2008年07月06日

ラジオNIKKEI賞&函館スプリントS結果

ルールプロスパーは何があったのか、あまりに早い段階で失速。そのため予想以上にノットアローンが早く先頭に立ってしまったという感じではないだろうか。
最後は標的にされた形でレオマイスターに外から差し切られた。内田がついに中央の軌道に乗り始めたか。
そして内からはダイバーシティ。気がつけば大外枠の馬が最内にもぐりこむあたり、横山典弘らしい。

2
4レオマイスター牡3内田53
1.46.8
6
11ノットアローン牡3蛯名571.46.8
816ダイバーシティ牡3横山 典531.46.8
4
7スマートギア牡3津村53
1.46.9
815ハンターキリシマ牡3野元52
1.47.0
714キングオブカルト牡3中舘531.47.0
3
6タケショウオージ牡3後藤56
1.47.1
510サブジェクト牡3石橋 脩57
1.47.2
612プロヴィナージュ牝3田中 博52
1.47.3
3
5スイートカルタゴ牝3武士沢50
1.47.3
2
3ウイントリガー牡3小野55
1.47.3
59アポロラムセス牡3真島 大53
1.47.8
12アロマキャンドル牝3江田 照54
1.48.1
713タマモスクワート牡3村田52
1.48.2
11モンテクリスエス牡3田中 勝551.48.2
4
8ルールプロスパー牡3和田54
1.49.2

結果:ワイド980円的中 +480円


キンシャサノキセキ。強かった。別定戦なのにわざわざ疑う必要はなかった。
ゴスホークケンやウエスタンビーナスが飛ばして逃げるのに、楽な手ごたえというか、かかりそうなぐらいの勢いで3番手追走から一気に抜け出して勝利した。
そして前が飛ばした分、後ろから伸びてきたのがトウショウカレッジ。うまく内をついたのが大きいだろう。そしてキングストレイル、プレミアムボックスあたりが差してきた。
これでキンシャサノキセキが本当にスプリント路線で面白そうな馬になってきた。ただ、ゴスホークケンもウエスタンビーナスについて行って逃げた割には最後はなかなかしぶとく粘っていたように思う。
ルルパンブルーは古馬相手だと厳しいのか。しかし道中から手が動いていたあたり、本調子ではなかったのかもしれない。

3
6キンシャサノキセキ牡5岩田561.08.4
11トウショウカレッジ牡6池添561.08.5
4
8キングストレイル牡6ホワイト571.08.8
6
11プレミアムボックス牡5561.08.9
2
3ゴスホークケン牡3松岡531.09.0
12スピニングノアール牡7四位56
1.09.1
510シンボリグラン牡6藤田57
1.09.1
816タマモホットプレイ牡7古川57
1.09.1
4
7マイネルスケルツィ牡5三浦56
1.09.1
612リキアイタイカン牡10北村 友56
1.09.2
3
5コパノフウジン牡6藤岡 佑56
1.09.3
59タニノマティーニ牡8木幡56
1.09.4
713ミリオンウェーブ牡3角田53
1.09.4
2
4ウエスタンビーナス牝5郷原541.09.5
815ルルパンブルー牝3吉田 隼511.09.7
714タイセイアトム牡5吉田 豊56
1.10.1

結果:ワイド520円的中 -180円
posted by ナイト at 16:03| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください