2007年11月09日

京王杯2歳S&京都HJ&福島記念予想&エリザベス女王杯予想2

京王杯2歳S。
重賞ウイナーが2頭。新潟2歳Sのエフティマイアと函館2歳Sのハートオブクィーン。エフティマイアでは恵まれた感じもあったが、3連勝しているのなら、ここでも狙っていいか。
続いてオープン勝ちのフォーチュンワード。しかし、前走の芙蓉Sのタイムが遅く、相手もそこまで強くなかった上、ダリア賞2着も、ハナ差3着の馬が新潟2歳S8着ならこの馬もそこまで活躍できないと見る。
500万を勝っているのはレッツゴーキリシマ。ソエが完治して調子を上げてきたというコメントもあり、小倉2歳S5着などとは状況が違うか。前走0.5秒差の勝利は本格化の兆し。
ではその他の馬達。
その小倉2歳Sのミリオンウェーブは、小倉2歳S上位馬のその後の活躍がないことと、新馬戦ハナ差2着の馬も500万に昇級後、好走できていないことから捨てる。
前走逃げて楽勝のホッカイカンティは調子があまりよくなかったらしい。それで0.7秒差なら今回はさらに上積みに期待ができる。
リーベストラウムはハイペースになれば、すばらしい追い込みを見せてくれるはず。33秒台の上がりを連発しているところが怖い。しかし、雨予報の明日は不安。
ミッキーチアフルは武豊人気しそうな感じ。前走のタイムが良かったのは、タイムの出る馬場状態だったのだろう。
アポロドルチェは2走前に0.6秒差の楽勝で勝ちあがり、前走は控える競馬を教えるという内容だったらしい。今回が本当に勝負と考えていいのか。何か怪しいところがある。
あとは、雨が降れば怪しいのはイイデケンシン。函館2歳S3着馬。

11フォーチュンワード牝2松岡54
22ホッカイカンティ牡2武士沢55
2
3リーベストラウム牝2田中 勝54
3
4エフティマイア牝2蛯名54
3
5ハートオブクィーン牝2小野54
4
6イイデケンシン牡2藤田55
4
7ドリームシグナル牡2小林 淳55
58ダイワアンリ牡2北村 宏55
59ダイナマイトシコク牡2郷原55
6
10シベリアントム牡2吉田 隼55
611アポロフェニックス牡2柴田 善55
712レッツゴーキリシマ牡255
713ミッキーチアフル牡2武 豊55
814アポロドルチェ牡2後藤55
815ミリオンウェーブ牡2小牧55

雨が降ってハートオブクィーンが楽勝したりするのか。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 4-5 4-12 4-14 2-4 4-6 5-12


日本現役障害最強馬と思っているテイエムドラゴンの復帰戦。昨年の春の中山GJ以来のレースでどれだけ走れるのか。ここはまだ中山大障害の叩き台程度か。しかし、今回はあまりに周りのメンバーが弱すぎる。
テイエムドラゴンの評価を下げるなら、本命は間違いなくコウエイトライ。今回は賞金額の別定戦やハンデ戦ではないから、楽に58キロを背負って走れる。
さて、これで2頭なのだが、問題がある。相手が弱すぎる。
ダイタクアルビンの最近のオープン4着は、先頭と離れすぎているのだが、このメンバーなら押さえ。
テイエムトッパズレ。今年のオープンでコウエイトライにまさかのハナ差まで迫った。あのレースはコウエイトライにとって参考外なのだが、押さえまで。
そしてファントムスズカ。阪神SJ3着、京都JS2着の過去の実績を買う。

11テイエムトッパズレ牡4佐久間60
22テイエムドラゴン牡5白浜63
3
3ファントムスズカ牡6北沢60
4
4ダイタクアルビン牡7西谷60
55メジロハスラー牡5今村60
66マーベラスチーフ牡4高田60
77コウエイトライ牝6小坂58

テイエムドラゴンがどこまで走れるのか。自信度★☆☆☆☆
三連複3点 2-3-7 2-4-7 1-2-7


福島にはコース巧者がいる。
サンバレンティン。しかし58キロなら少し評価を下げる。
牝馬ではヤマニンメルベイユとロフティーエイム。52キロのハンデは有利。
さらには昨年のラジオNIKKEI賞勝ち馬タマモサポート。
ではそのほか。
トップガンジョーは引っかかったにしても前走負けすぎ。一気に馬券圏内まで食い込むのは厳しいか。
カンファーベストは8歳でも安定していて、ハンデ57キロならこなせる。
トウカイワイルドは日経新春杯の勝ち馬だが、2000mでの好走というのが考えにくい。56キロのハンデも厳しくはないが、もうちょっと軽ければ狙えたといった感じがする。
むしろ57キロでも地力で怖いのは、長期休養明け2走目のグラスボンバー。そして57.5キロでもアサカディフィート。

11ナリタプレリュード牡5太宰53
12ロフティーエイム牝5石橋 脩52
23ヤマニンメルベイユ牝5川島52
2
4アルコセニョーラ牝3中舘51
3
5タマモサポート牡4藤岡 佑55
3
6ヨイチサウス牡6丹内54
4
7ヴリル牡6津村55
4
8トップガンジョー牡5芹沢57.5
59マイネルフォーグ牡3田中 博53
510サンバレンティン牡6佐藤 哲58
6
11カンファーベスト牡8木幡57
612オースミグラスワン牡5村田56
713アサカディフィートセ9上村57.5
714マイハッピークロス牡5池添54
815グラスボンバー牡7勝浦57
816トウカイワイルド牡5吉田 豊56

こちらも雨が降るのか。自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 2-5 5-10 3-5 5-15 5-13 5-11 2-10


本命ウオッカのエリザベス女王杯。
四位騎手が菊花賞を勝って、ここでも勝つのかというのが疑問なのだが、本命。
ならば2番手だが、ウオッカ、ダイワで1、2着ばかりはあまり考えられない。古馬がどこかに食い込んでくると思う。それなら、やはり末脚一発スイープトウショウ。
そして、3番手にダイワスカーレット。
特に穴を狙うこともなく、残りの押さえはフサイチパンドラ、アサヒライジング、ディアデラノビアでいいか。
フサイチは全力を出し切れば、勝てるぐらいの力はあると思っているし、アサヒライジングは前残り、ディアデラノビアは京都なら最後まで伸びてくる末脚が怖い。最近は先行策をとったりするが、武豊ならどうするのか。ここも怪しい。
アドマイヤキッスは安田記念4着があるが、ジョリーダンスに負けていたし、昨年のこのレースでは今回も出走している上位4頭とは少し離れた5着に敗れている。最近の敗戦からも大逆転は考えにくい。

11デアリングハート牝5藤田56
2
2スプリングドリュー牝7川田56
3
3ウオッカ牝3四位54
3
4スイープトウショウ牝6池添56
4
5ローブデコルテ牝3福永54
4
6アドマイヤキッス牝4岩田56
57ダイワスカーレット牝3安藤 勝54
58ディアチャンス牝6横山 典56
6
9アサヒライジング牝4柴田 善56
610タイキマドレーヌ牝4小牧56
711コスモマーベラス牝5吉田 豊56
712フサイチパンドラ牝4ルメール56
813ディアデラノビア牝5武 豊56
814キストゥヘヴン牝456
posted by ナイト at 23:59| Comment(2) | 2007年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃまします。障害を含む4重賞のUPお疲れさまです。
こなせてしまうのがもはや神業、さすがナイトさんですね(;^ ^)
秘話ですが振り返ると皇帝賞のUP時期とかは正直死ぬかと思いました(笑)多忙な時はどうか無理はなさらないで下さいね。

福島記念のロフティーエイムですが、ここで対抗にされるとは(;´▼`)そうなんですよね~(笑)自分も結構注目している馬なんですが52kgだと強襲もありそうですよね~。

京王杯2歳Sは馬場が渋ると余計に地味な馬にも出番がありそうな雰囲気ですね。デンシャミチ、マイネルレーニアとまさかが続いているので人気サイドが今一つ信頼できないレースですよね。ハートオブクイーンが乗替で意外でした。

エリザベス女王杯はRELIMWORLDでスイープトウショウに〇が付けられてホッとしました(^皿^)着順がダイワ→アサヒ→デアリングとこのような結果になることは避けたいですよね。

そして遅れましたが凱旋門賞馬ディラントーマスのJC参戦はナイトさんどう見ますか?例年の外車とはちょっとエンジンが違うようですが・・。良馬場ならアドマイヤムーン(出るのかな?)、渋ればメイショウサムソン、ポップロックと日本勢もかなり層が厚いと思うんですがどうでしょうね。
Posted by しげっぴ at 2007年11月10日 04:29
正直な話、福島記念は日曜日でいいだろう!って思いました。
4重賞あることに早めに気づいていたおかげで、木曜日の出走馬確定の時点で、障害とエリザベスの文章は書き終わっていたので、残りも何とか昨日の夜にUPできました。

福島の女王?ロフティーエイムは3コーナーで終わってしまうという不可解な敗戦でしたね。

ハートオブクィーンは、地方の時の馬主の娘さんが武幸四郎のファンだったので騎乗していたらしいです。それでも、中央に来ても引き続きでよかったと思うんですが・・・。

ディラントーマスの出走にはびっくりしました。凱旋門賞だけでなく、キングジョージまで制しているんですね。ハーツクライ+ディープインパクトといった感じですね。ただ、引退レースの予定だったブリーダーズCの成績がふがいなかったので、JCに出走するという話を聞いたので、ひょっとすると、惨敗もありえるかなと。
日本馬はサムソン、ポップロック、アドマイヤムーンにドリームパスポートの復活と、このあたりが注目の的となりそうですよね。JCは日本馬の大穴というのは最近来ていないので、今回もこのあたりで決まるかな?と思っています。
Posted by ナイト at 2007年11月10日 19:57
コメントを書く
コチラをクリックしてください