2012年01月29日

京都牝馬S&根岸S&シルクロードS結果

スローペースでレースは進み、直線に向くと好位からドナウブルーが抜け出す。
そこに外からショウリュウムーン、アスカトップレディ、ビッグスマイルあたりが伸びてくる。
しかし、3頭とも前には届かず。ドナウブルーがそのまま粘って、待望の重賞勝利となった。2歳の時から素質の高さに注目されていたこの馬だが、ようやくの重賞勝利。妹のジェンティルドンナのシンザン記念勝利に続いた。
2着にはショウリュウムーン。3着にはアスカトップレディ。

2枠3番ドナウブルーC.デムーロ52
1:33.8
2枠4番ショウリュウムーン小牧54
1:34.0
6枠11番アスカトップレディ酒井54
1:34.0
5枠10番ビッグスマイル国分恭52
1:34.1
3枠6番クィーンズバーン藤岡佑52
1:34.2
4枠8番レディアルバローザ武豊54
1:34.5
3枠5番コスモネモシン丹内54
1:34.6
8枠15番メルヴェイユドール秋山53
1:34.7
7枠14番エーシンリターンズ川田54
1:34.7
1枠1番レジェトウショウ熊沢54
1:34.7
1枠2番エリンコートルメール56
1:35.1
7枠13番サワヤカラスカル長谷川54
1:35.2
8枠16番スプリングサンダー四位54
1:35.2
6枠12番ダンスファンタジア池添53×
1:35.7
4枠7番スイートマトルーフ川島54
1:35.8
5枠9番ライステラス和田53
1:37.4

結果:ワイド390円的中 −210円


タイセイレジェンドが逃げ、そこまでペースは早くならずレースは進む。
人気のダノンカモンは馬群に囲まれ、前が詰まってなかなか抜け出せず苦戦している間に、好位からトウショウカズンが伸びてきて、逃げるタイセイレジェンドとの2頭の競り合いに。
しかし、久々に豪脚炸裂。最後方から直線一気、ブロードアピールを彷彿させる追い込みを見せたのはシルクフォーチュン。プロキオンSに続いての直線一気で見事に重賞2勝目を決めた。
2着にトウショウカズン。
3着にはこちらも後方から追い込んできたテスタマッタ。元々短距離の追い込みで好走していたこの馬だが、久々のこの距離でも好走。これくらいの距離のほうが向いているのだろう。

5枠9番シルクフォーチュン藤岡康57
1:23.5
2枠4番トウショウカズン田辺56
1:23.7
6枠11番テスタマッタ岩田58
1:23.7
8枠15番タイセイレジェンド内田56
1:23.7
3枠5番ダノンカモン福永56
1:23.8
6枠12番セイクリムズン吉田隼57
1:24.4
1枠1番ブライトアイザック柴田善56
1:24.4
1枠2番サクラシャイニー浜中56
1:24.4
7枠14番ティアップワイルド石橋脩56
1:24.4
5枠10番セレスハント後藤57
1:24.7
2枠3番ダイショウジェット柴山56×
1:24.7
4枠8番ヒラボクワイルド56
1:24.8
4枠7番ゼンノベラーノ北村宏56
1:24.9
7枠13番オオトリオウジャクウィリー56
1:26.0
3枠6番フェラーリピサ蛯名57
1:26.5
8枠16番エベレストオー三浦56
中止

結果:−500円


エーシンダックマンが単騎で逃げ、直線でも後続を引き離し、淀短距離Sの再現かと思われた。
しかし、1頭だけ次元の違う末脚で追い込んできたのはロードカナロア。直線で外に持ち出すとそこから強烈な瞬発力で一気に先頭に立ち、そのまま流して快勝。1頭だけ明らかに力が違った。
2着にぎりぎりエーシンダックマンが粘った。
3着にはまさかのケンブリッジエルの追い込み。軽ハンデ、外差しの決まりやすい馬場状態と、流れが向いたことは確かだが、それでもまさかの3着だった。
エーシンヴァーゴウは何があったのかブービー。まだまだ夏の調子には戻っていないのか。

4枠7番ロードカナロア福永57
1:08.3
7枠13番エーシンダックマン川田57×
1:08.7
5枠10番ケンブリッジエル和田53
1:08.7
8枠15番ツルマルレオン四位55
1:08.7
7枠14番グランプリエンゼル藤岡佑54
1:08.7
3枠5番キョウワマグナム小牧55
1:08.8
6枠12番スペシャルハート浜中54
1:08.8
2枠4番マジンプロスパー岩田55
1:08.8
1枠2番スギノエンデバー池添55
1:08.9
1枠1番サンダルフォン酒井57.5
1:09.0
3枠6番ダイワナイト武豊54
1:09.1
5枠9番ヘッドライナー58
1:09.2
6枠11番アウトクラトール藤岡康56
1:09.3
8枠16番アポロフェニックス藤田56
1:09.7
2枠3番エーシンヴァーゴウ田辺56.5
1:09.8
4枠8番ダノンフェアリールメール55
1:09.9

結果:ワイド320円的中 −180円
posted by ナイト at 19:00| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

京都牝馬S&根岸S予想

牝馬同士のマイル戦ならショウリュウムーンが強いか。京都金杯でも4着と、牡馬相手でも結果を残した。
そして、その金杯で3着に来たのがアスカトップレディ。この馬もマイルが向いていたとは思うが、ただ前走はハンデ53キロに恵まれた印象もある。
久々でも気になるのはエーシンリターンズ。忘れてはならないアパパネの桜花賞の3着馬。マイルなら通用してもいい。
それから、ヴィクトリアマイル3着のレディアルバローザ。ただ、昨年夏があまりに調子がよすぎた印象があり、今回、同じような力を発揮できるのか疑問。
それならダンスファンタジア。ムラのある馬でフェアリーS以来勝ち星がないが、今回は気になる。前走は3歳なのにトップハンデという厳しい条件ながら、勝ち馬と0秒1差と健闘。今回は53キロなら古馬相手でも通用しておかしくない。
前走1600万で逃げて2着だったクィーンズバーン。しかし、展開、馬場状態ともに味方して、それでも2着だったということは少し物足りない。それよりはそのレースで追い込んで4着だったビッグスマイル。ローズSでも4着と好走し、秋になって成長してきた1頭。今回も出走するドナウブルーに2戦2勝としており、このメンバーなら52キロの斤量も味方して狙いたい1頭。
コスモネモシンはスピードがあるタイプとは思えず、少し距離が短い。
逆にスプリングサンダーは少し距離が長いか。

1枠1番レジェトウショウ熊沢54
1枠2番エリンコートルメール56
2枠3番ドナウブルーC.デムーロ52
2枠4番ショウリュウムーン小牧54
3枠5番コスモネモシン丹内54
3枠6番クィーンズバーン藤岡佑52
4枠7番スイートマトルーフ川島54
4枠8番レディアルバローザ武豊54
5枠9番ライステラス和田53
5枠10番ビッグスマイル国分恭52
6枠11番アスカトップレディ酒井54
6枠12番ダンスファンタジア池添53×
7枠13番サワヤカラスカル長谷川54
7枠14番エーシンリターンズ川田54
8枠15番メルヴェイユドール秋山53
8枠16番スプリングサンダー四位54

ワイド6点 4−11 4−10 4−14 4−8 4−12 10−11
自信度★★☆☆☆


セイクリムズン、ダノンカモン。この2頭の力が上だとは思うが、他にも気になる馬は多い。
ダイショウジェットはいつも人気薄だが、この距離なら重賞でも何度も好走している。今回も軽視はできない。
テスタマッタは元々短距離で走っていた馬だが、久々の1400mがどうなのか。それと58キロの斤量は少し不安が大きい。
同じく、シルクフォーチュンも57キロで周りより1キロ重いのは不安。それに、早い逃げ馬不在の今回、展開に恵まれなさそうでこれも捨てる。
前走ギャラクシーSを快勝したヒラボクロイヤル。距離短縮がよかったのか、前走は楽勝だった。今回も期待したい。
タイセイレジェンドも距離短縮が向いたのか、1600万を快勝し、カペラSでも3着と好走。ここでも気になる1頭。
他にも気になる馬が多く、面白い重賞だとは思うが、このあたりまでか。
サクラシャイニーやトウショウカズンのように勝ち上がってきた馬もいるが、それほど目立って強い勝ち方をしているわけでもない。
ティアップワイルドは短距離でかなり安定した成績なのだが、1200mのほうが成績は良い。
セレスハントは昨年秋にこのコースで59キロを背負って勝っているが、今回のメンバー相手なら厳しいか。
フェラーリピサは実績上位だが長期休養明け2走目でどこまで調子が戻っているのか。まだ様子見。
本命はダノンカモン。これだけメンバーが揃っても、馬券の軸としての安定感がある。

1枠1番ブライトアイザック柴田善56
1枠2番サクラシャイニー浜中56
2枠3番ダイショウジェット柴山56×
2枠4番トウショウカズン田辺56
3枠5番ダノンカモン福永56
3枠6番フェラーリピサ蛯名57
4枠7番ゼンノベラーノ北村宏56
4枠8番ヒラボクワイルド56
5枠9番シルクフォーチュン藤岡康57
5枠10番セレスハント後藤57
6枠11番テスタマッタ岩田58
6枠12番セイクリムズン吉田隼57
7枠13番オオトリオウジャクウィリー56
7枠14番ティアップワイルド石橋脩56
8枠15番タイセイレジェンド内田56
8枠16番エベレストオー三浦56

ワイド5点 5−12 5−8 5−15 3−5 8−12
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 18:24| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

シルクロードS予想

エーシンヴァーゴウとロードカナロア。実力のある2頭が出走するとなると、あとは相手探しか。
淀短距離Sを快勝したエーシンダックマン、京阪杯2着のグランプリエンゼル、4連勝中のダノンフェアリー。この3頭を押さえる。
サンダルフォンは57.5キロのハンデが不安。マジンプロスパーは1600万を勝ったが、タイム、上がりともに物足りない。
本命はロードカナロア。エーシンヴァーゴウは休み明け、それに牝馬でハンデ56.5キロは厳しいか。

1枠1番サンダルフォン酒井57.5
1枠2番スギノエンデバー池添55
2枠3番エーシンヴァーゴウ田辺56.5
2枠4番マジンプロスパー岩田55
3枠5番キョウワマグナム小牧55
3枠6番ダイワナイト武豊54
4枠7番ロードカナロア福永57
4枠8番ダノンフェアリールメール55
5枠9番ヘッドライナー58
5枠10番ケンブリッジエル和田53
6枠11番アウトクラトール藤岡康56
6枠12番スペシャルハート浜中54
7枠13番エーシンダックマン川田57×
7枠14番グランプリエンゼル藤岡佑54
8枠15番ツルマルレオン四位55
8枠16番アポロフェニックス藤田56

ワイド5点 3−7 7−14 7−8 7−13 3−14
自信度★☆☆☆☆


土曜の注目馬

東京11R白富士S
こんなところにペルーサが出走。青葉賞以来遠ざかっている久々の勝利を確実に手にしてもらいたい。
posted by ナイト at 14:23| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

川崎記念結果

スマートファルコンとフリオーソが素晴らしいスタートを決めると、そのまま2頭がレースを引っ張る。
先頭スマートファルコン、2番手フリオーソの順でレースは進むと、向こう正面ではフリオーソがスマートファルコンに並びかけようとする。
しかし、ここからがスマートファルコンの実力の見せ所。並ばれることなく差を離して逃げると、そのまま後続との差は開く一方。フリオーソが失速してランフォルセが内から伸びてくるも、結局スマートファルコンには歯が立たない。不良馬場も味方して、ヴァーミリアンのレコードタイムを2秒も縮める驚異的なレコードタイムでの完勝。
2着にはランフォルセ。フリオーソは休み明けの影響か、3コーナーあたりからいつもの伸びがなく3着。

5枠5番スマートファルコン武豊57
2:10.7
1枠1番ランフォルセ横山典57
2:11.5
4枠4番フリオーソ戸崎57
2:12.3
5枠6番マイネルアワグラス柴田大57
2:12.4
2枠2番ニホンピロアワーズ酒井57
2:12.4
3枠3番ボランタス山崎誠57
2:12.6
7枠10番キングスエンブレム岩田57×
2:13.9
8枠11番タンゴノセック赤岡57
2:14.8
6枠8番グランドバイオ繁田57
2:15.5
7枠9番ベルモントサーガ坂井57
2:16.0
8枠12番グランシュヴァリエ本橋57
2:16.0
6枠7番ロードキャニオン服部茂57
2:16.2

結果:三連単3220円的中 +2720円
posted by ナイト at 16:33| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

川崎記念予想2

今回は三連単の順番に迷う。スマートファルコンは前走東京大賞典であわや2着といったレース内容。今回はフリオーソ相手だが大丈夫なのか。
そして、スマートファルコンを倒すならフリオーソだと思いたいが、久々でしかも故障明け。力を出し切ればスマートファルコンを倒してもおかしくはないが、今回の状態では逆に2着を外す可能性も考えておきたい。
怖いのはランフォルセ。昨年札幌でまくり競馬を武器に勝ってきたが、これは小回り地方競馬では武器になるだろう。

1枠1番ランフォルセ横山典57
2枠2番ニホンピロアワーズ酒井57
3枠3番ボランタス山崎誠57
4枠4番フリオーソ戸崎57
5枠5番スマートファルコン武豊57
5枠6番マイネルアワグラス柴田大57
6枠7番ロードキャニオン服部茂57
6枠8番グランドバイオ繁田57
7枠9番ベルモントサーガ坂井57
7枠10番キングスエンブレム岩田57×
8枠11番タンゴノセック赤岡57
8枠12番グランシュヴァリエ本橋57

三連単5点 5−4−1 5−4−2 5−4−10 5−1−4 4−5−1
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 14:16| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

川崎記念予想1

久々にスマートファルコン対フリオーソが実現。1年以上対戦がなかったわけだが、この2頭の力が上なのは確実だろう。
押さえにランフォルセ、キングスエンブレム、ニホンピロアワーズ。
少し気になるのはボランタスだが、この中央勢相手なら厳しいだろう。

1枠1番ランフォルセ横山典57
2枠2番ニホンピロアワーズ酒井57
3枠3番ボランタス山崎誠57
4枠4番フリオーソ戸崎57
5枠5番スマートファルコン武豊57
5枠6番マイネルアワグラス柴田大57
6枠7番ロードキャニオン服部茂57
6枠8番グランドバイオ繁田57
7枠9番ベルモントサーガ坂井57
7枠10番キングスエンブレム岩田57×
8枠11番タンゴノセック赤岡57
8枠12番グランシュヴァリエ本橋57
posted by ナイト at 23:56| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AJCC&平安S結果

トーセンレーヴが逃げる予想外の展開ながら、4コーナーで外からナカヤマナイトがまくっていく。さらにその外からルーラーシップが一気に伸びてくると、直線では楽に突き放して完勝。ルーラーシップは中山のような小回りコースは苦手だと思っているのだが、これだけ大外を回って走れば末脚が十分に生かせるのだろう。
2着にナカヤマナイト。この世代はまずまず強い馬が揃って入ると思うが、今回は相手が悪かった。
3着は内から伸びてきたゲシュタルト。

3枠3番ルーラーシップ福永57
2:17.3
4枠4番ナカヤマナイト柴田善55
2:17.8
7枠9番ゲシュタルト蛯名56
2:18.1
8枠11番サンテミリオン北村宏54
2:18.5
6枠6番トーセンレーヴルメール55
2:18.5
1枠1番アブソリュート田中勝56
2:19.1
2枠2番ネヴァブション三浦56
2:19.2
8枠10番ツクバホクトオー吉田豊56
2:19.2
5枠5番ヒカルカザブエ戸崎56
2:19.4
7枠8番リッツィースター宮崎56
2:19.8
6枠7番ミステリアスライト横山典56
2:20.7

結果:三連複560円的中 +260円


トウショウフリークが逃げ、ヒラボクキング、エスポワールシチーが追いかけ、早いペースでレースは進む。しかし、不良馬場のダート。前に行ってしまえば止まらない。
直線に向くとトウショウフリークが失速するものの、ヒラボクキングが先頭に立ち、エスポワールシチーが外から追いかけるも、この馬場では前を捕らえ切れない。
結局、最後までヒラボクキングが粘り切り、見事に重賞初制覇。昨年秋に強い勝ち方で連勝していた実力は本物だったか。
2着にエスポワールシチー。外枠、58キロと今回は少し条件が悪かった。それでも2着を死守しているのはさすが。
3着はシルクシュナイダー。不良馬場のダートなのでスピードが必要になるのだが、上がり35秒4の末脚は見事。

6枠12番ヒラボクキング藤岡佑56
1:48.1
8枠15番エスポワールシチー佐藤58
1:48.3
5枠9番シルクシュナイダー岩田55
1:48.4
1枠2番スタッドジェルラン川田56
1:48.6
1枠1番インバルコ後藤56
1:48.8
2枠3番サイレントメロディ藤田56
1:49.1
4枠8番トウショウフリーク池添56
1:49.1
3枠6番アドマイヤロイヤル安藤勝56
1:49.2
7枠14番キクノアポロ小牧56
1:49.4
5枠10番タガノロックオン田辺55
1:49.8
2枠4番プリンセスペスカ和田54
1:49.9
7枠13番レーザーバレット武豊55
1:50.0
8枠16番ピイラニハイウェイ秋山56
1:50.4
6枠11番グランドシチー津村56
1:50.5
3枠5番クリーン国分恭56
1:50.7
4枠7番タカオノボル浜中55
1:51.0

結果:ワイド770円的中 +270円
posted by ナイト at 00:40| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

AJCC&平安S予想

トーセンレーヴ、ルーラーシップ、ナカヤマナイト。3頭が確実に格上だが、付け入る隙があるとすれば、休み明けのトーセンレーヴと、距離が少し長いのではないかと思えるナカヤマナイト。
押さえにゲシュタルトを入れておく。
本命はルーラーシップ。中山コースが合うとは思っていないが、ここでは力が違う。

1枠1番アブソリュート田中勝56
2枠2番ネヴァブション三浦56
3枠3番ルーラーシップ福永57
4枠4番ナカヤマナイト柴田善55
5枠5番ヒカルカザブエ戸崎56
6枠6番トーセンレーヴルメール55
6枠7番ミステリアスライト横山典56
7枠8番リッツィースター宮崎56
7枠9番ゲシュタルト蛯名56
8枠10番ツクバホクトオー吉田豊56
8枠11番サンテミリオン北村宏54

三連複3点 3−4−6 3−4−9 3−6−9
自信度★★★★☆


エスポワールシチーが本命。
あとは、みやこSのようにエスポワールシチーが控えれば、トウショウフリークの単騎逃げは怖い。
そして武蔵野S3着のアドマイヤロイヤル。
レーザーバレットは500万や、2走前の1600万のように、驚異的なパフォーマンスを見せる時がある。武豊が乗って今回はそのパフォーマンスを見せてくれるのか。
それから昨年の秋、急に強くなったヒラボクキング。みやこSは大外枠で5着。いい枠なら上位を狙えるか。
師走Sはレベルが低かっただろう。レーザーバレット以外まとめて捨てる。

1枠1番インバルコ後藤56
1枠2番スタッドジェルラン川田56
2枠3番サイレントメロディ藤田56
2枠4番プリンセスペスカ和田54
3枠5番クリーン国分恭56
3枠6番アドマイヤロイヤル安藤勝56
4枠7番タカオノボル浜中55
4枠8番トウショウフリーク池添56
5枠9番シルクシュナイダー岩田55
5枠10番タガノロックオン田辺55
6枠11番グランドシチー津村56
6枠12番ヒラボクキング藤岡佑56
7枠13番レーザーバレット武豊55
7枠14番キクノアポロ小牧56
8枠15番エスポワールシチー佐藤58
8枠16番ピイラニハイウェイ秋山56

ワイド5点 8−15 6−15 12−15 13−15 6−8
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 16:20| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

TCK女王盃結果

プレシャスジェムズのスタートが悪く、カラフルデイズが先手を取るが、すぐにプレシャスジェムズが先手を取り返し、そのままスローペースでレースは進む。
直線に向くと、この2頭が粘り、ウェディングフジコが並びかけ、中央馬3頭の叩き合いに。
しかし、その外から一気にやってきたのはハルサンサン。地方でもそれほど目立った活躍をしていなかったこの馬が激走。見事に重賞勝利となった。
クイーン賞はクラーベセクレタが制したが、同世代の地方の牝馬が今回も勝利。ミラクルレジェンド不在のレースでは、牝馬のダート戦線はかなりの混戦になってきた。

6枠6番ハルサンサン今野54
1:53.6
3枠3番カラフルデイズ岩田55
1:53.6
1枠1番プレシャスジェムズ吉田隼56
1:53.8
5枠5番ウェディングフジコ蛯名56
1:53.8
7枠8番パールシャドウ横山典55
1:53.8
6枠7番ラインジュエル有年55
1:54.2
2枠2番プロヴィナージュ佐藤57
1:55.2
7枠9番ショウリダバンザイ服部茂55
1:55.2
4枠4番スウィングベル柏木54
1:55.4
8枠10番マトリックストート赤嶺54
1:55.9
8枠11番ローザレーヌ坂井54
1:55.9

結果:ワイド200円的中 −300円
posted by ナイト at 01:23| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

TCK女王盃予想

12月のクイーン賞で2〜5着の馬が揃って出走。そして久々に交流重賞出走となるプロヴィナージュ。かなりレベルの低いメンバー。
本命は素直にクイーン賞2着のプレシャスジェムズ。クイーン賞では展開、馬場、斤量全てに恵まれて、今回は斤量3キロ増、そして船橋よりは直線の長い大井で差しも決まりやすい。悪条件ではあるのだが、それでもまだ他のメンバーとは力の差があるのではないだろうか。マイペースで逃げれば強いだろう。
あとは中央の4頭を押さえて終わり。地方馬は目立つ馬はいない。

1枠1番プレシャスジェムズ吉田隼56
2枠2番プロヴィナージュ佐藤57
3枠3番カラフルデイズ岩田55
4枠4番スウィングベル柏木54
5枠5番ウェディングフジコ蛯名56
6枠6番ハルサンサン今野54
6枠7番ラインジュエル有年55
7枠8番パールシャドウ横山典55
7枠9番ショウリダバンザイ服部茂55
8枠10番マトリックストート赤嶺54
8枠11番ローザレーヌ坂井54

ワイド5点 1−8 1−5 1−3 1−2 5−8
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 00:55| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

日経新春杯&京成杯結果

スマートロビンが平均ペースで逃げて、ビートブラックが追いかける。さらにダノンバラードも早めに外から仕掛け直線に向かう。
しかし、中団やや後ろでじっくり待機していたトゥザグローリーが直線に向いて外に持ち出すと、そこからあっさり先行馬を交わして勝利。ここでは力が違った。
2着にダノンバラード。3着にはビートブラックが粘るところにマカニビスティーが突っ込んできた。

3枠3番トゥザグローリー福永58.5
2:23.7
8枠11番ダノンバラード岩田56
2:23.9
7枠9番マカニビスティー小牧56
2:24.0
6枠7番ビートブラック浜中57
2:24.1
1枠1番スマートロビン安藤勝55
2:24.3
5枠5番トップカミング小坂54
2:24.5
6枠8番ブルースターキング小林慎50
2:24.7
2枠2番スマートギア武豊56
2:24.9
8枠12番リベルタス川田55
2:25.2
5枠6番ナムラクレセント和田58
2:25.2
7枠10番マゼラン池添54
2:25.6
4枠4番メイショウクオリア56
2:25.9

結果:馬単660円的中 +260円


人気のレッドシャンクスが逃げて、好位からアドマイヤブルーが進む。4コーナーでアドマイヤブルーが先頭に並びかけるが、外からベストディールが伸びてくると直線ではきっちり差し切って勝利。札幌2歳S組のレベルの高さがここでも証明された。
2着には、アドマイヤブルーが粘るところに大外からマイネルロブスト。この馬も札幌2歳S組。今回は57キロ、大外と不利な条件ながらも最後は先頭に迫る勢いで伸びてきた。

4枠8番ベストディール蛯名56
2:00.6
8枠15番マイネルロブスト津村57
2:00.7
4枠7番アドマイヤブルー後藤56
2:00.9
8枠16番アーデントルメール56
2:00.9
2枠3番スノードン北村友56
2:01.2
5枠10番フレージャパン石橋脩56
2:01.3
6枠12番キープビリービング武士沢56
2:01.4
3枠5番レッドシャンクス横山典56
2:01.4
2枠4番ロジメジャー三浦56
2:01.5
7枠13番ブライトライン田辺56
2:01.7
1枠1番カフェコンセール田中勝56
2:01.7
6枠11番コスモアンドロメダ柴田大54
2:01.8
1枠2番プーラヴィーダ勝浦 丸山56
2:01.8
7枠14番マナウス北村宏56
2:01.9
5枠9番キネオピューマ吉田豊56
2:02.4
3枠6番ジョウノバッカス柴田善56
2:02.8

結果:ワイド330円的中 −70円
posted by ナイト at 22:29| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

日経新春杯&京成杯予想

逃げ馬不在でスローペースの瞬発力勝負が予想される日経新春杯。
先手を取るのはスマートロビン、ナムラクレセント、メイショウクオリアあたりだとは思うが、それほど早いペースで逃げるとは思えない。
この3頭からなら、スマートロビンを警戒する。早い上がりの勝負になると厳しいが、55キロの軽ハンデなら、そこそこの脚で最後までしぶとく粘るだろう。
あとは、トゥザグローリーとダノンバラード。この2頭の実力が、他の馬とは差がありすぎる。
そして不良馬場のステイヤーズSは参考外として、京都大賞典2着のビートブラック。
穴はスマートギア。復帰3戦目。この弱小メンバー相手で、直線の瞬発力勝負ならこの馬にも出番があっていい。

1枠1番スマートロビン安藤勝55
2枠2番スマートギア武豊56
3枠3番トゥザグローリー福永58.5
4枠4番メイショウクオリア56
5枠5番トップカミング小坂54
5枠6番ナムラクレセント和田58
6枠7番ビートブラック浜中57
6枠8番ブルースターキング小林慎50
7枠9番マカニビスティー小牧56
7枠10番マゼラン池添54
8枠11番ダノンバラード岩田56
8枠12番リベルタス川田55

馬単4点 3−7 3−11 3−2 3−1
自信度★★★★☆


朝日杯2着のマイネルロブストが出走。しかし、唯一57キロを背負うし、朝日杯は内をうまく回っての2着で、枠が味方した印象は強い。まだまだ信用できるほどの馬ではない。
アドマイヤブルーはホープフルSを勝利。残り50mから強烈な末脚を見せて勝ったわけだが、問題は相手が弱かったということ。いい脚を持っているのは確かだろうが、少し力関係に不安を感じる。
アーデントはいちょうSを勝っているが、不良馬場の前残りに助けられたという印象が強い。
本命は1戦1勝のキネオピューマ。新馬では直線で内の狭いところに突っ込むと、一気に先頭を捕らえて最後は流す余裕の競馬。タイム、着差以上に強いと思える競馬だった。
それからベストディール。札幌2歳Sは4着だったが、その後500万を快勝。タイム、上がりともによかった。
京都2歳S3着のマナウスやラジオNIKKEI杯2歳S5着のブライトラインはもう一息か。

1枠1番カフェコンセール田中勝56
1枠2番プーラヴィーダ勝浦 丸山56
2枠3番スノードン北村友56
2枠4番ロジメジャー三浦56
3枠5番レッドシャンクス横山典56
3枠6番ジョウノバッカス柴田善56
4枠7番アドマイヤブルー後藤56
4枠8番ベストディール蛯名56
5枠9番キネオピューマ吉田豊56
5枠10番フレージャパン石橋脩56
6枠11番コスモアンドロメダ柴田大54
6枠12番キープビリービング武士沢56
7枠13番ブライトライン田辺56
7枠14番マナウス北村宏56
8枠15番マイネルロブスト津村57
8枠16番アーデントルメール56

ワイド4点 7−9 8−9 9−15 7−8
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 17:34| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

シンザン記念&フェアリーS結果

シゲルアセロラが後続を引き離して逃げていたものの、実際はそれほどハイペースではなく、むしろスローペースでレースは進む。
そのため、好位にいたジェンティルドンナは少しかかり気味にレースを進める。
4コーナーでシゲルアセロラのリードがなくなると、直線ではその後ろにいた集団が一気に詰め寄ってくる。
人気のトウケイヘイローが外。さらにはプレミアムブルー、最内にはマイネルアトラクト。
しかし、そんな先頭集団から抜け出したのはジェンティルドンナ。かかっていたにもかかわらず最後は突き抜けて牡馬相手に完勝。折り合いが付けばもっと走れるのではないだろうか。期待のできる内容だった。
2着にマイネルアトラクト。最内をうまく回れたおかげか。
3着にプレミアムブルー。4着には終始大外を回っていたトウケイヘイロー。
結局、先行馬がそのまま上位を独占する形に。展開に大きく左右されるレースとなってしまった。

4枠7番ジェンティルドンナルメール54
1:34.3
2枠3番マイネルアトラクト岩田56
1:34.5
4枠6番プレミアムブルー56
1:34.7
6枠11番トウケイヘイロー後藤56
1:34.7
7枠12番シゲルアセロラ勝浦56
1:34.8
2枠2番タイセイシュバリエ浜中56
1:35.0
5枠9番オリービン小牧56
1:35.2
8枠14番レオンビスティー福永56
1:35.2
7枠13番タツストロング安藤勝56
1:35.3
6枠10番マコトリヴァーサル秋山56
1:35.3
8枠15番サンシャイン藤岡佑54
1:35.4
1枠1番グラーネ武豊56
1:35.6
3枠5番トロピカルメジャー国分恭56
1:35.8
3枠4番ピュアソウル川田56
1:35.8
5枠8番ヒシワイルド池添56
1:36.6

結果:−600円


マイネエポナが好位から直線で先頭へ。その後ろにいるダイワミストレスは前が詰まってなかなか抜け出せない。
ようやく前が開いて抜け出そうとするも、時すでに遅し。マイネエポナを捕らえられない。
しかし、その外から一気に突っ込んできたのはトーセンベニザクラ。中団の馬群でじっくり待機して、外に持ち出さずに直線では前が開くのを待ち、そこから一気に追い上げて差し切った。
2着にはマイネエポナ。3着にダイワミストレス。
人気のパストフォリアは大きく出遅れて最下位。

4枠8番トーセンベニザクラ津村54
1:35.5
3枠5番マイネエポナ吉田隼54
1:35.5
2枠4番ダイワミストレス北村宏54
1:35.5
7枠13番オメガハートランド福永54
1:35.5
8枠16番チェリーメドゥーサ田辺54
1:35.6
6枠11番ラシンティランテ藤岡佑54
1:35.6
4枠7番アイスフォーリス石橋脩54
1:35.7
8枠15番シャンボールフィズルメール54
1:35.7
1枠1番ターフデライト武豊54
1:35.8
3枠6番メイブリーズ柴田善54
1:35.8
5枠10番フライングバルーン蛯名54
1:35.9
1枠2番ラミアプリマベーラ丹内54
1:35.9
6枠12番ルネッタアスール宮崎54
1:36.0
2枠3番ニケ勝浦54
1:36.5
7枠14番サルバドールピアス丸田54
1:36.6
5枠9番パストフォリア横山典54
1:37.1

結果:−500円
posted by ナイト at 15:41| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

シンザン記念&フェアリーS予想

これといった馬が見当たらないレースだが、ここなら朝日杯4着のトウケイヘイローで大丈夫か。
それから、京王杯2歳Sで3着だったオリービン。
未勝利を快勝したジェンティルドンナ。
それから、前走直線で前が詰まりながら残り200mで前が開いてから差し切ったピュアソウル。
この4頭で。全く分からないので、この程度で止めておかないとキリがない。
連勝中のシゲルアセロラ、レオンビスティーは距離延長が不安。

1枠1番グラーネ武豊56
2枠2番タイセイシュバリエ浜中56
2枠3番マイネルアトラクト岩田56
3枠4番ピュアソウル川田56
3枠5番トロピカルメジャー国分恭56
4枠6番プレミアムブルー56
4枠7番ジェンティルドンナルメール54
5枠8番ヒシワイルド池添56
5枠9番オリービン小牧56
6枠10番マコトリヴァーサル秋山56
6枠11番トウケイヘイロー後藤56
7枠12番シゲルアセロラ勝浦56
7枠13番タツストロング安藤勝56
8枠14番レオンビスティー福永56
8枠15番サンシャイン藤岡佑54

ワイド6点 9−11 7−11 4−11 7−9 4−9 4−7
自信度★★☆☆☆


シンザン記念以上に分からない牝馬限定戦。
500万を勝っているのはオメガハートランド、チェリーメドゥーサ、トーセンベニザクラ、ラシンティランテ。
この中で期待したいのはオメガハートランド。くるみ賞では、朝日杯の3、4着馬相手に3着と好走している。
逆に、大外枠のチェリーメドゥーサは期待薄か。
そして阪神JFで10着のトーセンベニザクラは、中山コースなら追い込みが決まりにくいだろうから、この馬には厳しいか。それに、阪神JFでも最後の直線での末脚が持ち味だと思っていたのだが、外から来た馬に差されているようでは、実力不足な感じは否めない。
1勝馬は、前走不良馬場で敗れているアイスフォーリスの良馬場での巻き返しを期待。
そして、新馬を好タイムで快勝したシャンボールフィズ。前走は調子が万全ではなかったための敗戦で、巻き返しは期待できる。
と、ここまでにあげた馬が、あまり内枠に入らなかった。中山マイルはできるだけ内枠を狙いたい。
本命はダイワミストレス。前走はスタートで出遅れてあぶみが外れるというアクシデントがありながら、持ち直して2着。距離延長が不安だが、ダイワメジャー産駒なので折り合いさえつけば。

1枠1番ターフデライト武豊54
1枠2番ラミアプリマベーラ丹内54
2枠3番ニケ勝浦54
2枠4番ダイワミストレス北村宏54
3枠5番マイネエポナ吉田隼54
3枠6番メイブリーズ柴田善54
4枠7番アイスフォーリス石橋脩54
4枠8番トーセンベニザクラ津村54
5枠9番パストフォリア横山典54
5枠10番フライングバルーン蛯名54
6枠11番ラシンティランテ藤岡佑54
6枠12番ルネッタアスール宮崎54
7枠13番オメガハートランド福永54
7枠14番サルバドールピアス丸田54
8枠15番シャンボールフィズルメール54
8枠16番チェリーメドゥーサ田辺54

ワイド5点 4−15 4−13 4−7 4−11 13−15
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 13:40| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

京都金杯&中山金杯結果

シルポートの逃げに加えて、タマモナイスプレイやブリッツェン、オースミスパークあたりも前を狙い、ペースが早くなってレースは進む。
すると直線では先頭集団が一気に失速。外からアスカトップレディが先頭に立つ勢いで伸びてくる。
しかし、先行馬が厳しい流れながらも好位から抜け出したのはマイネルラクリマ。やはりマイル適正は高かったようで、厳しい展開ながらもそのまま後続を突き放して快勝。今後もマイル戦線での活躍が期待できる勝利だった。
2着にはアスカトップレディが粘るところに、後方からダノンシャークが突っ込んできた。
3着のアスカトップレディは得意の距離で3着と結果を残した。
ショウリュウムーンやサダムパテックも伸びてきていたが、前には届かず。

2枠4番マイネルラクリマ松岡55
1:32.9
4枠7番ダノンシャーク安藤勝54
1:33.1
8枠16番アスカトップレディ酒井53
1:33.1
5枠9番ショウリュウムーン小牧54
1:33.2
5枠10番サダムパテック岩田57
1:33.2
3枠5番アスカクリチャン田中勝55
1:33.2
1枠1番オセアニアボス武豊57
1:33.4
2枠3番マヤノライジン松田54
1:33.5
4枠8番ブリッツェン秋山56
1:33.6
1枠2番ヤマカツハクリュウ川須54
1:33.6
3枠6番オースミスパーク川島56
1:33.7
7枠13番ライブコンサート四位57.5
1:34.1
7枠14番ガンダーラ和田55
1:34.3
6枠12番ビッグウィーク川田 福永58
1:34.4
6枠11番タマモナイスプレイ渡辺56
1:34.7
8枠15番シルポート58
1:35.9

結果:ワイド590円的中 −10円


エーシンジーラインが単騎で逃げるが、4コーナーで外から追い上げたフェデラリストとダイワファルコンが直線で先頭に立ち2頭の叩き合いに。
昨年秋に勝ち上がってきた2頭の叩き合いは、フェデラリストが制した。
2着にダイワファルコン。
3着には先行して粘ったコスモファントム。
人気のアドマイヤコスモスはレース中に骨折。今後のG1戦線での活躍が期待される馬だっただけに非常に残念。

6枠12番フェデラリスト蛯名55
1:59.4
6枠11番ダイワファルコン北村宏56
1:59.4
3枠6番コスモファントム丹内57.5
1:59.8
4枠8番エーシンジーライン田辺56
1:59.9
7枠13番エクスペディション浜中55
1:59.9
2枠4番ネオヴァンドーム中舘56
2:00.0
2枠3番エオリアンハープ木幡53
2:00.1
1枠2番トップゾーン丸田55
2:00.2
8枠15番ネオサクセス吉田豊54
2:00.3
5枠10番イケドラゴン江田照51
2:00.5
8枠16番ミステリアスライト藤田55
2:00.6
4枠7番ネヴァブション後藤58
2:00.8
7枠14番アクシオン柴田善57
2:01.1
1枠1番ダンスインザモア石橋脩54
2:01.2
5枠9番デストラメンテ吉田隼53
2:01.5
3枠5番アドマイヤコスモス上村57
2:08.1

結果:−500円
posted by ナイト at 23:39| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

京都金杯&中山金杯予想

レーヴディソールやダノンヨーヨーが回避し、少し面白味が減った京都金杯。それでも注目はサダムパテックか。鳴尾記念で56キロを背負っての3着は実力のある証拠。今回はハンデ57キロが気にはなるもののこのメンバーなら実力上位だろう。
それから同じ4歳のマイネルラクリマ。こちらはクラシックではなくマイル戦を狙って走ってきた。55キロのハンデだしマイル戦なら一発あってもいい。
そしてもう1頭、同世代のダノンシャーク。昨年の秋は、スタートで出遅れた清水Sで3着と敗れた以外はきっちり勝っており、夏を超えての成長が見られた。
それからマイルといえばショウリュウムーン。ここまでの4勝は全てマイル。しかも2走前は牡馬相手にも勝っており、ハンデ54キロなら通用するか。
あとは昨年の覇者シルポートだが、58キロのハンデも厳しいし、オースミスパークとのハナ争いは厳しいだろう。
それならハイペースで差しが決まる展開を予想してヤマカツハクリュウを押さえておく。

1枠1番オセアニアボス武豊57
1枠2番ヤマカツハクリュウ川須54
2枠3番マヤノライジン松田54
2枠4番マイネルラクリマ松岡55
3枠5番アスカクリチャン田中勝55
3枠6番オースミスパーク川島56
4枠7番ダノンシャーク安藤勝54
4枠8番ブリッツェン秋山56
5枠9番ショウリュウムーン小牧54
5枠10番サダムパテック岩田57
6枠11番タマモナイスプレイ渡辺56
6枠12番ビッグウィーク川田 福永58
7枠13番ライブコンサート四位57.5
7枠14番ガンダーラ和田55
8枠15番シルポート58
8枠16番アスカトップレディ酒井53

ワイド6点 4−10 7−10 9−10 2−10 4−7 2−9
自信度★★☆☆☆


福島記念を快勝してハンデが重くなってもまだまだここは通過点であってほしい。アドマイヤコスモスがここでも本命。
対抗にはエクスペディション。中日新聞杯は休み明け。それに4コーナーで大外に持ち出し、その間に前を行く馬に離されてしまうというちぐはぐな競馬。実力は確実に上位だと思っているので、今度は結果を残せるか。
その中日新聞杯を勝ったコスモファントムは夏の不調から復活したようだが、ハンデが0.5キロ増で少し評価は控えめ。
では連勝中のフェデラリスト。ただ、倒したメンバーも弱く、前走はタイムがいいといっても、東京が超高速馬場だったときのタイムなので信用しきれない。
3番手にはエーシンジーラインの単騎逃げを警戒。前走はオースミスパークがハイペースの逃げるも、この馬は2番手から6着としぶとく粘った。マイペースに進めば怖い1頭。

1枠1番ダンスインザモア石橋脩54
1枠2番トップゾーン丸田55
2枠3番エオリアンハープ木幡53
2枠4番ネオヴァンドーム中舘56
3枠5番アドマイヤコスモス上村57
3枠6番コスモファントム丹内57.5
4枠7番ネヴァブション後藤58
4枠8番エーシンジーライン田辺56
5枠9番デストラメンテ吉田隼53
5枠10番イケドラゴン江田照51
6枠11番ダイワファルコン北村宏56
6枠12番フェデラリスト蛯名55
7枠13番エクスペディション浜中55
7枠14番アクシオン柴田善57
8枠15番ネオサクセス吉田豊54
8枠16番ミステリアスライト藤田55

ワイド5点 5−13 5−8 5−6 5−12 8−13
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 14:40| Comment(0) | 2012年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

多忙の2012年

あけましておめでとうございます。

2012年は、きっと多忙な一年になると思います。
こうやってブログを更新していますが、実はこの記事は、5日ほど前の余裕のあるときに前もって書いていたものなのです。というのも、2月に提出しなければいけない卒論に追われているのです。

理系の卒論は、とにかく研究を進めないと書けませんし、僕のやっている研究というのは、まず研究用の素子を作るのに1週間かかります。そこから測定するので、とにかく時間がかかります。

2月中旬までは、かなり多忙な日々になるでしょう。


それが終わってからは、大学卒業、大学院入学、就活と、また多忙な日々になると予想しています。

そのため、今年から、競馬予想の枠順の表を、少し簡略化したいと思います。馬名、性別、年齢、騎手、斤量を、全てレースごとに手入力しているのが結構面倒なので、性別と年齢の欄を消してしまおうと思っています。

それでも、競馬予想の方は手を抜くつもりはないので、今まで通りのペースで更新していきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。
posted by ナイト at 15:49| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする