2008年07月12日

プロキオンS&七夕賞予想

別定戦でこのメンバーなら、大きく絞ってもよさそうか。
本命ワイルドワンダー、対抗サンライズバッカス。順当にけばこうなるだろう。ただ、ワイルドワンダーの岩田が勝ちすぎ。どうも買いにくい。そしてサンライズも前走の凡走は気になるし、58キロも不安。1つ評価を下げておく。安藤勝己が函館観光に行っているのもいやなところ。
そして2番手にあげるのは実績で行けばリミットレスビッドだが、内田が最近勝ちすぎ、58キロの斤量、大外枠から評価を落とす。
2番手はゼンノパルテノン。フェラーリピサ、トーセンブライトに1400mでは完勝。力をつけている。
あとはシルクビッグタイム。古馬相手にどれだけ通用するか。調子もよくなり、距離も短縮され、前走よりも上積みがあるだろう。ただ、福永のテン乗りが気に入らない。
以上。スリーアベニュー、ヴァンクルタテヤマはこのメンバーだと厳しそうだし、バンブーエールは1年以上の休み明けで苦しいだろう。メイショウシャフトは調子が悪いうえ、使いすぎで復活の気配がうかがえない。

11ワーキングボーイ牡5田村56
2
2シルクビッグタイム牡3福永53
3
3ゼンノパルテノン牡6武 豊56
4
4マイネルレーニア牡456
4
5ラインドライブセ5鮫島56
56スリーアベニュー牡6河北56
57サンライズバッカス牡6佐藤 哲58
6
8バンブーエール牡5浜中56
69メイショウシャフト牡5石橋 守56
710ビッグカポネ牡5芹沢56
711ヴァンクルタテヤマ牡6赤木56
812ワイルドワンダー牡6岩田57
813リミットレスビッド牡9内田58

武豊が今年中央重賞2勝しかしていないのが気になり続けている。自信度★★☆☆☆
三連複7点 2-7-12 2-3-12  2-12-13 3-7-12 3-12-13 7-12-13 2-3-7


全くわからない。エプソムC組が主流となるのかだろう。注目は3、4、5着馬。
前走復活を予想して見事3着に入ったグラスボンバー。8歳での復活と思えたが、再び57キロのトップハンデに戻る今回は思い切って捨てる。この57キロを背負っての勝負だと、昨年秋に福島記念でアルコセニョーラ、ナリタプレリュードごときに負けるのだからいらないだろう。ついでに、この2頭も今回出走するが、2回とうまくはいかないだろう。
ではエプソムCからは4、5着馬。着差はほとんどないのに、4着トウショウヴォイスは斤量3キロ減、5着マイネルキッツは2キロ減。特に、両者とも田中勝、後藤が乗り続けてくれるのは心強い。
こうやって、前走イチオシのグラスボンバーを今回無印、そして前走無印の2頭を今回イチオシに挙げる予想。これが優柔不断なのか臨機応変なのか。自分の信念を貫いていることは確かだが。
では、もう1頭いる57キロのカネトシツヨシオーだが、毎回確実に追い込んでくる。このメンバーでも通用しそう。ただ、石橋脩だし、初重賞制覇がトップハンデでの勝利というほど今までに実績を持つような馬でもないのが気になる。
他に重たいのは56キロのヴィータローザ。休み明け、しかも休養前の大敗を考えるとこの斤量は納得いかないか。8歳でこちらもグラスボンバー同様そろそろ引き際か。
続いて55キロはキャプテンベガ。1600万をぎりぎりの競馬で勝った後に55キロでの重賞挑戦は厳しそうと思ったのだが、前走はトップハンデ。それに2走前はマンハッタンスカイ相手に展開不利でよく追いこんでいる。あまり気が進まないが、押さえる。
あとは前残り警戒で、ミヤビランベリとビエンナーレ。前者は、前走の大敗を除けば、なかなかの安定感で警戒。後者は49キロ、そして先週福島でまさかのメインレース大穴勝利を挙げ、勢いに乗りすぎている中谷騎手を警戒。この中谷騎手、平地騎手の勝率は武豊に次ぐ2位なのだ。

11アクティブアクト牝6千葉48
2
2ヴィータローザ牡8蛯名56
2
3トウショウヴォイス牡6田中 勝53
3
4ハッピートゥモロー牡8田中 博52
3
5アルコセニョーラ牝4中舘52
4
6ナリタプレリュード牡6村田53
4
7マイネルキッツ牡5後藤54
58グラスボンバー牡8勝浦57
59ミヤビランベリ牡5吉田 豊53
6
10キャプテンベガ牡5吉田 隼55
611ミストラルクルーズ牡6柴田 善53
712カネトシツヨシオー牡5石橋 脩57
713ドリーミーオペラ牡6江田 照52
814ビエンナーレ牝5中谷49
815ダブルティンパニー牡6戸崎53

もうちょっとぶった切りたかった。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 7-12 3-7 7-14 7-10 7-9 3-12
posted by ナイト at 15:05| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。土曜予想はさすがに厳しいですよね。明日は重賞が2つあるのにご当地局は巴賞をG1並にパドックからじっくり見せてくれるのであります(ノ× ×)ノ笑

この前のUP「今度こそ」で書かれている馬は凄まじいメンバーですよね。JDD結果、プロキオンSもありますし今後のダート路線について地元競馬仲間と話が盛り上がりました。

ある方はブロッケン時代到来とかなり強気で押していましたよ。ユビキタス、カジノドライヴなど今年の3歳勢は相当レベルが高いみたいですね。

去年ユニコーンSはロングプライド、フェラーリピサ、トーホウレーサー、シャドウストライプなど一先ず直接対決がありましたよね。今年のユニコーンSの結果があれでしたから桁が(・ ・;)

プロキオンSですがワイルドワンダー、シルクビッグタイムは力関係を計る大事なレースですよね。

>今回は思い切って捨てる
こういう上げ下げが本当に面白いな~と思います。アルコセニョーラについてはナイトさん365日優しくなれないみたいですね~。自分も無印でした(>▼<)笑
Posted by しげっぴ at 2008年07月12日 22:17
去年は確かにロングプライド、フェラーリピサ、トーホウレーサー、シャドウストライプの直接対決は面白かったんですが、その後ロングプライドがそこそこがんばっているくらいで、シャドウストライプは先週あたり、怪我から1000万で復帰していたような気がします。しかも負けていたはず・・・。

シルクビッグタイムは距離が短ければまだいけるのではないかと期待しています。ユニコーンであんなに苦戦したのもちょっと納得がいっていないので、ここで改めて期待です。

グラスボンバーを捨てたのは予想外だったと思いますが、アルコセニョーラはある程度予想通りでしたかね?ここは印はつけてないですね~。もしかしたら、急に次走で印をつけたりしだすかもしれないですけどね(笑)
Posted by ナイト at 2008年07月13日 11:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください