2012年02月26日

中山記念&阪急杯&アーリントンC結果

シルポートの単騎の大逃げを他の馬が捕らえられず、得意の重馬場でしぶとく粘る。
しかし、最後にものすごい脚で突っ込んできたのはフェデラリスト。後続集団から1頭だけ抜け出すと、強烈な末脚で追い込み、最後にきっちりシルポートを捕らえ、4連勝となった。
2着にシルポート。開幕週中山、内枠、得意の雨と条件が揃えばまだまだ通用するところを示した。
3着にリアルインパクト。まだここは叩き台だろうが、それでも3着に来ているのはさすが。
トゥザグローリーは大外、雨、距離と、この条件ではやはり厳しかった。
レッドデイヴィスは何があったのか全く見せ場なく大敗。雨が苦手なのかもしれない。

3枠3番フェデラリスト蛯名56
1:47.3
1枠1番シルポート松岡57
1:47.4
2枠2番リアルインパクト岩田57
1:48.1
6枠6番ネオヴァンドーム内田56
1:48.3
4枠4番ネオサクセス大野56
1:48.4
7枠9番フィフスペトル横山典56
1:48.5
7枠8番エーブチェアマン後藤56
1:48.6
8枠10番ナリタクリスタル武豊56
1:48.6
6枠7番ダイワファルコン北村宏56
1:48.7
8枠11番トゥザグローリー福永57
1:48.8
5枠5番レッドデイヴィス安藤勝55
1:49.2

結果:ワイド2540円的中 +1840円


先行馬が早いペースで逃げると、3コーナーで早くも失速。しかしそんな早い流れながらも、4番手からレースを進めたマジンプロスパーは楽な手ごたえで4コーナーで先頭に立つ。
直線に入ってもそのままのスピードで後続を突き放していくと、そのまま見事に粘り切って勝利。得意の1400mで完勝だった。やはり昨年夏に1分19秒台で快勝していたように、1400mはかなり得意なのだろう。
2着にはこちらも1400m巧者のスプリングサンダー。3着には外から追い込んできたサンカルロ。
ガルボは4コーナー、直線と前が詰まってスムーズにレースを進められなかった。

6枠11番マジンプロスパー浜中56
1:22.0
1枠2番スプリングサンダー四位54
1:22.2
8枠16番サンカルロ吉田豊57
1:22.3
3枠5番オセアニアボス藤岡佑56
1:22.3
2枠4番ガルボ石橋脩56
1:22.4
1枠1番キョウワマグナム小牧56
1:22.5
7枠13番ドリームカトラスC.デムーロ56
1:22.8
7枠14番ルナキッズ藤田56
1:22.8
5枠10番トウカイミステリー武幸54
1:23.0
3枠6番エーシンリジル和田54
1:23.0
8枠15番マルカフェニックス秋山56
1:23.1
5枠9番アンノルーチェ松山56
1:23.1
4枠8番タマモナイスプレイ渡辺56
1:23.2
4枠7番オーセロワ北村友56
1:24.1
6枠12番ヘッドライナー56
1:24.2
2枠3番メモリアルイヤー川須54
1:25.2

結果:ワイド810円的中 +410円


毎年開幕週のアーリントンCは前残りの競馬になりやすい。しかし今年は違った。
直線に向いてオリービン、アルキメデス、ローレルブレットあたりが中団から抜け出していくところを、最後方から大外を回して突っ込んできたのはジャスタウェイ。ここ2走は影をひそめていた、新馬、新潟2歳Sで見せた強烈な末脚がようやく復活。直線一気の豪脚で全馬をまとめて交わし、見事に重賞勝利となった。
2着には今日は先行したオリービン。3着にはアルキメデス。
人気のダローネガは調子が良くないと言われていたが、それにしても負けすぎ。

8枠13番ジャスタウェイ福永56
1:36.3
2枠2番オリービンC.デムーロ56
1:36.4
3枠3番アルキメデス川田56
1:36.6
6枠8番ローレルブレット池添56
1:36.6
7枠10番ヴィンテージイヤー和田56
1:36.6
7枠11番ネオヴァンクル浜中56
1:36.7
5枠7番ブライトライン安藤勝56
1:36.7
5枠6番ダイワマッジョーレピンナ56
1:37.1
6枠9番ダローネガ岩田56
1:37.2
8枠12番ヴェアデイロス川須56
1:37.6
4枠4番カイルアロマンス小牧54
1:37.7
4枠5番チャンピオンヤマト藤田56
1:38.6
1枠1番ワイドバッハ藤岡佑56
1:41.1

結果:-500円
posted by ナイト at 16:17| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

中山記念&阪急杯予想

ここできっちり勝ってドバイに向かってもらいたいのはトゥザグローリー。このメンバーなら大丈夫か。とは言っても、開幕週中山の大外、さらに1800mと少し短い距離に不安がある。
本命はレッドデイヴィス。魅力なのは斤量。メンバー唯一の55キロはかなり気になる。鳴尾記念の快勝っぷりを見ると、ここでも期待したい。
相手はリアルインパクト。阪神Cは内で包まれたまま何もできずに敗れただけで、力は上位。今度は鞍上も変わって期待できる。
穴はシルポート。開幕週中山で単騎で逃げてしまえば最後まで粘る可能性はある。
そしてフィフスペトル。1800mも大丈夫だが、マイルCS2着は展開と馬場に恵まれた印象が強いのでまだ信用しきれない。
このメンバーが揃えば、中山金杯組は格下だろう。中山金杯を勝って3連勝となったフェデラリストも、ハンデ55キロでの勝利だったと考えると少し狙いにくい。
ナリタクリスタルもこのメンバー相手では厳しい。

1枠1番シルポート松岡57
2枠2番リアルインパクト岩田57
3枠3番フェデラリスト蛯名56
4枠4番ネオサクセス大野56
5枠5番レッドデイヴィス安藤勝55
6枠6番ネオヴァンドーム内田56
6枠7番ダイワファルコン北村宏56
7枠8番エーブチェアマン後藤56
7枠9番フィフスペトル横山典56
8枠10番ナリタクリスタル武豊56
8枠11番トゥザグローリー福永57

ワイド7点 2-5 1-5 5-11 5-9 1-2 2-11 1-11
自信度★★★☆☆


高松宮記念の前哨戦とは思えないほど、メンバーが集まらなかった。
サンカルロとガルボ。この2頭はいいとして、あとが問題。
オセアニアボスはスワンS3着だが、開幕週の馬場で追い込みは決まりにくいのではないだろうか。
その開幕週の馬場で逃げるであろうメモリアルイヤーだが、前走は馬場に恵まれて逃げ切れたという印象。そこまで強くない。
逃げ争うとすればオーセロワか。この馬も前走1600万を逃げ切ったが、やはり馬場に恵まれた印象は強い。
それならヘッドライナー。ハナにこだわりはしないが、確実に前に行くだろう。スタートのスピードは劣る分、1400mは案外いいのかもしれない。それに、最後の粘りはこの馬のほうが信頼出来る。
あとはマジンプロスパー。1400mでの500万、1000万の勝ち方が圧巻だった。
1400mが得意なスプリングサンダーだが、昨年の阪神牝馬Sで3着。牝馬相手で3着なら牡馬相手では厳しいか。
エーシンリジル、キョウワマグナムは1400mが不安。

1枠1番キョウワマグナム小牧56
1枠2番スプリングサンダー四位54
2枠3番メモリアルイヤー川須54
2枠4番ガルボ石橋脩56
3枠5番オセアニアボス藤岡佑56
3枠6番エーシンリジル和田54
4枠7番オーセロワ北村友56
4枠8番タマモナイスプレイ渡辺56
5枠9番アンノルーチェ松山56
5枠10番トウカイミステリー武幸54
6枠11番マジンプロスパー浜中56
6枠12番ヘッドライナー56
7枠13番ドリームカトラスC.デムーロ56
7枠14番ルナキッズ藤田56
8枠15番マルカフェニックス秋山56
8枠16番サンカルロ吉田豊57

ワイド4点 4-16 4-11 4-12 11-16
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 23:35| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

アーリントンC予想

ここではダローネガが格上か。朝日杯は大外枠に泣いた結果となったが、このメンバー相手で、阪神コースなら大丈夫か。
他にはジャスタウェイか。休み明けのきさらぎ賞は4着に敗れたが、新潟2歳Sの末脚を見る限り、広い阪神コースで最後の脚は期待できそう。
開幕週ということを考えて、きさらぎ賞で先行したローレルブレット、京成杯で先行したブライトラインは警戒したい。
メンバーのレベルが低く、わからない馬ばかりで難しい。ダートで勝ち上がってきた馬も怖いのだが、特に強いとも思えないのでここは捨てる。

1枠1番ワイドバッハ藤岡佑56
2枠2番オリービンC.デムーロ56
3枠3番アルキメデス川田56
4枠4番カイルアロマンス小牧54
4枠5番チャンピオンヤマト藤田56
5枠6番ダイワマッジョーレピンナ56
5枠7番ブライトライン安藤勝56
6枠8番ローレルブレット池添56
6枠9番ダローネガ岩田56
7枠10番ヴィンテージイヤー和田56
7枠11番ネオヴァンクル浜中56
8枠12番ヴェアデイロス川須56
8枠13番ジャスタウェイ福永56

ワイド5点 8-9 7-9 9-13 7-8 8-13
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 23:42| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

フェブラリーS&ダイヤモンドS結果

トランセンドがスタートの芝でダッシュがつかず、エスポワールシチーも控えるというまさかの展開で、レースは進むと、直線での末脚勝負になればこの2頭は分が悪い。2頭とも逃げて最後までしぶとく粘るタイプなだけに、差し勝負は厳しい。
すると、4コーナーで早めにダノンカモンが外からまくって行き、勝負を仕掛ける。しかし、レースはセイクリムズンが早いペースで飛ばしていった分、最後まで粘り切れない。
すると後方集団にいた2頭が突っ込んでくる。
勝ったのは後方3頭目から追い込んできたテスタマッタ。折り合いに難がありなかなか結果を残せなかったこの馬。しかし、実力は本物だった。ジャパンダートダービー以来となるジーワン2勝目となった。
2着には後方2番手からシルクフォーチュン。さすがの末脚だったが、マイル戦ならテスタマッタには及ばなかったか。
3着にも、今回は差す競馬をしたワンダーアキュート。JCダート同様、早いペースできっちり差してきた。

8枠16番テスタマッタ岩田57
1:35.4
2枠3番シルクフォーチュン藤岡康57×
1:35.7
5枠10番ワンダーアキュート和田57
1:35.8
6枠11番ダノンカモン福永57
1:35.8
5枠9番エスポワールシチー武豊57
1:36.0
1枠2番タガノロックオン田辺57
1:36.4
8枠15番トランセンド藤田57
1:36.6
3枠6番ケイアイテンジン後藤57
1:36.7
4枠7番ヤマニンキングリーC.デムーロ57
1:36.8
6枠12番ライブコンサート蛯名57
1:36.9
3枠5番ヒラボクワイルド57
1:37.1
7枠13番グランプリボス内田57
1:37.1
7枠14番トウショウカズン川田57
1:37.2
2枠4番スマイルジャック丸山57
1:38.1
4枠8番セイクリムズン吉田隼57
1:38.2
1枠1番ナイキマドリード戸崎57
1:38.3

結果:-400円


3400mのレースでもスタミナ勝負にはならなかった。
スタートからケイアイドウソジンとスマートロビンが逃げて、超スローペースでレースは進む。
後続集団は3コーナー辺りで動き始めるも、どの馬もスマートロビンの後ろに迫るまでで、それ以上早めに動いていこうとはしない。
そのせいで、結局直線まで脚を残していた前の2頭が、直線でそのまま後続を突き放していく展開に。最後は中団からギュスターヴクライが差してくるものの、スマートロビンを交わして2着に来るのが精一杯。
結局、ケイアイドウソジンが見事に逃げ切り勝ちを決めた。後方集団の騎手も侮っていたのかもしれないが、昨年東京でオープンを勝っているように、実力はそれほど劣る馬ではない。調子を崩していて、ようやく復調してきたと考えるべきだろう。
他の人気馬は全て脱落。オウケンブルースリやマイネルキッツは直線の瞬発力勝負には向いてい馬だし、それに年齢、ハンデを考えても、やはりスピードで勝負するのは分が悪かったのだろう。

3枠5番ケイアイドウソジン吉田豊55
3:36.8
8枠16番ギュスターヴクライ蛯名55
3:36.9
4枠7番スマートロビン安藤勝55
3:37.1
1枠1番ヤングアットハート後藤56
3:37.4
4枠8番ピエナファンタスト木幡53
3:37.4
3枠6番ビートブラック岩田57
3:37.6
5枠10番トウカイトリック石橋脩57
3:37.7
8枠15番トパンガC.デムーロ54
3:37.7
6枠12番リッカロイヤル内田54
3:37.7
2枠3番マイネルキッツ松岡58.5
3:37.7
7枠14番セイカアレグロ伊藤工49
3:37.8
7枠13番サンテミリオン北村宏54
3:38.0
6枠11番コスモヘレノス柴田大57
3:38.1
1枠2番オウケンブルースリ田辺58.5
3:38.1
2枠4番ネコパンチ丸田54
3:38.9
5枠9番アブソリュート田中勝55
3:53.1

結果:-600円
posted by ナイト at 20:30| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

フェブラリーS予想3

2頭の軸は固いと思うのだがどうだろうか。
エスポワールシチーは南部杯で敗れたがその後のみやこSの勝ち方を見ると、南部杯よりは調子が良くなっているだろう。JCダートは3着だったが、ワンダーアキュートが展開に恵まれて2着に来ただけで、実力では劣らないだろう。

1枠1番ナイキマドリード戸崎57
1枠2番タガノロックオン田辺57
2枠3番シルクフォーチュン藤岡康57×
2枠4番スマイルジャック丸山57
3枠5番ヒラボクワイルド57
3枠6番ケイアイテンジン後藤57
4枠7番ヤマニンキングリーC.デムーロ57
4枠8番セイクリムズン吉田隼57
5枠9番エスポワールシチー武豊57
5枠10番ワンダーアキュート和田57
6枠11番ダノンカモン福永57
6枠12番ライブコンサート蛯名57
7枠13番グランプリボス内田57
7枠14番トウショウカズン川田57
8枠15番トランセンド藤田57
8枠16番テスタマッタ岩田57

三連複4点 9-10-15 9-15-16 9-11-15 3-9-15
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 17:00| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

ダイヤモンドS予想&フェブラリーS予想2

オウケンブルースリ、マイネルキッツ、ビートブラック。このあたりが実力上位だが、ハンデなので穴馬も怖い。
逃げ馬がスマートロビンしかいないので、これなら前残りがありえるかもしれない。
あとは連勝中のギュスターヴクライ。3歳の序盤から長距離に絞って使われてきているので、この距離は合うかもしれない。

1枠1番ヤングアットハート後藤56
1枠2番オウケンブルースリ田辺58.5
2枠3番マイネルキッツ松岡58.5
2枠4番ネコパンチ丸田54
3枠5番ケイアイドウソジン吉田豊55
3枠6番ビートブラック岩田57
4枠7番スマートロビン安藤勝55
4枠8番ピエナファンタスト木幡53
5枠9番アブソリュート田中勝55
5枠10番トウカイトリック石橋脩57
6枠11番コスモヘレノス柴田大57
6枠12番リッカロイヤル内田54
7枠13番サンテミリオン北村宏54
7枠14番セイカアレグロ伊藤工49
8枠15番トパンガC.デムーロ54
8枠16番ギュスターヴクライ蛯名55

ワイド6点 2-3 2-16 2-6 2-7 3-16 3-6
自信度★☆☆☆☆


トランセンドとエスポワールシチー。2頭が軸だと考えて、残りを選ぶ。
シルクフォーチュン、ダノンカモン、テスタマッタ、ワンダーアキュート。
このほかにいるだろうか。
よくわからないのはグランプリボスだが、バクシンオー産駒といえばやはり芝ではないだろうか。
ヤマニンキングリーはマイルは少し短いだろう。
トウショウカズンは前走根岸S2着だが展開に恵まれた。

1枠1番ナイキマドリード戸崎57
1枠2番タガノロックオン田辺57
2枠3番シルクフォーチュン藤岡康57×
2枠4番スマイルジャック丸山57
3枠5番ヒラボクワイルド57
3枠6番ケイアイテンジン後藤57
4枠7番ヤマニンキングリーC.デムーロ57
4枠8番セイクリムズン吉田隼57
5枠9番エスポワールシチー武豊57
5枠10番ワンダーアキュート和田57
6枠11番ダノンカモン福永57
6枠12番ライブコンサート蛯名57
7枠13番グランプリボス内田57
7枠14番トウショウカズン川田57
8枠15番トランセンド藤田57
8枠16番テスタマッタ岩田57
posted by ナイト at 14:59| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

フェブラリーS予想1

トランセンドか、武豊騎乗のエスポワールシチーか。だが、エスポワールシチーは最高潮だった4歳の秋頃の強さには戻りきれないのか、全盛期の圧倒的なスピードが影を潜めている。
それに対しトランセンドは、スタートからゴールまでスピードが落ちないのが武器だろう。驚異的な粘りで、最後まで逃げ粘ってしまう。スピードに多少の不安はあるのだが、それでも昨年のこのレース、そして南部杯とマイル戦にも対応。結局弱点を露呈するような結果にはならなかった。
今回も、この2頭のどちらかが逃げるだろう。実力的に考えてこの2頭が強いことは分かっているし、馬券の軸としてはこの2頭でいいと思うが、本命とするならどちらなのか。
結局本命はトランセンドで行く。エスポワールシチーが2回戦って2回とも完敗だったのだから、やはりこの馬の強さは本物なのだろう。勝ってドバイに行ってもらいたい。

◎トランセンド
posted by ナイト at 22:51| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

京都記念&共同通信杯&クイーンC結果

伏兵2頭が飛ばして逃げ、予想以上に早いペースでレースは進む。
こうなると、直線の瞬発力勝負にはならず、持久戦。早めに仕掛けて好位から先頭に立ち、直線でそのまま後続を寄せ付けず押し切ったのはトレイルブレイザー。昨年のアルゼンチン共和国杯勝利以降、本格化したと見てよさそうか。得意の展開に持ち込み見事に強豪相手に重賞2勝目。
2着にはダークシャドウ。常に安定して追い込んでくるこの馬は本当に実力があるということだろう。
3着にヒルノダムール。
ウインバリアシオンは最後方から進むも末脚不発。

3枠3番トレイルブレイザー武豊57
2:12.4
1枠1番ダークシャドウ福永57
2:12.7
8枠9番ヒルノダムール藤田58
2:12.9
4枠4番トーセンラーC.デムーロ55
2:13.0
5枠5番ロードオブザリング池添56
2:13.3
7枠7番ウインバリアシオン安藤勝56
2:13.4
8枠8番スイートマトルーフ浜中54
2:14.3
2枠2番リッツィースター和田56
2:16.3
6枠6番ゲシュタルト藤岡佑56
2:16.8

結果:-400円


スタートよく飛び出したディープブリランテはやはり折り合いに難があるようで、岩田騎手が必死に抑えながらも今日は逃げてレースを進める。直線でもしぶとく粘るが、やはり前半でかかってしまった影響もあり、最後は失速。
それに対して、ゴールドシップは今日はきっちりスタートを決めると、ディープブリランテの後ろ、好位でレースを進め、直線で反応すると先頭を捕らえて見事に勝利。2頭の有力馬対決は、不安を解消したゴールドシップに軍配が上がった。
3着はスピルバーグ。2戦連続メンバー最速の上がりで走っていたように、力はあるようだ。

3枠3番ゴールドシップ内田57
1:48.3
2枠2番ディープブリランテ岩田57
1:48.6
7枠8番スピルバーグ北村宏56
1:48.6
4枠4番ストローハットクウィリー56
1:48.7
7枠9番コスモオオゾラ柴田大56
1:48.9
8枠11番エネアド蛯名56
1:49.0
6枠7番ジャングルクルーズ横山典56
1:49.3
6枠6番ブライアンズオーラ三浦56
1:49.3
8枠10番アーカイブ田辺56
1:49.4
1枠1番ガッテンキャンパス木幡56
1:49.6
5枠5番タガノグーフォ柴田善56
1:49.9

結果:三連複640円的中 +40円


超スローペースでレースは進んだクイーンC。
人気のイチオクノホシは中団から早めに仕掛けて直線入り口では先頭を射程圏内に。しかし、ここまでに脚を使ってしまった分、最後の一押しが足りなかった。
道中2番手からレースを進めたヴィルシーナがそのまま押し切って勝利。展開に恵まれたとはいえ、33秒6の上がりで後続を突き放し、見事に重賞勝利となった。
2着はイチオクノホシ。上がりが33秒5なので、こちらも十分に力はあるが、結局は位置取りの差で敗れたという感じだろう。
3着にも好位から進んだエクセラントカーヴ。

5枠9番ヴィルシーナ岩田54
1:36.6
6枠12番イチオクノホシ蛯名54
1:36.8
2枠3番エクセラントカーヴ石橋脩54
1:37.0
7枠13番プレノタート後藤54
1:37.2
2枠4番エミーズパラダイス戸崎54
1:37.2
5枠10番ミッドサマーフェア柴田善54
1:37.2
8枠15番ターフデライト武豊54
1:37.2
1枠1番ハイリリー柴山54
1:37.2
4枠8番オメガハートランド福永54
1:37.3
7枠14番ヘレナモルフォ田中勝54
1:37.4
6枠11番ウインフロレゾン柴田大54
1:37.5
4枠7番アラフネ丸山54
1:37.6
1枠2番カフヴァール吉田豊54
1:37.6
3枠6番モエレフルール北村宏54
1:37.6
3枠5番ダークマレイン田中博54
1:37.9
8枠16番キボウダクリチャン木幡54
1:38.6

結果:ワイド1600円的中 +1000円
posted by ナイト at 16:35| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

京都記念&共同通信杯予想

ダークシャドウ、トーセンラー、ウインバリアシオン、ヒルノダムール。
4頭の勝負だとは思うが、この4頭からどの馬を本命に選ぶのか。
ヒルノダムールはまず58キロの斤量が厳しいか。ここは本命にしない。
同じ3歳でトーセンラーよりはウインバリアシオンのほうが強いだろう。
本命はウインバリアシオン。先週のきさらぎ賞を見ると外差しが決まる馬場になっていた。最内のダークシャドウはうまく外に持ち出せればいいが、少し不安がある。
トレイルブレイザーの扱いに迷ったが、ここでは格下か。スローの前残りは怖いが、外差しが決まる馬場なら狙いにくい。

1枠1番ダークシャドウ福永57
2枠2番リッツィースター和田56
3枠3番トレイルブレイザー武豊57
4枠4番トーセンラーC.デムーロ55
5枠5番ロードオブザリング池添56
6枠6番ゲシュタルト藤岡佑56
7枠7番ウインバリアシオン安藤勝56
8枠8番スイートマトルーフ浜中54
8枠9番ヒルノダムール藤田58

ワイド4点 1-7 4-7 7-9 1-4
自信度★★★☆☆


圧倒的人気のディープブリランテ。不安材料は折り合いだけ。力を発揮すればここも圧勝だろう。
そしてもう1頭、ゴールドシップも人気をするだろう。こちらも不安材料はスタートだけ。それでも、スタートに失敗し続けても重賞で連続して2着の実績は素直に認めるべき。
この2頭が軸で、あとは相手探し。
ストローハット、ジャングルクルーズ、スピルバーグ、コスモオオゾラ、アーカイブ、エネアド。
よくわからないのでこれだけ押さえる。

1枠1番ガッテンキャンパス木幡56
2枠2番ディープブリランテ岩田57
3枠3番ゴールドシップ内田57
4枠4番ストローハットクウィリー56
5枠5番タガノグーフォ柴田善56
6枠6番ブライアンズオーラ三浦56
6枠7番ジャングルクルーズ横山典56
7枠8番スピルバーグ北村宏56
7枠9番コスモオオゾラ柴田大56
8枠10番アーカイブ田辺56
8枠11番エネアド蛯名56

三連複6点 2-3-11 2-3-8 2-3-9 2-3-4 2-3-7 2-3-10
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 19:30| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

クイーンC予想

阪神JF4着のイチオクノホシが強いだろう。
相手はわからないが、牡馬相手でもそこそこの結果を残したメンバーを選ぶ。
ジュニアC3着のモエレフルール。
500万を勝ち、フェアリーS4着のオメガハートランド。
エリカ賞を勝ったヴィルシーナ。
500万を勝って阪神JFも7着と健闘したプレノタート。
あとは、新馬勝ちのエクセラントカーヴ。
この5頭で。どの馬が強いのかあまりわからない。

1枠1番ハイリリー柴山54
1枠2番カフヴァール吉田豊54
2枠3番エクセラントカーヴ石橋脩54
2枠4番エミーズパラダイス戸崎54
3枠5番ダークマレイン田中博54
3枠6番モエレフルール北村宏54
4枠7番アラフネ丸山54
4枠8番オメガハートランド福永54
5枠9番ヴィルシーナ岩田54
5枠10番ミッドサマーフェア柴田善54
6枠11番ウインフロレゾン柴田大54
6枠12番イチオクノホシ蛯名54
7枠13番プレノタート後藤54
7枠14番ヘレナモルフォ田中勝54
8枠15番ターフデライト武豊54
8枠16番キボウダクリチャン木幡54

ワイド6点 6-12 9-12 8-12 12-13 3-12 6-9
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 23:58| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

佐賀記念結果

タカオノボルが単騎で逃げるが、向こう正面で外からオオエライジンが追いかけ、さらに外からマイネルアワグラスも追いかける展開に。
途中から一気にペースが早くなり、これら3頭の追い比べとなるかと思われたが、他の中央馬もその後ろを離されずに追走していく。
直線に向くと、タカオノボルが粘り、外の差しがなかなか伸びてこない。そこに最内を突いて突っ込んできたのはピイラニハイウェイ。最近は不調だったがここに来て調子を取り戻したか、最後は見事に差し切って重賞初勝利となった。
2着に逃げて粘ったタカオノボル。
3着はマイネルアワグラス。接戦だったが4着にメダリアビート、5着にオオエライジンと続いた。

3枠3番ピイラニハイウェイ川田56
2:05.7
6枠6番タカオノボル武豊55
2:05.9
4枠4番マイネルアワグラス柴田大57
2:05.9
5枠5番メダリアビート藤田56
2:06.0
6枠7番オオエライジン木村健55
2:06.0
8枠11番キングトップガン安藤勝58
2:06.8
1枠1番ホクセツサンデー永島55
2:07.0
8枠10番レイズミーアップ真島正56
2:07.9
2枠2番ハンドシェイク永森56
2:08.2
7枠9番アドマイヤダンク山口勲56
2:08.3
7枠8番ヘイアンレジェンド竹吉56
2:09.6

結果:-500円
posted by ナイト at 11:50| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

佐賀記念予想

メダリアビート、タカオノボル、ピイラニハイウェイ、マイネルアワグラス、キングトップガン。中央勢がかなりレベルの低いメンバーしか集まらず、ここは予想が難しい。
そんな中、本命は兵庫のオオエライジン。昨年末の兵庫GTで、スーニとセイクリムズンに続いての3着に入線。交流重賞で十分通用するだけの実力があることを証明した。これだけ中央のレベルが低ければ、ここは狙い目だろう。

1枠1番ホクセツサンデー永島55
2枠2番ハンドシェイク永森56
3枠3番ピイラニハイウェイ川田56
4枠4番マイネルアワグラス柴田大57
5枠5番メダリアビート藤田56
6枠6番タカオノボル武豊55
6枠7番オオエライジン木村健55
7枠8番ヘイアンレジェンド竹吉56
7枠9番アドマイヤダンク山口勲56
8枠10番レイズミーアップ真島正56
8枠11番キングトップガン安藤勝58

ワイド5点 5-7 6-7 4-7 3-7 7-11
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 00:05| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

きさらぎ賞&東京新聞杯&小倉大賞典結果

超スローペースの瞬発力勝負。直線では外が伸びる馬場になっており、外から一気にやってきたのはワールドエース。前評判通りの強さと圧倒的な瞬発力であっという間に先頭を捕らえるとそのまま抜け出して快勝。上がり33秒0の強烈な末脚で見事に勝利した。
2着にはそれを上回る32秒8の末脚で追い込んできたヒストリカル。1勝馬だが、3戦連続上がり最速の競馬をしていたように、末脚はメンバー上位だったか。
3着にはベールドインパクト。前走同様早めの仕掛けで直線先頭に立ってそのまま粘った。

6枠9番ワールドエース小牧56
1:47.0
4枠4番ヒストリカル安藤勝56
1:47.2
8枠13番ベールドインパクトC.デムーロ56
1:47.7
6枠8番ジャスタウェイ秋山56
1:47.9
5枠7番ローレルブレット池添56
1:48.2
7枠10番マジカルツアー浜中56
1:48.3
1枠1番スノードン北村友56
1:48.4
4枠5番プレミアムブルー56
1:48.4
5枠6番アルキメデス川田56
1:48.6
7枠11番マイネルアトラクト丹内56
1:48.7
2枠2番レッドアーヴィング四位56
1:48.9
3枠3番マデイラ丸山56
1:49.1
8枠12番キングクリチャン吉田稔56
1:49.3

結果:-500円


スローペースになることは予想していたが、そのスローペースで逃げたコスモセンサーを誰も追いかけず、楽に逃げたまま直線に。こんな展開では前を捕まえられるはずがない。好位にいたガルボがコスモセンサーに並びかけて2頭での叩き合いとなるも、後続は前には届かない。
結局、最後はガルボがぎりぎり交わして勝利。重賞2勝目となった。
2着にコスモセンサー。これほど展開に恵まれることは今後ないのではないだろうか。
3着にはヒットジャポット。鳴尾記念でも5着と好走しており、瞬発力勝負ならこの馬にも分があったか。
結局、ニューイヤーSの1、2、3着馬が上位を独占した。
サダムパテックは何があったか、直線で全く伸びず。

3枠5番ガルボ56
1:32.8
3枠6番コスモセンサー蛯名56
1:32.8
4枠7番ヒットジャポット後藤56
1:33.2
2枠4番フミノイマージン太宰56
1:33.2
6枠12番ダノンシャーク内田56
1:33.3
7枠13番ミッキードリーム和田56
1:33.4
5枠10番フレールジャック福永56
1:33.5
8枠15番マイネルラクリマ柴田大56
1:33.5
5枠9番ブリッツェン柴田善56
1:33.5
4枠8番アスカクリチャン田中勝56
1:33.6
1枠2番ゴールスキー北村宏56
1:33.9
2枠3番キングストリート三浦56
1:34.1
7枠14番サダムパテック岩田57
1:34.2
1枠1番セイカアレグロ武士沢56
1:34.2
8枠16番アドマイヤロイヤル田辺56
1:35.4
6枠11番スマイルジャック横山典58
1:35.6

結果:-600円


予想に反してエーシンジーラインの逃げを他の馬が追いかけず、3、4コーナーで後続を突き放しにかかる。
展開に恵まれ、しぶとく先頭で粘るエーシンジーラインを追いかけて伸びてきたのは、好位からコスモファントム、さらに中団からスマートギア。
しかし、2頭とも先頭を交わすことはできず、エーシンジーラインがそのまま逃げ切って勝利した。川須騎手は初の重賞制覇。
2着に復活のスマートギア。3着にコスモファントム。

4枠7番エーシンジーライン川須56
1:46.3
2枠3番スマートギア松山56
1:46.3
6枠12番コスモファントム蛯名57.5
1:46.4
7枠13番ダンツホウテイ北村友56
1:46.4
1枠1番ブロードストリート鮫島55
1:46.4
8枠15番マヤノライジン松田54
1:46.5
8枠16番ダノンスパシーバC.デムーロ55
1:46.6
1枠2番トップゾーン丸田55
1:46.6
5枠10番オースミスパーク川島56
1:46.7
5枠9番エクスペディション浜中55
1:46.8
7枠14番マイネルスターリー丹内57
1:46.9
3枠5番ビッグウィーク中舘57.5
1:46.9
2枠4番ヤマニンウイスカー酒井51
1:47.0
4枠8番アンノルーチェ国分優55
1:47.1
3枠6番ガンダーラ和田55
1:47.2
6枠11番キタサンアミーゴ吉田隼56
中止

結果:-500円
posted by ナイト at 19:50| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

きさらぎ賞&東京新聞杯予想

新馬戦の内容から評判が高いワールドエース。若駒Sでは超スローペースで最後方から進んで追い込みが届かなかっただけで、悲観するような内容ではないだろう。やはりこの馬が中心か。
それから新潟2歳S2着のジャスタウェイ。東スポ杯は不良馬場だったので評価しにくい。もう一度狙う。
シンザン記念2、3着馬が出走してくるが、前走はスローペース、先行馬有利な馬場状態と、恵まれての好走。今回は捨てる。
それよりはそのシンザン記念2着のマイネルアトラクトを千両賞で倒したローレルブレット。朝日杯FSでは最内で馬群に包まれてしまったが、最後はいい脚で伸びていた。
あとは、新馬戦を逃げて勝ったマジカルツアー。前残りを警戒して押さえるならこの馬。

1枠1番スノードン北村友56
2枠2番レッドアーヴィング四位56
3枠3番マデイラ丸山56
4枠4番ヒストリカル安藤勝56
4枠5番プレミアムブルー56
5枠6番アルキメデス川田56
5枠7番ローレルブレット池添56
6枠8番ジャスタウェイ秋山56
6枠9番ワールドエース小牧56
7枠10番マジカルツアー浜中56
7枠11番マイネルアトラクト丹内56
8枠12番キングクリチャン吉田稔56
8枠13番ベールドインパクトC.デムーロ56

ワイド5点 8-9 9-10 7-9 8-10 7-8
自信度★★★☆☆


なかなか面白いメンバーが揃った東京新聞杯。しかし、はっきりとした逃げ馬不在で、スローペースでの勝負か。
なら先行するコスモセンサーに注目が集まりそうだが、前走は中山マイルで1番枠と、枠順に恵まれた。それなら前走大外枠、馬体重プラス18キロながら2着と健闘したガルボのほうがまだ怖い。
それでも、サダムパテック、フレールジャック、マイネルラクリマの3歳馬は強いのではないだろうか。
本命はサダムパテック。東スポ杯2歳Sの完勝を考えると、東京コースの相性がいいのかもしれない。京都金杯はハンデが厳しかった分の差だと思っているので、今回は巻き返し可能か。
ただ、フレールジャックが初のマイルでどれほどの力を発揮するのか気になるところ。
マイネルラクリマは京都金杯を制したが、前走のようにある程度ハイペースなレースが得意そうに思える。今回スローペースになって直線の瞬発力勝負になれば不安がある。
ダノンシャークは京都金杯2着だが、ハンデに恵まれていた。
フミノイマージンは今回牝馬ながら56キロ。そしてスマイルジャックは58キロ。この2頭は少し斤量が厳しいか。
ミッキードリームは力があるとは思うのだが、マイルが向いているとは思えない。
穴はヒットジャポット。ニューイヤーSは3着だったが、中山から東京に変わって差しが決まりやすくなるのではないか。それに、直線の瞬発力勝負になればこの馬は怖い。

1枠1番セイカアレグロ武士沢56
1枠2番ゴールスキー北村宏56
2枠3番キングストリート三浦56
2枠4番フミノイマージン太宰56
3枠5番ガルボ56
3枠6番コスモセンサー蛯名56
4枠7番ヒットジャポット後藤56
4枠8番アスカクリチャン田中勝56
5枠9番ブリッツェン柴田善56
5枠10番フレールジャック福永56
6枠11番スマイルジャック横山典58
6枠12番ダノンシャーク内田56
7枠13番ミッキードリーム和田56
7枠14番サダムパテック岩田57
8枠15番マイネルラクリマ柴田大56
8枠16番アドマイヤロイヤル田辺56

ワイド6点 10-14 7-14 5-14 14-15 7-10 5-10
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 18:49| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

小倉大賞典予想

エーシンジーラインとオースミスパークはある程度ハナを主張する2頭。それならペースは早めで、荒れてきた小倉で外差しが決まりやすいか。
エクスペディション、コスモファントム、ダノンスパシーバ。このあたりが実力上位ではないだろうか。
それから穴で小倉巧者のヤマニンウイスカー。ハンデ51キロは怖い。
さらに、差しというならスマートギア。小倉は3戦してすべて3着以内で、小回りのここでも意外と一発あるかもしれない。
マイネルスターリーはハンデ57キロ、ブロードストリートも牝馬ながら55キロと少し厳しい。

1枠1番ブロードストリート鮫島55
1枠2番トップゾーン丸田55
2枠3番スマートギア松山56
2枠4番ヤマニンウイスカー酒井51
3枠5番ビッグウィーク中舘57.5
3枠6番ガンダーラ和田55
4枠7番エーシンジーライン川須56
4枠8番アンノルーチェ国分優55
5枠9番エクスペディション浜中55
5枠10番オースミスパーク川島56
6枠11番キタサンアミーゴ吉田隼56
6枠12番コスモファントム蛯名57.5
7枠13番ダンツホウテイ北村友56
7枠14番マイネルスターリー丹内57
8枠15番マヤノライジン松田54
8枠16番ダノンスパシーバC.デムーロ55

ワイド5点 9-12 9-16 4-9 3-9 12-16
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 20:48| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする