2014年08月31日

新潟2歳S&キーンランドC&新潟JS結果

カシノハリウッドとワキノヒビキが先行して内ラチ沿いで抜け出して行き、まさかの展開かと思ったが、今の新潟はやはり外差し有利。そこまでペースが早かったわけではないが、結局は外差し決着となった。
内枠から外に持ち出したニシノラッシュが外から伸びて来るが、さらにその後ろからはミュゼスルタンが追い込んで先頭に立つ。そこに大外から襲い掛かったのは人気のアヴニールマルシェ。後方で脚を溜め、直線でも鞍上北村宏がなかなかスペースを確保できず、追い出しが遅れた印象があったが、そこから一気の追い込みで最後は2頭の争い。
これを制したのはミュゼスルタン。アヴニールマルシェはハナ差届かず2着。
また、人気のナヴィオンは離れた最後方から大外を回したが全く届かず6着。こういうレースを見ると、やはり鞍上的場ではどうしようもないように思える。
ニシノラッシュは福島1200m勝ちということで軽視していたが、新馬戦を楽勝していただけあってそれなりの力を持っていたようだ。

1着:ミュゼスルタン ○
2着:アヴニールマルシェ ◎
3着:ニシノラッシュ

4着:コメート
5着:ブリクスト
結果:ワイド380円的中 +80円


マジンプロスパーが直線で粘るところに、直線で外からスマートオリオンが並びかけて抜け出すのかと思われたが、スマートオリオンが全く伸びず、マジンプロスパーがしぶとく粘る形に。
しかし、その後方からブランダムールとレッドオーヴァルが追い上げると、外から伸びて来る。
だが、道中内で脚を溜め、大外から伸びて来る2頭の内の空いたスペースから抜け出してきたのはローブティサージュ。外から追い込んできていた2頭に並びかけられたあたりから、2頭を上回る末脚を発揮。阪神JF以来の重賞制覇となった。
2着はレッドオーヴァル。
3着はしぶとく粘ったマジンプロスパー。
洋芝巧者ブランダムールは4着止まり。
スマートオリオンは結局直線で全く伸びず7着だった。

1着:ローブティサージュ
2着:レッドオーヴァル ▲
3着:マジンプロスパー △

4着:ブランダムール ○
5着:エイシンブルズアイ
結果:−500円


エーシンホワイティの障害3連勝。スタートは押さえたが途中から逃げていくと、競りかけてきたホッコーゼニトを直線で突き放し、最後は10馬身差の楽勝。久々に障害のスターが現れたか。この先に注目したい。
2着はヤマカツハクリュウ。
ホッコーゼニトは道中エーシンホワイティに付いて行ったが最後に失速。
メイショウヨウドウは新潟の高速馬場が厳しかったのか4着。
ネオレボルーションは内に閉じ込められ位置取りを悪くして力を出し切れなかったか、8着だった。

1着:エーシンホワイティ △
2着:ヤマカツハクリュウ △
3着:ホッコーゼニト

4着:メイショウヨウドウ ○
5着:メジロサンノウ
結果:−400円
posted by ナイト at 16:15| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

新潟2歳S&キーンランドC予想&小倉日経OP&朱鷺S裏予想

まあ、それなりの新馬か未勝利戦を勝っている馬を選べばいいだろう。
判断が微妙なところは、中京1400m勝ちのブリクストだが、チチカステナンゴ産駒なら新潟より時計のかかる中京向きとみて捨てる。
中京マイル勝ちのヒルノマレットもスローの前残りだったので狙いにくい。
よくわからないのは中京2歳S3着のテイケイラピッドだが、父スニッツェルがオーストラリアの短距離で強かったらしく、マイルは長いのではないだろうか。
ということで、新潟マイル勝ちのミュゼスルタンとナヴィオン、東京1800m勝ちのアヴニールマルシェ、ダリア賞勝ちのワキノヒビキ。
本命は藤沢調教師がイレ込んでいるアヴニールマルシェ。最近の藤沢厩舎に大きな期待はできないが、ディープ産駒で新潟なら逆らえない。

◎アヴニールマルシェ 7
○ミュゼスルタン 4
▲ワキノヒビキ 15
△ナヴィオン 17
ワイド各100円 4−7 7−15 7−17
自信度★☆☆☆☆


洋芝札幌ならスマートオリオン、スノードラゴンに、洋芝巧者ブランダムールが怖い。
前走札幌で快勝だったレッドオーヴァルも警戒したい。
あとはイマイチ走る時が分からないマジンプロスパー。
フクノドリームはアイビスSDで2着だがメンバーが弱かったし、ローブティサージュは函館SSで
2着だが追い込み決着でクリスマスと好勝負だったのは物足りない。

◎スマートオリオン 3
○ブランダムール 10
▲レッドオーヴァル 15
△スノードラゴン 12
△マジンプロスパー 14
ワイド各100円 3−10 3−15 3−12 3−14 10−15
自信度★★☆☆☆


夏馬シゲルササグリで勝負や。函館で2走してさらに小倉遠征いうのは嫌やが、鳴尾記念以降の調子の良さを買うわ。

◎シゲルササグリ 4
複勝500円 4


結果:−500円


新潟1400ならそこまで極端な追い込み決着にはならんか。速い逃げ馬もおらんし、そこそこの位置に付けられる馬を狙うわ。
本命はアミカブルナンバー。東京1400強い馬や。新潟1400もなんとかなるんちゃうか。
オリービンはそれなりに人気しそうやが坂のある阪神中京向きやろ。

◎アミカブルナンバー 12
複勝1000円 12


結果:−1000円
posted by ナイト at 22:15| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟JS予想&BSN賞裏予想

メイショウヨウドウが本格化したか。この馬が軸でいいだろうか。
しかし本命は前走メイショウヨウドウに負けたネオレボルーション。メイショウヨウドウはそれほど早い時計で好走したことがないのに対し、ネオレボルーションは新潟で1ハロン平均13.0秒で2回走っている。時計の早い新潟ならこちらに分があると見た。
同じ理由で、エーシンホワイティとヤマカツハクリュウの平地の実力馬はどちらも警戒したい。新潟コースならある程度平地のスピードが要求されるだろう。
障害オープン連勝のメジロサンノウは、福島のレベルの低いオープンを、軽量騎手で連勝したという印象で、それほど強くないだろう。
去年の覇者アサティスボーイは10か月ぶりでは狙いにくい。
シゲルキョクチョウは、障害で掲示板を外したのが3900m超の2戦だけと考えると、今回はまだ捨てきれない。

◎ネオレボルーション 1
○メイショウヨウドウ 11
▲シゲルキョクチョウ 2
△ヤマカツハクリュウ 10
△エーシンホワイティ 12
ワイド各100円 1−11 1−2 1−10 1−12
自信度★★☆☆☆


裏予想収支:−6600円

ここならインカンテーションは負けられへん。ヴォーグトルネードも強いが新潟で追い込み馬は狙えんわ。

◎インカンテーション 5
○タイムズアロー 9
▲タイセイスティング 4
ワイド各500円 5−9 4−5

結果:−1000円
posted by ナイト at 03:28| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

札幌記念&北九州記念結果

最後方のゴールドシップと、後方2番手のハープスターの争い。3コーナーから動いて行って、直線入り口では2頭で先頭に並びかけ、直線の叩き合いに。
結局、先に抜け出したハープスターがそのまま押し切った。小回りコース、5キロの斤量差も味方したか。
2着にはゴールドシップ。
3着には外から追い込んだホエールキャプチャ。
先行したトウケイヘイローやロゴタイプは直線で失速。後ろが早めに動いたこともあり、ハイペースの逃げで先行馬には厳しい展開だったか。

5枠8番ハープスター川田52
1:59.1
4枠5番ゴールドシップ横山典57
1:59.2
6枠10番ホエールキャプチャ蛯名57
2:00.0
7枠11番ラブイズブーシェ古川57
2:00.1
5枠7番エアソミュール戸崎57
2:00.1
3枠3番タマモベストプレイ和田57
2:00.3
2枠2番トウカイパラダイス柴山57
2:00.5
1枠1番ロゴタイプ村田57
2:00.7
8枠14番ナカヤマナイト柴田善57
2:00.9
8枠13番スーパームーンローウィラー57
2:01.1
4枠6番トウケイヘイロー四位57
2:01.7
3枠4番ムーンリットレイク菱田57
2:02.0
7枠12番ルルーシュ横山典57
2:02.9
6枠9番アドマイヤフライト藤岡康57
2:03.0

結果:−500円


例年の小倉に比べて、雨が多かった影響もあるのか、外が伸びない馬場になっており、結局内の先行馬で決まるレースとなってしまった。
逃げるアンバルブライベンがまさかの粘りを見せるところに、2番手にいたメイショウイザヨイが外から並びかけ先頭に立つが、さらにそこに襲い掛かった最内のリトルゲルダが交わして勝利した。
2着にはメイショウイザヨイ。3着には外から伸びてきたカイシュウコロンボという大波乱となった。
結局、前に行かないと勝負にならなった馬場状態ながら、今日は控えたエピセアロームやベルカントに出番はなし。

1着:リトルゲルダ
2着:メイショウイザヨイ
3着:カイシュウコロンボ

4着:アンバルブライベン
5着:バーバラ
結果:−600円
posted by ナイト at 15:52| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

札幌記念&北九州記念予想&NST賞裏予想

結局4強。ハープスター、ゴールドシップ、トウケイヘイロー、ロゴタイプ。
エアソミュール、ナカヤマナイト、ラブイズブーシェ、タマモベストプレイなどが穴候補と思っているが、この4頭に先着できるほどの馬とは思えない。
ただ、ヤマニンキングリーですらブエナビスタに勝てるレースなのだから、何があってもしょうがないとは思うが。
本命はゴールドシップ。札幌の時計のかかる馬場なら。

1枠1番ロゴタイプ村田57
2枠2番トウカイパラダイス柴山57
3枠3番タマモベストプレイ和田57
3枠4番ムーンリットレイク菱田57
4枠5番ゴールドシップ横山典57
4枠6番トウケイヘイロー四位57
5枠7番エアソミュール戸崎57
5枠8番ハープスター川田52
6枠9番アドマイヤフライト藤岡康57
6枠10番ホエールキャプチャ蛯名57
7枠11番ラブイズブーシェ古川57
7枠12番ルルーシュ横山典57
8枠13番スーパームーンローウィラー57
8枠14番ナカヤマナイト柴田善57

三連複各200円 1−5−8 5−6−8
三連複100円 1−6−8

自信度★★★☆☆


CBC賞では内枠を引いて敗れたルナフォンターナ。それまでの3連勝の内容から考えると、軽い芝の小倉なら巻き返しを期待したい。
ただ、本命はニンジャ。小倉コースの相性の良さを信じる。
対抗は思い切ってリアルヴィーナス。
3番手はさらに思い切ったブルーデジャブ。
それからスギノエンデバー。
この予想を見ればわかるように、明らかに狙いは外差し。毎年大外一気が決まるこのレース。今年もアンバルブライベン、ベルカント、アイラブリリと、前に行く馬が揃ってハイペースは間違いない。
エピセアロームも前だし、人気はしそうだが捨てる。
バーバラやメイショウスザンナもある程度前だろう。
ポアゾンブラック、ワキノブレイブあたりは小倉の軽い芝よりは、もう少し時計のかかる馬場が合っている。
警戒するならリトルゲルダも考えたが最内枠なので捨てる。

◎ニンジャ 15
○リアルヴィーナス 12
▲ブルーデジャブ 6
△ルナフォンターナ 2
×スギノエンデバー 16
ワイド各100円 12−15 6−15 2−15 15−16 6−12 2−12
自信度★★★☆☆


裏予想収支:−6100円

新潟1200ダートで相性ええ、トーホウチェイサーとかフィールドシャインはさすがに衰えてるやろ。それやったら新潟ダートの鉄則、先行馬狙いや。
去年このレース4着のダッシャーワンが最近の調子はええが、この馬、成績ええのが中山と阪神ばっかや。坂のあるコースのほうが強いんちゃうか。
それやったら穴でケビンドゥ。このコースは未勝利以来やが、その時に7馬身差の楽勝や。休み明けやし狙いにくいが、他も弱いからおもろいんちゃうか。
実績ならキズマやが1200mはどうやろか。

◎ケビンドゥ 15
複勝500円 15


結果:−500円
posted by ナイト at 16:23| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

関屋記念&サマーチャンピオン結果

重か不良馬場想定の予想だったが、稍重、勝ちタイムも1分32秒台というほどに馬場が回復しており、見当違いの予想になってしまった。
こうなるとクラレントの出番。平坦で直線の長いコースで時計の早い芝。それほどペースも早くならず好位からの差しが決まる展開。絶好のチャンスをきっちりとものにして、重賞5勝目を挙げた。
2着はダノンシャーク。マイル重賞常連の2頭だが、今回は斤量差が響いたか。
3着サトノギャラントも雨なら厳しかっただろうが、この馬場なら十分末脚を発揮できた。
人気どころではマジェスティハーツがまさかの大敗、12着。中京記念は時計のかかる馬場だったが、今回のようなマイルの早い決着は少し忙しかったのかもしれない。1800mか2000mあたりがベストなのではないだろうか。
エキストラエンドはスタートで大出遅れで勝負にならず。
気になったのは4着のエクセラントカーヴ。去年京成杯AHを勝っているように実力は十分。ようやく調子が戻ってきたか。

1着:クラレント
2着:ダノンシャーク ◎
3着:サトノギャラント

4着:エクセラントカーヴ
5着:ブレイズアトレイル
結果:−400円


不良馬場も味方したか、楽々と逃げ切り勝ちを決めたのはエーシンビートロン。8歳にして初重賞挑戦で初重賞制覇となった。
この馬が勝ったことによって、あの伝説の新馬戦にさらなる記録が加わった。1着アンライバルド、2着リーチザクラウン、3着ブエナビスタ、4着スリーロールスという、懐かしの2008年の伝説の新馬戦。この新馬戦の5着馬がエーシンビートロン。1着から5着まで全馬が重賞勝ち馬となった。
それに、日曜小倉で3連勝を挙げた武幸四郎の確変が止まらない。約6年半ぶりの交流重賞勝利となった。
2着にはかきつばた記念を勝ったタガノジンガロが外から差し切るかと思われたが、その内をすくったピッチシフター。かきつばた記念では4着に敗れていたが、今回はタガノジンガロが斤量2キロプラスだったことも味方したか、2着争いをハナ差だけ制した、
3着にタガノジンガロ。
ガンジスは4着。やはり左回りのほうがいいだろうし、57キロの斤量も響いたか。
最近の短距離交流重賞は地方馬がよく馬券に絡む。このピッチシフターは愛知。タガノジンガロは元JRAだが今は兵庫。そして最近勢いに乗っている地方馬はこれだけではない。今後注目したいのは兵庫のエーシンサルサ。このピッチシフターに2馬身差の完勝を含む現在6連勝中で、この先どこに出てくるのか。

1着:エーシンビートロン ○
2着:ピッチシフター
3着:タガノジンガロ ◎

4着:ガンジス ▲
5着:タイセイファントム △
結果:−400円
posted by ナイト at 20:09| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

サマーチャンピオン予想

エーシンビートロンかタイセイファントムかガンジスか。物足りないJRA勢で、どれが勝っても重賞初勝利となる。
ただ、その中に混じって交流重賞勝ちのある地方馬、タガノジンガロが中心と考えてもいいのではないだろうか。
アーリーデイズが中央の中で格下と考えると、この4頭だろう。
実績ならガンジスだが、右回りよりは左回りが得意な馬なので評価は下げる。

◎タガノジンガロ 10
○エーシンビートロン 4
▲ガンジス 11
△タイセイファントム 5
馬連各100円 4−10 10−11 5−10 4−11
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 15:48| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

関屋記念予想&阿蘇S&UHB賞裏予想

雨の関屋記念。雨が苦手であろうクラレントやサトノギャラント、エキストラエンド、サンレイレーザーを捨てると、ダノンシャークやマジェスティハーツが狙い目になるだろう。
そのほかには、前走1年以上の休養明けをあっさり勝ったミトラ。
ミッキードリームは中京巧者で、中京記念なら狙えたものの今度は捨てる。
あとは3歳馬ショウナンアチーヴか。古馬との力関係は分からないが一応押さえておく。
NHKマイルC2着のタガノブルグだが、あのころの東京は内枠超有利馬場だったのでそれに恵まれただけ。それ以前の成績が実力を物語っている。
雨に強いシルクアーネストもいるがここでは格下か。

◎ダノンシャーク 7
○マジェスティハーツ 11
▲ミトラ 12
△ショウナンアチーヴ 10
ワイド各100円 7−11 7−12 7−10 11−12
自信度★★☆☆☆


裏予想収支:−5200円

クロフネサプライズはひょっとしたらダートむちゃくちゃ強いかもしれん。ただ、せめて1400mで出てきてほしかった。1700なら様子見や。
小倉なら前行く馬いうことで、メイショウコロンボか。ただ、大外枠は嫌や。
本命はトウシンイーグル。前走初ダートで楽勝。タイムも上がりもええ。同じコースでもう一発や。

◎トウシンイーグル 13
複勝1500円 13


結果:−1500円


このレースは難しい。洋芝巧者ブランダムールかクリスマスか。
実力はあるが前走直線で前詰まって勝負にならんかったスマートオリオンか。
それとも軽ハンデの逃げ馬メモリアルイヤーか。
まあハンデは重いがスマートオリオンを信用するわ。

◎スマートオリオン 3
複勝1000円 3


結果:複勝1600円的中 +600円
posted by ナイト at 13:03| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

小倉記念&レパードS&クラスターC&ブリーダーズGC結果

メイショウナルトが先行して逃げ粘る展開だったが、それでも少しペースも早かったか、直線で粘り切れない。
そこに外から追い上げたのはサトノノブレスとマーティンボロ。雨で重くなった馬場も苦にせず外から追い込み、逃げるメイショウナルトを交わして行った。
勝ったのはサトノノブレス。こういう、少し力のいる馬場で、一瞬の切れ味より長くいい脚を使うレースはこの馬にとってベストだったのだろう。
2着はマーティンボロ。調子が悪いという噂もあったが関係なしにしっかり追い込んだ。こちらも中京で重賞を勝ったように、時計のかかる馬場は合っていたのかもしれない。
3着にメイショウナルト。
ニューダイナスティもこの馬場は合っていたのか4着と好走。
一方ラストインパクトはこの雨では厳しかったか、6着と見せ場のない結果となった。

1着:サトノノブレス ◎
2着:マーティンボロ
3着:メイショウナルト ○

4着:ニューダイナスティ △
5着:ローゼンケーニッヒ
結果:−500円


ユニコーンSはなんだったのか。アジアエクスプレスの楽勝。こんな新潟ローカルで活躍するようなレベルの馬ではなく、もっと大きなところで活躍するか、このまま終わるかのどっちかと思って無警戒だったが、あっさり勝ってしまった。
あとはもうアジアエクスプレスにはとうてい及ばない。逃げてまさかの2着を死守したクライスマイルも、先行馬有利の新潟でなければ結果は違っていただろう。
3着のランウェイワルツはうまく内を突いて追い込んできた。こちらも枠に恵まれた感じは否めない。
むしろ、直線で大外に持ち出しながらも4着のレッドアルヴィスあたりのほうが次の狙いとしては面白いかもしれない。
アスカノロマンやノースショアビーチは先行しながら5、6着と少し物足りなかった。

1着:アジアエクスプレス
2着:クライスマイル
3着:ランウェイワルツ

4着:レッドアルヴィス ◎
5着:アスカノロマン ▲
結果:−500円


ジーワン馬サマリーズが復活。1200mが得意なのか、逃げてそのまま押し切る完勝。2戦前は1600万の勝利だったので格下と思っていたが、今後もこの距離なら軽視できない。
スイートジュエリーは昨年秋に強い競馬をしていたが、その時の調子に戻ってきたのか、2着に。
外から追い上げたシルクフォーチュンは届かず3着。アドマイヤサガスはまさかの4着。
タイセイレジェンドはやはり60キロでは厳しかったか、6着だった。

1着:サマリーズ
2着:スイートジュエリー △
3着:シルクフォーチュン △

4着:アドマイヤサガス ◎
5着:アイディンパワー △
結果:−400円


大本命ワイルドフラッパーが逃げてまさかの失速。サンビスタに完敗という波乱の結果となった。
3着はマーチャンテイマー。休み明け2走目で調子を戻して、格下の他の中央馬2頭には完勝。あわやワイルドフラッパーを倒しての3着というところまで追い上げた。

1着:サンビスタ ○
2着:ワイルドフラッパー ◎
3着:マーチャンテイマー △

4着:ケイティバローズ △
5着:リアライズキボンヌ △
結果:−300円
posted by ナイト at 09:34| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

クラスターC&ブリーダーズGC予想

地方の砂が合っていそうなアドマイヤサガスが本命。
タイセイレジェンドは60キロを背負ってまでここに来たように、短距離ダート馬は活躍の場がほとんどないのがかわいそう。
他の中央馬、サマリーズ、シルクフォーチュン、スイートジュエリーはどれもいまひとつで、地方のアイディンパワーあたりまで警戒したい。

◎アドマイヤサガス 4
▲タイセイレジェンド 1
△シルクフォーチュン 14
△スイートジュエリー 13
△アイディンパワー 12
ワイド各100円 1−4 4−14 4−13 4−12
自信度★★☆☆☆


今年から牝馬限定重賞へと姿を変えたブリーダーズGC。
本命はやはりワイルドフラッパー。
サンビスタも対抗としては固いだろう。
押さえにマーチャンタイマー、ケイティバローズ、リアライズキボンヌ。

◎ワイルドフラッパー 3
○サンビスタ 13
△マーチャンテイマー 11
△ケイティバローズ 10
△リアライズキボンヌ 4
三連単各100円 3−13−11 3−13−10 3−10−4
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 04:29| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

小倉記念&レパードS予想&札幌日経OP裏予想

小倉大賞典を快勝したラストインパクトが、同じ小倉なら勝てると思っていたのだが、雨がかなり不安。おそらくディープ産駒で、軽い小倉の芝は合っているが、雨になると狙いにくい。
同じ世代で同じような路線を歩んできたサトノノブレスのほうは、不良馬場の菊花賞で好走したあたりからも、パワーのいる馬場もこなせる。それなら雨でも問題なさそうか。
ディープインパクト産駒だらけになりそうだが、七夕賞で2着に来たニューダイナスティも同じディープインパクト産駒だがパワータイプの印象。
逆に、小回りローカル重賞常連のダコールは軽い芝のほうがいいだろう。
あとは昨年の覇者メイショウナルト。夏に強い馬で、七夕賞に続いてこの季節なら狙える。
マーティンボロは調子がいまひとつということなので捨てる。

◎サトノノブレス 9
○メイショウナルト 1
▲ラストインパクト 14
△ニューダイナスティ 10
△ダコール 12
馬連各100円 1−9 9−14 9−10 9−12 1−14
自信度★★★★☆


アジアエクスプレスの信頼が地に堕ちて、本命はユニコーンSを勝ったレッドアルヴィス。
そのレッドアルヴィスに三浦特別で先着したジャッカスバークはもちろん怖い。ただ、展開が向いて先着した感じは否めない。押さえまで。
青竜S勝ちのノースショアビーチ。前が残る新潟ダートなら逃げるこの馬は怖い。
それから、前走1000万を好タイムで勝ったアスカノロマン。2走前はオープンでカゼノコの2着と、同世代では上位の実力。
そしてスピナッチ。前走は1000万を快勝。力はありそう。
そのスピナッチを伏竜Sで倒したランウェイワルツだが、あのレースは展開が向いただけだろう。あまりこの馬は評価していない。

◎レッドアルヴィス 3
○スピナッチ 14
▲アスカノロマン 7
△ノースショアビーチ 10
△ジャッカスバーク 5
ワイド各100円 3−14 3−7 3−10 3−5 7−14
自信度★★☆☆☆


裏予想収支:−4200円

菊花賞2、4着馬が小倉記念出とるのに、3着馬は地道に札幌や。バンデ。このメンバーなら負けたらあかん。
対抗はクリールカイザー。別定戦ならサイモントルナーレとかラブラドライトは出番ないやろ。最近芝使っとるサイレントメロディも洋芝ならとは思ったが59なら狙えん。

◎バンデ 2
○クリールカイザー 4
ワイド1000円 2−4

結果:−1000円
posted by ナイト at 21:18| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

アイビスSD&クイーンS&小倉サマーJ結果

アンバルブライベンが快足を飛ばして逃げていくが、残り300mあたりで後続に捕まる。
それをあっさりと捕らえていったのはセイコーライコウ。2走前と同じように、内枠を苦にせず楽勝。新潟1000m巧者っぷりを見せつける快勝だった。
2着には外から伸びてきたフクノドリーム。3歳牝馬の軽量を活かしての好走となった。
3着にはこちらも外からアースソニック。
フォーエバーマークはまさかの7着。アンバルブライベンのスピードに付いて行くそぶりも見せなかったが、やはりハナを切ってこその馬なのか。それにしても、最後には完全に止まってしまっていたので物足りない結果だった。

1着:セイコーライコウ ▲
2着:フクノドリーム
3着:アースソニック △

4着:リトルゲルダ △
5着:アンゲネーム
結果:−600円


まさかのオツウの大逃げで先行馬には厳しい展開となり、2番手で早めに動いたケイアイエレガントですら失速する形に。
その展開の中、好位の内から抜けてきたのはキャトルフィーユ。切れる脚がない馬なので、長く脚を使う早いペース、そして洋芝札幌は合っていたのだろう。
そして、この早いペースとなれば、追い込みが決まる展開に。2着には内から伸びたアロマティコ、3着には外から伸びたスマートレイアー。
この展開で5着と伸びてこなかったディアデラマドレはやはり洋芝がだめだったのか、それとも単純に力不足なのか。
マーブルカテドラルの田辺は、完全にバテて下がってきたオツウの後ろに突っ込むという謎の騎乗。スピードに乗ったところで前にオツウが来てそのまま下がるという競馬で結果を残せず。4コーナーの脚色を見る限りでは、まともなら勝ち負けだっただろうからもったいない。

1着:キャトルフィーユ ◎
2着:アロマティコ
3着:スマートレイアー

4着:アイスフォーリス ▲
5着:ディアデラマドレ
結果:−500円


重賞3勝馬オースミムーンが不調。中団から徐々にポジションを上げていったが、直線で失速。4着と馬券圏外に落ちる。
そんな中、8馬身差の圧勝で重賞初勝利を決めたのはメイショウブシドウ。鞍上高田騎手はこのレース4連覇で6勝目というすごい結果を残している。
2着はアラタマユニバース。3着にはグリッターウイング。

1着:メイショウブシドウ △
2着:アラタマユニバース
3着:グリッターウイング ○

4着:オースミムーン ◎
5着:ドリームチャージ
結果:−400円
posted by ナイト at 19:34| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

アイビスSD&クイーンS予想

今年は韋駄天Sという謎のオープン特別があり、ちょうどそれがいい物差しになるかもしれない。このレースの上位3頭は警戒したい。
勝ったセイコーライコウがあまりに楽勝で、このコースの適正がありそうな感じだったし、フォーエバーマークは休み明けで2着なら上出来。今回はハンデ戦から別定戦で0.5キロ減なら巻き返しは十分にあり得る。ただ、両馬とも内枠なので本命にはしにくい。そして3着アースソニックもハンデ57キロから1キロ減れば勝負になっていい。
ただ、一つ気になるのは、このレースの勝ちタイムが異様に遅かったということ。重賞で
他には、昨年3着のリトルゲルダや、テンの速さなら負けないアンバルブライベン。
難しいメンバーだが、本命はアンバルブライベン。スタートダッシュならフォーエバーマークにも負けないであろうスピードに加えて、外枠でさらに有利になった。田中健のマルモセーラ以来の久々の重賞制覇が見られるかどうか。不安材料としては直千でやっていけるだけのパワーがあるかどうか。馬体重が軽いのが不安。
バーバラは初の新潟直千で気にはなるが、小倉や京都のような軽い芝のほうが合っている印象。

◎アンバルブライベン 12
○フォーエバーマーク 3
▲セイコーライコウ 2
△リトルゲルダ 9
△アースソニック 10
ワイド各100円 3−12 2−12 9−12 10−12 2−3 3−9
自信度★★☆☆☆


ケイアイエレガントとキャトルフィーユの、同じローテーションを進み続ける2頭。実績も上位だし、洋芝適性も両馬ともあるのではないだろうか。
スマートレイアーは調整が順調でないらしく、かつ札幌で追い込みが効くか不安で、ここは捨てる。
アロマティコも同じようなことが言えて、前走は最内が空いてそこに突っ込めての勝利だっただけで、外を回せば札幌なら届かない可能性は高い。
ディアデラマドレは洋芝適性があるのかどうか。雨のレースで負けているだけに、軽い芝のほうが合っていそうなイメージ。
3歳馬マーブルカテドラルは一応押さえておく。
穴はトーセンベニザクラと、アイスフォーリス。

◎キャトルフィーユ 2
○ケイアイエレガント 1
▲アイスフォーリス 3
△トーセンベニザクラ 10
△マーブルカテドラル 5
ワイド各100円 1−2 2−3 2−10 2−5 1−3
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 23:09| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

小倉サマーJ予想

オースミムーンはこのメンバーでまた負けるわけにはいかない昨年の重賞3連勝の力があるだけの馬なのでこのメンバーなら楽勝してもらいたい。
対抗は前走大差勝ちのグリッターウイング。障害3戦目でついに才能開花か。重賞でもいきなりから狙いたい。
それからチョイワルグランパ。平地力なら抜けている。スピードのいる小倉コースなら平地力を活かせるか。
冬に京都で結果を残したアシュヴィンは前走大敗だったが、前走は距離か、もしくは控える競馬で走らなかった可能性がある。今までのように先行力を活かす競馬ができれば怖い。
あとはメイショウブシドウ。中山コースでの成績が良いので、相反する小倉では不安もあるが、飛越の上手さがあるだろうからここでも押さえておきたい。
穴はコウエイキング。東京以外のコースなら障害の成績はかなり安定している。

◎オースミムーン 7
○グリッターウイング 10
▲チョイワルグランパ 2
☆コウエイキング 12
△メイショウブシドウ 4
ワイド各100円 7−10 2−7 7−12 4−7
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 20:09| Comment(0) | 2014年競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする