2006年10月20日

菊花賞予想2&富士S予想

◎アドマイヤメイン
○メイショウサムソン
▲ドリームパスポート
△マルカシェンク
△トウショウシロッコ
△ソングオブウインド
だった。少し怖いと思ったのはトーホウアラン。骨折明け、ぶっつけ本番とまったく来る気はしないのだが、ダービーは内ではさまれた。それでも京都では有利な展開となった重賞勝利もあったが2戦2勝。藤田はこの馬を選んだことも含めて、なぜか気になる。普通に考えれば来るとは思えないのだが、なぜだろうか。自分でも分からないので説明しにくいので本当に申し訳ない。
あとは、マルカシェンクはどうも来ない気がする。そして、ソングオブウインドは来ても3着までだろう。まさかの2着があるとすればトウショウシロッコのほうかと。

◎アドマイヤメイン5
○メイショウサムソン12
▲ドリームパスポート13
△マルカシェンク7
△トウショウシロッコ16
△ソングオブウインド18
△トーホウアラン1


富士Sはわからないメンバー。
3歳馬マイネルスケルツィは東京コースが不安だが信頼を置ける力は持っているはず。同様に1600mなら夏にかなり成長したというスーパーホーネット。54キロもおいしい。
古馬はカンファーベストがここのところ抜群の安定感で、前走も推奨した馬だが、今度はちょっと不安。7歳という年齢がそろそろ危ない。同じ7歳といえば勝浦にも見捨てられたテレグノシス。東京1600はこの馬のコースだが、新潟1600で勝てなかったのなら同じようなもの。ペースが向かなかったこともあるが、ここも続けて切る。
晩成の5枠2頭、ヴリルとサンバレンティンはいきなり重賞というのは不安。どちらかといえばサンバレンティンが気になるが、休み明けであるのが嫌気。
キネティクスは前走ダートで好走。ただ、続いて芝でというのは難しそう。
秘めた力はインセンティブガイ。真面目に走れば勝てる。そこが問題。前走は大敗。今度は?
妙な人気馬スズカフェニックスとエアシェイディ。スズカは前走は推奨して、そのとおり強かったが、ここでは微妙なところ。5走前の500万特別ではマイルで圧勝だったがここでは?エアシェイディも距離がどうなのか。マイル向きであっさり勝つかもしれない。でもここのところの成績と騎手の変更では買いにくい。人気はするのは間違いないが、そういう時こそ切りたい。

◎マイネルスケルツィ2
○インセンティブガイ15
▲スーパーホーネット4
△カンファーベスト6
微妙なメンバーで思い切ってたったの4頭。やりすぎたと自分でも思う。自信度★☆☆☆☆
ワイド5点 2-15 2-4 2-6 4-15 6-15
posted by ナイト at 22:40| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください