2007年03月17日

フラワーC結果

ショウナンタレントが逃げ切りました。
抽選で外れたベッラレイアが中京500万で大外一気の追い込みで勝利。タイムもこのフラワーCより早い。となるとやっぱりここは特に気になるメンバーでもないので触れることはないのです。
まあ、最近の競馬の流れでも書くとします。
サンデーサイレンス産駒は昨年で終了。新3歳はサンデー産駒はいません。どの種牡馬がいいのかといわれますが、アグネスタキオンが強いです。なんといってもそれを象徴するのがシンザン記念。アドマイヤオーラとダイワスカーレット。共にアグネスタキオン産駒です。
意外にもこの世代のタキオン産駒の重賞制覇はアドマイヤオーラに続いてこのショウナンタレントが2頭目。
ところで、種牡馬になってからこそ、本当の競走馬の強さが出るというのが持論で。最近の競馬で強い馬は、エルコンドルパサー、サイレンススズカ、アグネスタキオン。この3頭がすごい馬だったと思っているわけです。テイエムオペラオーは世代に恵まれただけだと思ってますし、スペシャルウィークやグラスワンダーは同じ世代のエルコンドルに劣ると思っています。
が、エルコンドル、サイレンスはもうこの世にいません。エルコンドルは種牡馬になってすぐに死んでしまいましたが、それでもG1馬ヴァーミリアン、ソングオブウインド、アロンダイトと輩出。もしも生きていればと本当に残念。現役時代でも芝、ダート共に強かった馬ですからね。だからこそタキオンに賭けているんです。脚元が悪いにもかかわらず4戦4勝で皐月賞制覇。そのまま怪我で引退。
種牡馬でもう一花も二花も咲かせてください。
それにしても、◎と○が最下位争ってますよ。

3
5ショウナンタレント牝3柴田 善541.49.6
815ホクレレ牝3蛯名54
1.49.8
2
4クロコレーヌ牝3高橋 智54
1.49.9
4
7アルコセニョーラ牝3池田54
1.50.1
4
8マイネルーチェ牝3松岡54
1.50.2
714クラウンプリンセス牝3上村541.50.2
12エーシンパーティー牝3小林 淳54
1.50.2
2
3イチゴイチエ牝3吉田 豊54
1.50.3
6
11ホットファッション牝3小野54
1.50.4
6
12トウカイファイン牝3後藤54
1.50.4
59ディーズメンフィス牝3勝浦54
1.50.5
510ジョウノガーベラ牝3田中 勝541.50.8
11ペルサントクリール牝3横山 典54
1.50.8
3
6マイネシャリマー牝3津村54
1.50.9
713アルビアン牝3福永541.50.9
816エゾノタイセツ牝3安藤 光541.51.2

結果:-500円
posted by ナイト at 16:07| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください