2009年06月03日

安田記念予想1

今週のG1も雨になるのか。そんな中、豪華なメンバーが揃った安田記念。
前哨戦を順番に見ていくと、マイラーズCはスーパーホーネットが休み明けで勝利した。やはり強いのは間違いなさそうだ。ただ、毎回毎回有力馬に上がるがG2大将止まり。G1で勝てないのは、やはり何か足りないのか。ロドリゴデトリアーノの産駒というのが地味なのもあるし、藤岡佑介騎乗というのも少し足りないのか。
2着カンパニーは横山典弘がダービーを勝ったところだし、3着スマイルジャックは京王杯で崩れすぎた。
では京王杯SC組だが、全体的にワンパンチ足りない印象。
ならば高松宮記念からのローレルゲレイロだが、マイルだと最近は少し劣っていそうな感じがある。
さらに今年の外国馬は、チャンピオンズマイルを勝ったサイトウィナーがいるが、最下位人気で勝った馬を信用していいとは思えない。
となると、結局ウオッカとディープスカイで迷うが、マイルということを考えるとウオッカなのではないか。ウオッカがマイルで負けたのは、ダイワスカーレット相手の桜花賞、上がり33秒2で追い込んだのに届かなかった昨年のヴィクトリアマイル。どちらもレベルの高いレースをしている。それに比べて、距離が延びると凡走も増える。マイルの安定感を考えるとウオッカではないか。
一方のディープスカイは、休み明けの前走大阪杯でドリームジャーニーに敗れたのも気に入らないし、馬体が減っていたのも嫌なところだ。それに、3歳から4歳の休養期間で馬体が減っていたなら、大幅な成長は考えられない。安定感は抜群だが、ヴィクトリアマイルを見る限り、ウオッカを倒すのは簡単ではないだろう。ただ、ウオッカは想定外の不発が時々ある。それが心配ではあるが。

◎ウオッカ
posted by ナイト at 19:35| Comment(0) | 2009年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください