2007年03月31日

大阪杯&ダービー卿CT予想

荒れないと思われるレースだが、今年はどうか。メイショウサムソンは59キロに加えて、瀬戸口厩舎が解散し、高橋成忠厩舎に。コスモバルクは安定感という点では推奨しにくい。そんなレースでどうなるのか。
そうなれば、今回は楽に先頭に立てそうなシャドウゲイトが怖い。中山金杯の楽勝はうまく行き過ぎたが、そのあとの中山記念でも悪くない内容。ただ、コスモバルクという非常に頭を悩ませる馬がいることが心配。メンバーが揃わなかったここでは、勝負になるか。
前で残りそうなトリリオンカットは力が落ちるか。それなら、シルクネクサス、ホッコーソレソレー、アサカディフィート、復活気配のタガノデンジャラスくらいか。
雨が降れば、サンバレンティンなのだが、そこまで降水量は多くならないだろう。

11シルクネクサス牡557
2
2タガノデンジャラス牡5岩田57
3
3メイショウサムソン牡4石橋 守59
4
4ホッコーソレソレー牡5渡辺57
55サンバレンティン牡6川田57
6
6メイショウオウテ牡5四位57
6
7トリリオンカット牡7和田57
78アサカディフィートセ9小牧57
79コスモバルク牡6五十嵐 冬59
810シャドウゲイト牡5安藤 光57
811アラタマインディ牡10飯田57

本命は結局サムソンにしたが、2頭軸でいく。自信度★★☆☆☆
三連複5点 3-9-10 3-8-10 1-3-10 3-4-10 2-3-10


G1馬が2頭、重賞勝ち馬が7頭。揃っていないように見えるメンバーでも十分に過去の実績を持っているメンバーだ。
前哨戦は東風Sが毎年のことだ。その中で、ハンデ戦に変わることを考えれば、53キロでマイペースの逃げ、ニシノデュー。前走の上がりタイムはトップで56キロも前走と比べれば1キロ減のグレイトジャーニー。復活?と思わせてもムラがあるインセンティブガイ。このあたりか。
新星サイレントプライド。いきなりの重賞で55キロのハンデ。なかなか厳しい気がする。同じ55キロのデアリングハート。牝馬でなければ問題ないのだが、牝馬で55キロなら牡馬で57キロ換算。そうなるとちょっと嫌な気もする。
トップハンデはその57キロ、中山巧者ダンスインザモア。最近の活躍は完全復活と見ていいだろう。スプリングSを制してからの復活重賞Vを期待するところか。あと復活といえば、ロジックもちょっと怖い。
他に気になるが、ローマンエンパイア。というのも、実にこの馬との馬券の相性が悪い。2004年末ベテルギウスS、2005年末ファイナルS共にこの馬を迷った挙句捨てたのだが、どちらとも馬券に絡んできた。3歳時に京成杯同着Vなんてものがあったが、さすがに休み明けの8歳では無理ですよね。

11マイネルハーティー牡5吉田 隼54
2
2サイレントプライド牡4後藤55
2
3コイウタ牝4松岡53
3
4ダイワバンディット牡6柴田 善56
3
5ウインクリューガー牡7勝浦56
4
6ロイヤルキャンサー牡9江田 照53
4
7デアリングハート牝5藤田55
58インセンティブガイ牡5横山 典56
59グレイトジャーニー牡6御神本56
6
10ピカレスクコート牡5秋山55
6
11ブラックカフェ牡7柴山54
712ロジック牡4内田 博56
713ダンスインザモア牡5蛯名57
814ローマンエンパイア牡8北村 宏56
815ニシノデュー牡6吉田 豊53

難しいハンデ戦。自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 2-13 13-15 7-13 8-13 9-13 12-13 2-15


日曜の注目馬

阪神10RマーガレットS
桜花賞は賞金不足で除外確実。ということでこちらに出走する阪神JF3着馬のルミナスハーバー。この時期の3歳馬はわからないが、楽勝しておきたいところ。
posted by ナイト at 16:08| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください