2008年07月25日

小倉サマーJ予想

小倉で無類の強さを発揮するコウエイトライ。飛ぶというよりまたいでいるように感じるほど飛越が低いこの馬にとって、小倉のような小さな障害コースは有利なのだろう。東京のような大きなコースだと、飛ぶのに精一杯になってしまうのではないだろうか。ここは62.5キロでも本命。昨年も東京で負けた次に、62キロで完勝しているのだから問題ない。
ではほかの馬たちだが、どうも物足りない馬が多い。実績ではクールジョイだが、10歳で61キロは厳しそう。そろそろ引退も見えてくるころではないだろうか。
メイショウタローも61キロだが、嘉堂騎手の引退が発表されたため、過去に嘉堂騎手が主戦だったこの馬が怖い。障害重賞最多勝記録で現在嘉堂騎手と白浜騎手が並んでいて、今回白浜騎手が騎乗してるのも何か怪しい。
61キロでも怖いのはバトルブレーヴ。ここ2走オープン連勝で勢いに乗る。そして前走バトルブレーヴの2着で斤量が60キロに減るゴールデンシャインも狙いか。
他に斤量の軽いところを狙うと、2走前バトルブレーヴの0.5秒差の2着に入ったカネトシパワフル、オープン勝ちの経験があるブラックコンドル。このあたりまで。あと怖いのは57キロのウォータートリトンだが、そこまで一気に上位争いにまでは食い込んでこないだろう。

11ゴールデンシャイン牡4西谷60
2
2クールジョイ牡10金折61
3
3コウエイトライ牝7小坂62.5
4
4メイショウタローセ9白浜61
55マンテンフラワー牝5宇田57
56ピクシーストーン牡5植野57
6
7メイショウラダック牡3今村56
68バトルブレーヴ牡6菊地61
79ウォータートリトン牡5佐久間57
710サザンジェネラル牡3仲田56
811カネトシパワフル牡5熊沢58
812ブラックコンドル牡7高田59

落馬が怖くて2頭軸はできない。自信度★★☆☆☆
ワイド6点 3-8 1-3 3-11 3-12 3-4 1-8
posted by ナイト at 12:29| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください