2006年10月22日

菊花賞結果

まさか武幸四郎が牡馬クラシックを勝つとは。1番好きな騎手ですけど、まさか。
大逃げを打ったアドマイヤメインと後方から進んだソングオブウインド。後ろから行ったのを見たときはソングオブはいらないかと思いましたが、ウインクリューガーやブロードアピールを思い出させるような幸四郎のものすごい追い込みでした。上がりは33秒5。横山典弘は4年連続菊花賞2着です。
サムソンには厳しい展開となりましたね。
ふと思ったのですが、アドマイヤメインは予想通りの大逃げのはず。幸四郎は後方から。兄弟で打ち合わせしたのでは?と思っちゃうようなレースでした。

1着:8枠16番ソングオブウインド△
2着:7枠13番ドリームパスポート▲
3着:3枠5番アドマイヤメイン◎
4着:6枠12番メイショウサムソン○
5着:7枠15番アクシオン
結果:-600円


今週の結果

土曜京都11RオパールS
ペールギュントが復活。前走は不利があったにもかかわらず4着。重賞の勝ち馬が戻ってきた。
日曜東京10R錦秋特別
秋の復帰2戦目でアポロノサトリが勝利。今後どのくらい走るか分からない馬ですが、1000万で接戦だったのは気に入りませんね。
posted by ナイト at 16:20| Comment(0) | 2006年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください