2007年05月23日

ダービー予想1

まさかのアドマイヤオーラに岩田。武豊が降ろされました。かといってタスカータソルテが勝ったらどうなるでしょうか。アドマイヤ陣営は「アドマイヤに乗せておけばよかった」だろうか。だが、「うちの馬では勝てなかったくせに他の馬で勝ちやがって」となれば悪循環。こういうごたごたは、両方負けてしまうのがいいでしょう。両方捨てよう。ここでタスカータソルテが来たら、さすがは世界の武豊というしかないです。だって、今までのレースからしたら、タスカータソルテってそこまで買える馬ではないですよね。雨が降れば怖いですが。
皐月賞1着のヴィクトリー。ごたごたの中でこれがあっさり勝ってしまうのもいいが、それだと武豊は最初からこれに乗っておけば2冠だったという、これも悪いほうに流れが向かう。何の縁だか、ヴィクトリーの馬主はアドマイヤオーラの馬主の奥さんだ。そのへんもまたごたごたになる。それに3年連続で3冠へ挑戦する馬が出てくるというのはありえないと思う。
皐月賞組で、残るはサンツェッペリン、フサイチホウオー、ローレルゲレイロ、ナムラマース、アサクサキングスあたり。サンツェッペリンは名前が言いにくい。フサイチホウオーは松田国厩舎がダイワスカーレットのうさ晴らしをするには1番の場面だ。ローレルとアサクサは皐月、NHKマイルが本番でここは遊びだろう。ナムラマースはエンジンのかかりが遅いと言われている。毎日杯のような直線の長いコース、つまり東京コースなら巻き返しは十分か。昨年からの「佑ちゃん」ブームに競馬界では藤岡佑介か。
このレース注目馬はやはりウオッカか。牝馬はNHKマイルCをピンクカメオが勝っているものの、勝った相手はローレルゲレイロあたりだ。それと、シンザン記念でダイワスカーレットがアドマイヤオーラに完敗。あれで今年の牡馬と牝馬の一線級との力関係は見えたのではないだろうか。普通に図れば、ローレルゲレイロ以上、アドマイヤオーラ以下ということになる。そうなればウオッカも買いにくい。このメンバーではしんどいか。
それでも、ウオッカは残念なことに、負けても言い訳がつく場面ではなくなった。それはオークスをローブデコルテが勝ったからだ。ベッラレイアやダイワスカーレットがオークスを勝てば納得がいっただろうが、桜花賞やチューリップ賞で下したローブデコルテが勝った。出ておけば確実に勝てたと後悔することになる。後悔しないためにはここで勝つしかないのだが。
もう1頭タニノギムレット産駒で、青葉賞からのヒラボクロイヤルがいるが、毎日杯ではナムラマースに完敗。いくら武幸四郎がアサクサでなくこちらを選んだからといっても、ちょっと厳しそう。
ならば結局は、あっさりとフサイチホウオーで収まるのか。フサイチの関口オーナー久々のダービー勝利か。ただ、フサイチホウオーの前走の末脚は何か進化を見せてくれた気もするのだが、東京での成績はどうも気に食わない。ダイレクトキャッチ、フライングアップル、ドリームジャーニーと接戦だった。もうちょっと突き抜けるレースを見たかったのだが、物足りなさを感じた。前走で進化して、その姿が今回のダービーで見られるかもしれないがどうなのか。あっさりと先週のダイワスカーレットの鬱憤を安藤勝、松田国コンビで晴らすのか。
ただ、注目は少し薄そうだが、穴となるのはゴールデンダリア。プリンシパルS楽勝。しかも同レース初の勝ちタイム2分を切った。上がりは33秒8。なんといっても、東京と中山で違うが、タイム、上がり共に完全に皐月賞のメンバーを上回ったレースとなった。これがどうも怪しい。皐月を上回るという異例のことだろう。ならば、この不振続きの本命馬がダービーでも続けて敗れてもおかしくない。ベテランの柴田善臣騎手。そろそろダービージョッキーの称号を。

◎ゴールデンダリア
posted by ナイト at 14:50| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください