2021年02月28日

中山記念、阪急杯結果

1、2着は金杯勝ち馬2頭での決着だった。ヒシイグアスは持ち時計がないので開幕週の高速馬場に対応できるかが不安だったのが、今回開幕週でも勝てたのは順当に力を付けている結果だろう。そもそも、去年の2月と4月に、中山と東京の開幕週で2、1着に来ているので、こういう馬場がダメかもしれないと考えるのは単なるあら探しみたいなものだったのだが。
ケイデンスコールは絶対いらないと思っていた。距離も長そうだし右回りも走らないと思っていたら、どちらも克服してしまった。前走はフロックでもなんでもなく、ここにきて一気に本格化したのだろう。
ヒシイグアスと違って持ち時計がなくて対応できなかったのはバビットのほうだったか。それにしても大失速だったので、菊花賞、有馬記念と厳しい戦いを続けてきたダメージが残っていたかもしれない。こういうタイプは、いきなり次で勝ったりするので軽視できない。
トーセンスーリヤを本命にしていたが、和生ではダメだった。前が暴走気味に飛ばしているのに、3番手から早めに追いかけて、わざわざ3着馬の外を回して脚を使って失速。休み明けの影響があったのかもしれないが、力が上の馬が勝つ時のようなレース内容で勝てる馬ではないだろう。あくまで内枠を活かして恵まれて勝ちを狙わないといけないのに、変に色気を出してしまったように見えた。早い段階からバビットの手ごたえが怪しかったので、それが下がってくるのを待ってから内を狙う競馬をしていれば、3着は狙えたのではないか。
逆に、ウインイクシードは長くしぶとく脚を使うタイプなので、こういうハイペースの持久力勝負は合っていた。13番の外枠が不安だったが、スタートからすぐに好位の内に取り付いたので、やはりリーディング上位の武史は和生と違って上手いと思った。前走の戸崎も大外から上手く乗っていたように、関東のリーディング上位はこういう中山の乗り方をよく知っているのだろう。
クラージュゲリエはルメール人気していたが、そもそもこの距離では短いだろう。
フランツは末脚が強烈だし、前走のように中団に付ければチャンスがあると思っていたら、スタートが悪く、その隙に挟まれてしまって最後方からの競馬となった。スタートの安定した、普段から好位に付けている馬を狙わないとダメだった。

5枠8番ヒシイグアス松山56
1:44.9
3枠4番ケイデンスコール岩田康56
1:44.9
8枠13番ウインイクシード横山武56
1:45.0
6枠10番ゴーフォザサミット蛯名56
1:45.4
1枠1番トーセンスーリヤ横山和56
1:45.5
2枠2番コスモカレンドゥラ柴田大56
1:45.6
7枠12番パンサラッサ三浦55
1:45.7
6枠9番サンアップルトン柴田善56
1:45.9
7枠11番クラージュゲリエルメール56
1:46.0
4枠6番フランツデムーロ56
1:46.3
8枠14番ショウナンライズ大野56
1:46.6
3枠3番ノーブルマーズ高倉56
1:46.7
4枠5番マイネルハニー丸山56
1:47.2
5枠7番バビット内田56
1:48.1

結果:-500円


北村友は、ついにハイペースで逃げることを覚えたか。レシステンシアが、ロードアクアにスタート後は先頭を譲ったものの、ペースが落ち着きそうなところで二の足を使って先頭を奪い、そのまま押し切ってレコード勝ち。開幕週で前が有利の馬場も味方しての楽勝だった。ようやく、この馬の持ち味を活かす完璧な騎乗を見せた。
2着にミッキーブリランテ。この馬が走る時がいつなのかさっぱり分からない。去年の夏の成績と前走だけを見れば狙える馬だが、その間に大敗が続いた馬なので、全く信用できなかった。
3着にジャンダルム。これも狙い時が分からない馬だが、阪神Cは外を回ってインディチャンプとは0秒1差の7着だったので、今回は開幕週で前残りの高速馬場を味方につけ、うまく内を回った分、前で粘った感じがする。
そのインディチャンプは4着。阪神Cではエンジンのかかりが遅く届かなかったが、それを意識してか今回は早めに動いた結果、4コーナーでかなり外を回る大きな距離のロスをして、内を回った馬に残られてしまった。素直にマイル路線に専念していればいいのではないか。
3強のもう1頭ダノンファンタジーは出遅れて追い込み届かず5着。切れる脚はない馬だし、前残りの開幕週なので、出遅れた時点で終わり。

1着:レシステンシア ◎
2着:ミッキーブリランテ
3着:ジャンダルム △
4着:インディチャンプ ▲
5着:ダノンファンタジー ○
結果:-700円
posted by ナイト at 19:27| Comment(2) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

中山記念、阪急杯予想

あまりに忙しいので手短に。
中山記念というか、中山金杯みたいなメンバー。
開幕週なので内の先行馬でも狙っておけばいいだろう。

1枠1番トーセンスーリヤ横山和56
2枠2番コスモカレンドゥラ柴田大56
3枠3番ノーブルマーズ高倉56
3枠4番ケイデンスコール岩田康56
4枠5番マイネルハニー丸山56
4枠6番フランツデムーロ56
5枠7番バビット内田56
5枠8番ヒシイグアス松山56
6枠9番サンアップルトン柴田善56
6枠10番ゴーフォザサミット蛯名56
7枠11番クラージュゲリエルメール56
7枠12番パンサラッサ三浦55
8枠13番ウインイクシード横山武56
8枠14番ショウナンライズ大野56

ワイド各100円 1-7 1-6 1-8 1-11 6-7
自信度★★☆☆☆


G1馬3頭が抜けているだろう。
あとは、トライン、ジャンダルムと、レシステンシアが北村友なので無駄に控えた時のロードアクア。

◎レシステンシア 8
○ダノンファンタジー 2
▲インディチャンプ 10
☆ロードアクア 4
△トライン 14
△ジャンダルム 13
三連複各100円 2-8-14 2-8-13 8-10-14 8-10-13 2-10-14 2-10-13
複勝100円 4

自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 15:48| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

フェブラリーS、小倉大賞典、京都牝馬S、ダイヤモンドS結果

良馬場なのに時計が早すぎて訳が分からない決着になった。混戦と言われていたレースでこのタイムなので、相当馬場状態がおかしなことになっていたのだろう。
このよく分からないスピード決着は、ダートというより芝のような時計の早い勝負に対応できる馬にチャンスがあったのだろう。勝ったのは、日本とは質の違うダートで時計の早い決着になるアメリカ産馬、カフェファラオ。2着には芝で重賞3勝の実力馬エアスピネル。どちらも高速ダートの適性があったのだろう。それに加えて、カフェファラオはここ最近は走れていなかったが、色々と馬具を試したりして、今回は真剣に走ってくれたのだろう。
3着のワンダーリーデルは、横山典弘のおかげだろう。どんな乗り方をしてくるか分からない騎手だが、今回は好位の内に付けるまさかの騎乗。後方から末脚勝負しかしてこなかったこの馬で、抜群の位置取りを見せた。
雨で時計の早い決着に実績があったアルクトスは9着と惨敗。前有利の馬場状態でこれは情けない。やっぱりマイルより1400mの方が良いと思うのだが、陣営の自信満々のコメントに騙されて、捨てきれなかった。ただ、盛岡マイルの南部杯がベストの舞台なのは間違いなさそうだが。
オーヴェルニュはもっとひどい13着。こちらは馬体重マイナス16キロは、輸送に失敗したか。
先行馬が35秒台の上がりを出せる前有利の馬場状態では、サンライズノヴァに出番はなし。前残りの馬場で後ろから行って差せないのは、去年の南部杯でもやらかしたのに、同じ失敗を繰り返してしまったわけだが、そこは松若なので仕方ない。結局は一度南部杯を勝った馬ではあるが、あの時は地方の名手吉原が先行させたというのが大きな勝因だったようで、フェブラリーSは3回走って4、7、3着と微妙な結果しか残せない程度の馬だった。
その点、大外枠で初のマイルでも4着に来たレッドルゼルはよく頑張った。
インティはまさかの控える競馬から、さらにまさかの差し脚を見せて6着。エアアルマスが砂を被るのを嫌って逃げたので、もし外からインティもハナを主張していれば共倒れになっていただろうから、これは仕方なしか。控えても意外と差せるというのが何よりの驚き。

2枠3番カフェファラオルメール57
1:34.4
5枠10番エアスピネル鮫島克57
1:34.5
4枠7番ワンダーリーデル横山典57
1:34.8
8枠16番レッドルゼル川田57
1:34.9
1枠1番エアアルマス松山57
1:35.1
1枠2番インティ57
1:35.1
8枠15番ミューチャリー御神本57
1:35.3
7枠13番ソリストサンダー北村宏57
1:35.4
3枠6番アルクトス田辺57
1:35.6
6枠12番ヤマニンアンプリメ横山武55
1:35.6
5枠9番サンライズノヴァ松若57
1:35.7
6枠11番スマートダンディー秋山57
1:36.0
7枠14番オーヴェルニュ丸山57
1:36.5
4枠8番ワイドファラオ福永57
1:36.7
3枠5番サクセスエナジー酒井57
1:37.1
2枠4番ヘリオスデムーロ57
1:37.7

結果:-700円


こういう地方のローカルハンデG3は、同じ馬が勝ったらダメな内規でもあるのか。小倉大賞典はカデナ、函館記念はアドマイヤジャスタ、小倉記念はアールスター、福島記念はバイオスパーク、中日新聞杯はボッケリーニと、去年のローカル重賞勝ち馬5頭が揃っているレースで、今回勝ったのはテリトーリアル。今の馬場状態なので外差しの馬が人気していたが、得意のハイペースで、しかも早めに仕掛けて上手く4コーナーで外に持ち出す競馬ができ、直線では持ち味のしぶとさを発揮して粘りこんだ。
2着にボッケリーニ。中日新聞杯は完勝だったので、ここは力が上かと思っていたが、最後は前を捕らえ切れずに脚が止まったのはハンデ2キロ増の影響か。
3着にまさかのディアンドル。北九州記念で2着に来たような短距離馬だと思っていたら、1800mでまさかの逃げ粘っての3着。しかもトーラスジェミニが14着に大敗したように、競り落としての3着だからもしかしたらこの馬は強いのかもしれない。
デンコウアンジュは一瞬突き抜けるかという見せ場は作ったが、蛯名勝負のイン突きは失敗。やはり今の馬場ではインは伸び切れず、5着止まりだった。
物足りなかったのは8着だったフェアリーポルカだが、そもそも牡馬相手だとこの程度の実力だったのかもしれない。

1着:テリトーリアル
2着:ボッケリーニ ▲
3着:ディアンドル
4着:アールスター ◎
5着:デンコウアンジュ ○
結果:-600円


イベリスがスタートを決めて逃げ切り、完勝。それに対して、最内枠で絶好の逃げ切りの舞台と思われたカリオストロはスタートで立ち遅れて勝負にならず。本当に北村友の逃げは買えたものではない。去年レシステンシアで散々失敗をしたのに、今年はすでにモズスーパーフレア、カリオストロと続けて逃げ馬で惨敗。
2着には復活のギルデッドミラー。ここ2走の大敗は何だったのか分からないが、陣営が立て直してきたのだろう。NHKマイルC3着馬なので、調子を戻したのならこれくらい走って当然。むしろ、イベリスを差し切れなかったのでまだ調子が戻り切っていないくらいだと思う。
3着のブランノワールは、1400mだと追走に苦労して直線では差し切れないかと思っていたが、最後はしっかり差してきた。距離適性は低くても、実力差でなんとか上位にやって来た印象。距離が長いと一旦息を入れて落ち着ける必要があるが、距離が短いと意外と押し通しで走るので、エンジンのかかりの遅さが問題にならないのかもしれない。
逆に距離適性から狙えると思っていたシャインガーネットは、引っかかって直線で伸びず5着。この気性なら1400mでも長いのか。

1着:イベリス ◎
2着:ギルデッドミラー
3着:ブランノワール
4着:アイラブテーラー
5着:シャインガーネット ▲
結果:-500円


オーソリティが直線早々に抜け出して、格が違ったかと思いきや、直線に向いてからじりじりと長く脚を伸ばして、ゴール前でオーソリティをなんとか差し切ったのはグロンディオーズ。故障でなかなか勝ち上がれなかった馬だが、これだけの長距離に適性があったようで、重賞初勝利となった。
1、2着がクビ差で、3着とは5馬身の差が付いていたので、2頭の力が違った。3着のポンデザールは札幌や中山ならまた勝負になるのかもしれないが。
人気していたヒュミドールは5着。やはり、これまでのレースを見ても、今回のレースを見ても、直線で使える脚が短そうで、直線だけの上がり勝負のように、よほど展開が向かないと厳しそう。
力を出し切れば勝負になったかもしれないのはパフォーマプロミスだが、残念なことに骨折で15着。
さらに、最近全く走る気を出していないメイショウテンゲンは、横山典弘の力でも走らせることはできず最下位16着。

1着:グロンディオーズ ▲
2着:オーソリティ ○
3着:ポンデザール
4着:ナムラドノヴァン
5着:ヒュミドール
結果:ワイド950円的中 +250円
posted by ナイト at 18:55| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

フェブラリーS予想2&小倉大賞典予想

ブログ更新の時間が取りにくくなってきたので、今年からは中央競馬のG1は週2回予想にして、土曜の予想はやらないことにする。
展開は、インティが逃げるのだろうか。あるいはサクセスエナジーか。インティは競りかけられればもろいが、楽に先行できればチャンピオンズCのようにしっかり残るので、展開次第。力はあるが、本命にはできない。
その後ろに続きそうなのが、有力どころではアルクトス、オーヴェルニュ。無理やり追いかけてハイペースを作るような馬ではないだろうからどちらも怖い。ただ、アルクトスはずっとベストは1400mだと思っている。根岸Sは59キロを背負って強い競馬をしたが、マイルに距離が延びるのはそれほどプラス材料とは思っていない。オーヴェルニュは川田が乗らないのは仕方ないとしても、まさかの丸山では本命にする気が失せた。
あとは、ワイドファラオも前目に付けるだろうが、相当展開に恵まれたかしわ記念を勝っただけで、実力馬が揃う中央のG1では厳しいだろう。
エアアルマスは砂を被らなければと思っていたら、最悪の最内枠なので捨てる。厄介なのは、この枠なら逃げるしかないとなって、ハイペースでインティやアルクトスと共倒れになりかねない。隣の枠に、前に行きたいインティがいるのもどうなるのか読めない。力の差で楽にインティが先行してエアアルマスを潰すかもしれないが。
その後ろくらいにカフェファラオか。これは実力が分からないが、ユニコーンSが強かったので捨てられない。ただこれも内枠で馬群で揉まれる競馬には不安がある。
後ろからの怖い馬は多いが、G1で差し切れるレベルの馬を考えるなら、ある程度絞れそうな気はする。
距離延長のレッドルゼルは厳しいと思っている。マイル実績を考えれば、根岸Sで2着だったワンダーリーデルの逆転が十分にあり得る。ただ、まさか今さらワンダーリーデルが来るとも思えないし、武蔵野Sでも4着に負けているので、2頭とも厳しいと見る。
そうなると、武蔵野S上位1、2、3着のサンライズノヴァ、ソリストサンダー、エアスピネルから。58キロを背負って勝ったサンライズノヴァが格上なのは間違いないだろう。去年の夏から距離を延ばして結果を残しているソリストサンダーがどの程度力を付けているのかは気になるところだが、すでに6歳なので武蔵野Sからのさらなる激変は期待薄に思う。

1枠1番エアアルマス松山57
1枠2番インティ57
2枠3番カフェファラオルメール57
2枠4番ヘリオスデムーロ57
3枠5番サクセスエナジー酒井57
3枠6番アルクトス田辺57
4枠7番ワンダーリーデル横山典57
4枠8番ワイドファラオ福永57
5枠9番サンライズノヴァ松若57
5枠10番エアスピネル鮫島克57
6枠11番スマートダンディー秋山57
6枠12番ヤマニンアンプリメ横山武55
7枠13番ソリストサンダー北村宏57
7枠14番オーヴェルニュ丸山57
8枠15番ミューチャリー御神本57
8枠16番レッドルゼル川田57

ワイド各100円 9-14 6-9 2-9 3-9 6-14 2-14 3-14
自信度★★★☆☆


ハンデは厳しいが、中日新聞杯を勝ったボッケリーニの軸でいいか。前走の内容を考えれば、ここで大崩れは考えにくい。ただ、外差し馬場だが荒れ馬場適性があるのかは不安。
ボッケリーニの他の去年ローカル重賞勝ちの3頭、アドマイヤジャスタ、アールスター、バイオスパークなら、同じ小倉ということもあってアールスター。3頭とも、ローカルらしくタフなハイペースのレースでスタミナを活かして差してきた印象なので、1800mへの距離短縮は合わなさそうだが、荒れ馬場は合いそうで、その中でもアールスターは小倉2勝の実績を警戒する。アドマイヤジャスタは荒れ馬場は合いそうだが今の馬場状態を考えると少し枠が内すぎる。吉田隼人が今週の小倉の馬場を手の内に入れてそうな気がするのは不気味だが。
トップハンデは58キロのカデナと、実質トップハンデの牝馬デンコウアンジュ。カデナは、カタナで重賞を制したばかりの菅原明良が鞍上。鞍上は似たような名前での重賞連勝、カデナはこのレース連覇の期待がかかるが、58キロを背負ったレースは大敗続きで狙いにくい。デンコウアンジュは引退の蛯名の全場重賞制覇の記録がかかるので過剰人気な感じだが、外差し馬場なので一応は押さえる。
この2頭と並ぶ重賞3勝の実績馬はロードクエスト。さすがにいらないだろうか。最近は2000mでまくって直線でバテる競馬を繰り返しているので、1800mに距離短縮してもしかしたらと考えている。とにかく内が荒れている馬場なので、他の馬が外を回る状態でさらにその外をまくる競馬はかなりロスが大きく厳しそう。もし昔のように直線勝負に徹したら、今の小倉ならもしかして、という淡い期待はある。
重賞2勝のフェアリーポルカは、得意の1800mだし久々の牡馬相手でもチャンスはありそう。ただ立ち回りが上手く小回り1800mや2000mで結果を残しているタイプだと思うので、今の外差し馬場なら内をうまく立ち回るという持ち味が活かせなさそう。
マイペースで逃げれば怖いトーラスジェミニは、1200mの重賞を勝っているディアンドルがいるので展開が厳しくなりそう。それなら、タフな流れは得意なテリトーリアルは警戒しておきたいが、内枠に入ってしまった今回は狙いにくい。
他には、ヴァンケドミンゴはまさにローカル周りの馬という印象で、スピードがなさそうなタイプで、何より得意の福島ではないので捨てる。
ベステンダンクは小回りよりはワンターンのマイルがベストだろう。
ドゥオーモは去年このレース2着。荒れ馬場が合いそうな印象だが、今年は去年に比べると早い時計が出ているので、少し期待しにくい。小倉との相性が良いので押さえに入れるが。
あとは実力が分からないヴァンランディ。藤沢和雄厩舎が小倉遠征、しかも鞍上杉原という時点で勝てる馬ではないと思うが。

◎アールスター 6
○デンコウアンジュ 12
▲ボッケリーニ 15
☆ロードクエスト 11
△ドゥオーモ 10
△フェアリーポルカ 7
ワイド各100円 6-12 6-15 6-10 6-7 12-15
複勝100円 11

自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 21:08| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

京都牝馬S、ダイヤモンドS予想

例年以上にレベルの低い重賞になった。全く分からないが、阪神C6着のイベリスあたりが人気するのだろうか。
これだけメンバーが弱ければ、連勝中の上がり馬リリーバレロが6歳でも対抗。キャロットファームの馬で6歳なのでここが引退レースだと思うが、中1週でも最後に使おうと思えるだけの良い仕上がりにあると見ていいだろう。
リバティハイツは最近は1200mで結果を出しているが、1400mに戻ってどうなるか。一応、このコースの重賞勝ちがあるので、昔は問題なく走れたのだが。ただ、56キロを背負って活躍できるレベルの馬ではないと思う。
コース実績で言えば、阪神C3着の穴を開けたメイショウショウブが気にはなる。半年ぶりのレースは不安だが、手術明けで調子が良いらしく、押さえには入れるか迷う。ただ鞍上が国分優作、枠が13番と外なので、今回は捨てる。
マリアズハートは初の1400mだが、後ろからの馬なので距離延長も対応できるだろうか。ただ追い込みの決まらない今の阪神の馬場だし、この馬も半年ぶりなので捨てる。
前走とんでもない出遅れをやらかしたアイラブテーラーも、距離延長で久々の1400mだし狙う勇気はない。
逆に距離短縮で久々の1400mのブランノワールは、最近が牡馬との対戦で馬券には絡めなくても善戦してはいるので、牝馬同士ならチャンスがあるだろうか。ただズブい馬なので距離短縮は合わなさそう。今の阪神は高速馬場だが、持ち時計も遅いのであまり期待できない。
明け4歳のギルデッドミラーとシャインガーネットは、まだ古馬に通用するレベルではないのだろうか。ただシャインガーネットは1400mの重賞勝ち馬なので、マイルからの距離短縮で警戒する。とはいえ、勝ったファルコンSが重馬場だったので、今の高速馬場だとどれだけやれるのかは不安。ギルデッドミラーは阪神1400mで1分20秒6の好時計で勝った実績もあるが、ここ2走が負けすぎ。
他に同世代のビッククインバイオは3勝している1400mだが、これは距離というより左回りが得意なだけだと思うので捨てる。
それよりは、阪神1400mで2勝しているカリオストロ。マイペースで逃げてしまえば今の阪神の馬場なら簡単には止まらないだろう。内枠なので絡まれずに楽に逃げられるかがカギになりそう。ただ、重賞で逃げて散々な騎乗を続けている北村友が鞍上な時点で期待は薄い。

◎イベリス 4
○リリーバレロ 8
▲シャインガーネット 12
△カリオストロ 1
ワイド各100円 4-8 4-12 1-4 8-12 1-8
自信度★☆☆☆☆


アルゼンチン共和国杯を勝ったオーソリティが3400mでも強いことを期待する。それくらい、他に狙えそうな馬がいない。
スタミナ勝負が合いそうなのは去年2着の実績があるメイショウテンゲンだが、調子を落としている。普通なら捨ててしまうのだが、こういう時の横山典弘が何をやるのかと気になって仕方がない。
パフォーマプロミスは実力は上位だが9歳がどうか。高齢馬も活躍するレースではあるので軽視はできないし、良馬場東京で、先行馬もおらずスローペースとなればこの馬にはベストの条件に思える。
他には、グロンディオーズ、ボスジラ、ヒュミドール、ブラックマジックあたりもこの距離をこなせそうな気がする。ただヒュミドールは使える脚が短いように思うが、東京の長距離戦でどうだろうか。3400mのダイヤモンドSでも直線だけの上がり勝負になればチャンスがあるかもしれない。
常にズブいサトノガーネットだが、反応が悪いことと長い距離を走るスタミナがあることは別だと思う。他の牝馬も、長距離で結果を残しているミスマンマミーアはスタミナがあると言うよりは、時計のかかる馬場が合っている印象で良馬場の東京では狙いにくい。ステイヤーズS3着のポンデザールもいるが、中山や札幌の小回りコースばかりで実績があり、広いコースの東京、京都外回りは2戦してどちらも2桁着順では狙いにくい。
タイセイトレイルは相手なりに走る感じでこの距離も問題なさそうだが、調教がかなり緩いのは気がかり。
万葉S勝ちのナムラドノヴァンだが、それまでの実績を考えると買えない。万葉Sは51キロの軽ハンデがハマった印象。

◎オーソリティ 3
○パフォーマプロミス 15
▲グロンディオーズ 10
△ブラックマジック 6
△ボスジラ 11
△ヒュミドール 4
ワイド各100円 3-15 3-10 3-6 3-11 10-15 6-15 4-15
自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 20:21| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

フェブラリーS予想1

何度見ても、地味なメンバーだなと思ってしまう。
インティやサンライズノヴァは強いが、7歳になってまたG1を勝てるとは思わない。
もう1頭ジーワン馬、アルクトスは東京マイルは問題ないと思うが、勝ちきるまではどうか。南部杯やプロキオンSのように、超高速ダートを得意にしている印象がある。
ならば、前哨戦を勝った馬だろうか。レッドルゼルは距離延長が不安。逆にオーヴェルニュは久々のマイルへの距離短縮が不安。どちらも不安だが、どちらを狙うかと言えばオーヴェルニュ。この馬も雨が得意なタイプだと思っているが、それだけスピード勝負に対応できるということ。それなら距離短縮はこなせていい。
砂さえかぶらなければという条件付きでエアアルマスも気になるが、逆に言えば砂を被らないような外を回る競馬しかできないので、それで勝てるほどG1は甘くないだろう。
あとは厄介なのはカフェファラオ。ユニコーンSは確かに強かったが、その後が案外の内容。ここで本命にできるほどの実力がある馬かどうか、信用できない。

◎オーヴェルニュ
posted by ナイト at 21:20| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

京都記念、共同通信杯、クイーンC、佐賀記念結果

ステイフーリッシュが持ち味を活かして早めに動いて上がりのかかる展開に持ち込んだが、それを差し切ったのがラヴズオンリーユー。エリザベス女王杯3着で復活の兆しを見せていたが、ついにオークス以来の復活勝利を決めた。
ステイフーリッシュが上がりのかかる展開を作ってくれたおかげで、得意の流れになったダンビュライトも3番手から流れ込んで3着に。例年通りの、ダンビュライトの得意な京都ならこの2頭は逆転していただろう。
ジナンボーは岩田がスタートから後方のインに付けて、向こう正面でもインベタから徐々にポジションを上げて行く得意の形で、これは完全にやられたかと思ったが、残り300mで前と同じ脚色になった。これまでの実績通り、2000mまでの馬と考えていいだろう。
ラヴズオンリーユーと違ってワグネリアンは復活ならず。前残りの馬場だったので5着でも上出来と言いたいところだが、ダービー馬なのでこんな展開でも上位争いできる能力が昔はあったので、全く物足りないレースだった。

4枠4番ラヴズオンリーユー川田54
2:10.4
2枠2番ステイフーリッシュ和田竜56
2:10.6
7枠9番ダンビュライト松若56
2:10.7
8枠10番ジナンボー岩田康56
2:10.9
6枠7番ワグネリアン57
2:11.1
5枠5番ダンスディライト岩田望56
2:11.1
8枠11番サトノルークス56
2:11.2
7枠8番モズベッロ三浦56
2:11.2
6枠6番レイエンダ団野56
2:11.6
3枠3番ベストアプローチ酒井56
2:11.7
1枠1番ハッピーグリン北村友56
2:15.3

結果:ワイド640円的中 +240円


エフフォーリアの完勝。距離が短くなってこれまで以上に強い勝ちっぷりだった。エピファネイア産駒ならタフな流れもそんなに苦にはしないと思うが、一応はスローの上がり勝負専門でないかは警戒しておきたい。新馬の札幌ではそれほど強い勝ち方ではなかったので、皐月賞は苦戦するかもしれない。
逆にステラヴェローチェは前走レコード決着に対応できたので今回も大丈夫だと思っていたが、スローの上がり勝負には対応できなかった。これは完全に予想の段階での注意力不足だった。たしかに上がり勝負が向いていないことは、同じバゴ産駒のクロノジェネシスを見ても分かるので忘れずに考えておかなければいかなかった。
2、3着に新馬1戦1勝のヴィクティファルスとシャフリヤール。スローの上がり勝負だったので位置取りの差という感じだが、やはりシャフリヤールは前評判は過剰人気だった感じで、兄アルアインのように皐月賞で上位争いできるレベルとはまだ思えない。案外、広い東京よりも小回り中山で力を発揮したりするのかもしれないので、まだ判断はできないが。
レフトゥバーズは新馬が圧巻だったものの今回は9着。420キロ台の小柄な馬体で、牡馬の重賞級相手との勝負は厳しかったか。

1着:エフフォーリア △
2着:ヴィクティファルス
3着:シャフリヤール ▲
4着:キングストンボーイ △
5着:ステラヴェローチェ ◎
結果:-500円


アカイトリノムスメが3連勝。勝ちタイムは地味でもきっちり勝ち上がってきて、相手が強くなると早いタイムにも対応して勝ち切るレースはまさに母アパパネのよう。前走もタイムは地味だが後方からあっさり先頭を捕らえる反応のよさを見せていたし、今回も仕掛けるとスッと抜け出した。一瞬で交わし切る瞬発力という感じではないが、同じ金子真人オーナーのソダシ同様に軽く仕掛けるとすぐに反応してトップスピードに乗って後続が追いかけてくる前に差を広げるレースぶりは安定感がある。この2頭が揃ってクラシックに出てくるとなるとかなり強力な布陣になる。
アールドヴィーヴルは馬体重を大きく減らしての2着。まるでミッキークイーンのようなレース。となると、小柄な馬という共通点もあって阪神マイルのパワー勝負よりもオークスで狙えるかもしれない。
ククナはシンザン記念は馬場と枠を敗因にできたが、今回は言い訳のできない敗戦。結局シンザン記念で4着にしか来れなかったのも、そもそも力不足だったということだろう。ここで3着になるようではクラシックでは厳しそう。
リフレイム、レッジャードロの人気2頭は、気性の悪さを出してしまったか、全く走らなかった。新馬の勝ち方を見ても、素質はあると思うのだが。

1着:アカイトリノムスメ ▲
2着:アールドヴィーヴル ◎
3着:ククナ ○
4着:エイシンヒテン
5着:イズンシーラブリー
結果:ワイド1920円的中 +1320円


クリンチャーが格の違いを見せつけた。逃げ切りで、9馬身差のレコード勝ちという圧勝だった。未勝利で勝った時も逃げ切りだったが、切れる脚がない馬なので、今さらだが逃げがこの馬にとってベストの可能性さえ感じられる内容だった。
2、3、4着争いは接戦だったが、案の定藤岡佑介がやらかしてくれた。仕掛けが遅れて前のアシャカトブを捕まえられず、しかも末脚勝負では力が上のハナズレジェンドに後ろから来て差される始末。
そのハナズレジェンドは末脚はしっかりしているが、やはり小回り佐賀では厳しかったか、3着に追い込んだところが限界だった。

1着:クリンチャー ◎
2着:アシャカトブ ▲
3着:ハナズレジェンド △
4着:ロードゴラッソ ○
5着:ウインユニファイド
結果:-500円
posted by ナイト at 20:06| Comment(2) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

京都記念、共同通信杯予想

京都記念という名の阪神2200m。今年は宝塚記念に直結するレースになるのだろうか。開幕週の阪神で時計の早い決着への対応がカギ。
ステイフーリッシュは、前走は骨折明けで4着なら上出来。あとは開幕週の時計の早い馬場への対応が課題。前残りの馬場なので押さえには入れておく。
モズベッロは休み明け3走目で徐々に調子が上がってきているか。去年宝塚記念3着なのでこのコース実績があるのは強みだが、こちらも時計勝負が課題。
ラヴズオンリーユー、ワグネリアンのG1馬2頭はこのメンバー相手なら復活勝利を挙げてもおかしくない。どちらも初騎乗の鞍上を起用してきたので、変わり身が期待できる。もちろん、とっくに終わってしまっている馬という可能性もなくはないが。この2頭はステイフーリッシュ、モズベッロとは逆に開幕週の時計の早い馬場は問題ないだろう。
ジナンボーは2400mで結果が出ていないので、2000mから距離が延びるのはプラスではなさそう。開幕週で前に行けるのはプラスかもしれないが、阪神2200mは宝塚記念はそれほど前残りではないし、去年のエリザベス女王杯でも差し決着だった。下級条件ならスローの前残りなのだろうが、重賞レベルになるとそこまでペースが落ち着かず、差しが決まるレースが多い。なので、開幕週でもジナンボーは少し狙いにくい。
あとは2200mと言えばダンビュライトかもしれないが、阪神より京都が合う馬だと思う。ただ、コース適性で劣っても実力で上回る分、チャンスはありそう。
もう1頭、2200mと言えばならサトノルークス。非根幹距離と言われるレースでやたらと結果を残すこの馬が、調子を戻していれば怖い。

1枠1番ハッピーグリン北村友56
2枠2番ステイフーリッシュ和田竜56
3枠3番ベストアプローチ酒井56
4枠4番ラヴズオンリーユー川田54
5枠5番ダンスディライト岩田望56
6枠6番レイエンダ団野56
6枠7番ワグネリアン57
7枠8番モズベッロ三浦56
7枠9番ダンビュライト松若56
8枠10番ジナンボー岩田康56
8枠11番サトノルークス56

ワイド各100円 4-7 4-9 2-4 7-9
自信度★★★☆☆


エフフォーリア、キングストンボーイ、シャフリヤール、ステラヴェローチェ、ディオスバリエンテ、レフトゥバーズの6頭。
2000mで2勝のエフフォーリアと、マイルで2勝のステラヴェローチェは距離の対応がカギになってきそう。レースを見るとステラヴェローチェの方が対応できそうに思うがどうだろうか。エフフォーリアは若干まだ重いと陣営がコメントしているのが気がかり。まだここは仕上げ途中なのか。
気になるのは、前走新馬で倒した相手が次の未勝利でレコード勝ちをしたディオスバリエンテに、クイーンCは抽選で外れたが、それならと牡馬相手の重賞に挑んで来たレフトゥバーズ。ただディオスバリエンテは体調が整わずきさらぎ賞を回避したし、レフトゥバーズは距離が延びる分の不安はある。前走は直線で一気に加速して前を捕らえる瞬発力を見せたが、距離が延びて同じ脚が使えるのか、持続力はあるのかというところが気がかり。
キングストンボーイは前走はラップタイムこそ優秀で1800mで勝った経験もあるのは強みだが、重賞級かというとそこまでではなさそうに感じる。タイムも上がりも、前週のレフトゥバーズの新馬戦に劣っているのも不満。
シャフリヤールはアルアインの弟という血統で過剰人気していないだろうか。新馬は2着とは接戦だったが3着以下をぶっちぎっており、内容も悪くなかったが、少し人気先行のように思う。
それ以外では、京成杯で人気したタイソウは、3戦全て違う騎手が乗るあたりに、陣営のコメントほど能力が伴っていないような雰囲気を感じる。

◎ステラヴェローチェ 3
○ディオスバリエンテ 1
▲シャフリヤール 11
△キングストンボーイ 2
△レフトゥバーズ 8
△エフフォーリア 7
ワイド各100円 1-3 3-11 2-3 3-8 3-7
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 20:40| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

クイーンC予想

牡馬相手に重賞で敗れたククナとリフレイムが、牝馬同士ならどれだけやれるのか。ククナは前走馬場と枠に泣いた。リフレイムは前が詰まっての敗戦だったので、どちらも力を発揮しきれずに終わったレース。まだ重賞で通用するかどうかは見極められていない。
それに加えて、アパパネと同じ戦績で勝ち上がってきたアカイトリノムスメも怖い。ただ、前走は快勝だったがメンバーは弱かったしタイムも平凡だった。母アパパネと同じタイムと言えば聞こえはいいが、兄のジナンボーやラインベックを見ても府中マイルの高速決着が合うかは不安がある。
抽選を突破した馬では、新馬の内容で言えば不良馬場の中、後方から直線一気の末脚を見せたアールドヴィーヴルはかなり印象に残るものだった。良馬場に対応できるのかは分からないが、あの瞬発力を見ると狙いたくなるのはこれ。
さらに、鞍上藤田菜々子で注目されそうだが、レッジャードロは中山で最後方からの追い込みを決めた。これも侮れない。ただ重賞になるので、藤田菜々子の斤量2キロの恩恵がなくなるのはマイナス。しかも15番とかなり外枠で、これもマイナス。
あと押さえるとすればエイシンヒテン、サルビア、ステラリアあたり。2週前までの前残り馬場ならエイシンヒテンだったのだが、今の馬場状態がどうなっているか。それでも単騎で逃げた時の怖さはある。ステラリアは前走馬体重を10キロ減らしての2着。今回も続けての東京遠征で、馬体重を戻せるか不安。
サルビアはこのメンバーの中では、阪神JF最先着の8着。新馬でグレナディアガーズに勝ち、りんどう賞は5馬身差の楽勝。1400mの馬と完全に見切ってしまっていいのか迷う。

◎アールドヴィーヴル 9
○ククナ 2
▲アカイトリノムスメ 6
△リフレイム 4
△レッジャードロ 15
△ステラリア 7
ワイド各100円 2-9 6-9 4-9 9-15 7-9 2-6
自信度★★★☆☆
posted by ナイト at 20:50| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

佐賀記念予想

中央馬5頭でいいだろうか。それとも半年ぶりのウインユニファイドよりは、地方移籍後2戦目のメイプルブラザーのほうが有力だろうか。
実績上位のクリンチャーにロードゴラッソは外せないし、アシャカトブも中央の実績を考えればここでは捨てられない。
ハナズレジェンドは小回りの佐賀で通用するかは怪しいが、地方交流重賞なので代わりに押さえるような他の馬がいない。
本命はクリンチャー。砂の深い最内枠、58キロ、久々の2000mと不安はあるが、それでも力の差でなんとかできそうな相手だろう。
ロードゴラッソは長い距離の地方交流重賞なら安定しているので、後ろから行き過ぎて届かないというような位置取りにはならないと思う。ただ、そういう失敗をやりかねない鞍上、藤岡佑介が少し不安。

◎クリンチャー 1
○ロードゴラッソ 9
▲アシャカトブ 11
△メイプルブラザー 3
△ハナズレジェンド 12
三連複各100円 1-9-11 1-3-9 1-9-12 1-3-11 3-9-11
自信度★★★★☆
posted by ナイト at 20:55| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

きさらぎ賞、東京新聞杯結果

人気とは逆の順番になったが、上位人気3頭の力が抜けていた印象。
上手く立ち回って抜け出したラーゴムは強かった。切れる脚は使えないかもしれないが、好位から競馬ができて上手く立ち回れるのは強みだろう。
唯一34秒台の上がりを使って4戦連続上がり最速を記録したヨーホーレイクもこういう馬場なら安定して差してこれる。
ランドオブリバティはホープフルSの巻き返しとはならなかったが、スタートで挟まれて後方からの競馬で3着なら上出来。芙蓉Sが強い内容だったので、こちらはもっと時計が早くなったほうが力を出せるかもしれない。

1着:ラーゴム ◎
2着:ヨーホーレイク ○
3着:ランドオブリバティ △
4着:タガノカイ
5着:アランデル
結果:ワイド540円的中 +140円


タイムは平凡で少し物足りないが、意外とペースが落ち着かず、淀みのないペースのまま流れる展開になった。そのおかげと、開催が進んで馬場状態が変わったことも加わってか、ディープインパクト産駒の大活躍できるレース展開にはならず、少しスタミナも必要なレース展開になった。そんなレースだったおかげで、ディープインパクト産駒ではなくハーツクライ産駒が2、3着に来た。カテドラルとシャドウディーヴァ。カテドラルは人気薄だったが、NHKマイルC3着、富士S5着など東京マイルには実績があったので、このメンバーならこれくらいやれて当然だろう。シャドウディーヴァは去年よりも時計の早い勝負になった分、着順を下げてしまった印象。
そんな中で、勝ったのはカラテ。ここ2戦の連勝は偶然でもなく、本当に強くなっていた。東京へのコース替わりも問題なく、早い時計、早い上がり勝負でもしっかり結果を残した。直線では前がふさがったが、上手く進路を見つけてからは一気に抜け出す瞬発力もあった。
ディープインパクト産駒の最先着は4着のヴァンドギャルド。調教が緩かったのでそれの影響だろう。
人気のトリプルエースはもう少しやれるかと思ったが、抜群の手ごたえから直線で伸び切れずに脱落したので、距離が長かったのではないか。

1着:カラテ
2着:カテドラル
3着:シャドウディーヴァ △
4着:ヴァンドギャルド ○
5着:トライン ▲
結果:-600円
posted by ナイト at 19:41| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

きさらぎ賞、東京新聞杯予想

ダノンジェネラル、ドゥラモンド、ヨーホーレイク、ランドオブリバティ、ラーゴム。この5頭くらいが人気上位か。
直線が長く、タフな馬場の中京が合っていそうなのはラーゴム。
新馬の内容から、ここでも通用しそうなのはダノンジェネラル。ただ新馬で早い上がりを使えたことが直結しなさそうな今の中京の馬場状態なのが不安。
ホープフルS組は逸走したランドオブリバティは3コーナーは楽勝するのではという手ごたえだった。ただ、ああいうレースの後は鍛えるよりもちゃんと走るように矯正する必要があるだろうから、他の馬よりは仕上がりに不安がありそう。
ヨーホーレイクはホープフルSは枠に恵まれた印象がある。ただそれでも結局3戦連続上がり最速というのは不気味。血統的にも時計の早い勝負は合わなさそうだが、今の時計のかかる中京なら勝負になってもいい。
ドゥラモンドは2000m左回りが合うのかどうか。朝日杯FSはマイルの高速決着に対応できなかったが、2000mは初めてで、本当にこの距離が合う馬なら朝日杯ではなくホープフルSに出ていたような気がする。そしてレーン、ルメール、武、岩田望とどんどん鞍上が期待できなくなっていくのは、陣営の評価の表れのように思う。
それなら穴で気になるのはジャンカルド。前走は完敗だったが、逃げ馬が強かったとも思う。稍重で2戦続けて好走しているので、中京の馬場への適性はあるかもしれない。ただ荒れている今の中京で最内枠に入ってしまったのはマイナスだろう。人気馬よりも前で競馬をしそうなのも、今の馬場ではマイナス。

◎ラーゴム 2
○ヨーホーレイク 3
▲ダノンジェネラル 4
△ランドオブリバティ 9
ワイド各100円 2-3 2-4 2-9 3-4
自信度★★☆☆☆


富士Sで左回りを克服したヴァンドギャルドが中心か。ただ調教がかなり緩いようで、全く仕上げて来ていないのではないか。先週のアルクトスのように、力の差だけで上位に食い込んでくるかもしれないが。
左回り巧者シャドウディーヴァやダイワキャグニーだが、ダイワキャグニーは58キロが不安。シャドウディーヴァは去年2着だったが、時計が1分33秒台と遅かった。高速決着のヴィクトリアマイルでは大敗したので、東京は合うとしても今年の馬場でマイル戦なら少しスピード不足になりそう。本来は1800mくらいがベストの馬だろう。
他には謎の連勝を決めているカラテが気になるが、中山の上がりのかかる馬場で連勝しているので、良馬場の東京の上がり勝負で通用するか疑問。
ロードマイウェイは2走前に東京マイルで2着だが、スタートダッシュが付かず後方からの末脚勝負しかできていないのは不安。
同じように後ろからの競馬しかできないと思っていたカテドラルが前走は久々に前からの競馬になった。大敗はしたが、変わり身があるかと少し期待したくもなる。ただ、今度はまた後ろからの競馬をしそうで、今の馬場状態ではあまりに後ろからだと届かなさそう。
エントシャイデンも前走いきなり逃げの一手に出ての3着。展開に恵まれたのは確かだが、もともとこれくらいは走れた馬なので復調の兆しを見せたと評価すべきだろうか。今の馬場ならまた先行でチャンスがありそう。
トリプルエースは短距離血統だがマイルでも2走前に勝ち、マイルを続けて使ってきている。マイルは少し長いと思うし、東京マイルの末脚勝負には向いていないと思うが、前走大外枠でもよく頑張っていたので捨てるまではいかない。連勝した時の時計が早いので、今の東京の馬場も合いそう。
サトノインプレッサ。坂井瑠星が、長距離が合うと言ったものの大敗したことで赤っ恥をかいていたが、マイル路線に戻ってきた。そして坂井もついに降ろされて戸崎に乗り替わり。ただ良馬場の実績が無いので、まだ実力が分からない。
サトノアーサーは東京マイルで来るイメージはない。どちらかというと平坦コース向きなのではないか。
サトノ3頭から狙うならサトノウィザード。32秒台の上がりも使えるような強烈な末脚は東京向きと見ている。ただ超スローの上がり勝負で結果を残して来ているので、重賞の厳しい流れだと追走に苦労し持ち味が末脚できなくならないだろうか。逃げ馬不在なのでペースが落ち着けば面白い。
あとはトラインが少し気になる。キャピタルSで最後は脚が止まってしまったので、よほど展開がハマったり上手く乗らないと勝負にならなさそうだが、そういう一発勝負に懸けるような騎乗ができる横山典弘が鞍上というのはなかなか怖い。これと言った逃げ馬もいないので、もしかするとブラックスピネルが逃げ切った時のように、予想外のこの馬が逃げることも考えられる。

◎トリプルエース 12
○ヴァンドギャルド 13
▲トライン 5
☆サトノウィザード 2
△エントシャイデン 14
△シャドウディーヴァ 11
ワイド各100円 12-13 2-12 12-14 11-12 2-13
複勝100円 5

自信度★☆☆☆☆
posted by ナイト at 21:06| Comment(0) | 2021年競馬 | 更新情報をチェックする