2015年06月28日

スパーキングレディーC予想

58キロでも牝馬相手ならサンビスタ。
それにトロワボヌールが続いて、1600mならサウンドガガは少し落ちる。
ピッチシフターを地方馬として一応押さえるまで。
メイショウマンボはダートであろうと芝であろうと今の状態なら走れなさそう。

◎サンビスタ 7
○トロワボヌール 2
△サウンドガガ 3
△ピッチシフター 8
三連複300円 2-3-7
三連複200円 2-7-8

自信度★★★★☆
posted by ナイト at 19:22| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

宝塚記念予想3&パラダイスS裏予想

金曜日の雨で思っていたよりも一気に馬場が悪くなって、こうなればゴールドシップは外せないのではないか。少なくとも、デニムアンドルビーに逆転の目は内容に思える。
一発があるならば、ディアデラマドレの末脚がはまるか、ダービー馬ワンアンドオンリーがかなり強いというパターンではないか。

1枠1番ショウナンパンドラ池添56
1枠2番トーセンスターダム武豊58
2枠3番ネオブラックダイヤ秋山58
2枠4番アドマイヤスピカ58
3枠5番カレンミロティック蛯名58
3枠6番デニムアンドルビー浜中56
4枠7番ワンアンドオンリーデムーロ58
4枠8番ディアデラマドレ藤岡康56
5枠9番トウシンモンステラ和田58
5枠10番オーシャンブルー松山58
6枠11番ヌーヴォレコルト岩田56
6枠12番レッドデイヴィス松若58
7枠13番ラキシスルメール56
7枠14番トーホウジャッカル酒井58
8枠15番ゴールドシップ横山典58
8枠16番ラブリーデイ川田58

単勝100円 8
ワイド各100円 7-8 8-15 7-15

自信度★★☆☆☆


良馬場やったらブレイズアトレイルなんやが、土曜日は稍重。微妙な馬場状態や。それに騎手見て買う気失せたわ。まあ、重賞やなかったらこいつはあっさり勝つんやろうけどな。
今回、あまりにも人気なさそうなコウヨウアレス狙うで。去年の2着馬やで。復活してもおかしないやろ。

◎コウヨウアレス 3
複勝500円 3


結果:-500円
スマートオリオンが1400で走るとはな。2着カオスモスは得意のコースやから買えてもスマートオリオンは買えんて。
posted by ナイト at 00:05| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

東京JS予想&宝塚記念予想2&大沼S裏予想

エーシンホワイティとオースミムーンの一騎打ちか。ただオースミムーンは故障明け、転厩初戦と狙いにくい材料が揃っている。実績ほどの信頼は今回はできなさそう。
ならば3110mと短めの距離のここはタマモプラネットを警戒したい。
これにダノンゴールド、ウォンテッドまで押さえておけば十分だろう。ウォンテッドは前走東京で負けはしたが、出遅れて後方からで前残りの競馬を差せなかっただけ。

◎エーシンホワイティ 14
○タマモプラネット 7
▲ダノンゴールド 12
△オースミムーン 1
△ウォンテッド 3
ワイド各100円 7-14 12-14 1-14 3-14 7-12
自信度★★☆☆☆


ディアデラマドレがスイープトウショウのイメージなら、2着ハーツクライのイメージは同じような4歳馬で、ダービーで好走した、そのハーツクライの仔ワンアンドオンリーでどうだろうか。阪神は相性がいいし多少馬場が渋っても大丈夫だろう。前から行くのか後ろから行くのか全く読めないのでどんな競馬をするのか分からないが、去年の秋の不調から脱してドバイで3着に来れるだけの状態に戻ったのであればこのメンバーなら力は上だろう。
他には、阪神、雨ともに得意なデニムアンドルビー。ただどうしても劣化版ゴールドシップという印象がぬぐえない。押さえまで。
ラキシスは正直なところ阪神2200mで走るイメージがない。父ディープインパクトに母父ストームキャットは、父ステイゴールドに母父メジロマックイーンと並んで注目されているニックス配合ではあるが、その代表産駒はキズナ、サトノアラジン、エイシンヒカリ、アユサン、リアルスティールなど、重賞で結果を残しているのはマイルに近い距離が多い。キズナも年齢を重ねて長距離では厳しくマイラーではないかと言われている。このラキシスもそこが不安材料。エリザベス女王杯を勝っている馬に対してこの意見はおかしいと思われること間違いなしだと思うが、荒れた新潟のオールカマーではマイネルラクリマに並びかける勢いから最後に失速して2着、有馬記念でも前残りの展開に恵まれ抜群の手ごたえで直線に向きながら最後は失速。ベストは2000mではないだろうか。2200mなら、エリザベス女王杯のように軽い芝でスローペースの、スタミナを消耗しない高速馬場のほうがよさそうな印象。
では同じように人気しそうな牝馬、ヌーヴォレコルトはというと、中山記念で倒した相手がロゴタイプでは物足りない。しかも内を上手くさばいて僅差での勝利では少し力不足ではないだろうか。ヴィクトリアマイルから距離が伸びるのは間違いなく好材料だが、それでもエリザベス女王杯でラキシスに完敗だったあたりからも、力不足感は否めない。
他には、カレンミロティックは陣営のトーンがあまり上がっておらず、天皇賞春がピークだったような感触がある。それに、去年のような荒れ馬場や、天皇賞春のような上がりのかかるスタミナ勝負は得意かもしれないが、これまでの成績を見ても雨で重馬場となると下手。今年は厳しいのではないだろうか。
トーホウジャッカルはぶっつけでここは厳しいだろうが、去年の菊花賞でジャッカルおじさんが現れたのなら、いつぞやのヒシミラクルおじさんが現れた時と同様、このトーホウジャッカルも宝塚記念を勝ってしまう可能性はないだろうか。そういう意味では今回のこの馬は馬券の軸というより単穴という狙いがぴったりではないだろうか。

1枠1番ショウナンパンドラ池添56
1枠2番トーセンスターダム武豊58
2枠3番ネオブラックダイヤ秋山58
2枠4番アドマイヤスピカ58
3枠5番カレンミロティック蛯名58
3枠6番デニムアンドルビー浜中56
4枠7番ワンアンドオンリーデムーロ58
4枠8番ディアデラマドレ藤岡康56
5枠9番トウシンモンステラ和田58
5枠10番オーシャンブルー松山58
6枠11番ヌーヴォレコルト岩田56
6枠12番レッドデイヴィス松若58
7枠13番ラキシスルメール56
7枠14番トーホウジャッカル酒井58
8枠15番ゴールドシップ横山典58
8枠16番ラブリーデイ川田58



今年はエーシンモアオバー出てこんのや。エルムS直行らしいわ。夏の北海道ダート1700mいうたらエーシンモアオバーいうイメージの人も多いんちゃうか。
まあ今年のメンバーやったら牝馬でもカチューシャで決まりやろ。北海道は6戦3勝、2着3回やで。カーティスバローズあたりも北海道で強そうやが、そんな適正を上回るくらいにカチューシャは実力が上やろ。
穴狙うならツクバコガネオーやな。

◎カチューシャ 11
▲ツクバコガネオー 5
複勝1500円 11
ワイド300円 5-11


結果:複勝1950円的中 +150円
ジェベルムーサは実力はあるのは分かっとるが切れる脚ない馬や。ゴールドシップに似とるタイプや。そやから小回りで距離も短い1700mでは勝負にならんと思ったが、岩田はこの馬のことようわかっとったな。超早まくりで見事やった。これされたらツクバコガネオーに出番はないわ。
posted by ナイト at 19:48| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

帝王賞結果

クリノスターオーのハイペースの逃げを潰しに行ったクリソライト。砂をかぶると弱いなどと言われているが、力を出し切ればG1級の力がある馬で、3コーナーでクリノスターオーを捕えると単独先頭に立ち後続を突き放す勢いで進んでいく。
しかし、クリソライトがいくらG1級でも、超G1級のホッコータルマエはさすがの強さだった。そのクリソライトを追いかけるように動いて行くと、直線ではきっちりと先頭を捕えて1着でゴール。狙いすましたかのような差し切りで、ついに歴代最多タイとなるジーワン9勝目。単独トップの10勝目も見えてきた。
3着にはホッコータルマエと同じように伸びてきたハッピースプリント。それでもやはり中央の上位勢には力及ばなかった。
ワンダーアキュートは伸びを欠いて8着。東京大賞典でも大敗したが、最近はマイルくらいの距離のほうが合っているのだろうか。
クリノスターオーはクリソライトに競りかけられる厳しい競馬に耐えられず、最後は失速して6着。

1枠1番ホッコータルマエ57
2:02.7
5枠5番クリソライト武豊57
2:02.9
7枠9番ハッピースプリント宮崎光57
2:03.4
6枠7番ユーロビート吉原57
2:04.3
7枠10番ニホンピロアワーズ酒井57
2:04.4
6枠8番クリノスターオー岩田57
2:04.6
2枠2番トーセンアレス今野57
2:04.8
5枠6番ワンダーアキュート和田57
2:05.0
4枠4番ジョーメテオ的場文57
2:05.3
8枠12番サイモンロード丸野57
2:05.9
8枠11番タッチデュール佐藤55
2:07.6
3枠3番リワードレブロン永森57
2:09.3

結果:馬単1520円的中 +1120円
posted by ナイト at 23:56| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

帝王賞予想2&宝塚記念予想1

地方交流競走の幸というのは1番人気の戸崎とは逆で結構信頼できるはず。ドバイ帰りのゴールデンバローズは負けてしまったが、ホッコータルマエは1着固定で馬単勝負。

1枠1番ホッコータルマエ57
2枠2番トーセンアレス今野57
3枠3番リワードレブロン永森57
4枠4番ジョーメテオ的場文57
5枠5番クリソライト武豊57
5枠6番ワンダーアキュート和田57
6枠7番ユーロビート吉原57
6枠8番クリノスターオー岩田57
7枠9番ハッピースプリント宮崎光57
7枠10番ニホンピロアワーズ酒井57
8枠11番タッチデュール佐藤55
8枠12番サイモンロード丸野57

馬単200円 1-5 
馬単各100円 1-8 1-6

自信度★★★★☆


ゴールドシップ3連覇の期待がかかるが、今年は多頭数でのレース。そして有馬記念以後AJCCを挟んで休みなしのローテーション。この2点がどの程度ゴールドシップに影響してくるのか。
そして、去年までは切れる脚の使えるタイプの馬がいなかった。正確にはジェンティルドンナやトーセンラー、ウインバリアシオンがいたが荒れ馬場や故障で持ち味が出せなかった。切れる脚の使えないタイプ相手に宝塚記念を連覇してきたゴールドシップだが、もしある程度の荒れ馬場でも切れる脚を使える馬がいれば、それはゴールドシップにとって脅威になるのではないだろうか。ゴールドシップが持久戦に持ち込み先行馬を潰しにかかり、早め先頭で押し切ろうとするところを、最後に外から飛んでくる馬に差されてもおかしくない。
ここまで来れば、今年の宝塚記念で狙おうとしている馬は察しが付くのではないだろうか。後方から強烈な末脚で追い込む馬。その馬はしかも阪神コース3戦3勝。2200mでもG1で3着の実績がある。
本命はディアデラマドレ。
ここ2走は距離不足。追走に苦労して脚がたまらず、差し届かないような競馬だった。それに比べてこの阪神2200mなら前半でペースは落ち着いて脚は溜まるはず。エリザベス女王杯はどスローの流れながらも直線に向くと一瞬で先頭争いに並びかけてきたあの末脚には驚いた。あのレースでは、負けはしたがこの馬が一番強い競馬をしたように思えた。
まさにイメージは10年前にこのレースを制したスイープトウショウ。今は記事が消えているがこのブログの前身のブログで、10年前に11番人気だったスイープトウショウを穴馬に指名した時と同じように、今年も10番人気くらいになりそうな牝馬の追い込みが決まらないだろうか。

◎ディアデラマドレ
posted by ナイト at 12:35| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

帝王賞予想1

インカンテーションが骨折で回避。2頭軸で行こうと思っていたが、ホッコータルマエの1頭軸に切り替えていく。
対抗にクリソライト。2000mなら実力上位のはず。ただ、ムラがあるので軸にはできない馬。続いてワンダーアキュート、クリノスターオー。
ハッピースプリントはあって3着までだろう。

1枠1番ホッコータルマエ57
2枠2番トーセンアレス今野57
3枠3番リワードレブロン永森57
4枠4番ジョーメテオ的場文57
5枠5番クリソライト武豊57
5枠6番ワンダーアキュート和田57
6枠7番ユーロビート吉原57
6枠8番クリノスターオー岩田57
7枠9番ハッピースプリント宮崎光57
7枠10番ニホンピロアワーズ酒井57
8枠11番タッチデュール佐藤55
8枠12番サイモンロード丸野57
posted by ナイト at 00:50| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

ユニコーンS&函館スプリントS結果

やっぱり戸崎。中団で折り合いを少し欠いて、そのまま直線の伸びを欠いて4着。圧倒的人気に応えられなかったゴールデンバローズ。1番人気の戸崎の信頼度はどうしてこうも低いのか。
勝ったのは出遅れて後方からものすごい脚を使ったノンコノユメ。重賞のメンバー相手でも強烈な末脚での差し切りを決めた。この末脚は本物か。東京以外で通用するかどうかを見たい。
2着には前で残ったノボバカラ。人気のブチコを含めて3頭が逃げる展開で、この馬がしぶとく粘った。縦長の展開で後続が末脚を伸ばすものの、稍重の馬場でなかなか前には届かないような展開となった。
3着にアルタイル。ゴールデンバローズと並ぶように追い込んで来たが、逃げるノボバカラは交わせず、またノンコノユメの末脚の切れ味には劣ってしまった。
ブチコは5着。

1着:ノンコノユメ △
2着:ノボバカラ
3着:アルタイル ◎

4着:ゴールデンバローズ ○
5着:ブチコ
結果:ワイド520円的中 -180円


ティーハーフが最後方からまくって一気に先行馬を飲み込むものすごい末脚を発揮。サドンストーム、ラッキーナインの弟で素質は期待されていた馬が、ここにきて急に力をつけてきた。驚きの末脚で大外から全馬まとめて差し切り、さらに2馬身半の差をつける完勝だった。
2、3着にも外から差して来たアースソニックとレンイングランド。
逃げたフギンがあっさり失速し、それに変わって先頭に立ったアンバルブライベンと、内の馬が揃って先行していただけに、毎年の函館スプリントS同様、内枠の馬がどん詰まって外差しが決まる形になった。
アンバルブライベンは5着。最後の末脚勝負になると劣るだけに、先手を取れなかったのが痛かったのか。
ローブティサージュは内に入れてきっちり詰まって、しかもその前の馬が先行して思いっきりバテたためにそのまま一緒に後方まで下がらざるを得なくなり15着。ひどい詰まり方だった。
コパノリチャードは14着。こちらは詰まったわけではないが、この馬の持ち時計通りは走っている。もう少しやれるとは思うが、1200mならこの程度の馬と言われても正直驚かない。

1着:ティーハーフ
2着:アースソニック
3着:レンイングランド

4着:セイコーライコウ △
5着:アンバルブライベン ○
結果:-500円
posted by ナイト at 15:55| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

ユニコーンS&函館スプリントS予想&米子S裏予想

3歳ダート界のなかで飛び抜けて強いゴールデンバローズ。ここではなく帝王賞に出てほしいというほどのパフォーマンスを見せてきている。これに乗るのが戸崎なのだから、戸崎を本命にしないと決めているこちらとしては本当に困った。
はまれば怖いのはノンコノユメ。出遅れて後方からメンバー最速の上がりで突っ込む競馬を繰り返しており、はまった時に前走のような信じられない上がりを見せる。ただ、前走はスローの直線勝負だったので、切れる脚が使えるこの馬が本当にはまった印象。今回はペースも早くなりそうで、いつもどおり最後方で脚を溜めるも最後が少し鈍るのではないだろうか。
その前走青竜Sで3着だったアキトクレッセントはノンコノユメとは逆に、スローで上がりの切れる脚が求められる展開で切れる脚の使える差し馬に屈しただけ。しかもこの馬だけ57キロだったことも考えると、十分評価できる内容だった。ただ、それでも最後の失速を見ると、重賞なら簡単に捕まってしまうのではないかと不安になる。
本命は、そのノンコノユメとアキトクレッセントの間の2着に入ったアルタイル。前走は前に行って逃げたアキトクレッセントを捕えての2着。2走前は追い込みの届きにくい中京で後方から大外を回すロスの多い競馬で2着で、前走のような好位に付けていれば勝てていたのではないかというような内容だった。
他には、タップザットはヒヤシンスSで見せ場がなかったが、福永が詰まったいつものこと。まだ見切れない。
ダートでまだ底を見せていないラインルーフは、前走のタイムがまずまずだったので評価はしたいが、直線入り口で勝ち馬に簡単に置いて行かれたのが気に入らず、距離が短くなっていいようには感じない。
ヒヤシンスS2着で強いと感じたイーデンホールは転厩後うまく調整できていないようで、今回も不安が大きい。
それなら穴で、東京では崩れていないダイワインパルス。
ゴールデンバローズを本命にしないと言ってもどうせこの馬が勝つのだろうと思っているので、2着3着を当てるワイドを狙う。それなら三連複2頭軸にすればいいのではと思われそうだが、戸崎は本命にしないと決めたのだからしない。

◎アルタイル 6
○ゴールデンバローズ 12
▲タップザット 14
☆ダイワインパルス 2
△アキトクレッセント 4
△ノンコノユメ 10
ワイド200円 6-12
ワイド各100円 6-14 2-6 4-6 6-10 12-14

自信度★★☆☆☆


アンバルブライベン、コパノリチャード、セイコーライコウ、ローブティサージュ。この4頭の実績が上位で、狙うのもこのあたりになるだろう。
本命は洋芝で3戦3連対のローブティサージュ。
対抗に平坦専用機のアンバルブライベン。洋芝適性が分からないので本命にはしなかったが、今までのように平坦なら簡単に押し切るかもしれない。
コパノリチャードは58キロはしんどいし、何度も書いているが1200mのスピードはそもそもないと思っている。1200mG1馬のくせに持ち時計は1分9秒2。函館でも開幕週なら1分8秒台はほしい。
セイコーライコウは去年大外から4着に飛んできた脚はすごかったが、すでに8歳というのが不安。
穴はフギン。開幕週で1枠1番ならもう思い切って男藤田が逃げるか、アンバルブライベンをつつくかぐらいは見せてほしい。ここ4走は最下位とブービーしかないが、去年の連勝の勢いを考えると単純に夏馬なのではないか。
メイショウイザヨイも同じような雰囲気がする馬だが7か月ぶりなので捨てる。

◎ローブティサージュ 6
○アンバルブライベン 3
▲フギン 1
△コパノリチャード 7
△セイコーライコウ 11
馬連100円 3-6
ワイド各100円 1-6 6-7 6-11 1-3

自信度★★☆☆☆


オープン特別のくせになかなかの好メンバーやで。ただ、雨降るっちゅうのがどうも予想しにくいわ。
阪神ならスマートレイアーなんやが、雨がええとは思えへん。サンライズメジャーは59キロなんか背負うし、これも嫌やわ。
いうたら結局いつものサトノルパン、オリービン、マウントシャスタあたりから選べっちゅうことか。
サトノルパンはマイルやとかかるんが怖いから狙いにくいわ。
ここは阪神。やっぱりオリービンやろ。

◎オリービン 3
複勝500円 3


結果:複勝1150円的中 +650円
雨降るんちゃうかったんかいな。ええ天気の良馬場や。これやったらスマートレイアーのもんで当然やわな。オリービンも相変わらず阪神やったら強いで。
posted by ナイト at 21:14| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

天保山S裏予想

マルカバッケンて8歳で35戦もしとんのに34戦が1200mやで。今回が2回目の1400mや。実はこの距離で強かったりせんのやろか。
本命考えるならキョウワダッフィーやが、ダート阪神1400で最内枠は嫌や。かといってエイシンゴージャスが1番人気なるくらいやったら、まだマルカバッケン狙いたいわ。

◎キョウワダッフィー 1
○マルカバッケン 8
複勝500円 8


結果:-500円
マルカはやっぱり1200の馬なんか、それともう8歳やし衰えもあるんやろな。エイシンゴージャスは今回なんやったんや。簡単に馬群に沈んだで。
posted by ナイト at 12:43| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

プリンスオブウェールズS結果

イギリスのG1、プリンスオブウェールズSに挑戦したスピルバーグ。鞍上はスミヨンで5番枠からの出走。

9頭立ての7番手あたりの外目に位置取り、直線での末脚に懸ける競馬となった。
しかし、直線では内にいた馬が外に持ち出そうと、終始馬体を外にいたスピルバーグにぶつけて来る形になり、海外の競馬らしく鞍上スミヨンも譲らず激しい競馬に。
合わせ馬の形で伸びて来ることを期待したが、最後の最後まで2頭で馬体をぶつけ合い最後は止まってしまい6着。イギリスのアップダウンも激しいタフな馬場にも適応できなかったか。あとは、やはり左回りのほうがいいのかもしれない。
posted by ナイト at 00:28| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

マーメイドS&エプソムC結果

相変わらず分からないレースで、スローペースなのに差しが決まる結果に。
ウインプリメーラが好位抜け出しで先頭に立つが、後方から早めに仕掛けたマリアライトとパワースポットが差してくる。それをさらに外から一気に差し切ったのはシャトーブランシュ。今回は勝ちタイムが2分台と、少し時計のかかる馬場が合っていたのかもしれない。

1着:シャトーブランシュ
2着:マリアライト
3着:パワースポット ◎

4着:ウインプリメーラ
5着:フェリーチェレガロ
結果:複勝430円的中 +30円


エイシンヒカリが逃げて、直線で少し外にヨレるとその開いた内に突っ込んだサトノアラジン。馬群を割って一気に突っ込んでエイシンヒカリを交わそうかという勢いで上がってくる。
しかし、結局はいつものサトノアラジン。抜群の手ごたえから抜け出して来て途中で止まった。ここ2走の圧勝はなんだったのか。外を回した方がこの馬には合っているのか。
結局、エイシンヒカリがそのまま押し切る強い競馬で重賞初勝利を決めた。
2着にはサトノアラジン。
3着は外から差して来たディサイファ。4着にフルーキー。5着にヒラボクディープと固い決着となった。

1着:エイシンヒカリ ○
2着:サトノアラジン ▲
3着:ディサイファ △

4着:フルーキー ◎
5着:ヒラボクディープ △
結果:-500円
posted by ナイト at 16:01| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

マーメイドS&エプソムC予想

マーメイドSはJRAの重賞の中でも予想の難しさはトップを争うレベルだと思っている。下級条件の馬ばかり出てくるハンデ戦。内回り阪神コースなのに追い込み馬がやたらと来る。そして騎手買いしようにも藤懸や酒井、岩崎といった騎手が来る。いったい何を信じればいいのか分からない。
リラヴァティは逃げるのだろうか。2走前にこのコースで勝っていることは評価したい。
パワースポットは怖い。ここ2年がディアデラマドレにマルセリーナ。似たような追い込み馬と考えればこの馬になるだろう。福島牝馬Sは最後方から上がり最速という横山典弘の十八番。その前の中山牝馬S、京都牝馬S両方で3着が評価できるだけに、ここでも狙いたい。
アドマイヤギャラン。この馬が牝馬であるということに驚いた。てっきり牡馬だと思っていた。去年の小倉での1600万勝ちの内容がよく、休み明け2走目で怖い。
イリュミナンスとウインプリメーラはどちらも2000mの実績がなく距離に不安はある。ウインプリメーラは斤量も54キロでしかも大外枠と狙いにくい。
穴はフィロパトール。福島巧者に思えるが、中山でも勝ち星がある。小回りコースが得意だとすれば、内回りの今回は少し怖い。
シャトーブランシュやバウンスシャッセ、レッドセシリア、メイショウスザンナは時計のかかる馬場で強い印象。良馬場の内回りコースで反応良く鋭く抜け出す脚は他馬に劣りそう。
アースライズはオークス4着からの参戦。ただ、桜花賞で8着だったあたりからも、内回りの2000mで反応良く抜け出すような脚があるとは思えず、ある程度スタミナの問われるコースでじりじりしぶとく伸びるようなタイプだろう。

◎パワースポット 13
○アドマイヤギャラン 15
▲リラヴァティ 8
△フィロパトール 5
複勝各100円 13 15 8 5
自信度☆☆☆☆☆


2走前に中山で32秒7の信じられない上がりを出したサトノアラジン。これくらいの距離が合うだろうとは思っていたが、ここまで急変したのは信じられない。そして、おそらく多くの人が思っていることだとは思うが、重賞になると人気のサトノは来ない。
このコースならディサイファかと思うが、8枠での重賞勝利が10年以上ないというような四位でこの8枠は狙えない。どうせ大外を回って伸びないのだろう。
本命は安田記念予想1でも推したがフルーキー。ここにスライドして来たからには勝たなければかっこ悪すぎる。逆に、1週スライドさせた分、調子が落ちているのではないかという不安もあるが、ここはきっちり結果を残してもらいたい。とはいっても、善戦マンのこの馬なので本命にはするが1着で狙えるとは思えない。
あとはエイシンヒカリと、復調気配のヒラボクディープ。
アーデントとユールシンギングは持ち時計がないのが不安。エイシンヒカリが逃げればタイムは早くなるだろうから、ここでは狙いにくい。
フェスティヴタローは前走53キロのハンデだったし、エイシンヒカリがいれば前走のようにハナを奪うことはできないのではないか。
マイネルホウオウは復調してきているかもしれないが、そもそも勝ったNHKマイルCがインパルスヒーロー、フラムドグロワールというレベルの低いメンバーだったことが気に入らない。

◎フルーキー 11
○エイシンヒカリ 6
▲サトノアラジン 2
△ヒラボクディープ 4
△ディサイファ 12
ワイド200円 6-11
ワイド各100円 2-11 4-11 11-12

自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 15:59| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

アハルテケS裏予想

表の予想はよう当たるのに、裏予想は最近さっぱりあかんわ。
追い込み強烈なサウンドトゥルーやが前々走オープンで3着。やっぱりオープンやと前も止まらんから簡単には差し切れんやろ。
メイケイペガスターとかジョヴァンニとかはいつ走るんかようわからん馬や。
そやったら東京マイル得意のサトノプライマシーやろ。
穴でワンダーコロアールや。前走は休み明けで馬体重マイナス12キロやで。
まさかアドマイヤロイヤルやダノンカモンで決まったりせんやろ。2年前ならこの2頭で鉄板やが今は2015年やで。

◎サトノプライマシー 1
○ワンダーコロアール 7
ワイド500円 1-7

結果:-500円
相変わらず戸崎っちゅうやつは人気無かったら来るんやな。アドマイヤロイヤルはようがんばったけど重賞ではもう無理やろな。そろそろ引退やろか。
posted by ナイト at 22:28| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

関東オークス&北海道スプリントC結果

ホワイトフーガが逃げると3コーナーあたりから全く後続が付いて行けず、そのままホワイトフーガの独走。大差をつけての圧勝で関東オークスを制した。
2着にはポムフィリア。ただこれだけ離されては力の差がありすぎる。もっと距離が縮まったほうがやれるのではないか。
3着には地方馬トーセンマリオン。
アルビアーノは4着。ダートが合わなかったというしかないだろう。
全体的に、2着以降は大きく離されすぎてどの馬も距離適性がなかったのではないだろうか。時計のかかる馬場状態だったのだろうが、2分20秒台というタイムはものすごく遅い。今までとは全く違うタフさが求められるレースで、戦績がアテにならないレースだったように思う。

8枠12番ホワイトフーガ大野54
2:18.3
6枠8番ポムフィリア戸崎54
2:20.6
6枠9番トーセンマリオン左海54
2:21.4
4枠5番アルビアーノ柴山54
2:21.8
7枠11番サブノハッピー柏木54
2:22.0
1枠1番スターオブハピネス笹川54
2:22.6
5枠6番トーコーヴィーナス田中学54
2:22.7
8枠13番プリンセスボーラー畑中54
2:23.1
2枠2番スキースクール54
2:23.1
3枠3番ジェットシティ本田正54
2:23.5
7枠10番ユメハオオキク丹内54
2:27.7
4枠4番ヴィグシュテラウス赤岡54
2:29.4
5枠7番ホレミンサイヤ安部54
2:31.6

結果:ワイド390円的中 -110円


ダノンレジェンドのスタートが悪く後方からの競馬に。外を回って道中位置取りを上げていくが、なかなか前には取り付けず。直線でも大外から追い込むも3着止まりでついに連勝ストップ。逃げないと持ち味が出ないということだろう。
勝ったのは逃げ切り勝ちのシゲルカガ。2着には2番手から残ったポアゾンブラック。門別のコースというのは時計がかかるコースなので、追い込み馬は極端に切れる脚も使えず、前が残りやすいということなのだろう。
タイセイレジェンドは得意のはずの1200mでも大敗。もう終わってしまったのか。

1着:シゲルカガ ○
2着:ポアゾンブラック △
3着:ダノンレジェンド ◎

4着:アドマイヤサガス ▲
5着:アウヤンテプイ △
結果:三連複1080円的中 +580円
posted by ナイト at 21:34| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

関東オークス&北海道スプリントC予想

今年も関東オークスは難しい。
1番人気はアルビアーノだろうか。ダート初挑戦のこの馬がどの程度やれるのか。血統的には父が去年このレースを制したエスメラルディーナと同じということで、十分やれそうな印象はある。
それでも本命はホワイトフーガ。こちらも距離2100mには少し不安があるが、中山1800mで勝ちがあるというのは他の馬に比べて信用できる。
続いて中央で注目されそうなのは兵庫CS3着のポムフィリアか。この馬は中央では1200mで追い込み勝ちばかりで、前走は1870mでも同じように追い込んで3着。ただ、1、2着の中央馬には大きく離されての3着で、今回はさらに距離が伸びることに不安がある。
ダート2勝のスキースクールはパイロ産駒で1200mでしか勝ち星がなく、2100mで走れる気がしない。
それなら地方馬も押さえる必要があるだろう。
今回のメンバーで南関東トップはジェットシティか。そして、兵庫の3歳牝馬トップのトーコーヴィーナスも参戦。この2頭か。

1枠1番スターオブハピネス笹川54
2枠2番スキースクール54
3枠3番ジェットシティ本田正54
4枠4番ヴィグシュテラウス赤岡54
4枠5番アルビアーノ柴山54
5枠6番トーコーヴィーナス田中学54
5枠7番ホレミンサイヤ安部54
6枠8番ポムフィリア戸崎54
6枠9番トーセンマリオン左海54
7枠10番ユメハオオキク丹内54
7枠11番サブノハッピー柏木54
8枠12番ホワイトフーガ大野54
8枠13番プリンセスボーラー畑中54

ワイド各100円 5-12 8-12 3-12 6-12 5-8
自信度★★☆☆☆


ダノンレジェンドの勢いは止まらないのか。メンバーを見るとここもあっさり勝って重賞4連勝となりそう。
相手は中央馬と、2年連続このレース4着のアウヤンテプイと、地方移籍後初戦のポアゾンブラック。
相手筆頭はシゲルカガ。この馬を多めに絡めた三連複で狙う。

◎ダノンレジェンド 5
○シゲルカガ 8
▲アドマイヤサガス 4
△ポアゾンブラック 6
△タイセイレジェンド 9
△アウヤンテプイ 10
三連複各100円 4-5-8 5-6-8 5-8-9 5-8-10 4-5-6
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 22:39| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

安田記念&鳴尾記念&トゥクソムC結果

モーリスがスタートを決めて好位からの競馬。不安材料だったスタートを決めると、直線入り口ではもう先頭に並びかけようかという抜群の手ごたえ。そこから抜け出しそのまま押し切りをはかる。
そこに外から追い上げてきたのはヴァンセンヌ。持ち時計がなかったこの馬だが、中団から外に持ち出すと直線で一気に末脚を伸ばし先頭のモーリスに迫る。
しかし、その追い上げをクビ差しのぎ切ったモーリスが見事に初G1挑戦でG1制覇。4連勝でマイル界の頂点に立った。前走の内容からも実力は疑いなかったが、不安材料も多かったのでなかなか本命にはしにくい馬だったが、不安を全て払拭する見事なレース内容だった。
2着にヴァンセンヌ。着実に成長を続けてここでも2着。前走に続いて前が残るようなペースだったがきっちり追い込んで来て、G1でも通用するだけの力をつけていたことを証明した。ただ、またしても福永は差し切れず2着。あとは京都のような軽い芝の適正が気になるところ。
3着クラレントは得意の左回り、そして前が残る展開ということで今回は条件が整っていた。ただ、それでも3着だったあたり、G1を勝つには少し力不足ということだろう。
フィエロは伸びきれず4着。人気を背負った戸崎は相変わらず買えない。それに、この馬は東京より京都のほうが向いている印象がある。秋が勝負ではないだろうか。
ダノンシャークは見せ場なしの10着。アクシデントで阪急杯から直行になってしまった影響があったのかもしれない。
ダイワマッジョーレは最近出遅れ癖が治らない。今回も出遅れて後方からの競馬で勝負にならなかった。

3枠6番モーリス川田58
1:32.0
7枠13番ヴァンセンヌ福永58
1:32.0
6枠12番クラレント田辺58
1:32.2
5枠10番フィエロ戸崎58
1:32.4
8枠15番ケイアイエレガント吉田豊56
1:32.5
6枠11番ブレイズアトレイルルメール58
1:32.5
8枠16番カレンブラックヒル武豊58
1:32.5
4枠8番レッドアリオン川須58
1:32.7
8枠17番エキストラエンド蛯名58
1:32.7
1枠2番ダノンシャーク岩田58
1:32.7
1枠1番サンライズメジャー池添58
1:32.8
5枠9番リアルインパクト内田58
1:32.9
7枠14番サトノギャラント柴山58
1:32.9
2枠4番メイショウマンボ武幸56
1:33.0
3枠5番ミッキーアイル浜中58
1:33.0
2枠3番ダイワマッジョーレデムーロ58
1:33.0
4枠7番サクラゴスペル横山典58
1:33.1

結果:ワイド4940円的中 +4340円


トウケイヘイローが逃げて、それにメイショウナルトやグランデッツァあたりが続いて行ったまま、道中のペースがずっと緩まないレース展開になり、先行馬は全滅。
中団から抜け出して見事に突き抜けたのはラブリーデイ。思いのほか馬場の回復が早く、良馬場で時計も1分58秒台という早い時計の決着。これならラブリーデイの出番だった。
2着には後方から追い込んだマジェスティハーツ。内回りコースでは厳しいかと思ったが、展開に恵まれた面もあったが見事な追い込みだった。ムラがあるのが問題ではあるが、やはり神戸新聞杯2着の実力があるだけに、はまれば素晴らしい末脚を持っている。
3着にはアズマシャトル。
直線で早めに抜け出したエアソミュールは仕掛けが早かったことと、相変わらずかかり気味だったこともあって4着。本当に安定して結果を残せない、難しい馬で狙い時が分からない。

1着:ラブリーデイ
2着:マジェスティハーツ
3着:アズマシャトル ○

4着:エアソミュール ◎
5着:グランデッツァ
結果:-300円


JRA初となる韓国遠征。エスメラルディーナがトゥクソムCに出走。
韓国の競馬のレベルはおそらく低いと思うので、ここでは力が違ったのだろう。結果は圧勝。関東オークスに続く重賞2勝目となった。
posted by ナイト at 16:14| Comment(2) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

安田記念予想3

ヴァンセンヌを強いとは思わないが、他にこれと言って狙いたい馬がいない。
そして、思っていたより馬場が回復して時計が早い決着になりそうで、そうなればダイワマッジョーレを狙う気も起きない。評価を下げる。
逆に馬場が良くなればダノンシャークの出番がありそうか。

1枠1番サンライズメジャー池添58
1枠2番ダノンシャーク岩田58
2枠3番ダイワマッジョーレデムーロ58
2枠4番メイショウマンボ武幸56
3枠5番ミッキーアイル浜中58
3枠6番モーリス川田58
4枠7番サクラゴスペル横山典58
4枠8番レッドアリオン川須58
5枠9番リアルインパクト内田58
5枠10番フィエロ戸崎58
6枠11番ブレイズアトレイルルメール58
6枠12番クラレント田辺58
7枠13番ヴァンセンヌ福永58
7枠14番サトノギャラント柴山58
8枠15番ケイアイエレガント吉田豊56
8枠16番カレンブラックヒル武豊58
8枠17番エキストラエンド蛯名58

ワイド各100円 10-13 2-13 12-13 3-13 6-13 10-12
自信度★★☆☆☆
posted by ナイト at 20:40| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

鳴尾記念予想&安田記念予想2

エアソミュールが中心だろう。折り合いを欠いて大敗していたかつてのこの馬とは違って、結果を安定して残せるようになってきた。
他の人気どころとして、グランデッツァは2000mは少し長い気もするし京都の高速馬場のほうが合っていそう。雨予報もマイナス材料。
ラブリーデイも雨は良くない。
逆に雨ならトウケイヘイローは強いかもしれないが久々すぎて狙えない。
メイショウナルトはトウケイヘイローがいるがハナを取れるかどうか。先手争いが厳しくなるかもしれないがどうなのか。これもそんなに信頼できる馬ではない。
マジェスティハーツも広いコースのほうが得意だろうし、内回り2000mでは狙いにくい。
それならアズマシャトル。いまいち適性がどこにあるのか分からない馬だが、このメンバーなら。
そして叩き2走目のマックスドリームが穴。

◎エアソミュール 3
○アズマシャトル 4
▲マックスドリーム 11
ワイド各100円 3-4 3-11 4-11
自信度★☆☆☆☆


フルーキーの回避で考え直す。
本命はヴァンセンヌ。雨が残るような少し時計のかかる馬場状態になれば怖いのはこの馬だろう。逆にパンパンの良馬場にまで回復すれば厳しいかもしれないが。
相手にはモーリス、フィエロ、ダノンシャークあたりか。ただ、どれも雨が強そうなイメージはない。
他に、前残りを警戒するなら考えるのはカレンブラックヒル、ケイアイエレガント、ミッキーアイル、リアルインパクト、レッドアリオンあたりのどの馬が残るのかということだが、どの馬も狙いたいと思えない。強いて言うならオーストラリアでの2連続G1連対と急に復活したのかという活躍のリアルインパクトが一番気にはなる。
京王杯SCを勝ったサクラゴスペルはマイルは長そう。
それなら前走出遅れて直線で詰まったダイワマッジョーレ。
穴はクラレント。雨なら厳しいが、雨から回復してきて時計のかかる稍重、良馬場程度なら勝負になっていい。

1枠1番サンライズメジャー池添58
1枠2番ダノンシャーク岩田58
2枠3番ダイワマッジョーレデムーロ58
2枠4番メイショウマンボ武幸56
3枠5番ミッキーアイル浜中58
3枠6番モーリス川田58
4枠7番サクラゴスペル横山典58
4枠8番レッドアリオン川須58
5枠9番リアルインパクト内田58
5枠10番フィエロ戸崎58
6枠11番ブレイズアトレイルルメール58
6枠12番クラレント田辺58
7枠13番ヴァンセンヌ福永58
7枠14番サトノギャラント柴山58
8枠15番ケイアイエレガント吉田豊56
8枠16番カレンブラックヒル武豊58
8枠17番エキストラエンド蛯名58
posted by ナイト at 22:07| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

安田記念予想1

いつも通り安田記念は難しい。
ダノンシャーク、フィエロ、フルーキー、モーリス、レッドアリオン。このあたりで迷っている。
ダノンシャークは京王杯SCを回避してぶっつけになったのはマイナス材料か。
フィエロはマイラーズCで詰まっただけなので実力が上なのは間違いないが、東京でどうかというと信用できないところ。
レッドアリオンは強い時は異様に強い競馬をするが、簡単に負けてしまったりもする。買い時が分からないのだが、スローペースでよく来ている印象で、今回はそれなりに先行馬が揃っておりペースの速くなりそう。強気には狙えない。
フルーキーは東京適正がありそうな気がしてどうも引っかかっている。かといって、ここ最近の勝ちきれない競馬を見ると、G1では厳しいのではないかという思いもある。
では一番人気になりそうなモーリス。前走の中山での上がり33秒0は衝撃的だった。ラスト1ハロンは最後流していたのにレースのラップタイプが10秒9というのもまたケタ違いの強さだったように思う。ただ、不安は東京コース適正。この馬が強い競馬をしているのは中山や京都、阪神の内回り。広い東京コースでの末脚勝負になると意外と末脚不発、もしくは後方から追い込むも届かずという気もする。そして、何より堀厩舎で鞍上川田というのがしっくりこない。堀厩舎と言えば外人、戸崎、福永、石橋脩と決まっているのになぜ今回は川田なのか。
迷っているが、今のところ本命はフルーキー。

◎フルーキー
posted by ナイト at 20:26| Comment(0) | 2015年競馬 | 更新情報をチェックする