2012年05月30日

さきたま杯結果

スタートよく飛び出したセイクリムズンが単騎で逃げると、3コーナーでは後続を突き放していく。
好位にいたナイキマドリードやトウショウカズンが追い出していくものの、セイクリムズンとの差は開く一方。
直線に向いても、外から差してくる2頭に対して、逃げるセイクリムズンは余裕の手応え。結局そのまま8馬身差の圧勝。ここでは格が違うという勝ちっぷりだった。
2着にナイキマドリード。3着にトウショウカズン。
スーニは後方から追い込むも5着止まり。まだ本調子ではないのか。
スターボードは大敗。中央ではこの距離のオープンで全く通用しなかった馬なので、1200mのほうがいいのかもしれない。

5枠6番セイクリムズン岩田56
1:25.8
5枠5番ナイキマドリード川島正57×
1:27.3
4枠4番トウショウカズン内田56
1:27.4
6枠8番トーセンピングス張田56
1:27.5
3枠3番スーニ川田58
1:28.3
6枠7番グランシュヴァリエ繁田56
1:29.0
7枠9番タイガーストーン吉田稔56
1:29.1
1枠1番タンゴノセック佐藤博56
1:29.1
7枠10番スターボード戸崎56
1:29.2
2枠2番テイエムカゲムシャ森泰56
1:31.6
8枠11番クレイアートビュン庄司56
1:31.8
8枠12番ダイショウジェット柴山56
除外

結果:ワイド410円的中 返還100円 -90円
posted by ナイト at 22:02| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

さきたま杯予想&安田記念予想1

もう一度セイクリムズンで行く。ここまで重賞3連勝中。通算重賞6勝の実力馬だが、運がいいのか悪いのか、G1、G2重賞は一度も勝っていない。そのため今回も別定戦ながら斤量は56キロ。これなら狙うべきだろう。
逆にスーニは58キロ。最近の不調と重なって、本命にはできない。
あとは中央馬、トウショウカズンとダイショウジェット。
地方からは東京スプリント3着のスターボードと、得意の浦和で期待したい昨年覇者のナイキマドリード。

1枠1番タンゴノセック佐藤博56
2枠2番テイエムカゲムシャ森泰56
3枠3番スーニ川田58
4枠4番トウショウカズン内田56
5枠5番ナイキマドリード川島正57×
5枠6番セイクリムズン岩田56
6枠7番グランシュヴァリエ繁田56
6枠8番トーセンピングス張田56
7枠9番タイガーストーン吉田稔56
7枠10番スターボード戸崎56
8枠11番クレイアートビュン庄司56
8枠12番ダイショウジェット柴山56

ワイド6点 4-6 3-6 6-10 6-12 5-6 3-4
自信度★★★★☆


混戦のマイル界。今年は中距離界から強豪が出走してきており、さらに混戦となるか。
実力上位なところをざっと書き出すと、グランプリボス、サダムパテック、ストロングリターン、フィフスペトル、ペルーサ、リアルインパクト、ローズキングダムといったところか。
まず、サダムパテックは少し実力を信用していない。前走の京王杯SCでは外から鮮やかに差し切ったが、スローの瞬発力勝負、外差しが決まる馬場、そして格下の馬が2、3着に来ていることからも、信用はしていない。
それよりは、スタートで出遅れて追い込みが届かなかったグランプリボスのほうが警戒したい。ただこの馬も、昨年のような強さが最近は見られないし、折り合いや血統を考えてもやはり1600mは少し長いだろう。
では京王杯SCで4着だったストロングリターンか。しかし、この馬はきっと中団より後方待機の競馬をするだろう。ダービーもそうだったが、今の東京の高速馬場は、前が止まりにくい。昨年は2着に来たものの、うまく馬群を割って伸びてきたおかげという印象が強く、ある程度前で競馬ができる馬のほうが怖いか。
同じ考えでペルーサも本命にはしにくい。
気になるのはローズキングダム。高速馬場が得意のこの馬が、久々のマイルで復活となるのかどうか。ただ、天皇賞春から安田記念という、距離が半分になるという無茶なローテーションではやはり狙いにくい。朝日杯FSを勝った時からマイルでの活躍が期待されていた馬だが、朝日杯の後に2400mで3勝した馬なので、期待と不安が入り混じっている。
残るはフィフスペトルにリアルインパクトとなったわけだが、2頭とも今年に入ってからの成績を見ると狙いにくい。リアルインパクトは東京の成績がいいので期待はできそうだが、本命にするまではいかない。
本命は香港馬ラッキーナイン。セントウルS2着、スプリンターズS5着で日本ではおなじみだが、来日時に調教師が言っていたのは、この馬はマイラーだということ。前走は香港のチャンピオンズマイルで3着。昨年も2着で、やはりマイル適正は十分。それに、日本で2度好走しており、高速馬場への対応も大丈夫。本業のマイルで今度こそ。

◎ラッキーナイン
posted by ナイト at 21:22| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

ダービー&目黒記念結果

ゼロスとトーセンホマレボシが逃げる展開になるが、後続は付いて行かずスローな流れでレースは進む。
ディープブリランテ、フェノーメノあたりは先行し、ワールドエース、ゴールドシップは中団より後ろから。
4コーナーに向かうと、トーセンホマレボシはゼロスを捕らえにかかり、後方集団ではディープブリランテが好位から早めに仕掛ける。
直線に向かうとそのままディープブリランテが伸びて先頭のトーセンホマレボシを捕らえにかかる。そこに中団からフェノーメノが伸びてくる。さらに後方からはワールドエースとゴールドシップの2頭が一緒に伸びてくる。
早めに仕掛けたディープブリランテが先頭に立つと、そこに外からフェノーメノが襲い掛かり、最後はこの2頭の叩き合いに。内で粘るディープブリランテと外から伸びてくるフェノーメノ。
制したのはディープブリランテ。折り合いに難があったこの馬だが、この2400mの距離を克服。早めに仕掛けた岩田騎手の好判断で見事にダービーを制した。
2着にフェノーメノ。3着にトーセンホマレボシ。
4、5着にはワールドエースとゴールドシップ。2頭とも後ろからいい脚で追い込んできたものの、馬場と展開が向かなかったか。

5枠10番ディープブリランテ岩田57
2:23.8
6枠11番フェノーメノ蛯名57
2:23.8
7枠14番トーセンホマレボシウィリアムズ57
2:23.9
4枠8番ワールドエース福永57
2:24.0
3枠6番ゴールドシップ内田57
2:24.0
4枠7番コスモオオゾラ柴田大57
2:24.1
6枠12番トリップ田辺57
2:24.3
5枠9番エタンダール松岡57
2:24.4
3枠5番ベールドインパクト藤岡佑57
2:24.4
8枠17番グランデッツァ池添57×
2:24.6
2枠4番ジャスタウェイ秋山57
2:24.8
8枠16番モンストール柴田善57
2:25.0
8枠18番アルフレード武豊57
2:25.1
1枠1番スピルバーグ横山典57
2:25.4
7枠13番クラレント小牧57
2:25.6
2枠3番ゼロス川田57
2:25.8
7枠15番ブライトライン佐藤57
2:26.0
1枠2番ヒストリカル安藤57
2:26.7

結果:-600円


セイカアレグロとスマートロビンが後続を離して逃げるものの、途中からペースを緩め、4コーナーでは後続との差がなくなり直線に向かう。
すると一度ペースが緩んだこともあり前を行く馬もバテることなく、今の東京の馬場も味方して先行馬が残る展開に。
直線では逃げるスマートロビンを、好位にいたトウカイパラダイス、ダノンバラードの2頭が追いかけて行く。
しかし、スマートロビンはその2頭を振り払い、直線で再び差をつける快勝。ようやく重賞初勝利となった。
2着にトウカイパラダイス。
3着にはダノンバラードが粘る所に、コースロスなく内を回って差してきたコスモロビンが交わした。

7枠14番スマートロビン蛯名57
2:30.6
5枠9番トウカイパラダイス柴山55
2:30.9
6枠12番コスモロビン柴田大55
2:31.0
1枠2番ダノンバラード岩田57
2:31.0
8枠16番ユニバーサルバンクウィリアムズ57
2:31.0
4枠7番モンテクリスエス内田56
2:31.1
3枠5番タッチミーノット横山典56
2:31.2
2枠4番アイノカゼ江田照51
2:31.5
8枠18番トレイルブレイザー武豊58
2:31.5
5枠10番キングトップガン田辺56
2:31.7
8枠17番ピエナファンタスト木幡53
2:31.7
1枠1番コパノジングー田中勝56
2:31.8
7枠15番セイカアレグロ伊藤工48
2:32.0
2枠3番カワキタコマンド柴田善55
2:32.0
4枠8番エアポートメサ川島52
2:32.1
7枠13番ネヴァブション吉田隼57
2:32.3
3枠6番マイネルアンサー三浦54
2:33.4
6枠11番サンテミリオン北村宏54
2:33.7

結果:-600円
posted by ナイト at 18:12| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

ダービー予想3&目黒記念予想

ワールドエースの不安材料は鞍上。牡馬の大舞台でG1を勝ったことがない福永は、信用できるとは思えない。それでも馬の実力を信じたい。

1枠1番スピルバーグ横山典57
1枠2番ヒストリカル安藤57
2枠3番ゼロス川田57
2枠4番ジャスタウェイ秋山57
3枠5番ベールドインパクト藤岡佑57
3枠6番ゴールドシップ内田57
4枠7番コスモオオゾラ柴田大57
4枠8番ワールドエース福永57
5枠9番エタンダール松岡57
5枠10番ディープブリランテ岩田57
6枠11番フェノーメノ蛯名57
6枠12番トリップ田辺57
7枠13番クラレント小牧57
7枠14番トーセンホマレボシウィリアムズ57
7枠15番ブライトライン佐藤57
8枠16番モンストール柴田善57
8枠17番グランデッツァ池添57×
8枠18番アルフレード武豊57

馬連6点 6-8 8ー11 8-10 2-8 8-17 6-11
自信度★★★☆☆


ダノンバラードとトレイルブレイザー。このあたりが実力上位だが、ハンデ戦で他の馬にも付け入る隙はあるだろう。
まずダノンバラードだが、この馬は切れる脚を持っていない。今の東京の高速馬場では不利だろう。
そしてトレイルブレイザーは大外、トップハンデ、それに調教不足と、条件は整っていない。実力はトップレベルだが、ここは本命にできない。
警戒すべきはメトロポリタンS組。
勝ったスマートロビンは今回も前で競馬をするだろう。逃げ馬も特にいないので、この馬が逃げるかもしれない。ただ、前走からハンデが1キロ増えるのはどうだろうか。
怖いのは2着だったタッチミーノット。前走は休み明けの太め残りでも2着。一叩きした今回はスマートロビンを逆転する可能性は十分にある。
他には、アルゼンチン共和国杯3着のカワキタコマンド。ただ、ここは夏への叩き台という印象がある。
そして、大阪ハンブルクCでスマートロビンに勝っているユニバーサルバンク。スタミナのある馬なのでこの距離なら狙えるが、こちらも東京の高速馬場では少し不安がある。
長距離巧者のコスモロビンや、重馬場での成績がいいサンテミリオン、トウカイパラダイスあたりも同じように今の東京では狙いにくいし、モンテクリスエスは最近衰えているのか、こちらも狙いにくい。

1枠1番コパノジングー田中勝56
1枠2番ダノンバラード岩田57
2枠3番カワキタコマンド柴田善55
2枠4番アイノカゼ江田照51
3枠5番タッチミーノット横山典56
3枠6番マイネルアンサー三浦54
4枠7番モンテクリスエス内田56
4枠8番エアポートメサ川島52
5枠9番トウカイパラダイス柴山55
5枠10番キングトップガン田辺56
6枠11番サンテミリオン北村宏54
6枠12番コスモロビン柴田大55
7枠13番ネヴァブション吉田隼57
7枠14番スマートロビン蛯名57
7枠15番セイカアレグロ伊藤工48
8枠16番ユニバーサルバンクウィリアムズ57
8枠17番ピエナファンタスト木幡53
8枠18番トレイルブレイザー武豊58

ワイド6点 5-18 5-14 2-5 5-16 3-5 14-18
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 13:00| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

ダービー予想2

ワールドエースとゴールドシップの皐月賞上位2頭が中心と考えているが、青葉賞を快勝したフェノーメノ、毎日杯を快勝したヒストリカルの2頭は警戒したい。
京都新聞杯組は格下だろう。馬場と展開に恵まれて勝ったトーセンホマレボシもそこまで強いとは思わない。
NHKマイルC組では2着のアルフレードだが、距離延長、大外枠と厳しい条件。それに、NHKマイルCでカレンブラックヒルに差を広げられ、クラレントに迫られての2着ということを考えると、ダービーでは力不足か。
あとは、皐月賞組から。
3着のディープブリランテ。かからなければという条件付きだが、前走は早めの仕掛けで最後まで粘りきったように、実力はあるだろう。
そして5着のグランデッツァ。今までは札幌や重馬場ばかりで、今回が初の高速馬場。アグネスタキオン産駒で距離に少し不安があるが、このスピード決着が得意な可能性があり、捨て切れない。
逆に皐月賞4着のコスモオオゾラは陣営も雨を希望しており、今回は厳しいだろう。

1枠1番スピルバーグ横山典57
1枠2番ヒストリカル安藤57
2枠3番ゼロス川田57
2枠4番ジャスタウェイ秋山57
3枠5番ベールドインパクト藤岡佑57
3枠6番ゴールドシップ内田57
4枠7番コスモオオゾラ柴田大57
4枠8番ワールドエース福永57
5枠9番エタンダール松岡57
5枠10番ディープブリランテ岩田57
6枠11番フェノーメノ蛯名57
6枠12番トリップ田辺57
7枠13番クラレント小牧57
7枠14番トーセンホマレボシウィリアムズ57
7枠15番ブライトライン佐藤57
8枠16番モンストール柴田善57
8枠17番グランデッツァ池添57×
8枠18番アルフレード武豊57
posted by ナイト at 00:18| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

ダービー予想1

ゴールドシップかワールドエースか。皐月賞上位のこの2頭が実力上位だろうか。
別路線で考えるなら、重賞を勝ってきたヒストリカルやフェノーメノあたりだろうか。
どちらにしてもディープインパクト産駒かステイゴールド産駒ということになるわけだが、この4頭が気になっているところ。
だが、ヒストリカルはきさらぎ賞でワールドエースに敗れている。
またフェノーメノは青葉賞で最後は突き放して完勝だったが、途中はエタンダールと同じ脚色で伸びていたことからも、直線の末脚では少し劣るだろうか。今の東京の超高速馬場で瞬発力勝負となった時にどうなるだろうか。
では結局皐月賞上位馬から。
本命はワールドエース。皐月賞ではあれだけロスの大きいレースをしながらも、最後はすごい末脚で2着に突っ込んできた。東京コースなら勝負になるだろう。牡馬の長距離G1、しかも追い込み馬となれば非常に狙いにくい鞍上の福永だが、これだけの馬に乗っているのなら勝ってもおかしくない。

◎ワールドエース
posted by ナイト at 21:37| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

オークス&東海S結果

オークスでは珍しく、早いペースでレースが流れると、ヴィルシーナは道中追走に苦戦し、ずっと手が動きながら徐々に後退していく。
一方、ミッドサマーフェアやジェンティルドンナは中団より後ろでじっくり脚をためて進む。
直線に向くとロスなく運んだアイスフォーリスが内に食い込んで伸び、先頭を捕らえる勢いで伸びてくる。しかし、一度中団に下がったヴィルシーナが再び巻き返して馬群の真ん中から伸びてくる。
だが、その馬群の外から強烈な末脚を発揮し、全馬を一斉にまとめて交わし去って行ったのはジェンティルドンナ。圧倒的な末脚で距離延長の不安も克服し2冠達成。持ち味である切れる脚を生かした勝利だった。
2着はヴィルシーナ。一度は中団に下がってしまい、厳しいかと思われたがそこから巻き返しての2着。力はあるのだろうが、今回は展開に左右されてしまったか。
3着に内を突いたアイスフォーリス。うまく内を回って伸びてきたように、位置取りの差が出たか。
ミッドサマーフェアは直線で全く伸びず。敗因は何だったのだろうか。

7枠14番ジェンティルドンナ川田55
2:23.6
5枠9番ヴィルシーナ内田55
2:24.4
2枠3番アイスフォーリス松岡55
2:24.5
1枠1番アイムユアーズウィリアムズ55
2:24.5
7枠15番サンキューアスク北村宏55
2:24.7
4枠7番ダイワズーム三浦55
2:24.7
5枠10番ハナズゴール田辺55×
2:24.8
7枠13番サンシャイン柴田善55
2:25.0
3枠5番メイショウスザンナ武豊55×
2:25.0
8枠17番トーセンベニザクラ津村55
2:25.2
3枠6番ダイワデッセー武士沢55
2:25.3
2枠4番オメガハートランド石橋脩55
2:25.3
4枠8番ミッドサマーフェア蛯名55
2:25.6
8枠16番キャトルフィーユ福永55
2:25.6
6枠11番チェリーメドゥーサ森泰55
2:26.0
6枠12番エピセアローム浜中55
2:27.0
1枠2番マイネエポナ吉田隼55
2:27.3
8枠18番ココロチラリ横山典55
2:31.9

結果:ワイド380円的中 -220円


アイファーソングやバーディバーディがある程度早いペースで飛ばして逃げ、その後ろにニホンピロアワーズ、ヒラボクキング、ワンダーアキュート、ソリタリーキングと人気馬が追走。
しかし、3コーナーで前が徐々に失速。後続との差が詰まり、ニホンピロアワーズが前を捕らえて先頭に立ち直線へ。
ヒラボクキングやワンダーアキュートはまだ万全ではないのか、全く伸びない。一方ソリタリーキングはニホンピロアワーズの後ろから徐々に伸びてきて先頭のニホンピロアワーズに近づいていく。
最後は、ニホンピロアワーズとソリタリーキングの叩き合い。結果は、斤量の差が出たのか、わずかにソリタリーキングが先頭に出て勝利。初重賞制覇となった。
2着にニホンピロアワーズ。
3着争いは、差し馬の争い。外からデスペラードとミラクルレジェンドが伸びてきたものの、道中うまく内を回ってロスなくレースを進めたサイレントメロディが抜け出した。

3枠4番ソリタリーキング浜中56
1:56.4
6枠10番ニホンピロアワーズ57
1:56.4
1枠1番サイレントメロディ藤田56
1:56.5
7枠12番デスペラード武豊56×
1:56.6
7枠13番ミラクルレジェンドウィリアムズ54
1:56.6
3枠5番シビルウォー福永57
1:57.0
6枠11番リバティバランス小牧56
1:57.1
4枠7番アイファーソング川須56
1:57.1
5枠8番バーディバーディ松岡56
1:57.2
8枠15番ワンダーアキュート和田57
1:57.3
2枠2番グリッターウイング四位56
1:57.3
5枠9番タマモクリエイト川島56
1:57.5
8枠14番プリンセスペスカ秋山54
1:57.6
4枠6番トウショウフリーク池添56
1:57.7
2枠3番ヒラボクキング藤岡佑56
1:58.1

結果:ワイド970円的中 +370円
posted by ナイト at 16:09| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

オークス予想3

距離を考えるとミッドサマーフェアとヴィルシーナだが、実力を考えるとジェンティルドンナだろう。
この3頭に付け入る馬がいるとすれば、距離延長が怖いメイショウスザンナと、穴でサンシャイン。
ハナズゴールはオレハマッテルゼ産駒ということからも距離延長は不安が大きい。評価を下げる。

1枠1番アイムユアーズウィリアムズ55
1枠2番マイネエポナ吉田隼55
2枠3番アイスフォーリス松岡55
2枠4番オメガハートランド石橋脩55
3枠5番メイショウスザンナ武豊55×
3枠6番ダイワデッセー武士沢55
4枠7番ダイワズーム三浦55
4枠8番ミッドサマーフェア蛯名55
5枠9番ヴィルシーナ内田55
5枠10番ハナズゴール田辺55×
6枠11番チェリーメドゥーサ森泰55
6枠12番エピセアローム浜中55
7枠13番サンシャイン柴田善55
7枠14番ジェンティルドンナ川田55
7枠15番サンキューアスク北村宏55
8枠16番キャトルフィーユ福永55
8枠17番トーセンベニザクラ津村55
8枠18番ココロチラリ横山典55

ワイド6点 8-9 8-14 8-13 5-8 8-10 9-14
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 17:18| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

東海S予想&オークス予想2

実績上位のワンダーアキュートだが、仕上がりに少し不安がある。
かといって、平安Sを快勝したヒラボクキングは休み明け。こちらも狙いにくい。
ミラクルレジェンドは牝馬限定戦なら本命なのだが、牡馬混合だと本命にはできない。
本命はニホンピロアワーズ。掲示板を外したのはJCダートだけ。前走アンタレスSも58キロの厳しい斤量ながら5着と、かなりの堅実さ。昨年の夏は京都でオープンを制し、みやこSでも3着。地方交流重賞は2勝しており、中央でも通用する実力は十分にある。
他には、距離延長は不安だがトウショウフリーク。逃げ馬有利の京都ダートならこの馬は怖い。
それからソリタリーキング。堅実さには欠けるが、前走オープンで楽勝。ヴァーミリアンの弟というだけあって、ダート適性は抜群だろう。
アンタレスS2着のアイファーソングやマーチS1着のサイレントメロディは展開に恵まれただけだろう。
バーディバーディはマーチSで58キロを背負いながらも3着と好走したが、メンバーが弱かった。今回は56キロだが、全盛期の強さも見られず、メンバーが強化され、ここでは少し狙いにくい。
シビルウォーは中央での成績が良くない。地方の時計のかかるダートが得意なのかもしれない。
後方からのまくり競馬で勝ち上がってきたデスペラードはオープンで苦戦。それでも、展開がハマれば一発はありそう。

1枠1番サイレントメロディ藤田56
2枠2番グリッターウイング四位56
2枠3番ヒラボクキング藤岡佑56
3枠4番ソリタリーキング浜中56
3枠5番シビルウォー福永57
4枠6番トウショウフリーク池添56
4枠7番アイファーソング川須56
5枠8番バーディバーディ松岡56
5枠9番タマモクリエイト川島56
6枠10番ニホンピロアワーズ57
6枠11番リバティバランス小牧56
7枠12番デスペラード武豊56×
7枠13番ミラクルレジェンドウィリアムズ54
8枠14番プリンセスペスカ秋山54
8枠15番ワンダーアキュート和田57

ワイド6点 3-10 4-10 6-10 10-15 10-12 3-4
自信度★★☆☆☆


距離を考えると、ミッドサマーフェア、ヴィルシーナ。この2頭は怖い。
そして、距離は不安でもジェンティルドンナの実力は侮れない。
フローラSの2着以降や、スイートピーS組は実力不足だろうから、あとは桜花賞組から。
怖いのはメイショウスザンナ。1800mでの勝利経験もあり、また桜花賞も5着と堅実さはメンバー随一。
そしてハナズゴール。チューリップ賞を快勝。桜花賞はアクシデントで出られなかったが、NHKマイルCを叩いてここで勝負気配ではないだろうか。
アイムユアーズは距離延長が不安だし、エピセアロームは折り合いが心配。
逃げ馬不在でさらに距離延長からハイペースにはなりにくいオークスで、オメガハートランドやトーセンベニザクラといった追い込み馬は狙いにくい。
穴はサンシャイン。ハーツクライ産駒で、距離延長はもしかすると好材料かもしれない。

1枠1番アイムユアーズウィリアムズ55
1枠2番マイネエポナ吉田隼55
2枠3番アイスフォーリス松岡55
2枠4番オメガハートランド石橋脩55
3枠5番メイショウスザンナ武豊55×
3枠6番ダイワデッセー武士沢55
4枠7番ダイワズーム三浦55
4枠8番ミッドサマーフェア蛯名55
5枠9番ヴィルシーナ内田55
5枠10番ハナズゴール田辺55
6枠11番チェリーメドゥーサ森泰55
6枠12番エピセアローム浜中55
7枠13番サンシャイン柴田善55
7枠14番ジェンティルドンナ川田55
7枠15番サンキューアスク北村宏55
8枠16番キャトルフィーユ福永55
8枠17番トーセンベニザクラ津村55
8枠18番ココロチラリ横山典55
posted by ナイト at 17:30| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

オークス予想1

桜花賞上位組か、成長著しいミッドサマーフェアか。
まず桜花賞上位組だが、勝ったジェンティルドンナは距離延長に不安がある。ディープインパクト産駒はマイルで活躍する馬が多く、この馬もその傾向がある。
それなら2000mで勝利経験のあるヴィルシーナが怖いか。ただ、エリカ賞では牡馬相手とはいえ格下相手に接戦での勝利。その前の1800mは3着に敗れた。一方、その後のクイーンCは完勝。桜花賞もある程度早いペースながらも問題なく追走し2着。こちらもディープインパクト産駒で、もしかするとマイルのほうが強いのではないかという疑問がある。
そして3着のアイムユアーズは1400mで重賞2勝と、こちらも距離延長は不安。
それなら本命はミッドサマーフェア。ここにきて確実に成長してきており、2走前は1800mのハイペースのレースを差し切って完勝。前走は2000mのスローペースのレースでもかかることなく追走し、直線では上がり33秒4の末脚で差し切った。例年スローペースになるオークスで折り合いの心配がないというのは、他馬に比べて確実に有利だろう。

◎ミッドサマーフェア
posted by ナイト at 19:20| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ヴィクトリアマイル&京王杯SC&京都HJ結果

京王杯では外差しが一斉に決まったが、このヴィクトリアマイルでは内の先行馬が最後まで粘る馬場状態だった。
2、3番手からレースを進めたドナウブルーとホエールキャプチャの直線での叩き合いは、最後に抜け出したホエールキャプチャが制し、G1初制覇となった。高速馬場も問題なし。好位から33秒8の脚で抜け出す完勝だった。
2着にドナウブルー。
3着には後方から追い込んだマルセリーナ。実力は確かだが、今日は馬場が向かなかったか。
アパパネは馬群に囲まれなかなか抜け出せず5着。それでも、全盛期ならそこから先頭に迫るような脚を見せていただけに、衰えは少しはあるのだろう。

6枠12番ホエールキャプチャ横山典55
1:32.4
8枠16番ドナウブルーウィリアムズ55
1:32.5
1枠1番マルセリーナ田辺55
1:32.7
2枠3番キョウワジャンヌ柴田善55
1:32.7
4枠7番アパパネ蛯名55
1:32.8
2枠4番マイネイサベル松岡55
1:32.9
4枠8番クィーンズバーン内田55
1:33.0
7枠13番チャームポット柴山55
1:33.1
1枠2番レディアルバローザ福永55
1:33.1
7枠15番エーシンハーバー武豊55
1:33.2
3枠5番アニメイトバイオ北村宏55
1:33.2
8枠17番レインボーダリア石橋脩55
1:33.3
3枠6番スプリングサンダー四位55
1:33.4
8枠18番アスカトップレディ川須55
1:33.6
5枠10番フミノイマージン池添55
1:33.6
7枠14番オールザットジャズ藤岡佑55×
1:33.7
5枠9番グランプリエンゼル三浦55
1:33.9
6枠11番アプリコットフィズ田中勝55
1:34.1

結果:-600円


スペシャルハート、タマモナイスプレイ、ジョーカプチーノあたりが先行するが、今週の東京はどうやら内の馬場が悪く、外差しが決まりやすい馬場だったのか、直線では先行馬が全く伸びない。
今日はまさかの先行策をとったサンカルロやヤマカツハクリュウあたりもその影響なのか、直線では伸びを欠く。
最後は外からの差しが一気に決まった。
差し切ったのはサダムパテック。距離短縮も問題なし。得意の東京コースで見事に復活の重賞勝利となった。
2着にはレオプライム。3着にインプレスウィナー。穴馬2頭が外から差してきた。
4着にはストロングリターン。休み明け初戦としては上出来か。
グランプリボスはスタートに失敗し、後方2番手からのレースになってしまった。強烈な瞬発力がある馬ではないので、この出遅れは痛かった。

7枠12番サダムパテックウィリアムズ56×
1:20.1
3枠4番レオプライム三浦56
1:20.2
7枠13番インプレスウィナー田中勝56
1:20.2
5枠8番ストロングリターン福永57
1:20.4
4枠7番ヤマカツハクリュウ川須56
1:20.4
4枠6番エーシンホワイティ蛯名56
1:20.5
8枠14番グランプリボス内田57
1:20.6
3枠5番タマモナイスプレイ武士沢56
1:20.6
6枠10番スペシャルハート北村宏56
1:20.7
2枠2番サンカルロ吉田豊57
1:20.8
6枠11番ジョーカプチーノ藤岡康57
1:20.9
5枠9番シセイカグヤ柴田善54
1:20.9
2枠3番オセアニアボス藤岡佑56
1:20.9
1枠1番アグネスウィッシュ武豊56
1:21.2
8枠15番サクラゴスペル横山典56
1:21.3

結果:-600円


テイエムハリアーの大逃げでレースを進むが、3周目になると徐々にペースを緩め、後続との差が縮まってくる。
好位にいたエムエスワールド、中団にいたマーベラスカイザーあたりが進出を開始し、テイエムハリアーに接近。しかし、人気のバアゼルリバーは道中全く反応せず、前に付いて行くことすらできない。
すると直線では逃げるテイエムハリアーと好位から伸びてくるエムエスワールドの一騎打ちに。
最後は、エムエスワールドが先頭を捕らえて勝利。2歳の頃から重賞を使い続けてきて、9歳にして障害転向でようやく悲願の重賞勝利となった。

8枠12番エムエスワールド横山義60
4:21.6
3枠3番テイエムハリアー白浜60
4:21.7
4枠4番マーベラスカイザー北沢59
4:23.0
1枠1番シゲルジュウヤク中村59
4:23.6
2枠2番フサイチアソート植野60
4:25.9
5枠5番オンワードシェルタ難波60
4:28.8
6枠8番バアゼルリバー小坂61
4:28.8
7枠10番テイエムブユウデン56
4:29.6
6枠7番ナムラチェンジ今村60
4:29.7
5枠6番スズマーシャル田村60
4:29.8
7枠9番アドマイヤテンクウ西谷60×
4:30.4
8枠11番ヤマイチコマンド黒岩60
4:32.4

結果:-400円
posted by ナイト at 01:44| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

ヴィクトリアマイル予想3

先週までとは東京の使用コースも変わり、例年通りの超高速馬場になった東京の芝コース。
そうなると、ホエールキャプチャにとっては有利とは言えないように思える。どちらかというと少し時計のかかる馬場のほうが強そうなタイプと思っている。そして、東京の芝が外差しのほうが決まっている様子を見ても、先行するであろうこの馬を強くは狙いにくくなった。
ホエールキャプチャと迷っていたが、この馬場状態を見て、今回はアパパネを信じたい。

1枠1番マルセリーナ田辺55
1枠2番レディアルバローザ福永55
2枠3番キョウワジャンヌ柴田善55
2枠4番マイネイサベル松岡55
3枠5番アニメイトバイオ北村宏55
3枠6番スプリングサンダー四位55
4枠7番アパパネ蛯名55
4枠8番クィーンズバーン内田55
5枠9番グランプリエンゼル三浦55
5枠10番フミノイマージン池添55
6枠11番アプリコットフィズ田中勝55
6枠12番ホエールキャプチャ横山典55
7枠13番チャームポット柴山55
7枠14番オールザットジャズ藤岡佑55×
7枠15番エーシンハーバー武豊55
8枠16番ドナウブルーウィリアムズ55
8枠17番レインボーダリア石橋脩55
8枠18番アスカトップレディ川須55

ワイド6点 1-7 7-11 4-7 7-12 7-10 7-14
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 01:08| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

京王杯SC&京都HJ予想&ヴィクトリアマイル予想2

サンカルロ、ジョーカプチーノ、ストロングリターンなどの実力馬もいるが、本命はグランプリボス。折り合いの不安が減る1400m、得意の東京コースとなれば、ここは復活を期待したい。
対抗は休み明けでもストロングリターン。昨年のこのレースの覇者で、その後は安田記念で2着。心配なのは富士S以来ということで、その点で割引。
サンカルロは末脚が持ち味の馬にしては東京の成績がなぜかよくない。ここは狙いにくい。
それなら同じように末脚が持ち味のオセアニアボスが怖いか。ただ、今回ははっきりとした逃げ馬不在でスローペースになってしまえば差しは届きにくい。
かといって逃げるかもしれないジョーカプチーノは全盛期のスピードが見られない。そのおかげで1200mよりも1400mのほうがよくなっている可能性もあるが、あまり強気には狙えない。
サダムパテックは距離短縮で初の1400mだが、2000mの弥生賞や1800mの東スポ杯2歳Sの勝ちっぷりを見ると、スプリンターとは思えない。
逆にアグネスウィッシュやエーシンホワイティはサクラバクシンオー産駒で距離延長では狙いにくいか。
レオプライムも同じサクラバクシンオー産駒だが、ここ2走は馬が変わったかのように1400mで連勝。ただ、この2走は中京に阪神と、ともに極端に時計のかかる馬場でのレースだった。舞台が変わって東京の早い決着には不安があるか。
東京の1400mで2戦2勝のヤマカツハクリュウも、1600万の勝利、マイラーズCの4着ともに稍重の馬場だった。もしかすると少し時計のかかる馬場のほうが強いのかもしれない。
それなら大外は嫌だがサクラゴスペル。東京の1400mで連勝した後の高松宮記念では勝ち馬から0秒5差の9着と健闘。得意のこのコースなら一発あっていい。

1枠1番アグネスウィッシュ武豊56
2枠2番サンカルロ吉田豊57
2枠3番オセアニアボス藤岡佑56
3枠4番レオプライム三浦56
3枠5番タマモナイスプレイ武士沢56
4枠6番エーシンホワイティ蛯名56
4枠7番ヤマカツハクリュウ川須56
5枠8番ストロングリターン福永57
5枠9番シセイカグヤ柴田善54
6枠10番スペシャルハート北村宏56
6枠11番ジョーカプチーノ藤岡康57
7枠12番サダムパテックウィリアムズ56×
7枠13番インプレスウィナー田中勝56
8枠14番グランプリボス内田57
8枠15番サクラゴスペル横山典56

ワイド6点 8-14 3-14 2-14 11-14 14-15 12-14
自信度★★☆☆☆


ここは中山GJ2着のバアゼルリバーで固いだろうか。
しかし、昨年の京都JSの覇者テイエムハリアーも怖い。とにかく京都は得意で、ここなら1着も狙える。
あとは前走オープン勝ちのマーベラスカイザーと僅差の2着だったシゲルジュウヤク。2頭とも平地の重賞に出たことがあり、まだ4歳なので平地力は上だろう。飛越が上達すれば障害重賞でも通用するか。
そして障害で安定した成績を収めているエムエスワールド。障害は未だに4着を外したことがなく、ここも怖い。
中山GJ5着のテイエムブユウデンだが、その前の阪神SJでバアゼルリバーに4秒2も離されている。それなら3走前のオープンでテイエムブユウデンに先着しているアドマイヤテンクウのほうが怖い。京成杯2着、ダートで1600万勝利と、平地力は上位。

1枠1番シゲルジュウヤク中村59
2枠2番フサイチアソート植野60
3枠3番テイエムハリアー白浜60
4枠4番マーベラスカイザー北沢59
5枠5番オンワードシェルタ難波60
5枠6番スズマーシャル田村60
6枠7番ナムラチェンジ今村60
6枠8番バアゼルリバー小坂61
7枠9番アドマイヤテンクウ西谷60×
7枠10番テイエムブユウデン56
8枠11番ヤマイチコマンド黒岩60
8枠12番エムエスワールド横山義60

三連複4点 3-4-8 1-3-8 3-8-12 3-8-9
自信度★★★☆☆


アパパネを信じるが、安定感のホエールキャプチャは捨てられない。
その他には、この距離ならマルセリーナは格上だしフミノイマージンの末脚も牝馬では抜けている。
そして距離短縮は不安だがオールザットジャズも今の勢いなら捨てられない。
さらにマイルならアプリコットフィズが怖い。昨年のキャピタルSではガルボやマイネルラクリマ相手に勝利。この距離なら牡馬相手でも通用する実力があるだけに、力を出し切れば怖い存在。
同じようにマイルで怖いアスカトップレディだが、京都牝馬Sでドナウブルー、ショウリュウムーンに負けての3着と、少し力不足か。
そのドナウブルーは52キロの斤量に恵まれた印象が強く、少し狙いにくい。
昨年3着のレディアルバローザは最近馬体重が増加傾向で、さらに今回の調教後の馬体重は前走よりプラス10キロ。太め残りが解消できていないのかもしれない。
穴はマイネイサベル。今までの成績を見ても、新潟や東京、あるいは外回りの阪神の成績がよく、広いコース、特に左回りが得意な馬。父テレグノシスの血を受け継いでいるといえるだろう。そんなこの馬にとって東京マイルは絶好の舞台ではないだろうか。

1枠1番マルセリーナ田辺55
1枠2番レディアルバローザ福永55
2枠3番キョウワジャンヌ柴田善55
2枠4番マイネイサベル松岡55
3枠5番アニメイトバイオ北村宏55
3枠6番スプリングサンダー四位55
4枠7番アパパネ蛯名55
4枠8番クィーンズバーン内田55
5枠9番グランプリエンゼル三浦55
5枠10番フミノイマージン池添55
6枠11番アプリコットフィズ田中勝55
6枠12番ホエールキャプチャ横山典55
7枠13番チャームポット柴山55
7枠14番オールザットジャズ藤岡佑55×
7枠15番エーシンハーバー武豊55
8枠16番ドナウブルーウィリアムズ55
8枠17番レインボーダリア石橋脩55
8枠18番アスカトップレディ川須55
posted by ナイト at 11:25| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

ヴィクトリアマイル予想1

アパパネが本調子なのかどうか。そこが焦点になるだろう。叩き2走目でいつものように気合いが乗ってくれれば、このメンバーなら負けないだろう。
逆転できる候補としては、まずオールザットジャズだが、今までの成績を考えるとマイルは少し短いか。
それなら、マルセリーナ、フミノイマージンの阪神牝馬S2、3着馬だが、どちらも追い込み馬。クィーンズバーンの単騎逃げならそこまでペースは早くならないだろうから、後方からの追い込みは決まりにくいか。それに2頭とも乗り替わりというのが気に入らない。
マイルで強いアスカトップレディやアプリコットフィズだが、どちらもG1となるとあと一歩。
最大の敵はホエールキャプチャか。エリザベス女王杯ではアパパネと0秒2の差。今回はアパパネを倒す絶好の舞台。ただ、この馬もG1になるとあと一歩が届かない。今回はどうなのか。
アパパネが力を出し切ることさえできれば、実力は明らかに上。ただ、太目残りなど、少し陣営のトーンが低いのが嫌なところ。実力のアパパネか、安定感のホエールキャプチャか。
NHKマイルCに続いてこの2頭で迷ったが、ジーワン5勝馬の実力を信じる。

◎アパパネ
posted by ナイト at 21:10| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

NHKマイルC&新潟大賞典&京都新聞杯&かきつばた記念結果

逃げ馬不在でカレンブラックヒルが逃げる展開でレースは進むと、4コーナーではアルフレードが外から仕掛けて先頭を射程圏内に捕らえ、やはりこの2頭の勝負に。
しかし、直線に向くと、カレンブラックヒルが後続を突き放していき、アルフレードを置いていくと、そのまま後続を寄せ付けず完勝。マイルでは力が一枚上といった感じの勝利だった。
アルフレードはカレンブラックヒルからは大きく離されたものの、なんとか2着を死守した。
3着には復活したクラレントが外から差してきた。
ジャスタウェイ、ハナズゴール、レオアクティブあたりは後方から追い込んできたが前には届かず。前で粘った2頭が強かった。

3枠5番カレンブラックヒル秋山57
1:34.5
8枠17番アルフレードウィリアムズ57
1:35.1
6枠12番クラレント小牧57
1:35.1
7枠13番オリービン川田57
1:35.1
5枠9番セイクレットレーヴ横山典57
1:35.2
7枠14番ジャスタウェイ福永57×
1:35.3
4枠7番ハナズゴール田辺55
1:35.3
2枠3番レオアクティブ蛯名57
1:35.3
8枠16番ガンジス藤岡佑57
1:35.6
5枠10番ブライトライン安藤57
1:35.6
8枠18番レオンビスティー内田57
1:36.0
1枠2番ネオヴァンクル北村友57
1:36.0
7枠15番サドンストーム勝浦57
1:36.1
6枠11番マイネルロブスト松岡57
1:36.4
1枠1番メジャーアスリート池添57
1:36.6
2枠4番モンストール柴田善57
1:36.7
3枠6番シゲルスダチ後藤57
中止
4枠8番マウントシャスタ岩田57
1:35.3(6→失格)

結果:ワイド760円的中 +160円


稍重でのレースとなった新潟大賞典。
雨で渋った馬場が苦手なトーセンラー、スマートギアあたりは直線に向いてもいつもの瞬発力が見られない。
一方で、好位から進んだダンツホウテイは直線に向いてもしぶとく粘る。
そこに突っ込んできたのはヒットザターゲット。馬場があまり良くない最内のラチ沿いから伸びてくると、先頭を捕らえてそのまま後続を突き放して快勝。馬場の悪いコースを味方につけて重賞初勝利となった。
2着にダンツホウテイ。
3着争いには外の差し馬が一気に突っ込んできたが、わずかに抜け出したのはメイショウカンパク。昨年の秋に、重馬場の新潟2000mで行われた福島記念で2着に来たように、雨は得意だったか。

1枠1番ヒットザターゲット古川56
1:59.0
3枠5番ダンツホウテイ吉田豊56
1:59.3
2枠4番メイショウカンパク吉田隼56
1:59.3
5枠9番ダノンバラード三浦57
1:59.4
3枠6番トップゾーン大野55
1:59.4
2枠3番ダノンスパシーバ藤岡康55
1:59.4
7枠13番ナリタクリスタル58
1:59.4
1枠2番マイネルスターリー川須57
1:59.5
6枠12番スマートギア松山57
1:59.5
5枠10番マッハヴェロシティ木幡54
1:59.6
4枠7番トーセンラー浜中57
1:59.7
6枠11番メイショウウズシオ飯田55
1:59.7
7枠14番アグネスワルツ国分恭54
1:59.7
8枠16番ネヴァブション高倉57.5
2:00.3
8枠15番リッツィースター宮崎53
2:02.0
4枠8番セイクリッドバレー丸山57
取消

結果:-600円


相変わらず超高速馬場の京都。
メイショウカドマツが前半1000mを58秒0というハイペースで飛ばして逃げ、トーセンホマレボシがそれに続いていくが、直線に向いてもこの馬場が味方してなかなかバテない。
途中でメイショウカドマツが失速するものの、トーセンホマレボシが2番手から抜け出して先頭に立つとそのまま後続の追い込みを寄せ付けない。
結局、このハイペースながらもトーセンホマレボシが最後まで粘って日本レコードタイムで快勝。前が残りやすい高速馬場に恵まれての勝利だった。
2、3着には中団の外から差してきたベールドインパクトとエキストラエンド。

2枠2番トーセンホマレボシウィリアムズ56
2:10.0
7枠10番ベールドインパクト四位56
2:10.4
5枠6番エキストラエンド岩田56
2:10.5
6枠8番ククイナッツレイ56
2:10.5
6枠9番メイショウカドマツ武豊56
2:11.0
1枠1番ショウナンカンムリ浜中56
2:11.0
4枠5番アドマイヤバラード川田56
2:11.1
8枠12番プロフェッサー池添56
2:11.2
3枠3番サイレントサタデー小牧56
2:11.7
7枠11番ニューダイナスティ福永56
2:12.6
4枠4番タニノシュヴァリエ秋山56
2:12.8
8枠13番ヴァンセンヌ安藤56
2:13.0
5枠7番オビーディエント佐藤56
2:15.7

結果:ワイド1130円的中 +630円


ジーエスライカー、エーシンクールディ、ラブミーチャンが先手を取り、中央勢は控える形に。
しかし、それでも4番手からセイクリムズンが仕掛けると、やはり地方勢はついて行けない。直線でかろうじてラブミーチャンが食い下がるも、結局セイクリムズンが突き放して完勝。重賞3連勝となった。
2着には外から差してきたダイショウジェット。この距離ならよく走る。
3、4着には逃げて粘ったラブミーチャンとエーシンクールディ。

5枠5番セイクリムズン岩田57
1:26.1
7枠9番ダイショウジェット柴山54
1:26.5
8枠11番ラブミーチャン濱口52
1:26.8
5枠6番エーシンクールディ尾島52
1:27.1
7枠10番セレスハント福永55
1:27.1
4枠4番ジーエスライカー吉田稔54
1:27.3
1枠1番サマーウインド藤岡佑60
1:27.8
6枠8番ニシノコンサフォス大畑54
1:28.1
3枠3番ナイキハイグレード川島正54
1:28.3
6枠7番トウショウジオン吉田晃54
1:29.1
2枠2番テイエムカゲムシャ東川54
1:29.8
8枠12番コロニアルペガサス大原52
1:30.7

結果:馬連360円的中 -40円
posted by ナイト at 19:57| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

NHKマイルC予想3&新潟大賞典予想

アルフレードの末脚は怖いが、カレンブラックヒルの先行力も魅力。本当に2頭で迷うのだが、このメンバーならカレンブラックヒルは押し出されるように逃げる展開になってしまいそうなのが怖い。それなら好位からカレンブラックヒルを目標に競馬ができるアルフレードの方が有利なのではないだろうか。

1枠1番メジャーアスリート池添57
1枠2番ネオヴァンクル北村友57
2枠3番レオアクティブ蛯名57
2枠4番モンストール柴田善57
3枠5番カレンブラックヒル秋山57
3枠6番シゲルスダチ後藤57
4枠7番ハナズゴール田辺55
4枠8番マウントシャスタ岩田57
5枠9番セイクレットレーヴ横山典57
5枠10番ブライトライン安藤57
6枠11番マイネルロブスト松岡57
6枠12番クラレント小牧57
7枠13番オリービン川田57
7枠14番ジャスタウェイ福永57×
7枠15番サドンストーム勝浦57
8枠16番ガンジス藤岡佑57
8枠17番アルフレードウィリアムズ57
8枠18番レオンビスティー内田57

ワイド6点 5-17 3-17 4-17 7-17 8-17 14-17
自信度★★☆☆☆


開幕週で高速決着になるだろう新潟だが、天気予報が雨。良馬場ならトーセンラーの実力が上だと思っていたが、雨は苦手なので本命にはできない。
最近、中団からの競馬ができるようになって復活してきたスマートギアも、雨は苦手か。
他に、新潟大得意で昨年2着のマッハヴェロシティも、雨が得意とは思えない。
本命はヒットザターゲット。中日新聞杯4着と、重賞でも通用する力があり、前走は福島民報杯を勝利。3走前には重馬場で勝利しており、これなら雨でも大丈夫だろう。
それからダノンバラードは雨の経験が少ないが、33秒台の切れる脚を持っていないので、時計のかかる重馬場のほうが得意なのかもしれない。
穴はダノンスパシーバ。福島民報杯ではヒットザターゲットの2着。今回ヒットザターゲットより斤量が1キロ軽くなり、逆転の可能性もあるか。
ダンツホウテイは雨での成績がかなり悪い。
メイショウウズシオは雨でも走りそうだが、スローペースの直線勝負は分が悪いか。
ナリタクリスタルは58キロのハンデでは狙いにくい。
そしてアグネスワルツは2000mは少し長いだろう。

1枠1番ヒットザターゲット古川56
1枠2番マイネルスターリー川須57
2枠3番ダノンスパシーバ藤岡康55
2枠4番メイショウカンパク吉田隼56
3枠5番ダンツホウテイ吉田豊56
3枠6番トップゾーン大野55
4枠7番トーセンラー浜中57
4枠8番セイクリッドバレー丸山57
5枠9番ダノンバラード三浦57
5枠10番マッハヴェロシティ木幡54
6枠11番メイショウウズシオ飯田55
6枠12番スマートギア松山57
7枠13番ナリタクリスタル58
7枠14番アグネスワルツ国分恭54
8枠15番リッツィースター宮崎53
8枠16番ネヴァブション高倉57.5

ワイド6点 1-7 1-9 1-12 1-10 1-3 7-9
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 22:44| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

京都新聞杯予想&NHKマイルC予想2

超高速馬場の京都。ここは瞬発力勝負になるだろう。
実績はベールドインパクトが一番か。ただ、この馬はあまり瞬発力勝負は得意ではなさそうで、今までも早めの仕掛けで押し切る競馬が多い。ただ、今回はこの馬を上回るような馬が見当たらない。実績のないメンバーが集まりすぎて、しょうがなくこの馬を本命にする。
対抗はヴァンセンヌ。前走はスローペースのレースで後方から強烈な末脚で差し切って勝利した。1戦1勝で未知の実力が怖い。
その他の1勝馬は少し力不足か。2勝馬から狙う。
まず弥生賞5着のエキストラエンド。
サイレントサタデーとニューダイナスティは逃げて500万を勝利したが、馬場、展開ともに恵まれての勝利で、力不足だろう。
先行馬で狙うならメイショウカドマツだろう。皐月賞でもしぶとく8着に粘った。ただ、時計の早い決着がどうなのか。
トーセンホマレボシは最近は2400mを使っており、距離短縮がどうなるのかわからないが、新馬戦ではアドマイヤブルーの2着と健闘しており、少し怖い存在。
ショウナンカンムリは500万で戦った相手のレベルがかなり低かった。これは捨てる。

1枠1番ショウナンカンムリ浜中56
2枠2番トーセンホマレボシウィリアムズ56
3枠3番サイレントサタデー小牧56
4枠4番タニノシュヴァリエ秋山56
4枠5番アドマイヤバラード川田56
5枠6番エキストラエンド岩田56
5枠7番オビーディエント佐藤56
6枠8番ククイナッツレイ56
6枠9番メイショウカドマツ武豊56
7枠10番ベールドインパクト四位56
7枠11番ニューダイナスティ福永56
8枠12番プロフェッサー池添56
8枠13番ヴァンセンヌ安藤56

ワイド5点 10-13 6-10 9-10 2-10 6-13
自信度★☆☆☆☆


アルフレードを本命にはしたが、逃げ馬不在ということを考えると、カレンブラックヒルの先行力は魅力。未だに本命は迷っているところ。
他の相手探しだが、ニュージーランドT組はまとめて捨てる。カレンブラックヒルから離されすぎた。別路線組を狙う。
まずジャスタウェイ。スローペースのアーリントンCを最後方から差し切った末脚は評価できる。ただ、アーリントンC以来というローテーションに不安がある。
それから毎日杯2着のマウントシャスタ。ヒストリカルやスピルバーグと、そこそこ強いメンバー相手に2着は評価していいだろう。ただ距離短縮がどうなのか。
続いてハナズゴール。桜花賞回避から調子を整えてここに来た。ジェンティルドンナがシンザン記念を勝利していることを考えると、牝馬でも通用する可能性はある。
新潟2歳Sを快勝したモンストールは、左回りで似たコースの東京なら巻き返しがあるか。
マイネルロブストは朝日杯2着で実力はあるが、直線ではアルフレードについて行けず、さらに最後は外から来たレオアクティブに迫られた。内枠に恵まれていた感じはあるし、今回の東京での瞬発力勝負も苦手だろう。ここは捨てる。
そのレオアクティブは今年に入ってからは結果が残せていないが、周りより重い斤量を背負ってのレースだったせいだろう。京王杯2歳Sを勝ち、朝日杯は8枠ながらも3着と追い込んできたように、実力はあるだろう。
デイリー杯2歳Sを勝ってから結果が残せていないクラレントのここ3走は道悪や中山と条件が悪かったが、東京ならこの馬の力が発揮できそうか。ただ、今になってみればデイリー杯で倒したメンバーがそこまで強くないので、少し力不足な感じは否めない。

1枠1番メジャーアスリート池添57
1枠2番ネオヴァンクル北村友57
2枠3番レオアクティブ蛯名57
2枠4番モンストール柴田善57
3枠5番カレンブラックヒル秋山57
3枠6番シゲルスダチ後藤57
4枠7番ハナズゴール田辺55
4枠8番マウントシャスタ岩田57
5枠9番セイクレットレーヴ横山典57
5枠10番ブライトライン安藤57
6枠11番マイネルロブスト松岡57
6枠12番クラレント小牧57
7枠13番オリービン川田57
7枠14番ジャスタウェイ福永57×
7枠15番サドンストーム勝浦57
8枠16番ガンジス藤岡佑57
8枠17番アルフレードウィリアムズ57
8枠18番レオンビスティー内田57
posted by ナイト at 00:54| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

かしわ記念&兵庫CS結果

フリオーソが好スタートを決め、それに続いてエスポワールシチーが先行し、2頭がペースを作る。
すると3コーナーから徐々に後続を引き離していき、2頭のマッチレースに。
テスタマッタをはじめとした中央勢が後ろから伸びてくるものの、重馬場も味方した前の2頭を捕まえられない。
直線に向くと、逃げるフリオーソを捕まえたエスポワールシチーがそのまま粘って勝利。持ち前のスピードを生かした快勝だった。
2着にフリオーソ。衰えがあるかと思ったが、得意の重馬場も味方につけ、今年も好走。
3着にテスタマッタ。これくらいの距離なら安定した末脚を見せるが、今日は馬場とコースに泣いたか。

5枠7番エスポワールシチー佐藤57
1:36.5
5枠6番フリオーソ戸崎57
1:37.0
4枠4番テスタマッタ岩田57
1:37.4
7枠11番ランフォルセ横山典57
1:38.6
7枠10番ピイラニハイウェイ川田57
1:38.8
6枠8番シルクフォーチュン藤岡康57
1:39.2
6枠9番クリーン本橋57
1:39.4
8枠12番ボンネビルレコード的場文57
1:40.2
3枠3番グランシュヴァリエ永森57
1:40.4
4枠5番トーセンアーチャー張田57
1:41.0
2枠2番ドモナラズ森泰57
1:41.3
1枠1番トウホクビジン小杉55
1:41.5
8枠13番シャア吉田稔57
1:42.1

結果:三連複710円的中 +110円


ここ2走の楽勝に続いて、今回も快勝。好位からあっさり先頭を捕らえてそのまま突き抜けたのはオースミイチバン。3連勝で重賞勝利となった。
2着には内から早めに仕掛けて粘りきったタイセイシュバリエ。3着には外から差してきたプーラヴィーダ。
ダート初挑戦の2頭、エイシンキンチェムとスノードンは4、5着だった。

6枠8番オースミイチバン川島56
2:01.7
5枠6番タイセイシュバリエ浜中56
2:02.1
4枠4番プーラヴィーダ勝浦56
2:02.5
8枠12番エイシンキンチェム岩田54
2:02.8
1枠1番スノードン北村友56
2:03.1
8枠11番トライ永島56
2:04.4
3枠3番エクサイティング木村健56
2:05.0
7枠9番ドラゴングランド筒井56
2:05.4
7枠10番ブレイクビー川原56
2:05.5
6枠7番ウインスパート田中学56
2:05.7
5枠5番リアルビースト大山56
2:07.0
2枠2番ケライノ吉井友54
2:10.3

結果:ワイド840円的中 +340円
posted by ナイト at 21:43| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

NHKマイルC予想1

混戦になりそうなNHKマイルC。
有力馬は、朝日杯の覇者アルフレード、ニュージーランドTの覇者カレンブラックヒル、アーリントンCの覇者ジャスタウェイ、新潟2歳Sでジャスタウェイを破ったモンストール。
このあたりが気になるところ。
まずジャスタウェイだが、アーリントンCのレベルの低さを考えると本命にしにくい。きさらぎ賞ではあっさり負けており、少し力不足な感じは否めない。
モンストールは東京コースは合いそうだが、ノドの手術をした後の成績がいまいちで、信頼できない。
ではカレンブラックヒルかアルフレードか。
本命はアルフレード。スプリングSは雨の中山の馬場が合わなかっただけだろう。新潟で32秒台の上がりを記録しており、東京の高速馬場向きではないだろうか。
カレンブラックヒルはニュージーランドTは楽勝だったが、最内をうまく回っての勝利だったことを考えると、少し枠に恵まれたところがあったのは否めないか。

◎アルフレード
posted by ナイト at 17:10| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

かしわ記念予想2&兵庫CS&かきつばた記念予想

力を出しきればまだまだエスポワールシチーは勝負になるだろう。
昨年はフリオーソに敗れたが、あれは出遅れのせいで、力負けではない。
フェブラリーSも持ち味の先行力を生かせずに敗れてしまっただけだし、まだまだ衰えてはいないだろう。この馬を信頼して軸にする。

1枠1番トウホクビジン小杉55
2枠2番ドモナラズ森泰57
3枠3番グランシュヴァリエ永森57
4枠4番テスタマッタ岩田57
4枠5番トーセンアーチャー張田57
5枠6番フリオーソ戸崎57
5枠7番エスポワールシチー佐藤57
6枠8番シルクフォーチュン藤岡康57
6枠9番クリーン本橋57
7枠10番ピイラニハイウェイ川田57
7枠11番ランフォルセ横山典57
8枠12番ボンネビルレコード的場文57
8枠13番シャア吉田稔57

三連複6点 4-7-8 4-7-11 4-6-7 7-8-11 6-7-8 6-7-11
自信度★★★☆☆


ここ2走で馬が急激に変わったオースミイチバン。2戦連続圧勝の実力は本物なのか。ここは本命としておく。
相手は残りの中央勢。スノードンやエイシンキンチェムといった芝で走ってきた馬はわからないが、残りの2頭も500万はダートで勝っている。これなら地方馬が付け入る隙はないだろう。
地元兵庫の馬が少し気になるが、菊水賞を圧勝したポアゾンブラックが出てこないのなら捨てていいか。

1枠1番スノードン北村友56
2枠2番ケライノ吉井友54
3枠3番エクサイティング木村健56
4枠4番プーラヴィーダ勝浦56
5枠5番リアルビースト大山56
5枠6番タイセイシュバリエ浜中56
6枠7番ウインスパート田中学56
6枠8番オースミイチバン川島56
7枠9番ドラゴングランド筒井56
7枠10番ブレイクビー川原56
8枠11番トライ永島56
8枠12番エイシンキンチェム岩田54

ワイド5点 4-8 6-8 8-12 1-8 4-6
自信度★★★☆☆


ここはセイクリムズンが本命でいいだろう。
サマーウインドは60キロを背負うし1400mは少し長い。ダイショウジェットやセレスハントは力不足。
それならまだエーシンクールディやラブミーチャンの地方勢のほうが怖い。
ジーエスライカーは少し距離が長いだろう。
ナイキハイグレードは3連勝中だが高知での勝利なので格下だろう。

1枠1番サマーウインド藤岡佑60
2枠2番テイエムカゲムシャ東川54
3枠3番ナイキハイグレード川島正54
4枠4番ジーエスライカー吉田稔54
5枠5番セイクリムズン岩田57
5枠6番エーシンクールディ尾島52
6枠7番トウショウジオン吉田晃54
6枠8番ニシノコンサフォス大畑54
7枠9番ダイショウジェット柴山54
7枠10番セレスハント福永55
8枠11番ラブミーチャン濱口52
8枠12番コロニアルペガサス大原52

馬連4点 5-9 5-10 5-11 5-6
自信度★★★★☆
posted by ナイト at 22:30| Comment(0) | 2012年競馬 | 更新情報をチェックする