2015年05月01日

青葉賞予想&天皇賞春予想2&天王山S裏予想

1回書いた予想を保存し忘れて全部消えていた時というのはなかなか悲しい。
実績上位のブラックバゴだが、このバゴ産駒というのはイマイチ距離適性がつかめない。ビッグウィークのように菊花賞を勝ったり、クリスマスのように函館2歳Sを勝ったりするのだから、今回の距離延長が通用するのかどうか。それと、バゴ産駒は瞬発力のある早い時計で通用するタイプではないと思っている。ブラックバゴにとって中山から東京に替わるのはプラスとは思えない。
本命はタンタアレグリア。左回りの長距離で2勝。ゆりかもめ賞はこの馬が外を回ったのに対して勝ち馬ヴェラヴァルスターはロスなく終始内ラチ沿いで最後も最内を突いただけで、実力での負けではないと思っている。
対抗にレッドライジェル。藤沢和雄厩舎の今年の青葉賞はこの馬で勝負中山で最後方から差し切った末脚は東京でも通用するかどうか。未勝利で連敗した東京だが、ここにきて力をつけてきたのなら侮れない。
そして毎年必ず人気先行するレーヴドスカー産駒、今年はレーヴミストラル。前走は出遅れて最後方から差し切る強い競馬。今年もレーヴに騙されることとする。
あとはカカドゥ。前走は横山典弘得意の最後方ポツンからのとんでもない追い込みで4着。中山で上がり33秒5の末脚が使えるのだったら東京でどんな競馬をするのか楽しみ。
安定感抜群のウェスタールンドは少し気になったが、ネオユニヴァース産駒で前走も時計のかかる馬場での快勝。東京コースで最後の直線の末脚勝負では少し劣りそうな気がする。実際、良馬場の未勝利でレーヴミストラルにあっさり負けているのは狙いにくい。
マサハヤドリームも同じことが言えそう。前走は出遅れての敗戦なので巻き返しは怖いが、メイショウサムソン産駒で早い上がりは使えなさそう。東京は得意なメイショウサムソン産駒だが、それは先行馬の話。それに枠も悪い。
同じくストレンジクォークもメイショウサムソン産駒、しかも枠が悪いので捨てる。
それなら前走ストレンジクォークと接戦だったスモークフリーを狙う。終わってみればまたディープインパクト産駒だったというのはよくあること。前走は勝負に行った早めのまくりが最後の最後に差されてしまってのハナ差負け。じっくり構えて東京で末脚勝負なら逆転できるのではないか。

1枠1番ブラックバゴ戸崎56
1枠2番ティルナノーグ武豊56
2枠3番タンタアレグリア蛯名56
2枠4番レッドライジェル柴田善56
3枠5番レトロロック北村宏56
3枠6番ヴェラヴァルスター田辺56
4枠7番ミュゼダルタニアン内田56
4枠8番レーヴミストラル川田56
5枠9番マイネルサクセサー柴田大56
5枠10番トーセンアーネスト菅原56
6枠11番ウェスタールンド三浦56
6枠12番スモークフリー岩田56
7枠13番カカドゥ横山典56
7枠14番ビクトリーミノル石橋56
7枠15番センチュリオン吉田豊56
8枠16番マサハヤドリーム和田56
8枠17番ストレンジクォーク柴山56
8枠18番トーセンスパンキー小野寺56

ワイド各100円 3-4 3-12 3-13 3-8 4-12
自信度★☆☆☆☆


今年の天皇賞は本当に難しい。
本命はサウンズオブアース。
日経賞を快勝したアドマイヤデウスの不安なところは、ここ2走とも鋭い末脚は見せているが、最後に少し止まっているということ。さらに、距離が延びてしかも京都の外回りのロングスパートの競馬で同じレースができるかというと正直期待より不安のほうが大きい。高速馬場適性も不安だし、距離もどうなのか。そして枠も大外。同じような大外枠のアドマイヤと言えば、アドマイヤジュピタがこのレースを勝っているが、その再来となるような馬とは思えない。
なら同じように外枠だが、2着ウインバリアシオンのほうを押さえておきたいが、こちらも全盛期の実力はもうなくなっていそう。
ホッコーブレーヴは捨てる。去年の3着は1周目の4コーナーあたりから最後の直線手前まで、ずっと最内で折り合って何もせず脚を溜めた最高の位置取りができたおかげだと思っている。2年も続けてそんなに上手くいくとも思えないし、上手くいったとしても去年のように3着なのだから少し実力不足なのではないか。それにこのタイミングで幸に乗り替わるというのも狙いにくい。
他に、有力どころではゴールドシップ、デニムアンドルビー、フェイムゲームの3頭は京都の高速馬場適性があるようには思えない。
ゴールドシップは周知の通りで、万が一スタートが決まって先行して、ハイペースの消耗戦になればチャンスがあるのではないかとは思うが、それでも2年前は直線で伸びなかった。
デニムアンドルビーは2年前のJCの2着に惑わされるのだが、この馬も切れる脚はなく高速馬場は合わないはず。阪神大賞典やローズSのように時計のかかる馬場が合っていると思っている。JCの2着は3歳牝馬の軽量のおかげと見る。本当に切れる末脚がある馬なら、去年の天皇賞秋で進路が開いてから追い出しを始めた後にヒットザターゲットに軽く交わされるようなことはなかったはず。
そしてフェイムゲームも、去年のこのレースで平凡な上がりで6着というあたりに馬場適性のなさを感じる。
それなら京都記念の1、2着馬。ラブリーデイとスズカデヴィアスを狙う。同じよう高速馬場の前残り。そんな展開があっても驚けない。
あとは、どうしても迷ってしまうキズナ。この馬に3200mが合うようには思えない。
と、一通り見渡してみると、どうしてもこの枠順が気になってしまう。有力馬が外に固まっているが京都開幕2週目で外決着になるのだろうか。そんな中で菊花賞と同じ1枠1番にゴールドシップが入っているのがどうも怪しく感じてしまう。

1枠1番ゴールドシップ横山典58
1枠2番カレンミロティック蛯名58
2枠3番ネオブラックダイヤ秋山58
2枠4番ラストインパクト川田58
3枠5番タマモベストプレイ津村58
3枠6番ホッコーブレーヴ58
4枠7番トーセンアルニカ池添56
4枠8番スズカデヴィアス藤岡佑58
5枠9番クリールカイザー田辺58
5枠10番ラブリーデイルメール58
6枠11番フーラブライド酒井56
6枠12番デニムアンドルビー浜中56
7枠13番キズナ武豊58
7枠14番フェイムゲーム北村宏58
8枠15番サウンズオブアース内田58
8枠16番ウインバリアシオン福永58
8枠17番アドマイヤデウス岩田58



サウンドガガは中山でよう勝っとるが、前行く馬やったら中山から京都に変わってマイナスっちゅうことはないやろ。前走はハイペースで潰れただけで、このメンバーで京都やったらそのまま押し切れるやろ。

◎サウンドガガ 11
複勝700円 11


結果:複勝1330円的中 +630円
サウンドガガ完勝やったな。前残り京都やったらさすがに強かったで。
posted by ナイト at 11:07| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする