2007年11月07日

エリザベス女王杯予想1

ベッラレイア、レインダンスの回避で分かりやすくなったのか、より難しくなったのか。どちらも本命にしてもいいくらいの力を持っていると思っていたため、これで迷いなく本命は決まったという状況だ。
人気するのはダイワスカーレットか。しかしこの秋すでに3戦目。調子はピークとはいえないかもしれない。そして、心配なのは距離だけでなく、相手。古馬一流の逃げ馬、アサヒライジングが相手ならいつものように道中はスローで流して、最後の上がり勝負に持ち込むという得意の展開にできるのかどうか。そう簡単にはいかないだろう。
かといって、古馬アサヒライジングには全幅の信頼は置けないし、府中牝馬Sの覇者デアリングハートもこの距離はしんどい。アドマイヤキッスや武豊のディアデラノビアも最近はアサヒライジングに劣っている。
なら、残る気になる古馬は2頭。まずは昨年の覇者フサイチパンドラ。札幌記念の覇者というのは、その年の秋に活躍する傾向がある。天皇賞秋2着馬アグネスアークを破っていることも評価できる。ただ、騎手が変わりすぎだ。今回はルメール。それと、エルムSからここへというローテーションも嫌なところだ。
もう1頭の注目古馬はスイープトウショウ。昨年の2着馬。スワンSからのローテーションが気になるが、まだ今年も末脚は健在。はまれば一気に差し切れる。しかし今年は1600m以下のレースしか走っていない。いきなりの2200mのレースというのが気になる。
ということで、残った有力馬は、ウオッカ。これが本命。普段からあまり本命にしたがらなかった馬だが、ここで崩れるわけにはいかないだろう。なんといってもダービー馬なのだから。2200m外回りならダイワスカーレットを逆転する可能性はより大きく、さらに叩き2走目と考えると、万全の状態で出走してくるのではないだろうか。

◎ウオッカ
posted by ナイト at 17:21| Comment(0) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください