2007年03月17日

阪神大賞典&スプリングS予想

実力馬2頭。デルタとドリパス。有馬のときでも2キロ差だったから今回のデルタの59は気にならない。
それに続く馬といえばアイポッパーとトウカイトリック。ポッパーは58だが、これもアルゼンチン共和国杯を考えると苦にはならない。
あとは、阪神で少し落ちるかもしれないがファストタテヤマ。
実力馬の揃うG2で別定戦となれば、触れる馬は少ない。

11デルタブルース牡6岩田59
2
2ドリームパスポート牡4安藤 勝57
3
3ハイフレンドトライ牡7熊沢57
4
4ファストタテヤマ牡8武 幸57
55アマノブレイブリー牡7小牧57
6
6ロングアライブ牡7下原57
6
7トウカイトリック牡5池添57
78コスモプロデュース牡5安部 幸57
79マイソールサウンド牡8角田57
810アイポッパー牡8武 豊58
811エプソムアルテマ牡6秋山57

ドリパスの軸は変わらないだろう。自信度★★★☆☆
三連複5点 1-2-10 1-2-7 1-2-4 2-7-10 2-4-10


ダートで2戦圧勝して、芝に復帰のフェラーリピサ。確かに初戦はトーセンキャプテンと差のない競馬。しかし久々の芝でいきなり本命に推していいのか。どこまで信用していいのか。そういうときは安定感抜群で、ついに藤沢厩舎が横山典弘を鞍上に迎えたフライングアップル。
あとはサンツェッペリンは京成杯こそ勝ったが、スローの前残りで信用しにくい。ただ、ここでもスローの前残りかもしれない。
それより大外だが朝日杯で6着と安定していたマイネルシーガル。距離はどうか分からないが、力はあるだろう。
残りの押さえにしたいところは、タイムと上がりから見て、東京2000mを2分0秒9、上がり34秒1で勝ったエーシンピーシー。このあたりまで。ショウワモダンはスローでうまく前で残った感じ。上がり35秒4が気に入らない。シベリアンハートは前走は確かに楽に勝ったが、メンバーが弱い。
フリオーソは個人的に嫌い。中舘騎乗でなおさら買いにくい。

11フライングアップル牡3横山 典56
2
2サンツェッペリン牡3松岡56
3
3スクリーンヒーロー牡3木幡56
4
4ニードルポイント牡3江田 照56
55ショウワモダン牡3勝浦56
6
6エーシンピーシー牡3蛯名56
6
7スズカライアン牡3四位56
78フェラーリピサ牡3柴田 善56
79シベリアンバード牡3田中 勝56
810フリオーソ牡3中舘56
811マイネルシーガル牡3後藤56

権利取りに必死になるところ。自信度★★★☆☆
ワイド5点 1-8 1-11 1-2 1-6 8-11
posted by ナイト at 17:54| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください