2008年11月08日

アルゼンチン共和国杯&ファンタジーS予想

トップハンデはアルナスラインとトウカイトリックの58キロ。実力ある2頭だが、休み明けのトウカイトリックの評価を下げて本命はアルナスライン。トウカイトリックは春の成績がイマイチで信用しきれない。アルナスラインの京都大賞典は直線に入ってもまだ最後方。閉じ込められたままでよくあそこから5着まで伸びてきた。言い換えれば、あんな騎乗では和田も降ろされて当然ということになるのか。まともに走れば突き抜けて当然の前走。東京の直線ならメトロポリタンSの再来となるような末脚を期待する。
続くハンデ57.5キロはネヴァブション。しかし11か月ぶりのレースでこのハンデは厳しい。実力は上位だが、ここは叩き台程度ではないだろうか。
56キロで気になるのはトウショウシロッコ。ここのところの安定感からすると、完全復活の感じがする。東京も得意で一発が考えられる。
マンハッタンスカイはダイヤモンドS5着で東京長距離実績もあるが、ここ2走は崩れてきて、使われすぎている感じはある。前走もスローペースで残れなかった。調子が落ちているか。
昨年のステイヤーズS勝ち馬マキハタサイボーグはここ最近の成績から狙いにくいが、どこで一発あるか分からない馬で、怖いことに違いはない。
オクトーバーSを58キロで差し切ったジャガーメイル。58キロを背負って33秒2の上がりはすごい追い込み。3連勝の勢いもあって怖い1頭。ただ、石橋脩が信用できない。
そのオクトーバーSで3着のキングアーサーは54キロだが、ここ3走の使い詰めが気になる。それなら2着で53キロのスクリーンヒーロー。札幌日経OPも2着と、長距離適性も十分でこちらのほうが怖い。
ほかに54キロで怖いのはメイショウカチドキ。長期休養前は連勝で勢いに乗り、ステイヤーズSで2番人気になったほど。そんな馬が京都大賞典4着で復活の兆しを見せた。長距離がいい馬で、ここはハンデ差を生かして勝負になるか。ただ、関東で浜中騎乗というのが気にいらない。
あとは53キロで昨年4着のダンスアジョイ。去年の54キロから1キロ減っての出走。ここのところは57キロのハンデを背負ったりして1600万では善戦続きだが、この斤量なら昨年に続いて可能性はある。

11ヤマニンアラバスタ牝7江田 照52
12トウショウシロッコ牡5吉田 豊56
2
3テイエムプリキュア牝5石神49
2
4スクリーンヒーロー牡4蛯名53
3
5エアジパングセ5後藤54
3
6マキハタサイボーグセ6田中 勝56
4
7ネヴァブション牡5北村 宏57.5
4
8マンハッタンスカイ牡4柴田 善56
59セタガヤフラッグ牡5武士沢50
510アルナスライン牡4内田58
6
11ダンスアジョイ牡7松岡53
612メイショウカチドキ牡8浜中54
713ゴーウィズウィンド牡9田中 博50
714ジャガーメイル牡4石橋 脩56
815トウカイトリック牡658
816キングアーサー牡5藤田54

ここは勝たないといけない舞台だが。自信度★★☆☆☆
ワイド7点 2-10 4-10 10-11 10-12 10-15 10-14 2-4


阪神JFに向けての大事な一戦。まずは小倉2歳S組から検討。
2着コウエイハートが注目になるところだが、前走は内がうまく開いただけのように見えたし、九州産馬が小倉以外で活躍するかどうか疑問で、ここは捨てる。
そうなれば4着のシルクナデシコ、5着のワンカラットあたりに注目しておく。ワンカラットのデイリー杯はプラス16キロでの出走だったし、「ワン」カラットの1番は気になる。そして藤岡佑介が菊花賞、天皇賞、武蔵野Sに続いて1枠に入っているのが怪しい。
2番人気で13着だったメイクデュースは次のりんどう賞での巻き返しを期待したが、3着では捨てる。
そのりんどう賞2着のプレザントブリーズはカンナS5着で、カンナSの勝ち馬がデイリー杯で大敗しているだけに信用できない。
では北海道組だが、注目はナムラミーティア。函館2歳Sは前に突き放されたが、安定感のある走りで2着。そこそこ信用していいだろう。
ルシュクルはすずらん賞を勝っているといっても、函館2歳Sでナムラミーティアに離されすぎた。そしてそのすずらん賞で負けたイナズマアマリリスも捨てる。
あとは勝ち上がり組。
アディアフォーンはりんどう賞と同じコースの未勝利で、タイムも上がりもこちらのほうが早かった。新馬からそこそこ力のある馬と対戦しているだけに、成長してきて怖い1頭。
そして武豊が上昇気流で、ツルマルハローが怖い。ダート勝ちの後の芝でも続けて武豊が乗るあたり、素質のある馬とみる。
そして、評判の高いワイドサファイア。阪神の稍重で1分35秒台、上がり34秒台という時計は優秀だし、前走は楽な勝ち方。2歳牝馬なら福永騎乗はかなり怖い。ここは本命まで考えてよさそうか。どの馬が強いのか分からないので、前評判を信頼する。

11ワンカラット牝2藤岡 佑54
2
2コウエイハート牝2川田54
3
3イナズマアマリリス牝2池添54
3
4ワイドサファイア牝2福永54
4
5アディアフォーン牝2安藤 勝54
4
6ナムラミーティア牝2四位54
57シルクナデシコ牝2小牧54
58ルシュクル牝2長谷川54
6
9セブンシークィーン牝2ルメール54
610ツルマルハロー牝2武 豊54
711タニノベローナ牝2鮫島54
712プレザントブリーズ牝2和田54
813ネオヴェリーベリー牝2岩田54
814メイクデュース牝2太宰54

デグラーティアが出られないのは残念か。自信度★☆☆☆☆
ワイド6点 4-5 1-4 4-6 4-10 4-7 1-5
posted by ナイト at 23:01| Comment(0) | 2008年競馬 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください