2008年11月01日

天皇賞秋予想3&JBCスプリント&JBCクラシック予想1

最終予想で大きく印を変更する。
ディープスカイ。この馬は現3歳世代で最強というのは間違いないだろう。しかし、低レベルと言われているの3歳世代で古馬相手にどれだけ通用するのか。昨年の神戸新聞杯とタイムを比較してみたが、勝ったドリームジャーニーと比べてタイムも上がりも遅い。ひょっとすると、古馬相手には通用しないかもしれない。レッツゴーキリシマの京成杯AH2着で3歳馬も通用するかと書いたが、比較するにはレベルが低すぎるし、札幌記念のマイネルチャールズを考えると信用できなくなってしまう。
そして、もう1つ嫌ったのはローレルゲレイロの勝利。昆、四位コンビでスワンS2着。ここで来てしまうとは予想外だった。土日の両方で来るとは思えない。よってディープスカイは評価を落とすことにする。無印までも考えたが、そこまではさすがに怖くてできない。
そこで評価を上げる馬だが、ドリームジャーニーをそのまま○へ。そして▲はハイアーゲームではなく、タスカータソルテに。ひょっとすると本当に強い馬なのかもしれない。負けるときは本当に弱いが、札幌記念のレコード勝ちを考えると、展開有利だけの話ではなさそうに思えてくるし、ムラはあるが、秘めた力は大きそう。そんなときに騎乗するのがルメール。横山典弘からの乗り替わりとはいえ、ルメールなら信頼度は高い。

11アサクサキングス牡4藤岡 佑58
12ディープスカイ牡3四位56
2
3エアシェイディ牡7後藤58
2
4アドマイヤモナーク牡7岩田58
3
5サクラメガワンダー牡5福永58
3
6エリモハリアーセ8吉田 豊56
4
7ダイワスカーレット牝4安藤 勝56
4
8ポップロック牡7内田58
59アドマイヤフジ牡6川田58×
510キングストレイル牡6北村 宏58
6
11ハイアーゲーム牡7柴田 善58
612タスカータソルテ牡4ルメール58
713オースミグラスワン牡6蛯名58
714ウオッカ牝4武 豊56
815トーセンキャプテン牡4ペリエ58
816カンパニー牡7横山 典58
817ドリームジャーニー牡4池添58

3強であっさり決まるわけがないと思うが。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 14-17 12-14 11-14 2-14 9-14 12-17


中央のリミットレスビッドとメイショウバトラーといったおなじみのメンバーがJpn1では勝ち負けになるとも思えないし、最近の様子なら掲示板もどうかといった感じもする。ならばブルーコンコルドというのが当然の流れだろうが、Jpn1を連勝して、ジーワン最多勝新記録を打ち立てるというのも考えにくい。
そうなれば、本命は勢い最高潮のバンブーエール。そして2番手にブルーコンコルドとする。
スマートファルコンも最近の勢いはあるが、まだ3歳だし、初のこの距離がどうなのか疑問。それでも、元園田所属の岩田が乗るだけに一発は十分に考えられる。
残るは地方勢。
東京盃を勝ったフジノウェーブが強いのだが、1400mなら話は別。押さえる程度になってくる。
ならば地元園田。リミットレスビッドなどを相手に4着と兵庫GTで好走したベストタイザンではなく、そのベストタイザンを今回と同じコースで7馬身突き放して完勝したアルドラゴン。名古屋大賞典ではブルーコンコルドに勝ったこともあるし、地方に移籍する前は1400m前後で活躍していた馬。距離短縮ではなくて、適性距離に戻ったのかもしれない。そう思わせるほど前走は強かった。これは一発ありえる。

11フジノウェーブ牡6御神本57
2
2メイショウバトラー牝8武 豊55×
3
3ベストタイザン牡6下原57
4
4バンブーエール牡5松岡57
55アルドラゴン牡7木村 健57
56スマートファルコン牡3岩田56
6
7ブルーコンコルド牡857
68モエレラッキー牡3張田56
79コアレスデジタル牡8左海57
710グレートステージ牡6川原57
811リミットレスビッド牡9内田57
812トーホウライデン牡6高橋 悠57



超豪華メンバーといっていいだろう。ジーワン馬が5頭も参戦。
中央からはヴァーミリアン、フィールドルージュ、サクセスブロッケン、ボンネビルレコードの4頭。地方からはフリオーソ。
さらに中央からジーワン馬ではないがメイショウトウコンも参戦。ここまで豪華なレースもめったに見られない。
本命はヴァーミリアン。中央勢はフィールドルージュは故障明け、ヴァーミリアン、サクセスブロッケンも休み明け、ボンネビルレコードは内田が騎乗、メイショウトウコンは一時期の恐ろしい末脚が見られないということで、どの馬にも強調できる材料がない。それなら地力を考えるとヴァーミリアンになってしまう。
そして2番手がサクセスブロッケン。やはりフィールドルージュは故障明けということで少し評価を下げておく。それでも岩田が乗るので3番手評価。
地方勢はフリオーソがこれらのメンバーをすべてなぎ倒すとも思えないし、地元のチャンストウライは夏バテしたため、予定通り順調にここまで来れなかったのを嫌う。

11サクセスブロッケン牡3横山 典55
2
2ヴァーミリアン牡6武 豊57
3
3モエレトレジャー牡7永島57
4
4テキサスイーグル牡4柿原57
55フィールドルージュ牡6岩田57
56マルヨフェニックス牡4尾島57
6
7トミノダンディ牡4岡部57
68メイショウトウコン牡6藤田57×
79マヤノオスカー牡8吉原57
710チャンストウライ牡5下原57
811ボンネビルレコード牡6内田57
812フリオーソ牡4戸崎57
posted by ナイト at 23:00| Comment(2) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

天皇賞はJRAでも久しぶりにレコード&ハナ差決着の凄まじいレースでしたね。ナイトさんはウオッカと予想3でディープスカイの見極めがそのまま反映された形となりお見事でした!!恐れ入りました~m(_ _;)m

正直僕はダイワスカーレットが100パーくると思っていたのでびっくりしてまだ動揺しています。2頭については今後どのように予想を組み立てていいのか全く分からなくなりましたw(× ×)w笑

これならエリ女やマイルCSがスルー気味の語りになるのも納得ですよね。しかし3強がそのままくるレースって珍しくないですか?3頭のどれかがコケていればカンパニー、エアシェイディも絡んでくる勢いでしたから2番手、3番手も大混戦でしたよね~。

とにかく久しぶりにしびれるレースでした!!
Posted by しげっぴ at 2008年11月02日 19:41
本当にしびれましたね。

テレビで見る限りは、間違いなくダイワだと思っていたのですが、写真判定の結果が出た時は本当にびっくりしましたし、予想が当たったとかそんなことよりも、何かウオッカに感動していました。

僕としては、ウオッカは当然強いですけど、ダイワの強さに恐れ入りましたね。東京2000で逃げ粘るというのが考えられないと思っていたので。

3強できっちり来るというのは、アグネスタキオン、ジャングルポケット、クロフネのラジオたんぱ杯2歳とかみたいに、G3クラスならわかるんですが、G1でここまできっちり決まるのはびっくりしましたね。サイレンススズカ、エルコンドルパサーの毎日王冠もグラスワンダーが来ませんでしたからね~。
Posted by ナイト at 2008年11月02日 20:27
コメントを書く
コチラをクリックしてください