2006年10月18日

菊花賞予想1

マルカシェンクは菊花賞という前提で予想をしていきます。
さて、3冠が注目されるメイショウサムソン。しかし前走を見て、きさらぎ賞を思い出したが、並ぶことなく離れたところから追い込まれると負ける。内を走り、馬と並んで走る分には負けない。そんな感じだ。
とはいっても、実力十分で、なかなかこれを負かす馬はいない。特に、春のクラシック組ではアドマイヤ、ドリパス、マルカ以外に見当たらない。
他に気になる馬といえば、神戸新聞杯で3着のソングオブウインド。そのソングオブに負けたもののラジオNIKKEI賞で強いレースをしたトウショウシロッコ。
トウショウシロッコはラジオNIKKEIではソングオブより2キロ重く、大外を回りながら最後はすばらしい脚でソングオブとの差は0.1秒差だった。それだけにここ2頭はおもしろそうだ。皐月賞はソエでまだまだ成長途中だった。
そのトウショウに勝ったセントライトのトーセンシャナオーだが、前走が馬体20キロ減。陣営としてはこの菊花賞を目標としてのレースではなかったと思う。そういう考え方をすると捨てたい。
さて、それでは春の上位組だが、信頼すべきは神戸新聞杯とダービーになってくるか。
横山典弘になるドリームパスポート。骨折明けでいきなり勝った神戸新聞杯は大いに評価できるし、末脚はすばらしい。ただ、横山は2着の騎手。乗り替わりだからこそ勝つ気もするが、ここは距離を考えても本命には厳しい。
続いてアドマイヤメイン。先行有利の菊花賞。去年もアドマイヤジャパンが逃げて武豊もディープの鞍上でヒヤヒヤしていたはず。神戸新聞杯は不利が重なり参考外。ダービーのようなメイショウに並びかけられるレースをしたら危ないが、去年のアドマイヤジャパンのように後ろとの差をつけてしまえば、一発はある。それに、ダービーは騎手柴田善。不振が続く武豊だが、最後の一冠はアドマイヤに戻って今度こそ。
マルカシェンクはローテーションが厳しい。ダービーでは内でゴチャつかなければ3着があったかもしれない。それでもダービー同様、この馬は完全に仕上がって、いいローテーションでレースに臨むことができていないと思う。脚質、距離も考えてそのあたりが割り引き。ただ、瀬戸口厩舎が定年で解散前であり、3冠をとりたいだろう。メイショウサムソンと同厩舎のこちらで3冠があってもおかしくない。
そしてメイショウサムソン。距離延長がプラスに出そうだ。ところで、来年はディープがいない。ハーツも引退するかもしれない。JRAとしては、そうなると強い馬がほしいはず。かといって、サムソンが勝つと、再び1強時代の可能性が高い。1強は物足りないということを今年実感した。ディープが引退して戦国時代。そんな来年を考える場合、ここでサムソンが勝ってはいけない。

◎アドマイヤメイン
○メイショウサムソン
▲ドリームパスポート
△マルカシェンク
△トウショウシロッコ
△ソングオブウインド
posted by ナイト at 15:18| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください