2008年07月20日

アイビスSD結果

外枠、牝馬。このレースの傾向どおりといえば傾向どおりか。そしてバクシンオー産駒のスプリント能力。
スピードで押し切ったのはカノヤザクラ。初重賞制覇となった。
2着、3着は差し組のシンボリグラン、アポロドルチェ。シンボリグランはこの距離で復活したのか。57キロを背負ってのこの内容は評価できる。そしてアポロドルチェもやはり距離短縮で好成績を収められている。
あとはサープラスシンガーやクーヴェルチュールといったところが4、5着に粘った。好きでないが、休み明け2走目の次は狙ってみたいかもしれない。
エイムアットビップはダメだった。力はあるだろうが、難しい馬だ。

818カノヤザクラ牝4小牧540.54.2
3
5シンボリグラン牡6内田57
0.54.3
11アポロドルチェ牡3勝浦530.54.3
816サープラスシンガー牡4木幡56
0.54.3
2
3クーヴェルチュール牝4後藤54
0.54.5
713ステキシンスケクン牡5福永56
0.54.6
4
8エムオーウイナー牡7熊沢560.54.6
715シンボリウエストセ8田中 勝56
0.54.6
817マルブツイースター牡3中舘530.54.6
510タマモホットプレイ牡7吉田 豊57
0.54.6
3
6アルーリングボイス牝5石橋 脩54
0.54.6
714レヴリ牝6二本柳54
0.54.7
6
11ナカヤマパラダイス牡5柴田 善56
0.54.8
612フジサイレンス牡8江田 照56
0.54.9
59スパイン牡6石神56
0.55.1
4
7エイムアットビップ牝3吉田 隼510.55.2
12ハナイチリン牝5松岡54
0.55.3
2
4オートセレブ牡6渡辺56
0.55.6

結果:-400円


今週の結果

土曜新潟11R越後S
ダイワエンパイアが苦戦しながらも勝利し、これでダート4戦4勝とした。今回の内容ではオープンまでは期待しにくいが、今後のさらなる成長に期待。
土曜函館11R駒場特別
1頭だけ次元の違う脚で伸びてきて、大逃げする馬をあっさり捕らえて勝利したのはサトノコクオー。ここ2戦の圧勝は伊達じゃなかった。ダート良馬場でなんと35.9秒の上がりタイム。完全に本格化したか。
日曜函館9RマリーンS
フェラーリピサやアドマイヤスバルを押さえて勝利したのは、58キロもなんのその、トーセンブライト。今週のセリで注目のディープインパクト産駒の最高額2億2000万円を競り落としたのが「トーセン」の馬主島川氏だった。サインだったのだろう。
posted by ナイト at 23:12| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください