2014年04月30日

天皇賞春予想1

超高速馬場京都。ゴールドシップは当然狙いにくいとして、キズナの追い込みも届きにくそうな馬場状態。
さらにウインバリアシオンも追い込みが効きにくくなる。
そうなればこの馬場状態で強そうなのはフェノーメノなのだが、調子が上がらないらしく、昨年のような強い競馬は見られないか。
そうしてこの4頭を消してしまうと、どの馬を狙えばいいのかという問題になってくるが、高速馬場京都の鉄則は、ディープインパクト産駒。今年の京都の重賞の上位をほぼ独占している。
本命はラストインパクト。菊花賞は不良馬場での4着。良馬場になれば巻き返しが期待できる。小倉大賞典で見せた早すぎるまくりからの押し切りは、同じく平坦京都の高速馬場でなら再現があってもおかしくない。

◎ラストインパクト
posted by ナイト at 11:14| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

マイラーズC&フローラS&福島牝馬S&かきつばた記念&クイーンエリザベス2世C&オールエイジドS結果

超高速馬場で前に行ったもの勝ちの京都。
それを制したのはまさかのワールドエース。屈腱炎を乗り越えて、初のマイルで飛び抜けたスピードを発揮。好位から抜け出し、後続の追撃を振り切り見事に復活の重賞勝利を挙げた。
2着にはフィエロ。ワールドエースを追って直線では伸びてきたが、前を交わすことができず。
エキストラエンドもいい脚で追い込んだが3着止まり。やはり今の馬場では前に行ったもの勝ち。
レッドアリオンは今回は逃げたものの、最後に止まってしまい4着。
オースミナインは上位馬と同じような位置取りから伸びきれず5着。少し力の差があるのかもしれない。

2枠4番ワールドエースシュタルケ56
1:31.4
3枠5番フィエロ武豊56
1:31.6
6枠12番エキストラエンド川田56
1:31.9
6枠11番レッドアリオン川須56
1:32.0
3枠6番オースミナイン池添56
1:32.0
5枠10番カオスモス和田56
1:32.4
2枠3番サンカルロ吉田豊56
1:32.4
5枠9番カシノピカチュウ松山56
1:32.5
4枠7番アドマイヤドバイ小牧56
1:32.5
7枠14番アクションスター北村友56
1:32.6
4枠8番エールブリーズ酒井56×
1:32.7
1枠2番ダノンプログラマーペドロサ56
1:32.9
8枠15番コアレスドラード国分恭56
1:33.0
7枠13番ラトルスネーク56
1:33.0
1枠1番ラインブラッド藤岡佑56
1:33.3
8枠16番サワノパンサー高倉56
1:33.5

結果:-600円


スローの直線勝負で末脚がはじけるかと思ったマジックタイムが不発。外からじわじわ伸びるものの、前には届かない。
逆に、好位にいたブランネージュが早めに抜け出したまましぶとく粘り、そのまま押し切る態勢に。
しかし、そこに大外から飛んできたのはブエナビスタの妹、サングレアル。超良血馬が姉譲りの末脚を発揮。新馬戦で見せたような豪快な差し切りで重賞初勝利を決めた。
2着には好位で粘ったブランネージュ。
3着争いは、有力馬が伸びあぐねる中、こちらも外から追い込んできたマイネオーラム。
マジックタイムは6着。もしかすると距離のせいなのか、それとも久々が影響したのか。
イサベルも出遅れが響いたか、7着と差し届かなかった。

1枠2番サングレアル岩田54
2:00.0
3枠5番ブランネージュ秋山54×
2:00.0
8枠17番マイネオーラム松岡54
2:00.2
7枠15番マローブルー戸崎54
2:00.3
7枠13番ニシノアカツキ勝浦54
2:00.3
4枠7番マジックタイム後藤 杉原54
2:00.3
8枠16番イサベル浜中54
2:00.5
4枠8番マイネグレヴィル柴田大54
2:00.6
1枠1番デルフィーノ横山典54
2:00.7
3枠6番ハピネスダンサー藤岡康54
2:00.9
2枠4番ヤマニンアリエッタ横山和54
2:01.0
5枠10番プレミアステイタス柴田善54
2:01.2
2枠3番プロクリス内田54
2:01.3
6枠11番ムードスウィングス北村宏54
2:01.4
8枠18番スペランツァデーア蛯名54
2:02.1
6枠12番シャドウカラーズ村田54
2:02.3
5枠9番パナシュドール田辺54
2:02.8
7枠14番シードオブハピネス石橋54
2:03.0

結果:-500円


福島牝馬Sは極端なほどの前残り決着。
逃げたケイアイエレガントを、2番手から早めにフィロパトールが捕まえに行くが、ケイアイエレガントも余力が残っており、直線で差し返す。
そこに、好位から進んだキャトルフィーユが伸びてきて、結局そのまま3頭での決着となった。
勝ったのはケイアイエレガント。中山牝馬S2着に続いて、この福島牝馬Sで重賞初勝利を決めた。
2着にキャトルフィーユ。これで3戦連続重賞2着。
3着のフィロパトールは最下位人気で波乱を演出。
しかし、人気のレイカーラは先行しながらも7着に沈んだ。休み明けの影響なのか、もしかすると距離が長かったのか。
アロマティコは後方からの競馬で、全く追い込み届かず10着だった。
気になったのは5着のトーセンアルニカ。最後方から直線勝負に徹して、最後は3着にハナ、ハナ差まで迫った。エリザベス女王杯4着の実績があるように、もしかするとなかなかの実力を秘めているのかもしれない。

3枠6番ケイアイエレガント吉田豊54
1:47.0
4枠7番キャトルフィーユ後藤54
1:47.0
7枠14番フィロパトール津村53
1:47.2
1枠1番ウインプリメーラ和田54
1:47.2
5枠10番トーセンアルニカ池添53
1:47.2

結果:-500円


雨で不良馬場となったかきつばた記念。
3、4コーナーで前が止まらず、ダノンカモン、ノーザンリバーの手ごたえが悪く、もしかすると中央馬全滅かとも思えるほどの勢いで直線に向かう。
それでも、さすがに直線に向くと、好位のダノンカモンが抜け出し、外からノーザンリバーも押し上げてくる。
しかし、ノーザンリバーと一緒に外から伸びてきたのは地方馬タガノジンガロ。2頭が外から追い込み、ダノンカモンを交わしていく。そして外からノーザンリバーがタガノジンガロに並びかけたところでゴール。このきわどい勝負を制したのはタガノジンガロ。中央の重賞でも好走していた馬が、地方移籍後2戦目でまさかの交流重賞制覇となった。地方の砂がよほど合っているのだろう。今後の交流重賞でも期待したい。
2着にノーザンリバー。
3着にダノンカモン。
ダイショウジェットは最内枠で砂が深かったせいなのか、この雨のせいなのかわからないが、全く見せ場なく大敗。実力ではなく馬場状態のせいだと思うので、次走また3着候補として考えたい。

3枠3番タガノジンガロ木村健54
1:27.2
6枠8番ノーザンリバー蛯名56
1:27.2
4枠4番ダノンカモン川田55
1:27.3
7枠9番ピッチシフター大畑52
1:27.9
5枠5番クリスタルボーイ戸部54
1:27.9

結果:-700円


クイーンエリザベス2世C。
期待されたエピファネイアは、手ごたえよく好位から直線に向かう。
しかし、その直線で全く伸びない。3歳の頃の強いエピファネイアはどこに行ったのか。結局そのまま4着に終わった。
アンコイルドは、こちらはもっと見せ場なく、最下位。


オールエイジドSに出走したのはハナズゴール。
賞金の高いドンカスターマイルはドロドロの馬場のせいで追い込み届かず6着に敗れてしまい、そのリベンジとなる舞台。
スタートで出遅れ最後方からの競馬となり、4コーナーでも大外を回すロスで直線へ。直線200mでもまだ最後方で万事休すかと思われた。
しかし、そこからハナズゴールの実力を発揮。チューリップ賞でジェンティルドンナを置き去りにしたあの末脚がオーストラリアのジーワンでついによみがえった。大外からあっという間に前の馬群を捕え、2着馬に2馬身差の楽勝。三度目の正直で、海外G1制覇となった。
しかも、このレースの2着馬は、ドンカスターマイルで3着だった馬なので、良馬場なら世界でも通用する末脚を持っていることを証明する結果となった。
posted by ナイト at 11:13| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

かきつばた記念予想

ノーザンリバー、ダノンカモンの2頭が軸で、ダイショウジェットと去年3着のサイモンロードが押さえ。
サイモンロードの調子が悪いのが気がかりだが、それなら中央3頭で決着するだろう。

1枠1番ダイショウジェット柴山54
2枠2番ノゾミカイソク丸野54
3枠3番タガノジンガロ木村健54
4枠4番ダノンカモン川田55
5枠5番クリスタルボーイ戸部54
5枠6番スマイルジャック楢崎58
6枠7番トウホクビジン佐藤友52
6枠8番ノーザンリバー蛯名56
7枠9番ピッチシフター大畑52
7枠10番サトノロマネ永森54
8枠11番サイモンロード岡部54×
8枠12番ファイアーフロート東川55

三連単300円 8-4-1
三連単200円 4-8-1
三連単各100円 8-4-11 4-8-11

自信度★★★★☆
posted by ナイト at 16:43| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

マイラーズC&フローラS予想&クイーンエリザベス2世C

マイラーズCにしてはメンバーが物足りない印象。それにしても、ついさっきまで、このマイラーズCが阪神最終週と勘違いしていた。どこかに、ついうっかり阪神を想定してこのレースの予想をしてしまった人がいるだろう。マイラーズCが京都開幕週というのはまだ馴染めない。
エキストラエンドが本命。六甲Sを快勝したフィエロもこのメンバーなら通用するだろうから2番手評価。
あとはオースミナイン、レッドアリオン。
カオスモスはダービー卿CT2着だったが信用できない。差し馬が全く届かない極悪馬場で先行して残っただけ。
それよりは、ダービー卿4着のエールブリーズのほうを押さえたい。開幕週京都の高速馬場ということを考えると、カオスモスよりはこちらのほうが早い時計の適正はありそう。

1枠1番ラインブラッド藤岡佑56
1枠2番ダノンプログラマーペドロサ56
2枠3番サンカルロ吉田豊56
2枠4番ワールドエースシュタルケ56
3枠5番フィエロ武豊56
3枠6番オースミナイン池添56
4枠7番アドマイヤドバイ小牧56
4枠8番エールブリーズ酒井56×
5枠9番カシノピカチュウ松山56
5枠10番カオスモス和田56
6枠11番レッドアリオン川須56
6枠12番エキストラエンド川田56
7枠13番ラトルスネーク56
7枠14番アクションスター北村友56
8枠15番コアレスドラード国分恭56
8枠16番サワノパンサー高倉56

三連複各100円 5-6-12 5-11-12 5-8-12 6-11-12 6-8-12 8-11-12
自信度★★★☆☆


新馬が強かったイサベルと、桜花賞をパスしてオークス狙いに徹したマジックタイムの2頭が抜けている。
それからクイーンCでは馬体重マイナス10キロで大敗したが、新馬戦、次の若竹賞と強い内容だったデルフィーノ。
さらに、新馬戦で33秒3の強烈な末脚を見せたサングレアル。
そして、チューリップ賞4着のブランネージュ。こちらは距離延長が少し不安なところもあるが、念のため。
ニシノアカツキは距離が長いかもしれないし、開幕週の東京のスピード決着でオペラハウス産駒は狙いにくい。
マイネグレヴィルも同じくで、ブライアンズタイム産駒で、中山の時計のかかる馬場のほうが合っていそう。
そういう意味では、フラワーC4着のマローブルーはディープインパクト産駒なので、東京で一変するかもしれない。押さえまで。新馬戦は東京で敗れたものの、直線で前が詰まって3着すら怪しいところからよく最後は3着に追い込んだというレースだった。
ワンアンドオンリーに勝っているプロクリスは7か月ぶりでは狙いにくい。

1枠1番デルフィーノ横山典54
1枠2番サングレアル岩田54
2枠3番プロクリス内田54
2枠4番ヤマニンアリエッタ横山和54
3枠5番ブランネージュ秋山54×
3枠6番ハピネスダンサー藤岡康54
4枠7番マジックタイム後藤 杉原54
4枠8番マイネグレヴィル柴田大54
5枠9番パナシュドール田辺54
5枠10番プレミアステイタス柴田善54
6枠11番ムードスウィングス北村宏54
6枠12番シャドウカラーズ村田54
7枠13番ニシノアカツキ勝浦54
7枠14番シードオブハピネス石橋54
7枠15番マローブルー戸崎54
8枠16番イサベル浜中54
8枠17番マイネオーラム松岡54
8枠18番スペランツァデーア蛯名54

ワイド各100円 7-16 2-7 7-15 1-7 5-7
自信度★★★☆☆


エピファネイアとアンコイルドの香港遠征。
もちろん期待はエピファネイア。エイシンプレストンで香港を知り尽くしているはずの福永が、このエピファネイアでも香港を制することができるのか。6番ゲートからの出走。
アンコイルドは最内1番枠からの出走。ロスなく回って前が詰まらずに競馬できればチャンスはあるか。

香港カップでトウケイヘイローを下したアキードモフィードが故障で回避したため、最大のライバルは昨年の覇者ミリタリーアタックか、それとも若いデザインズオンローマか。昨年はエイシンフラッシュが3着と惜しくも敗れた。その雪辱を今年晴らすことができるか。
posted by ナイト at 15:52| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

福島牝馬S予想&メトロポリタンS裏予想

まだ開幕2週目の福島なら前残りが基本だろう。
本命はレイカーラ。東京新聞杯6着は評価できる。ターコイズSで勝っていることから、牝馬同士なら実力は上。
あとは、中山牝馬S2着のケイアイエレガントと、追い込み馬だが力の差で上位に来そうなアロマティコとミッドサマーフェア。
中山牝馬S2着同着のキャトルフィーユは、ここ2走のように中京や中山といった時計のかかる馬場を得意としているので、福島でしかも前走から斤量が2キロ増えるのはきつい。
まだそれならアグネスワルツのほうが前残りで怖いが、別定で勝てるほどの実力はないのではないか。オークス3着馬のころからは衰えを感じる。
ほかに、ウインプリメーラやセキショウあたりも前残りが怖いかと思ったが、最近の調子の悪さを見ると狙いにくい。
それなら、サトノジュピター。ここ2走とも、中山で外から直線一気を決めている。前残りの馬場だとは思うが、この切れる脚は怖い。

1枠1番ウインプリメーラ和田54
1枠2番アロマティコ浜中54
2枠3番クラウンロゼ丸田54
2枠4番レイカーラ石橋54
3枠5番セキショウ勝浦54
3枠6番ケイアイエレガント吉田豊54
4枠7番キャトルフィーユ後藤54
4枠8番トーセンベニザクラ江田照54
5枠9番ミヤコマンハッタン柴山53
5枠10番トーセンアルニカ池添53
6枠11番フロアクラフト松山53
6枠12番サトノジュピター戸崎53
7枠13番アグネスワルツ国分恭54
7枠14番フィロパトール津村53
8枠15番ミッドサマーフェア柴田善54
8枠16番サンシャイン藤岡康54

ワイド200円 2-4
ワイド各100円 4-6 4-12 4-15

自信度★★☆☆☆


裏予想収支:-170円

とうとう裏予想もマイナスや。でも3か月間プラスをキープしとったっちゅうのはなかなかすごいんちゃうやろか。大当たりがない分、当たりの数は多かったはずやで。
メトロポリタンSはサトノアポロで鉄板やろ。メンバーが弱すぎるわ。
実力でねじ伏せられるとしたらラブリーデイやろけど、2400mは長いやろ。今回もかかる心配あるしな。
そうなればダービーフィズやが、あんまり配当的におもろない。
もし一発あるとしたら、展開はまった時のコウエイオトメの直線一気がおもろいんちゃうか。

◎サトノアポロ 3
☆コウエイオトメ 1
複勝2000円 3
ワイド300円 1-3


結果:-2300円
posted by ナイト at 01:21| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

皐月賞&中山GJ&アンタレスS結果

ウインフルブルームが逃げて、それにアジアエクスプレスやトゥザワールドが続いて行くような形。その後ろにトーセンスターダムやイスラボニータと、有力馬はある程度前でレースを進める。
残る人気馬、ワンアンドオンリーは最後方からの競馬。
直線に向くと、外に持ち出したイスラボニータが抜け出すと、それに並んでトゥザワールドも仕掛けて行く。
しぶとく逃げて粘るウインフルブルームをこの2頭が交わしていくと、2頭の叩き合い。これを制したのは外のイスラボニータ。初の右回り、中山、2000mなど不安材料が多くあったものの、全てあっさり克服。実力の高さを示す結果となった。
2着にトゥザワールド。切れる脚はない分、早めの仕掛けで押し切りたいところだったが、イスラボニータに早めに並びかけられると、実力及ばず、最後は突き放されてしまった。
3着には逃げて粘ったウインフルブルーム。
トーセンスターダムは好位から進んだが全く脚が残っておらず大敗。これまでのローテーションを考えても、やはり狙いはダービーなのだろう。
アジアエクスプレスは好位から進むも最後はいつものような切れる脚が使えず5着。距離が長かったか。
これだけ前が残る展開ながら、大外から飛んできたのはワンアンドオンリー。この馬の強烈な末脚は東京でも生きるのかどうか。同じような脚が使えればダービーでは今回の4着より上を狙えるか。ハーツクライ産駒の成長力も考えると、今後の期待は高い。

1枠2番イスラボニータ蛯名57
1:59.6
8枠17番トゥザワールド川田57
1:59.8
8枠18番ウインフルブルーム柴田大57
1:59.9
1枠1番ワンアンドオンリー横山典57
1:59.9
4枠8番ステファノス後藤57
2:00.0
8枠16番アジアエクスプレス戸崎57
2:00.0
5枠10番ベルキャニオン福永57
2:00.1
2枠3番クラリティシチー内田57×
2:00.1
3枠6番アドマイヤデウス岩田57
2:00.2
6枠11番ロサギガンティア柴田善57
2:00.2
4枠7番トーセンスターダム武豊57
2:00.3(同着)
7枠14番バウンスシャッセ北村宏55
2:00.3(同着)
7枠15番コウエイワンマン松岡57
2:00.5
5枠9番スズカデヴィアスシュタルケ57
2:00.5
7枠13番キングズオブザサン浜中57
2:00.8
3枠5番アデイインザライフ田辺57
2:01.2
6枠12番タガノグランパ石橋57
2:01.3
2枠4番クリノカンパニー江田照57
2:03.7

結果:-500円


アポロマーベリックの楽勝、逃げ切り。中山大障害に続いてJ・G1を連勝。この中山コースの強さということに関しては、一枚上ということで間違いないだろう。
2着はまさかのコスモソユーズ。2年前に3着のあるこの馬で、大障害コースは合っているのかもしれないが、これは予想外の結果となった。
オースミムーンは距離が長かったのか、直線で失速して6着。
アドマイヤトライは飛越に失敗して大きく順位を落として8着。
人気どころではかろうじてメイショウブシドウが3着に来た程度で、全くアポロマーベリックに及ばなかった。

5枠5番アポロマーベリック五十嵐63
4:50.7
6枠6番コスモソユーズ山本63
4:51.5
4枠4番メイショウブシドウ高田63
4:51.5
8枠10番シャイニーブラック浜野谷63
4:51.8
3枠3番サンレイデューク難波63
4:51.9
7枠7番オースミムーン中村63
4:52.8
2枠2番セイエイ高野63
4:52.9
7枠8番アドマイヤトライ西谷63
4:54.8
8枠9番ボストンプラチナ上野63
4:55.6
1枠1番スズカマジェスタ63
4:59.1

結果:-400円


ニホンピロアワーズがまさかの3着。これにはお手上げ。
勝ったのはナムラビクター。ニホンピロアワーズが来なければ強いのはこの馬だろう。怪我で昨年1年間棒に振ったが、今年ようやく重賞を制覇。
2着にはトウショウフリーク。道中かかっていたように見えたが、好位から最後はインを突っ込んで差してきた。
4着には逃げ粘ったグレイスフルリープ。
グランドシチーは追い込むも5着。
ゴールスキーは距離が長かったのか、10着と大敗。

5枠10番ナムラビクター小牧56
1:51.5
1枠1番トウショウフリーク武豊56
1:51.5
6枠12番ニホンピロアワーズ酒井58
1:51.5
1枠2番グレイスフルリープ太宰56
1:51.5
6枠11番グランドシチー岩田56
1:51.8

結果:-500円
posted by ナイト at 16:02| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

皐月賞予想3&オルフェーヴルC裏予想

有力馬が多すぎて、いつまでたっても絞れないというのが現状。それでも買い目を決めなくてはいけない。
気になっているものの切る馬としては、アジアエクスプレス。距離延長に加えて8枠というのは不安すぎる。バンドワゴン回避で引っ張る馬がいなくなったのもこの馬、この馬主にとって誤算。差しが決まりやすい展開になるかどうかという問題がある。
ウインフルブルームも大外枠に加えて鞍上柴田大知で捨てると決めた。アジアエクスプレスに朝日杯FSで負けていることもある。
他に、ベルキャニオン。共同通信杯2着の実力がありながら、スプリングS6着は不可解。ただ、共同通信杯はイスラボニータに完敗。スプリングSの結果からも、中山より東京向きかとも思えるので、G1では捨てるという判断。
そして何よりわからないのがアドマイヤデウス。ウインフルブルームに勝った前走は、この馬の実力なのか、ウインフルブルームが2000mで結果を残せなかっただけなのか。ただ、前走は休み明けのウインフルブルームに勝っただけで、一気にメンバー強化されるここでは少し物足りない。
本命にしたトーセンスターダムだが、正直なところ中山向きとは思えない。小回りではなく、直線の長い、広いコース向きだと思っている。展開が向かず差し届かずの可能性もあって、馬券の軸にはしない。
イスラボニータは荒れた中山、右回りという未知の材料が多すぎてこちらも軸にはできない。
ではワンアンドオンリーだが、小回りでもきっちり伸びて来る末脚ということで評価できるのはこの馬か。ただ、荒れ馬場の最内枠からどう横山典弘が騎乗するのか。イン突っ込みか、外に持ち出しての勝負か。最内に閉じ込められるのを嫌って、後方ポツンの可能性すらある。
かといって、逆に17番のトゥザワールドもなかなか狙いにくい。早めの仕掛けをするだろうし、そのまま押し切れるほど、周りの騎手は楽に競馬をさせないだろう。それに、トゥザヴィクトリーもトゥザグローリーもそうだったが、この血筋はなぜかトライアルで強く、本番で勝負弱い。
思い切った馬券の軸にクラリティシチー。配当だけ見ればこの馬の軸が面白い。

1枠1番ワンアンドオンリー横山典57
1枠2番イスラボニータ蛯名57
2枠3番クラリティシチー内田57×
2枠4番クリノカンパニー江田照57
3枠5番アデイインザライフ田辺57
3枠6番アドマイヤデウス岩田57
4枠7番トーセンスターダム武豊57
4枠8番ステファノス後藤57
5枠9番スズカデヴィアスシュタルケ57
5枠10番ベルキャニオン福永57
6枠11番ロサギガンティア柴田善57
6枠12番タガノグランパ石橋57
7枠13番キングズオブザサン浜中57
7枠14番バウンスシャッセ北村宏55
7枠15番コウエイワンマン松岡57
8枠16番アジアエクスプレス戸崎57
8枠17番トゥザワールド川田57
8枠18番ウインフルブルーム柴田大57

ワイド各100円 3-7 2-3 1-3 3-17 3-11
自信度★☆☆☆☆


裏予想収支:+630円

中山1200mダートのオルフェーヴルC?オルフェーヴルとダート1200mなんかなんも関係あらへんやないか。何を寝ぼけたこと言うとんのや。JRAの職員はこんな適当な仕事で高い給料もらっとるんやから信じられんで。
しかも、こんなメモリアルなレースやのにメンバーがとにかく弱い。
本命はデュアルスウォードや。前走は直線で前が詰まって勝負になってへん。このコース3勝の力ある馬や。このメンバーなら実力通用するやろ。
あとは3連勝中のアビリティラヴやろな。前走も仕掛け遅かったのに仕掛けてからは簡単に前を捕まえて勝ったからな。

◎デュアルスウォード 13
○アビリティラヴ 11
複勝500円 13
ワイド300円 11-13


結果:-800円
posted by ナイト at 17:45| Comment(2) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

中山GJ予想2&アンタレスS予想&皐月賞予想2

落馬は起きないと信じれば、4頭の勝負だろう。
オースミムーン、アポロマーベリック、アドマイヤトライ、メイショウブシドウ。
オースミムーンとアポロマーベリックが特に強そうだが、オースミムーンは初の中山コースという不安も抱えているので、絶対の信頼は置きにくいか。

1枠1番スズカマジェスタ63
2枠2番セイエイ高野63
3枠3番サンレイデューク難波63
4枠4番メイショウブシドウ高田63
5枠5番アポロマーベリック五十嵐63
6枠6番コスモソユーズ山本63
7枠7番オースミムーン中村63
7枠8番アドマイヤトライ西谷63
8枠9番ボストンプラチナ上野63
8枠10番シャイニーブラック浜野谷63

三連複各100円 4-5-7 5-7-8 4-7-8 4-5-8
自信度★★★☆☆


本命のニホンピロアワーズほ揺るがない。
相手に、ナムラビクター、グランドシチー、ゴールスキー、トウショウフリーク、エアハリファ。
グランドシチーはついに津村が見捨てられたか。岩田が乗るのなら巻き返しが怖い。
ソロルはそこまで強くなさそうだし、57キロを背負うのも狙いにくい。

1枠1番トウショウフリーク武豊56
1枠2番グレイスフルリープ太宰56
2枠3番ミッキードリーム和田56
2枠4番ナリタシルクロード高倉56
3枠5番クリールパッション藤岡佑56
3枠6番クリソライトシュタルケ59
4枠7番グラッツィア藤田56
4枠8番エアハリファ福永56
5枠9番ダノンバラード川田57
5枠10番ナムラビクター小牧56
6枠11番グランドシチー岩田56
6枠12番ニホンピロアワーズ酒井58
7枠13番ソロルペドロサ57
7枠14番グレートチャールズ畑端56
8枠15番クリノスターオー56
8枠16番ゴールスキー浜中57×

馬連各100円 10-12 11-12 9-12 1-12 12-16
自信度★★★☆☆


予報を見ると、日曜日は雨は降らなさそうか。しかも、今の中山は、3月の開催序盤に比べて時計が早くなってきている。このあたりを考えて予想したい。
そうなれば、雨が分からないと書いたイスラボニータの不安材料が減ったということで、評価は高くする。
そして、トゥザワールドももちろん高い評価を与えたい。
さらに、1枠1番、横山典弘の見事なイン突込みが見れるかもしれないワンアンドオンリー。後方ポツンはないと信じたい。
スプリングS組からは勝ったロサギガンティア。2着アジアエクスプレスは今の時計の早くなった中山の芝に不安があるし、さらなる距離延長も不安。
むしろ3着のクラリティシチーのほうが、内田のイン突っ込みが怖い。荒れ馬場もこなせそうで、一瞬の抜け出す脚はいいものを持っている。

1枠1番ワンアンドオンリー横山典57
1枠2番イスラボニータ蛯名57
2枠3番クラリティシチー内田57×
2枠4番クリノカンパニー江田照57
3枠5番アデイインザライフ田辺57
3枠6番アドマイヤデウス岩田57
4枠7番トーセンスターダム武豊57
4枠8番ステファノス後藤57
5枠9番スズカデヴィアスシュタルケ57
5枠10番ベルキャニオン福永57
6枠11番ロサギガンティア柴田善57
6枠12番タガノグランパ石橋57
7枠13番キングズオブザサン浜中57
7枠14番バウンスシャッセ北村宏55
7枠15番コウエイワンマン松岡57
8枠16番アジアエクスプレス戸崎57
8枠17番トゥザワールド川田57
8枠18番ウインフルブルーム柴田大57
posted by ナイト at 19:21| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

皐月賞&中山GJ予想1

トーセンスターダム、イスラボニータ、トゥザワールド、ワンアンドオンリーあたりが主力かと冬ごろは思っていたが、ロサギガンティアあたりも結果を残して来て、かなり予想が難しいのが今年の皐月賞。
ワンアンドオンリーは東スポ杯でイスラボニータにあっさりと負けており、これを考えるとイスラボニータの力が抜けているようにも思える。ただ、不安材料は雨。日曜は雨の予報があり、早い時計の東京で圧倒的な強さを見せてきたイスラボニータが雨でどれほどやれるのかというのが分からないところ。
それなら、時計のかかる中山で結果を残したロサギガンティア、トゥザワールドあたりが注目か。ただトゥザワールドも前走は最後にワンアンドオンリーにハナ差まで迫られていたように、少し実力に不安があるし、ロサギガンティアは前走デムーロが上手く立ち回ったおかげの勝利という印象。
本命はトーセンスターダム。3戦とも外を回して直線勝負に徹してのレースで、狙いはダービーかもしれないが、それでも重馬場でも外から差し切るその強烈な末脚はこのメンバーでも通用すると見た。

◎トーセンスターダム


オースミムーン。中山初挑戦で落馬の不安はあるものの、障害の実力は現在のトップレベルだろう。昨年中山大障害を勝ったアポロマーベリックにも東京で楽勝している。

◎オースミムーン
posted by ナイト at 00:04| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

桜花賞&阪神牝馬S&ニュージーランドT&ドンカスターマイル結果

最後方からの直線一気。上がり32秒9の末脚で17頭を一気に飲み込んだハープスター。レッドリヴェールが上がり33秒4の末脚で追い込んだにもかかわらず、それを楽々と外から交わし去る走り。この強さには驚くというより呆れるというほうがふさわしいように思えるほどだった。少し大げさなことを言うが、この走りを見て、凱旋門賞への期待が高まった。
2着にレッドリヴェール。3着にはヌーヴォレコルト。それほど強くないと思っていたので、3着に差してきたのには驚いた。
他にも、ホウライアキコは今回は折り合いもついて脚を伸ばすが、外から差されて4着。それでもこのメンバー相手の4着なら上出来。NHKマイルCに出てくれば注目したい。
フォーエバーモアは直線で伸びず8着。先行馬全滅の展開だったとはいえ、物足りない内容だった。
とりあえず、当てることだけを意識した買い方で、思いっきりトリガミでも的中できたのでよしとする。

8枠18番ハープスター川田55
1:33.3
6枠12番レッドリヴェール戸崎55
1:33.3
5枠10番ヌーヴォレコルト岩田55
1:33.4
7枠15番ホウライアキコ和田55
1:33.6
3枠6番レーヴデトワール福永55×
1:33.6
7枠13番アドマイヤビジン四位55×
1:33.7
7枠14番マーブルカテドラル田辺55
1:33.8
5枠9番フォーエバーモア蛯名55
1:33.9
8枠16番リラヴァティ松山55
1:34.0
8枠17番ベルカント武豊55
1:34.2
2枠4番ペイシャフェリス川島55
1:34.3
1枠2番ニシノミチシルベシュタルケ55
1:34.5
4枠8番シャイニーガール55
1:34.5
3枠5番モズハツコイ浜中55
1:34.7
6枠11番フクノドリーム横山和55
1:34.9
1枠1番カウニスクッカ松田55
1:35.0
4枠7番ニホンピロアンバー秋山55
1:35.7
2枠3番コーリンベリー藤田55
1:37.6

結果:ワイド200円的中 -300円


スタートでスマートレイアーが大きく出遅れて最後方からの厳しい展開となる。
逃げたのはクロフネサプライズだが、さすがに休み明けということもあり、直線であっさりと好位からローブティサージュとエピセアロームが交わしていく。
この2頭が前で残りそうなところに、内で脚を溜めていたウリウリが伸びて来る。この3頭の争いかと思われたところに、大外から飛んできたのはスマートレイアー。出遅れも何のその。強烈な末脚で全馬一気に交わし切り、見事な直線一気を決めた。
2着はウリウリで、結局、距離適性に不安のあった2頭だが、この1400mを問題なくこなし、他の馬との力の差を見せた。

4枠4番スマートレイアー武豊54
1:20.3
5枠6番ウリウリ福永54
1:20.3
7枠10番ローブティサージュシュタルケ54
1:20.3
3枠3番エピセアローム松山54
1:20.4
8枠13番アミカブルナンバー四位54
1:20.5
6枠9番サマールナ古川54
1:20.5
8枠12番プリンセスジャック酒井54
1:20.5
7枠11番クロフネサプライズ柴山54
1:20.5
6枠8番ウイングザムーン秋山54
1:20.7
1枠1番トーホウアマポーラ岩田54
1:20.7
5枠7番ヴィルシーナ内田56
1:20.8
2枠2番ローガンサファイア北村友54×
1:20.8
4枠5番ミナレット和田54
1:21.4

結果:-500円


人気のショウナンアチーヴが出遅れ、他にも人気のカラダレジェンド、アルマエルナトあたりが後方からレースを進める。
一方、パワースラッガーが早いペースで逃げ、人気のイダスは2番手から。さらにベルルミエールあたりが続いて行く。
4コーナーに向くと、後方からショウナンアチーヴが徐々に仕掛けて行くところで、それに合わせて中団からショウナンワダチも仕掛ける。
直線に向くと、ハイペースで脱落した逃げた2頭を、好位にいたベルルミエールが交わしていくが、そこに外からショウナンの2頭が襲い掛かる。
先に抜け出したのはショウナンワダチ。しかしその外から追い上げるショウナンアチーヴ。結局、最後はショウナンアチーヴが交わしてゴール。朝日杯2着馬の実力を見せた。出遅れての勝利ということで力のあることを十分に示せたのではないだろうか。
2着にはショウナンワダチ。
3着のベルルミエールは、前走に続いて厳しいハイペースのなか、先行して粘ったことはかなり評価できる。ただ、NHKマイルCはミッキーアイルが出てくるとなると、また厳しいハイペースになってしまうかもしれない。
人気のカラダレジェンドは8着。前走で少し実力不足な感じを露呈していたし、この程度の実力かもしれない。イダスはハイペースの逃げで自滅した感じはあったものの、それでも過剰人気だった感じが否めない。前走も行った行ったの決着で逃げ切っただけで、重賞の早いペースで逃げ切れる実力があるとも思えない。

7枠12番ショウナンアチーヴ後藤56
1:33.3
5枠9番ショウナンワダチ北村宏56
1:33.3
8枠15番ベルルミエール川島54
1:33.5
3枠5番アルマエルナト藤岡佑56
1:33.8
6枠11番ウインフェニックス石橋56
1:33.9
2枠2番イタリアンネオ田中勝54
1:33.9
6枠10番マイネルディアベル柴田大56
1:34.0
8枠14番カラダレジェンド田辺56
1:34.4
4枠6番キタサンラブコール横山典56
1:34.7
3枠4番イダス戸崎56
1:34.9
5枠8番メイショウコルノ松岡56
1:35.1
4枠7番ケルヴィンサイド藤岡康56
1:35.3
1枠1番パワースラッガー江田照56
1:35.5
7枠13番モリトビャクミ吉田豊56
1:35.7
2枠3番クインズハリジャン藤田56
1:36.7

結果:ワイド1110円的中 +610円


ドンカスターマイルに出走したハナズゴール。鞍上は丸田。
道中最後方待機から直線で外に持ち出して追い込むも6着。
直線の末脚は他の馬にも劣らない脚を見せたが、最後方からではさすがに届かなかった。
posted by ナイト at 17:05| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

桜花賞予想3&大阪ハンブルクC&春雷S&福島民報杯裏予想

情けないが、今回は回収率は考えない。当てることを目指す。
本来ならハープスターからの馬単なのだが、馬連、ワイドを組み合わせて、とにかく桜花賞の連敗記録を止める。
こんな買い方で、2着に無印の馬が来て、3着にフォーエバーモアが来ればかなり残念な結果となるのだが果たして。

1枠1番カウニスクッカ松田55
1枠2番ニシノミチシルベシュタルケ55
2枠3番コーリンベリー藤田55
2枠4番ペイシャフェリス川島55
3枠5番モズハツコイ浜中55
3枠6番レーヴデトワール福永55×
4枠7番ニホンピロアンバー秋山55
4枠8番シャイニーガール55
5枠9番フォーエバーモア蛯名55
5枠10番ヌーヴォレコルト岩田55
6枠11番フクノドリーム横山和55
6枠12番レッドリヴェール戸崎55
7枠13番アドマイヤビジン四位55×
7枠14番マーブルカテドラル田辺55
7枠15番ホウライアキコ和田55
8枠16番リラヴァティ松山55
8枠17番ベルカント武豊55
8枠18番ハープスター川田55

馬連100円 9-18
ワイド各100円 12-18 15-18 13-18 6-18

自信度★★★★☆


裏予想収支:+640円

大阪ハンブルクCに18頭出走。最近は長距離レースいうたらたいてい小頭数になるんやが、ここは数だけは揃った。いうてもこれだけメンバー弱かったらバンデやろ。ハンデも56キロなら手軽や。
他は分からんが、穴を考えるならエックスマークくらいやろか。

◎バンデ 14
▲エックスマーク 10
複勝1000円 14
ワイド200円 10-14


結果:複勝1100円的中 -100円


芝の1200m戦でも、高松宮記念出られんようなレベルのメンバーしか集まらんからどうも物足りん。
プレイズエターナルかサイレントソニックか、荒れた中山強いアフォードかレオンビスティーかっちゅうところか。
実績では断然スギノエンデバーやが58キロなら捨てる。
本命は安定感あるプレイズエターナルや。それほど速い逃げ馬もおらん。ある程度前につけられるこの馬に展開が向くんちゃうか。
対抗に、オーシャンSでは前が詰まって勝負にならんかったレオンビスティー。
サイレントソニックは今の時計のかかる中山が不安ある。ディープインパクトの仔はやっぱり京都みたいな軽い馬場のほうが合うんちゃうか。
アフォードは中山合うんやろけど、最近の中山での2走は差しの決まるような展開で差してきただけやからなんとも言えん。

◎プレイズエターナル 11
○レオンビスティー 14
複勝300円 11
複勝100円 14


結果:複勝450円的中 +50円


オープン特別3つ。福島は福島民報杯。
ペプチドアマゾンの復帰戦いうのは気になるが、さすがにここで狙う気はないわ。
開幕週福島で、ある程度前に行ける馬が怖いとは思うが、ゼロスもサムソンズプライドもどっちも強いと思わへん。開幕週で時計早くなったら終わりちゃうんか。
福島実績でいえば、アロマカフェとケイアイチョウサンの重賞覇者がおるんやが、アロマカフェは切れる脚がないから開幕週いうのが嫌やわ。ケイアイチョウサンは最近はノリが上手いこと乗って掲示板までの馬や。それにどうせ後ろからの馬でこっちも開幕週いうのが不安や。
他に福島記念3着のラブイズブーシェもおるが、あの時はハンデ54キロやったいうのがあるからここは狙いにくい。
結局レッドレイヴンしかおらんのちゃうか。前走は6着いうても勝ち馬と0秒2差やし、そもそもスローペースやのに後ろから行き過ぎたんや。
穴はアクションスターやで。3走前は中日新聞杯勝ったマーティンボロに勝ってるわけやからな。ある程度前に付けたらチャンスありそうや。

◎レッドレイヴン 5
△アクションスター 13
複勝800円 5
ワイド200円 5-13


結果:複勝1040円的中 +40円
posted by ナイト at 22:16| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

阪神牝馬S&ニュージーランドT予想&桜花賞予想2

1400m戦だが、この距離が適していないように思える馬が多くて困る。
実力でいえば、ヴィルシーナやスマートレイアー、ウリウリなのだが、どの馬も距離が短いのではないか。それに京都外回りと違って、坂もあってある程度パワーの要求される阪神1400mというのもポイントで、ディープ産駒が無双できる舞台ではない。さらに、スマートレイアーは後方一気が届くほどハイペースになるとも思えないし、直線の長いコースでいい末脚を長く使うタイプに見え、このコースが合っているように思えない。ヴィルシーナは56キロを背負って他を圧倒できるほど強いとも思えない。
そこで本命はエピセアローム。この距離ならこの馬を狙いたい。
あとは、トーホウアマポーラ、ウイングザムーン、アミカブルナンバーの、このコースに実績があり、さらに1600万を勝ち上がってきた3頭。
あとは押さえにローガンサファイア。この馬の持ち味は直線の末脚で、こちらも展開的に厳しいかとも思ったが、内枠で前走のように中団につけられれば。

1枠1番トーホウアマポーラ岩田54
2枠2番ローガンサファイア北村友54×
3枠3番エピセアローム松山54
4枠4番スマートレイアー武豊54
4枠5番ミナレット和田54
5枠6番ウリウリ福永54
5枠7番ヴィルシーナ内田56
6枠8番ウイングザムーン秋山54
6枠9番サマールナ古川54
7枠10番ローブティサージュシュタルケ54
7枠11番クロフネサプライズ柴山54
8枠12番プリンセスジャック酒井54
8枠13番アミカブルナンバー四位54

ワイド各100円 1-3 3-8 3-6 3-13 2-3
自信度★★☆☆☆


マイネルディアベル、ショウナンアチーヴ、カラダレジェンド、ベルルミエール、ウインフェニックス、アルマエルナト、イタリアンネオ。このあたりから選んでいくことになるだろう。
アルマエルナトは捨てる。ファルコンSは超ハイペースで差し有利の展開。さすがに展開が向いての後方一気だろう。それよりは、厳しい展開で先行して4着に残ったベルルミエールのほうが評価できる。
そのファルコンSから、カラダレジェンドも捨てる。2戦2勝で迎えた前走でそれほど見せ場がなかった。休み明けだったとはいえ物足りず、また今回の8枠というのも狙いにくい。

1枠1番パワースラッガー江田照56
2枠2番イタリアンネオ田中勝54
2枠3番クインズハリジャン藤田56
3枠4番イダス戸崎56
3枠5番アルマエルナト藤岡佑56
4枠6番キタサンラブコール横山典56
4枠7番ケルヴィンサイド藤岡康56
5枠8番メイショウコルノ松岡56
5枠9番ショウナンワダチ北村宏56
6枠10番マイネルディアベル柴田大56
6枠11番ウインフェニックス石橋56
7枠12番ショウナンアチーヴ後藤56
7枠13番モリトビャクミ吉田豊56
8枠14番カラダレジェンド田辺56
8枠15番ベルルミエール川島54

ワイド各100円 10-12 2-12 11-12 12-15 2-10
自信度★☆☆☆☆


阪神JF上位3頭に加えて、ホウライアキコ。展開の厳しかった阪神JFでの敗戦はしょうがない。折り合いさえつけば、3着争いに加わるくらいはやれてもいい。
マーブルカテドラルは阪神JFで上位との力の差を感じたし、ベルカントは距離に不安がある。チューリップ賞2着のヌーヴォレコルトもそれほど強いとは思えない。それなら穴でアドマイヤビジン。外差しの決まる阪神マイルなら、この馬の末脚が活かせるだろう。3走前はヌーヴォレコルトに負けたもののスローの前残りで届かなかっただけ。フィリーズレビューも阪神1400mで大外枠という不利な条件だった。
あとは念のためレーヴデトワールまで考えておきたいというところ。
他のアネモネS組は例年同様レベルが低そうだし、チューリップ賞3着のリラヴァティもそこまで強くないだろう。

1枠1番カウニスクッカ松田55
1枠2番ニシノミチシルベシュタルケ55
2枠3番コーリンベリー藤田55
2枠4番ペイシャフェリス川島55
3枠5番モズハツコイ浜中55
3枠6番レーヴデトワール福永55×
4枠7番ニホンピロアンバー秋山55
4枠8番シャイニーガール55
5枠9番フォーエバーモア蛯名55
5枠10番ヌーヴォレコルト岩田55
6枠11番フクノドリーム横山和55
6枠12番レッドリヴェール戸崎55
7枠13番アドマイヤビジン四位55×
7枠14番マーブルカテドラル田辺55
7枠15番ホウライアキコ和田55
8枠16番リラヴァティ松山55
8枠17番ベルカント武豊55
8枠18番ハープスター川田55
posted by ナイト at 23:16| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

マリーンC結果

当たり前だが、今の日本競馬で、ジャスタウェイやキズナ、ハープスターなんかと比べて、それよりも絶対に揺るがない本命は、牝馬限定ダート重賞のワイルドフラッパーだろう。なぜ単勝が120円もつくのか理解できない。とか言って、次のレースであっさり負けたり、とんでもない新星が現れたりするかもしれないが、今のところ何か大きなアクシデントがない限り、負ける姿が想像できない。
2番人気サウンドリアーナは休養明けでまだ調子が戻らないのか、7着と大敗。こうなると、当然ながらメーデイアの頃から永遠の2番手、アクティビューティが2着に来ることになる。
3着争いは、メーデイアが逃げ粘るところに、最後はカイカヨソウが差し切った。
また、これだけメンバーが落ちると、143戦も出走しているトウホクビジンも5着に来れる。実際の統計は知らないが、地方交流重賞を80戦も走った馬なんて他にいないのではないだろうか。

2枠2番ワイルドフラッパー福永57
1:39.5
8枠11番アクティビューティ吉田隼56
1:40.9
3枠3番カイカヨソウ今野55
1:41.2
6枠6番サマリーズ藤岡佑55
1:41.4
6枠7番トウホクビジン佐藤友55×
1:42.0

結果:三連単2110円的中 +1610円
posted by ナイト at 22:51| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

マリーンC予想&桜花賞予想1

本命はワイルドフラッパー。
対抗にアクティビューティと、復帰2戦目のサウンドリアーナ。
もしかするとサマリーズとトウホクビジン、カイカヨソウ。サウンドリアーナの調子が戻り切っていなければ、3着が荒れるだろう。

1枠1番レオキラメキ江川55
2枠2番ワイルドフラッパー福永57
3枠3番カイカヨソウ今野55
4枠4番エイシンルンディー花本55
5枠5番クロスオーバー小杉51
6枠6番サマリーズ藤岡佑55
6枠7番トウホクビジン佐藤友55×
7枠8番タッチデュール山崎良55
7枠9番サウンドリアーナ武豊55
8枠10番ママキジャ町田55
8枠11番アクティビューティ吉田隼56

三連単各100円 2-11-9 2-9-11 2-11-6 2-11-3 2-11-7
自信度★★★☆☆


このブログでまだ当たりのないG1のうちの一つ。今年こそ、桜花賞を当てる。

◎ハープスター
posted by ナイト at 19:14| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

大阪杯&ダービー卿CT&東京スプリント結果

先行集団をカレンミロティック、トウカイパラダイス、ビートブラックが形成。残る5頭が離れた位置取りで後方からの競馬という展開に。
後方集団ではメイショウマンボの後ろにエピファネイア。さらにその後ろからキズナという位置取りでレースは進む。
10馬身以上は離れていた2つの集団の差が徐々に縮まってから直線に向くも、先頭集団からトウカイパラダイスが抜け出す。後方集団は切れ味勝負となりショウナンマイティやエピファネイアが徐々に前に進出するが、それをあっさりと外から抜き去ったのがキズナ。このメンバー相手に圧巻の切れ味を見せてエピファネイアを交わすと、あとは先に抜け出していたトウカイパラダイスを交わして完勝。オルフェーヴルの後を継ぐのはこの馬という大きな期待を持たせてくれる勝ちっぷりだった。
2着には前で粘ったトウカイパラダイス。去年もこのレースの豪華メンバー相手に4着で、得意のコースなのだろう。
エピファネイアは差し切れず3着。休み明けの分もあるかもしれないが、キズナとの差を見せつけられてしまった。
ショウナンマイティはまだ完調でないのか、昨年のような強烈な末脚が見られず5着止まり。
メイショウマンボは牡馬相手では厳しいことと、良馬場の切れ味勝負ではやはり通用しない。

7枠7番キズナ武豊58
2:00.3
3枠3番トウカイパラダイス柴山56
2:00.5
4枠4番エピファネイア福永58
2:00.6
8枠8番カレンミロティック池添57
2:00.8
2枠2番ショウナンマイティ浜中56
2:01.0
1枠1番フラガラッハ高倉56
2:01.8
5枠5番メイショウマンボ武幸55
2:02.5
6枠6番ビートブラック石橋57
2:03.8

結果:三連複3240円的中 +2840円


見切ったら本当に来るのだから困る。
好スタートで逃げるかと思われたが一度は控えて好位から直線で差し返したのはカレンブラックヒル。ようやくG1馬が復調。安田記念に向けて楽しみになってきた。
2着にはカオスモス。不利な大外枠でもしぶとく粘った。アーリントンCではレッドアリオンに先着していたように、上位陣との大きな実力差はないはずの馬。今後も怖い存在。
最後に外から差してきたインプロヴァイズが3着。中山マイルは3戦して3連対と、このコースは得意なのかもしれない。
エールブリーズも外から差して来て、一度は3番手に来たものの、最後にインプロヴァイズに差されて4着。1400mに実績があったのでマイルは少し長いかと思っていたが問題なかった。
コディーノは好位から進んだが少し折り合いを欠いて伸びきれず5着。
レッドアリオンは調子が悪いというのが影響したのか14着。トリップは逃げ切り態勢だったものの直線で故障したのか最下位になってしまった。

1枠2番カレンブラックヒル秋山57.5
1:34.6
8枠16番カオスモス内田55
1:34.6
5枠9番インプロヴァイズ津村55
1:34.7
8枠15番エールブリーズ戸崎55
1:34.7
3枠5番コディーノ北村宏57
1:34.8

結果:-400円


やはり、ノーザンリバーが外から抜け出し完勝。
それを追うようにセイクリムズンも続くが、ノーザンリバーには届かず2着。
そして注目の3着争いは、直線に向いて一気に抜け出したジェネラルグラントが粘るのかと思われたが、後方追走していたアルゴリズムとアイディンパワーが猛追。先行馬には厳しいペースだったこともあり、この2頭がジェネラルグラントを交わして3、4着に。
中央のセレスハントは、この展開で差して来れないようではさすがに衰えが顕著になって来たか。ティアップワイルドは先行すらせず。こちらはさらにひどい。復活するのかどうか。

7枠13番ノーザンリバー蛯名56
1:10.7
6枠11番セイクリムズン岩田57
1:11.3
1枠2番アルゴリズム森泰 町田56
1:11.8
1枠1番アイディンパワー的場文56
1:11.9
3枠6番ジェネラルグラント石崎駿56×
1:11.9

結果:-500円
posted by ナイト at 16:02| Comment(2) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

大阪杯&ダービー卿CT予想

キズナとエピファネイアの一騎打ち。
メイショウマンボは上の2頭には及ばない。
ショウナンマイティは調子がいま一つらしく、雨も得意とは言えないだろう。
カレンミロティックも雨は苦手。
なら時計のかかる馬場歓迎のトウカイパラダイス。

1枠1番フラガラッハ高倉56
2枠2番ショウナンマイティ浜中56
3枠3番トウカイパラダイス柴山56
4枠4番エピファネイア福永58
5枠5番メイショウマンボ武幸55
6枠6番ビートブラック石橋57
7枠7番キズナ武豊58
8枠8番カレンミロティック池添57

三連複各200円 4-5-7 3-4-7
自信度★★★☆☆


叩き3走目、マウントシャスタに期待したい。重馬場の毎日杯で2着。雨の宝塚記念では荒れた最内に突っ込んであわやの5着。時計のかかる馬場で勝負になるのではないか。
それからニューイヤーSを快勝したレッドアリオンとも思ったが、骨瘤が出たということで脚元に不安が残る。雨も得意なのかどうか怪しい。
そのレッドアリオンにリゲルSで勝ったトリップ。ダート重賞2着の実績もあり、荒れ馬場の中山はもってこいだろう。
ブレイズアトレイルも切れる脚がないタイプなので、荒れ馬場さえこなせればと思ったが、それほど抜けて強い馬とは思えないので中山マイルの外枠は狙いにくい。
あとは実績から、コディーノとダイワファルコンの2頭。どちらもそれなりのハンデなので強くは狙わないが。
カレンブラックヒルは調子が上がってきているらしいが、捨てる。しばらく狙い続けてきておいてここで捨てるとどうせ来るのだろうと思っているが。

1枠1番スプラッシュエンド木幡初也51
1枠2番カレンブラックヒル秋山57.5
2枠3番ネオウィズダム後藤54
2枠4番レッドアリオン蛯名56
3枠5番コディーノ北村宏57
3枠6番ダイワファルコン田辺58
4枠7番プリムラブルガリス四位55
4枠8番インパルスヒーロー田中勝56
5枠9番インプロヴァイズ津村55
5枠10番アユサン丸山55
6枠11番トリップ横山典56
6枠12番レオアクティブ勝浦56
7枠13番マウントシャスタシュタルケ56
7枠14番ブレイズアトレイル藤岡康55
8枠15番エールブリーズ戸崎55
8枠16番カオスモス内田55

ワイド各100円 11-13 5-15 6-13 5-11
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 16:04| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする

コーラルS裏予想

裏予想収支:+40円

裏予想開始からの連勝が止まってからさっぱりあかんわ。収支も今回外したらマイナスやで。
ここはエアハリファやろ。初の1400mやが、マイルでアドマイヤロイヤルに完勝した馬やで。1400でもいけるやろ。斤量も55キロで、ここは来るしかないやろ。
相手はセイカプリコーンでよさそうやけど、それほど強いとも思わんから、相手探しはせずにエアハリファに思い切りプッシュや。

◎エアハリファ 15
複勝3000円 15


結果:複勝3600円的中 +600円
posted by ナイト at 01:16| Comment(0) | 2014年競馬 | 更新情報をチェックする