2009年05月02日

天皇賞春予想3&かきつばた記念予想&かしわ記念予想1

予想2からの変更だが、トウカイトリックを捨てる。2年前の天皇賞春で3着。あそこで勝てなかったのが運の尽きだったのではないか。去年から全く輝きを失ってしまった。あの時以上の結果を期待するのは厳しいと見た。
本命はゼンノグッドウッドで貫く。
阪神大賞典組はかなり怖いと思うのだが、前走は3000mが3分13秒台になるほど、かなりパワーのいる馬場でのレース。しかも1、2着は直線でかなりの叩き合いを演じている。どちらも疲れが抜けきっていないのではないか。
そして4着スクリーンヒーローも、叩き合いこそなかったが59キロを背負ってあの馬場でレースをしたのでは、なかなか疲労がたまったはずだ。そう考えて阪神大賞典組が信頼できない。
今回イメージしているのは、人気馬が総崩れしたあの2005年の天皇賞春。そう、スズカマンボ、ビッグゴールドというとんでもない決着になったあの年。それの再現になるほどの波乱があってもおかしくないと思いながらの予想だった。
結局、スズカマンボと同じ枠に入ったゼンノグッドウッドを本命にしたというわけだ。

11サンライズマックス牡5福永58
12マイネルキッツ牡6松岡58
2
3ジャガーメイル牡5安藤 勝58
2
4アルナスライン牡5蛯名58
3
5シルクフェイマス牡10藤岡 佑58
3
6テイエムプリキュア牝6荻野 琢56
4
7ポップロック牡8川田58
4
8トウカイトリック牡7和田58
59ホクトスルタン牡5小牧58
510ゼンノグッドウッド牡6武 幸58
6
11ネヴァブション牡6後藤58
612ドリームジャーニー牡5池添58×
713デルタブルース牡8岩田58
714コスモバルク牡858
715モンテクリスエス牡4武 豊58
816スクリーンヒーロー牡5横山 典58
817アサクサキングス牡5四位58
818ヒカルカザブエ牡4秋山58

終わってみれば本命決着になっていそうな気もするが。自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 10-17 10-18 10-16 4-10 10-12 17-18 16-18


しぶとく賞金を稼ぐスマートファルコン。いつ首切りが起きるかわからない今の時代、貯金は大切だ。確実に賞金を稼いでおいて、秋から本格的に強豪と戦う予定らしい。今回も敵無しか。
2番手にトーセンブライト。前走は黒船賞でフェラーリピサに完勝。8歳だがまだ衰えてはいない。
ほかのメンバーを考えると、この2頭のワンツーは固そうか。三連単2頭軸で行く。
その相手が問題だ。悠々自適の年金生活を送る9歳メイショウバトラーと10歳リミットレスビッド。最近は衰えて中央の強豪に敵わない。しかもリミットレスビッドは前走、高知のポートジェネラルに敗れている。ただ、メイショウバトラーは先着。地方の強豪とは接戦というところか。となれば、夏に強いメイショウバトラーが前走よりはもう少し頑張れると見て3番手評価。
あとはリミットレスビッドとポートジェネラルを押さえておく。
地元愛知の強豪キングスゾーンだが、この馬も7歳でそろそろ衰えて来たように思える。

11マルヨフェニックス牡5尾島56
2
2スマートファルコン牡4岩田58
3
3ジューシーセ5佐原56
4
4メイショウバトラー牝9武 豊55
55タータンフィールズ牡7丸野56
56ゲイリージュピター牡9吉村56
6
7マルカキセキ牡8吉田 稔56
68ポートジェネラル牡6宮川 実 中西56
79ケイエスゴーウェイ牡6西川 敏56
710トーセンブライト牡8安藤 勝57
811リミットレスビッド牡10福永58
812キングスゾーン牡7安部 幸57

頭は鉄板か?トーセンブライトがまた激走するのか?自信度★★☆☆☆
三連単4点 2-10-4 2-10-11 2-10-8 2-10-12


マイルのJpn1かしわ記念。
カネヒキリが日本新記録のジーワン8勝を達成するのかどうか。その最大の敵はエスポワールシチーか、フェラーリピサか、それとも地方馬フリオーソか、アジュディミツオーか。
気になるのはこのあたり。残る中央馬2頭だが、まずボンネビルレコードは最近明らかに全盛期の勢いを失っている。距離もマイルよりは長いほうがいい。昨年のこのレースの覇者だが、昨年とはメンバーのレベルが違う。
そしてゼンノパルテノンだが、前走は東京スプリントを勝ったといっても、相手がガブリンでは今回とレベルが違いすぎる。
フサイチジャンクはいつの間にか中央を引退して地方に移っていた。借金にまみれて所有馬を売りはたいているという噂を聞くフサイチの関口氏だが、まだ数頭所有しているようで、この馬もまだ関口氏の所有馬。とはいっても、さすがに初ダートで狙えない。
本命はどの馬か。フリオーソ、エスポワールシチー、フェラーリピサともにまだカネヒキリに先着したことはない。やはりカネヒキリか。しかし、直線の長い東京のフェブラリーSで逃げて4着に粘ったエスポワールシチーなら、今回の直線の短い船橋なら逆転可能なのではないだろうか。フリオーソやアジュディミツオーといった逃げ馬もいるが、マーチSでは好位抜け出しで勝ったように、逃げにこだわる必要もない。この馬を本命にする。
カネヒキリは2番手評価。今回は本命にしたくなかった。というのは、乗り替わりで内田が騎乗するから。東京スプリントで勝ったゼンノパルテノンに続けて乗らず、さらに地方時代にドバイワールドカップにも出走したアジュディミツオーが復活してきたというのに、それもあっさり捨ててしまった。勝てる馬を選んで騎乗するのは当然のことだが、活躍した2頭を捨てて、テン乗りのカネヒキリでレースに出る。アジュディミツオー&内田博幸といえば交流G1で5勝をあげ、3年前の帝王賞ではカネヒキリを力でねじ伏せた名コンビ。このコンビを見たいファンは多いはずなのに、そのかつてライバルだったカネヒキリにあっさり騎乗してしまう。これがものすごく気に入らない。カネヒキリは好きなのだが、今回は勝ってほしくない。それに、内田はサクセスブロッケンのフェブラリーSに続いて、別の馬でダートのジーワン連勝となるとも思えない。
3番手にフリオーソ。現在地方ナンバー1ということに違いはないだろう。
4番手にフェラーリピサ。5番手にアジュディミツオー。内田乗り替わりとで三浦を乗せてきた時点ですでに客寄せパンダ。本気とは思えない。

11ゼンノパルテノン牡7武 豊57
2
2アタゴビッグマン牡9永森57
3
3ディープサマー牡7川島 正57
4
4シルクアヴァロン牡6本橋57
4
5ボンネビルレコード牡7的場 文57
56エスポワールシチー牡4佐藤 哲57
57ドリームスカイ牡4水野57
6
8フサイチジャンク牡6張田57
6
9ケイエスショーキ牡5實川57
710フェラーリピサ牡5岩田57
711カネヒキリ牡7内田57
812フリオーソ牡5戸崎57
813アジュディミツオー牡8三浦57×
posted by ナイト at 12:21| Comment(0) | 2009年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください