2009年05月05日

兵庫CS予想&NHKマイルC予想1

まともにダートを走ったことのある馬が出てこない。本命は、59キロで激走した前走は気になるが、スーニで固いか。
あとの中央馬は4頭いるが、どれもダートでの実力は未知数。ケイアイテンジンとシルクダンディーは中央ダート2勝。ゴールデンチケットは皐月賞11着と芝の力はありそうだが、ダートは船橋で1勝。トップオブピーコイは荒尾で楽勝。
この中で削るならトップオブピーコイ。地元兵庫の豪腕木村健が騎乗するのは怖いが、芝でも弱く、ダートでも超低レベルの荒尾で勝っただけでは信用できない。距離も不安がある。
地方では、地元兵庫の重賞菊水賞を勝ったカラテチョップだが、木村騎手が中央の馬に乗るということで、兵庫の馬にそこまで期待できる馬がいないものだと考える。
あとは、そのカラテチョップに名古屋のレースで勝っているトウホクビジンだが、「トウホク」ビジンなんて名前を付けて名古屋に移籍してしまったのは残念だ。一度中央ダートに参戦したときに惨敗しているように、力不足。

11シルクダンディー牡3四位55
2
2テンザンイチロー牡3川原55
3
3ジョウショーリズム牡3永島55
4
4トップオブピーコイ牡3木村 健55
55トウホクビジン牝3濱口53
56カラテチョップ牡3下原55
6
7ゴールデンチケット牡3武 豊55
68タマモリターン牡3板野55
79ナツイロプリティー牝3宇都53
710ケイアイテンジン牡3福永55
811ベルエキップ牡3北野55
812スーニ牡3内田55

スーニの独壇場か。不安があるとすれば、前走の疲れ。自信度★★★☆☆
馬単3点 12-1 12-7 12-10
ワイド1点 1-7



3歳のマイル王決定戦。まずはニュージーランドT組を検証するが、明らかにサンカルロが抜けていた。そのほかに際立って狙いたい馬もいない。
ではそのサンカルロだが、スプリングSで4着と負けている。そのスプリングS2、3着馬のレッドスパーダとフィフスペトルが出てくるならサンカルロも狙いにくい。
ではスプリングS2着のレッドスパーダだが、皐月賞を使えずにここに来ることになったのは予定が狂った。そんな馬は狙いにくい。それよりはフィフスペトルか。スプリングSは叩き台、皐月賞は距離が長かったと見れば、距離短縮のここで十分逆転は考えられる。
ではそのフィフスペトルを倒す馬がいるのかどうか。
まずブレイクランアウトだが、共同通信杯以来というのが気に入らない。
ならこちらも距離短縮で楽しみなアントニオバローズだが、シンザン記念を勝った時の2着馬ダブルウェッジが毎日杯で10着。そう考えれば毎日杯を快勝したアイアンルックが怖いか。東京の直線を考えれば、前走33秒6の上がりで飛んできたこの馬は怖い。
フィフスペトルかアイアンルックか。かなり迷ったのだが、フィフスペトル。アイアンルックの父アドマイヤボスというのが微妙すぎるし、毎日杯1着からのNHKマイルC1着だと去年と同じすぎるのが気に入らない。

◎フィフスペトル
posted by ナイト at 14:01| Comment(0) | 2009年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください