2006年10月11日

秋華賞予想1

混戦の3歳牝馬。なかなか絞りきれない。
春の強豪カワカミプリンセスは直接のローテーションでも期待はできる。キストゥヘヴンは桜花賞勝ちが評価できるし、オークスも大崩れしていない。アサヒライジングもしぶとい馬。アメリカでの疲れがなければ十分走る。
ローズS組からはやはりアドマイヤキッス。そしてフサイチパンドラもオークス2着があるように狙ってもいいし京都は新馬戦の勝ちがよかった。それ以下は買いづらい。2着シェルズレイに迷うが、前走はうまく行き過ぎた。今回は逃げ馬もいるしペースも変わる。そして追い込んでくるのはアドマイヤ以外も来るはずだ。もう少し何かがほしい。
怪我明けのコイウタは不安だし横山典が乗らないのなら捨てよう。
気になるのは例年好走できない紫苑S組。今回は異常にタイム、上がりともに早い。しかし、そうといってもメンバーが強かったという印象はない。キープユアスマイルもオークス12着と完敗。ただ芝初戦で勝利のサンドリオンには一応注意したい。
前走大倉山特別レコード勝ちのブルーメンブラットはオークスで不利があっての敗戦を考えると走ってもよさそうで、ローテーションもティコティコタックと同じである。しかし、前走は53キロの斤量と、意外とレコードながらハイペースでないことを考えると、そこまで評価できないし、クイーンSでの敗戦のほうが気になる。大体前走も2馬身しか離せていない。ここは前日にエニフSで走るお兄さんに勝ってもらいましょう。

◎アドマイヤキッス
○キストゥヘヴン
▲カワカミプリンセス
△フサイチパンドラ
△サンドリオン
△アサヒライジング
posted by ナイト at 17:24| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください