2008年10月22日

菊花賞予想1

神戸新聞杯1、2着が出走せず、3着のオウケンブルースリに注目が集まりそうか。しかし本命にはしない。9文字制限にひっかかって変になった名前の馬がクラシックを勝てるような気がしない。
ではほかの神戸新聞杯組を探る。
レースを見て気になったのは出遅れてからすごい脚で4着に突っ込んできたベンチャーナイン。しかしエイシンサンディ産駒が勝てるとも思えない。
馬体重22キロ増にもかかわらず5着に来たロードアリエスだが、鮫島が京都大賞典を勝って、ここも勝つとは思えない。しかも1勝馬というのもどうかと思う。
スマイルジャックは負けすぎたのと、小牧がレジネッタ、カノヤザクラに加えてこの馬でも大きいタイトルを取ってくるとも思えない。
ではセントライト記念組。人気はマイネルチャールズだろうが、マイネルはクラシックでは買えないと、春からずっと言っている。
ノットアローン。蛯名乗り替わりでダメといいたかったが、横山典でかなり迷う。ただ、気性に問題があった馬。3000mでどうなのか。
勝ったダイワワイルドボア。人気はそこまでしないだろうから、かなりの狙い目。
上がり馬を考える。
逃げ残りが怖いアグネススターチ。前走は休み明け、3歳馬なのにトップハンデという状況ながらあっさり勝利。成長もうかがえて、かなり怖い。ただ、バブルガムフェロー産駒の中央での成績が全然よくないことを受けて、本命にはできない。鞍上赤木というのもどうかと思う。
シゲルフセルトはタイムもそんなに早くないし、母の父サクラバクシンオーというのが菊花賞で来るのか疑問。
むしろ、スマートギアのほうが怖い気はする。前走はなかなかいい内容だったし、同じ佐山厩舎のヒシミラクルも、同じ野分特別を勝って菊花賞を勝った。ただ、1800mしか勝利がないのが嫌なところ。
と、騎手や種牡馬、馬主、調教師の面から考えていくと、特に減点材料がない馬はダイワワイルドボアということになってくる。

◎ダイワワイルドボア
posted by ナイト at 19:52| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください