2015年02月28日

中山記念&阪急杯予想

イスラボニータで鉄板のはず。不安要素は雨くらいだろう。
相手もステファノス、タガノグランパ、ロゴタイプでいい。
マイネルフロストのような持続力が持ち味の馬は開幕週中山では狙えないし、ヌーヴォレコルトは所詮はエリザベス女王杯2着馬。ラキシス以下と考えればここでは力不足。
今さらナカヤマナイトが来るようなことがあれば事故すぎる。雨で一発があるかもしれないが、そもそもこのメンバーでどの馬が雨が得意なのかさえ分からない。

1枠1番ヒラボクディープ大野56
2枠2番ゼンノエルジェロ熊沢56
3枠3番タガノグランパ菱田55
4枠4番ヌーヴォレコルト岩田54
5枠5番マイネルフロスト松岡55
6枠6番タイキパーシヴァル石橋脩56
6枠7番ロゴタイプC.デムーロ57
7枠8番ナカヤマナイト柴田善56
7枠9番トラストワン和田56
8枠10番イスラボニータ蛯名57
8枠11番ステファノスシュタルケ55

馬連各100円 10-11 7-10
ワイド100円 3-10

自信度★★★☆☆


コパノリチャード、ダノンシャークの実績馬2頭が中心となりそうか。特に、開幕週で雨となればコパノリチャードで間違いないのではないだろうか。
わざわざ開幕週で控える競馬を試そうとしているミッキーアイルは狙いにくい。
他にはレッドオーヴァル、ダイワマッジョーレ。
ローブティサージュはこのメンバー相手だと厳しそうだし、サドンストームは強烈な追い込みが持ち味ではあるが開幕週で追い込みが決まるかどうか怪しい。
それなら阪神得意のオリービン。重賞では力不足な感じはあるが、雨が有利に働くか。
1400m得意のエールブリーズは雨が得意そうには思えない。

◎コパノリチャード 9
○ダイワマッジョーレ 13
▲オリービン 7
△レッドオーヴァル 15
△ダノンシャーク 3
ワイド各100円 9-13 7-9 9-15 3-9 7-13
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 17:19| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

アーリントンC予想&総武S裏予想

朝日杯2着のアルマワイオリがどれほどの力を秘めているのか気になるところだが、折り合いに不安があるだけに信用できない。57キロも不安。
それならネオルミエールのほうがまだ安心して狙えそう。前走も出遅れてなければアルマワイオリといい勝負になっていただろう。
対抗は新馬戦圧勝のマテンロウハピネス。時計は良くないが、開幕週阪神なら前に行く馬は押さえておきたい。
そういう意味でナヴィオンは捨てる。
2戦2勝のナリタスターワンも前から行くだろうから押さえておきたい。
あとはジュニアC組だが、勝ち馬はスローペースの前残りだったことを考えると、最後に後ろからすごい脚で突っ込んできたエイムハイのほうが狙いたい。ディープインパクト産駒なら中山から阪神になるのもプラスだろう。

◎ネオルミエール 10
○マテンロウハピネス 11
▲ナリタスターワン 12
△エイムハイ 9
△アルマワイオリ 4
ワイド各100円 10-11 10-12 9-10 4-10 11-12
自信度★★☆☆☆


大久保洋吉、吉田豊コンビも最後や。ベルゲンクライが勝たせてもらえるかは分からんけどこのメンバーならサービスしてもらえるんちゃうか。騎手も全員関東の騎手やしな。
中山得意のイッシンドウタイもええけど、今回はそういう予想は特になしや。ただ、吉田豊が勝って後藤への餞別になるかいうたらちょっと怪しいところはあるけどな。

◎ベルゲンクライ 8
複勝500円 8


結果:-500円
ペースが遅すぎたわ。こんな遅かったら後ろからのベルゲンクライは届かへん。最後の直線入り口あたりで外開けてもらったような感じしたけどそれでも届かんかったか。
posted by ナイト at 01:25| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

フェブラリーS&小倉大賞典&ダイヤモンドS結果

逃げると思われていたコーリンベリーが出遅れる波乱の展開でスタートすると、各馬先行しながらもどの馬がハナに立つのか周りをうかがいながらの競馬に。
スタートが決まらなかったコパノリッキーがダートに入ってから一気に先頭に立つのかと思ったが、大外のアドマイヤロイヤルがハナに立ったところで隊列が決まる。コパノリッキーは2番手に控えたことで、道中はペースも落ち着き完全に先行馬有利の流れになる。アドマイヤロイヤル横山典弘は、奇策なのかそれともコパノリッキーのアシストだったのかはさておき、楽な展開で2番手追走ができたコパノリッキーは万全の態勢で道中を進める。
4コーナーでシルクフォーチュンが一気のまくりで先頭に並びかけて大波乱の雰囲気が漂ったものの、直線に入ると失速。結局直線に入るとコパノリッキーが外からアドマイヤロイヤルを交わすと、一気に後続を引き離す強い競馬。最後はさすがに後続に迫られはしたものの、半馬身差のセーフティーリードを保って余裕の勝利。力の違いを見せてフェブラリーS連覇を達成した。
2着には好位から抜けてきたインカンテーション。ここ2走は落鉄の影響だったということで、ここはきっちりと結果を残した。
3着にベストウォーリア。中団からの競馬で馬群も割って差してはきたが、やはり前が残る展開で最後はインカンテーションと同じ脚色になってしまった。
後方からはローマンレジェンドが最内、大外からはワイドバッハが追い込むも5、6着まで。カゼノコもマイルのスピードに対応できなかったか、出遅れの影響もあり8着と、追い込み勢には厳しい展開となった。

2枠4番コパノリッキー武豊57
1:36.3
7枠14番インカンテーション内田57
1:36.4
5枠10番ベストウォーリア戸崎57
1:36.5
4枠7番グレープブランデー北村宏57
1:36.6
1枠1番ローマンレジェンド岩田57
1:36.6
6枠11番ワイドバッハ蛯名57
1:36.6
5枠9番サンビスタC.デムーロ55
1:36.7
3枠5番カゼノコ浜中57
1:36.8
7枠13番ワンダーアキュートベリー57
1:36.8
1枠2番コーリンベリー松山55
1:36.8
3枠6番ハッピースプリント吉原57×
1:36.9
8枠16番アドマイヤロイヤル横山典57
1:36.9
8枠15番キョウワダッフィー福永57
1:37.3
4枠8番レッドアルヴィス勝浦57
1:37.3
2枠3番シルクフォーチュン江田照57
1:37.4
6枠12番サトノタイガー御神本 三浦57
1:37.4

結果:馬連1570円的中 +1070円


重馬場の小倉大賞典。激しい先行争いになるかと思ったが、メイショウナルトがすんなりと逃げて、カレンブラックヒルも2番手追走。そしてマイネルミラノがハナを主張せず中団からという展開で、それほど前が激しくならない。
しかし、道中マイネルミラノが中団からじわじわと先団に取り付くと、カレンブラックヒルも動き出し、逃げるメイショウナルトを捕えにかかり、ペースが落ち着かずに激しい流れに。
3コーナーですでにカレンブラックヒルが先頭に立ち、マイネルミラノが追いかけ、それを追って外からキャトルフィーユやレッドレイヴンも追い上げる展開に。
激しい展開で直線に向いたため前が失速するものかと思いきや、カレンブラックヒルがG1馬の実力を見せた。差しが届きにくい馬場も味方して、直線でマイネルミラノを振り切り後続を突き放す強い競馬で完勝。ハンデ58キロもものともせず、約11か月ぶりの勝利で重賞5勝目を挙げた。
2着には中団からうまく馬群を割って追い上げたコスモソーンパーク。さすがの重馬場巧者っぷりを見せた。
3着にはまさかのダコール。雨が苦手なはずのこの馬が見事な追い上げを見せた。
4着にキャトルフィーユ。最後は牡馬との力の差という感じで、前に付いて行けなかった。それでも4コーナーでカレンブラックヒルの仕掛けに付いて行きかけたあたりが、最近の充実っぷりを物語っている。
マイネルミラノは最後に失速して5着。
レッドレイヴンは4コーナーで上がっていったものの直線は伸びず8着。大外枠のせいで途中で脚を使い切ってしまったか。柴田善臣で大外枠ならこうなることは想定内ではあったが。
ラングレーは後方から追い込むも7着。やはり小回りコースで一気に突き抜けるような切れる脚は使えないのではないだろうか。

1着:カレンブラックヒル ○
2着:コスモソーンパーク ▲
3着:ダコール

4着:キャトルフィーユ ◎
5着:マイネルミラノ
結果:ワイド1430円的中 +930円


人気のファタモルガーナが好位から早めに動き、スタミナ勝負に持ち込むも、圧倒的に力が上だったのがフェイムゲーム。直線入り口ではリキサンステルスを落馬させてしまう斜行があったが、ほぼ最後方からラストスパートをかけると、持ち味の息の長い末脚で東京の長い直線を駆け抜けた。最後は突き抜けて2馬身差の完勝。長距離なら敵無しなのではないかと思わせるようなパフォーマンスでこのレース連覇達成、重賞4勝目を挙げた。
2着にはファタモルガーナ。瞬発力勝負で劣るであろうこの馬が4コーナーから早めに仕掛けたが、ここは相手が悪かったか。
3着には後方からカムフィー。ダンスインザダーク産駒でこの長距離レース、しかも軽ハンデ51キロという条件が整ったか、直線でじりじりと3着にまで追い上げた。
直線で早めに抜け出してファタモルガーナを追っていたステラウインドは最後にカムフィーに交わされて4着。この馬は前走もそうだったが、最後に止まってしまうあたりがどうも長距離向きとは思わないのだがどうだろうか。
日経新春杯3着のアドマイヤフライトは最後に失速して11着。こちらも距離が長かったのだろうか。
それにしても、なぜにこうも予想が当たるのか。いつこの先大崩れするのか怖くてしょうがない。

1着:フェイムゲーム ◎
2着:ファタモルガーナ ○
3着:カムフィー

4着:ステラウインド
5着:ネオブラックダイヤ
結果:ワイド400円的中 +100円


今週の結果

日曜東京9RヒヤシンスS
これを触れないわけにはいかないだろう。ゴールデンバローズがダート転向後3連勝。ここ2走ほどのインパクトはなかったかもしれないが、ダートではなかなか見られない直線一気。上がり3ハロンは35秒9で、単純比較はできないがフェブラリーSのワイドバッハが36秒0。走破タイム差が0秒5しかないうえでこの上がりタイムというのは立派。今後のさらなる成長次第ではかなりの大物になるのではないかと期待できる。
posted by ナイト at 00:35| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

京都記念&共同通信杯&クイーンC結果

更新が大きく遅れたが先週分の更新を。
スローの逃げになることは予想できたが、それがまさかそのまま残ってしまうとは。
逃げ粘ったスズカデヴィアスと、2番手追走のラブリーデイが前で残る結果に。2頭の叩き合いを制したのはラブリーデイ。
3着には大外から突っ込んできたキズナ。4コーナーの手ごたえ、直線に入った時の反応を見れば一瞬で突き抜けるのではないかと思ったが、最後に失速。休み明けの影響なのか。
ハープスターは5着。正直なところ、この馬に関しては距離が長いのではないかという疑問がまだぬぐえないでいる。

6枠6番ラブリーデイ戸崎56
2:11.5
7枠9番スズカデヴィアス藤岡佑55
2:11.5
4枠4番キズナ武豊57
2:11.5
3枠3番レッドデイヴィスシュタルケ56
2:11.7
7枠8番ハープスター川田54
2:11.9
6枠7番トウシンモンステラ岩田56
2:12.0
8枠11番ハギノハイブリッド秋山56
2:12.2
8枠10番マイネルディーン和田56
2:12.2
5枠5番ヒラボクディープ国分優56
2:12.2
1枠1番アクションスター池添56
2:12.2
2枠2番ノーステア四位56
2:13.0

結果:-400円


人気のドゥラメンテが道中かかって引っ張ったために少し位置取りを悪くしたものの、直線では一気に末脚を伸ばし先頭に立つ。ここでも力が違うのかと思ったがしかし、かかったせいなのか、途中で失速。そこに突っ込んできたのは内で脚を溜めていたリアルスティール。最後は差し返してドゥラメンテを捕えて2戦2勝で重賞勝利を決めた。
3着にはアンビシャス。好位から早めに抜け出したが前の2頭には付いて行けなかった。
人気のアヴニールマルシェはスローペースのレースで後方待機から仕掛けも遅く4コーナー最後方という、完全に騎乗ミスと思えるような乗り方で5着。最後にはきっちり追い込んできていただけにもったいない負け方だった。

1着:リアルスティール △
2着:ドゥラメンテ ▲
3着:アンビシャス △

4着:ミュゼエイリアン ×
5着:アヴニールマルシェ ◎
結果:-600円


今後狙いたいと思えるのは上位3頭か。
キャットコインはやはり一瞬の切れ味が素晴らしい。直線半ばで一気に加速して先頭に。ただ、そこから突き放すほどの持続力はない。最後は後方からの追い上げに。
外から追い込んで来たのは馬体重マイナス20キロのミッキークイーンと、出遅れたロカ。
結局、なんとかキャットコインが最後まで粘り切り3戦3勝で重賞勝利を決めた。
2着にはミッキークイーン。輸送で馬体を大きく減らしておきながらもこの結果はなかなかのものではないだろうか。
3着のロカは阪神JFに続いてここでも出遅れ。出遅れ癖が治れば面白いのだが果たして今後どうなるか。
ファンタジーS2着のダノングラシアスがまたしても大敗だったので、マイルは長いということなのではないだろうか。
このクイーンCで7レース連続的中という絶好調ぶりだったが、日曜日にその連勝記録は途絶えてしまった。

1着:キャットコイン
2着:ミッキークイン ○
3着:ロカ ◎

4着:アンドリエッテ
5着:メイショウメイゲツ
結果:ワイド2460円的中 +1960円
posted by ナイト at 22:15| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

フェブラリーS予想3&小倉大賞典予想&洛陽S裏予想

コパノリッキーで固いとは思うが、もしかしたら前が総崩れになるのではないかという不安がある。
かといって、初マイル、初東京のローマンレジェンドは信頼できないし、ワイドバッハの末脚も展開がはまらないと届かなさそうな印象はある。

1枠1番ローマンレジェンド岩田57
1枠2番コーリンベリー松山55
2枠3番シルクフォーチュン江田照57
2枠4番コパノリッキー武豊57
3枠5番カゼノコ浜中57
3枠6番ハッピースプリント吉原57×
4枠7番グレープブランデー北村宏57
4枠8番レッドアルヴィス勝浦57
5枠9番サンビスタC.デムーロ55
5枠10番ベストウォーリア戸崎57
6枠11番ワイドバッハ蛯名57
6枠12番サトノタイガー御神本 三浦57
7枠13番ワンダーアキュートベリー57
7枠14番インカンテーション内田57
8枠15番キョウワダッフィー福永57
8枠16番アドマイヤロイヤル横山典57

馬連各100円 1-4 4-11 4-14 4-6
ワイド100円 1-11

自信度★★☆☆☆


小回り小倉で雨予報とあっては前残りが濃厚か。ただ、先行馬も多く、前の争いは激しくなるかもしれない。
本命はキャトルフィーユ。久々の牡馬との対戦だが最近の調子なら通用していい。
対抗にカレンブラックヒル。58キロのハンデさえなければ本命で狙いたかったところ。
レッドレイヴンはまたしても大外枠だがこのメンバーなら通用していい。ただ小倉なら届かない可能性も十分にある。
3番手はここ2走が弱いメンバー相手とはいえ好走しているコスモソーンパーク。雨に強いのも穴として狙いたいところ。
ラングレーは長距離馬だと思っていたが前走が1800mで快勝だったので捨てきれない。
アロマティコは後方一気の馬で小倉では狙いにくい。
ダコールやヒットザターゲットは雨は苦手だろう。
メイショウナルトやマイネルミラノの先行勢はどちらか残るのではないかという気がするが、メイショウナルトは冬では狙いにくいし、マイネルミラノは中山のほうが狙いやすい。

◎キャトルフィーユ 10
○カレンブラックヒル 6
▲コスモソーンパーク 2
△レッドレイヴン 16
△ラングレー 4
ワイド各100円 6-10 2-10 10-16 4-10 2-6
自信度★☆☆☆☆


マイルでまともに通用しそうな馬がおらんやないか。短距離馬ばっかりや。
マイルで走れそうなんいうても、レッドアリオンは京都アカンし、サクラアルディートは前走マイルで3着やったが不良馬場でまだマイル適正分からんし、ゴールデンナンバーは雨降ったら追い込み届かんやろ。
それやったらここは海外G1馬の意地に期待したいで。

◎ハナズゴール 11
複勝700円 11


結果:-700円
ぶっちぎりの上がり最速で12着。なんちゅう乗り方や、幸よ。ほんまにこいつは平場しか狙えへん。勝ったレッドは苦手な京都やがこれだけメンバー弱かったら関係なかったな。
posted by ナイト at 17:38| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

ダイヤモンドS予想&フェブラリーS予想2

フェイムゲームが大外だがこのメンバーなら力が上。前走の中山2200では距離も短いし小回りコースもあっていない。ズブさがあるので東京3400mは合っているはず。
それからステイヤーズS2着のファタモルガーナ、日経新春杯3着のアドマイヤフライト。
そして、京都記念を回避してここに来たラブイズブーシェ。コース適正を考えるとこちらのほうが合っている。早い脚を使えないのでスタミナ勝負のこの距離のほうが京都記念よりは合っているはず。ただここまでの距離延長が大丈夫かどうかは分からない。
ステラウインドは万葉Sを勝ったが、直線で抜け出して最後にピタッと止まってしまったのがなんだったのか。この距離に不安があるのではないか。
タニノエポレットがこのコースなら得意そうだが、休み明けの前走があまりにも負け過ぎだったのでここは捨てる。

◎フェイムゲーム 16
○ファタモルガーナ 15
▲アドマイヤフライト 13
△ラブイズブーシェ 8
ワイド各100円 15-16 13-16 8-16
自信度★☆☆☆☆


コパノリッキーの相手探しだが、ローマンレジェンドくらいしか思いつかない。
カゼノコがマイルのペースに付いて行けるとも思えないし、レッドアルヴィスやベストウォーリアのユニコーンSを勝ったことのある2頭もここでは力不足なイメージがある。
サンビスタもチャンピオンズCは4着だったがそれほど強いとも思えない。
ワンダーアキュートは9歳で衰えを隠せない。
他に狙えて、かろうじてワイドバッハくらいか。
押さえに入れるなら、インカンテーションとハッピースプリント。地方馬ハッピースプリントは東京コースでどんな競馬を見せるかという期待で押さえたい。

1枠1番ローマンレジェンド岩田57
1枠2番コーリンベリー松山55
2枠3番シルクフォーチュン江田照57
2枠4番コパノリッキー武豊57
3枠5番カゼノコ浜中57
3枠6番ハッピースプリント吉原57×
4枠7番グレープブランデー北村宏57
4枠8番レッドアルヴィス勝浦57
5枠9番サンビスタC.デムーロ55
5枠10番ベストウォーリア戸崎57
6枠11番ワイドバッハ蛯名57
6枠12番サトノタイガー御神本 三浦57
7枠13番ワンダーアキュートベリー57
7枠14番インカンテーション内田57
8枠15番キョウワダッフィー福永57
8枠16番アドマイヤロイヤル横山典57
posted by ナイト at 11:41| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

フェブラリーS予想1

さすがにコパノリッキーで問題ないだろう。左回り、距離短縮でマイル戦となれば死角が見当たらない。問題があるとすれば超ハイペースになる可能性があることだが、それでもダートなら先行馬総崩れになるようなことはないのではないか。

◎コパノリッキー
posted by ナイト at 22:36| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

京都記念&共同通信杯予想

2強対決に、3番手争い。
このメンバーならラブリーデイが3着候補。パンパンの良馬場なら。
念のためスズカデヴィアスも押さえる。逃げて前残りでチャンスはありそう。
本命をどちらにするか。これが何とも迷うところだが、本命は骨折明けでもキズナ。
ハープスターは2400mの3戦で勝ち星なし。凱旋門賞やJCなので負けても仕方ないとは言えるが、それでも桜花賞のような強烈な末脚が使えていないのも確かで、2000mあたりがベストの印象が大きい。
ハギノハイブリッドまで押さえるべきかと考えたが、スローの少頭数の瞬発力勝負で飛んでくるイメージがわかない。ある程度ペースが流れた時に展開が向いてようやく追い込んでくるというような馬ではないだろうか。

1枠1番アクションスター池添56
2枠2番ノーステア四位56
3枠3番レッドデイヴィスシュタルケ56
4枠4番キズナ武豊57
5枠5番ヒラボクディープ国分優56
6枠6番ラブリーデイ戸崎56
6枠7番トウシンモンステラ岩田56
7枠8番ハープスター川田54
7枠9番スズカデヴィアス藤岡佑55
8枠10番マイネルディーン和田56
8枠11番ハギノハイブリッド秋山56

三連複各200円 4-6-8 4-8-9
自信度★★★★☆


アヴニールマルシェ、ドゥラメンテ、リアルスティール。注目の3頭が出て来るが、そのほかにもアンビシャス、ミュゼエイリアン、ソールインパクト、ダノンメジャー、ティルナノーグと気になる馬は多い。
この中からまずソールインパクトは捨てる。東スポ杯でアヴニールマルシェに負けているし、ここ2走も中山ではあるが差し届かず4着と物足りない結果。前走も最後の直線での追い比べで敗れての3着なだけに、ここに入ると力不足な印象は否めない。
それからダノンメジャー。それほど抜けている馬ではないにもかかわらず57キロを背負うのは不利。
ミュゼエイリアンは追い込み一辺倒で、このメンバー相手ではさすがに厳しいか。良くて3着だろう。
本命はアヴニールマルシェ。
ティルナノーグはここ2戦は雨と中山での敗戦なので度外視。直線の長い東京で良馬場になればチャンスはあると見る。
リアルスティールは人気ほど強さを感じなかったのだが、果たしてこの相手に通用するのかどうか。

◎アヴニールマルシェ 3
○ティルナノーグ 2
▲ドゥラメンテ 8
△アンビシャス 10
△リアルスティール 1
×ミュゼエイリアン 5
三連複各100円 2-3-8 2-3-10 1-2-3 2-3-5 3-8-10 3-5-8
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 19:20| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

クイーンC予想&アルデバランS裏予想

阪神JF1番人気のロカ。前走は出遅れがかなり痛かった。このメンバーなら勝ち負けできるのではないか。
あとは、ミッキークイーン、ロッカフラベイビー。
正直、何を狙えばいいのかさっぱりわからない。ミッキークイーンもロカに負けるとも劣らずかなりの力を秘めていそうな雰囲気はある。
キャットコインは2連勝中でどちらも強烈な末脚で差し切っているが、なんとなくここで来るイメージがわかない。ものすごい瞬発力があることは確かだが、東京コースならロッカフラベイビーの巻き返しが怖い。
カーヴィングパスはコディーノの妹だからといっていつも過剰人気しすぎではないか。

◎ロカ 11
○ミッキークイーン 14
△ロッカフラベイビー 4
ワイド300円 11-14
ワイド各100円 4-11 4-14

自信度★☆☆☆☆


ランウェイワルツはどれだけ使われるんや。東海Sで久々に大敗してそろそろ休みか思ったのにまた出てきたで。
本命はアスカノロマンや。1600万は楽勝、前走は重賞で強豪相手に大外枠なら10着でもしゃあない。ハンデ54キロのこのへんが狙いやで。
ソロルは57.5キロやしトウシンイーグルが京都で差し切れる気がせんわ。
相手はマルカプレジオやな。去年このレース2着や。

◎アスカノロマン 1
○マルカプレジオ 14
複勝800円 1
ワイド300円 1-14


結果:複勝2160円的中 ワイド2280円的中 +3340円
アスカノロマンは直線で前が詰まったのに楽勝やったで。みやこSはメンバー強かったがこの程度の相手なら力が上なんやろ。
posted by ナイト at 16:43| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

きさらぎ賞&東京新聞杯&佐賀記念結果

圧巻の強さ。好位追走のルージュバックを勝負相手と決めたか、4コーナーで四位のレガッタと武豊のポルトドートウィユが外からかぶせに行って、ルージュバックを内に閉じ込めに来たところで戸崎が仕掛ける。すると結局ポルトドートウィユに一度も前に行かせることなく、直線で突き放し、逃げるネオスターダムを捕え、最後は2馬身差の完勝。横綱相撲で牡馬相手に見事な勝利を決めた。
2着にはポルトドートウィユ。3着にアッシュゴールド。
今日は最後方から折り合いに専念したグリュイエールも最後は追い込んだが4着。少し上位陣とは力の差がありそうか。

1着:ルージュバック ◎
2着:ポルトドートウィユ ○
3着:アッシュゴールド △

4着:グリュイエール ▲
5着:ムーンクレスト
結果:馬連260円的中 -240円


有力馬がほとんど後方からレースを進める中、好位から競馬を進めたヴァンセンヌが直線で早めに抜け出し先頭に立つ。
そこに目がけて有力馬が後方から追い込んでくる。その中でも大外からいい脚で追い込んだのはアルフレード。ジーワン馬が復活の気配を見せる追い込みで大外から強襲。しかし、わずかに前には届かず。結局ヴァンセンヌがそのまま押し切って4連勝で重賞初勝利を決めた。
2着にアルフレード。朝日杯を勝っていると言っても、東京のほうがいいのだろう。最後は前には届かなかったが、末脚勝負で他馬に負けなかったことは評価できる。
フルーキーは直線で前が詰まり続けて、最後方でもがきながら、最後に最内に進路を変えてそこから一気に追い込んで3着。ものすごい瞬発力で最後はすごい追い込みだったが、またしても重賞タイトルは手に入らなかった。
シャイニープリンスはこのコースなら安定していて今日も4着。ただ勝ち切るまでの力はないというところか。
エキストラエンドも直線で最後方から少し詰まってしまい、最後は追い込んできていたが6着。それでも、金杯に比べると末脚の伸びが鈍く、ベストはやはり京都コースなのだろう。それに、稍重の馬場も得意ではないだろう。
サトノギャラントは得意のこのコースで大きく崩れた。稍重の馬場も苦手だろうし、何より今日は早めに動いて、3、4コーナーで好位に取り付くような競馬がダメだったのではないだろうか。じっくり脚を溜める方が合っているのかもしれない。

1着:ヴァンセンヌ △
2着:アルフレード ×
3着:フルーキー ◎

4着:シャイニープリンス △
5着:リルダヴァル
結果:ワイド3480円的中 +2880円


ダノンカモンが逃げるも3コーナーであっさり捕まり、マイネルクロップとソリタリーキングの一騎打ちに。京都巧者マイネルクロップは平坦佐賀コースなら問題なかったか。最後はハナ差だけ抜け出したマイネルクロップが勝利。鞍上丹内もようやくの初重賞制覇となった。
2着にソリタリーキング。
ダノンカモンはこの2頭に交わされ、後ろからさらにリキサンステルスが迫ってきたあたりでようやくエンジンが点いたか、そこからしぶとい粘りを見せ、前の2頭に食らいついて3着を死守した。
それにしても3週連続全レース外れから、今度は6レース連続的中。トリガミも多いが、それでもこの好不調の波の激しさはなんなのか。

1着:マイネルクロップ ▲
2着:ソリタリーキング ○
3着:ダノンカモン ◎

4着:リキサンステルス △
5着:ランフォルセ △
結果:三連複380円的中 -20円
posted by ナイト at 11:08| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

きさらぎ賞&東京新聞杯&佐賀記念予想

こういう少頭数レースを、絞りに絞って当てられたら気持ちがいいのだが、なかなか難しい。
期待のルージュバックを本命でいく。
スイープトウショウの仔、レガッタは捨てる。どスローの瞬発力勝負を内から突き抜けたが、最内でロスなく回っての勝利で、それほど他馬を圧倒した強さがあったようには思えない。
アッシュゴールドは京都が得意な可能性はあるが、兄同様一瞬の強烈な切れ味が持ち味と今はまだ思っているので、長い直線の勝負はあまり向いていないはず。ただ、どスローの直線勝負になればその切れ味が生きるだろうからここは捨てきれない。
逆に、ポルトドートウィユは長く脚を使えるように見える。萩Sは直線で前が詰まって一旦ブレーキを踏むような競馬でクビ差の2着。スムーズにさばければ京都外回りは向くはず。
それからグリュイエール。新馬はベルーフの2着、未勝利はレコード勝ち。素質は高いはず。

◎ルージュバック 3
○ポルトドートウィユ 5
▲グリュイエール 8
△アッシュゴールド 4
馬連各100円 3-5 3-8 3-4
三連複各100円 3-5-8 3-4-8

自信度★★★☆☆


アルフレード、ヴァンセンヌ、エキストラエンド、サトノギャラント、シャイニープリンス、タガノグランパ、フルーキー。特に考えずにこの7頭に絞れた。他は全く気になる馬がいない。来たらごめんなさいしかない。
本命はフルーキー。このメンバーなら勝てるほどの強さがあるはず。ここ2走は勝ち切れていないが、前残りの競馬でしょうがなかった。
エキストラエンドは去年2着。ただやはりベストは京都の印象。2番手まで。
サトノギャラントは逆に東京でこその馬だろう。先週は外差しがよく決まっていたが、同じ馬場なら追い込みが届いていい。
シャイニープリンスはこのコース得意だし、タガノグランパは本格的にマイル路線で勝負してくれば怖い。
あとは、2走前に少し復調気配を見せたアルフレード。前走は中山で後方から進んでは届かない。東京でもう一度期待してみたい。
ヴァンセンヌは1000万が前が詰まってからの差し切り、1600万はとりわけスローペースではなかったにもかかわらず3コーナーからまくって直線押し切る競馬。どれほどの力を秘めているのか気になる1頭。
問題は、雨が強くなればエキストラエンドもサトノギャラントもシャイニープリンスもアルフレードも狙えないということだがどうなるか。

◎フルーキー 10
○エキストラエンド 12
▲サトノギャラント 14
△ヴァンセンヌ 6
△タガノグランパ 16
△シャイニープリンス 4
×アルフレード 13
ワイド各100円 10-12 10-14 6-10 10-16 4-10 10-13
自信度★★☆☆☆


いくら中央勢が衰えて来てるといっても、佐賀の馬相手に負けることはないだろう。
本命はダノンカモン。
ランフォルセは衰えだろうか、最近は全く見せ場がない。
リキサンステルスは東京巧者で、小回り佐賀のコースに不安がある。
マイネルクロップは京都巧者だが、平坦コースならチャンスがあるかもしれない。

◎ダノンカモン 5
○ソリタリーキング 9
▲マイネルクロップ 8
△リキサンステルス 2
△ランフォルセ 12
三連複各100円 5-8-9 2-5-9 5-9-12 2-5-8
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 15:41| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

すばるS裏予想

グレイスフルリープ、ジョヴァンニ、タイセイファントム、タールタン、メイショウノーベル。
それなりに走りそうなんいっぱいおるが、どれもようわからん。
タイセイとメイショウは1200ベストっぽいし、タールタンは東京得意やろ。
ジョヴァンニが強いのは分かるが安定感ない馬でいつ崩れるかわからん。
こういう時のためのナガラオリオンやな。得意の京都1400なら問題ない。適当に崩れた後にこの条件戻ってきたらある程度人気落ちるやろ。

◎ナガラオリオン 11
複勝1000円 11


結果:-1000円
結局は前残りか。ナガラオリオンはほぼ最後方から行くとか信じられん。最後大外回って5着まで来とるんやから、まともな位置取りやったらもうちょっとやれたんちゃうか。ただレッドアルヴィスがここで勝ったんやから重賞勝っただけの力あるいうことやな。
posted by ナイト at 00:20| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

シルクロードS&根岸S結果

アンバルブライベンの逃げにニザエモンが付いては行ったものの、それでも前半3ハロンが33秒9の逃げでそれほどハイペースにはならず。直線に向くとニザエモンを突き放して一気に突き抜けると最後は見事に粘り切った。京阪杯に続いての重賞2勝目となった。ただ、この馬は坂のあるコースが苦手。夏のスプリントシリーズまで今後通用しそうなレースはないのではないか。高松宮記念に出ない可能性も高いらしいが、出たとしても一切狙うつもりはない。
2着には内からバクシンテイオーが抜け出してくるところを外からサドンストームが強襲。
3着もセイコーライコウが差して来た。この馬の適正はどこにあるのかよく分からない。
人気のベルカントは好位追走ながらも失速し12着。エイシンブルズアイも中団から伸びを欠いて9着。何が敗因なのか、単に力不足なのか。

1着:アンバルブライベン ◎
2着:サドンストーム △
3着:セイコーライコウ

4着:ベステゲシェンク
5着:バクシンテイオー △
結果:ワイド670円的中 +70円


ここでは力が違ったか。エアハリファが中団から馬群の狭いところを割って楽々と突き抜けた。
そして最後に大外からはワイドバッハ。直線でも外に持ち出すのに時間がかかったにもかかわらず結局最後は2着まで突っ込んできた。この末脚は本物か。
終わってみれば武蔵野Sの1、2着が逆転しただけという結果になったが、それだけこの2頭が力があったということか。逃げが予想されていたポアゾンブラックが出遅れ、グレープブランデーが逃げる展開になり大外のサトノプリンシパルはかかり気味。それほどペースが早くならなかったもののきっちり差し切った上位陣は力が抜けていたのだろう。
注目のロゴタイプは好位で抜群の手ごたえで直線でも抜けて来るような勢いだったが、最後は伸びきれず。
3着には東京得意のアドマイヤロイヤルが久々に好走。安定感抜群の馬が最近は崩れていただけに衰えてしまったと思っていたがここで復調。
4着にはゴールスキー。去年の覇者というだけあって、東京1400mというコースは合うのだろう。
キョウワダッフィーは安定感抜群ながらも今回は5着止まり。重賞級相手だとあと一歩足りないという印象が出てきた。

1着:エアハリファ ◎
2着:ワイドバッハ △
3着:アドマイヤロイヤル

4着:ゴールスキー
5着:キョウワダッフィー ▲
結果:ワイド300円的中 -200円
posted by ナイト at 15:56| Comment(2) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする