2008年04月19日

中山GJ&マイラーズC結果

マルカラスカルが-22キロの馬体重にもかかわらず、ぶっちぎりの圧勝で中山大障害と中山GJの両方を制した。途中で先頭に立つと、後続を寄せ付けることもない完勝だった。
早めにマルカラスカルを捕らえようと進んできたメルシーエイタイムでさえ、全く追いつかず2着。最後はメルシーエイタイムに迫る脚でテイエムエースが3着に来た。
エイシンニーザンは、最後にはよく伸びていたが、道中の位置取りも悪く、結果は5着だった。

4
4マルカラスカル牡6西谷63.54.57.7
66メルシーエイタイム牡6横山 義63.5
4.59.9
11テイエムエース牡5菊地63.5×5.00.0
55マイネルオーパー牡9宗像63.5×5.03.0
77エイシンニーザン牡6白浜63.55.03.2
89アラームコールセ8ピユー63.55.04.7
2
2バローネフォンテン牡8柴田 未63.5
5.05.7
3
3フォレストダンス牡6大庭63.5
5.10.8
810グライディングセ8ヤング63.5
5.26.4
78オートゼウス牡9山本63.5
中止

結果:ワイド1240円的中 +640円


いろいろ雨のことも考えたが、結局は良馬場でのレースだった。
トランプ馬券はエースの1番、障害のテイエムエースだった。こちらの13番の「キング」ストレイルは最後に差され、5着だった。
コンゴウリキシオーが逃げはしたが、意外とスローペースになり、再び先行策を演じたカンパニーが勝利。横山典弘が止まらない。しかも3戦ともマイル戦。
ニシノマナムスメが2着。武豊が捨てたのに、あっさり2着に。4歳馬でまだまだ成長が伺えるのか。この前が休み明けでの敗戦とすれば、本当にここで2着に来る実力も秘めていたのかもしれない。ヴィクトリアマイルに向けて視界良好か。ドリームジャーニーは、スタートで出遅れてそのままだった。この展開ならさすがにしょうがないか。
3着にはエイシンドーバー。こちらは意外と中団あたりからのレースだったが、最後はよく伸びてきた。このメンバーならやはり力は上位か。
あとは、ハイアーゲームだが、右回りより左回り、特に東京が得意のこの馬にとって、マイルでのめどが立ってきた今なら安田記念でおもしろいかもしれない。

2
3カンパニー牡7横山 典581.33.6
611ニシノマナムスメ牝4吉田 隼55
1.33.6
4
6エイシンドーバー牡6福永581.33.7
3
5ハイアーゲーム牡7藤岡 佑571.33.9
713キングストレイル牡6安藤 勝571.33.9
11マイネルポライト牡5池添57
1.33.9
814コンゴウリキシオー牡6藤田581.34.0
4
7ゲイルスキーパー牡4北村 宏57
1.34.1
2
2オースミグラスワン牡6川田57
1.34.1
3
4ショウワモダン牡4岩田57
1.34.2
58ナスノストローク牡7小牧57
1.34.3
59マルカフェニックス牡4武 幸57
1.34.7
712スターイレブンセ857
1.34.9
815ドリームジャーニー牡4武 豊581.35.0
6
10ダイナミックグロウ牡4小林 徹57
1.35.1

結果:ワイド320円的中 -280円
posted by ナイト at 21:03| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください