2008年06月13日

東京HJ予想

ここは2強対決といっていいか。今年も健在コウエイトライと、中山大障害2着馬キングジョイ。これが上位2頭だろう。
それに続くのはやはりエイシンペキン。前走はハンデや出遅れなどで負けたが、実力は上位。
しかし、この東京コース、外枠はかなりスタートで不利。コーナーにスタートがあるため、8枠のキングジョイ、エイシンペキンは本命に出来ない。本命はコウエイトライ。
では残る馬だが、阪神SJでエイシンペキンと着差のない競馬をしたクルワザード。中山GJ3着と成長がうかがえるテイエムエース、前走はクルワザードとハンデ差がありながら2着と、新潟JS勝ちからようやく復調気配のミヤビペルセウス、そして前走の内容はエイシンペキンが崩れたとはいえ、なかなか強かったし、たまに激走するテイエムトッパズレ。ここまで。

11ミヤビペルセウス牡8穂苅60
2
2コウエイトライ牝7小坂58
3
3アズマビヨンド牡9植野60
3
4クルワザード牡6田中 剛60
4
5テイエムトッパズレ牡5佐久間60
4
6テイエムアラムシャセ7高井60
57ノボライトニングセ5大庭60
58テイエムエース牡5菊地60
6
9ハイヤーザンヘヴン牡7宗像60
610アドニスシチー牡8平沢60
711オープンガーデン牡4江田 勇60
712フジヤマホーク牡5横山 義60
813エイシンペキン牡7西谷60
814キングジョイ牡6高田60

思った以上に難しい。自信度★☆☆☆☆
ワイド7点 2-14 2-13 1-2 2-8 2-4 2-5 13-14


土曜の注目馬

東京11RブリリアントS
本当にロングプライドがここに出走してきた。確実に賞金を稼いでおくのが狙いだろうか。そうだとしたら、かなり勝つ自信があるとみていいだろう。武豊が東京に来ているのも、勝つために来た気はする。
posted by ナイト at 21:17| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください