:09.9
8枠11番グランシュヴァリエ牡6本橋56
2:10.5
7枠8番トーセンゴライアス牡7張田 戸崎56
2:12.2
5枠5番ザグ牡5左海56
2:12.3
4枠4番マルタカエンペラー牡7秋元56
2:15.2

結果:−400円
posted by ナイト at 23:58| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

浦和記念予想&JC予想1

完全に本格化してきてここはシビルウォーの本命で間違いないか。
相手は単騎逃げが怖いエーシンモアオバー。
その次が難しい。クリールパッションは昨年ほどの調子にはないようだし、ボレアスも牡馬相手だとどうなのか。
ならば地方のボランタス。川崎記念で3着の実力馬。昨年のこのレースは2着だし、元々中央の重賞で活躍していた力はまだ衰えていないか。
そしてグランシュヴァリエ。昨年の南部杯で3着に来て波乱を演出したこの馬だが、今年もJBCクラシック4着と、一線級相手なら通用しないがこの程度のメンバーなら警戒が必要か。

1枠1番エイシンフレンチ牡6今野56
2枠2番クリールパッション牡6津村56
3枠3番シビルウォー牡6吉田豊57
4枠4番マルタカエンペラー牡7秋元56
5枠5番ザグ牡5左海56
6枠6番ボレアス牡3武豊54
6枠7番タートルベイ牡6御神本56
7枠8番トーセンゴライアス牡7張田 戸崎56
7枠9番エーシンモアオバー牡5藤田56
8枠10番ボランタス牡7山崎誠56
8枠11番グランシュヴァリエ牡6本橋56

三連単4点 3−9−2 3−9−6 3−9−10 3−9−11
自信度★★★☆☆


波乱の天皇賞秋から一変、今度は全く違うレースになると思われるJC。
天皇賞秋ではシルポートとアーネストリーの2頭がかなりのハイペースを演出したものの、今回は逃げ馬不在。スローの瞬発力勝負になることは間違いなさそうか。
そうなると怖いのはエイシンフラッシュ。巻き返しに期待したいのはこの馬。ダービーのような超スローペースの瞬発力勝負は強い。
そして、ブエナビスタの巻き返しはあるのかどうか。やはり強いのはこの馬。天皇賞秋も直線で前が詰まっての4着。調子も良くなかったようで、上積みはあるはず。
古馬ではこの2頭を中心に考えている。
この2頭なら結局ブエナビスタになってしまうのだろうか。
だが、あくまで古馬なら。本命は別。
本命はウインバリアシオン。オルフェーヴルの圧倒的な強さは別として、この馬もダービー以降オルフェーヴルにしか負けていない。ここ最近のように後方待機の直線勝負に徹するならスローペースで勝負にならないと思っているが、安藤勝己がそんなことをするだろうか。菊花賞の最後方待機は相手をオルフェーヴルに絞って一か八かの大勝負だった。今回はそこまで極端な競馬をせずに、流れに乗ってレースを進めるのではないだろうか。そうなればあっさり古馬相手に勝ってしまってもおかしくない。
あとは凱旋門賞馬デインドリームが怖いが、3歳牝馬での凱旋門賞制覇となると斤量に恵まれていたというイメージがどうしてもある。高速馬場の凱旋門賞を制したことから馬場適性は問題ないとは思うが、実際の力はどれほどのものなのか。

◎ウインバリアシオン
posted by ナイト at 23:28| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

マイルCS&福島記念&東京スポーツ杯2歳S結果

馬場状態は稍重まで回復していたが、シルポートがやはりそこまで早くないペースで逃げてしまえば、後続の差しは厳しい展開に。
シルポートの後ろにつけていたのはフィフスペトル、エイシンアポロン、リディル。さらに後ろにはダノンヨーヨーやリアルインパクト。
直線に向くと何があったのか、早くもリディルが脱落。そしてシルポートも春ほどのしぶとい粘りを見せられず、後ろにつけていたフィフスペトルとエイシンアポロンの2頭に交わされる。
結局、レースはこのまま前の2頭での決着となった。好位から抜け出したこの2頭の叩き合いは、最後にエイシンアポロンが前に出て勝利。2着にフィフスペトル。
3番手争いも、その後ろにいたダノンヨーヨーが伸びてくるところだったが、後方から唯一伸びてきたのがサプレザ。今年は順調だという評判通り、最後は大外から一気に伸びてきたが3着止まり。

3枠5番エイシンアポロン牡4池添57
1:33.9
1枠1番フィフスペトル牡5横山典57
1:33.9
7枠13番サプレザ牝6ルメール55
1:34.1
1枠2番ダノンヨーヨー牡5北村友57
1:34.2
4枠8番リアルインパクト牡3福永56
1:34.3
5枠9番マルセリーナ牝3安藤勝54
1:34.3
4枠7番イモータルヴァース牝3スミヨン54
1:34.5
2枠3番シルポート牡657
1:34.5
6枠12番ミッキードリーム牡4和田57
1:34.6
2枠4番ライブコンサートセ7川田57
1:34.7
5枠10番スマイルジャック牡6三浦57
1:34.7
7枠14番レインボーペガサス牡6メンディザバル57
1:34.8
6枠11番グランプリボス牡3デムーロ56
1:34.9
8枠17番リディル牡4小牧57
1:35.0
3枠6番エーシンフォワード牡6岩田57
1:35.2
7枠15番ブリッツェン牡5柴田善57
1:35.3
8枠16番クレバートウショウ牡5武豊57
1:35.4
8枠18番キョウワジャンヌ牝3飯田54
1:35.5

結果:−400円


重馬場、荒れ馬場も関係なし。好位から楽な手応えで直線に向くと、あっさり先頭に立ちそのまま後続の追撃を抑えきって勝利。アドマイヤコスモスがこれで中央再転入後5連勝で重賞勝利となった。
2着には最後方から一気に伸びてきたメイショウカンパク。しかし、一度先頭に並びかける勢いで伸びてきたものの、その後再びアドマイヤコスモスが突き放していったように、アドマイヤコスモスの強さが目立ったレースとだった。
3着にマイネイサベル。フローラSで敗れたときに雨は苦手なのかと思っていたが、そういうわけでもなかったようだ。
結果として、タイムも1分59秒が出ているので、馬場状態は重馬場といってもわりと回復していたのだろう。

5枠9番アドマイヤコスモス牡4上村56
1:59.1
7枠14番メイショウカンパク牡4浜中55
1:59.2
6枠11番マイネイサベル牝3津村52
1:59.5
7枠15番ゲシュタルト牡4藤岡佑57
1:59.7
3枠6番マイネルスターリー牡6丹内57
2:00.0
3枠5番セイクリッドバレー牡5丸山57
2:00.2
4枠7番モンテエン牡4勝浦55
2:00.3
8枠17番マゼラン牡6鮫島55
2:00.7
2枠4番バウンシーチューン牝3宮崎51
2:00.8
8枠18番ケイアイドウソジン牡5中舘56
2:00.8
2枠3番オールアズワン牡3川須53
2:00.9
4枠8番ドモナラズ牡6村田52
2:01.0
6枠12番オウケンサクラ牝4丸田54
2:01.2
8枠16番ヤングアットハート牡4佐藤55
2:01.3
1枠2番サンライズベガ牡7吉田隼57
2:01.4
7枠13番ダンツホウテイ牡6太宰56
2:01.4
1枠1番マンハッタンスカイ牡7柴山54
2:02.4
5枠10番ヤマニンウイスカー牡5古川52
2:02.5

結果:−500円


人気のディープブリランテがかかり気味に先行して2番手追走。このままかかってスタミナを消耗して失速するのかと思ったが、レベルが違った。
直線に向くとあっさり後続を突き放して3馬身差の楽勝。来年のクラシックはこの馬だと思わせるほどの勝ちっぷりだった。
2着以降は馬場適性の差が出たか、フジマサエンペラー、マイネルディーンと未勝利勝ちの穴馬2頭がやってきた。
人気どころではジャスタウェイ、エネアドの4、5着が精一杯。

7枠13番ディープブリランテ牡2岩田55
1:52.7
8枠15番フジマサエンペラー牡2田中勝55
1:53.2
6枠10番マイネルディーン牡2石橋脩55
1:53.2
8枠14番ジャスタウェイ牡2後藤55
1:53.5
3枠5番エネアド牡2福永55
1:53.5
6枠11番アドマイヤリリーフ牡2ベリー55
1:53.6
4枠6番ピタゴラスコンマ牡2三浦55
1:53.6
4枠7番マデイラ牡2蛯名55
1:53.8
7枠12番マイネルロブスト牡2松岡 中谷55
1:53.8
5枠9番ホーカーテンペスト牡2横山典55
1:54.4
5枠8番キングクリチャン牡2丸山55
1:54.7
2枠3番キープビリービング牡2柴田大55
1:54.8
1枠1番クラレント牡2小牧55
1:54.9
3枠4番フクノツール牡2吉田豊55
1:56.1
2枠2番アグン牡2メンディザバル55
1:57.0

結果:−600円
posted by ナイト at 16:10| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

マイルCS予想3&福島記念予想

雨は意外と早く止んで、日曜日は稍重くらいになりそうか。それならエイシンアポロンは捨てる。毎日王冠もうまく内を回っての4着。富士Sも得意の雨ながらアプリコットフィズと僅差だった。
だが、シルポートはやはり気になる。今年の春は誰もシルポートを追いかけずスローペースのまま逃げきって重賞2勝。ジョーカプチーノのような速い馬がいた安田記念では大敗したが、今回ブリッツェンが追いかけずにスローで行ってしまえば面倒な存在。
昨年の覇者エーシンフォワードの調子がいいとのことで、復活があるかと少し気になっているのだが、時計の早い決着のほうが強そうで、昨年ほどの高速馬場ではないだろうから捨てる。

1枠1番フィフスペトル牡5横山典57
1枠2番ダノンヨーヨー牡5北村友57
2枠3番シルポート牡657
2枠4番ライブコンサートセ7川田57
3枠5番エイシンアポロン牡4池添57
3枠6番エーシンフォワード牡6岩田57
4枠7番イモータルヴァース牝3スミヨン54
4枠8番リアルインパクト牡3福永56
5枠9番マルセリーナ牝3安藤勝54
5枠10番スマイルジャック牡6三浦57
6枠11番グランプリボス牡3デムーロ56
6枠12番ミッキードリーム牡4和田57
7枠13番サプレザ牝6ルメール55
7枠14番レインボーペガサス牡6メンディザバル57
7枠15番ブリッツェン牡5柴田善57
8枠16番クレバートウショウ牡5武豊57
8枠17番リディル牡4小牧57
8枠18番キョウワジャンヌ牝3飯田54

ワイド4点 8−17 11−17 3−17 8−11
自信度★★★☆☆


長期開催で馬場が荒れている上に雨の予報の新潟競馬場。これなら例年の福島記念同様、荒れ馬場が得意な差し馬が有利な展開だろうか。
トップハンデは57キロが4頭。
ゲシュタルトは荒れ馬場が得意というイメージはない。ここは捨てる。
サンライズベガは新潟記念2着以来。展開に恵まれての2着だったうえに、ハンデが1キロ増えるのなら厳しい。
マイネルスターリーは洋芝巧者なだけに、今回のような荒れ馬場は合うかもしれない。ただ今年の函館記念、札幌記念で見せ場がなかったように、昨年ほどの調子にはないのかもしれない。
セイクリッドバレーは新潟は得意。問題は荒れた馬場がどうかなのだが、不良馬場の中山記念で4着だったことがあるので、特に道悪を苦にするわけではないだろう。
では56キロ。
やはりこのレースの注目はアドマイヤコスモスだろう。芝で無傷の4連勝。500万は32秒9の上がりで豪快に差し切り、続く1000万も2000mを1分58秒8の好タイムで快勝。降級して2度目の1000万では、今日1600万を勝ったダノンスパシーバとのマッチレースを制した。そして前走は2000mを1分56秒8という脅威のレコードタイムで勝利。この勢いはどこまで続くのか。こんなローカルの重賞でストップして欲しくない。
他の56キロはダンツホウテイやケイアイドウソジンと、少し格下か。
55キロは気になる穴馬、マゼランを狙いたい。とにかく重馬場巧者。不良馬場の1000万を1秒8差で勝ったこともあり、単騎で逃げてしまえば怖い存在。
他に気になるのはヤングアットハート。稍重の目黒記念で3着と好走している。
メイショウカンパク、モンテエンあたりは重馬場巧者とは思えない。
それ以下のハンデでは最近調子を落としている馬ばかりだが、一応警戒したいのはオールアズワン。秋初戦は最下位に敗れたが、札幌2歳Sを勝ち、ダービーも8着とがんばったこの馬は、時計のかかる馬場なら強いのではないだろうか。
あとは同じ3歳でも牝馬のバウンシーチューンも気になるが、重馬場巧者といっても骨折明けでは狙いにくい。
大穴は荒れ馬場、外差しで昨年の七夕賞を制したドモナラズだが、10月だけで3走しており、あまりに使い詰めされているのは気に入らない。

1枠1番マンハッタンスカイ牡7柴山54
1枠2番サンライズベガ牡7吉田隼57
2枠3番オールアズワン牡3川須53
2枠4番バウンシーチューン牝3宮崎51
3枠5番セイクリッドバレー牡5丸山57
3枠6番マイネルスターリー牡6丹内57
4枠7番モンテエン牡4勝浦55
4枠8番ドモナラズ牡6村田52
5枠9番アドマイヤコスモス牡4上村56
5枠10番ヤマニンウイスカー牡5古川52
6枠11番マイネイサベル牝3津村52
6枠12番オウケンサクラ牝4丸田54
7枠13番ダンツホウテイ牡6太宰56
7枠14番メイショウカンパク牡4浜中55
7枠15番ゲシュタルト牡4藤岡佑57
8枠16番ヤングアットハート牡4佐藤55
8枠17番マゼラン牡6鮫島55
8枠18番ケイアイドウソジン牡5中舘56

ワイド5点 5−9 9−16 3−9 9−17 5−16
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 18:43| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

東京スポーツ杯2歳S予想&マイルCS予想2

デイリー杯2歳Sを勝ったクラレントと、新潟2歳S2着のジャスタウェイ。この2頭が上位かと思っていたが、ジャスタウェイではなく福永が乗るのはエネアド。新馬戦は32秒5の上がりで快勝。しかも2、3着馬はその後あっさり未勝利を勝って500万でも好走している。
さらに、前走残り200mからあっさり後続をぶっちぎったディープブリランテ。この4頭が力上位だろう。
他にもホーカーテンペストやマイネルロブストなど気になる馬はいるが、この4頭と比べると少し格下ではないだろうか。重馬場という未知の要素はあるが、それはどの馬にも言えることなのでこの4頭が上位と見て残りは捨てる。

1枠1番クラレント牡2小牧55
2枠2番アグン牡2メンディザバル55
2枠3番キープビリービング牡2柴田大55
3枠4番フクノツール牡2吉田豊55
3枠5番エネアド牡2福永55
4枠6番ピタゴラスコンマ牡2三浦55
4枠7番マデイラ牡2蛯名55
5枠8番キングクリチャン牡2丸山55
5枠9番ホーカーテンペスト牡2横山典55
6枠10番マイネルディーン牡2石橋脩55
6枠11番アドマイヤリリーフ牡2ベリー55
7枠12番マイネルロブスト牡2松岡 中谷55
7枠13番ディープブリランテ牡2岩田55
8枠14番ジャスタウェイ牡2後藤55
8枠15番フジマサエンペラー牡2田中勝55

馬連6点 13−14 5−13 1−13 5−14 1−14 1−5
自信度★★★☆☆


リディル、グランプリボス、リアルインパクト。この3頭が上位だと予想1で書いたが、天気予報が雨ならエイシンアポロンはかなり怖い存在。この4頭が上位で考える。
他の有力馬を考えていく。
ミッキードリームは天皇賞秋からここへ。すでにこの秋4戦目で調子落ちが気になる。また、意外にも初のマイルなのだが、かなりズブいこの馬がマイルに対応できるのか怪しい。
他の天皇賞組も、ダノンヨーヨーはレースで軽傷を負ったようだし狙いにくい。
気になるのはシルポート。ジョーカプチーノのような早い逃げ馬がいない今回、ブリッツェンがもし控えるようなら、あっさりこの馬が単騎で逃げてそのまま残ってしまうパターンも考えられる。
昨年覇者エーシンフォワードはどうか。昨年は有力馬が大外を回って追い込むところを、この馬だけはうまくインを突いて先に抜け出しての勝利。コース取りに恵まれたのは否めないだろう。
安田記念以来のスマイルジャックだが、もともと毎日王冠で復帰すると言われていたのにここまで復帰が遅れてしまった。万全ではないのだろう。
エリザベス女王杯ではなくこちらに回ってきた3歳牝馬もいるが、アパパネでさえ安田記念、マイラーズCと牡馬に勝てなかったのなら牝馬では厳しいか。
よくわからないのはフィフスペトル。完全に別路線なので力関係がわからないのだが、京成杯AHもわりと接戦だったし、少し力不足か。
あとは外国馬。イモータルヴァースは重馬場なら怖いのだが、最後方から追い込む馬のようで、今回はシルポートのスローの逃げになると予想しているので展開が向かないのではないだろうか。
そしてサプレザだが、2年続けて3、4着と好走はしているが、実力馬を倒しているわけではなく、結局もう一歩足りないという事ではないだろうか。

1枠1番フィフスペトル牡5横山典57
1枠2番ダノンヨーヨー牡5北村友57
2枠3番シルポート牡657
2枠4番ライブコンサートセ7川田57
3枠5番エイシンアポロン牡4池添57
3枠6番エーシンフォワード牡6岩田57
4枠7番イモータルヴァース牝3スミヨン54
4枠8番リアルインパクト牡3福永56
5枠9番マルセリーナ牝3安藤勝54
5枠10番スマイルジャック牡6三浦57
6枠11番グランプリボス牡3デムーロ56
6枠12番ミッキードリーム牡4和田57
7枠13番サプレザ牝6ルメール55
7枠14番レインボーペガサス牡6メンディザバル57
7枠15番ブリッツェン牡5柴田善57
8枠16番クレバートウショウ牡5武豊57
8枠17番リディル牡4小牧57
8枠18番キョウワジャンヌ牝3飯田54
posted by ナイト at 10:40| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

マイルCS予想1

今年のマイルCSは好メンバーが揃った。特に今年は3歳馬の活躍が著しい。
なんといってもリアルインパクトが安田記念を制し、さらには毎日王冠で古馬と同じ斤量を背負っての2着。これでは古馬に出番はなさそうか。
ただ、安田記念からの巻き返しがあるとすればリディル。安田記念はインで閉じ込められての7着。前走はスワンSで見事に復活の重賞2勝目。2歳から期待されていたこの馬がついに才能開花。十分巻き返せるだけの力はある。
そして、実力ではリアルインパクトを上回るグランプリボス。今回は鞍上もデムーロに戻る。
この3頭が上位争いではないだろうか。
まずリアルインパクト。この馬はこれだけの強い馬なのに、まだ鞍上が固定されていない。今回は福永で、毎度乗り替わりが続くのは気に入らない。それに、やはりグランプリボスの2番手というイメージは拭えないこの馬。そんな馬が安田記念、マイルCSを両方制すような偉業達成となるとは思えない。
ではグランプリボスだが、折り合いに不安はある。前走は1400mですらかかってしまったように、狙いにくいのがこの馬。素質はかなりのものだとは思うが、どうしても馬券の軸としては狙いにくい。
本命はリディル。京都は4戦3勝。うち重賞2勝と、コース適性は抜群だし、叩き2走目で調子も良くなっているだろう。好位、あるいは中団から33秒台の末脚を使える強さはG1でも十分通用すると見た。

◎リディル
posted by ナイト at 10:34| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

エリザベス女王杯&武蔵野S&京王杯2歳S&京都JS結果

シンメイフジが大逃げでレースを進め、好位集団にホエールキャプチャ、アヴェンチュラ、アパパネ。スノーフェアリー、レーヴディソールは中団から。
4コーナーになってもなかなかシンメイフジとの差が詰まらずまさかの逃げ切りかとも思われたが、直線で失速。好位からホエールキャプチャ、アヴェンチュラ、アパパネの3頭が抜け出す。
さらに残り200m付近でアヴェンチュラとアパパネの2頭が抜け出し、この2頭の一騎打ちかと思われた。
しかし、今年も驚きの末脚、強烈な切れ味を見せたのはスノーフェアリー。馬群を割って内を突くと今年も内から前の3頭を交わして勝利。外国馬による初の2年連続平地G1制覇となった。
2着にアヴェンチュラ。やはりこの馬は強い。
3着にアパパネ。府中牝馬Sの大敗はなんだったのか、今回も休み明け2走目は馬が変わった。
レーヴディソールは見せ場なく大敗。復活はもう少し先に持ち越しとなった。
今回は久々に中央競馬での上位3頭順番通りの予想。通算20回目、今年5回目。

8枠18番スノーフェアリー牝4ムーア56
2:11.6
1枠1番アヴェンチュラ牝3岩田54
2:11.6
2枠4番アパパネ牝4蛯名56
2:11.8
2枠3番ホエールキャプチャ牝3池添54
2:12.0
5枠9番レインボーダリア牝4川田56
2:12.2
3枠5番ワルキューレ牝7和田56
2:12.4
6枠12番シンメイフジ牝4北村友56
2:12.4
5枠10番フミノイマージン牝5太宰56
2:12.5
1枠2番イタリアンレッド牝5浜中56
2:12.7
6枠11番ブロードストリート牝5藤田56
2:12.9
4枠8番レーヴディソール牝3福永54
2:12.9
7枠15番エリンコート牝3後藤54
2:11.9
4枠7番アニメイトバイオ牝4田辺56
2:11.9
8枠16番グルヴェイグ牝3四位54
2:13.0
7枠13番オールザットジャズ牝3小牧54
2:13.1
7枠14番ダンシングレイン牝3ムルタ54
2:13.4
8枠17番レディアルバローザ牝4武豊56
2:13.9
3枠6番サンテミリオン牝4デムーロ56
2:14.0

結果:ワイド1890円的中 +1290円


ダノンカモン、ダイショウジェット、ナムラタイタン、アドマイヤロイヤル。有力馬が先行する展開ながら、逃げたアドバンスウェイを追いかける馬もいなかったのでスローペースでレースは進むと、最後もこの4頭の叩き合いに。
内からダノンカモンが早めに抜け出そうとするも、突き放す勢いがない。
そこに外からやってきたのはナムラタイタン。外枠も苦にせずダノンカモンとの叩き合いを制し、ようやく重賞初勝利となった。デビューから無敗の6連勝を飾ったこの馬だが、全部1400mの勝利だった。しかし3走前同様、今回も東京マイルで見事に勝利。実はマイルのほうが得意なのではないだろうか。
2着にダノンカモン。早めに抜け出してはいたが最後に力尽きた。
3着にはアドマイヤロイヤル。1600万を勝っただけだったので信頼していなかったが、重賞でも通用する力を秘めていた。

8枠16番ナムラタイタン牡5熊沢56
1:35.2
6枠12番ダノンカモン牡5三浦56
1:35.3
1枠2番アドマイヤロイヤル牡4安藤勝56
1:35.4
3枠5番ダイショウジェット牡8柴山56
1:35.5
2枠4番ヒラボクワイルド牡5松岡56
1:35.8
2枠3番シャア牡5小坂56
1:35.8
6枠11番テスタマッタ牡5ベリー58
1:35.8
4枠7番タイセイレジェンド牡4柴田善56
1:35.9
7枠13番シルクフォーチュン牡5ルメール57
1:36.3
5枠9番クリールパッション牡6津村56
1:36.4
1枠1番ロールオブザダイス牡6吉田豊56
1:36.9
5枠10番オオトリオウジャ牡5メンディザバル56
1:37.1
7枠14番アドバンスウェイ牡5江田照56
1:37.1
3枠6番ビッグロマンス牡3田中勝55
1:38.1
8枠15番ピースオブパワー牡5藤岡佑56
1:38.1
4枠8番コンティネント牡7丸山56
1:38.2

結果:ワイド410円的中 −90円


スタートでモンストールが出遅れ、いきなりの波乱の展開でレースが始まる。
先頭争いではダイワインスパイアが逃げるとゲンテン、コスモアンドロメダあたりは2番手集団に控え、先手を争うことなくスローペースでレースは進む。
しかし、直線に向くとその後ろにいたオリービンとサドンストームが抜け出し、2頭の争いに。そこに外から伸びてくるのはモンストール。しかし、まっすぐ走らない悪い癖が治っておらず、フラフラしながら伸びてくるために鞍上も立て直すのに必死で前の2頭を捕らえられない。
このまま2頭で決まるかと思ったその時、モンストールのさらに外から一気に伸びてきたのはレオアクティブ。後方2番手からレースを進めていたレオアクティブが、大外を回って直線で末脚炸裂。一気に前の2頭を交わして1着でゴール。強烈な末脚で重賞制覇。
2着はサドンストーム。札幌での敗戦からきっちり立て直してきた。
3着にオリービン。距離短縮、馬体重マイナス24キロでもこの結果なら今後期待できそうか。
モンストールは4着。真っ直ぐ走れるようになれば強いかもしれない。いっその事、内ラチ沿いにぴったり走れるように逃げてみるのも面白い。

5枠7番レオアクティブ牡2横山典55
1:22.1
3枠3番サドンストーム牡2勝浦55
1:22.3
3枠4番オリービン牡2小牧55
1:22.4
8枠14番モンストール牡2柴田善55
1:22.6
2枠2番コスモアンドロメダ牝2石橋脩54
1:22.7
1枠1番ナイスヘイロー牡2藤田55
1:22.8
7枠12番ダイワインスパイア牡2後藤55
1:22.9
4枠5番ゲンテン牡2蛯名55
1:23.1
7枠11番ネオヴァンクル牡2浜中55
1:23.1
6枠9番ロッソコルサ牡2ベリー55
1:23.2
8枠13番エーシンブラスター牡2川田55
1:23.2
5枠8番キングクリチャン牡2丸山55
1:23.3
6枠10番ターコイズクラウド牝2武士沢54
1:24.1
4枠6番ハヤブサソング牝2田辺54
1:24.8

結果:−600円


いつものランヘランバの大逃げに、テイエムハリアーがついて行くと、さらにエルジャンクションも3番手から追いかける展開で、ハイペースでレースが進む。
向こう正面ではそれを追いかけてエムエスワールドとアヤナベルも上がっていき、5頭が後続を放してレースを進める。
すると、3コーナーでランヘランバは休み明けのせいか失速。しかし、テイエムハリアーとエルジャンクションは全く脚色が鈍らず、直線に向いてもそのままの勢いで後続を寄せ付けない。
結局、見事にテイエムハリアーがレコードタイムで逃げ切り勝ち。2着にエルジャンクション。
3着争いは外から伸びてきたエムエスワールド。もともと平地で力のあった馬なので、ようやく障害に慣れてきたのだろうか。

8枠11番テイエムハリアー牡5白浜60
3:30.4
5枠5番エルジャンクションセ560
3:30.5
7枠8番エムエスワールド牡8熊沢60
3:31.0
4枠4番アヤナベル牝5北沢58
3:31.4
1枠1番ランヘランバ牡8小坂60
3:31.7
8枠10番ディアマジェスティ牡5高田60
3:32.7
7枠9番ドングラシアス牡7西谷60
3:32.9
6枠7番ゴールデンガッツ牡6植野60
3:34.3
2枠2番ラフレッシュブルー牝6難波58
3:35.1
6枠6番シゲルゴユウサン牡5中村60
3:34.0
3枠3番メイショウロッコー牡5黒岩60
3:34.0

結果:ワイド730円的中 +230円
posted by ナイト at 19:32| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

エリザベス女王杯予想3&武蔵野S予想

スノーフェアリーの不安材料があるとすれば、連戦の疲れだとは思うが、それでも昨年の圧倒的な強さを考えるとここで簡単に負けるようなことはないのではないだろうか。
怖いのは、逃げ残りでダンシングレインとアヴェンチュラがあっさり残ってしまうパターン。

1枠1番アヴェンチュラ牝3岩田54
1枠2番イタリアンレッド牝5浜中56
2枠3番ホエールキャプチャ牝3池添54
2枠4番アパパネ牝4蛯名56
3枠5番ワルキューレ牝7和田56
3枠6番サンテミリオン牝4デムーロ56
4枠7番アニメイトバイオ牝4田辺56
4枠8番レーヴディソール牝3福永54
5枠9番レインボーダリア牝4川田56
5枠10番フミノイマージン牝5太宰56
6枠11番ブロードストリート牝5藤田56
6枠12番シンメイフジ牝4北村友56
7枠13番オールザットジャズ牝3小牧54
7枠14番ダンシングレイン牝3ムルタ54
7枠15番エリンコート牝3後藤54
8枠16番グルヴェイグ牝3四位54
8枠17番レディアルバローザ牝4武豊56
8枠18番スノーフェアリー牝4ムーア56

ワイド6点 1−18 4−18 14−18 8−18 1−4 1−14
自信度★★★☆☆


テスタマッタ、ダノンカモン、シルクフォーチュン。この3頭が上位だろうが、こういう時に忘れてはいけないのはダイショウジェット。そして3走前に初のマイルで快勝したナムラタイタン。1400m専門の馬ではなく、マイルでも十分に通用すると分かった今回は怖い。
本命はダノンカモン。最近の安定感を見るとこれはしょうがない。
対抗にナムラタイタン。そこまで飛ばしていく逃げ馬がいない今回はスローペースになると思うので、それなら先行するだろうこの馬を狙う。
3番手にテスタマッタ。得意のマイルだし、フェブラリーS2着の実力馬なのだからここは狙うべきだろう。
シルクフォーチュンは展開に左右される。南部杯はハイペースで差しが決まりやすい展開だったが、今回はそうは行かないだろう。

1枠1番ロールオブザダイス牡6吉田豊56
1枠2番アドマイヤロイヤル牡4安藤勝56
2枠3番シャア牡5小坂56
2枠4番ヒラボクワイルド牡5松岡56
3枠5番ダイショウジェット牡8柴山56
3枠6番ビッグロマンス牡3田中勝55
4枠7番タイセイレジェンド牡4柴田善56
4枠8番コンティネント牡7丸山56
5枠9番クリールパッション牡6津村56
5枠10番オオトリオウジャ牡5メンディザバル56
6枠11番テスタマッタ牡5ベリー58
6枠12番ダノンカモン牡5三浦56
7枠13番シルクフォーチュン牡5ルメール57
7枠14番アドバンスウェイ牡5江田照56
8枠15番ピースオブパワー牡5藤岡佑56
8枠16番ナムラタイタン牡5熊沢56

ワイド5点 12−16 11−12 5−12 12−13 11−16
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 20:02| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

京王杯2歳S&京都JS予想&エリザベス女王杯予想2

新潟2歳Sの覇者モンストールが出走。目立って強そうな馬も他におらず、ここは軸として信頼できそうか。
だが、相手がわからなさすぎる。
オリービン。未勝利で距離を伸ばして勝ったのに、今回は1400mに距離短縮というのは狙いにくい。
ゲンテン。デイリー杯2歳Sで逃げ粘って3着。まずまず力はありそうか。
コスモアンドロメダ。サフラン賞で3着とがんばったが、1、2着とは離れていたし、新潟でもそこまでいいタイムで走ってはいなかった。少し力不足か。
サドンストーム。前走はなぜか大敗したが、2勝しているのは評価していいだろう。
ダイワインスパイアは新馬戦を快勝。重馬場ながらまずまずのタイムでだった。
ナイスヘイロー。函館2歳Sの1、2着馬がフェアリーSで好走したのなら、3着のこの馬も警戒したほうがよさそうか。
ネオヴァンクル。オープンを勝利している2勝馬なら少しは格上か。
ハヤブサソングは新馬で勝っているが、2着以降の馬が未だに1頭も勝ち上がっていないのは、レースのレベルが低かったと見ていいだろう。
レオアクティブはスタートで出遅れながらもくるみ賞で2着。きっちり出ていればレコード勝ちを収めていた可能性はある。まずまず評価できるだろう。

1枠1番ナイスヘイロー牡2藤田55
2枠2番コスモアンドロメダ牝2石橋脩54
3枠3番サドンストーム牡2勝浦55
3枠4番オリービン牡2小牧55
4枠5番ゲンテン牡2蛯名55
4枠6番ハヤブサソング牝2田辺54
5枠7番レオアクティブ牡2横山典55
5枠8番キングクリチャン牡2丸山55
6枠9番ロッソコルサ牡2ベリー55
6枠10番ターコイズクラウド牝2武士沢54
7枠11番ネオヴァンクル牡2浜中55
7枠12番ダイワインスパイア牡2後藤55
8枠13番エーシンブラスター牡2川田55
8枠14番モンストール牡2柴田善55

ワイド6点 12−14 5−14 11−14 3−14 1−14 5−12
自信度★☆☆☆☆


ディアマジェスティ、テイエムハリアー、ドングラシアス、ランヘランバ。このあたりが実績上位の馬なのだが、最近の障害はよく荒れる。
もう1頭警戒するならエルジャンクション。前走はオープンを勝利。2走前は4着だが、1〜3着馬が全て重賞で3着以内に来るようなレースだったのだから、そこそこレベルが高かったと見ていいだろう。
本命はテイエムハリアー。休み明け2走目での一変を期待する。京都の障害コースで4勝しており、相性もいいだろう。
対抗には休み明けでもランヘランバ。圧倒的なスピードのあるこの馬。3170mと短めの距離は得意なのではないだろうか。

1枠1番ランヘランバ牡8小坂60
2枠2番ラフレッシュブルー牝6難波58
3枠3番メイショウロッコー牡5黒岩60
4枠4番アヤナベル牝5北沢58
5枠5番エルジャンクションセ560
6枠6番シゲルゴユウサン牡5中村60
6枠7番ゴールデンガッツ牡6植野60
7枠8番エムエスワールド牡8熊沢60
7枠9番ドングラシアス牡7西谷60
8枠10番ディアマジェスティ牡5高田60
8枠11番テイエムハリアー牡5白浜60

ワイド5点 1−11 10−11 9−11 5−11 1−10
自信度★★★☆☆


ダンシングレインがそこそこのペースで逃げて、アヴェンチュラが追いかけるとなれば、差しはきまりやすいだろう。そこにスノーフェアリーが突っ込んでは来るだろうが、他にどの馬が伸びてくるのか。
やはり本調子ならアパパネとレーヴディソールの2頭が追い込んでくるだろうが、この2頭が万全でないとすれば、差してくる馬はどの馬か。
候補は、アニメイトバイオ、イタリアンレッド、フミノイマージン、ホエールキャプチャあたり。府中牝馬Sの内容だけで見れば、3頭の中で一番強かったのはアニメイトバイオだったように思える。スタートで出遅れながらも、最後は大外から伸びてきて、しかも最後はフミノイマージンを交わしてイタリアンレッドに迫った。しかし、アニメイトバイオはクイーンSでアヴェンチュラに負けており、そのあたりを考えると、結局これらの馬では今回は少し力不足なのではないだろうか。
本命はスノーフェアリー、対抗はアヴェンチュラ。そして、気になるアパパネとレーヴディソールを3、4番手に。ダンシングレインが日本の高速馬場でどれだけ走れるのかわからないが、逃げ馬が他にいないので自分のペースでレースを作れそうなので、あっさり逃げ切ってもおかしくない。

1枠1番アヴェンチュラ牝3岩田54
1枠2番イタリアンレッド牝5浜中56
2枠3番ホエールキャプチャ牝3池添54
2枠4番アパパネ牝4蛯名56
3枠5番ワルキューレ牝7和田56
3枠6番サンテミリオン牝4デムーロ56
4枠7番アニメイトバイオ牝4田辺56
4枠8番レーヴディソール牝3福永54
5枠9番レインボーダリア牝4川田56
5枠10番フミノイマージン牝5太宰56
6枠11番ブロードストリート牝5藤田56
6枠12番シンメイフジ牝4北村友56
7枠13番オールザットジャズ牝3小牧54
7枠14番ダンシングレイン牝3ムルタ54
7枠15番エリンコート牝3後藤54
8枠16番グルヴェイグ牝3四位54
8枠17番レディアルバローザ牝4武豊56
8枠18番スノーフェアリー牝4ムーア56
posted by ナイト at 22:30| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

エリザベス女王杯予想1

スノーフェアリーが再び来日。昨年日本馬を圧倒した強さを再び見せてくれるのか。昨年の強さを考えると、日本の古馬では太刀打ち出来ないのではないだろうか。
だが、忘れてはならないのはアパパネ。桜花賞、秋華賞、ヴィクトリアマイルと、叩き2走目の強さは本物。前走は信じられない大敗だったとはいえ、簡単には捨てられない。それに昨年は秋華賞後に調子を落としながらもこのレースで3着と好走するだけの実力があるのだから、今回も調子が戻っていれば勝負できるだろう。
他の古馬で考えるなら、今年に入って急成長したフミノイマージンとイタリアンレッドあたりだと思うが、府中牝馬Sでアニメイトバイオと接戦だったのなら、G1では少し厳しいのではないだろうか。
というのも、今年はクイーンSでアヴェンチュラが古馬相手に非常に厳しい競馬ながらも勝利したので、3歳馬のほうが力はあると考えている。
3歳馬の大将格はレーヴディソール。もしこの馬が力を十分に発揮できるようなら、復帰後いきなりの勝利があってもおかしくはない。それだけの力は持っているはず。
そして、不気味なのが外国から来た3歳馬ダンシングレイン。逃げ馬不在の今回、この馬にあっさり逃げ切られてもおかしくはない。
とはいっても本命はスノーフェアリー。最近は1着こそないが、ヨーロッパのレベルの高いG1で牡馬相手に好走を繰り返している。やはりこの馬の力は一枚上なのではないだろうか。

◎スノーフェアリー
posted by ナイト at 20:46| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

アルゼンチン共和国杯&みやこS&ファンタジーS結果

ドリームセーリングやコスモラピュタが先手をとってそこそこのペースで逃げると、直線では好位にいたトレイルブレイザーが早めに逃げ馬を交わして先頭へ。
そのまま後続を突き放して行こうかというところに、外から伸びてきたのはオウケンブルースリ。後方待機から外を回して直線で末脚を伸ばす。
しかし、ハンデの差か、最後までトレイルブレイザーは捕らえられず。55キロのハンデも生かして重賞勝利となった。
2着にオウケンブルースリ。ようやく重賞戦線で活躍できるほどに復活してきたが、あとはG1で勝負になるのかどうか。

6枠11番トレイルブレイザー牡4安藤勝55
2:31.5
6枠12番オウケンブルースリ牡6田辺58.5
2:31.7
4枠7番カワキタコマンド牡4柴田善55
2:32.2
3枠6番カリバーン牡4蛯名56
2:32.5
8枠18番ビートブラック牡4松岡57
2:32.5
4枠8番キングトップガン牡8横山典56
2:32.5
8枠16番アブソリュート牡7田中勝55
2:32.5
2枠3番フォゲッタブル牡5メンディザバル57
2:32.5
7枠13番コスモヘレノス牡4ベリー57
2:32.8
1枠2番ネコパンチ牡5江田照55
2:33.0
5枠10番ポルカマズルカ牝5北村宏53
2:33.2
3枠5番トウカイトリック牡9石橋脩57.5
2:33.2
2枠4番ナムラクレセント牡6後藤58
2:33.3
1枠1番ピエナファンタスト牡5古川53
2:33.3
5枠9番ドリームセーリング牡4三浦53
2:33.6
7枠14番ゴールデンハインド牡5荻野琢55
2:33.9
8枠17番イケドラゴン牡6丸山51
2:34.0
7枠15番コスモラピュタ牡4柴田大55
2:35.7

結果:−500円


トウショウフリークの逃げをぴったりマークするようにエスポワールシチーが進んで、2頭が早いペースで逃げていく。
その後ろに、ワンダーアキュート、ゴルトブリッツあたりもつけて、有力馬が先頭集団を形成。
しかし、ゴルトブリッツは3コーナーで失速。直線に向く頃には、逃げる2頭と、それを追いかけるワンダーアキュートの3頭が先頭争いに。
だが、直線ではあっさりエスポワールシチーが抜け出すと、そのまま後続を寄せ付けず完勝。このメンバー相手では格上だったか、きっちり勝って調子を上げつつJCダートへ向かえる。
2着は逃げて粘ったトウショウフリーク。先行馬有利な馬場だったとはいえ、早いペースの逃げで最後まで粘った力は評価できる。ダート負けなしの4連勝の力は本物だったか。
3着争いはワンダーアキュートが粘っていたが、最後はニホンピロアワーズに交わされた。

3枠6番エスポワールシチー牡6佐藤58
1:48.4
3枠5番トウショウフリーク牡4池添56
1:49.0
2枠4番ニホンピロアワーズ牡4酒井56
1:49.1
4枠8番ワンダーアキュート牡5和田58
1:49.2
8枠16番ヒラボクキング牡4藤岡佑56
1:49.4
1枠2番メダリアビート牡5藤田56
1:49.8
8枠15番キングスエンブレム牡6福永56
1:50.0
1枠1番インバルコ牡5北村友56
1:50.0
5枠9番シャア牡5小坂56
1:50.1
7枠13番ダイシンオレンジ牡6岩田57
1:50.8
7枠14番サクラロミオ牡6国分恭56
1:50.9
6枠11番メイショウタメトモ牡6武豊56
1:51.5
5枠10番ドリームライナー牡556
1:51.6
2枠3番エイシンダッシュ牡5小牧56
1:51.8
4枠7番ゴルトブリッツ牡4川田57
1:55.7
6枠12番トーホウオルビス牡6浜中56
取消

結果:−400円


アンチュラス、ファインチョイス、ニコールバローズ。直線で早めに3頭が動き出し先頭に立ち、直線での叩き合いに。最内からニコールバローズ、外からアンチュラスとファインチョイス。
直線半ばを過ぎると、外の2頭の脚色が優勢で、2頭の勝負になるかと思われた。
しかし、さらにその外から一気に差してきたのは函館2歳Sで2着に敗れたアイムユアーズ。早めに抜け出した3頭を一気に交わして勝利。距離延長も問題なしに重賞制覇となった。
2着にはアンチュラス。ファインチョイスは3着だが、プラス14キロ。ここは叩き台だったのだろう。本番に期待が持てる内容だった。

6枠12番アイムユアーズ牝2メンディザバル54
1:21.3
2枠3番アンチュラス牝2川田54
1:21.5
3枠5番ファインチョイス牝2岩田54
1:21.5
4枠7番サヴァーレ牝2浜中54
1:21.5
1枠1番ニコールバローズ牝2北村友54
1:21.6
6枠11番タガノミュルザンヌ牝2安藤勝54
1:21.6
7枠13番エイシンキンチェム牝2福永54
1:21.8
8枠15番ゴールデンムーン牝2武豊54
1:22.0
8枠17番ビウイッチアス牝2吉田豊54
1:22.3
1枠2番レディーメグネイト牝2飯田54
1:22.3
8枠16番ヒーラ牝2四位54
1:22.4
2枠4番ブロッケン牝2田中克54
1:22.5
7枠14番ツーオブアス牝2藤岡佑54
1:22.6
3枠6番ミラクルピッチ牝2藤田54
1:22.7
4枠8番タガノルミナーレ牝2池添54
1:22.8
5枠9番ドナメデューサ牝254
1:23.2
5枠10番ミスマルシゲ牝2酒井54
1:26.7

結果:−600円
posted by ナイト at 16:07| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゼンチン共和国杯&みやこS予想

コスモラピュタ、ゴールデンハインド、ドリームセーリング、ナムラクレセントと、先手を争いそうな馬が揃ったアルゼンチン共和国杯。2500mのスタミナ勝負となるだろう。
そういう時に強い差し馬がオウケンブルースリ。前走京都大賞典3着で復活の兆しを見せた。2年前のジャパンC2着のような強さをまた見せられるかどうか。ただ、今回は58.5キロのハンデが厳しい。
本命は京都大賞典2着のビートブラック。菊花賞やダイヤモンドSで好走したように、スタミナのある長距離馬だと思っていたが、前走は上がり33秒2の末脚を見せ、一夏超えての成長が見えた。ハンデ57キロならここは狙える。
成長という意味では、ここ1年で力をつけてきたカリバーン。ハンデ56キロも狙える材料。ただ、オールカマー、札幌記念と、やはり重賞ではワンパンチ足りないのは否めない。
ハンデ55キロのトレイルブレイザー。宝塚記念8着、休み明けの前走は57.5キロのハンデながら1600万で2着と、力をつけてきている。目黒記念でも4着とがんばったし、雨も大丈夫。
そして、ハンデ53キロが魅力の、ポルカマズルカ。早い上がりの勝負は苦手だが、スタミナ勝負となれば先行してしぶとく粘る力はある。
ナムラクレセントは58キロのハンデが狙いにくいし、乗り難しそうな馬なのに鞍上が初騎乗というのは不安。
目黒記念、函館記念を勝ったキングトップガンは、時計の早い今の東京の馬場は合っていないだろう。
スタミナといえばコスモヘレノスやフォゲッタブルだが、もう少し距離が長いほうがいいだろうし、フォゲッタブルはやはり3歳秋の勢いが見られない。

1枠1番ピエナファンタスト牡5古川53
1枠2番ネコパンチ牡5江田照55
2枠3番フォゲッタブル牡5メンディザバル57
2枠4番ナムラクレセント牡6後藤58
3枠5番トウカイトリック牡9石橋脩57.5
3枠6番カリバーン牡4蛯名56
4枠7番カワキタコマンド牡4柴田善55
4枠8番キングトップガン牡8横山典56
5枠9番ドリームセーリング牡4三浦53
5枠10番ポルカマズルカ牝5北村宏53
6枠11番トレイルブレイザー牡4安藤勝55
6枠12番オウケンブルースリ牡6田辺58.5
7枠13番コスモヘレノス牡4ベリー57
7枠14番ゴールデンハインド牡5荻野琢55
7枠15番コスモラピュタ牡4柴田大55
8枠16番アブソリュート牡7田中勝55
8枠17番イケドラゴン牡6丸山51
8枠18番ビートブラック牡4松岡57

ワイド5点 11−18 10−18 12−18 6−18 11−18
自信度★★☆☆☆


エスポワールシチー、ゴルトブリッツ、ワンダーアキュート。3頭の力が抜けているが、この3頭を脅かす存在はいるのかどうか。そして、先行馬がかなり揃った今回、先行馬には厳しい展開になると思われる分、穴馬として差し馬を警戒したい。
怖いのはインバルコ。ここ4走は、全て斤量が58キロ。その前は平安S2着、マーチS3着と、実力は上位。
昨年の2着馬キングスエンブレムは素質は高いかもしれないが、枠が外過ぎた。
ダート無敗のトウショウフリークだが、全て逃げての勝利。今回のように先行馬が揃った展開では厳しいのではないだろうか。
本命はエスポワールシチー。全盛期の調子には至っていないと言われ続けているが、それでもジーワン級の馬なのだから、ここはしっかり実力を見せて欲しい。

1枠1番インバルコ牡5北村友56
1枠2番メダリアビート牡5藤田56
2枠3番エイシンダッシュ牡5小牧56
2枠4番ニホンピロアワーズ牡4酒井56
3枠5番トウショウフリーク牡4池添56
3枠6番エスポワールシチー牡6佐藤58
4枠7番ゴルトブリッツ牡4川田57
4枠8番ワンダーアキュート牡5和田58
5枠9番シャア牡5小坂56
5枠10番ドリームライナー牡556
6枠11番メイショウタメトモ牡6武豊56
6枠12番トーホウオルビス牡6浜中56
7枠13番ダイシンオレンジ牡6岩田57
7枠14番サクラロミオ牡6国分恭56
8枠15番キングスエンブレム牡6福永56
8枠16番ヒラボクキング牡4藤岡佑56

三連複4点 6−7−8 1−6−8 1−6−7 1−7−8
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 10:41| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

ファンタジーS予想

コレといった軸馬も見当たらないファンタジーS。
前哨戦的な位置付けに思えるりんどう賞組なら、勝ったレディーメグネイト、2着のゴールデンムーン。
函館2歳Sの覇者ファインチョイス。
新馬、ダリア賞と連勝のエイシンキンチェム。
未勝利、カンナSと連勝のビウイッチアス。
実績を残しているのはこの5頭。
それに加えて、新馬で見事な追い込みを決めたタガノミュルザンヌ。この6頭で行く。
本命はファインチョイス。函館2歳Sは快勝だったし、アドマイヤムーン産駒なら完全なスプリンターというわけでもないだろう。距離も大丈夫だと信じる。
対抗にエイシンキンチェム。ダリア賞は好タイムで勝利。2歳戦となれば鞍上福永は気になる。

1枠1番ニコールバローズ牝2北村友54
1枠2番レディーメグネイト牝2飯田54
2枠3番アンチュラス牝2川田54
2枠4番ブロッケン牝2田中克54
3枠5番ファインチョイス牝2岩田54
3枠6番ミラクルピッチ牝2藤田54
4枠7番サヴァーレ牝2浜中54
4枠8番タガノルミナーレ牝2池添54
5枠9番ドナメデューサ牝254
5枠10番ミスマルシゲ牝2酒井54
6枠11番タガノミュルザンヌ牝2安藤勝54
6枠12番アイムユアーズ牝2メンディザバル54
7枠13番エイシンキンチェム牝2福永54
7枠14番ツーオブアス牝2藤岡佑54
8枠15番ゴールデンムーン牝2武豊54
8枠16番ヒーラ牝2四位54
8枠17番ビウイッチアス牝2吉田豊54

ワイド6点 5−13 5−15 2−5 5−11 5−17 13−15
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 12:00| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JBCクラシック&JBCスプリント&JBCレディスクラシック結果

スマートファルコンが逃げ、トランセンドが少し離れた2番手。それを追いかけてシビルウォー。
3頭が後続を大きく突き放してレースは進む。やはり、この3頭が明らかに実力上位で、4番手以降は全く勝負にならない。
3コーナーに向くとトランセンド、シビルウォーが仕掛け、スマートファルコンを追いかける。それに合わせて4コーナーでスマートファルコンが仕掛ける。このまま後続を突き放して独走になるのかと思われた。しかし、最後は少し失速気味で、残り200mあたりからトランセンドに迫られる。
それでも、やはりスピードが違った。最後までそのまま押し切ってスマートファルコンが逃げ切り勝ち。武豊はJBCクラシック5連覇というすごい記録を達成した。
簡単すぎるレースだったが、一応、これで上位3頭予想の順番通りの決着となった。通算19回目、今年4回目。

7枠10番スマートファルコン牡6武豊57
2:02.1
7枠9番トランセンド牡5藤田57
2:02.3
1枠1番シビルウォー牡6吉田豊57
2:03.0
8枠11番グランシュヴァリエ牡6本橋57
2:05.3
8枠12番テラザクラウド牡4今野57
2:05.4
3枠3番フィールドルージュ牡9酒井57
2:05.7
5枠5番ボンネビルレコード牡9的場文57
2:05.9
2枠2番サイレントスタメン牡5金子正57
2:06.9
5枠6番タガノサイクロン牡8木村健57
2:07.0
6枠7番スウィングベル牝4宮川実55
2:08.6
6枠8番コロニアルペガサス牝4吉井友55
2:09.7
4枠4番アプローチアゲン牡7永森57
2:09.7

結果:三連単250円的中 +50円


休み明けのサマーウインドは調子が悪かったのか、昨年のような圧倒的なスピードがない。
ジーエスライカー、ラブミーチャンが逃げ、直線に向くとラブミーチャンが早めに先頭に立ち、しぶとく粘る。
そこに外からセイクリムズンとダッシャーゴーゴーが並びかけ、3頭の叩き合いに。
しかし、そこに大外からすごい脚でスーニが突っ込んでくると、叩き合いをしている3頭を一気に交わして突き抜けて勝利。一昨年の覇者が完全復活のジーワン勝利を決めた。
2着にはセイクリムズン、3着にはダッシャーゴーゴー。

6枠11番スーニ牡5川田57
1:10.1
7枠12番セイクリムズン牡557
1:10.3
8枠15番ダッシャーゴーゴー牡4横山典57×
1:10.3
4枠6番ラブミーチャン牝4濱口55
1:10.3
6枠10番セレスハント牡6福永57
1:10.5
1枠1番サマーウインド牡6藤岡佑57
1:11.1
3枠5番ジーエスライカー牡4坂井57
1:11.3
4枠7番ナイキマドリード牡5川島正57
1:11.3
2枠3番ダイワメンフィスセ10宮川実57
1:11.9
5枠8番テンジンミナトオー牡7石崎隆57
1:12.4
8枠14番ニシノコンサフォス牡11阪野57
1:12.6
7枠13番ブリーズフレイバー牡4繁田57
1:12.9
3枠4番パフォーマンス牡3川島洋56
1:13.4
2枠2番ポートジェネラル牡8永森57
1:13.6
5枠9番オーロマイスター牡6吉田豊57
除外

結果:馬連460円的中 +60円


やはり2頭の一騎打ち。ラヴェリータが直線で先に先頭に立つが、その後ろからぴったりマークするようにミラクルレジェンドが追いかける。
3着以下を大きく離しての2頭の叩き合いは、末脚の切れ味で優位なミラクルレジェンドに軍配。ついに世代交代か。
3着争いは、ブラボーデイジーとエーシンクールディが少しハイペースで逃げすぎたか、実力馬がどちらも失速。3着に入ったのは、中団から伸びてきたカラフルデイズ。

4枠4番ミラクルレジェンド牝4岩田55
1:49.6
6枠8番ラヴェリータ牝5武豊55
1:49.7
5枠7番カラフルデイズ牝3福永53
1:51.2
4枠5番パールシャドウ牝5横山典55
1:51.2
7枠10番ウェディングフジコ牝7吉田豊55
1:51.3
2枠2番ツクシヒメ牝5山田信55
1:51.7
3枠3番テイエムヨカドー牝7森泰55
1:52.3
6枠9番ブラボーデイジー牝6北村友55
1:52.6
1枠1番エーシンクールディ牝5岡部55
1:53.8
5枠6番トウホクビジン牝5本橋55
1:54.6
8枠13番ギンガセブン牝4水野55
1:55.6
7枠11番スターオブジュリア牝4戸崎55
1:55.6
8枠12番マトリックストート牝6赤嶺55
1:55.8

結果:−400円
posted by ナイト at 01:24| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

JBCクラシック&JBCスプリント&JBCレディスクラシック予想2

3頭で決まると予想したJBCクラシック。三連単で考えるが、スマートファルコンの1着は固いと信じたい。
2着を考えると、トランセンドがスマートファルコンを追いかけて行ってしまえば、直線で失速してしまい、シビルウォーの追い込みが決まる可能性もある。
スマートファルコンの強さを完全に信頼しきった今回の予想だが、久々のトランセンドとの対決。どのような結末になるのか。

1枠1番シビルウォー牡6吉田豊57
2枠2番サイレントスタメン牡5金子正57
3枠3番フィールドルージュ牡9酒井57
4枠4番アプローチアゲン牡7永森57
5枠5番ボンネビルレコード牡9的場文57
5枠6番タガノサイクロン牡8木村健57
6枠7番スウィングベル牝4宮川実55
6枠8番コロニアルペガサス牝4吉井友55
7枠9番トランセンド牡5藤田57
7枠10番スマートファルコン牡6武豊57
8枠11番グランシュヴァリエ牡6本橋57
8枠12番テラザクラウド牡4今野57

三連単2点 10−9−1 10−1−9
自信度★★★☆☆


サマーウインドの実力が圧倒的だとは思うが、休み明け、1年ぶりのダートとなっては少し不安もある。
そして、クラシックほど地方馬との実力差がはっきりしていない短距離戦線。馬券圏内に地方馬が入ってくることも十分考えられるので、買い目は馬連。

1枠1番サマーウインド牡6藤岡佑57
2枠2番ポートジェネラル牡8永森57
2枠3番ダイワメンフィスセ10宮川実57
3枠4番パフォーマンス牡3川島洋56
3枠5番ジーエスライカー牡4坂井57
4枠6番ラブミーチャン牝4濱口55
4枠7番ナイキマドリード牡5川島正57
5枠8番テンジンミナトオー牡7石崎隆57
5枠9番オーロマイスター牡6吉田豊57
6枠10番セレスハント牡6福永57
6枠11番スーニ牡5川田57
7枠12番セイクリムズン牡557
7枠13番ブリーズフレイバー牡4繁田57
8枠14番ニシノコンサフォス牡11阪野57
8枠15番ダッシャーゴーゴー牡4横山典57×

馬連4点 1−11 1−12 1−15 11−12
自信度★★☆☆☆


牝馬の方はラヴェリータとミラクルレジェンドの2頭の上位は固いだろう。1、2着の順番と、あとは3着争いになると思われる。
ブラボーデイジーが気分よく逃げてしまえば怖いのだが、最近はハナにこだわることもないようで、それならこの馬の逆転は少し厳しいか。

1枠1番エーシンクールディ牝5岡部55
2枠2番ツクシヒメ牝5山田信55
3枠3番テイエムヨカドー牝7森泰55
4枠4番ミラクルレジェンド牝4岩田55
4枠5番パールシャドウ牝5横山典55
5枠6番トウホクビジン牝5本橋55
5枠7番カラフルデイズ牝3福永53
6枠8番ラヴェリータ牝5武豊55
6枠9番ブラボーデイジー牝6北村友55
7枠10番ウェディングフジコ牝7吉田豊55
7枠11番スターオブジュリア牝4戸崎55
8枠12番マトリックストート牝6赤嶺55
8枠13番ギンガセブン牝4水野55

三連単4点 8−4−9 8−4−1 4−8−9 4−8−1
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 08:33| Comment(0) | 2011年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする