2014年06月28日

宝塚記念予想3&パラダイスS&大沼S裏予想

良馬場とは言っても、時計はそれほど早くない馬場。これならゴールドシップに出番はあるだろう。
ウインバリアシオンを本命にはしているが、蹄の状態が良くないので調教を万全にこなせていないというのが不安材料。それでもこの安定感なら馬券の軸としては信頼してよさそうか。
あとは、雨次第だが、前残りを警戒したいのはカレンミロティック。金鯱賞を勝ったように、時計のかかる馬場自体は苦手ではない。阪神コースも合うはず。

1枠1番ホッコーブレーヴ戸崎58
2枠2番デニムアンドルビー浜中56
3枠3番ヴィルシーナ福永56
4枠4番ヒットザターゲット武豊58
5枠5番カレンミロティック池添58×
5枠6番ジェンティルドンナ川田56
6枠7番ウインバリアシオン岩田58
6枠8番トーセンジョーダン内田58
7枠9番ヴェルデグリーン田辺58
7枠10番メイショウマンボ武幸56
8枠11番ゴールドシップ横山典58
8枠12番フェイムゲーム北村宏58

三連複各100円 7−10−11 6−7−11 5−7−11 6−7−10 5−7−10 5−6−7
自信度★★☆☆☆


裏予想収支:−3650円

去年はレッドスパーダ、ハナズゴールっちゅうええメンバー揃ったパラダイスSが今年はなんや、このしょうもないメンバーは。
それやったら去年3着のレオアクティブはどうかっちゅうと、今年は調子が悪すぎるし、雨で追い込み決まりにくいやろ。
ある程度前行く馬いうことで考えたら、コウヨウアレス。それと、前走強かったクッカーニャはもしかしたら左回り強いんちゃうか。
このコース得意のマイネルディアベルも気になったんやが、今年の3歳はそんなに強うないんちゃうか。

◎コウヨウアレス 8
○クッカーニャ 7
複勝各500円 8 7

結果:複勝1150円的中 +150円


そろそろクリソライトは復活せえへんのやろか。前走もオープン4着で、2走前も59キロ背負って7着や。ちょっとずつ戻って来とるやろ。ジーワン馬の意地みせてくれへんやろか。

◎クリソライト 9
複勝700円 9


結果:−700円
posted by ナイト at 15:35| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

東京JS予想&宝塚記念予想2

ここではオースミムーンが格上で、そのオースミムーンに勝ったことのあるハードダダンダンが対抗。
押さえにネオレボリューション、チョイワルグランパ、サンレイデューク。
ネオレボリューションは昨年夏に急成長を見せ、重賞でも3着に来た。
チョイワルグランパはそれ以上の急変で、前走7馬身差の快勝と、障害3戦目でようやく慣れてきた印象がある。
そしてサンレイデュークはこの3200m前後の距離が短めの障害レースではなかなかの結果を残している。
他にも、メイショウヨウドウやシャイニーブラックあたりも気にはなったが、メイショウヨウドウは重賞で2着の実績はあるが強い相手と当たっていないし、シャイニーブラックは東京障害重賞コースは2回走ってともに見せ場なしなのが狙いにくい。

◎オースミムーン 11
○ハードダダンダン 14
▲サンレイデューク 13
△チョイワルグランパ 3
×ネオレボリューション 7
ワイド各100円 11−14 11−13 3−11 7−11
自信度★☆☆☆☆


パンパンの良馬場とはならないだろう宝塚記念。
そうなれば、ジェンティルドンナは去年のように失速する可能性は高く、逆にゴールドシップが上位を狙いやすくなるだろう。
あとは、大阪杯以降順調に調子を上げてきたメイショウマンボ。
デニムアンドルビーとホッコーブレーヴが穴人気するだろうが、どちらも雨が降ったとしても内回りコースでは狙いにくい。2頭ともズブいところがある馬なので、内回りでは脚を余しそう。
穴なら、良馬場限定だがカレンミロティックの前残りのほうが狙いたい。

◎ウインバリアシオン 7
○ゴールドシップ 11
▲メイショウマンボ 10
△ジェンティルドンナ 6
×カレンミロティック 5
posted by ナイト at 12:53| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

帝王賞結果

ニホンピロアワーズが逃げてコパノリッキーが2番手。それを見るようにワンダーアキュート、ソリタリーキングと続く展開に。
向こう正面でコパノリッキーが先頭を捕らえると、4コーナーではワンダーアキュートも先頭に並びかけ、3頭が横一列で直線に向かう。
そこから脱落したのはニホンピロアワーズ。前走のアンタレスSが少し衰えを感じる内容だったが、ここではそれ以上の悪い結果となり、直線での全盛期の鋭い脚が見られず、4着に敗れた。
そうなればコパノリッキーとワンダーアキュートの争いかと思われたが、あっさりとワンダーアキュートが抜け出すとコパノリッキーは付いて行けない。終わってみれば2馬身差でワンダーアキュートの快勝。かしわ記念でセイクリムズンにも敗れて3着という物足りない内容だったが、単に距離が短かっただけなのかもしれない。待望のジーワン2勝目を挙げた。
コパノリッキーは距離のせいな、この不良馬場のせいなのか、前走の強さが見られなかった。
3着には、雨が得意なソリタリーキング。去年のJBCクラシックでもワンダーアキュートにハナ差まで迫ったように、やはり雨なら重賞でも十分通用する。予想の段階で、天気のことを完全に忘れていたのが悔やまれる。

1着:ワンダーアキュート ▲
2着:コパノリッキー ◎
3着:ソリタリーキング

4着:ニホンピロアワーズ ○
5着:シビルウォー
結果:−400円
posted by ナイト at 22:42| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

帝王賞予想2&宝塚記念予想1

コパノリッキーは距離が不安かもしれないが、1870mの重賞を勝っており問題ないだろう。
ニホンピロアワーズとワンダーアキュートの衰えが不安だが、枠が悪い分ワンダーアキュートのほうに不安を感じる。そのあたりにムスカテールの割って入る余地があるのではないだろうか。
高齢馬の衰えの心配もあり、三連単にはできない。

◎コパノリッキー 7
○ニホンピロアワーズ 2
▲ワンダーアキュート 10
☆ムスカテール 9
三連複各200円 2−7−10 2−7−9
自信度★★★☆☆


ウインバリアシオンかジェンティルドンナかゴールドシップか。この3頭が候補だろう。
ゴールドシップは雨なら狙ってみたいが、まだわからない。
普通にいけばジェンティルドンナか。ただ、どうしても京都記念の惨敗が頭をよぎるし、直線が短く、東京や京都ほど時計の早くない阪神の馬場は向いているのかどうか。
本命はウインバリアシオン。かなりタフな馬なので阪神の少し時計のかかり、さらに坂のあるコースは向いているだろう。直線が短いことは不安だが、有馬記念で2着の実力があるように、ここでも力は劣らない。

◎ウインバリアシオン
posted by ナイト at 12:55| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

帝王賞予想1

ニホンピロアワーズ、ワンダーキュート、コパノリッキー。3頭の勝負だろう。
もし割って入ることがあるなら、川崎記念でホッコータルマエを追い詰めたムスカテール。

◎コパノリッキー 7
○ニホンピロアワーズ 2
▲ワンダーアキュート 10
☆ムスカテール 9
posted by ナイト at 16:00| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

ユニコーンS&函館SS結果

アジアエクスプレスが全く伸びず。断然の1番人気ながらも全く手ごたえ無く直線で後退し1着。
レースのほうは、逃げたコーリンベリーが直線で抜け出して後続を振り払おうとするところに、好位からレッドアルヴィスが伸びてきて差し切った。
コーリンベリーは距離が心配だったが、前走も強い競馬をしていたことからこの世代ではまずまず上位の力を持っていると見ていいだろう。
3着には出遅れたバンズーム。4着には最後方から追い込んだアンズチャン。

1着:レッドアルヴィス △
2着:コーリンベリー
3着:バンズーム

4着:アンズチャン △
5着:ニシケンモノノフ
結果:−500円


フォーエバーマークが逃げて粘るかと思われたが、直線で粘り切れず。その外に並びかけて行ったアースソニックもなかなか伸びきれない。
すると、その後ろにいたスマートオリオンとストレイトガールが思いっきり前が詰まる形に。
結局、人気馬は全滅。外の差し馬で勝負が決まる結果となった。
勝ったのは出遅れながらも馬群をさばいて差して来たガルボ。夏に弱いと言われていたが、今の北海道ならまだそれほど暑くなっていなかった。1200mで重賞4勝目を決めた。
2着にはローブティサージュ。この距離が不安だったが後ろから追い込んで2着。G1馬の完全復活か。
3着はクリスマス。オークスから函館SSという異例のローテーションだった気もするが、50キロの斤量も生きたか、最後は後ろから突っ込んできた。
フォーエバーマークは粘り切れず5着。
前が詰まったスマートオリオンは9着、ストレイトガールは11着。

1着:ガルボ ▲
2着:ローブティサージュ
3着:クリスマス

4着:セイコーライコウ
5着:フォーエバーマーク ○
結果:−300円
posted by ナイト at 15:55| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

ユニコーンS&函館SS予想&米子S裏予想

アジアエクスプレスの相手が分からない。
鳳雛S3着のバンズームは前走が追い込み届かずの内容だった。スローの瞬発力勝負のレースとなったが最後のスピードに欠けた印象で、距離短縮に不安がある。
それなら10着だったがメイショウイチオシ。2歳の時にはレコード勝ちを含む2連勝を、時計の早い京都で飾ったように、スピードが必要なコースのほうがいいかもしれない。前走は直線で不利、2走前はハイペースの逃げで潰れただけ。
その2走前に同じように逃げて潰れているメイショウパワーズも狙う。
メイショウパワーズに前走負けているコーリンベリーは、東京1600mというのは不安。サウスヴィグラス産駒で距離延長、しかも直線の長い東京というのはなかなか狙いにくい。
それから青竜S3着のペアン。
そしてかなり切れる末脚を持っているアンズチャン。
あとは前走古馬と走って4着のレッドアルヴィス。先行馬総崩れのレースで4着に粘ったことは評価できる。

◎アジアエクスプレス 2
△ペアン 7
△メイショウパワーズ 9
△アンズチャン 12
△レッドアルヴィス 11
△メイショウイチオシ 1
ワイド各100円 2−7 2−9 2−12 2−11 1−2
自信度★★☆☆☆


ストレイトガールが頭でフォーエバーマーク、スマートオリオンの2頭が相手で決まりに見えるレース。
こういうわけのわからない時に突っ込んでくるのがガルボではないだろうか。58キロで厳しそうに見えながらも、暑い季節が苦手なこの馬が涼しい北海道に遠征。高松宮記念で1200mに手ごたえを感じてここを狙ってきたという感じがする。
クリスマス、ローブティサージュあたりは怖いものの、前者は厩舎が変わってオークスを使ってようやく1200mに戻ってくるなど迷走しすぎ。ローブティサージュは函館で1回勝っているといっても1800m。1200mがベストとは思えない。
セイコーライコウは実力不足に見えるし、レオンビスティーは洋芝は得意そうだがこちらも実力不足か。

◎ストレイトガール 2
○フォーエバーマーク 6
▲ガルボ 3
△スマートオリオン 5
ワイド各100円 2−3 3−6 3−5
自信度★★☆☆☆


サンレイレーザーがようやく復活して来たわ。去年のマイラーズC2着馬やで。こんなとこ楽勝してもらわなあかん。
穴ならブレイズアトレイルやな。京都金杯4着馬や。

◎サンレイレーザー 9
▲ブレイズアトレイル 12
複勝500円 9
ワイド200円 9−12


結果:複勝750円 ワイド1020円的中 +1070円
posted by ナイト at 21:47| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

天保山S裏予想

裏予想収支:−4620円

ウォータールルドで鉄板や。他は弱いで。
相手で狙いたいのはキズマやな。このコース3勝で相性ええコースや。

◎ウォータールルド 8
○キズマ 2
複勝2000円 8
ワイド500円 2−8


結果:複勝2400円的中 −100円
posted by ナイト at 12:36| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

マーメイドS&エプソムC結果

力の差で外から差し切ったディアデラマドレ。期待の良血馬がようやく本格化してきたか。今後も期待したい1頭。
2着には50キロの軽ハンデを活かして先行して粘ったコスモバルハラ。
56キロのトップハンデで3着ならフーラブライドも上出来だろう。
アイスフォーリスは妙に人気していたが4着。52キロのハンデで最後に外から56キロのフーラブライドに交わされるようでは力の差としか思えない。

1着:ディアデラマドレ ○
2着:コスモバルハラ
3着:フーラブライド  ◎

4着:アイスフォーリス
5着:サンシャイン
結果:ワイド各380円的中 −20円


マジェスティハーツがノリという時点で、後方ポツンは予想していたが、馬場の荒れている内に突っ込むまさかの騎乗で追い込み届かず6着。結局、上位勢が全部外に持ち出している馬だったので、完全に今回はミスだろう。ダービーの時とは馬場状態が違い過ぎた。
勝ったのはディサイファ。四位が期待して乗り続けていた馬がようやく重賞勝利。外に持ち出して差し切った。
2着にはマイネルラクリマが粘った。東京の荒れてきた馬場では先行策は厳しいかと思ったが、ペースもかなり落ち着いたし、直線で馬場のいい外に持ち出せた。これならこの馬の実力なら勝負になる。
3着はまさかのダークシャドウ。59キロを背負っての3着は、まだ終わっていなかったと思わせる走りだった。
逆にペルーサは15着でもう終わったとしか思えない。
あとは、メンバー最速の末脚をここまで連発していたゴールデンナンバーが今日は珍しく不発だった。

1着:ディサイファ △
2着:マイネルラクリマ
3着:ダークシャドウ

4着:タマモベストプレイ
5着:ダノンヨーヨー
結果:−500円
posted by ナイト at 18:59| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーメイドS&エプソムC予想

このレースもそろそろ不要な重賞候補に入れてもよさそうか。
フーラブライド、ディアデラマドレ、シャトーブランシュと、あとは内枠の先行馬ウエスタンレベッカ。2000mなら大崩れしていない安定感を買う。

◎フーラブライド  9
○ディアデラマドレ 13
▲シャトーブランシュ 12
△ウエスタンレベッカ 1
ワイド各100円 1−9 1−13 1−12 9−13


マジェスティハーツの力が上だろう。ディサイファは最内枠が狙いにくい。先週の雨で荒れているはず。
対抗はゴールデンナンバー。強烈な末脚が、馬場の荒れてきた東京で決まるかどうか。
似た理由でカルドブレッサ。
あとは、前走休み明け初戦でいきなり結果を残したシルクアーネスト。
タマモベストプレイ、マイネルラクリマは東京で粘れるほどの強い馬ではないと思っている。

◎マジェスティハーツ 13
○ゴールデンナンバー 7
▲カルドブレッサ 17
△シルクアーネスト 14
△ディサイファ 1
ワイド各100円 7−13 13−17 13−14 1−13 7−17
posted by ナイト at 03:06| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

アハルテケS裏予想

裏予想収支:−4820円

ベストウォーリアで固い。
相手はアドマイヤロイヤルやろか。ただ、逃げ馬おらんから前残りなるかもしれん。追い込みのこの馬にはきつい展開なるんちゃうか。
それならエアハリファや。去年このコースでアドマイヤロイヤルに勝っとる。今年もオープン勝って、力はあるし、ハンデ0.5キロ軽いのもええわ。
あとは前行きそうなサトノプライマシー。前走の勝ちタイム優秀や。叩き2走目で上積みあれば来るかもしれん。

◎ベストウォーリア 10
○エアハリファ 4
△サトノプライマシー 9
ワイド1000円 4−10
ワイド500円 9−10


結果:ワイド1700円的中 +200円
posted by ナイト at 18:20| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関東オークス&北海道スプリントC結果

逃げたエスメラルディーナが4コーナーから一気に直線で突き放す快勝。スローペースかつ不良馬場の先行馬有利の流れとはいえども、逃げて7馬身差の圧勝。ここでは力が違ったか。
2着には好位から抜けてきたトーコーニーケ。地方馬で2着に来たとなれば上出来だろう。
3着には道中は中団で伸びあぐねていたアムールブリエ。なんとか最後は直線で外に持ち出すとようやく末脚を発揮して3着に。
中団にいたディルガは4着止まり。

1着:エスメラルディーナ ○
2着:トーコーニーケ △
3着:アムールブリエ ◎

4着:ディルガ △
5着:クライリング
結果:三連複1070円的中 +670円


不良馬場の影響なのか、このメンバー相手にセイクリムズンが直線で全く伸びない。
直線で外から伸びてきたのはアドマイヤサガス、スノードラゴン、セレスハントの残る中央勢。
結局この3頭で決着。勝ったのはアドマイヤサガス。1400mがベストの馬だと思っていたが、1200mのここで重賞初勝利。東京盃も昨年3着だったので、もしかすると地方は得意なのか。
2着にスノードラゴン。地方でも後方待機の競馬は変わらず、末脚を発揮したが、この不良馬場では前も止まらなかった。
3着セレスハントは得意の門別コースで1年ぶりに馬券圏内に来た。

1着:アドマイヤサガス △
2着:スノードラゴン ○
3着:セレスハント ×

4着:アウヤンテプイ
5着:セイクリムズン ◎
結果:−400円
posted by ナイト at 00:01| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

関東オークス&北海道スプリントC予想

ダート実績を考えると、エスメラルディーナとアムールブリエの2頭が軸でいいだろう。
ローブデソワは距離延長が不安だし、ディルガは芝でしか勝っていない。
それなら園田のトーコーニーケ。ここまで3連勝。南関東や中央馬相手で通用するかわからないが、この勢いを買う。
あとは東京プリンセス賞組で最先着のイエスアイキャン。

◎アムールブリエ 7
○エスメラルディーナ 2
△トーコーニーケ 6
△ディルガ 11
△イエスアイキャン 12
△ローブデソワ 9
三連複各100円 2−6−7 2−11−7 2−7−12 2−7−9
自信度★★☆☆☆


セイクリムズンとスノードラゴンの2頭軸。
相手はセレスハントはもう厳しいか。ただこのレースを連覇しているようにコース相性がいいので押さえまで。
相手筆頭はアルゴリズム。障害をはさんで地方に移籍後、東京スプリント3着、その後オープンを楽勝と、地方適性があったようで、この調子ならここでも馬券圏内は狙える。
あとは中央から、1200mは不安があるがアドマイヤサガス。

◎セイクリムズン 1
○スノードラゴン 7
▲アルゴリズム 5
△アドマイヤサガス 14
×セレスハント 2
三連複各100円 1−5−7 1−7−14 1−2−7 1−5−14
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 22:51| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

安田記念&鳴尾記念結果

4コーナーでも後方。直線でも馬群に包まれるという、柴田善臣ならではの騎乗を思う存分見せつけながらも、そこからゴール前まで末脚を伸ばし続け、最後はゴール前でハナ差の勝利を決めたジャスタウェイ。結局、ジャスタウェイは雨でも強かった。
2着にはグランプリボス。エイシンフラッシュの有馬記念で見たような、直線で抜群の手ごたえから一気に突き抜け、鞍上三浦悲願のG1制覇かと思われたが、最後の最後にジャスタウェイに差されてしまった。重馬場は苦手だと思っていたがそんなことはなかった。今まで走らなかったのは、単純にこの馬が機分野だからということだったのか。
3着はショウナンマイティ。後方から今年も自慢の末脚を発揮したが、この馬場状態では3着が限界だったか。
ダノンシャークが好位から粘って4着、ワールドエースも中団から伸びて5着と、思っていたよりは重馬場の適正を見せたが、どちらもやはり良馬場のほうがさらにいい結果になっていたのではないだろうか。
ミッキーアイルは16着。こちらは予想に反して雨が全くダメだったか。
カレンブラックヒルやグランデッツァは内枠の影響か、9着と11着だった。

1着:ジャスタウェイ ◎
2着:グランプリボス
3着:ショウナンマイティ △

4着:ダノンシャーク
5着:ワールドエース
結果:ワイド1070円的中 +570円


ラスト5ハロンが全て11秒台というロングスパートが要求される先行馬には厳しい展開で、まさかの逃げに出たトゥザグローリーは最下位。2番手のトウカイパラダイスも直線途中で失速して9着。
カレンミロティックも好位から最後までしぶとく伸びたが4着。
これを外から差し切ったのはエアソミュール。いつも通り折り合いを欠きながらの競馬にもかかわらず、最後のペースアップが味方したか、見事に差し切りで重賞勝ちを決めた。
2着にはアドマイヤタイシ。休み明け前は重賞5戦連続2着を記録した馬が、復帰後2戦目でまたしても2着をキープ。
3着にはフラガラッハ。開幕週で追い込み馬には厳しいかと思っていたが、後方の内枠でしっかり脚を溜め、最後に一気に追い込んできた。
人気のトーセンジョーダンもいいところなく8着。この馬もトゥザグローリーと同じようにもう終わってしまうのか。

1着:エアソミュール
2着:アドマイヤタイシ
3着:フラガラッハ

4着:カレンミロティック ○
5着:シゲルササグリ
結果:−500円
posted by ナイト at 16:26| Comment(2) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

安田記念予想3

思っていたより雨が強く、土日で馬場が荒れるのではないだろうか。最内枠のグランデッツァは思い切って捨てる。重馬場のスプリングSや、稍重の札幌2歳Sを勝ってはいるが、どちらも馬場のいい外を回しての勝利だった。この枠で包まれてしまえば終わりだろう。
入れ替えで狙いたいのがグロリアスデイズ。雨でもしかすると一発があるならこの無警戒の外国馬ではないだろうか。

◎ジャスタウェイ 10
○フィエロ 13
▲グロリアスデイズ 6
△ショウナンマイティ 11
△カレンブラックヒル 3
△ミッキーアイル 8
ワイド各100円 10−13 6−10 10−11 3−10 8−10
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 16:29| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

鳴尾記念予想&安田記念予想2

開幕週阪神内回りなら狙いは内の先行馬。
本命はトーセンジョーダン。JC3着の力がまだあるなら、このメンバーなら十分に狙える。
対抗にカレンミロティック。雨に弱いので不安だったがおそらく良馬場だろう。
逆に雨で多少時計がかかるようなら大阪杯同様にトウカイパラダイスだが、晴れなら少し割り引き。
むしろトゥザグローリーやエアソミュールあたりのほうが怪しい。ただ、エアソミュールは重賞で通用するか不安だし、枠も外なのが狙いにくい。
あとは単騎逃げもありえるメイショウナルトか。夏に強い馬なのでそろそろ復活があってもいい。

◎トーセンジョーダン 1
○カレンミロティック 3
▲トゥザグローリー 4
△メイショウナルト 12
△トウカイパラダイス 9
ワイド各100円 1−3 1−4 1−12 1−9 3−12
自信度★☆☆☆☆


雨でもジャスタウェイは強いはず。
マイラーズC組からは雨ならフィエロ。ワールドエースも走らなくはないだろうが、ベストは良馬場のスピード勝負だろう。それに大外枠を引いたことも狙いにくくなった。
前走日本レコードで圧勝したグランデッツァも雨は走りそう。
他に、雨の前残りを警戒してミッキーアイルとカレンブラックヒル。
トーセンラーやダノンシャーク、クラレントあたりは雨に強くはないはず。強いて狙うならダノンシャークだが、阪急杯以来のローテーションも気に入らない。
あと迷っているのはショウナンマイティ。間違いなく実力はジャスタウェイの次だとは思うが、調子が昨年には及ばないということで、果たしてどこまでやれるのか。
枠がいいのはエキストラエンドだが、こちらは実力不足ではないだろうか。

◎ジャスタウェイ 10
○グランデッツァ 1
▲フィエロ 13
△ショウナンマイティ 11
△カレンブラックヒル 3
△ミッキーアイル 8
posted by ナイト at 18:17| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

安田記念予想1

ジャスタウェイの不安材料は枠順くらいか。今の内枠前残りの東京で外を引いたら追い込みが届かない可能性は十分にある。とりあえず枠が出る前の今の段階では、本命はジャスタウェイにする。

◎ジャスタウェイ
posted by ナイト at 22:18| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

ダービー&目黒記念&京都HJ&さきたま杯結果

好位から進んだワンアンドオンリーとイスラボニータ。実力馬2頭の叩き合いを制したのは横山典弘ワンアンドオンリー。
トゥザワールドは、レース前からなぜか今回は待機策と言っており、結局スローの前残りの流れで届かず5着。
3着には内の伸びる馬場を活かして、全く外に持ち出す気配を見せず松岡が見事に内ラチ沿いを抜けてきた。
そして4着にはこちらも菱田が好判断の先行策、タガノグランパ。
同じようにスロー、内が伸びる馬場を見て先行したのだろう武豊とトーセンスターダムは直線で手ごたえよく先頭に立っていたが、途中で馬が内にヨレてラチにぶつかり失速。上位争いできるであろう勢いだっただけにもったいない結果となった。

1着:ワンアンドオンリー ○
2着:イスラボニータ ◎
3着:マイネルフロスト ×

4着:タガノグランパ
5着:トゥザワールド △
結果:三連複27470円的中 +26870円


ダービーと比べて早いペースとなった目黒記念は、先行したラブリーデイが直線で先頭に立つも、最後に一斉に差し馬がやって来た。
一気に突っ込んできた4頭の差し比べを制したのは外のマイネルメダリスト。前走もマジェスティハーツら相手にタイム差なしの4着だったように、ここにきて力をつけて来ていたのだろう。
2着はラブイズブーシェ。有馬記念4着馬だったこともあるし、このくらいの距離が合っているのかもしれない。
3、4着にはプロモントーリオとアウォーディー。軽ハンデが活きたか。
ラブリーデイは最後に止まってしまい5着。川田はスローペースのダービーで中団から、ハイペースの目黒記念で先行と、明らかに今日はリズムが悪かった。

1着:マイネルメダリスト △
2着:ラブイズブーシェ
3着:プロモントーリオ △

4着:アウォーディー △
5着:ラブリーデイ ◎
結果:−400円


大本命ケイアイドウソジンがまさかの落馬で波乱となったこのレース。
勝ったのは楽々と逃げ切り勝ちを決めたルールプロスパー。前走は休み明け初戦で大敗していたが、叩き2走目できっちり持ち直してきた。休養前は重賞でも通用する実力のあった馬だけに、これだけメンバーが弱ければ楽勝してもおかしくない。
2着はメイショウヨウドウ。このメンバーなら力は上だったが、重賞を勝ちきるまでの力にはなかったか。
人気のアシュヴィンも謎の大敗で、そうなってしまうとあとは実力のない馬ばかり。
3着はトウシンボルト。

1着:ルールプロスパー
2着:メイショウヨウドウ ○
3着:トウシンボルト

4着:オンワードデューク
5着:ドリームセーリング
結果:−300円


ノーザンリバーが実力通り勝つには勝ったが、最後に外からギリギリ差し切る危ない競馬。
抜群の手ごたえで4コーナーからまくっていってそのまま2着に粘ったのは、トキノエクセレント。地方移籍後2戦目だが、4コーナーの抜群の手ごたえを見ると、地方の砂がかなり合っているのかもしれない。
3着にはセイクリムズン。
ゴールスキーは4着。この馬は中央のダートのほうが合っていそう。
そしてダノンカモンも、地方の成績はあまりよくない。ただそれにしても今回の9着は負け過ぎ。

1着:ノーザンリバー ◎
2着:トキノエクセレント
3着:セイクリムズン ▲

4着:ゴールスキー ○
5着:ナイキマドリード
結果:−500円
posted by ナイト at 22:27| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする